【白湯でやせる?】白湯ダイエットの効果は?絶対NGなやり方がある?

記事ID18791のサムネイル画像

白湯は、美容や健康だけでなくダイエットにも活用されています。ここでは白湯ダイエットの正しいやり方や、その効果などについて詳しく解説しています。注意点やおすすめのウォーターサーバーなども紹介しているので、白湯ダイエットの参考にしてください。

白湯とは?ダイエットに効果的?

何もいれていない水を一度沸騰させることで白湯ができます。水道水も一度沸騰させることによりカルキなどが気にならなくなり、口当たりもまろやかに飲みやすくなります。沸騰したのち、50度から60度に冷まして飲みやすい温度まで冷ますといいでしょう。

 

沸騰して冷ましたお湯は湯冷ましと呼ばれることもあります。白湯は飲むことで身体を温めてくれたり、美容や健康にも良いとされていて、ダイエット方法としても注目されています。ここでは白湯ダイエットのやり方や効果などを紹介していきます。

白湯ダイエットの効果

白湯を飲むことで身体が温まり、内臓の温度も上がります。すると血液循環が良くなり、基礎代謝があがることで、脂肪を燃焼しやすくなることが期待されます。また内臓の温度が上がることで、内臓の動きも活発になります。では具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。

脂肪燃焼効果

白湯を飲むことにより内臓の温度が上がるので、全身の血液循環が良くなります。内臓温度が1度上がることで、基礎代謝は約10~12パーセント上がります。基礎代謝とは安静にしていても使われるエネルギーです。

 

そのため基礎代謝が低いと痩せにくい体になりやすいです。そのためダイエットでは基礎代謝を落とさないようにするのも重要なポイントです。白湯は基礎代謝を高めてくれるので、脂肪燃焼が促され痩せやすい身体に導かれていきます。

むくみの解消

むくんでいると顔や足などが実際よりも太く見えてしまいます。白湯を飲んで血液やリンパの流れを良くすることで、体内に滞ってしまっていた余分な水分も流れて、尿として排出されていきます。むくみが解消されればより痩せやすい身体になることが期待できます。

老廃物の排出

内臓が活発に動くということは、消化作用も促されるということです。消化作用が促進されることにより、体内の老廃物を外に押し出しやすくなります。老廃物をきちんと排出することにより、肝臓や腎臓などの動きもスムーズになり体内の浄化に役立つでしょう。

食べすぎの防止

温かい飲み物には満腹中枢を刺激する効果があります。そのため食前に白湯を飲むことで、食べすぎやドカ食いを防ぐことができます。その結果摂取カロリーを抑えることができ、ダイエットに繋がります。また食事中にも飲むことで、早食いの防止に役立てることもできます。

白湯ダイエットのやり方

自宅で手軽に作ることができ、コスパも高い白湯ダイエットを生活に取り入れたいと考えている方は多いでしょう。まずは試しに最低でも1週間継続することで、徐々に体の変化を感じられるようになります。ここでは白湯ダイエットのやり方を紹介します。

白湯を作る

白湯に使う水は水道水でもミネラルウォーターでも構いませんが、ミネラルウォーターを使う際は体に負担の少ない軟水を選んでください。白湯を作るのに一番おすすめなのはヤカンに水を入れて沸騰させる方法です。

 

水、風、火のすべての要素が加わった白湯を作ることにより、より白湯の効果を感じやすくなるでしょう。沸騰したお湯は50度から60度の温度になるまで冷ましてから飲みます。いちどにたくさん作った場合は、保温ポットなどに入れて保存しておきましょう。

 

ヤカンで作るのが面倒で負担に感じる方は、電子レンジで作ることもできます。マグカップに水を注いだら電子レンジで1分半程度温めることで簡単に白湯ができます。また他にもケトルを使っても簡単に作ることができます。

白湯を飲むタイミング

白湯を飲むのに適したタイミングは1日に4回あります。まず1番おすすめの時間帯は朝起きて最初に飲む白湯です。寝起きは胃腸が冷えていることが多いので、朝食の30分ほど前に白湯を飲むことで胃腸を温めることができます。

 

朝食前に胃腸を温めることで消化機能が高まり余分な脂肪の吸収を抑えることができます。白湯は一気に飲むのではなく少しずつ飲むのが効果的です。できれば1杯の白湯を10分から20分かけて飲むといいでしょう。

 

起床時以外は朝食、昼食、夕食と3食の食事の最中に白湯を取り入れて下さい。食事を食べながら白湯を1杯、少しずつ飲みましょう。白湯を飲み続けて老廃物が排出されることで、白湯に甘みを感じ美味しく飲み続けることができるようになります。

1日に白湯を飲む量

1日に白湯を飲む目安量は800mlです。1日に必要な水分量は1.5L程度なので800mlを超えた分は好きな飲み物を飲んで構いません。しかしダイエット中であれば炭酸飲料などの高カロリーな飲み物は避けるのがいいでしょう。また飲み過ぎはむくみの原因になってしまうので気を付けましょう。

白湯ダイエットの効果アップが期待できるアレンジ方法

白湯だけでも効果が期待できる白湯ダイエットですが、ダイエット効果のある食材を加えることにより相乗効果を期待することができる場合もあります。まずおすすめのプラス食材がショウガです。ショウガでは冷え性改善の効果が期待できます。

 

ショウガと白湯は共に身体を温めて血流を促してくれるので、冷え性の方には特におすすめのアレンジ方法です。また疲労を感じている方におすすめなのは蜂蜜とレモンです。蜂蜜にはビタミンなどの栄養が豊富に含まれています。

 

また甘味料の中では比較的低カロリーなのでダイエット中でも取り入れやすいでしょう。レモンにはクエン酸が含まれているので、疲労回復効果が期待できるでしょう。カロリーが気になる方はレモンだけでも疲労回復効果が期待できるでしょう。

白湯ダイエットではウォータサーバーがあると便利

白湯ダイエットでは起床時に白湯を飲むのがポイントになっています。朝食の30分前に飲むことで内臓を温めることが目的ですが、朝は忙しくてお湯を沸かして冷ましている時間がないという方も多いでしょう。

 

そういった方はウォーターサーバーを活用してみてはいかがでしょうか。ウォーターサーバーはボタンを押すだけでお湯が出てくるので、ヤカンで沸かしたりする手間を省くことができます。マグカップにお湯を注ぎ、10分ほどすればちょうど飲み頃になります。

白湯ダイエットにおすすめのウォーターサーバー3選

うるのん

うるのん

うるのんで詳細を見る

モンドセレクションで4年連続受賞したお水

うるのんで使われているお水は静岡県富士宮市で採水されている富士山の天然水です。すっきりとした味わいで飲みやすいと人気を集めています。またこのお水はモンドセレクションで4年連続受賞に加え、ITI(国際味覚審査機構)でも5年連続で優秀味覚賞を受賞しています。

 

サーバーには温水はもちろん冷水にもチャイルドロックが搭載されているので、小さなお子さんのいる家庭でも安心して使うことができます。長期的に利用予定の方は3年契約のうるうるプランに加入することでボトルを100円引きで購入することができます。

 

他社のウォーターサーバーを使っている方は乗り換えることで最大15000円分のキャッシュバックなどを受けることができます。また妊娠中から3歳以下のお子さんのいる家庭はすくすくキャンペーンで、ボトル4本とカタログギフトをもらうことができます。

月額平均¥4,441初期費用なし
温度水:4~12度/お湯:80~90度水の種類天然水
サイズ卓上型&据え置き型ボトル方式ワンウェイ方式
500ml換算¥85月額電気代¥513

フレシャス

フレシャス

公式サイトで詳細を見る

少量ボトルで交換が楽にできる

フレシャスでは3種類の天然水から好みの味の天然水を選んで利用することができます。採水地はどれも富士吉田ですが、お水の味は違うので味にこだわりたい方にもおすすめです。水タンクは通常12Lを採用しているメーカーが多いです。

 

しかしフレシャスでは7.2Lの軽量パックを採用しているので、女性でもボトルの交換が簡単にできるでしょう。人気の高いフレシャスデュオはキッズデザイン賞を受賞していて、小さなお子さんのいる家庭にもおすすめです。

 

サーバー購入プランもあるので長期に使う方はお得に使えます。他社のウォーターサーバーを使っている方は解約金最大16500円がキャッシュバックされます。またママパパプランでは初回にハンドタオルとストローカップがもらえます。誕生月にはお水のプレゼントもあります。

月額平均¥4,572初期費用なし
温度水:4〜10度/お湯:80~85度水の種類天然水
サイズ卓上型&据え置き型ボトル方式ワンウェイ方式
500ml換算¥87月額電気代¥330

ウォータースタンド

ウォータースタンド

公式サイトで詳細を見る

お水使い放題のウォータサーバー

ウォータースタンドは水道に直接ウォータサーバーを繋げることにより、水道水を浄水して飲むことができるようになります。そのためボトル交換の手間もなく、ボトル購入の費用も掛かりません。水が切れてしまったり余ったりすることなく好きな量を自由に使うことができます。

 

ボトル代を気にすることなくたっぷりお水を使いたい方や、大家族におすすめのウォータサーバーです。サーバーはスタンドタイプ、卓上タイプ共にあり、デザインも好きなものを選ぶことができます。

 

試飲イベントもショッピングモールなどで行われているので、お水の味を確認してから契約することができます。また他社からの乗り換えでは最大10000円分のポイントをもらうことができます。また子育て支援パスポートに協賛しているので、対象地域の方はサービスを受けることができます。

月額平均¥3,980初期費用なし
温度水:5~8度/温水:85~93度水の種類RO水
サイズ水道直結ボトル方式-
500ml換算-月額電気代¥1,200

白湯ダイエットの注意点

白湯ダイエットでは飲み過ぎに気を付けましょう。白湯は体への吸収がいいので、飲み過ぎることでむくんでしまったり、胃液が薄まって消化不良を起こすことも考えられます。800mlを超えたら、ルイボスティーなどのノンカフェインの飲み物にするのがおすすめです。

 

また白湯の温めなおしもやめましょう。冷めた白湯を温めなおして飲むことは身体の毒とされています。冷たくなった白湯を温めなおして飲むことはせずに、新しいお水を使って白湯を作るようにしましょう。またたくさん作ったときには保温ポットを活用するのがおすすめです。

白湯ダイエットをしよう!

ウォーターサーバーを使うことで、白湯ダイエットがより一層手軽にできるようになります。起床時と食事中に白湯を飲むだけで身体の巡りの良さに繋がるので、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。白湯を飲むことで痩せやすい身体に近づくことができます。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年12月29日)やレビューをもとに作成しております。

TOPへ