バイク用タンデムベルトのおすすめランキング15選【子供や彼女との二人乗りに】

記事ID15485のサムネイル画像

景色を見ながらバイクに乗って、タンデム走行でツーリングに出かけたいとき、安全を確保しながら、楽しく快適なツーリングができるバイク用タンデムベルトを紹介します。体型や用途に合わせ選び方やおすすめ商品をリュック型、グリップタイプをランキング形式でご紹介します。

二人乗りの安全な走行に必要なタンデムベルト

バイクを乗るのにタンデムベルトを使うのは大げさに思えて抵抗を感じる方がいませんか?実はタンデムベルトはタンデム(二人乗り)走行時にパッセンジャーの落車を防ぎ、お互いが一つになり安定した姿勢で安全なツーリングができるようにする非常に便利なアイテムなんです!

 

今回はバイク用タンデムベルトの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは性能・用途・グリップタイプを基準に作成しました。購入を迷われている方は参考にしてみてください。

バイクでタンデムする際のルールとは?

法律に明確な基準はないが保安基準には記載がある

道路交通法には、バイクで二人乗りする際の条件が明確に書かれているわけではありません。一方で保安基準においては、二人乗りが許されているバイクの条件に握り手や足かけ部分を設置している旨の記載があります。

 

そのため乗車時は、タンデムベルトは握り手として、タンデムステップは足かけ部分として装備している必要があります。

車検で必要になるタンデム用品ってある?

バイクは250cc以上が車検必須となります。そして車検証に乗車定員が2名と書かれているか確認してください。乗車定員2名であれば、車検時にタンデムベルトとタンデムステップが装備されていないと車検に落ちてしまうからです。

バイク用タンデムベルトの選び方

バイク用タンデムベルトは体にフィットしているか、負担はかからないかなど重要な要素があります。今回はそんなタンデムベルトのおすすめの選び方を紹介しているのでぜひご確認ください!

体型に合わせて「フィット感」のあるものを選ぶ

タンデム走行ではスムーズな運転ができるように、ドライバーとパッセンジャーが同じ動きをする必要があります。そのためには、緩みがないようにフィット感のあるものを選んでください。

体への負担をかけない「クッション性」のあるものを選ぶ

バイクでカーブをする場合、バイクと共に体を傾け体重移動を行うことで、綺麗なコーナリングができます。タンデム走行ではお互いに同じ動きにならない場合、肩や腰に力がかかり怪我の原因になるため、クッション性のあるベルトで負担を軽減しましょう。

使う用途に合わせた「サイズ」を選ぶ

子供を乗せて走行する場合、子供の大きさに合わせたサイズを装着させましょう。子供は決められた姿勢を続けることは難しく、飽きて動いたり、疲れて眠ったりすることがあります。子供の大きさに合わせてホールドできるサイズを選ぶようにしましょう。

 

子供が飽きないように、こまめな休憩を入れることも楽しいツーリングのためには重要です。

常に使わないなら「収納しやすい」ものがおすすめ

タンデム走行をしないときに小さくまとめて収納できるものもおすすめです。ツーリング中に歩いて出かけるときなど、小さくすることで荷物にならずに持ち運ぶことができます。片付けて収納しておくときにも便利です。

リュック型を特徴で選ぶ

リュック型はドライバーが巻くベルトにリュックの形をしたベルトがついているものです。グリップタイプと異なり、お互いがひとつにつながることで安心感がでます。

安定させたいなら「シート」にあうものがおすすめ

せっかくリュック型を選んでも使ってみたらガタガタだと残念ですよね。そうならないためにもシートにぴったりとあうものを選びましょう。ものによってはベルトの長さが可変のものや留め具の仕組みが特殊なものなどがあるので、よく見るといいでしょう。

夜間に同乗者がいると知らせたいなら背中に「反射板付き」のものがおすすめ

リュックタイプの背中に反射材がついているものであれば、夜間の走行でも目につきやすく安全な走行ができます。ただし、子供が寝てしまいバランスを崩しやすいため夜間の走行はできるだけ控えましょう。

蒸れて汗を書くのが嫌なら「メッシュ素材」がおすすめ

リュック型は背中が蒸れやすく、同乗者の中には暑い季節に装着するのに抵抗がある方もいます。背中部分の生地には、メッシュ素材のほかに冷感素材でできているタンデムベルトもあります。夏用と冬用で分けて使うのもおすすめです。

子供向きの特徴で選ぶ

子供のように小柄な体型に装着する時のタンデムベルトの選び方について、ポイントをご紹介します。

小さい子供なら「包み込む」タイプがおすすめ

12歳ぐらいまでの子供と同乗する場合は、背中と腰で包み込むタイプがおすすめです。子供が寝てしまい不安定な状態になることがあります。体をつつむように支えることで、バイクのバランスを保ち安定した運転ができます。

 

後ろの子供が動いたり寝たりしてしまった場合は、早めの休憩と安全な場所に移動して運転を控えるようにしましょう。

子供自身の交通安全の意識を高めたいなら「カラフルで装着しやすい」タイプがおすすめ

バイク用品には大人が使用するものが多く、子供が好むような色やデザインが多くありません。色を見て子供はつけたがらない場合もあります。明るい色や好みのデザインのタンデムベルトであれば、子供は喜んで付けてくれるはずです。

 

子供でも装着がしやすいタンデムベルトなら、子供は乗る楽しみが生まれるでしょう。子供自身の支度を行うことによって交通に対する意識も芽生えるはずです。

成長に合わせるなら「調節可能」なタイプがおすすめ

子供の成長は早くタンデムベルトも合わせて、大きさを調整できるものがいいでしょう。子供の成長に合わせて長く使うことができます。大きくなるとドライバーにしっかりとつかまれるようになるので、持ち手がついているタイプがおすすめです。

掴み方を考えてグリップタイプを選ぶ

ドライバーに掴まりながらのタンデム走行ができるようにれば、グリップ付きのタイプを選びましょう。リュック型と違いパッセンジャーと固定されず、運転と乗り降りがしやすくなります。

手汗が気になるなら「滑り止めや溝のついた」グリップがおすすめ

グリップ部分に滑り止めがや溝がついているか、形状はどんな形になっているかもチェックする1つです。グリップ部分に滑り止めがついていれば、滑って離すことが少なくなります。溝付きや握りやすく滑りにくい材質は、つかみやすく手の負担が少なくなります。

ドライバーの腰の負担を軽くするなら「ベルト幅」で選ぶのがおすすめ

ドライバーの腰に巻くベルト部分も選ぶポイントで重要な部分です。カーブや急ブレーキなどの動作のときに、パッセンジャーの体重がグリップからベルトに伝って、そのままライダーの腰にかかります。

 

ベルトの幅が短すぎると腰にベルトが食い込み負担が大きくなので、腰痛や事故になりかねません。腰への負担を少なくする幅があり、クッション性のあるものを選びましょう。

乗車時以外にも装着しておくならウエストポーチのような「ポケット付き」がおすすめ

コンビニや高速道路のサービスエリアなどで小休憩をとる場合、貴重品などを身につけるためのポケット付きタンデムベルトを選んでおくと、タンデムベルトを外す手間が省けます。ウエストポーチのように腰回りにポケットが付いた形状だと、タンデム走行時に重心が安定するので便利です。

リュック型タンデムベルトの人気おすすめランキング10選

反射板付きでキャラクターが可愛らしい

幼児期から小学校低学年まで使えます。可愛らしいキャラクターデザインが人気です。反射板付きで、夕方に走行しているときも後続車から同乗者がいることが分かります。幼稚園や保育園の帰りにお買い物をするときも便利です。

素材 ポリエステル カラー ブルー・赤
適用年齢 2歳〜10歳程度 機能 メッシュ素材・反射板付き

口コミを紹介

3歳の娘とツーリングするために、そのままではちょっと危ないと思い購入。娘もこれをつけるとバイクに乗れると喜びます。調整の為なのはわかりますが、肩ヒモにある輪っかに脇下からの部分を通すのが毎回面倒である。リュックの様な形でも良いと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6歳から12歳を想定したメッシュ素材リュック型

背中に触れる部分はメッシュ素材で蒸れにくく、小さなお子さんがストレスを感じにくいです。大きなポケット付きで、ティッシュや貴重品入れにぴったりです。カラーが選べるのでお子さんのお好きな色を選んでツーリングを楽しむことができます。

素材 ポリエステル カラー 茶・青・紫・赤
適用年齢 6歳〜12歳 機能 メッシュ素材・ポケット付き

口コミを紹介

無いよりは全然良いです、むしろ無いと怖くて乗せられません。小学1年を乗せていますがタンデムするときは なるべく大きい国道でなくて細い所をスピードを出さずに乗せています。こないだは高台に連れて行って街を見渡しに行ったらすごく喜んでました。子供とツーリングする楽しみを味わえました。

出典:https://www.amazon.co.jp

腰と肩のベルトを長さ調節できるタイプ

腰と方のベルトは長さ調節でき、お子さんの体型に合わせたタンデム走行が可能です。後方部分に大きなポケットが付いており、小休憩に必要なハンカチなどを入れることができます。反射板付きで、夕方のお買い物にも役立ちます。

素材 カラー ピンク
適用年齢 2歳〜12歳程度 機能 ポケット・反射板付き

口コミを紹介

軽さ安定。

出典:https://www.amazon.co.jp

身長140cm程度のお子さんを想定した設計

お子さんや小柄な男性・女性が同乗する際に便利なタンデムベルトです。同乗者の脇の下から運転者の腰ベルトに固定され、安定した走行が可能です。夜に走行していても反射板が付いているため、後続車から認識される安心感があります。

素材 オックスフォード 綿 ポリエステル カラー ブラック
適用年齢 機能 反射板付き

口コミを紹介

すぐに届いて早速、娘を乗せてドライブにでかけて、使ってみたらガッチリキャッチでとても安心でした。あとは耐久性に期待です。

出典:https://www.amazon.co.jp

丈夫なベルトとシンプルな構造

前かけの部分と腰のベルトで構成されたシンプルなタンデムベルトです。

 

パッセンジャーは、前から両肩に取りつける構造のため、風通しがよく長時間の着用も気になりません。シンプルな形ですが、丈夫なオックスフォード生地で急な揺れにによる動きにもお互いをしっかりとホールドすることができます。

素材 オックスフォード、綿、ポリエステル カラー ブラック
適用年齢 機能 反射板付き・メッシュ素材

口コミを紹介

8歳の子供がバイクの後ろに乗りたがり購入しました。お値段が安かったので、大丈夫かな?と思ってましたが、全然お値段以上でした。持ち手もしっかりしてて持ちやすいです。先日はこのまま眠ってしまい、運転手はヒヤヒヤだったみたいですが…。

出典:https://www.amazon.co.jp

安定性のあるリュック型ベルト

リュックの肩と脇の下を通るベルトは、お子さんの背後から胸の中央に集約するようにセットします。あとはベルトの長さを調節するだけです。

 

簡単に装着でき、安定感がある構造です。ポケットは大きく、お菓子を入れることもできます。反射板付きで、薄暗くなってからでも安心感があります。

素材 カラー グレー・桜色・空色・赤色
適用年齢 3歳〜12歳 機能 反射板・ポケット付き・コンパクト収納

口コミを紹介

背中に子どもがくっ付いていることがわかるので、とても安心できます。自分で装着もできて何より楽チンです。でもちょっとベルトが緩いと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

幼児期のお子さんにも装着可能

反射板付きで夕方や狭い小道を走る際も周囲から認識されやすいです。幼児期のお子さんも装着することも想定しているため、ベルトの長さがお子さんにフィットしやすいです。使わないときは折りたたんで収納しておけるのでかさばりません。

素材 ポリエステル カラー レッド・ブラック
適用年齢 2歳〜8歳 機能 反射板・ポケット付き・コンパクト収納

口コミを紹介

安心して孫をバイクに乗せることができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

腰でなくお子さんの脇下から伸びるベルトで固定される

お子さんの寝落ちが心配な親御さんに人気のアイテムです。リュック型と言っても、背中が覆われておらず、肩紐と親御さんの腰ベルトのみ。ポケットはありません。しかし多くのリュック型タンデムベルトとの違いは、お子さんの両脇の下にハンドルがあることです。

 

ここにハンドルがあるということはつまり、親御さんの腰ベルトが少し高い位置にくる、ということ。多くの商品がお子さんの腰部分にハンドルが来て、値落ちしたときにバランスを崩しやすいのですが、本品はそういった心配が少ないため安心感があります。

素材 ポリエステル カラー グレー
適用年齢 3歳〜12歳 機能

口コミを紹介

縫製はしっかりしてます。ベルトのハンドルの位置もちょうど良いようで子供4才も安心して乗車できているようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

薄型ポケット付きの軽装備で小さいお子さんのストレスになりにくい

背中全体をホールドするように作られたタンデムベルトで、安定したタンデム走行が可能です。バックル式で装着が簡単。慣れてきたらお子さんでも扱えるようになります。反射板が付いているため、お仕事帰りのお買い物や塾の送り迎えにも便利です。

素材 カラー ブラック
適用年齢 5歳〜12歳 機能 ポケット・反射板付き

口コミを紹介

装着部分もしっかりしてるので心配なく使えてます。固定感も非常によく、安定性があります。普段使うものなので安心して使えるものがよかったので買って正解でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

バックプレートによって寝落ちしたお子さんの頭と首を支え安全な姿勢を保持

金額は他商品よりも高いですが、そのぶん寝落ちして無防備になったお子さんの姿勢を保持する構造を備えています。それはバックプレートです。このプレートによって、寝て脱力したお子さんの頭と首を支えます。

 

また、通常のタンデムベルトは2人がベルトで巻かれることで走行時のバランスを安定させるものですが、本品は2人のベルトが独立しているタイプです。ですので、万が一運転者が「立ちゴケ」した場合に、お子さんが運転者に巻き込まれずスムーズに脱出する手助けとなります。

素材 カラー ブラック
適用年齢 同乗者の体重制限40kg 機能 メッシュ素材

口コミを紹介

バイクの振動が心地よいのか、はてまた一定だからなのか、ツーリング中に毎回のごとく寝てしまうのですが笑これのおかげで安心して運転を続けられます。値段はそれなりにしますが、首がガクッと横に傾いて寝てもしっかりホールドできている安心感には代えられません。⇒全体的に構造がしっかりしています

出典:https://www.amazon.co.jp

リュック型タンデムベルトのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 素材 カラー 適用年齢 機能
1
アイテムID:8117160の画像
タンデムツーリングベルト 13,432円

詳細を見る

バックプレートによって寝落ちしたお子さんの頭と首を支え安全な姿勢を保持

ブラック 同乗者の体重制限40kg メッシュ素材
2
アイテムID:8117156の画像
タンデムベルト 2,680円

詳細を見る

薄型ポケット付きの軽装備で小さいお子さんのストレスになりにくい

ブラック 5歳〜12歳 ポケット・反射板付き
3
アイテムID:8117151の画像
タンデムベルト 1,888円

詳細を見る

腰でなくお子さんの脇下から伸びるベルトで固定される

ポリエステル グレー 3歳〜12歳
4
アイテムID:8117144の画像
タンデムベルト 2,399円

詳細を見る

幼児期のお子さんにも装着可能

ポリエステル レッド・ブラック 2歳〜8歳 反射板・ポケット付き・コンパクト収納
5
アイテムID:8117135の画像
タンデムベルト 1,580円

詳細を見る

安定性のあるリュック型ベルト

グレー・桜色・空色・赤色 3歳〜12歳 反射板・ポケット付き・コンパクト収納
6
アイテムID:8117125の画像
ツーリング セーフティーベルト 1,798円

詳細を見る

丈夫なベルトとシンプルな構造

オックスフォード、綿、ポリエステル ブラック 反射板付き・メッシュ素材
7
アイテムID:8117112の画像
タンデム セーフティ ベルト 1,680円

詳細を見る

身長140cm程度のお子さんを想定した設計

オックスフォード 綿 ポリエステル ブラック 反射板付き
8
アイテムID:8117104の画像
タンデム補助ベルト 1,890円

詳細を見る

腰と肩のベルトを長さ調節できるタイプ

ピンク 2歳〜12歳程度 ポケット・反射板付き
9
アイテムID:8117088の画像
タンデムベルト 1,580円

詳細を見る

6歳から12歳を想定したメッシュ素材リュック型

ポリエステル 茶・青・紫・赤 6歳〜12歳 メッシュ素材・ポケット付き
10
アイテムID:8117081の画像
タンデムベルト 1,599円

詳細を見る

反射板付きでキャラクターが可愛らしい

ポリエステル ブルー・赤 2歳〜10歳程度 メッシュ素材・反射板付き

グリップタイプタンデムベルトの人気おすすめランキング5選

引張り時の食込みを抑える厚みのあるベルト

ブレーキやカーブでの急な動作でおきる、もたれや引っ張りに対しての姿勢の変化を制御します。ドライバーへの食い込みの負荷を抑えるために厚みのあるベルトを使い、腰への負担を軽減します。

 

グリップは幅をあけて斜めにつけることで、姿勢に合わせた握りができるようにしています。

素材 サイズ 80cm〜102cm

口コミを紹介

機能としては十分で、セパハンの前傾姿勢のバイクですが、同乗者はすごく楽になったと言っています。運転者としても、しがみついたりされないので楽になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

付けやすく握りやすい横向きのグリップタイプ

腹部の部分には幅のある滑り止めのパットがついたタンデムベルトです。余分なモノはつけず、パッセンジャーのグリップが横についている形状です。

 

タンデムベルトとして目立たないため、バイクから降りても付けたままでいられます。グリップは横向きについており握りやすく、ドライバーの前方向についているので、パッセンジャーはドライバーに腕を回して抱くように掴むことができます

素材 ナイロン サイズ 70cm〜107cm

口コミを紹介

ベルトは少し細めでパットも薄め付けてる感じはあまりしないと思います。 以前使用していた物は縦に持つタイプでしたが横の方が遊びが少なく安定してましたょ笑笑

出典:https://www.amazon.co.jp

握りやすくグリップの位置と角度を持たせタンデムグリップ

乗馬で手綱を握るような姿勢でタンデムすることができるベルトです。グリップはパッセンジャーが掴みやすいようにドライバーの両腰の位置にあり、握りやすく斜めにした角度のついた形状です。

 

グリップはグローブをした手でも握れるように幅を持たせ、握りつづけられるように滑り止めつきです。ドライバーが長距離運転ができるように、ベルト幅は8.3cmと広めに作られているため、食い込みを抑えお腹や腰への負担を減らせるようにしています。

素材 サイズ 98cm〜120cm

口コミを紹介

タンデムの機会が多いので購入。用品店で質感を確かめてから購入しました。他の商品は腰ベルトから延びる形でグリップが付いている商品が多く、腰ベルトと一体になっているこちらを選びました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2箇所のグリップ位置で姿勢にあわせたホールドが可能

加速時の前傾姿勢や定速時の起立姿勢に合わせて2箇所のグリップが付いたタンデムベルトです。姿勢に合わせてグリップを持ち替えることで、同乗者の不安や無理な姿勢への負担を軽減します。

 

17cmと幅のあるベルトで体にしっかりと装着させることができます。パッセンジャーからの力が加わってもドライバーはお腹全体で受けることができ、負担も軽減することが可能です。

素材 オックスフォード サイズ 45cm

口コミを紹介

作りはしっかりして値段の割にはクオリティーが良いです

出典:https://www.amazon.co.jp

握力の弱いお子さんや女性とのタンデムでも安定する構造

タンデムベルトに装着されているグリップは、握力の弱いお子さんや女性だと、ずっと握っているのが難しいです。そんななか、本品はタンデム走行時の補助ベルトとして運転者と同乗者を固定させます。そうすることでバランスが保たれ、安定したタンデム走行が可能です。

素材 サイズ 80cm~105㎝

口コミを紹介

ちょっと高いかなとは思いますが安全を考えると仕方ないかと思います。物はしっかりしている子供も抵抗なく装着してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

グリップタイプのタンデムベルトおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 素材 サイズ
1
アイテムID:8117201の画像
タンデムライダー 430 4,989円

詳細を見る

握力の弱いお子さんや女性とのタンデムでも安定する構造

80cm~105㎝
2
アイテムID:8117198の画像
タンデム グリップ ベルト 1,980円

詳細を見る

2箇所のグリップ位置で姿勢にあわせたホールドが可能

オックスフォード 45cm
3
アイテムID:8117194の画像
タンデムつかまりベルト L 3,011円

詳細を見る

握りやすくグリップの位置と角度を持たせタンデムグリップ

98cm〜120cm
4
アイテムID:8117190の画像
タンデムベルト 2,066円

詳細を見る

付けやすく握りやすい横向きのグリップタイプ

ナイロン 70cm〜107cm
5
アイテムID:8117186の画像
タンデム グリップベルト 1,400円

詳細を見る

引張り時の食込みを抑える厚みのあるベルト

80cm〜102cm

お互いの信頼関係を持つためのタンデムベルト

バイクは車と異なり身を守るものがありません。安全な走行を行うためにもドライバーとパッセンジャーがお互いを信頼し合いながらタンデム走行をする必要があります。タンデムベルトは、お互いの信頼をつなぐ役目もはたします。

 

また、二人の安全を考えて、ヘルメットは必ず着用するようにしましょう。下記の記事では、バイクヘルメットについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

大型バイクでのタンデム走行で楽しいツーリングを

2005年に道路交通法改正が行われて自動車専用道路でもタンデム走行が可能になりました。普通自動二輪免許にもAT限定が追加され免許の取得もしやすくなり、2人乗りでバイクに乗る方も増えてきていると思います。

 

大型バイクは車体が大きく安定しているため、タンデム走行でのツーリングにぴったりです。こちらの記事を参考に、バイクも選んでみてはいかがでしょう。ランキング形式で紹介しています。

気になるものがあったらデイトナで

デイトナは、海外の優れた商品を正規代理店として提供する会社です。バイクに関係するものならツーリング関係や電子機器にキャンプ用品まで揃っています。

 

バイク関連を一気に充実させたい場合はデイトナの店舗や通販サイトを確認してみるといいでしょう。

彼女とタンデムするときの注意点

タンデムベルトの用意ができたら実際に彼女とタンデムをしてみましょう。その際に走行中の会話がスムーズになるよう、インカムを使うのがおすすめです。下記にインカムの紹介があるリンクを貼りましたので、確認してみてください。

まとめ

ここまでバイク用タンデムベルトのおすすめランキング15選を紹介してきました。親子や友達とのツーリングに合わせてリュック型とグリップタイプの選び方がありました。紹介したランキングや選び方を参考に楽しいツーリングをしてみてはいかがでしょうか。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

夏用バイクグローブの人気おすすめランキング20選【最強はどれ?メッシュタイプも紹介】

夏用バイクグローブの人気おすすめランキング20選【最強はどれ?メッシュタイプも紹介】

バイク用品
【2021年最新版】バイク用ドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【日本製のものも】

【2021年最新版】バイク用ドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【日本製のものも】

バイク用品
【2021年最新版】食器棚シート人気おすすめランキング20選【おしゃれな北欧デザインも紹介!】

【2021年最新版】食器棚シート人気おすすめランキング20選【おしゃれな北欧デザインも紹介!】

インテリア雑貨
腰痛の方におすすめしたい椅子の人気おすすめランキング16選【リモートワークに】

腰痛の方におすすめしたい椅子の人気おすすめランキング16選【リモートワークに】

家具
【2021年最新版】子供用椅子の人気おすすめランキング15選【ハイチェア・ローチェア】

【2021年最新版】子供用椅子の人気おすすめランキング15選【ハイチェア・ローチェア】

ベビーチェア
【2021年最新】安いバスタオルの人気おすすめランキング15選【ふわふわ・吸水性抜群!】

【2021年最新】安いバスタオルの人気おすすめランキング15選【ふわふわ・吸水性抜群!】

日用品