【看護師】転職時のよくある悩み・不安とは?後悔しないためにどうすればいい?【2022年完全版】

記事ID14451のサムネイル画像
看護師の約7割は辞めたい、と思いながら働いているといわれています。ただ転職しようにも、収入が下がる、転職しても同じような環境になるんじゃないか、など不安や悩みは尽きません。ここではそんな看護師のよくある不安や、転職で成功するためのポイントについて紹介します。

看護師は悩みを抱えやすい

病看護師は肉体的・精神的にも負担が大きい職業であると言えます。そのような環境では転職という考えに至ることは珍しいことではありません。

 

給料や労働環境、人間関係に不満がある場合、それを解消することは簡単ではありません。しかし、転職で環境を変えることにより、悩みを解決できることもあります。現在の職場で悩みを解決することが難しいのであれば、転職にチャレンジしてみましょう

【サポートが充実】結局1番おすすめの看護師転職サイトはここ!

この記事では、転職の不安に対する対処法に加え、看護師の人気の転職おすすめサイト紹介していきます。しかし結論から言うと、自信を持っておすすめできるのは「看護roo!(カンゴルー)」でした。

 

看護roo!(カンゴルー)は、看護師の悩みに寄り添ったサポートが受けられると好評のサイトです。「転職しようか迷っている」という方でも情報収集として活用できるので、ぜひ登録しておきましょう!

【登録だけでもOK】情報収集がしやすい転職サイトはここ!

【5万件超えの求人数!】

業界トップクラスの求人数を有しており、その数なんと5万件以上。非公開求人を含めると、もっと多くの求人を保有しています。求人数が多いため、自分に合った求人が見つかりやすいのが特徴です。

 

【未経験でもOK!】

看護roo!(カンゴルー)なら未経験の求人も多数掲載。別の職種を目指す方も徹底サポートします。研修制度などの「教育体制が整っているかどうか」サイトで確認できるので、入職後の心配もありません。

 

【円満退職が実現!】

転職先が決まったら、在職している今の職場の退職方法についても、看護roo!(カンゴルー)なら相談できます。そのため退職時のトラブルを、未然に防ぎます。看護職は引き止めが多いと言われていますが、これなら退職する際も心強いですね!

 

【今なら転職ガイドブックをプレゼント!】

今なら利用者特典として「ナースのHappy転職ガイドブック」をプレゼントしています!約140ページに渡り、転職のコツや面接のポイントを紹介しています。期間限定の特典なので、ぜひこの機会に、会員登録を!

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

看護師が抱えやすい転職に対する4つの不安とは?

誰だって転職をすることには不安があります。転職時に抱えやすい不安を事前に知っておけば、転職に対する不安は軽くなるでしょう。

①理想の再就職先が決まらないかも

職場選びの基準には給料、職場環境、福利厚生、あるいは勤務地などが挙げられます。しかし、全てが理想的な職場を見つけることは難しいでしょう。

 

まず、自分が転職をしたい理由を複数挙げ、その中から絶対に譲れない条件を絞りましょう。それ以外の条件については、ある程度妥協してもいい、くらいの心構えが必要です。

 

あまりにも理想が高いと再就職先がなかなか決まらないため、どんどん不安が高まってしまいます。安心して転職するためにも、ハードルは少し下げておくのがおすすめです。

②転職しても人間関係が変わらないかも

転職の理由として上位に挙げられることの多い「人間関係」。転職してもまた人間関係に悩まされるのではないかと、不安になってしまいますよね。しかし、入社前でも、以下の方法を使えば職場の雰囲気をイメージすることができます。

 

・従業員や関係者による職場の口コミサイトやSNSを利用する。

・職場の内部事情に詳しい転職サイトに登録する。

 

しかし、結局は初めの印象が大切です。転職直後は積極的にコミュニケーションを取り、信頼関係を築こうとする姿勢を心掛けましょう

③経験やスキルが足らないかも

転職後の仕事で、自分の経験やスキルが通用するか不安になるという声も多く聞かれます。転職して評価を下げるくらいなら、現職を続けたほうが無難と考えてしまうかもしれません。

 

そのような場合は、資格取得を通してスキルアップするのがおすすめです。「認定看護師」や「専門看護師」などの資格を取っておくと、転職が有利に進みます。資格取得は看護師としての可能性を大きく広げてくれるので、転職だけでなく、キャリアップのためにもおすすめです。

④体力的に不安

加齢による体力の低下を感じていたり、腰痛などの持病を持っていたりすると、職場でやっていけるのか不安になってしまいますよね

 

看護師であれば、病院以外でも活躍できる場はあります。具体的には「健診センター」や「MR」なら看護業務はなく、事務的な作業の多い仕事になります。実際の勤務内容やどんな人が向いているかなど、転職サイトを利用して情報を集めてみましょう。

看護師が転職するメリット

実際に転職した看護師たちは、その後の仕事を、どのように感じているのでしょうか?看護師転職したことによるメリットを見てみましょう。

①体力・精神的に楽になった

転職したことで「体力・精神的に楽になった」と感じる人はたくさん居ます。特に、時短勤務やオンコールなしの職場に転職した人は良く実感するそうです。

 

新しい環境で働くことで、安定した生活サイクルで心身共に余裕ができ、休日を楽しめるようになるでしょう。他にも、激務からくる腰痛が改善されたり、体調が良くなったりするかもしれません

②人間関係のトラブルやストレスが減った

命に関わる仕事には、他の仕事とは比べものにならない緊張感があります。その現場で働いている看護師も、日々大きなストレスを感じていることでしょう。転職したことで、人間関係がリセットされ、ストレスが減ったという人は沢山居ます。

そのほか転職のメリット

その他、転職することで得られるメリットをまとめてみました。特に時短勤務や非常勤看護師として転職すると、

 

・家族と過ごす時間が増える。

・友人と予定が合うようになる。

・料理を自炊することができる。

・趣味に費やす時間が増える。

 

一つの職場で長く働くことは良いことなのかもしれませんが、無理に続ける必要はありません。

看護師が転職前に抱えやすい10の悩み【対処法も紹介】

看護師が転職前に抱えがちな悩みと、それを乗り越える方法を紹介します。

①なかなか転職に踏み切れない

「現職に不満はある」。でも、それが転職をする程のものなのか判断が難しいという人もいるでしょう。転職に踏み切れないときは、まず現状で抱えている不満を書き出し、明確にすることから始めましょう。

 

不満を明確にしたら、次は「それを解消する職場」があるのかを調べてみましょう。しかし一つの不満が解消されたとして、それ以外の条件が悪くなってしまうかもしれません。様々な職場のメリット・デメリットを把握し、転職を行うかどうかの判断をしましょう。

 

その際、転職経験者や看護関係の職場に明るい人に相談してみるのも有効です。もし、知人にそのような人がいない場合は、エージェント型転職サイトを利用してみましょう。転職のプロに相談することで、自分が気づかなかった選択肢が見つかるかもしれません。

②理想の職場がわからない

転職をするにあたって理想の職場が見つけられないという人は、まず自分の理想とする働き方を想像してみましょう。

 

・夜勤はやりたくない。

・患者の身の回りの世話がない方がよい。

・医療には携わっていたい。

・事務的に仕事を進めるのが好き。

 

このような理想を持っている場合は日勤のクリニックがあっているでしょう。まずは自分が希望する働き方を想像し、その上で様々な病院、職場を比較します。その中から理想の職場を絞り込んでいきましょう。

③身近に経験者がいない

身近に転職を経験した人がいないと、具体的なイメージが持てず不安になってしまいます。そこで活用したいのが転職サイトです

 

看護師専門の転職サポートサービスを提供する「看護師roo!」では、看護師の悩みを投稿できる掲示板が用意されています。転職を含め様々なトピックで生の意見を見ることができるでしょう。

 

その他「Yahoo!知恵袋」でも看護師の転職に関する質問を多く見ることができます。実際に転職サイトに登録し、看護師の業界に詳しいエージェントに相談をしてみるのも良いでしょう。

④新しい職場に馴染めるか分からない

今の職場に馴染めていないと、転職先でも上手くやっていけるか不安になってしまいます。しかし無理に馴染もうとしなくても問題はありません

 

普段からあいさつや感謝の気持ちを忘れず、仕事に真面目に取り組んでいれば、職場での信頼は築かれていきます

 

しかし派閥意識が強すぎて疎外されている、ハラスメントの被害を受けているなど、人間関係のトラブルがある場合は無理せずに転職をしましょう

⑤スキルアップできるか分からない

努力して看護師の資格を取ったのであれば、それを活かすために少しでもスキルアップしたいと思いますよね。しかし、職場によってはルーティン作業ばかりで看護師としてのスキルが磨かれないこともあるかもしれません

 

看護師は勤務する病棟によって、習得するスキルに大きな差が出る職業です。自分が磨きたいスキルを明確にして、今の職場で経験が積めるのか、転職しないと無理なのかを判断しましょう。

 

スキルを磨きたい看護師に人気のある勤務場所には「急性期病棟」が挙げられます。通常の看護業務に加えて患者の治療にも深くかかわることができ、病院としても看護師の教育サポートが充実していることもあります。

⑥夜勤が辛い

病院勤務の看護師が避けては通れないのが夜勤です。生活のリズムが安定せず、自分の体調を崩してしまうこともあるでしょう。

 

夜勤のある生活に無理のある人は、日勤だけのクリニックに転職してみるのは如何でしょうか。また地域の介護センターのように、病院以外にも看護師が活躍できる職場は数多くあるので、自分の生活リズムに合った職場を探してみましょう。

⑦家族とゆっくり過ごせていない

結婚や子育てを期に家族と過ごす時間を大切にしたいと考える人も多いでしょう。看護師の職場の中でも、夜勤がない職場や残業が少ないと言われる職場を紹介します。

 

【外来】

診療時間が決まっており、また予約制であることが多い為、残業が少ない職場です。ただし、病院によっては当番制で夜勤をフォローすることもあります。

 

【慢性期・回復期病棟】

働き方改革の一環で日勤のみの採用も増えてきています。また他の病棟に比べ突発的なトラブルが少ない為、定時で帰りやすい職場です。

 

【クリニック】

入院施設がないので夜勤もなく、定休日を設けていることが多い職場です。ただし混雑具合によっては残業が増えることが多く、また社会人が利用しやすいように夜遅くまで診療を受け付ける職場もあります。

 

【透析センター・検診センター】

夜勤もなく、予約制の為残業が発生することは少ない職場です。ただしこちらも社会人が利用しやすいように夜間の受付を行っている場合があります。

 

【デイサービス・訪問看護】

いわゆる老人ホームと違い、デイサービスは日中のみの営業になる為夜勤はありません。また患者さんの帰る時間も決まっているので、残業も発生しにくいです。同じく訪問看護も日中の活動がメインとなります。

⑧医療事故を起こしたくない

看護師として患者の命を預かっている以上、誰もが医療事故を起こしたくないと思っているでしょう。しかし、万が一事故が起こってしまったらどうしようと考えると、不安に押しつぶされてしまうこともあります。

 

医療事故を防ぐためには、他の看護師や医者との連携が重要です。不安な気持ちは誰もが同じなので、一人で抱え込まずに周りと共有するようにしましょう。逆に言えば、医療事故を起こしたくないという気持ちが気を引き締め、事故を未然に防いでいるとも言えます。

 

また、どうしても医療事故の不安が拭えないという人は、人命に直接関わることのない職場へ転職を考えるのも良いでしょう。

⑨患者がいるから別れにくい

自分が担当している患者さんのことを思うと、転職に踏み切れないという人もいるでしょう。看護師は仕事の中で多くの患者さんと関わり、時には悲しい別れをすることもあります。

 

看護師にとって患者さんへ優しく接することは好ましいことです。しかし「これは仕事である」とどこかで線引きをしなくてはなりません。

 

転職の際は担当患者に迷惑を掛けないよう、後任の看護師への引き継ぎをきめ細かに行いましょう。また患者さんには事前に退職の予定を伝え、丁寧にあいさつをして誠意を示すことが大切です

⑩人が少ないから、自分が辞めたら迷惑がかかる

人手が少ないことを理由に転職を躊躇している人もいるでしょう。しかし、人手不足は自分のせいではなく病院側の問題です。正式な手続きを踏めば、転職することに何の問題もありません。

 

職場に迷惑を掛けないよう、なるべく早い段階で退職の意思を伝えたいと考える人も多いでしょう。しかし人手不足が深刻な場合、退職の意思を伝えた時点で強引な引き留めや、ハラスメントが発生する可能性もあります。

 

特に看護師は、退職の引き止めが多いと言われています。あまりにもしつこい場合は、看護師転職サイトのコンサルタントに頼りましょう。今回紹介するおすすめの転職サイト「看護roo!(カンゴルー)」は退職フォローをしてくれます。上手く利用して、円満な退職を目指しましょう。

【未経験でもOK?】看護師が別の職種に転職しても大丈夫な理由

病院という特殊な環境で勤務していたこともあり、未経験職種や一般企業への転職に不安を感じる看護師もいるでしょう。しかし、必要以上に不安を感じる必要はありません

未経験職種でも大丈夫

結論から言うと、未経験職種への就職を不安に思う必要はありません。それを不安に思っていた人の多くは、転職後に不安は解消されたと言います

 

また、採用する側としても、元看護師を採用する以上は一般職の経験が少ないことは考慮しています。それ以上に人柄や誠実さを評価して採用されていると考えましょう。

入社後の研修・教育体制が充実している例が多い

入社後に不安が解消される要因としては、研修・教育体制が充実していることが挙げられます。

 

企業としても人材の雇用には多額の経費を費やしているので、新規採用したスタッフを簡単に辞めさせるわけにはいきません。その為、新入社員の研修や教育を充実させることは、企業側にもメリットがあります

 

不安であれば、求人を探すと同時に、研修・教育が充実しているかを調べてみるのも良いでしょう。

【病院以外でも】看護師の資格が活かせる7つの職種!

転職をするにしても、苦労して手に入れた看護師の資格を活かしたいという人も多いでしょう。病院以外で看護師資格が必要、もしくはあると重宝される職場には次のようなものがあります。次の章で1つずつ紹介します。

 

・産業看護師(企業内看護師)

・訪問看護

・献血ルーム

・検診センター

・イベントナース

・治験コーディネーター

・MR

①産業看護師(企業内看護師)

企業に勤務する看護師の仕事は健康管理業務がメインです。具体的には、ケガに対する応急処置や健康相談、メンタルカウンセリングなどです。企業に勤めるため、病院勤務とは異なる部分も多いですが、その分スキルやキャリアを積むことができます。

 

また、一般的に勤務は平日の日勤のみで、残業が少ないという特徴もありますよ。

②訪問看護

訪問看護ステーションにおける看護師の業務は、利用者の家に訪問し、主治医の指示に基づいた医療処置を行ったり、利用者の健康状態の確認することです。具体的な医療処置としては、インシュリン注射や点滴などが挙げられます。また、利用者の療養生活がより良くなるように、サポートすることもあります。

 

訪問看護の特徴は、あらゆる業務に1人で対応しなければならないということです。訪問先では他に頼る人はいないので、責任をもって行動するためには幅広い経験や深い知識が必要となります。責任の大きい仕事ですが、その分給与が高いというメリットもあります。

③献血ルーム

献血ルームにおける看護師の業務は採血がメインです。ルーチンワークとなりますので、同じ仕事が好きな人に向いています。

 

献血ルームで働く場合、就職先は日本赤十字社か日本赤十字社が母体の機関です。業務時間は日勤のみのなので、パートやアルバイトとして働いている方も多くいらっしゃいますよ。

④検診センター

検診センターにおける看護師の業務は、主に検診の介助や外来業務などです。勤務先によっては、巡回健診として企業や学校に出向く場合もあります。主に健康な人が診察を受けるため、患者さんに接するときのストレスが少ないのが特徴です。

 

多くの人と接する仕事なので、特にコミュニケーション能力や接遇マナーがしっかりできることが大切です。

 

基本的にルーティンワークがメインになるため、看護師を辞めてブランクがある方でも、比較的復帰しやすい職場と言えます。また残業が少ないためワークライフバランスが実現できる職場が多いのも特徴です。

⑤イベントナース

イベントで働く看護師はイベントナース(もしくはイベント待機看護師)と呼ばれます。仕事は、音楽やスポーツなどのイベントに帯同し、参加者の突発的なケガや体調不良に備えることです。

 

イベントということもあって、平日よりも週末に募集されることがほとんどです。求人の大半が単発なので、自分の好きなタイミングで無理なく働くことができますよ。また、毎回急病人が出るわけではないので、割の良い仕事と言えるでしょう。

⑥治験コーディネーター

新薬開発における治験の調整役となるCRC(治験コーディネーター)。製薬会社の臨床開発モニター(CRA)や、治験を実施する医療機関の医師などと協力して、治験を進め、被験者となる患者さんをサポートするのが仕事です。

 

必要な資格はありませんが、薬剤師や看護師、臨床検査技師などの医療系資格を有していれば、転職や条件交渉において、有利に働きます。また看護師としての知識に加え、コミュニケーション能力や基本的なPCスキルが必要なので、留意しておきましょう。

⑦MR(医薬情報担当者)

MR(Medical Representative)とは、製薬会社に勤務する医薬情報担当者のことを指します。他の医療系職種と比べても平均年収が高い傾向にあり、人気の職種となっています。

 

主な仕事は、所属する製薬会社の製品情報を医療機関で働く医者や薬剤師に提供し、自社製品の購入を促すことです。一般企業の営業職に近いと言えますが、医療機器や薬に対する高度な知識が求められる専門職です。また、医療機関で使用された自社製品データのフィードバックを受け、情報を集約・分析して製品を評価するという役割もあります。

 

MRに転職するにあたり、看護師資格は必要ありませんが、医療機関での勤務経験、医者や患者さんとコミュニケーションをしてきた経験が大いに役立つ職種と言えます。

【まずは情報収集】転職サイトに登録しよう!

転職しようか迷う、そんな時はまず「転職サイトに登録」してみましょう。

 

実際に「転職するかどうか」は置いておいて、登録すると沢山の求人に目を通すことができます。新しい働き方の選択肢として、情報収集ができるので、参考になるでしょう

人気おすすめ看護師転職サイト5選

プロのコンサルタントから、最適な求人情報を紹介してもらうためにも、転職サイトを使うことは必須と言えます。この章では「口コミ・実績・サポート力」の3点で高評価だった、5つの転職サイトを紹介します。

日本最大級の求人数

2009年から運営を開始している「ナースではたらこ」。日本最大級の求人情報量と頼れる選任アドバイザー、上場企業だからこその安心感がありますね。また、医療機関への逆指名など、魅力的なサービスで多くの看護師さんに支持されています。

 

全国各地の求人情報を掲載。あなたの転職条件を満たす医療機関がきっと見つかる看護師転職サービスです。日本全国の看護師さんの転職活動を支援します。地域別の求人情報に精通した各支社によるエリア担当制も好評です。

 

「24時間電話を受け付けてくれる」ため、在職中の方でも嬉しいのが特徴ですね!

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

迷ったらここ!みんなが使う転職サイト

「看護roo!」は年間2万人以上の利用者がいる看護師専門の転職サポートサービスです。転職サポート以外にも看護師向けの掲示板が充実しており、全ての看護師のコミュニティーとしても機能している人気サイトです。

 

求人掲載数が多いことはもちろん、面接周りのサポートが特に手厚いことが特徴です。面接の同席や条件交渉の代行も対応してもらうことができます。看護師の転職に特化していることもあり、それぞれの病院ごとの傾向や対策についての情報も豊富です。

 

また初回登録特典として140ページにも渡る転職サポートマニュアルを受け取ることができます。転職をしたいけど何から始めればよいか分からないという方は、まずは「看護師roo!」に登録してみるのが良いでしょう

>>>公式サイトで詳細を見る!

給与UP交渉・退職交渉などサポート完備

医療ワーカーは、4年連続で支持率1位を獲得した転職エージェントです。気になる給料面や、残業、人間関係などの情報も公開されています。60秒登録・完全無料・閲覧だけもOKと、手軽に利用できる転職サイトです。

 

キャリアアドバイザーが「職場の平均年齢」や「詳しい業務内容」「休みのとりやすさ」を代わり調査してくれます。聞きにくいことも、事前に把握できるのが嬉しいですね。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

病院の情報が充実したサイト!

「看護のお仕事」は全国の主要な医療施設約12万件の情報を有する、最大級の看護師専門転職サイトです。他のサイトを圧倒する数の求人案件をの中から、自分の理想とする職場を探すことができます。

 

また、転職後のサポートも積極的に行っており、転職後の看護師から共有された情報も随時蓄積されています。そのため、病院の内部事情にも明るく、転職後の人間関係や職場の雰囲気が不安という方でも安心して転職活動に臨むことができるでしょう。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

病院以外に転職したい方におすすめ!

リクルートと並ぶ転職業界大手「マイナビ」が運営する看護師専門転職サイトである「マイナビ看護師」。転職に関してのノウハウに精通しており、転職活動全般のフォロー体制が整っています

 

また、マイナビ転職ではクリニックや介護施設など、病院以外の求人を多く取り扱っていることが特徴です。幅広い選択肢の中から職場を探したいという方におすすめの転職サイトです。

 

また、面接対策はもちろんのこと、面接に同行してくれるというサービスもついていてまさに至れり尽くせりでしょう。病院・クリニック・介護施設など幅広い求人が揃っており、希望の職種を選べます。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

人気おすすめ看護師転職サイト一覧

商品 商品リンク 特徴
アイテムID:7601984の画像
看護roo!(カンゴルー)

公式サイト

詳細を見る

【登録だけでもOK】情報収集がしやすい転職サイトはここ!

アイテムID:7602093の画像
ナースではたらこ

公式サイト

詳細を見る

日本最大級の求人数

アイテムID:7602098の画像
看護roo!(カンゴルー)

公式サイト

詳細を見る

迷ったらここ!みんなが使う転職サイト

アイテムID:7602094の画像
医療ワーカー

公式サイト

詳細を見る

給与UP交渉・退職交渉などサポート完備

アイテムID:7602095の画像
看護のお仕事

公式サイト

詳細を見る

レビュー記事

詳細を見る

病院の情報が充実したサイト!

アイテムID:7602097の画像
マイナビ看護師

公式サイト

詳細を見る

病院以外に転職したい方におすすめ!

転職サイトを上手く使うためには?

転職を行う際は2、3の転職サイトに登録することをおすすめします。その理由としては次のようなものが挙げられます。

 

・より多くの求人案件の中から転職先を探すことができる。

・複数のアドバイザーに相談することができる。

・担当エージェントと折り合いがつかないことがある。

 

特に、転職サイトの利用者で不安を覚えやすいのは担当エージェントとの相性です。極端に連絡が多い、こちらの話を聞いてくれないなど、担当エージェントとの円滑なやり取りができないと、転職活動も難航してしまいます。

 

そのリスクを選らすためにも、複数の転職サイトに登録し、自分に合った転職サイトを活用していきましょう

転職成功のために押さえておきたい4つのポイント

転職を成功させるための4つのポイントについて解説します。要点を抑えて充実した転職活動を行いましょう

①希望の条件、やりたい仕事、叶えたい未来を明確にしよう

転職を満足のいく形で終える為には、自分が何を求めて転職をするのかを明確にしなくてはなりません

 

転職活動を始める前に「どのような条件の下で」「どのような仕事がやりたいのか」「その結果どのような生活をしていきたいのか」それぞれ具体的に書き出してみましょう。そして書き出したものに順位をつけ、妥協できるものとできないもの線引きします

 

そこで妥協できないものに分類された項目を満たす職場が、自分にとっての理想の職場になります。

②広い視野で考えよう

理想の職場像を定めたからといって、現実にそのような職場が見つかるとは限りません。広い視野で俯瞰的に求人情報を見てみましょう

 

もともと希望していた職種以外で希望条件に沿う職場が見つかるかもしれませんし、様々な求人を見ることで新たな価値観に気付くこともあるでしょう

 

始めに定めた理想に固執しすぎると、せっかくの良い求人を見逃してしまうかもしれません。

③企業の求める人物像にも注目しよう

求人情報の応募要件には、スキルや資格だけはなく、求める人物像が記載されていることも多いです。そこに自身に当てはまる適性が掛かれていれば、それを採用過程でアピールすることもできますし、就職後のミスマッチも少なくすることができるでしょう。

 

例えば、今まで看護師として従事していたのであれば、その過程で高いコミュニケーション力や接遇スキルを身に付けているでしょう。応募要件に「コミュニケーション力」や「接客経験」という言葉を見つけたら、そこにチャレンジしてみましょう。

④入社後の研修、フォロー体制をチェックしよう

転職先を探す際に、合わせて入社後の研修やフォロー体制が充実しているのかをチェックしておきましょう。入社後のフォローが充実していれば、転職後に仕事ができるようになるのかという不安の解消になるでしょう。

 

募集要項で詳細が分からない場合は転職サイトの口コミや転職コンサルタントの情報などを通じて調べてみるのも良いでしょう。

実は転職しない方がいい場合もある?

ここまで看護師の転職に関する情報を紹介してきましたが、実は転職しない方がいい場合もあります。ここでは、それらの特徴を詳しく見ていきましょう。

①就職してすぐ辞める場合

看護師として就職したばかりですぐ辞めると、再就職先が見つかりにくい可能性が高いです。前の職場を短期間で辞めている場合、転職先の書類選考や面接で落とされやすくなってしまいます。

 

まだ就職したばかりなのであれば、もう一度本当に転職したいのかどうか見つめなおしてみてください。

②転職の失敗ばかりで後悔している

これまで何度も転職してきたけれど、失敗ばかりで後悔している方も一度自分を見つめなおしてみてください。転職する際の再就職先の探し方や、自分の職場でのあり方に見直す部分があるかもしれません。

 

誰にでも失敗はつきものですが、何度も繰り返しているときはじくり考えてみる必要があるでしょう。

まずは転職サイトに登録して、情報収集を進めよう!

どのような職場で、どのように働きたいのか、自分の中で明確にすることが重要です。理想の職場像が定まったら、転職サイトを活用し実際の転職活動をスタートさせましょう!

 

今回紹介した看護roo!(カンゴルー)は求人数や情報の質が高いと好評です。転職は情報が命!まずは登録して、様々な求人の情報に目を通しましょう!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年08月27日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

看護師から転職におすすめの他職種16選【人気・高収入の職種を紹介!】

看護師から転職におすすめの他職種16選【人気・高収入の職種を紹介!】

その他
看護師を辞めたい!辛い!辞めたくなったときはどうすればいい?【転職】【看護師に多い悩みも紹介】

看護師を辞めたい!辛い!辞めたくなったときはどうすればいい?【転職】【看護師に多い悩みも紹介】

その他
看護師転職サイトのデメリットを解説!不利にならないためのポイントとその対処法まとめ【2022年最新版】

看護師転職サイトのデメリットを解説!不利にならないためのポイントとその対処法まとめ【2022年最新版】

その他
あなたのストレスレベルはどの状態?対処法は?ストレスのかかる仕事も紹介

あなたのストレスレベルはどの状態?対処法は?ストレスのかかる仕事も紹介

その他
看護師の向き不向きは?向いてないかもと思ったらどうすればいい?

看護師の向き不向きは?向いてないかもと思ったらどうすればいい?

その他
30代女性の転職完全ガイド!人気の転職先もご紹介 30代からでも遅くない!

30代女性の転職完全ガイド!人気の転職先もご紹介 30代からでも遅くない!

その他