白湯の温度は何度が目安?冷ます時間は?【レンジでの作り方も!】

記事ID18759のサムネイル画像

白湯を作るときに気になる温度の目安を解説していきます。白湯とお湯の違いから温度の測り方や詳しい作り方、何分冷ますか、期待できる効果も徹底調査。白湯の温度を知り、より効果的に生活に取り入れましょう。後半ではレンジで作る方法もご紹介しますので、参考にしてみてください。

白湯にはうれしいメリットがいっぱい!

最近よく耳にするようになった「白湯(さゆ)」。健康に良いイメージはあっても、白湯とお湯の違いがわからないという方も多いのではないでしょうか。白湯の効果を最大限引き出すためには、まず白湯の正しい知識を知っておきましょう。

 

白湯とは、水を沸騰させて作ったお湯のことで、水道水には殺菌・消毒のための塩素や不純物が含まれており、いわゆる「カルキ臭」と呼ばれる味や臭いの原因です。10分ほど沸騰させると除去され、くせや臭いのない白湯ができあがります。

 

白湯を飲み続けた結果、さまざまなうれしい効果があり、普段の生活に取り入れることで簡単に健康的な生活を送れるのです。そこで今回は白湯のメリットや作り方などについてご紹介します。

「飲み方」のポイントはタイミング!白湯を飲み続けた結果

白湯を飲むときに大切なのは、白湯を飲むタイミングです。もちろんいつ飲んでもいいのですが、体が白湯を受け入れやすいタイミングで飲むことでより健康的な効果が期待できます

 

一番のおすすめは、朝起きてすぐです。朝一番で飲むことで血流が促進され、体温がしっかり上がることで基礎代謝も上がります。とはいえ朝から白湯を作るのは大変なので、毎朝飲むという場合はウォーターサーバーの活用がおすすめです。

 

次におすすめなのは、夜寝る前です。朝よりは時間があり白湯を作る余裕があることに加え、習慣化しやすいというメリットがあります。白湯を飲み続けた結果代謝が上がることが期待できるので、毎日忘れず飲むようにしたいという方は夜がおすすめです。

どのくらい冷ます?白湯の温度は「50度」が目安

実は、白湯に明確な温度の定義はありません。しかし熱すぎるお湯は消化器に負担がかかり火傷のリスクもあります。お湯を沸騰させてから少し冷まし、50度前後を目安として飲むのがおすすめです


冷えが気になる方は少し高めに、熱がこもりやすい体質の方は少し低めに作ってもOKで、どのくらいがいいかというと感覚的に自分が「おいしい」と感じる温度です。体調や体質によっても違うので、自分にとってのおいしい温度を見つけてみてください。

赤ちゃんには「36℃前後」がおすすめ

赤ちゃん用に白湯(湯冷まし)を作る場合には、人の体温と同じくらいの35~37℃が適温です。大人が飲む白湯は50℃前後ですが、火傷などのリスクがあり赤ちゃん用の白湯の温度には注意しましょう。

 

白湯を赤ちゃんに飲ませるメリットとして、水分補給や便秘解消があげられます。母乳やミルクの摂取量を抑えたい場合や、薬を飲ませるときにも有効です。しかし、赤ちゃんは胃腸が未発達なので、白湯を飲ませるのは生後3か月以降を目安にしましょう

白湯をおいしく飲むには温度の「測り方」が大事

白湯を心地よく感じるかどうかを大きく左右するのが温度です。熱すぎても火傷をしてしまいますし、ぬるすぎても不快に感じてしまいます。ここではおすすめの白湯の温度の測り方をご紹介します。

水道水などを鍋で熱するなら「温度計」を使うのがおすすめ

白湯作りはの基本は、水道水やミネラルウォーターを鍋などで熱し適温にするだけです。その際大事なのが温度になります。白湯の温度を正確に測るには、料理用の温度計を使うのがおすすめですが、だいたいでも大丈夫です。

 

食道や胃より少し温かく感じるのが白湯の適温なので、温度計がない場合はそれを目安にし、火傷に注意しながら味見をしてみてください。カップに入れた際、両手で包んで持てるくらいの熱さも基準の一つです。

何分冷ます?「冷ます時間」を測っておくと次から楽に作れる

何分冷ますかは人によって異なりますが、コンロで沸騰させたのちに冷まして白湯を作るのであれば、最初の数回だけ温度計を使い、どのくらいで適温まで冷めるのか時間の目安を掴んでおくのをおすすめします。あとは同じ時間冷ますだけです。

「電子レンジ」で作る場合も同様に冷まして

電子レンジを使う場合も、沸騰させたときと同様にどのくらいの時間熱したあとどのくらい冷ましたらちょうどよかったかを覚えておくのがおすすめです。あたためたコップを両手で包んで持てるくらいの熱さを基準にしてください。

白湯とお湯の違いは?

白湯とお湯の違いは何なのでしょうか。お湯は「水に熱を加えたもの」という定義なので、沸騰していなくてもOKです。対して白湯・湯冷ましは沸騰が必要ですが、この2つに温度の定義はなく、一般的には同義として扱われています

白湯の効果3つ【女性に嬉しい効果がたくさん!】

次に、白湯を飲むことで期待できる嬉しい効果を見ていきましょう。効果別に飲み方のポイントもご紹介するので、ぜひ試してみてくださいね。

効果①:朝に1杯飲むと「ダイエット」のサポートをしてくれる

白湯を飲むと内臓が温まり、血流が促進され、温められた血液が身体をめぐることにより体温も上がるので、基礎代謝の上昇が期待できます。体内の温度が1℃上がると基礎代謝は約10%も上昇すると言われ、痩せやすい身体作りには欠かせない要素です。


ダイエット効果を高めるには、朝起きてから朝食の30分前までに白湯をコップ1杯、ゆっくり飲むのがおすすめです。基礎代謝を高め、カロリー消費を増やすことができるので、朝食の前に白湯を飲むことで胃腸を活性化でき、消化の促進にも繋がります

効果②:「冷え・便秘・むくみ」の改善をサポートしてくれる

便秘には水分が効果的ですが、冷たい水では刺激による胃への負担も大きくなります。白湯は体内を温め、めぐりを促進して排出をサポートしてくれ、水分補給にもなるので、便が柔らかくなり便秘改善に効果的です。


体内の温度が上がってめぐりが良くなると、冷えやむくみの改善にも繋がります。冷えやむくみは起こると太く見えやすくなり、ダイエットの大敵となってしまいます。白湯の効果は一石二鳥です。

効果③:朝や寝る前に習慣的に飲めば「美肌」効果が期待できる

白湯を飲んで血流が良くなると体内の老廃物も排出され、デトックス作用が高まり、その結果、肌が生まれ変わるサイクル”ターンオーバー”が整い、肌荒れやニキビの改善効果が期待できます

 

人は、便秘が続くと肌荒れを起こしやすくなります。腸内環境と肌には深い関係があり、腸内環境を整えることも美肌作りに効果的です。白湯を習慣的に飲むと便秘解消効果が期待でき、結果的に美肌効果も期待できます。

白湯はガンの元?白湯の「デメリット」はなし!

白湯を飲むことで起こるデメリットはありません。白湯はガンの元などの説も出回っていますが、水と同じなので体内で悪さをすることもなく、いいことしかない白湯ですが、飲むときの火傷には注意をする必要があります。

 

おいしい白湯をつくるためには一度適温以上に熱する必要があります。そのため、熱いお湯を冷まして飲むことが多いはずです。そのときにきちんと冷めていないと、舌や口内を火傷する可能性があります。

白湯を「アレンジ」してもっとおいしく飲もう!

いつもの白湯にひと工夫するだけで、もっとおいしく白湯を飲むことができます。材料をひとつ追加するだけでできる簡単アレンジをして、よりおいしく、毎日健康に白湯を飲みましょう。

 

まずご紹介したいのが、レモンや蜂蜜・生姜を入れるアレンジです。レモンはビタミンを摂取できますし、生姜は体をより温めることができます。他にもココナッツオイルやココアなどの健康にいい食品もおすすめです。

 

意外なところでは、大根おろしの汁やゴマ・梅干しを加えるアレンジもおすすめです。どれもだいたい大さじ1杯を目安に白湯に入れてみてください。特に大根おろしの汁は胃にやさしく、食べすぎ・飲みすぎの翌日に飲むと消化酵素が効果的に働いてくれます。

簡単な白湯の作り方をご紹介!

白湯を作るとき、ただ水を温めれば良いという訳ではありません。ここからは、白湯の正しい作り方をご紹介します。

スタンダードな「鍋」を使ってコンロで作る方法

まずはコンロの火を使って白湯を作る方法です。

 

1.蒸発することを考えて多めの水を用意します。

2.鍋またはやかんに水を入れ、火にかけます。

3.水道水の塩素などを除去するため、蓋をせず10~15分ほど沸騰させ続けましょう。

4.50℃を目安に冷まして白湯の完成です。

 

最もスタンダードな白湯の作り方です。しかし、15分間沸騰させ続け冷めるまで待つとなると、かなり時間がかかります。また蒸発も必要なので、飲む量に対して多めの水を用意しなければならず、コストパフォーマンスが良いとは言えなさそうです

「電子レンジ」で作る方法は簡単だが水道水はダメなので注意

次は、電子レンジを使って白湯を作る方法です。

 

1.市販のミネラルウォーターまたは塩素を除去できる浄水器の水を用意します。

2.コップに150~200mlの水を注ぎ、500Wの電子レンジで2分加熱します。

3.熱すぎるようなら冷まし、白湯のできあがりです。

 

電子レンジを使えば、コンロよりも手軽に白湯を作ることができます。注意しなければならないのは、水道水はそのまま使用できないということです。水道水には塩素が残っているので、飲みにくさを感じるでしょう。

最も簡単なのは「ウォーターサーバー」で作り水筒に詰める方法

最後に、ウォーターサーバーで白湯を作る方法です。

 

温水と冷水を2:1の割合で混ぜる。

※常温または冷水のみのウォーターサーバーは、電子レンジの方法と同じ要領で温めましょう。

 

温水と冷水を2:1の割合で混ぜると、約50℃になります。すぐに白湯にちょうどいい温度になります。ご紹介した3つの方法の中で、ウォーターサーバーが最も簡単です。水筒でも温度調節がしやすく、もし熱かった場合も、冷水を足して調節できます。

白湯作りにはウォーターサーバーがおすすめ!

白湯は習慣的に飲むことで効果を実感できるものです。続けるためには、手軽さも重要です。水道水を使う場合は、カルキ臭を取り除くため10分ほどしっかり沸騰させる必要があります。

 

ペットボトルの天然水を使う場合、毎回重い水を買いに行く必要があり、ウォーターサーバーなら時間やガス代、ゴミを処分する手間を省いて白湯を作ることが可能です。ここからは、白湯作りにおすすめのウォーターサーバーをご紹介します。

こだわりの天然水で手軽に白湯を作れる

【おいしい天然水が飲める】

プレミアムウォーターの水は、全国6か所の採水地から採った天然水です。原水をフィルターで除菌処理し、加熱せず、天然水本来の味を楽しむことができます。非加熱処理をした水は、風味を損なわずまろやかで口当たりの良い味わいが特徴です。

 

【サーバーの種類が豊富でおしゃれ】
サーバーは卓上型や床置き型など6種類。amadanaやcadoとのコラボモデルはデザイン性が高く、インテリアにこわだりを持つ方々からも高評価です。また、冷温水に加え常温水にも対応しているQuOLは、2018年にグッドデザイン賞を受賞しています。

 

【サーバーレンタル代・送料がお得】
プレミアムウォーターは、基本的に水の料金のみで利用できます。サーバーの月額レンタル料金は最高でも1,000+税で、スリムサーバーIIIとamadanaスタンダードサーバーは無料です。配送料は基本無料ですが、地域によっては追加送料がかかります。

 

【お得なキャンペーン実施中】
乗り換えで最大16,500円キャッシュバックや新規キャンペーンで2000円のQuoカード券プレゼントなど、随時さまざまなキャンペーンを掲載しています。ぜひチェックしてみてください。

月額料金 3,542円(税込)~ 初期費用 初回登録事務手数料:3‚300円(税込)
温度 水:6度前後/お湯:87度前後 水の種類 天然水
サイズ 卓上型&床置き型 使い終わったボトル 回収不要
500ml換算 ¥82.7 月額電気代 約¥600

プレミアムウォーターの料金プラン

プレミアムウォーターのプランは3種類あり自分に合うプランを選ぶことができます。プレミアムウォーターは法人プランもあります。

基本プラン

「初めてのウォーターサーバーだからとりあえず短期間の契約がしたい」という方ならベーシックな「基本プラン」がおすすめで、基本プラン契約内容は以下の通りです。

 

毎月12L×2本 4,233円(税込)
契約年数 2年
ウォーターサーバーレンタル料 0円(サーバーモデルによっては有料)

※お届け本数は1セット(2本)から可能です。

PREMIUM3年パック

「とにかくお得に使いたい」という方は「PREMIUM3年パック」がおすすめです。プレミアムウォーターを3年間契約することで、水の料金をお得に注文できるプランになります。

 

料金

12L×2本:3,974円(税込)

または

7L×2本:3,542円(税込)

契約年数 3年
ウォーターサーバーレンタル料 0円(サーバーモデルによっては有料)

※お届け本数は1セット(2本)から可能です。

 

セットは、基本プラン「4,233円」に対して、PREMIUM3年パックは「3,974円」。その差は259円です。これを3年間で比較すると、「PREMIUM3年パック」の方が18,648円もお得に利用できます。

PREMIUM WATER MOM CLUB(マムクラブ)

プレミアムウォーターのママさん向けプランならお得に注文できる特典がいっぱい!

 

毎月12L×2本 3,283円(税込)
契約年数 3年
ウォーターサーバーレンタル料

毎月ボトルを2セット以上ご注文で550円(税込)/月
+ 初月は無料

 

子供のいる家庭のためのお得なプランです。お申込時に、妊婦又は5歳以下のお子様がいるご家庭が対象になります。

プレミアムウォーターのサーバーごとの料金

ウォーターサーバーを利用すると、どれくらいのコストがかかるのか気になります。まずはサーバーごとの料金を表にまとめてみました

 

  月額レンタル料 月額電気代 エコモード

スリムサーバーIII

(ロングタイプ)

無料 通常使用時:約¥630 エコモード使用時:約¥500

スリムサーバーIII

(ショートタイプ)

無料 通常使用時:約¥790 エコモード使用時:約¥630

amadana

スタンダードサーバー

無料 約¥1,060

amadana

ウォーターサーバー

¥1,000+税 約¥980

cado×PREMIUM WATER

ウォーターサーバー

¥1,000+税 通常使用時:約¥840 エコモード使用時:約¥670
QuOL ¥1,000+税 通常使用時:約¥1,188 省エネモード使用時:約¥1,080

(省エネモード)

 

レンタル料が無料でエコモード機能がついたモデルを選べば、ランニングコストを抑えてプレミアムウォーターを利用できます

プレミアムウォーターの送料

プレミアムウォーターの送料は基本無料ですが、エリアによっては追加で料金がかかります。送料について表を作成したので、該当エリアかどうかチェックしておきましょう。

 

  追加送料
北海道・青森・秋田・岩手・沖縄 ¥220(税込)/1セット
石垣・宮古島エリア ¥715(税込)/1セット
上記以外のエリア なし

 

なお、離島など一部地域には対応していないので、心配な方は事前に確認しておくと安心です。

白湯を飲む際の注意点

美容・健康のサポートに役立つ白湯ですが、飲み方に注意しないとかえって体調を崩してしまうかもしれません。この章では白湯を飲む際の注意点を紹介します。

①白湯は飲みすぎないこと!白湯ばかり飲むのはNG

体にいいからといって白湯ばかり飲むのは禁物です。飲みすぎるとかえって体調を崩す原因になり、飲み過ぎると胃液を薄めてしまい、消化不良になることもあり、白湯を1日に飲む適切な量は700ml~800mlといわれています。

②白湯は少しずつ飲もう!

水や飲み物全般に言えることですが、大量の白湯を一気に飲んでも体内に吸収できず、胃腸に負担がかかります。そのため白湯は数回に分けて飲むようにしましょう。1回の摂取量は200mlが目安です

 

また、飲むタイミングは、朝起きてからすぐがおすすめです。朝は体温が低く胃腸の動きも鈍い状態なので、白湯を飲むと身体が温まり、負担をかけずに胃腸を動かすことができます。

ウォーターサーバーで手軽に白湯を作ろう

今回は白湯の温度について詳しく解説してきました。白湯の効果を実感するには、毎日続けることが重要です。継続はコストや手間も大きく関わるので、事前によく調査・比較をしておきましょう。


手軽に良質な白湯を作るには、ウォーターサーバーがおすすめです。沸騰や冷ます時間が必要なく、思い立ったらすぐに作ることができます。これから白湯を習慣にしたい方は、ぜひウォーターサーバーを取り入れてみてください。

 

また下の記事では、有名ウォータサーバー9社をより詳細に比較し、おすすめのウォータサーバーを紹介しています。気になる方はぜひこちらもチェックしてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月01日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

寝る前に白湯は良くない?【効果についても!】

寝る前に白湯は良くない?【効果についても!】

その他
【効果をご紹介】朝に白湯を飲む効果をご紹介!【メリットは?】

【効果をご紹介】朝に白湯を飲む効果をご紹介!【メリットは?】

その他
白湯の飲み過ぎは体に悪いの?デメリットやおすすめの飲み方を徹底解説!

白湯の飲み過ぎは体に悪いの?デメリットやおすすめの飲み方を徹底解説!

その他
白湯の効果とは?お湯との違いは?効果的な飲み方がある?【徹底解説】

白湯の効果とは?お湯との違いは?効果的な飲み方がある?【徹底解説】

その他
白湯とは?お湯との違いはなに?【作り方・効果もご紹介!】

白湯とは?お湯との違いはなに?【作り方・効果もご紹介!】

その他
白湯を新生児に飲ませるのはいつから?作り方や注意点を解説します。

白湯を新生児に飲ませるのはいつから?作り方や注意点を解説します。

その他