【もう職に困らない】転職・再就職に強い人気の資格おすすめ20選

記事ID15526のサムネイル画像
20代、30代、40代と仕事を考える転機はそれぞれです。転職は自分を見つめ直したりアップグレードするチャンスです。女性でも男性でも転職に有利な資格、稼げる資格、需要のある資格などはおすすめの資格です。自分の転職したい業種に必要な資格はとりたいですね。

転職や再就職に強い資格を紹介!

資格の種類はたくさんありますがどんな資格も無駄なことはありません。転職・再就職に有利な資格、稼げる資格、需要のある資格、職に困らない資格、国に認められている国家資格など様々です。

 

転職・再就職をする際も資格が有利になるというのは、よく聞くと思いますが、実際に資格を持っていることで有利に転職をする事が出来ます。

 

なぜなら、採用の担当者があなたの応募書類に目を通すのはおよそ30秒~40秒程と言われており、その際に「資格」という欄は一番目につきますし、あなたの能力を一番知れるからです。転職にい有利な資格の情報を色々と知り、ぜひ参考にしてみて下さいね。

【編集部イチオシ】資格を取得するのにおすすめなサイト

資格を取るならユーキャン

【150種類以上の資格から選べる】

司法書士や宅建などの国家資格からコスメ検定、水彩画などの生活を楽しくする資格が150種類以上。取得したい資格の講座を手軽に受けられるのでおすすめです。

 

【スキマ時間で学べる!】

ユーキャンではスキマ時間にスマホで学ぶことができるので通勤の電車の中や、仕事の休憩の合間などを有効に利用できます。また疑問に思うことはプロに質問をすることができるので、わからないままで終わることはありません。

 

【今なら割引キャンペーン】

医療事務や宅建をはじめ、リンパケアや食生活アドバイザーなどの15講座が今なら5,000円引きになるキャンペーン実施中です。資格取得をお考えの方はこれを機にユーキャンに申し込んでみてはいかがですか?

 

資料請求 無料
取扱種類 150種類以上

資格を取得でスカウトの数が多くなる

転職する際に有利になる一つの理由として、スカウトの数が多くなるという事があげられます。種類によっては、その資格を持っている人がまだ少なく、全体的に人材不足という業種もまだまだ多くあります。

 

そんな時、必要としている資格をあなたが持っていたなら、企業側から「ぜひ一緒に働きませんか?」と声をかけてもらう事も多くなるかもしれません。

 

資格を持っているだけで、自分から積極的に動かなくても、スカウトという形でスムーズに転職する事が出来る場合もあります。

応募できる幅が広がる

応募できる幅が広がるというのも、資格を持っている強みになります。専門職などの場合、入社して働きながら資格を取得してもらうよりも、あらかじめ資格を持っている人を雇った方が、教える手間も時間も削減出来、雇う側もメリットになると思います。

 

その為、応募条件として「○○の資格を持っている人のみ」等といった条件をあらかじめ設けている会社もあります。もちろん、入社してから、勉強し資格を取ってもらうという企業も中にはあると思いますが、資格を持っているだけで、応募できる企業の幅は一段と広がります。

やる気があると思われる

その資格を実際に前職等で生かす機会が無かったとしても、資格を持っているだけで、その事に興味・関心があり自主的に学んだと判断してもらう事が出来ます。その為、自ら自主的に色んな事を学び、やる気があるというプラスの印象を持ってもらえます。

 

どんな仕事でも、企業側からすると、自主的に行動してくれるやる気のある方は喜んで一緒に働きたいと思いますので、資格を持っているとあなたのいいイメージを持ってもらえるきっかけにもなります。

資格なしだと転職しにくい

資格が無いからといって、全く転職する事が出来ないというわけでは無いですが、上記にあげたように、資格を持っていると転職も有利に働くというのは事実です。

 

自分にはこんなスキルや能力があると証明してくれるのが資格なので、資格を持っていないという事は転職しにくくなってしまうという場合もあります。

資格が必要な色々な職業・職種

ここからは、資格に必要な色々な職業や職種をご紹介していきます。資格は自分の能力を端的に伝えられるとても有効的なツールであります。自分に興味のある職業にどのような職種があるのか、どんな仕事に資格が必要なのか確認してみて下さいね。

医療の仕事

人の命に係わる医療の仕事では、主に薬剤師、看護師、放射線技師などの職種があります。これらの職種では、きちんとした知識が必要になってきますので、いずれも資格が無ければ転職する事は出来ません。

 

また、これらの職種は簡単に資格を取得出来るわけでは無いので、専門学校などに通い資格を取得しなければならない場合もあります。

管理栄養士の仕事

管理栄養士の仕事も専門的な資格が必要になってきます。一人一人の健康管理を食事の面からサポートする管理栄養士は医療の面とも近い関係にあります。その為しっかりと知識を身に着け資格を取得している方が求められます。

建築・建設の仕事

建築・建設の仕事にも様々な職種があります。誤った知識で建ててしまうと、人に危害を加えてしまう場合もありますので、こちらの職種でもきちんとした資格が必要になってきます。

 

また、建設・建築の仕事といっても建築士、施工管理、電気工事士など様々な職種があり、それぞれに資格が必要になっていきます。

気象予報士の仕事

1日に一度は目にする機会もある天気予報士。この職種も資格が必要な職種になります。ですが、天気予報士は毎年合格率が4%ととても難易度が高い職種です。資格を取得したとしても、就職先は限られていますので、覚悟を持って挑戦する必要があります。

海外では需要の高いひよこ鑑定士の仕事

意外と知られていませんが、ひよこ鑑定士という仕事もあります。ニワトリのオスとメスを見極める事が出来るという証明になるひよこ鑑定士。こちらは、年収500万円~600万円高収入を得られるのも魅力的な職業です。

 

また、海外ではもっと需要が高くヨーロッパでは、年収800万円以上を目指すことも可能です。

転職に役立つ業種別おすすめの資格

ここからは、転職に役立つおすすめの資格をご紹介していきます。業種別にご紹介していきますので、気になる職種や転職したいと思っている職種はチェックしてみて下さいね。

営業系に役立つ資格

営業職といっても、金融系・商社系・不動産など様々です。転職希望の業種がある場合、その業務によってそれぞれ適した資格があります。資格を持っていなくてもOKの業種もありますし、入社後資格取得をしてもらう場合もあります。

 

それぞれの業種でどのような資格があるのか、ご紹介していきます。

40代からでも役立つ資格がほしい方は「宅地建物取引士」がおすすめ

不動産関連の仕事に役立つ宅地建物取引士。宅地建物取引士とは、不動産の契約をするのに必要な資格になります。営業職の場合、この資格を持っていなくても大丈夫ですが、資格を持っていると資格手当がある企業もあります。

 

手当として月3万円用意してくれる企業も多いので、転職して給料があがったという方もいるかも知れません。世代に関係なく、人気な資格でもあります。年齢・学歴関係なく受けることができ、40代の方でも、この先役に立つ資格です。

国家資格として認められているものがほしい方は「中小企業診断士」がおすすめ

中小企業の経営課題を解決してく為にアドバイスを行う専門家の事を、中小企業診断士と言います。この資格は国家資格として認められており中小企業と行政そして金融機関をつなぐ役割をしています。

 

その為、金融系の営業職や人材営業職、経営コンサルタントの企業から重宝されている資格になります。

 

男性に人気の資格がほしい方は「ファイナンシャル・プランナー(FP)」がおすすめ

一人一人の収入や支出、資産・負債、家族構成などは一人一人違ってきます。その為一人一人の資金を運用したいという資金計画を立てるアドバイスをしていくファイナンシャル・プランニング。

 

このファイナンシャルプランニングを生かしていける業種としては、金融系や不動産系の営業職です。また、仕事としてだけでなく自分自身の資産運用などにも役立てる持っていて損はない資格になっています。なお、こちらの資格は20代以上の男性に人気があります。

文系出身者に役立つ資格がほしい方は「TOEIC」がおすすめ

英語力が必要となるメーカーや外資系、商社などの企業で役立てることが出来るTOEIC。現在では、海外展開を積極的に行っている企業も多々ある為、持っていると大変強みとなります。

 

一般的には、TOEICは600点以上が目安になります。理系出身者に関わらず、文系出身者にもおすすめの資格です。

事務系・管理部門系に役立つ資格

企業の中で、社員や会社の運営をサポートしていくポジション事務系や管理部門の職種。この業種は希望する人が多い人気な職種と言えます。そのため、経験がなくてもよいとの募集があった場合でも資格を取得していれば、アピール出来転職に有利と言えます。

従業員が安心して働けるようにサポートしたい方は「社会保険労務士」がおすすめ

社会保険制度に関する必要な知識を取得している社会保険労務士。主な業務では、企業が人を雇う上で必要な社会保険制度に関する加入手続きや、労働保険料の計算など、を行います。

 

従業員が安心して働けるようにサポートしていく社会保険労務士は、企業を運営していくのに必要な人材です。

需要のある資格を希望している方は「日商簿記」がおすすめ

活かしていける職業が多く、需要がある資格といえるのが、全国的にも知られている日商簿記。会計士や税理士などを希望している人は必須といってもいい資格です。また、経理職や財務などの職種にも持っていれば喜ばれる職種です。

 

一般事務などでは、「実際に経験はなくても、資格を持っており知識があると助かる」といった声が多いので、この資格を持っていて損はないと言えます。

秘書としてのノウハウ・スキルを身につけたい方は「秘書検定」がおすすめ

大手企業の役員や経営者に付いている秘書。経営者のスケジュール把握や重役なお客様へのお茶出しなど、失礼のないマナーが問われます。秘書検定では、秘書としてのノウハウのスキルを持っていると証明できる資格です。

 

また、一般的な秘書業務だけでなく、一般常識やビジネスマナーなど社会人として身に着けておきたいスキルも問題に出題されています。秘書業務として募集されていなくても、持っていれば喜ばれる資格と言えます。

20代・30代に人気の資格がほしい方は「医療事務」がおすすめ

病院やクリニックでかかった治療費を計算し、国や患者に請求する業務を行う医療事務この職種は特に資格が無くてもOKです。20代・30代の就職先として選ぶ方も多くいます。資格が特になくても就職する事が出来るので、人気の業種とも言えます。

 

その為、応募が多い中で資格を持っていると、やる気があると受け取られて、採用してもらえる確率も上がると言えます。医療事務は、病院・クリニック・薬局など様々な所で活用する事が出来るので、持っていて転職に有利と言える資格です。

貿易に関する事務のエキスパートになりたい方は「貿易実務」がおすすめ

貿易をする際に必要な貿易実務。国ごとに異なる法律や関税の仕組みなど、貿易に関する事務のエキスパートと言えるのが、貿易実務です。貿易の自由化がさらに進む中で、この先もどんどん貿易が活性化されると言えます。

 

その為、貿易実務の資格を持っていると、定型業務をこなすために必要な知識があると証明できるので、事務職からのさらなるキャリアアップを目指す方におすすめです。

メンタル面などをマネジメントしたい方は「メンタルヘルス・マネジメント」がおすすめ

企業は労働者のストレスチェックの実施が義務化されています。労働者のストレスをいち早く気づき、なるべくストレスの少ない職場に改善していくように取り組む必要があります。

 

その為、労働者のストレスやメンタル面を日々気にかけてマネジメントしていく必要があります。その為に必要なサポートをしてくれるメンタルヘルス・マネジメント

 

企業を運営していく上では従業員のストレスと上手く対処していかなくてはならないので、この資格を持っていて損はないでしょう。

 

エンジニア系に役立つ資格

IT関連の業界が増えている今エンジニア系のお仕事も需要が多い職業です。ここからは、エンジニア系で使える資格をご紹介していきます。

IT関係の企業で転職を考えている方は「基本情報技術」がおすすめ

基本情報技術とは、プログラマーやシステムエンジニアなどのIT業界で活かせる資格です。情報処理に必要な思考やIT知識を持っていると証明できるスキルです。IT関係の企業で転職を考えている方はとっておいた方が有利と言える資格です。

セキュリティの分野の資格がほしい方は「情報処理安全確保支援士」がおすすめ

サイバーセキュリティに関しての専門化の証とされているのが、情報処理安全確保支援士です。情報社会が加速している現代のなか、サイバーセキュリティはとても重要性が高くなっています。

 

今現在急速に拡大しているセキュリティの分野だからこそ、約8万人もの人材が不足しているといわれています。その為、持っていると転職に有利と言える資格と言えます。

基本操作を身につけたい方は「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」がおすすめ

Word、Excel、Power Point、Access、Outlookなど、ビジネスシーンにおいて操作の基本や知識が問われます。マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)はそれら操作の知識を持っていると証明する事が出来ます。

 

エンジニアは少しハードルが高いという方は、まずは、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を取得する事をおすすめします。パソコンの操作に関しては問題がないという証なので、事務系の職種などにも生かすことが出来ます。

技術系に役立つ資格

ここからは、技術系に役立つ資格をご紹介していきます。技術研に興味がある方、転職したいと考えている方はぜひ参考にされてみて下さい。

さまざまな企業の転職に活かしたい方は「危険物取扱者」がおすすめ

甲種(コウシュ)、乙種(オツシュ)、丙種(ヘイシュ)という3つの種類がある危険物取扱者。それぞれどの種類を持ってるのかで、扱えるものが違ってきます。

 

主にこの資格を生かせる職種としては、タンクローリーの運転手石油メーカー、化学メーカーなど、さまざまな企業で転職に活かすことが出来ます。

設計の仕事をしたい方は「建築士」がおすすめ

建物を建てるために必要な設計図を作成する際に必要な資格が建築士です。建築士には1級と2級があり、設計出来る建物の大きさが違ってきます。

 

建築士はお客様の希望に寄り添ったデザインを考えることはもちろんですが、建築学にもとづいて建物の構造や計算などをしなければならないので、数学や物理が苦手な方には、難しい資格と言えます。

 

建築士は資格を取得したからといってすぐに建物の設計が出来るわけではないので、まずは資格を取得しながら、基礎の知識を徹底的に身に着けて徐々に設計の仕事を一人で任せてもらえる様に少しずつスキルアップしていく事が大切です。

化学分析を行う企業に入りたい方は「環境計量士」がおすすめ

環境に関する計量に携わるために必要な資格、環境測量士。主な仕事内容としては、工場から排出される排水や、ばい煙、有害物質の測定など計量管理を行います。また、騒音や振動に関する調査なども行っています。

 

主にこの資格を活かせる企業は、化学分析を行う企業などです。現代では環境問題が注目されていますので、環境測量士も注目されている資格の一つです。

工事の安全面などをチェックする仕事をしたい方は「施工管理技術者」がおすすめ

建物の品質を守る事や、工事の安全面などをチェックする役割を担っている施工監理技術者。この資格は資格が無くても仕事は出来ますが、取得していると、資格手当をもらえたり、給料があがったりと持っていて損はないと言えます。

 

施工管理といっても、建築施工管理、電気工事施工管理、土木施工管理など、工事の種類によって資格が異なります。

資格を持っているだけでも有利なものがほしい方は「インテリアコーディネーター」がおすすめ

部屋のインテリアや建物の構造などの知識を駆使しながら、間取りの意見も助言する事が出来るインテリアコーディネーター。この仕事は資格が無くても就業可能ですが、人気の職種の上に求人自体が少ないので、資格を持っていることで転職にも有利になります。

 

様々な業界で使用できるものが欲しい方は「CAD利用者技術者」がおすすめ

設計図の作図を設計支援ツール「CAD」を使い行える事を証明できる資格CAD利用技術者。CAD利用技術者はソフトを使って行う仕事の為中には在宅で行う事が出来る職種であるというメリットもあります。

 

また、CADは建築業界、自動車や電子機器などの様々な業界で使用する事が可能なので、持っていると転もスムーズに行えるという利点もあります。

 

 

不動産系に役立つ資格

不動産系に転職するなら持っておきたい資格をご紹介します。人気の資格もありますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

営業職で役に立つ資格がほしい方は「宅地建物取引士」がおすすめ

営業職で役に立つ資格としてもご紹介した宅地建物取引士。宅地や建物の売買、また貸借の契約が成立するまで重要事項の説明などを不動産会社に対して行う国家資格ですが、毎年20万人以上が応募する人気資格であります。

 

不動産の売買や賃借の代理や仲介を行うならば、必要になってくる資格なので、不動産会社として転職を考えている方はこの資格を持っていると転職も有利に行く事になります。

資格を持っている方のみが行える独占の業務をしたい方は「管理業務主任者」がおすすめ

管理業務主任者とは、マンション管理の管理委託契約の重要事項の説明・管理委託契約書の押印・受託した管理状況の確認や報告を組合に行う。などの業務を行います。

 

この管理業務主任者は、この資格を持っている人のみが行える独占の業務があり、上記の「管理契約書の重要事項の説明・記名押印・管理事務の報告」がそれにあたります。

 

マンション管理会社では、管理業務主任者を必ず一定数配置しなければならない為、この資格を持っていると転職にも役立ちます。

 

金融系に役立つ資格

金融関係に転職を考えている方におすすめの資格。自分の生活環境や資産運用に役立てる事が出来るので、転職にも自分の為にも役に立つ資格です。

金融関係に転職を考えている方は「ファイナンシャルプランナー(FP)」がおすすめ

それぞれの家庭に合ったライフプランをアドバイスするファイナンシャルプランナー。金融関係に転職を考えている場合、持っていると必ず強みになる資格と言えます。ファイナンシャルプランナーにはそれぞれ1級・2級・3級と分かれています。

 

3級では、年金の運用やマイホーム購入の住宅ローンなど生活するうえで必要になるお金の基礎・知識を取得出来ます。2級では、個人の資金や資産の全体を考えて、コンサルティング出来るレベルの知識を取得出来ます。1級では、起業出来るレベルの知識を学べます。

 

銀行や保険会社・証券会社などに転職を考えている方は2級のレベルの知識は求められますので、この資格に挑戦する場合は、最低でも2級までは取得しておいた方が良いでしょう。

 

 

高い知識を持っていると証明できる資格がほしい方は「証券アナリスト」がおすすめ

日本証券アナリスト協会が認定する民間資格の証券アナリスト各種証券投資情報の分析や投資価値評価また投資の助言や投資管理において 高い知識を持っていると証明できる資格です。

 

この知識は証券会社や銀行、保険会社など金融業界全般で活用する事が出来るので金融関係に転職を考えている方は持っていて損はない資格と言えます。

介護・医療・医療事務系に役立つ資格

介護や医療関係に役立つ資格をご紹介していきます。医療関係の仕事は全国各地で多い職種なので、持っておくと家族の転勤の際にも安心して転職先を探せるものばかりなので、ぜひチェックしてみて下さい。

女性に人気な資格がほしい方は「医療事務検定」がおすすめ

女性に人気な、医療施設の受付や会計の仕事をするときに役立てられる医療事務。仕事内容は初診や再診の受付対応また、保険情報等の入力、カルテの作成などを行います。

 

医療事務は資格が必須ではないですが、持っていると転職に有利と言えます。

薬剤師へのサポートをしたい方は「調剤事務管理士」がおすすめ

保険調剤薬局で薬剤師のサポートをする事務職の民間資格であるのが、調理事務管理士。主な業務内容としては、受付業務では、処方せんの受付や会計、保険請求分のレセプト(診療報酬明細書)の作成などを行います。

 

薬剤師へのサポートは知識が求められる為この資格を持っていると転職で有利になると言えます

介護士を目指す方は「介護初任者」がおすすめ

介護をするにあたって必要な基本の知識を持っている事を証明できる介護初任者。介護士を目指す方には欠かせない資格です。介護施設ではこの資格の取得を持っている事を必須としている所も多いので、介護に転職を考えている方はぜひ持っておきたい資格です。

魅力的な資格がほしい方は「アロマセラピスト」がおすすめ

健康維持にも関係するアロマテラピー。近年は医療や介護、スポーツジムなど、様々な場所で取り入れられている為活躍の場も広がっています。自分の為に家でリラックスする際にも役に立つので、持っておくと魅力の資格と言えます。

転職に強い資格がほしい方は「歯科助手」がおすすめ

歯科助手は、受付、診療の手伝いと幅広い仕事を任せられる職種です。歯科医は全国的にも増加傾向にあるので、転職に強い資格と言えます。通信講座でも十分資格取得が可能なので、資格も取りやすいのが魅力です。

飲食・サービス系に役立つ資格

飲食・サービス系は聞いたことがない資格もありますが、この業界に転職を考えている方は、資格が無いと、雇ってもらえない場合もありますので、しっかりと確認してみて下さいね。

飲食業で働きたい方は「調理師」がおすすめ

調理に関する知識や栄養、衛生法に関する知識を証明する事ができる調理師の資格。飲食業では、調理師の資格を持っていないと、仕事に就くことが出来ない場合もあります。

 

 

対人スキルを磨きたい方は「サービス接遇検定」がおすすめ

スタッフの資質や心構え、対人スキルや言葉遣いなどサービス業で求められるスタッフとして望ましい振る舞いを証明する検定が、サービス接遇検定。

 

いくつか級がありますが、級が上がるにつれて、高いスキルを問われるものなので、対人スキルが必要な飲食・サービス業では有利な資格と言えます。

小売業界に転職を考えている方は「世界販売士」がおすすめ

販売士は、販売に関してのノウハウだけではなく、店舗を運営していく仕組みや販足企画の打ち方など、販売に関しての経営や流通・小売業など幅広い知識を持っている事を証明できる資格です。

 

小売業界や流通の世界では、唯一の公的資格なので、小売業界に転職を考えている人は持っておきたい資格です。特にゆくゆくは店長になる事を目標としている場合、1級まで持っておくとよいです。

 

観光系に役立つ資格

観光系に役立つ資格をご紹介します。資格を取得し、フリーランスとしても活躍している方もいるので、自由に働きたいという方はぜひ参考にしてみて下さい。

自由に自分の好きな事をして働きたい方は「通訳案内士」がおすすめ

日本に来た海外からの観光客に対して日本の文化や歴史などを外国語で紹介することが出来ることを証明したものが、通訳案内士です。

 

日本を訪れる外国人観光客は年々増加傾向にあるので、需要が期待できる資格です。また、フリーランスとして働いている方も多い職種なので、自由に自分の好きな事をして働きたいという方に向いている仕事です。

主任添乗員の仕事をしたい方は「旅程管理主任者」がおすすめ

旅行管理責任者とは、企画旅行の主任添乗員に必要な資格です。この資格がないと、主任添乗員の仕事をすることが出来ない為、この業種に転職を希望している方は転職活動前にこの資格を取っておく事をおすすめします。

 

こちらの資格は、国内旅行管理と総合旅行管理がありますが、より幅広く活躍したいなら、総合旅行管理を取得しておく事をおすすめします。

幅広く転職に役立つおすすめの資格

ここからは、業種に限らず幅広く転職に役立つおすすめの資格をご紹介していきます。まだどんな職種に転職するか決まっていない方はぜひ参考にしてみて下さいね。

事務職・経理へ転職したい方は「日商簿記検定」がおすすめ

幅広い職種におすすめなのが、日商簿記検定です。どの会社でも、経営管理は必要になりますが、簿記検定があると強みになります。事務職・経理への転職に役立ちますが、数字に強いことが証明できる為営業職の方にもおすすめの資格です。

ビジネスに役立つ知識を得たい方は「中小企業診断士」がおすすめ

経営のコンサルタントに関する国家資格が、中小企業診断士です。主にビジネスに役立つ知識を幅広く学ぶことが出来るので、どんな職種にも転職で有利になる資格と言えます。経済学や経営学などビジネスに関する幅広い知識を持っているので、管理職にも適しています。

 

この資格は、勉強期間が1年以上かかるという事、資格取得も難易度が高い為、企業側も資格を取得すれば、お祝い金や資格手当を出していくれる企業もあります。

どんな職種でも活かしたい方は「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」がおすすめ

Microsoft Office Specialistの略称MOS。ワードやエクセル、パワーポイントなどのマイクロソフトオフィス製品の活用スキルを証明する事が出来ます。この資格はどんな職種でも持っていて活かすことが出来ます。

ITに関する基礎知識を証明したい方は「ITパスポート試験」がおすすめ

ITに関する基礎知識を証明できる国家資格ITパスポート。経営戦略・IT管理・IT技術のITに関する知識、経営戦略などの基礎知識を身につける事も出来ます。どの様な業種でもIT力は必要となるので、転職にも役立つ資格です。

外周りが多い仕事をしたい方は「普通自動車運転免許」がおすすめ

基本的に普通自動車免許は持っていた方がよい資格です。交通の手段が悪い場所だと車通勤が当たり前という職場も多くあります。特に営業職で外周りが多い様な仕事では、持っていないと、そもそも応募する事も出来ないかも知れません。

 

 

転職を有利にしたい方は「TOEIC・TOEFL」がおすすめ

TOEICはグローバル化が進む現在持っておくと転職に有利になる一つと言えます。企業が求める英語力は、TOEICで最低でも600点を持っておくと良いと言えます。外資系の企業や国際部門への転職を考えている方は800点は最低でも必要と言えます。

必要な資格取得のポイント

ここからは、資格取得の際に大切なポイントをご紹介していきます。転職の為に役立つ資格ですが、しっかりと考えて計画を立てて資格を取得しないと、転職に活かせないという事もあります。ポイントをしっかりと抑えて活かして下さいね。

本当に必要な資格を選ぶ

転職のために何か資格を取りたいと考えているなら、まずはどんな仕事に付きたいのかをしっかりと決める事が大切です。せっかく資格を取ったのに、転職に全く生かせなかった必要なかったという事にもなりかねません。

 

資格を取るには時間もお金もかかるので、しっかりと自分の転職に必要かどうか見極める事が大切です。

効率的に勉強

効率的に勉強していく事もポイントの一つです。資格を取る為にテキストを購入すると思いますが、テキストの中には、試験傾向に沿っていないものや、昔の試験に対応しているものなどもあります。

 

出版時期が古いほど、このような傾向があります。テキストを使って試験勉強をする際は、出版時期が新しいもの、対策ポイントなどが重点的にのっているものを選ぶようにしましょう。

期間を決めて資格取得

転職活動を長期化させないためにも、あらかじめ資格取得の期間を区切り、メリハリのある転職活動を行いましょう。

 

資格取得を目指す際は、期間を区切っておくことが大切です。資格取得が長引くとその分転職活動が長引いてしまいます。転職活動が長引かない為にも、資格取得までの期間を区切って目標を立て効率よく転職出来る様にする事が大切です。

資格取得が目標でなく強みに

資格取得を目標にするのではなく、自分の強みだと思う事が大切です。資格取得を目標にしてしまうと、資格を取得した後にそれで満足してしまい、転職活動がおろそかになってしまいます。

 

 

資格以外にも自分に価値を

転職する際に資格は有利に働く一つでもありますが、資格だけでなく、前職で培ったスキルや経験も転職に活かすことが出来ます。資格ばかりにとらわれずに自分自身の価値にも注目して転職活動を行っていく事が大切です。

自分の転職業種での価値を考える

転職する際に自分の今持っているスキルがどのくらい価値があるのかを知っておく事も大切です。資格を持っていると転職に有利に働く事はもちろんありますが、前職で培った自分のスキルを話したら、とても喜んでもらえあっさり転職できたという場合もあります。

 

自分のスキルアップ・キャリアアップの為に資格を取得する事も大切ですが、自分の今持っているスキルに自信を持ちそれを転職活かしていくのも一つの方法です。

質の高い仕事ができる人にアドバイスをもらう

転職活動をしていく中で、質の高い仕事が出来る人にアドバイスをもらう事も大切です。前職での同僚や上司、セミナーなどで出会った人と親しくなり仕事での姿勢や取り組み方について勉強させてもらう事も大切なポイントです。

 

自分とは違った考えも持っている人、魅力的な人と話をすることで新たな気づきを得る事が出来ます。

 

転職活動が上手くいかない人、転職に迷いがある人は他人からアドバイスをもらう事で、今までの価値観を変えていく事も出来、自分のどこ部分が原因で転職が上手くいかないのか気づくことが出来ます。

仕事で実績を作る

今の仕事でしっかりと実績を作っていく事も転職する際の重要なポイントです。中途採用の場合企業は即戦力を求めています。その為、今の職場で何か賞をとったり、大きな仕事に積極的に挑戦していきしっかりと実績を作っていく事も転職に有利に働きます。

副業で他のスキルも身に付ける

現在働いている先で副業が認められているのなら、副業でスキルを磨きそれを転職に生かすことも出来ます。副業が認められている場合転職の際履歴書に積極的に副業で得たスキルを書き転職に生かしていく事が大切です。

営業系に役立つ資格おすすめ4選

FP技能士(ファイナンシャル・プランニング)

主婦や学生等幅広い層に受験されている

学生や主婦など幅広い層に受験されているファイナンシャル・プランナー3級は合格率50%~70%と高い推移です。2級は合格率が40%を超えます。

難易度 低い 勉強時間 80時間~150時間
受験費用 6000円(3級)、8700円(2級)

国家資格

毎年17万人~20万人が受験している人気の資格宅地建物取引士。国家資格にしては、合格率は16%~17%。と高い数値ですが、簡単だと思ってはいけません。しっかりと計画を立てて勉強していく必要があります。

難易度 低い 勉強時間 100時間
受験費用 7000円

600点取れば中級レベル

600点取れば中級レベルと言えるTOEIC。満点を目指すのは難しいですが、本気で取り組めば誰でも十分に取得できる資格と言えます。

難易度 普通 勉強時間 300時間
受験費用 5725円

難易度高め

営業系に役立つ資格中小企業診断士。難易度は高く試験も一次試験・二次試験とあります。平成27年度試験の合格率は、一次試験26%二次試験19.1%となっています。

 

難易度 やや高い 勉強時間 800時間~1000時間
受験費用 1万3000円

事務系・管理部門系に役立つ資格おすすめ6選

事務・管理部門に役立つ日商簿記

日商簿記3級・2級の合格率は、それぞれ3級は例年30%~40%。2級になると、合格率は20%~30%と下がります。必要な勉強時間にも2級と3級では差が出ます。それぞれしっかりと計画を立てて勉強時間を確保する必要があります。

難易度 低い 勉強時間 70時間(3級)、200時間(2級)
受験費用 2800円(3級)、4630円(2級)

難易度高い

社会保険労務士は、受験者が毎年4万6000人~5万人いる中で、合格率が7%~10%程と難易度がとても高い資格です。前もって長期的に勉強時間をしっかりと確保しておく事が大切です。

難易度 高い 勉強時間 800時間~1000時間
受験費用 9000円

1種・2種・3種のレベルがある

メンタルヘルス・マネジメントは、1種・2種・3種と分かれています。それぞれの合格率は1種18.8%・2種55.7%・3種83.2%(平成26年度実績)となっています。1種の難易度は高くなっていますが、2種・3種になると合格率も高いので、取得しやすいと言えます。

難易度 低い 勉強時間 30時間~50時間
受験費用 1万800円(Ⅰ種)、6480円(Ⅱ種)、4320円(Ⅲ種)

比較的取得しやすい資格

貿易実務検定は、語学力はもちろんですが、貿易事務で必要な専門の知識が問われる資格です。合格率は例年50%程度で比較的取得しやすい資格と言えます。

難易度 低い 勉強時間 100時間〜150時間(C級)、200時間(B級)
受験費用 1万3130円(B級・C級併願)

医科・歯科・調剤と大きく分けて3つの分野がある

医科・歯科・調剤と大きく分けて3つの分野があります。難易度はそれぞれに専門的な内容に特化したもの程高くなりますが、全体的な合格率は50%~60%なので、それほど難しいというわけでもありません。

 

難易度 低い 勉強時間 100時間~300時間
受験費用 7000円~9000円(種類によって異なります)

4段階に分けての階級がある

3級・2級・準1級・1級の4階級に分かれている秘書検定。準1級と1級になると筆記試験に加えて、面接試験もあります。それぞれの階級によって難易度は異なります。

 

3級は合格率が80%程度、2級が50%程度、その他は30%程度となっています。転職を考えると、2級以上の受験がおすすめです。

難易度 低い 勉強時間 70時間
受験費用 2600円(3級)、3800円(2級)、4900円(準1級)、6100円(1級)

エンジニア系に役立つ資格おすすめ3選

しっかりと計画を立てて勉強を

毎年の合格率は20%~30%の基本情報技術者。IT関係に関してまったくの未経験である場合、難しく感じる人が多いようです。資格取得を目指している人は計画的に勉強をすすめる事が大切です。

 

 

難易度 普通 勉強時間 150時間〜200時間
受験費用 5700円

難易度高め

2017年からスタートした情報処理安全確保支援士の資格。比較的新しい資格なので、合格率のデータは公開されていません。改訂前の情報セキュリティスペシャリストの合格率は13%~16%とあまり高くはありません。

 

また、情報セキュリティスペシャリストよりも、スキルレベルが高い試験なので、計画的に勉強を進める必要があります。

難易度 高い 勉強時間 300時間
受験費用 5700円

マイクロソフトオフィススペシャリスト(スペシャリストレベル・一般)

パソコンのスキルを証明出来る

パソコンを扱う事が日ごろから多い方は比較的簡単に取得する事が出来るマイクロソフトオフィススペシャリスト(スペシャリストレベル・一般)。パソコンの一般的なスキルを証明する事が出来る資格なので、転職にもおすすめです。

 

難易度 低い 勉強時間 50時間〜100時間
受験費用 1科目1万円

技術系に役立つ資格おすすめ5選

中学生・高校生でも受験可能

化学の基礎知識を得られる危険物取扱者。中学生や高校生にも受験する事が出来るので、比較的受けやすい資格です。

難易度 普通 勉強時間 50時間〜150時間
受験費用 2700円〜5000円

資格取得者が増えている

合格率は、例年40%程の2級建築施工管理技士。以前は技術があれば資格は必要ありませんでしたが、最近では、資格取得にチカラをいれる企業が多い事から受験者も多くいるようです。

 

難易度 普通 勉強時間 200時間
受験費用 学科・実地試験:9,400円、実地試験のみ:4,700円、学科試験のみ:4,700円

難易度高め

難易度が高めな二級建築士。合格率は30%程度なので、しっかりと計画的に試験勉強を進めていく必要があります。

難易度 高い 勉強時間 150時間〜200時間
受験費用 1万7000円程度

転職に有利の資格

合格率は毎年20%程度の環境計量士。難易度が割と高めの資格です。事業を行う企業は、一致絵の測量士を所属させなければならない決まりがあるので、取得後は転職にも有利と言えます。

 

難易度 高い 勉強時間 300時間~350時間
受験費用 8500円

女性からの人気が高い

女性からの人気が高いインテリアコーディネーターですが、何度は割と高いです。一次試験の合格率は30%程度、二次試験の合格率は50%程度です。

難易度 普通 勉強時間 200時間~300時間
受験費用 1万4400円

まとめ

転職に役立つ稼げる資格をご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。転職が初めてという方は色々と不安もあると思いますが、転職・再就職に強い資格や需要のある資格について知り、ぜひ転職活動に活かして下さい。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年05月02日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【保存版】転職時の注意点は?絶対に転職を成功させるための完全マニュアル

【保存版】転職時の注意点は?絶対に転職を成功させるための完全マニュアル

その他
【転職・再就職に役立つ】主婦におすすめの主婦の資格15選

【転職・再就職に役立つ】主婦におすすめの主婦の資格15選

その他
【趣味や仕事に役立つ】資格の人気おすすめランキング15選【2023年最新版】

【趣味や仕事に役立つ】資格の人気おすすめランキング15選【2023年最新版】

その他
20代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

20代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
30代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

30代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
【2023年最新版】ITエンジニアにおすすめの転職サイトランキング9選

【2023年最新版】ITエンジニアにおすすめの転職サイトランキング9選

その他