寝る前に白湯は良くない?【効果についても!】

記事ID18709のサムネイル画像

白湯は、ダイエットや便秘などにもいいとされ、体の調子を整えてくれると言われています。なんとなく体の調子が良くないという方は、時間があるときに飲むのがおすすめです。今回は、とくに夜寝る前に飲む白湯の効果をご紹介します。

なんとなく体の調子が良くないときにおすすめの白湯

白湯とは、水を沸騰させ、飲める程度まで冷ました飲み物。ほかにも「湯冷まし」という名称があります。簡単に言えば「ただのお湯」である白湯なのですが、実は白湯を飲むことで、美容・健康効果のサポートができます

 

また夜寝る前の白湯に限らず、水を十分に取ることは健康を維持に重要です。人間の体が1日に必要とする水分量は、体型や男女差よっても差がありますが「1.5~2L」。白湯は時間があるときに約600~800mlが目安を3〜5回にわけてゆっくり飲みましょう。

 

ほかにも、寝る前に白湯を飲むと良い点や、注意点など気になる方も多いと思います。今回は、寝る前に白湯を飲むメリットやデメリット、飲み方についてご紹介します。

寝る前に白湯を飲むとこんな効果が!

白湯は身体を温めることで代謝を挙げてくれます。中でも就寝前に白湯を飲むと、より効果的です。白湯を飲むことで、期待できる効果を紹介していきます

デトックス効果で「ニキビのできにくい肌」へ

しっかり沸かした白湯は不純物が少ないため、飲むことで胃や腸の壁に張り付いた老廃物を洗い流しやすくすることができます。また、温かい白湯は内臓を温め、胃腸や腎臓などの器官の働きをアップさせる効果があります。

 

寝る前に白湯を飲むと、胃腸の汚れが洗い流され、寝ている間の消化器官の働きをサポートします。そのため、老廃物の排出がスムーズになり、翌朝の便秘やむくみの軽減が期待できますニキビなど肌トラブルにお悩みの方にもおすすめです。

リラックス効果で「安眠」にも

白湯を飲んで体が温まると、副交感神経の働きがよくなるため、心身ともにリラックスした状態にすることができます。就寝前に気分を穏やかにすることは、安眠を得るためにも欠かせません。

 

もし今日1日忙しくてゆっくりする暇がないときでも、寝る前にゆっくり白湯を飲む時間を作ると、心も体もリラックスしてゆっくり眠ることができるでしょう

「冷え性」にお悩みの方にもおすすめ

白湯は内臓をゆっくり温めるため、血流がよくなります。すると、収縮していた末端の血管にまで血液が循環するようになり、体全体に熱が行き渡りやすくなります。また、白湯を飲むことで自律神経が整うため、体温が上がりやすくなるという効果もあります


ベッドに入っても寒くてなかなか寝付けない、という方も多いでしょう。冷えが気になる場合は、寝る前にゆっくり白湯を飲むと、身体が内側から温まって眠りに入りやすくなります

消化をサポートし「便秘になりにくい体」へ

白湯が内臓を温めてくれることで、鈍っていた内臓の働きが促され食べ物を消化し吸収する力がアップします。また、白湯を毎日飲むことで便秘になりにくい体づくりにもなりますので、毎日習慣づけるのがおすすめです。

基礎代謝が上がり「ダイエット」にも!

白湯を飲むことで血液の循環がアップし、脂肪が燃焼されやすくなります。白湯を毎日飲むだけで手軽に痩せやすい体を作ることができますので、ダイエットを気にされている方にもおすすめです。

【これで効果アップ】おすすめの白湯の作り方

白湯は火でしっかり沸かすのが基本です。しっかり沸かすことで、水の中にある不純物を取り除くことができます。また、白湯に使うのは軟水がおすすめです。硬水はミネラルが多く栄養豊富である反面、沸かすことで成分が沈殿しやすくなります。

 

そのため寝る前に飲むと胃腸への負担が大きくなるからです。

飲みやすい白湯なら「火で沸かす」のがおすすめ

白湯の最も基本的な作り方です。薬缶や鍋を使って、水をしっかり沸騰させましょう。しっかり沸騰させることで水中の不純物が抜けて、口当たりの良いお水になります。また、カルキ臭さも消えるので、飲みやすいお水ができますよ。

 

1.鍋や薬缶に水を汲み、フタをして火にかける

2.沸騰したらフタをとる

3.弱火にして10分程度沸かす

4.火を止め、50℃くらいまで冷ます

 

作り置きする場合は、保温ポットや魔法瓶に入れておきます。ただ、作った白湯は長期間保存することができません。作ったら早めに飲みきりましょう

作り置きなら「電気ポット・電気ケトル」がおすすめ

電気ポットや電気ケトルをつけば、火の番をしなくてよいので、簡単に白湯を作ることができます。また、保温機能があるものなら、作り置きにも便利です。作り方は以下の通りです。

 

1.電気ケトルや電気ポットに水を汲む

2.沸かす

3.カップに注ぎ、50℃程度まで冷えるまで待つ

手軽に飲むなら「電子レンジ」がおすすめ

電子レンジを使えば、水をチンするだけで白湯ができあがり。寝る前に洗い物を増やしたくない場合などにおすすめです。電子レンジなら、ちょうどカップ1杯分の白湯を作ることができます。

 

1.カップに水を汲む

2.500Wの電子レンジで1分半~2分を目安に加熱する

3.50℃程度まで冷ます

白湯を作るのにおすすめの方法は?

白湯を作るなら「ウォーターサーバー」がおすすめです。電気ケトルなどは温める時間がかかりますが、ウォーターサーバーなら温水がいつでも出せます。ウォーターサーバーはお湯の温度を設定できるものもおおいので、すぐに白湯を飲むことができます。

 

次の章では、白湯づくりにおすすめなウォーターサーバーを紹介します。「自分に合ったウォーターサーバーを詳しく知りたい」という方は下のボタンをタップしてください。有名ウォーターサーバー9社を徹底比較し、特徴を解説しています

【編集部イチオシ】白湯におすすめのウォーターサーバーはこれ!

1位

PREMIUM WATER (プレミアムウォーター)

5.0

迷ったらこれ!朝夜いつでもミネラル豊富な天然水が楽しめる

【ウォーターサーバーシェア・顧客満足度No.1】

プレミアムウォーターはみんなが選ぶ今注目のウォーターサーバー!「ウォーターサーバーシェア※1」「顧客満足度※2」がともにNo.1に選ばれています。

 

【人気の理由は口当たりの良い軟水】

水道水で白湯を作る場合は、沸騰させて塩素を除く必要があります。しかしプレミアムウォーターは、塩素が入っていない天然の軟水です。朝夜いつでもワンプッシュで飲みやすい白湯が用意できます!

 

【今ならお得なキャンペーンも実施中】

プレミアムウォーターはWEBサイトからの申し込み限定で、全員にAmazonギフト券2,000円分がプレゼントされます。また、他社サービスを利用していてプレミアムウォーターに乗り換える方は最大16,500円のキャッシュバックもあります。

 

※1.日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:ウォーターサーバー業界 指定領域における競合調査
調査期間:2020年7月8日時点
※2.マイボイスコム調べ(2020年7月「ウォーターサーバーの利用に関する調査」にて利用経験者の満足度NO.1)

月額料金 3,542円(税込)~ 初期費用 初回登録事務手数料:3‚300円(税込)
温度 冷水:6℃前後/温水87℃前後 水の種類 天然水
サイズ 卓上型&床置き型 使い終わったボトル 回収不要
500ml換算 68.3円 月額電気代 630円

寝る前以外の白湯を飲むタイミングとは

白湯に限らず水をたくさん飲むことは体に良い影響を与えます。人間のからだが1日に必要とする水分量は、体型や男女差よっても差がありますが「1.5~2L」です。そのうち白湯は約600~800mlが目安になります。3~5回に分けて、少しずつゆっくり飲みましょう。

 

この章では白湯を飲むタイミングと、得られる効果について、見ていきます

便秘やむくみが気になるなら「起床後」がおすすめ

白湯は、起床後の1杯目の水分補給におすすめです。寝ている間に冷えてしまった身体を温めるだけでなく、胃腸に負担をかけずに水分を補うことができます。また、内臓が温まると代謝がアップするため、その日1日を元気に過ごすエネルギーが湧きます。

 

さらに、胃腸が刺激されるため、老廃物の排泄がスムーズになります。便秘や朝のむくみに悩んでいるなら、夜だけでなく、起床後にも1杯の白湯を飲む習慣をつけてみるとよいでしょう。

ダイエットを意識しているなら「食前・食後」がおすすめ

ダイエット効果を期待するなら食前の白湯がおすすめです。空腹感が和らぐため、食べすぎの防止につながるからです。また、食前に白湯で胃腸を温めておくと、消化がスムーズになるというメリットもあります。

 

食後の白湯も、同じく消化をスムーズにする効果があります。胸焼けや胃もたれしやすい場合は、食後に白湯を飲む習慣をつけてみましょう。ただし、飲むタイミングに注意です。食後すぐに水分を摂ると、胃液が薄まるため、かえって消化器官に負担をかけます


白湯は、食後30分~1時間後を目安に飲みましょう。同じく、食前に白湯を飲む場合も、30分前までを目安にするのがおすすめです。

夜の寝る前に白湯を飲むときの注意点

夜の寝る前に白湯を飲むと大きなメリットがありますが、飲み方を間違えると逆に体へ負担をかけるため、注意が必要です。就寝前に白湯を飲むときは、以下のポイントに気を付けてください

飲む時間は「寝る何分前」までOKか

寝る直前に白湯を飲むと、夜中にトイレに起きたくなる可能性があります。安眠のために白湯を飲んでも、それが原因で眠りが中断されては意味がありません。白湯を飲む時間は、就寝30分前までを目安に飲むのがよいでしょう。

寝る前に飲む量は「カップ1杯」を目安に

寝る前に飲む白湯の量はカップ1杯程度が目安です。寝る前に水分を摂りすぎると、夜中にトイレに起きる可能性が高くなります。また、いくら白湯でも寝る前に飲みすぎると、寝ている間の胃腸に負担をかけてしまいます。


ちなみにカップ1杯分とは200ml程度です。また、1日に飲む白湯の量は800ml~900ml程度にしましょう。

飲み方は「ゆっくり飲む」のがポイント

白湯はすするように、ゆっくり飲むのがポイントです。少量ずつに分けて飲むことで、胃腸への負担が軽くなり、吸収率が高まります。また、白湯は熱いため、火傷防止の意味でも、慌てて飲むのは止めましょう。

白湯の味が苦手なら「アレンジ」もおすすめ

白湯を飲みたいけど、白湯の味が苦手という方も多いと思います。そんな方は、アレンジして飲んでみるのがおすすめです。白湯にすりおろした生姜小さじ1を加えて飲む「生姜白湯」は体が温まり、冷え性改善が期待できます。

 

また、レモンを一切れ入れるだけの「レモン白湯」は、クエン酸による疲労回復効果が期待できます。疲れをとり、ぐっすり眠りたいという方におすすめです。はちみつを一緒に入れるも良いですが、入れすぎは胃腸に負担をかけますので大さじ1程度にしましょう。

寝る前の白湯は太るってデメリットがあるって本当?

ネットでは「寝る前に白湯を飲むと太る」とデメリット書いている記事がありますが、それは本当でしょうか?結論から言うと、白湯を飲んで太ることはありえません過剰に水分を取ったことが原因でむくんでしまったため、太ったように感じることがあるようです。

 

正しい飲み方と量を守れば、むしろ痩せやすい体質に近づきます

美容と健康のために寝る前の一杯を習慣づけよう

寝る前に白湯を飲むと、身体があたたまってスムーズに眠りに入りやすくなります。冷え性でなかなか寝付けない方や、翌朝スッキリしないという方は、ぜひ寝る前の1杯の白湯を習慣づけてみてください

 

また、白湯を習慣づけるにはウォーターサーバーが便利!下の記事では有名ウォーターサーバー9社を徹底比較し、特徴を解説しています。「自分に合ったウォーターサーバーを詳しく知りたい」という方は下のボタンをタップ!

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【効果をご紹介】朝に白湯を飲む効果をご紹介!【メリットは?】

【効果をご紹介】朝に白湯を飲む効果をご紹介!【メリットは?】

その他
白湯の飲み過ぎは体に悪いの?デメリットやおすすめの飲み方を徹底解説!

白湯の飲み過ぎは体に悪いの?デメリットやおすすめの飲み方を徹底解説!

その他
白湯の効果とは?お湯との違いは?効果的な飲み方がある?【徹底解説】

白湯の効果とは?お湯との違いは?効果的な飲み方がある?【徹底解説】

その他
白湯とは?お湯との違いはなに?【作り方・効果もご紹介!】

白湯とは?お湯との違いはなに?【作り方・効果もご紹介!】

その他
【白湯でやせる?】白湯ダイエットの効果は?絶対NGなやり方がある?

【白湯でやせる?】白湯ダイエットの効果は?絶対NGなやり方がある?

その他
白湯を新生児に飲ませるのはいつから?作り方や注意点を解説します。

白湯を新生児に飲ませるのはいつから?作り方や注意点を解説します。

その他