【徹底解説】動画編集にはAdobe Premiere Proがおすすめ|高クオリティの動画を実現!

記事ID20854のサムネイル画像
「現在の無料ソフトでは編集の限界がある......。」「動画のクオリティを高くして視聴者を増やしたい!」そんな方におすすめな動画編集ソフトが著名なYouTuberも使用するAdobe Premiere Pro!本記事ではAdobe Premiere Proの特徴や使い方、評価・口コミまでご紹介します。

5G到来|今、動画が熱い!

従来の4Gに比べて速度が約20倍になる5Gの時代が到来し、動画視聴者はどんどん増えていきます。また、誰もが動画で自分の興味を発信することができるようになり、動画編集の人口も増加傾向に。

 

YouTubeをはじめ、TikTokやInstagramなどさまざまなSNSで動画投稿は増加し、動画は現在より生活に密着したものとなります。ユーザーが動画を見る目は肥え、つまらない動画では満足しなくなるでしょう。クリエイターは動画のクオリティを上げてより視聴者の心に響く動画を制作する必要があります。

動画のクオリティ向上に必要なのは?

「今使っている無料ソフトでは理想の編集ができない......。」動画制作を行っていると、現在の無料ソフトでは編集の限界に気付きますよね。 動画のクオリティを上げ、魅力的に編集をしないと視聴数が増えません。

 

動画編集の効率化を臨む方や自分の思うままの制作がしたい方は、有料ソフトを購入し、動画のクオリティを上げましょう!

 

今回紹介するのはAdobe Premiere Pro!

たくさんある動画編集ソフトの中でどのソフトを選べばいいのか迷いますよね。有料となれば失敗したくない気持ちが大きく、なかなか購入までたどり着きません。まずはどのような動画編集ソフトなのかをしっかりと特徴を確認しましょう。

 

無料の編集ツールではできない優秀さ!

YouTubeクリエイターから、ハリウッドの映画製作者まで、映像に関わる多くの人たちから選ばれている動画編集ソフトです。Premiere Proがあれば動画のクオリティを次のレベルにあげることができます。無料の動画編集ソフトにはない表現の豊富さが魅力!

 

>>公式サイトはこちら 

Adobe Premiere Proの魅力!

Adobe Premiere Proはプロ向けの映像編集ソフトだと認知されていることが多いですが、実際のところ、Adobe Premiere Proはソーシャルメディア向け動画でもスタンダードなアプリです。

 

プロ以外の動画編集初心者だからこそ、Premiere Proを使うことで、高品質でプロクオリティの動画の制作ができます。憧れのクリエイターのような表現や自分の思い通りの表現をしたい方におすすめの動画編集アプリと言えますね。

 

Adobe Premiere Proを選ぶメリット!

Adobe Premiere Proの使用による主なメリットを3つにまとめてご説明します。Adobe Premiere Proの魅力をしっかりと押さえ、自分に合っている動画編集ソフトかどうか確かめてください。

①All in One アプリケーション

記事番号:20854/アイテムID:6505192の画像

Adobe Premiere Proは動画編集に必要なすべての機能がそろっており、編集からアップロードまで行うことができます。また、Premiere Proには、どのデバイスでも使用できる、新しい概念ワンアプリPremiere Rush付属!

 

撮影編集スマートフォンおこない、そのままスマートフォンから、あるいはデスクトップからソーシャルチャネルへ投稿が可能ですRushファイルPremiere Pro開いて、さらに編集続けるもできます

 

 

②AI技術を活用

動画作品は映像だけではなく、静止画像や音、テロップといったさまざまな要素で構成されています。一つの作品を完成させるまでに多くの時間がかかりますよね。「なるべく効率よく動画制作を行いたい......」と感じている方におすすめなのがAI (Adobe Sensei)の自動化機能!

 

Adobe Senseiはアドビのサービスに共通して適用されるAI技術とマシーンラーニングを組み合わせた技術で、Adobe Senseiにより重要な編集作業を迅速かつ正確におこなうことができます。複雑な作業はAdobe Senseiをアシスタントとして活用し、自分は創造的な業務に専念しましょう。Adobe Senseiにお任せすることで生産性が上がり、作品をより洗練させることができます。

 

 

 

③わからないことはすぐに解決

動画編集のスタンダードなツールであるAdobe Premiere Proは多くの人が使用している動画編集アプリです。そのためノウハウが蓄積されており、わからないことを検索すれば解決策がすぐに見つかります。また、チュートリアルが充実しており安心です。

 

また、クオリティの高い動画を効率的に制作するためのチュートリアルがアプリ内から使用できます。アプリ内チュートリアルで基礎から動画編集を学びましょう。

 

自分に合ったプランを選べる!

Adobeには4つのプランがあり、最適なAdobe Creative Cloudプランを選ぶことができます。

Premiere Pro単体プラン 2,728 円/月 本体価格2,480 /月
Creative Cloudコンプリートプラン 6,248 円/月 本体価格5,680 /月
学生・教職員向け 2,178 /月 本体価格1,980 /月
法人向け 4,158 円/月 本体価格3,780 /月 

①Premiere Pro単体プラン

Premiere Rush、100GBのクラウドストレージ、Adobe Fonts含まれます。

②Creative Cloudコンプリートプラン

Premiere Proはじめ、すべてのクリエイティブアプリを利用することができます

③学生・教職員向け

Premiere Proなど、すべてのアプリが使えるCreative Cloudコンプリートプランが最大65%OFFの学割プランです。非常にお得でおすすめです!

④法人向け

Premiere Pro含むすべてCreative Cloudアプリ使えて、法人専用の機能もす。

Adobe Premiere Proはどんな人におすすめ?

プロクオリティの動画編集が可能なAdobe Premiere Pro。著名なYouTubeクリエイターからハリウッドの映画制作者まで、幅広い人たちの多くに選ばれています。動画編集に必要な機能がすべてそろっているため、動画編集にAdobe Premiere Pro以外のソフトは必要ありません。

 

気になるのは実際にAdobe Premiere Proを使用しているの感想。購入しても使いこなせなければ買って後悔ということも。生の声を口コミで確認しましょう!

 

良い口コミ|Adobe Premiere Proのここがいい!

素人っぽさを抜け出した卓越した映像作成が可能

人気ユーチューバーも挙って使うプロ仕様の映像編集ソフト
5
30代
男性
広告・販促
なんといってもプロ並みの作業ができる多機能さ。premiere proとaftereffectを使えば、世の中にある映像作品でやっていることはほぼすべてできるといっても過言ではないはず(スキルがあれば)
私自身すべて使いこなしているとはいいがたいが、それでも素人っぽさから抜けだした映像に仕上げることはできるので多機能なソフトの力だと思う。

出典:https://www.itreview.jp

プロと同じレベルの映像が作れる

これとAEを使いこなせばプロ並みの映像が作れる
4.5
年齢非公開
男性
営業・販売・サービス職
実際にプロの映像現場でも使われている動画編集ソフトなので、非常に多機能で多彩な編集ができる。使い方さえ覚えてしまえば、使い勝手は思いのほか悪くなく、プロの編集したような作品に仕上げられる。

出典:https://www.itreview.jp

使える機能が豊富でどんな映像でも作成可能!

プロのような動画編集ができる!
4.5
年齢非公開
性別非公開
宣伝・マーケティング
プロが編集したような動画編集が可能な点です。
使える機能が豊富なので、知識が増えれば増えるほど様々な動画を作成することができました。また、premiere proに対応したモーショングラフィックスがネットで販売されており、組み合わせることで更にグラフィカルな動画が作れました。

出典:https://www.itreview.jp

Adobe連携アプリで作業効率を最大化

プロ並みの機能を備えた動画編集ソフト
4.5
年齢非公開
男性
ITコンサルタント
一番良い点はAdobe系のデザインソフト(AfterEffect、Illustrator、Photoshop)との親和性が高いことです。動画編集自体を本業として受託していないのであれば、社内で使用する分には充分に使えます。また、CloudベースのSubscriptionサービスになりましたので、導入しやすい料金体系になっていると思います。

出典:https://www.itreview.jp

プロ並の編集ができる多機能さが高評価を得ていました。操作に慣れれば慣れるほど自分の思い通りの動画を制作することができます。また、Premiere Pro以外のAdobe系ソフトとの親和性も喜ばれています。

悪い口コミ|Adobe Premiere Proを買って後悔......?

素人には少し難しい

プロには大変オススメだが素人向きではない。
2.5
年齢非公開
男性
ITコンサルタント
映像編集の案件で使いましたが、私はその道のプロでもなくド素人でしたので、使い方にはかなり手まどいました。まず、何がどこにあるかすらわからない状態なのですが、インターネットで検索しても日本語の文献があまり出てこなくて困りました。初心者向けではないと感じました。正直、無料や格安の新しいツールがどんどん出てくる中で、少しだけ映像編集したいというようなニーズの場合このツールは向いてないと思いました。

出典:https://www.itreview.jp

使いこなすには時間が必要

商業用動画作成ツール
2
年齢非公開
男性
その他情報システム関連職
専門用語が多く、かなりの知識量が求められます。簡単な動画作成ソフトの使用経験がある人でもPremiereProをそこそこ使いこなすにに2週間はかかるのではないでしょうか。 またAdobe製品全般に入れることですが、やはり月額費用がネックとなります。動画作成を生業としていない企業やユーザーにはやはり重くのしかかってくると思います。

出典:https://www.itreview.jp

悪い口コミのほとんどは「初心者では使いこなせない」という声でした。Adobe Premiere Proは初めて動画制作を行う方向けではありません。すでに無料ソフトやアプリなどで動画制作をしているが、無料のツールではできないことがあると不満を抱えている方におすすめです。

Adobe Premiere Proはこんな人におすすめ!

自分の興味や趣味、大切に感じているものを発信すると、世界に影響を与えることができる時代です。魅力的な動画を制作し、世界へ発信することで同じような興味や趣味を持つ人と繋がることができます。

 

視聴者の心に響く動画制作をしたい方や拡散力を持った動画を目指している方も多いのではないでしょうか。有料の動画編集ソフトへの移行を検討している方は以下の特徴に当てはまるかをチェックし、購入の参考にしてください!

①動画制作を経験したことのある方

Adobe Premiere Proは、これまで動画を無料ソフトやアプリなどで制作したことがある動画制作経験者だが、動画編集は初めての方におすすめします。無料のツールではできないことにも挑戦したい!動画を次のレベルのクオリティにしたい!と考えている方にぴったりです。

 

Adobe Premiere Proは習得に時間がかかる有料のソフトのであり、動画編集が未経験の方にはおすすめではないので注意しましょう。未経験者の方はPremiere Proを購入するとついてくるPremiere Rushでまずは動画制作を始めてみるのもおすすめです。

 

 

 

②ソーシャルメディアで自分の作品を共有したい方

自分の伝えたいことや発信したい趣味を持っており、動画を制作してソーシャルメディアで共有したいと思っている方はAdobe Premiere Proを活用しましょう。Adobe Premiere Proを使用すれば自分の好きなことや興味のあることを、自由に想いままに表現できます。

 

レベルの高い動画を制作し、ソーシャルメディアで注目を浴びるような動画を世界に届けることが可能です。

③動画制作に差別化や効率化を求める方

YouTubeやInstagram、TikTokなどさまざまなプラットフォームで多くの動画が制作されています。アプリのテンプレートではなく自分の編集で他作品との差別化を図りたい方は、有料動画編集ソフトであるAdobe Premiere Proを使いましょう。

 

8KからVRまで、あらゆるフォーマットの映像素材を編集可能です。また、Adobe Premiere Proの特徴であるAdobe Senseiの自動化機能により、効率よく作品の編集ができます。スピードと品質の両方を重視したい方は必見です。

④高いクリエイティブを目指す方

Premiere Proは、Photoshop・After Effects・Adobe Audition・Adobe Stockなど、他のアプリやサービスとシームレスに連携しています。

 

また、モーショングラフィックステンプレートは、After Effectsから開いたり、Adobe Stockから選択してカスタマイズしたり、数百種類あるサードパーティ製のエクステンションと連携させることができます。

Adobe Stockって?

コロナ禍といった環境の変化に伴い、プロクリエイター以外の動画制作者による動画内製化、ソーシャル動画が増加しました。さらに、5G時代の到来で動画コンテンツの消費も増加します。

つまり、映像業界においてストック素材の需要が増加しているのです。AdobeはAdobeにしか提供できないストックサービスを提供しています。

アドビにしか提供できないストックサービス

Adobe Stockは、写真やイラストに加え、動画・オーディオ・モーショングラフィックステンプレート・3Dなど商用利用が可能なロイヤリティーフリーの動画制作に使える素材が充実しています。 また、Premiere Proの中から素材の検索・お試し・ライセンスの取得が可能です。作業効率が大幅に向上すること間違いなし!多くのAdobe Creative Cloudユーザーに選ばれているストックサービスです。

>>公式サイトはこちら

もう少し知りたい!Adobe Stockの特徴

Adobe Stockの素材も使うと、動画のクオリティアップ+動画制作の効率化ができる。

ワークフローで生産製の向上

①クリエイターのための素材が揃っている

記事番号:20854/アイテムID:6464234の画像

Premiere Proとオーディオ素材との連携は高く評価されています。2億5,000万点を超える高品質な写真・動画・オーディオ・モーショングラフィックステンプレート・ベクター素材など、動画制作に必要なクリエイティブな素材がすべて揃っています。

②Adobe Senseiによるスマート検索が可能!

Adobe Senseiの技術で、キーワード検索の絞り込みや、特定の画像から同様の似た画像を検索できるので業務の効率が格段に上がります

 

③Adobe Creative Cloudとの統合

SNSの動画制作は編集工数が多くて、効率化したいけどどうしようと、悩んだ経験はありませんか?Adobe Creative Cloudとの結合により、Premiere Proの中から直接Adobe Stockの素材の検索、プレビュー、ライセンス化などが行えるので、クリエイティブワークフローが格段に向上します!

無料体験版でお試しできる

【初めてのお客様必見】

Adobe IDを作成すると、無償メンバーシップ特典がご利用いただけます。特典は以下になります。

お好きな無料体験版アプリが全部利用可能

製品版と同機能モバイルアプリはずっと無料使用可能

貂明朝などの高品質フォントの使用が可能

クリエーター向けコミュニティサイトで作品公開もできる

まとめ

今回紹介した「Adobe Premiere Pro」は日々の動画編集にとって最高のパフォーマンスを発揮してくれるだけではなく、Adobeの連携アプリと連携することであなたの動画編集に驚くほどの効率化を与えてくれます。

【総評】著名クリエイターやYouTuberも愛用する「Adobe Premiere Pro」はプロ向け必見の動画編集アプリ!

SNSでの動画配信が主流となった今、動画編集による映像技術はますます注目されています。たくさんのノウハウが蓄積され、AIでの編集をサポートしている「Adobe Premiere Pro」を利用して、プロ同然の動画編集で注目を浴びる映像を世界に届けませんか?

\フラッシュクーポン開催中/ 楽天 「画像・映像制作」ランキング

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月05日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【ラノベyoutuberに聞いた!】ラノベの人気おすすめランキング30選【2023年最新版】

【ラノベyoutuberに聞いた!】ラノベの人気おすすめランキング30選【2023年最新版】

本・雑誌
【ドラマーYouTuber監修】電子ドラムの人気おすすめランキング9選【卓上ドラムの評判も】

【ドラマーYouTuber監修】電子ドラムの人気おすすめランキング9選【卓上ドラムの評判も】

楽器
iPadケースのおすすめ人気ランキング12選【ガジェット系Youtuber監修】

iPadケースのおすすめ人気ランキング12選【ガジェット系Youtuber監修】

タブレットケース
3DCG制作ソフトのおすすめ人気ランキング10選【美少女のモデリングにも】

3DCG制作ソフトのおすすめ人気ランキング10選【美少女のモデリングにも】

画像編集ソフト
スマートウォッチ「TicWatch Pro3」のレビュー・評判を調査!他機種との違いは?

スマートウォッチ「TicWatch Pro3」のレビュー・評判を調査!他機種との違いは?

3Dプリンタ
【2023年最新版】PS4Pro向けSSDの人気おすすめランキング15選【外付け・やり方】

【2023年最新版】PS4Pro向けSSDの人気おすすめランキング15選【外付け・やり方】

SSD