30代女性の転職完全ガイド!人気の転職先もご紹介 30代からでも遅くない!

記事ID15363のサムネイル画像
30代女性は転職するにはもう遅い、なんてイメージを持っていませんか?30代でも転職を成功させてキャリアアップした女性はたくさんいます。そこで今回は、30代女性の転職に関するアレコレをまとめました。これを読めば30代女性の転職をしっかりイメージできるはずです!

女性の転職と年齢の関係は?

女性は、人生の中で結婚・出産・育児を経験することで休職中など、キャリアや働き方に大きく影響してしまうことがあります。そのため、30代になると20代のころより転職のハードルはあがるものの、年齢だけで不採用になるということはないでしょう。

 

業種によっては年齢の採用基準が異なり、小売・流通・サービス業は積極的に採用しています。女性の転職において年齢はあくまでも表面的要素であり、未経験・資格なしなどキャリアに応じて選考されるということも頭に入れておきましょう。

 

今回は、30代女性の転職によるメリット・デメリット、成功させるポイントや失敗例、さらに人気の職種やおすすめ転職方法などを紹介します。

30代女性の転職のメリット、デメリットは?

30代から転職をしたいと考えている人は、期待とともに不安もつきものでしょう。そこで、30代女性の転職におけるメリットとデメリットを紹介します。

30代女性の転職のメリット

30代女性が転職を目指すメリットはいくつかあります。前職と同じ業界や職種に転職するときにとても優位に働くでしょう。

経験したことをアピールできる

30代の女性が転職を考えるとき、同じ業界や業種であれば今まで経験をしてきたことを思う存分にアピールできます。これまでの経験やスキルをしっかりと伝えることで、採用者側に高く評価される可能性は大です。

 

20代の転職は、若さがエネルギッシュで行動力があるとみなされて採用されやすいのに対して、年齢を重ねるごとに厳しくなってくるのが社会でしょう。ただし、年齢と同時にスキルがあれば30代女性の転職は吉と出るはずです。

 

履歴書にしっかりと書くことも大事ですが、面接のときにも自身のスキルを思う存分にアピールしてみましょう。転職後にさらにキャリアを積むことができて、仕事へのやりがいも生まれます。

即戦力として重宝される

30代女性が転職をするメリットは、同じ業界・業種であればキャリアを最大限にアピールできることで即戦力として重宝されます。「この人は一から教える必要はなく、自分でどんどん仕事をしてくれる」と評価されるわけです。

 

20代の新卒者とは違って、30代の転職では今まで社会人としてのマナーやルールなどもしっかりと身についています。自分からどんどん仕事をしていく、会社にとってはメリット大と期待されるでしょう。

 

とくに同じ業種であれば職場によって少し勝手が違うかもしれませんが、基本となることはしっかりと習得しているはずです。マネジメントとしてチームに貢献したりといった強みもあれば、前職よりも格上の企業に転職が望めるでしょう。

収入アップが目指せる

30代女性が転職をする場合、前職のキャリアが評価されて責任の重い仕事を任される可能性も大です。業務に見合った報酬が期待されることを考えると、前職よりも収入アップが目指せるでしょう。

 

30代は結婚・妊娠・出産・子育てのタイミングを経て、若さと社会経験・人生経験の両方を併せもつときだからこその転職がおすすめです。今後、40代・50代になってくると会社も家庭も重い責任が増えて転職へのハードルはますます上がります。

 

キャリアアップと収入アップを望むのであれば30代の転職は絶好のチャンスであり、同じ業種に転職を考える場合は即行動です。

30代女性の転職のデメリット

逆に30代女性の転職には難点もあるでしょう。デメリットとなるポイントをいくつか挙げてみます。

未経験分野への転職はハードルが高い

30代女性の転職でデメリットとして挙げられるのが、未経験分野でのハードルが高いことです。基本は未経験での募集はおもに新卒者など20代に求められる条件ですが、もちろん、30歳を超えても未経験分野への転職はできます。

 

ただし、中途採用での30代女性の転職で求められるのは即戦力であり、社会経験がない・業務のスキルがないと20代よりもややハードルが高くなるでしょう。その場合は、異業種でも活かせそうなスキルや経験をアピールするようにしてください。

 

違う業種でもやってみたいという願望があれば、年齢に関わらずチャレンジしてみる価値はあります。少しでもアピールできるようなポイントがあれば、履歴書や面接のときのPRとして取り入れてみましょう。

年収やポジションが下がるケースもある

自分がやりたい・転職したいと思っている応募先が未経験分野だったりした場合、スタートラインから仕事が始まります。そのため、前職の年収やポジションよりも下がってしまう可能性も十分考えられるでしょう。

 

1から仕事を覚えることになり、スタートラインからの始まりとなれば当然そういったことも頭に入れて応募しなければいけません。しかし、将来的なキャリアアップを見据えての希望であれば、覚悟が必要です。

 

もちろん、上司や先輩が自分よりも年下の20代の人に当たることもあり、人間関係などもきつくなってくるでしょう。それでも新しい分野でキャリアを積みたいのか、じっくりと考えてから行動することが大事です。

30代女性が転職を成功させるポイントは?

30代女性が初めて転職を考えるとき、期待とともに不安もあります。失敗せずに転職で成功させるポイントを紹介しましょう。

30代前半か・30代後半かでは求められるスキルが違うことを理解しよう

スキルが乏しい場合の転職では、30代はハードルが高くなるでしょう。また、同じ年代でも30代前半と後半では求められるスキルが異なり、未経験分野でも応募できる可能性があるのは30代前半までで、後半になるとより高いスキルが求められます

 

30代前半の転職は、比較的求人数は多い傾向があり、未経験でも可能性はあるでしょう。20代であれば結婚までの期間も長いことを考えると、企業側としても採用ポイントとなり、30代においても同じようにできるだけ若い女性を採用したいものです。

 

一方、30代後半になるとスキルが要求されるため、未経験者はハードルが高くなるでしょう。といっても、同業種であれば自身のスキルをアピールできるため、現状以上の給与アップも望めます。

徹底的な自己分析をする

30代女性が転職で成功するには、徹底的な自己分析が必要です。キャリア・スキルの棚卸しを提案することで成功へと近づけますが、そもそもキャリアやスキルの棚卸しとはこれまで自分がやってきたことを洗い出す作業を指します。

 

キャリアと呼べる特別なことをやっていなくても、仕事に対して何を身につけたのかちょっとしたことでも挙げてみると、自分の強みや弱みを知るきっかけになるでしょう。キャリアの棚卸しは、今のスキルでどの会社が目指せるのかが分かります

 

いくら給与や勤務地などが希望通りでも、会社が自分のスキルを希望していなければ採用されません。また、転職先の境界ラインを引くことでスキルに見合った選択肢が広がることでしょう。

「30代であることの強み」を活かす

30代になると社会経験もある程度積んできた世代となり、転職にも怖がる必要はありません。経験値や問題解決能力・コミュニケーション能力・マネジメント能力など、自身のキャリアを思う存分にPRしましょう。

 

それが30代であることの強みであり、最大限に活かして転職活動をすることで希望通りの結果へ導ける可能性も広がります。仕事や応募先への熱意アピールは、興味がある・何でもやりますといった漠然敵なアピールではなく具体的におこないましょう。

 

年齢ばかりにこだわってしまうと、自信をなくして面接のときに思うように発揮できません。求職者本人が自分の武器となるスキルや経験から自分の市場価値を把握して選考で効率的に伝えましょう。

転職の目的・キャリアプランを整理する

30代女性の転職では、焦りと不安から行き当たりばったりで活動してしまいがちです。しかし、しっかりと転職の目的やキャリアプランを整理することで思うような結果につながることも頭に入れておきましょう。

 

30代という年代では、結婚・妊娠・出産・育児という色んなライフイベントがあり、企業側は今後どのようなライフプランを計画しているのか求めています。まずは現状を把握・整理して、5年後10年後のキャリアはどうなっているのか描いてみましょう

 

たとえば、ライフスタイルやキャリアプランを年表にまとめ、仕事だけでなくプライベートな部分の目標を立てます。

譲れない条件があればはっきりさせておく

30代女性が転職を考えるうえで、あれもこれも条件を出しすぎてしまうと自分に合った求人が見つからずにキャリアプランを誤ってしまうかもしれません。そこで大事なのは、譲れない条件を明記しておくことです。

 

転職のあとに後悔しないように、また意志がブレないように譲れない条件ははっきりとさせておきましょう。基本となるのは、業務内容・報酬・勤務地・就業時間・福利厚生・人間関係などから3つほど絞ってください。

 

希望の条件を絞ることで、応募に向けてブレずに前に進め、自分の希望通りの職場に巡り合えるでしょう。

スピード感を大切にする

30代の女性の転職では、早ければ早いほど採用率も違ってくるでしょう。スピード感をもって就活をすることが大事であり、思い立ったときにすぐに行動していくことで新たなチャンスを手にできます

 

社会経験やキャリアを積んできた世代だけに、キャリアを武器に理想の転職ができると思ってしまいますが、現実はとても厳しい状況です。できるだけ長く会社に貢献してもらいたいと希望する企業側に応えるように、スピード感をもって転職活動をしましょう。

専門家に相談する

30代で初めて転職を考えたとき、一人で悩んでしまいがちです。一人で行動をすると不安と焦りから思うような結果を見出すことができない場合も多く、転職エージェントやキャリアアドバイザーに頼ることも大切でしょう。

 

これから新たな現場で働こうとしている人は誰もが不安を抱えているものです。電話・メール・対面・カウンセリング・SNSを使った相談など、自分のライフスタイルに合った相談ができます。

 

しっかりと相談をしたいのであれば、アドバイザーがついている転職エージェントがおすすめで、希望を基におすすめ求人や企業への推薦・交渉までしてくれるでしょう。

30代女性はこんな転職もできる?

30代女性の転職は難しそうといったイメージですが、実際はどうなのか気になるところです。そこで、30代女性はこんな転職ができるポイントを紹介しましょう。

30代女性は未経験転職できる?

30代の転職だからといって諦める必要はありません。とはいっても社会経験が豊富でスキルも身につけている30代から、未経験で転職を考えるとなると20代に比べると容易ではありません。

 

転職を考える前に新たな資格を取ることを検討してみるのがよい対策であり、中でも採用されやすい職種や業種を狙うとよいでしょう。おもに営業やアパレル・販売系スタッフは採用されやすいといわれています。

スキルや資格なしでも正社員転職できる?

30代からの転職は、未経験者よりも社会人としてのマナーやスキル、キャリアを重視されます。20代よりも即戦力を要求されるため、採用率としてはどうしても低くなってしまうのは避けられません。

 

いきなり正社員として採用されることは低く、最初はパートやアルバイトから始めて正社員登用を目指す人も多いようです。それでも可能性が低い場合は、営業やアパレル関係など比較的採用されやすい業種を目指したほうがよいでしょう。

独身・既婚・子持ちは影響する?

子持ちの既婚女性の場合、子供が幼稚園児・小学生などで幼稚園・学校を優先させる必要があります。とくに幼稚園のときは送り迎えによる時間制限があって、早めに仕事を切り上げなければいけません

 

また、子供の病気で急遽、早退を強いられることもあり、その場合はやはり独身者のほうが優先されます。もちろん、独身者でも「これから結婚・妊娠・出産するのではないか」と企業側に思われるリスクはあるでしょう。

 

子持ちのほうが働きやすい環境というのは女性が多い職場で、同じような環境下の人が集まっているからこそ働きやすいといえます。

30代女性が転職するなら正社員?契約社員や派遣社員はどうなの?

同じ仕事でも正社員・派遣社員・契約社員と雇用の仕方が異なります。正社員として働くメリットは、仕事の責務は重いですが、派遣や契約社員よりも安定している点が魅力的といえるでしょう。

 

しかし、30代女性が転職をする場合、結婚・妊娠・出産などがあり、子供がいる場合も「熱を出した」などで早退をすることを考えると正社員として働くのは難しいでしょう。派遣や契約社員は比較的採用されやすく、求人が見つけやすいのが特徴です。

 

正社員と比べるとハードルが低いため、挑戦しやすいという点では魅力的ですが、今後の生活がどう変わるか分かりません。一人になる可能性も否定できないため、正社員への道を諦めず、検討していく必要はあるでしょう。

30代女性が後悔する転職とは?

30代で初めて転職をしたいと思っている人が陥りやすい失敗があります。30代女性が後悔する転職とは何なのか、チェックしてみましょう。

よく考えず衝動的に職種を選んだ

衝動的に転職先を探してしまうと、ブラック企業を選んでしまう可能性があります。今の職場での人間関係や仕事内容がきつくても、考えなしに雑誌やネットですぐに次の転職先を決めてしまうのは要注意です。

 

一般的に出回っている情報は表面的なものが多く、その程度の情報で人生の大きな決断となる職場選びをするのはとてもリスクが高いでしょう。「ラクそう」「お給料がいい」などの理由から衝動的に職種を選ぶことは止めたほうよいです。

 

雑誌やネットでの情報にばかり頼らずに、横つながりの同じスキルの人脈を増やしていくことも必要といえます。自部はなぜその仕事につきたいかきちんと考えたうえで転職活動を始めてください。

 

とりあえず仕事をやめてしまった

人間関係や仕事内容の不満から、衝動的に仕事をすぐに辞めたいと思っている人も多いでしょう。しかし、20代とは違って30代になると次の転職先をすぐに見つけることはとてもハードルが高いです。

 

次の仕事先も見つかっていないのに安易に転職してしまうと、なかなか見つからずに焦ってしまいます。転職活動がうまくいかないと、それだけ離職期間が長くなってしまい、ブランクがあることで余計採用されないかもしれません。

 

将来のキャリアの選択肢を狭めないためにも、転職の準備を進めたうえで今の会社の離職を考えるようにしましょう。

体力面だけで楽そうな仕事を選んだ

雑誌やネットなどの情報から、体力的にラクそうな事務職を選ぶなど容易な考えで転職すると失敗することが多いです。確かに事務職は椅子に座って作業をすることが多く、体力面から見るととてもラクそうに思えるでしょう。

 

定時で帰れる・与えられた仕事をすればいい・自分のペースで仕事ができる・座ってできる職種だからといった理由で安易に決めてはいけません。実際は、ひたすらPCに向かう作業で目の疲れ・肩こり・腰痛を感じる人も多いです。

 

また、単純作業で退屈だったり、1日中屋内にいることが苦痛に感じる場合もあり、結果的に失敗したと思ってしまいます。表面的にラクな作業と判断せずに、じっくりと仕事内容を見極め、長く続けられそうな仕事を探してみましょう。

30代女性の転職先に人気の職種は?

30代女性が転職を考えるとき、やりがいがあって長く働ける職場を見つけたいと思うでしょう。そこで、30代女性の転職先で人気の職種を紹介します。

キャリア志向の女性なら

前職で培ってきた自身のキャリアを転職先でも有効活用したいと考えている人も多いでしょう。キャリア志向の女性に人気の職種をピックアップします。

「企画・マーケティング」職

「企画・マーケティング」職として人気が高いのが、戦略・経営コンサルタントです。毎回、違った内容に挑戦するという難しい業務である一方で、やりがいを感じることができる職種といえるでしょう。

 

また、給与・組織・長期休暇の取りやすさなどからも女性の支持が高く、とくに長期休暇などは子供の夏休みなどに合わせて都合がつく点でも、子供がいる家庭においてはとても働きやすい環境といえます。

 

繁忙期はとても忙しくて大変ですが、その反面、やりがいを感じる女性は多く転職としておすすめです。

「広告宣伝・商品企画」職

広告宣伝や商品企画といった職種は、企業の中でも中枢の部署となる職種です。そのため、経験や知識が求められる業種としてとてもやりがいがあり、同じ職種につきたいと願う女性は多いといえるでしょう。

 

とくに企画といった新しい業務へのチャレンジは、毎回違った内容で新鮮であり、やりがいを感じます。プレッシャーや負担が大きくなる半面、仕事内容に充実感を見いだせることは大きなメリットといえるでしょう。

「アシスタント」職

事務系の中でもアシスタント職は、女性の間でとても人気があります。事務系の職種は座っている仕事で体力的にラクといったイメージが多いですが、肩こりや腰痛などで悩んでいる人もいるでしょう。

 

アシスタント職の中でも、人事アシスタント・貿易事務アシスタント・総務アシスタント・経理事務財務アシスタント・営業事務アシスタントなどが人気です。事務系の職種が女性に根強い人気の中で、スキルや専門知識を要するアシスタント業務は高い支持を得ています

専門性を活かす仕事なら

より専門性を活かした仕事につきたいと思っている人も多いでしょう。専門的な知識や資格を持っている人は積極的に活かしてみてください。

「薬事」職

薬事職は、尊敬される職業で給料もよい点から女性に支持されています。医療系の薬事申請などをおこなう薬事の仕事も専門職として人気が高く、キャリアに応じて給与水準もアップすることがおすすめポイントといえるでしょう。

 

また、長く働くことでキャリアを築くことができ、年をとっても働きやすいことから子育てがひと段落した人でも転職しやすいです。医療事務・社会福祉士などの資格をもっていると転職活動に有利でしょう。

「SE・エンジニア」職

30代女性の転職先として、SEやエンジニア職につく人が増えています。時代としての働き方が多様化されている点や女性ならではのコミュニケーション力が高い人を企業側が求めている点が挙げられるでしょう。

 

とくにプログラミングのスキルは一度身につけると、結婚や出産で退職したとしても在宅勤務や家事の合間の副業としても仕事をこなすことができます。主婦にも人気が高く、子育てしながら在宅リモートワークも可能です。

「通訳・翻訳」職

30代女性の転職先として人気が高いのが、通訳・翻訳職でしょう。語学のスキルや英検などの資格をもっている人は、出版社などでの転職が望め、今まで培ってきたスキルを思う存分に発揮できます

 

正社員のほかにも契約社員やパート・アルバイトといった働き方もでき、子育てをしながらでも可能です。また、在宅ワークやリモートワークもでき、育児や家事の合間のちょっとした副業にもぴったりでしょう。

コミュニケーションを活かす仕事なら

コミュニケーション能力を活用したいのであれば、販売や受付など接客業がよいでしょう。職種や具体的な仕事内容を紹介します。

「ショップスタッフ・販売」職

人とのコミュニケーションが好きで、そういった業務につきたい場合におすすめなのが「ショップスタッフ・販売スタッフ」でしょう。洋服が好きな人はアパレル関係など具体的に職種を選ぶことができます。

 

とくに資格は必要がなく、年齢などに左右される心配もないことから30代女性の転職として人気です。接客スタッフは、基本給にプラスしてインセンティブなども狙える点が注目されています。

「受付」職

受付業務といえば、おもに会社を訪問するお客様への接客対応でしょう。受付の対応が来社するお客様にとって企業の第一印象となるため、今後の企業同士のお付き合いを左右する大事な仕事といっても過言ではありません。

 

来客対応のほかにも、電話対応・お客様への館内案内・会議室や応接室の予約受付・掃除・館内放送など補助的な業務が発生することもあります。とくに資格などいりませんが、基本的なビジネスマナーや敬語を理解している人に向いているでしょう。

「営業」職

事務職からキャリアチェンジを図りたいと考えている人にぴったりなのが、営業職です。30代半ばぐらいまでは、営業職が未経験であっても不動産・人材サービスなどを中心に採用されやすいでしょう。

 

男女の差がなく働ける環境という点でも、自身のキャリアアップを考えている人にとってはまさに理想的な職種です。また、キャリアに応じて収入アップも考慮される点では、魅力的といえるでしょう。

30代女性におすすめの転職方法は?

30代女性が転職を考えるとき、活用できる方法は何なのか気になるところです。おすすめの転職方法を紹介しましょう。

転職エージェント

転職エージェントとは、転職のプロが転職しようと悩んでいる人の悩みを解決し、最適な転職活動をサポートしてくれる無料の転職支援サービスです。自身で閲覧・応募をする転職サイトに対し、転職エージェントでは専門家が条件にあった求人を紹介してくれます。

 

また、非公開求人も多数取り扱っていることから、一般的には出回らない優良求人に出会えるチャンスも広がるでしょう。転職活動にかける時間があまりない人は、転職エージェントがおすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。専門家による情報収集とサポートによって、より自分に近い求人案件に出会えます。

 

今までの職務経歴やスキルを棚卸し、求職者の強みや価値観を第三者視点で確認・企業情報と照らし合わせることで、適した企業や業者を紹介可能です。

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップの取引企業による求人情報を扱う転職エージェントです。専門性の高い専任のキャリアアドバイザーがつき、しっかり転職できるまでの支援を提供してくれるのが魅力的でしょう。

 

幅広い業種・職種の求人を保有していることで、手厚いサポートやフォローに定評があって不安な人でも安心して転職活動に励むことができます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントとは、業界最多クラスの求人から実績豊富な転職エージェントがもっともマッチする求人を紹介してくれます。土日や平日夜でも利用できる電話面談は定評があり、手厚いサポートがあるからこそよりよい転職先に出会えておすすめです。

 

初めて転職を考えている人も、キャリアアドバイザーが応募書類の書き方や面接対策などしっかりとサポートしてくれるため、安心して転職活動にはげめます。

転職サイト

30代女性が転職を考えるときに利用できるのが、転職サイトです。どんなサイトがあるのかチェックしてみてください。

30代向けの求人情報が多いdoda

大手転職サイトで探すのであれば、dodaがおすすめです。30代向けの求人情報が多いということで、30代女性にとってはまさに理想的な転職サイトといえ、キャリアに応じて非公開案件も紹介してもらえます。

 

全国を対応にした求人も多く、地域を問わずに転職活動ができるのが魅力的であり、スカウト機能も利用可能です。

スカウト登録ができるリクナビNEXT

スカウトを受けて転職をしたいのであれば、リクナビNEXTがおすすめでしょう。履歴書・職務経歴書を「スカウト」に登録することで、自分のスキルや経験に合った企業からオファーが来る仕組みです。

 

自分で求人情報を探すこともできますが、毎日忙しくて転職活動ができない人でも一度スカウト登録すれば相手企業からアプローチが来るため、問題がなく転職できます。

30代求人が多いen転職

大手の転職サイトで選びたいのであれば、en転職がおすすめでしょう。30代の求人情報が多いのが特徴であり、まさに30代女性で転職したいと思っている人にこそ利用してほしい転職サイトです。

 

独自の求人が多いことでほかのサイトとの競合が少なく、全国対応・無料登録・スカウト機能などがおすすめポイントといえるでしょう。

30代で転職する女性に人気の資格は?

これから転職を考えている人は、優良な企業に採用されるように資格を身につけるとよいでしょう。30代で転職をする女性に人気の資格をいくつか挙げてみます。

簿記検定2級以上

簿記検定2級以上の資格はあらゆるビジネスシーンで活かすことができます。たとえば、企業の経理・会計事務所・税理事務所・営業職・販売職・製造部門・金融・商社・小売店・サービス業など幅広く、未経験でも転職可能です。

 

簿記の知識を身につけることで、取引先の経営状況が分かり、コストや売り上げに関する意識も高まります。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

事務職や営業職など、オフィスでの転職を希望する場合、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格があると有利です。MOSはエクセルやワードなど、オフィスソフトの操作スキルを証明する資格でパソコン業務におすすめでしょう。

 

試験内容としては、ワード・エクセル・パワーポイント・アクセス・アウトルックで、できるだけ最新バージョンの資格を取ることが大事です。

医療事務

女性に人気の資格として注目されているのが、医療事務です。全国の医療機関はコンビニの数よりも多く、高齢社会といわれる時代の中で景気に左右されない職種であることから長く働けます。

 

病院を中心に働き口は多く、転職をするうえで強い味方になってくれる・通教で資格取得が目指せる点からもおすすめポイントです。

TOEIC750点以上

TOEICとは英語のコミュニケーション能力をチェックするテストで、リーディング・リスニング・スピーキング・ライティング能力チェックをします。外資系企業や海外企業に就職をする場合におすすめの資格といえるでしょう。

 

英語を使う仕事なら750~800点以上が目安で、企業によっては基準スコアを明記している場合があります。

ファイナンシャルプランナー2級

ファイナンシャルプランナー2級は、ファイナンシャルプランナーという仕事に有利な資格です。ファイナンシャルプランナーとは、保険・不動産・相続などお金に関する相談やアドバイスをする専門家といえるでしょう。

 

仕事で使える資格は2級からで、将来的に独立を考えているのであれば2級から1級(受験するには実務経験が必要)がおすすめです。

秘書検定

秘書検定は実務技能検定協会が運営・実施している検定で、上司の身の回りの世話やサポートなどをおこなう秘書業務がおもな仕事です。対人関係の基本となる言葉遣いなどのビジネスマナーをしっかりと身につけていることが大事な要素でしょう。

 

秘書職へのキャリアチェンジだけでなく、ホテル業など質の高いサービス業においても役立つ資格で、正解数が60%以上で合格です。

社会保険労務士

社会保険労務士は就職や転職に役立つ国家資格で、難易度は高めです。コンサルティング企業・人材サービス・社会保険労務士事務所・人事部や総務部といった会社経営の中核を担う部署に適しています。

 

アピール度も高く、キャリアアップにつながりやすく将来独立開業も目指せるというやりがいのある仕事で、資格は優位に活用可能です。

30代女性の面接のポイントとアピールテクニックは?

30代女性の転職を成功させるには、面接が大事です。アピールテクニックや面接のポイントを紹介します。

面接を受ける企業の情報を収集し、求める人材を把握しておく

30代女性が転職で成功させるコツは、求職者本人のスキルや経験から市場価値を把握していかに面接で使えることができるかにかかっています。あらかじめ情報を収集して企業が求めるスキルをアピールできるように準備しておきましょう

 

自分なりの準備と調査をおこなったうえで面接を受けるのがベストであり、行きあたりばったり・衝動的に仕事を辞めないでください。

スキルや熱意のアピールは具体的に

30代女性の転職活動では、「この仕事が大好き」「何でもやります」といった漠然的なアピールでは伝わりません。この職種にどんな熱意をもっているのか、具体的にアピールすることが大切でしょう。

 

結婚や出産を懸念される可能性が高いため、当分は仕事を頑張る意志やどんなところに魅力を感じたのか、入社したあとはどんな仕事をして会社に貢献したいのか伝えてください。

キャリアプランもはっきりと伝える

面接では、業務についてだけでなく結婚や出産についても聞かれることが多いです。「分からない」「決めていない」といった漠然的な考えではなく、当分は仕事に専念するつもりですと具体的に伝えるようにしましょう。

 

仕事だけでなく、人生設計についてもしっかりと自己分析をし、面接のときにきちんと伝えることができるように準備しておいてください。

専門性の高い業務や指導経験をアピール

前職で専門性の高い業務に就いていたり、後輩や部下の指導経験がある人は、そのことを面接でしっかりと伝えましょう。業務経験のアピールも大事ですが、中でも専門性が高い業務や指導経験がある人は企業側としてもできる人材として注目されます

 

30代の転職で求められるポイントは、即戦力とともにマネジメント・指導力も大事であり、しっかりと伝えて転職の実現に結びつけてください。

まとめ

今回は、30代女性の転職によるメリット・デメリット、成功させるポイントや失敗例、さらに人気の職種やおすすめ転職方法などを紹介しましたがいかがでしょうか。未経験や資格なしでも可能なところもあり、ぜひ、エージェントや人気サイトを利用してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年12月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

30代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

30代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
20代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

20代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
【2023年最新】40代向けIT転職サイトおすすめ人気ランキング10選

【2023年最新】40代向けIT転職サイトおすすめ人気ランキング10選

転職サイト
【2023年最新版】ITエンジニアにおすすめの転職サイトランキング9選

【2023年最新版】ITエンジニアにおすすめの転職サイトランキング9選

その他
20代におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

20代におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

転職サイト
【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト