白湯とは?お湯との違いはなに?【効果・作り方もご紹介!】

記事ID18729のサムネイル画像
最近話題の白湯(さゆ)。飲むと「体にいい」「美容・健康に効く」と聞いたこともあるでしょう。この記事ではそもそも白湯とは何か、白湯とお湯の違いについても紹介します。また白湯の作り方や白湯の効果、おすすめの温度について解説しています。

商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

白湯とは?お湯との違いはどこ?

さまざまな効果を耳にする白湯ですが、「普通のお湯と何が違うの?」と疑問を抱いた経験はありませんか?実は、白湯とお湯には明確な違いがあるのです。以下、白湯とお湯の違いを表にしました。

 

白湯 10分程度沸騰し続けたお湯(熱湯)
お湯 沸騰まではしない熱湯・お湯

 

白湯とお湯の違いは、ずばり「煮沸したかどうか」です。水道水は10分ほど沸騰させると、塩素や不純物が抜け、口当たりのいい飲みやすい水になります。白湯とは、このように沸騰させて、不純物を除去した飲み物がです。

 

白湯は作るのに少し時間はかかりますが、正しく作れば、健康・美容にいいおいしい白湯が作れますよ!白湯の作り方が気になる方は先に赤いボタンをタップ!

白湯の主な効果

最近話題の白湯ですが、一体どんな効果があるのか気になる方も多いはずです。ここでは、白湯の代表的な効果をいくつか紹介します。

 

【目次】

白湯の効果①血の循環を向上させて老廃物を排出

白湯には、身体をめぐる血を温めて動脈や毛細血管を広げ、血流を向上する効果があります。血流が良くなると体内の老廃物が排出しやすくなり、肌の状態が整っていくため美容に効果が期待できます

 

また、血の循環が向上すれば、老廃物を体外に排出する頻度が増え、すっきりとした体に近づく効果も期待されます。

白湯の効果②ダイエット効果のサポート

白湯を飲むと胃腸などの内臓が温まり、脂肪の燃焼率が上昇しやすくなります。人間の身体は内臓の温度が1℃上昇すると、基礎代謝が約10~12パーセントも上昇すると言われています。白湯を飲んで身体が温まると、エネルギーの消費が促進しされる効果が期待できます。


ダイエットに力を入れている方は、食事制限やエクササイズをおこなうのもいいですが、白湯を飲むといった習慣を取り入れれば効果が上昇するかもしれません

白湯の効果③便秘やむくみをすっきりさせる

白湯を飲んで体が温まると、副交感神経の働きがよくなるため、心身ともにリラックス状態になります。特に就寝前に飲むと、体も温まり寝付きが良くなります。生活のリズムが整い、オン・オフの切り替えにも生かせます。

 

白湯を飲む時間をゆったりとした気持ちで楽しめるとストレスの解消にも役立ちます

【効果アップ】ミネラルウォーターと水道水での白湯の作り方の違い

最も基本的な白湯の作り方は、やかんや鍋に水を入れて10分沸騰させてから、飲みやすい温度(50℃くらい)に冷ましてから飲むといった方法です。市販のミネラルウォーターや浄水された水を熱する場合は、沸騰してすぐに冷ましたりレンジで温めるのもOKです。

 

しかし、水道水から白湯を作る場合は、蓋をせず10分ほど沸騰させましょう。この工程によって、水の中に含まれる塩素や不純物が抜けるので、飲みやすい白湯になります。

沸騰させる理由

沸騰させる理由は、水道水で白湯を作るためです。現代では、水はペットボトルのミネラルウォーターやウォーターサーバーといったものが一般的に普及していますが、昔は白湯は水道水からしか作れませんでした。

 

水道水には残留塩素やトリハロメタンなどの物質が含まれており、これらを除去するためには10分~15分程度沸騰させ続ける必要があります。また、沸騰させると残留塩素によるカルキ臭がなくなり、口当たりがまろやかになるといったメリットもあります。

【毎朝作るなんてめんどくさい】白湯を作るのにおすすめの方法は?

毎日お湯を沸かすなんてめんどくさい!そんな方には「ウォーターサーバー」がおすすめです。ウォーターサーバーの水であれば、塩素や不純物はほとんど入っていないため、飲む前に沸騰させる必要はありません。また、温かいお湯がワンプッシュで出てくるので、すぐに白湯が飲めます。

 

次の章では、白湯作りにおすすめのウォーターサーバーを紹介します。ぜひウォーターサーバーを使って、白湯のある健康的な生活を送ってみてください。

沸かすのはケトルと鍋どっちがいい?

ケトルと鍋どちらの方が便利か気になるところですよね。ケトルと鍋は、それぞれメリットとデメリットがあります。そこでここから比較してご紹介していきたいと思います。

鍋のメリットとデメリット

鍋の一番のメリットは、大量のお湯を沸かせる点です。ケトルは、大体のものが1リットルですが鍋は大きいものがたくさんあるので、一度に大量のお湯が必要なときにも便利です。また価格もケトルよりもリーズナブルなため、安く抑えたい方におすすめです。

 

デメリットは、火を使っているためお湯が沸くまで目を離せない点です。また、鍋自体が熱くなっているので火傷をする可能性もあります。

ケトルのメリットとデメリット

ケトルの一番のメリットは、沸くまでの間に他の仕事などを終わらせられる点です。朝時間のない方でも、前日の夜に準備しておけばスイッチひとつでお湯を沸かせます。また、目の離せない小さなお子さんがいらっしゃる方にもおすすめです。

 

デメリットは、一度に沸かせる量が鍋よりも少ない点です。カップラーメンなど人数分の大量のお湯が必要な際は何度も沸かさなければなりません。

赤ちゃんにあげるときの温度は?

一般的に赤ちゃんに白湯を飲ませ始める時期は、離乳食の始まる生後6ヶ月以降がいいとされています。虫歯対策にもいいとされていますが、赤ちゃんが白湯を嫌がる場合は無理に飲ませる必要はありません。

 

赤ちゃん用に白湯を作る際に1番適しているのが、ウォーターサーバーの水です。ウォーターサーバーの水は、ミネラル成分の少ない軟水の天然水や不純物を取り除いた純水でできているため安心して赤ちゃんに飲ませられます。

 

しかし、安全性のためにもウォーターサーバーの水でも沸騰させてください。実際にあげる際は、ミルクと同じよう人肌ぐらいまで冷ますのがベストです。冷ます際、氷や水は不純物が入っているかもしれないので、入れないようにしてください。

【時短で健康】白湯を飲むためにおすすめのウォーターサーバー

編集部おすすめの白湯作りにぴったりなウォーターサーバーは「プレミアムウォーター」です!ウォーターサーバーに契約すれば、自宅においしいお水が定期的に届くので、白湯を飲む習慣を作りやすいです。ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね。

プレミアムウォーター

5.0

【モンドセレクション受賞!味がおいしい天然水】

毎日何気なく飲むものだから、やっぱり美味しい水を選びたいですよね。モンドセレクション優秀品質最高金賞・優秀品質金賞を受賞。お水の味がおいしいから、毎日飽きずに白湯が飲めます。

 

【安心安全にこだわった徹底的な管理体制】

厳選された地下水脈からくみ上げた原水は、4段階以上のフィルターで丁寧に除菌をおこない、無菌のクリーンルームで新品のペットボトルにボトリングされます。また、毎日の独自の厳しい品質検査を毎日実施しているため、高い安全性を誇ります。小さいお子さんや高齢者がいる家庭にもおすすめです。

 

【すぐに飲みやすい温度になる】

プレミアムウォーターのお湯の温度は、約80~87℃。コップに入れて少し冷めるのを待てば、簡単に白湯が作れます。プレミアムウォーターの水は塩素が入っていないので、煮沸しなくても、そのまま飲めるのがありがたいですね。

 

【お得な料金プランやキャンペーンを実施中!】

プレミアムウォーターに新規で申し込むと、全員にQuoカード2,000円分プレゼント!WEBサイトから申し込みをした方限定の特典です。また、他社サービスを利用していてプレミアムウォーターに乗り換える方は最大16,500円のキャッシュバックも!いますぐ公式サイトをチェック!

 

※優秀品質最高金賞:富士
※優秀品質金賞 :富士吉田・北アルプス・朝来・金城・南阿蘇
(採水地:吉野を除く)

 

初期費用 初回登録事務手数料:3‚300円(税込)
料金 毎月3,542円(税込)~
サイズ 卓上型&床置き型
使い終わったボトル 回収不要
サーバーレンタル代 0円(サーバーモデルによっては有料)
送料 0円
最低注文数 14L(7L×2本)
受け取り方法 原則対面※アプリ利用で置き配も可

白湯を飲む効果的なタイミング

白湯は、飲むタイミングにより期待できる効果が異なります。どうせなら、自分が得たいと思う効果を期待できるタイミングで白湯を飲みたいですよね。ここでは、白湯を飲む適切なタイミングを紹介します。

 

【目次】

朝に白湯を飲む

朝は内蔵など体の芯の体温が低い状態です。適度な量の白湯を飲むと体温が上昇し、食物の消化を促進する効果が期待できます。朝は時間がない方が多いかもしれませんが、白湯は一口ずつ10~20分くらいかけてゆっくりと飲み、徐々に体温を上昇させる飲み方が理想です。


一気に白湯を飲むと胃腸がびっくりするため、白湯を飲む量を減らすなどして適量を調整するようにしましょう。朝食の約30分前くらいまでに白湯を飲むと胃腸の消化機能が活発になり、食べた物の栄養素をきちんと消化できるようになります。

脂っぽい物を食べるときに白湯を飲む

焼き肉などの脂っぽい物を食べると、血がドロドロになり、代謝も悪くなります。そこで白湯を摂ると血流が良くなります。白湯自体に脂を分解する効果はありませんが、飲むと健康や美容に効果が期待できます。

 

食事中や食後に、いつもより水分を多く摂るのがおすすめです。

寝る前は温度が高くない白湯を

就寝前に温度が高過ぎない白湯を飲むと、体温を適度に保ち身体をリラックスさせて寝つきを良くするといった効果が期待できます。50℃くらいのお湯をゆっくりと時間をかけて飲むと、心地のいい状態を維持できます。

白湯をアレンジして美味しく飲もう!

白湯と言ってももとはただの水。飽きないか不安な方もいるかも知れません。そんな時は白湯に食材をちょっとだけプラスしましょう。少し味が変わるだけで、一気に飲みやすいドリンクに変わります。

はちみつを加えて「はちみつ湯」に!

カップ一杯の白湯に、はちみつを少し入れてみましょう。甘みが加わって飲みやすくなるはず。

レモンを入れて「レモン湯」に!

さっぱりした味が好きな方は、レモンを使いましょう。カップ1杯の白湯にレモン果汁を5滴ほど入れれば完成です。レモンは腸に刺激を与えて動きを活発にする効果があります。便秘に困っている方は一度試してみましょう!

ラーメンやパイたんスープを作るときの温度は?

ラーメンやパイタンスープなどを作る際は、沸騰直後の100℃前後がいいとされています。また、カップラーメンの場合ウォーターサーバーのお湯だと80〜90℃前後のため麺の芯が残ってしまう場合があります。

白湯は「体に悪い」「ガンになる」って聞くけど本当?

美意識や健康に対する関心が高い人を中心に広がっている白湯。しかし、一部では「白湯は健康に悪い」といった説があるようです。結論から言うと、白湯は健康に悪くははありません

 

しかし、白湯を飲みすぎた場合、健康上のリスクがあるケースもあります。病的なむくみがある方や内蔵に問題のある方がそうです。白湯を飲んで体に負担がかからないか心配な方は、医師に相談して、1日に飲んでいい水の量を確認しましょう。

 

また、ガンになるなどの噂もありますが、医学的な観点から見ても、白湯に発がん性を認められません。もとはただの水です。安心して飲んでください。

飲みすぎると起こるデメリット

基本的に身体にいい白湯ですが、飲みすぎないように気を配る必要があります。1日に必要とする水分量は約1.5~2L程度なので、白湯は1日に600~800ml程度を目安にするのがおすすめです。一度に大量にとらずに、適量を継続して飲むのが大切です。

 

白湯は冷たい水分に比べて吸収が速いので、大量に飲みすぎるとむくみの原因になる場合があります。また、胃腸が活性化して下痢っぽくなる場合もあります。内臓が活発に動いている証拠でもありますが、今まで白湯を飲む習慣のなかった人は留意しておきましょう。

 

寝る直前に大量に飲むと、夜中にトイレに行きたくなってしまう場合もあります。飲む場合は、寝る前30分までの間に飲んでしまうようにしてください。

白湯を飲んで健康的で美しい生活を

この記事では白湯の定義や効能や、白湯を飲むためにおすすめのウォーターサーバーを紹介しました。

 

白湯は血流を促進して健康や美容にいい影響を与えるだけではなく、お茶やコーヒーのように茶葉や豆を必要としないため、気軽に作れるのがありがたいですね。ウォーターサーバーを使えば、毎日かんたんに白湯が飲めるのでとてもおすすめです。

 

もし「自分に合ったウォーターサーバーを詳しく知りたい」と思った方は下のボタンをタップ!有名ウォーターサーバー9社を徹底比較し、特徴を解説しています。気になる方はぜひチェックしてくださいね!

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年08月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

寝る前に白湯は良くない?【効果についても!】

寝る前に白湯は良くない?【効果についても!】

その他
【効果をご紹介】朝に白湯を飲む効果をご紹介!【メリットは?】

【効果をご紹介】朝に白湯を飲む効果をご紹介!【メリットは?】

その他
白湯の効果とは?お湯との違いは?効果的な飲み方がある?【徹底解説】

白湯の効果とは?お湯との違いは?効果的な飲み方がある?【徹底解説】

その他
白湯の飲み過ぎは体に悪いの?デメリットやおすすめの飲み方を徹底解説!

白湯の飲み過ぎは体に悪いの?デメリットやおすすめの飲み方を徹底解説!

その他
白湯を新生児に飲ませるのはいつから?作り方や注意点を解説します。

白湯を新生児に飲ませるのはいつから?作り方や注意点を解説します。

その他
白湯の簡単な作り方をご紹介!【時短や作り置きやついても!】

白湯の簡単な作り方をご紹介!【時短や作り置きやついても!】

その他