あなたのストレスレベルはどの状態?対処法は?ストレスのかかる仕事も紹介

記事ID14391のサムネイル画像
仕事をする上でストレスはどうしても感じてしまいますよね。仕事内容だったり、人間関係だったり、どんな仕事についてもそれぞれに何かしらストレスを感じていると思います。今回はそんな仕事のストレス対処法についてご紹介していきます。

ストレスは自分で上手にコントロールするべし!

「ストレスが溜まっているな」と感じたとき、どのような行動をしますか?友人と飲みに行ったり、スポーツで汗を流したりして、ストレスを発散しようとする人も多いでしょう。もちろん、好きなこと、楽しいことをして、ストレスを発散することも肝心ですが、これらの行動により、今後仕事で受けるストレスが無くなる訳ではありません

 

残念ながら、働いている限り多くの人がストレスと無縁の生活は送れないでしょう。ただ、ストレスには良い面もあります。適度なストレスは緊張感をもたらし、仕事の生産性を上げてくれるのです。

 

仕事上のストレスは発散しながら、コントロールして上手に付き合っていくのが重要だと言えるでしょう。

なぜストレスが溜まるのかを探ろう

自分に合った改善策を講じるためには、まず、自分がどんなストレスを抱えているのか、自分がストレスを抱えやすいタイプなのか否かを知ることが大切です。

 

ぼんやりと「ストレスが溜まっているな」と考えるより、自分の性格やストレス源を具体的に把握した方が、自分に合った対処法を見つけやすいですよ。

ストレスを溜めやすい人・溜めにくい人

同じ仕事をしてもストレスがどれくらい溜まるかは、人により異なります。ストレスを溜めやすい人、溜めにくい人には、どのような特徴があるのかも気になりますよね。

 

ストレスを溜めやすい人は、悲観的だったり、消極的な傾向にあります。また、自己評価が低かったり、細かいことが気になる人もストレスを溜めやすい傾向にあるでしょう。これらの特徴に当てはまる数が多いほど、ストレスに悩みやすい考え方だといえます。

 


一方、楽観的でおおらかな人は、細かな事が気にならないのでストレスが溜まりにくいです。

ストレスの原因を知るべし

何にストレスを感じているのか、なぜストレスが溜まっているのか、その原因を知ることが、ストレスを少なくする第一歩です。原因を知ると対処もしやすくなりますよ。

紙に書き出すと原因が見えやすい

仕事で強いストレスを感じたら、ストレスの原因を探りましょう。方法としては、一日の終わりに、何にストレスを感じたか、紙に書き出してみるのがおすすめです。紙に書き出してみることで、自分が何に対してストレスを抱えているのか、明確にすることができます。

 

また、書いているうちに考えが整理されていくでしょう。今まで気づいていなかったストレス原因を発見できることもあるかもしれません。そして、その日ストレスに感じたことをすべて書き終えたら、一度見直しましょう。

 

仕事から離れた場でストレス原因を振り返ることで、「イライラするようなことじゃなかったな」と感じることもあるかもしれませんね。冷静な状態なら良い対処法も見つけやすいです。その紙は、未来の自分が振り返るために保管しておいても良いですし、気分転換にぐしゃぐしゃに丸めて捨ててしまうのもおすすすめですよ。

ストレスの原因は人それぞれ

仕事をする上で、何にストレスを感じるのかは人それぞれです。例えば、仕事が忙しすぎる、仕事量が多いという理由でストレスが溜まっている人もいれば、反対に暇で能力が活かせない、やりがいがないという理由で、もやもやしている人もいるでしょう。

 

また、人間関係がうまくいかない、上司の指示に納得いかない、仕事が難しく成果がでない、満員電車が苦痛などの理由でストレスを感じている人もいます。

 

もちろん、ストレスの原因が一つだけではなく、複数の事柄にストレスを感じている人も多いでしょう。まずは、考えられうるストレス原因をすべて挙げていくと、ストレスの源が明らかになり対処法を考えやすくなりますよ。

職場でのストレスレベルチェック

あなたのストレスレベルはどの状態なのか、ストレスレベルをチェックしてみましょう。

レベル1 職場の人間関係にイライラ

仕事上でのストレスで一番多いのが、職場の人間関係によるものです。多くの人が人間関係に悩み、ストレスに感じています

 

職場の人にイライラするし、「どうしてそんな行動・言動になるのか」と小さなことも気になってしまう人や、人間関係がうまくいかず仕事に影響してしまう人のストレスレベルは、1程度だと言えるでしょう。

レベル2 コミュニケーションが上手く取れない

人間関係が良好ではないことから、コミュニケーションが上手く取れなくなってしまうケースもあります。伝えたいことがその通りに伝わらない、相手にコミュニケーションをとる意思がない、スムーズにやり取りできないなどの状態では、よりストレスを感じてしまいますよね。

 

改善しようと策を講じてもうまくいかない場合は、アプローチ法を変えてみるのも選択肢の一つでしょう。

レベル3 人間関係が辛く・限界

仕事における人間関係が最悪、辛い、限界だと感じる場合は要注意です。人間関係や仕事での悩みは自分一人で、改善できないケースも多いです。心の病に繋がる前に、友達や家族、同僚や上司、専門家など誰かに相談しましょう

 

もし、セクシャルハラスメントやパワーハラスメントなど、何らかのハラスメントを受けている場合は、会社の人事や窓口に相談するのがおすすめです。人間関係が辛く限界だと感じている状態は、ストレスレベルが高いと言えます。

レベル4 めんどくさいと無気力状態に

仕事に「うんざり」や「どうでもいい」、「面倒くさい」と感じ、無気力状態になっている人もおられるでしょう。このような状態の場合、かなりストレスが溜まっていると考えられます。

 

無気力状態のまま仕事を続けていても、集中力が保てないため失敗したり、生産性が上がらず悪循環に陥る可能性が高いです。仕事によるストレスで無気力状態にまで陥ってしまっている場合は、一度休暇を取るのがおすすめですよ。仕事から離れ、英気を養いましょう。

 

 

 

レベル5 職場にいけない怖いと感じる

「職場にいけない」、「怖い」と感じるなら、ストレスレベルは5です。このまま我慢しつづけると、心や体を壊してしまう可能性があります。ストレスは心の状態に影響するだけではありません。

 

過度なストレスが、食欲不振や頭痛、めまいや吐き気、発熱や腹痛、女性の場合は月経不順などの身体の不調に繋がるケースも多いです。仕事に行くことに恐怖心を感じるようなら、休職や転職も視野に入れると良いでしょう。医療機関に相談するのもおすすめです。

仕事でのストレス対処方

仕事が原因のストレスをコントロールするための、対処法を求めている人も多いでしょう。ここからは、どのような対処法があるのかご紹介します。自分に合った方法を試してみてくださいね。

自分の中で仕事の優先順位をつける

自分の中で優先順位をつけて仕事を進めると、効率的に作業できます。仕事を始める前に、その日しなくてはならない仕事のTODOリストを作成し、優先順位をつけ、その優先順位に沿って進めてみましょう。行う順番をあらかじめ決めてしまうことで、次何をしようか考える時間が減り、仕事に追われるストレスが減るでしょう。

 

特に、「仕事が忙しすぎる」、「上手く成果が出ない」という理由でストレスを感じている人は、一度試してみるのがおすすめです。仕事の効率が上がると、周りの見る目も変わりますよ。

 

優先順位をつける際は、「緊急性のある仕事」を最重要事項に位置づけましょう。また、仕事に支障が出ないのであれば、TODOリストをすべてその日に終わらせる必要はありません。TODOリストには、「やり忘れた」というミスを減らす効果もありますよ。

無理な時は誰かを頼る

自分の仕事が多く、一人ではとても終わらない量だと感じたら、上司や同僚に相談しましょう。上司が適切な仕事量を測り間違えているケースもあります。

 

一人で抱え込むことにメリットはありません。大量の仕事を抱えることで自分がストレスを感じるのはもちろん、仕事が遅れて周囲の人に悪い影響が出るケースもあります。仕事量が多く、手に負えないと感じたら早めに誰かを頼りましょう。

信頼関係をつくる

職場での人間関係がストレスだという人も多いです。人間関係に起因するストレスを減らすには、信頼関係の構築が欠かせないでしょう。ただ、同僚や上司、部下と必ずしも、一緒に飲みに行ったり、休日に遊びに行くほど、仲良くならなくても良いのです。

 

挨拶をする、話しかけられたら返事をする、仕事の報告・連絡・相談ができる、仕事を任せられる、困っていたら手を差し伸べられるといった、職務上の信頼関係を築いていきましょう

 

残念ながら人間同士、相性もあるため、全ての人とうまが合う訳ではありません。その中でも、相手の意見を最後まで聞き理解しようとする姿勢を示すと、徐々に関係性が改善していくでしょう。仕事上での関係だと割り切ることで、自分の抱えるストレスも少なくなりやすいですよ。

相手と対等な関係を

相手と対等な関係を築くことも大切です。部下や同僚に対し、怒鳴ったり、頭ごなしに否定していませんか?また、職場の人の悪口を言ってはいないでしょうか。

 

怒ったり、感情的に否定する行為は、相手にストレスを与えます。ストレスを与えられた相手は、仕事の効率が悪くなったりイライラした言動をしたりしやすくなるでしょう。人にストレスを与えると、結局自分のストレス原因が増えてしまうのです。

 

人は、優しくしてもらった人には、優しさを返したくなるものです。対等な関係を築くように心がけるだけで、過ごしやすい職場になるかもしれませんね。

自分の心と向き合う

同じ仕事や出来事を体験しても、ストレスの感じ方は人それぞれです。それは、考え方が違うから。ストレスを溜めやすい人の考え方が悪いわけではありません。ただ、ストレスが溜まりすぎて参っているのなら、考え方を少しポジティブに変えてみるのが良いでしょう。

 

人それぞれ、考え方のクセがあります。実行する前から「失敗するかもしれない」とマイナスイメージがわいてしまう人もいれば、「自分のせいで上手くいなかった」と必要以上に自分を責めてしまう人もいるでしょう。

 

自分の心と向き合い、考え方のクセを知った上で前向きに考えるよう心がけてみると、ストレスが徐々に減っていくかもしれませんね。

目標を先に考える

どんな仕事にも、目標やゴールはあるでしょう。その目標を目指して仕事をすると効率が上がり、ストレスが減りますよ。一生懸命働くうち、いつの間にか目先の成果を得ることが目的にすり替わってしまっている人も多いです。全体を見るよう心がけましょう。

 


また、目標を目指し、長い目で見ることによって、失敗をしてもストレスに感じにくくなります。「失敗を生かして次は成功させる」と前向きに考えやすくなりますよ。

ストレスを溜めないための3つのRを実践する

ストレスを感じた時の対処法として、3つのRが推奨されています。3つのRとは、レスト、レクリエーション、リラックスの3つです。レスト(rest)は、休眠や休息という意味です。大きなストレスを感じているときは、しっかりと睡眠をとり、脳や身体を休ませ、回復に努めるのがおすすめです。

 

レクリエーション(Recreation)は、運動や旅行をして、身体を動かすことを指します。動くと脳や身体が活性化されます。気分転換にもなるでしょう。

 

そして、最後のRは、リラックス(Relax)です。好みの音楽を聴いたり、ゆったりとお風呂に入り、リラックスするのが良いとされていますよ。

悩みを誰かに打ち明けよう

悩みを人に話して、スッキリした経験のある人も多いでしょう。悩みを話すことは、ストレス発散になります。

 

また、自分一人で思い悩んでいると、どうしても感情的になりやすいです。人に話すときは、どう言えば気持ちや自分の置かれている状況がが伝わるか、考えながら話す人が多いでしょう。相談することで、より考えが整理され、客観視できるようになるというメリットもありますよ。

家族や友人に相談する

家族や友人に相談するのもおすすめの対処法です。悩みを話すことで気持ちが軽くなったり、「気持ちを分かってくれる人がいる」と感じられ精神的に落ち着けたりします。ときには「こういう考え方もあるのか」と新たな視点を得られることもあるでしょう。

 

心の内を正直に話すことで、友情や家族の絆が深まるケースもありますよ。

専門家に相談する

中には、友人や家族には相談しにくい人もおられるでしょう。そのような人には、専門家への相談がおすすめです。話を聞いてもらうカウンセリングは、カウンセリングルームや心療内科、精神科などで受けられます。

 

ただ、目的は若干異なり、カウンセリングルームは利用者の話を聞くことが主目的であるのに対して、心療内科や精神科は治療するという側面が強い傾向にあります。自分の抱えているストレスの大きさに合った機関を選ぶと良いでしょう。

 

カウンセリングにいくのはハードルが高いという人は、厚生労働省が一般社団法人日本産業カウンセラー協会に委託し実施されている「こころの耳相談」などに相談してみるのも良いでしょう。電話だけではなくSNSやメールでの相談も実施されています

上司や人事に部署移動をお願いする

今の職場環境に耐えがたい場合は、上司や人事に部署異動をお願いするのも選択肢の一つでしょう。部署が変われば、人間関係も変わります。同じ会社でも部署によって、雰囲気が異なるケースも多いです。部署が変われば、どうしても苦手な人がいる、上司が耐えられないという悩みも解消できるでしょう。

 

また、ストレスの原因が仕事内容によるもののである人にも、有効な手段です。人それぞれ、得手不得手があるため、部署の異動によって仕事内容が変わり、ストレスが減るかもしれません。

思い切って転職するのもあり

今の職場に限界を感じていたり、改善策をいくつか試し努力したがどうにもならなかった場合は、転職も選択肢の一つでしょう。何のために働いているのか、考えてみてください。身体や心を崩してしまっては、元も子もないでしょう。「もう無理だ」と感じたら、転職を考えるのがおすすめです。

 

転職によって、ストレスの少ない仕事に就ける可能性も大いにあります。働きながら転職活動をすることも、状況によっては失業保険などを活用しながら転職活動をすることも可能です。まずは、求人を眺めてみるだけでも良いでしょう。

 

また、転職活動には自己分析が欠かせません。今の仕事の何にストレスを感じているのかをまとめておくと、次の仕事選びに活かせますよ。

以下の記事では、転職活動をサポートしてくれる転職エージェントの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

NGなストレス発散法も

ストレス発散法として、あまりおすすめできないものもあります。NGなストレス発散法を続けていると、ストレスがより溜まり、悪循環に陥ってしまうことも。ここからはNGなストレス発散法を、ご紹介していきます。

ひたすらSNSを見る

日常的にSNSを利用している人も多いでしょう。SNSは、気軽に愚痴が言えるツールであり、ストレス解消に役立つ面もありますが、攻撃的な言葉や不快に感じる言葉が目に入ってくる機会も多く、知らぬ間にストレスが溜まってしまうこともあります

 

すばらしい内容の投稿に、「なんで自分はできないんだろう」と自己嫌悪に陥る場面もあるでしょう。SNSを利用していると、無意識のうちに自分のペースが崩されやすいので、ストレスが解消法として、SNSを長々と眺めるのはおすすめできません。

 

面白いと思える情報を簡単にキャッチできるのが魅力のSNSですが、反対に不快だという情報も入りやすいため、心が弱っているときは、スマートフォンから離れて生活してみるのがおすすめですよ。

やけ食い

イライラするとつい、やけ食いをしてしまう人もいるでしょう。ストレスが溜まると、「おなかがすいているわけではないのに、やたらと物が食べたくなる」人も多いです。ただ、やけ食いは、翌日以降に響きやすく、繰り返すと肥満や過食症に繋がるリスクもあります

 

そのため、ストレスが溜まって何か食べたいときは、少しでも満足感のあるものや、ストレス解消に繋がる食べ物を選ぶのがおすすめです。普段食べないちょっと高価なデザートを食べてみたり、デパ地下のお惣菜を買ってみるのもよいでしょう。

 

また、抗ストレスホルモンの分泌に関わるビタミンB群とビタミンCが含まれた食べ物を摂取するのもおすすめです。豚肉やレバー、牛乳や、レモン、イチゴなどの果物類に多く含まれています。ストレス発散のために食べるなら、「罪悪感を持たないもの」、「本当に食べたいもの」だけ食べるのがおすすめです。

夜更かし

ストレスを溜めない生活をするためには、十分な睡眠が欠かせません。睡眠が不足すると、脳の働きが低下し、ストレスに弱い状態になってしまうのです。日中の集中力も低下するため、ミスが増える可能性もあります。

 

リフレッシュの時間を設けるのも大切ですが、睡眠を削りすぎると悪循環に陥いる可能性が高いことを覚えておくと良いでしょう。

人を選ばず愚痴を言いまくる

人や相手の状況を選ばず、愚痴を言いまくるのもおすすめできません。相手によっては、噂話にされてしまうことも。愚痴を言う際は、信頼できる人を選ぶのがおすすめです。

 

また、相手の状況を考えずに愚痴ばかり話していると、「私はあなたの感情のゴミ箱じゃない」と距離を置かれてしまうことも。人の愚痴を聞き続けるのって、意外と体力を使いますよね。相談が終わったら、一緒に遊びに行くなど、メリハリをつけて相談するのがおすすめです。

ストレスがかかる仕事のポイント

どのような仕事だと、ストレスを抱えやすいのでしょうか。ここからは、働くうえで人がストレスを感じやすいポイントについてご紹介します。

給与

給与が仕事内容に見合っていなかったり、努力しても成果が給与に反映されなかったりする仕事は、ストレスを感じやすいです。

 

頑張って働いても、給与が少なく生活が苦しければ、モチベーションは上がらないですよね。給与が見合っていない場合、節約したり、欲しいものを我慢したりするストレスもあるでしょう。

 

また、周囲の人より努力して結果を出しているのにも関わらず、ほかの人と給与が変わらなければ、「認めてもらえない」、「評価が不当なのでは」という気持ちが沸き、ストレスに繋がってしまいます。

 

 

身体的疲労

身体と心は互いに影響しあっています。「疲れているときはイライラする」と感じたことのある人も多いでしょう。身体的疲労が大きいと、ストレスを発散する余裕が少なくなるのも、残念なポイントです。

 

また、身体的疲労は、休養が上手くいかなければ蓄積します。そして、身体のだるさや肩こりや腰痛、目のかすみ、微熱など身体の不調を引き起こすこともあります。これらの疲労からくる不調に、ストレスを感じる人もいますよ。

 

加えて、仕事中一人だけ身体的疲労が大きいのではなく、同僚の大半が疲れている場合も多いでしょう。身体的疲労が大きい仕事は、疲れてイライラした同僚に当たられてストレスが溜まるなどの、悪循環に陥りやすい傾向にあります。

ノルマ

ノルマのある仕事をしておられる方もいるでしょう。ノルマが適切な数字であればモチベーションのアップにも繋がりますが、厳しいノルマはストレス源になりやすいです。ノルマが達成できず怒られたり、自己嫌悪に陥ったりして、ストレスを感じる人も多いです。

 

「ノルマを到達しなくてはならない」というプレッシャーもあるでしょう。

 

加えて、ノルマを達成するために、自分で商品を買い取るケースも。「自爆営業」などと呼ばれ、問題になっています。ノルマに到達しない場合、このような自爆営業をすることが暗黙の了解になっている会社も中にはあるようです。欲しくもない商品を買わされることにストレスを感じる人も多いでしょう。

休み

休みの量もストレスの感じやすさに関わってくるでしょう。休日が多い方が、身体を休ませたり、ストレスを発散させやすいですよね。休みが多い方が、趣味の時間を設けたり、旅行に行ったりもしやすいでしょう。

 

反対に、休日が少なすぎると、疲れが抜けず身体的疲労が蓄積したり、ストレスの発散をする時間をとれなかったりするため、ストレスを溜めやすい生活になる可能性が高まります。

 

また、休みが多い方が、友人や家族との時間を作りやすいです。仕事から離れた人と多く関わることは、気分転換にもなりますよ。

勤務時間

勤務時間は仕事によりさまざまです。ほとんど定時に帰れる職場もあれば、長時間残業している職場もあるでしょう。また、日中に働いている人もいれば、夜勤をしている人や、日勤と夜勤を繰り返している人もいます。

 

その中でも、残業が多い人や、自分に合った勤務体系でない人はストレスが溜まりやすいでしょう。長時間働いていると、帰宅後リフレッシュする時間を持ちにくくなりますよね。残業に頻繁に予定が崩されるのが、ストレスだという人もいます。

 

また、日勤と夜勤を繰り返す勤務体系の人は、睡眠リズムが崩れやすいです。勤務時間が不規則だと生活リズムを整えるのが難しいため、ストレスが溜まりやすいと考えられます。

仕事の内容

仕事の内容に、ストレスを感じている人も多いです。どのような仕事内容だとストレスになりやすいのか知っておくと、職場の状況改善や転職活動にも役立ちます。一つずつ、見ていきましょう。

やりがいがない

今の仕事内容に満足しておらず、やりがいが感じられないとストレスを感じやすいでしょう。「なんでこんなことをしなくてはいけないのか」、「やりたくないのに」という気持ちが積み重なってしまいます。

 

自分の希望と異なる仕事内容にストレスを感じている人も多いようです。

 

 

向いていない

それぞれ、得意なことや苦手なことがあるでしょう。自分の得意な分野ではない仕事に就いている人もストレスを感じやすい傾向にあります

 

例えば、人と話すのが苦手な人が営業や販売、接客業についたケース。会社の商品が好きで就いたが、顧客と何を話そうか悩んだり、気を使い過ぎて疲れてしまったりして、ストレスが多かったという人もいます。人と接する仕事だと、クレーマーにストレスを感じることもあるでしょう。

 

また、同じ作業を繰り返すのが得意でない人が、ルーティーン作業の多い仕事に就いたケースなどもあります。自分に合っていない仕事内容だと人よりストレスを感じやすくなるため、給与や条件だけでなく、仕事内容もストレスを溜めずに働くためには大切でしょう。

勤務先の立地

勤務先の立地によっては、通勤時間が長かったり、満員電車に乗らなければならなかったりといったストレスもあるでしょう。

 

通勤時間が長いと、退社後の自由時間が短くなってしまいます。また、満員電車にストレスを感じている人も多いです。知らない人と近い距離で過ごさなくては行けなかったり、揺れに合わせて踏ん張って立たなくてはいけなかったり。満員電車では、読書やスマートフォンでのゲームも満足にできないですよね。

 

このように、勤務先の立地によって、通勤で受けるストレスが大きく異なってきます

ストレスがかかる仕事

どんな仕事がストレスが多いのか知りたいという人もおられるでしょう。ここからは、ストレスがかかりやすい仕事をご紹介していきます。ただ、仕事の相性や向き不向きもあるため、あくまで参考にしてくださいね。

介護職

介護職は、社会に必要とされている職種です。ただ、ストレスの多い仕事でもあります。多いストレス原因としては、身体的疲労や利用者との人間関係、同僚との人間関係や人手不足、給与などが挙げられます。

 

介護施設を利用する人はさまざまです。中には、セクシャルハラスメントに近い言動をしたり、罵詈雑言を浴びせてくる利用者もいます。認知症や居住環境が変わることへの不安からそうした言動にでていると分かっているがストレスに感じる、という悩みも多いです。

 

また、「介護職の給与の低さ」はたびたびニュースに取り上げられています。会社によっても異なりますが、介護職の平均年収は高いとは言えません。仕事内容の大変さに比べて、給与が少ないこともストレスが溜まりやすい一因だと考えられます

長距離ドライバー

大型トラックや高速バスを運転する、長距離ドライバーもストレスが溜まりやすい仕事だと言えるでしょう。

 

運転をする際は、事故を起こさないよう、気を張って運転しますよね。特に、スピードの出る高速道路では、一瞬の気のゆるみが事故に繋がってしまいがちです。長距離ドライバーは、長時間気を張って運転しなくてはならないため、仕事にストレスを感じる人も多いです。

 

また、安全に運ぶだけではなく、予定時間までに到着しなければなりません。道が混んでいるなど正当な遅れた理由があっても、考慮されないケースが多いです。そのため、時間に追われることにストレスを抱えているドライバーも多くいるようです。

飲食店の店員

会社にもよりますが、一般的に飲食店は労働時間が長い傾向にあります。中には、タイムカードに退勤と押した後に働く、サービス残業が横行している会社もあります。長時間立ちっぱなしのため、肉体的疲労も溜まりやすい仕事です。

 

また、飲食店の社員であれば、アルバイトやパートの人が突発的に休んだ穴埋めをしなくてはならない場面も多いです。お店の規模にもよりますが、円滑に営業するためには人手が必要なため、人員の確保の難しさにストレスを感じている人もいるでしょう。

 

加えて、飲食店のホール店員や責任者であれば、クレーマーの存在もストレスの要因になり得ます。理不尽な要求をつきつけてくる人や酔っ払いと関わらなくてはならないこともあるでしょう。また、責任者であれば、アルバイト店員のミスにも謝罪しなくてはなりません。

 

農家

農家は、天候や周囲の出来、不出来に左右されやすい職業です。天候が悪い日が続くと、作物ができにくくなったり、味や見た目が落ちたりします。台風や猛暑日などにも影響されるでしょう。また、ほかの農家たちの収穫量が多い年は、単価が下がってしまいがちです。

 

このような理由で収入が変動しやすいことをストレスに感じる人も多いです。加えて、機械の導入割合にもよりますが体力仕事であること、休みを取りにくいこと、拘束時間が長くなりがちなことにストレスを感じやすいでしょう。

医者

医者は、収入が高い傾向にある反面、ストレスも多い職種です。医者の労働時間の長さは、たびたび問題になっています。人手不足の病院も多く、労働時間の長さから、睡眠が足りていない、家族と触れ合う時間が持てないと悩む医師も多いです。

 

また、医者はミスが人命にかかわる、集中力の必要な仕事です。ミスができないというプレッシャーがストレスになることもあるでしょう。

 

その他に、患者とのコミュニケーションがストレスになることもあります。病院は様々な人が利用するため、インターネット上の間違っている情報をうのみにしてクレームをつけてくる患者や、関係ない話ばかりする患者、説明を聞かない患者などもいます。

営業職

営業職は、成果の分かりやすい仕事です。成果が数字に出るため、人と比較されやすいという面があります。契約が多く取れればよいですが、うまくいかないとストレスに感じることも多いでしょう。

 

加えて、ノルマがある会社では、数字に追い詰められる人もいます。社風にもよりますが、達成するために自分で商品を購入したり、達成できず怒られたりすることがストレスになっている人もいるでしょう。

 

また、取引先とのコミュニケーションに悩む人も多いです。「休みの日まで取引先の人の付き合いに駆り出されている」という人もいます。

 

保育士

「子供と触れ合える」楽しそうなイメージもある保育士ですが、実際は大変な仕事です。子どもたちは、何をしでかすか分かりません。急に危険な行動をとることも多いです。そのため、常に安全面に気を配らなくてはなりません

 

また、保護者対応もストレスが貯まりやすい仕事でしょう。中には、モンスターペアレントと呼ばれる、過激な要求をする親もいます。そのような親の対応に、ストレスを感じている保育士も多いようです。

 

加えて、給与の安さや労働時間の長さもストレスを感じやすいポイントでしょう。保育園にもよりますが、「制作物を休みの日に家で作っている」という保育士もいます。園児が帰ってから、制作物の作成や行事・保育計画を行うため、拘束時間が長くなりがちです。

事務職

事務職は、ルーティンワークが多いです。同じ作業の繰り返しが多いため、刺激がなく、やりがいを感じられないと悩む人もいます。また、他人に成果が分かりにくく、「正当に評価されていない」というストレスを感じている人もいるようです。

 

事務職は長時間椅子に座りっぱなしでパソコンを使うことも多く、腰痛や肩こり、眼精疲労などの体調不良に悩まされやすい仕事でもあります。毎日同じ体勢のため、負担のかかる部位に慢性的な疲労が溜まりやすいです。

土木・建設作業員

土木・建築作業員は体力の必要な仕事です。特に慣れるまでは、「しんどすぎる」と感じる人も多いようです。現場が屋外の場合は、暑さ・寒さもストレスが溜まる一因でしょう。炎天下や低気温の中の仕事は、精神力も体力も使います。

 

また、土木・建設作業員は、定められた工期を目指して作業しますが、ときにはその工期が無茶なことも。上司や営業が取った無茶な工期に合わせて、時間に追われながら作業しなくてはならないことがストレスだという人も多いようです。

 

そのほかにも、給与の低さや体育会系の上司、残業や休日出勤の多さなどにストレスを感じているとの声が見受けられました。

美容院

美容師がストレスを感じやすいポイントは、労働時間と給与です。新米の美容師は、最初にきて最後に帰るという風習がある店も存在します。終業後に無給で練習をするお店も多く、拘束時間が長くなりがちです。

 

また、平成29年の調査における美容師・理容師の平均年収は、およそ280万円です。拘束時間が長いのにも関わらず、給与が低いことにストレスを感じる人も少なくありません

 

厄介な客や上司との人間関係もストレスになり得ます。美容師は正解が明確ではない仕事なので、「きちんと評価されていない」と感じる人もいるようです。その他、「下積み期間が長すぎる。いつまでたっても下っ端扱い」、「雑用が多い。昼ご飯をゆっくり食べる時間もない」などの声も見受けられました。

まとめ

仕事で、全くストレスを感じない人はごく少数です。多くの人は、ストレスを感じながらも、対処法を模索して過ごしています。ただ、ストレスレベルによっては、休んだり、転職したりするのも選択肢の一つです。状態を見極めながら、コントロールして、ストレスと付き合っていきましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

東京のフェイシャルエステ人気おすすめランキング11選【安いところやメンズも通えるとこも】

東京のフェイシャルエステ人気おすすめランキング11選【安いところやメンズも通えるとこも】

サロン
ストレス解消グッズのおすすめ人気ランキング15選【殴りたい・物に当たりたいときに!】

ストレス解消グッズのおすすめ人気ランキング15選【殴りたい・物に当たりたいときに!】

おもちゃ
【看護師】転職時のよくある悩み・不安とは?後悔しないためにどうすればいい?【2022年完全版】

【看護師】転職時のよくある悩み・不安とは?後悔しないためにどうすればいい?【2022年完全版】

その他
【もう職に困らない】転職・再就職に強い人気の資格おすすめ20選

【もう職に困らない】転職・再就職に強い人気の資格おすすめ20選

その他
看護師を辞めたい!辛い!辞めたくなったときはどうすればいい?【転職】【看護師に多い悩みも紹介】

看護師を辞めたい!辛い!辞めたくなったときはどうすればいい?【転職】【看護師に多い悩みも紹介】

その他
Rambut(ランブット)の口コミ・評判・効果は?効かない原因と解決策とは

Rambut(ランブット)の口コミ・評判・効果は?効かない原因と解決策とは

ビューティー・ヘルスケア