【最新機種登場!】Galaxyの人気おすすめランキング15選【気になる値段もご紹介】

高い人気と光る性能が特徴のGalaxy。重いアプリも動作する高性能な端末から値段の安いな端末、ミドルレンジや最新機種など種類はさまざま。auやdocomoなどキャリアによっても違いがあります。そんなGalaxyの選び方やおすすめ人気機種を紹介していきます。

人気メーカー・サムスンのandroid・Galaxy(ギャラクシー)

Androidスマホの中でも特に有名なメーカーであるサムスンの中でも、人気の高いGalaxyシリーズは、Androidスマホの中では値段の高い部類に入るにもかかわらず、多くの人から愛され根強いファンを獲得している有名なシリーズです。

 

スペックの高さや革新的な機能はもちろんですが、「動作が安定していて快適」である点が挙げられます。他のAndroidスマホでは味わえない、ヌルヌルサクサクとした動作が魅力ですが、種類が多すぎて選び方に迷われる方が多いのも事実です。

 

しかしミドルレンジでも高パフォーマンスな商品もあり以外にも購入しやすいんです。今回は、Galaxyの選び方や人気のおすすめ商品ランキングをご紹介します。性能・コスパ・年代を基準に作成しました。最新機種も紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

Galaxy(ギャラクシー)の選び方

Galaxyシリーズについて詳しくない方は、どれが何に強い機種なのかわからないものです。ここから、Galaxyシリーズの選び方について解説いたします。

負荷のかかるアプリを使うか・使わないかで選ぶ

高い負荷のかかる作業やアプリを使うか否かで、必要となるスマホのスペックが変わってきます。

重いアプリは使わないという方は値段の安い「Aシリーズ」がおすすめ

Galaxyと聞くと、Androidの中でも高級モデルというイメージが強いです。しかし、実は値段の安い廉価版にあたる「Aシリーズ」というラインナップが存在しており、数万円台で購入できるシリーズになっています。

 

価格が安いにもかかわらず性能は十分で、むしろ価格以上のスペックを備えているともいえるコスパの高いシリーズです。ハイエンドモデルには敵わないものの、ある程度の負荷も安心して任せられるモデルが揃っています。

高負荷アプリやカメラ機能を重視する方は「Sシリーズ」がおすすめ

Galaxy Sシリーズは、同スマホブランド内のハイエンドモデルの1つです。10万円を超える価格設定ながら、高い品質と高い性能ゆえに多くの人から人気を獲得しているモデルです。3Dグラフィックスがふんだんに用いられたゲームもストレスなく動きます。

 

また、カメラに力を入れているのも特徴の1つです。S20 5Gモデルでは、100倍デジタルズームというこれまでのスマホカメラとは一線を画す機能を搭載してきました。総じて高スペックであるため、数年間全く問題なく使用できます。

シリーズの中でも特にハイエンドなモデルを選ぶ

GalaxyにはSシリーズ以上にハイエンドなモデルが存在しています。どのシリーズもかなり尖っているモデルばかりなので、自分の求める機能や好みに応じて選択してください。

手帳のように使いたい方はSペン搭載の「GalaxyNoteシリーズ」がおすすめ

Galaxy Noteシリーズは、本体に「Sペン」というペンが収納できるスマホです。Sペンを取り出すと「画面オフメモ」が立ち上がり、ロックを解除することなく手帳感覚でメモ書きができます。手帳代りに使うビジネスマンも多いようです。

 

Galaxyの中でもフラッグシップモデルにあたるシリーズであり、常にハイスペックモデルであることもポイントです。細かい性能などを気にすることなくとりあえず買っておけばスペック面は安心できるスマホだといえます。

 

以下の記事でタッチペンについて詳しく紹介していますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

タブレットの代用としても使いたい方は折りたたみの「Foldシリーズ」がおすすめ

Galaxy Foldシリーズは、画面を横半分に折り畳めるシリーズです。有機ELディスプレイの折りたたみ可能という特製をフルに活かした革新的な製品になります。単純に「画面が倍になる」ので、スマホ兼小さなタブレットになる端末だといえるかもしれません。

 

そのため、画像はもちろん映像を大画面で楽しめます。タブレットを持つほどではないけど、動画は大画面で見たいという方でも安心なシリーズです。エキセントリックなスマホなので、周囲の人たちに自慢できてしまうかもしれません。

コンパクトなスマホが欲しい方は「GalaxyFlipシリーズ」がおすすめ

Galaxy Flipシリーズは、縦に折り畳めるモデルです。先ほど紹介したFoldは「横」だったのに対し、「縦」に折り畳めるため非常にコンパクトになります。まさに「ガラケー」と同じような感覚で畳むことが可能です。

 

畳めば半分のサイズになるため、持ち運びやポケットに入れることが容易です。ほかのスマホでは絶対に味わえない感覚と楽しさ、使い心地に触れられます。ガラケーを懐かしんで感傷にひたることもできるかもしれません。

性能がはるかにアップした最新機種のS22にも注目

最新機種の「S22」は前身の「S21」と比べると、サイズ感は若干小さくなっています。また、プロセッサの機能が向上しているだけでなく、チップセットには最新の「Snapdragon 8 Gen 1」を採用しているので、パフォーマンスは約20%、電力効率は約30%向上しています。

 

広角カメラには、最大センサーを搭載し23%多くの光が取り込めるようになりました。また、暗い場所での撮影でも手ぶれやノイズの少ない写真が撮影可能です。ミリ波にも対応しました。機能を十全に発揮できるガジェット好きの方には特におすすめの商品です。

auやドコモなどのキャリアごとにある性能差に注意

皆さんは、同じ端末名でもキャリアごとに価格が違っているのを目にして、不思議に思ったことがあるのではないですか。実は、スマホの型番だけでなく、最大通信速度やバッテリーなどの性能面に違いがあります。価格が安ければその分、性能を犠牲にしている筈です。

 

自分の欲しい機能に影響する部分は必ずチェックしてください。

Sシリーズの購入で迷われた方はバランスのいいミドルレンジも

ミドルレンジである4万~8万円程の中級な価格帯商品は、完成度も高く高コスパと言えます。液晶であったり縁縁がやや太めであったりする商品もありますが、全体的な完成度はGalaxyの名に恥じない商品となっております。

 

ハイエンドモデルである高額なSシリーズなどの機種に悩まれている方は、バランスのいいミドルレンジの機種を確認することもおすすめです。スペックはそこまで高くはありませんが、コスパを重視したい方におすすめできます。

コスパ重視のGalaxy(ギャラクシー)人気おすすめランキング10選

2013年発売モデルながらも未だ色褪せない名機

Galaxy Note3は、2013年に発売されたモデルでありながらも、軽い処理であれば未だ十二分に使える名機です。NoteシリーズなのでもちろんSペンを搭載しています。時代を感じさせない5.7インチ大画面に細いベゼルです。

 

さすがに最新ゲームなどの快適プレイは難しいですが、写真や動画の閲覧、音楽視聴、Webブラウジングや電話・メールなどは問題なく動作します。YouTubeなどもサクサクと十分閲覧可能です。バッテリーが自分で交換できるのも魅力の1つかもしれません。

カメラ画素数 約1,320万画素 バッテリー容量 3,200mAh
ディスプレイ 液晶、5.7インチ RAM/ROM 3GB/32GB

口コミを紹介

車の中でOBD2アダプターからBluetooth通信にて車のコンピューターのデータを表示するためと、その他オフラインマップやGPS情報を表示させるために購入。なのでsimは入れてないが、しっかり使えるスマホとしても。

出典:https://www.amazon.co.jp

低価格・高コスパな廉価モデルA20

Galaxy A20は2019年に発売されました。発売当初から2万円台で購入できた低価格なモデルです。その分スペックは控えめですが、スマホとして基本的な機能を使うには全く問題のない機種だといえます。

 

指紋認証やメモリ、SoCが控えめな代わりにA20が優れているのは、防水・防塵対応でFelica(おサイフケータイ)に対応しているというポイントです。バッテリーも3,000mAhと大容量であるため、サブ機にもってこいといえるかもしれません。

カメラ画素数 800万画素 バッテリー容量 3,000mAh
ディスプレイ 液晶、約5.8インチ RAM/ROM 3GB/32GB

口コミを紹介

防水防塵はお風呂程度で全然問題なしです。この端末はradikoとFMラジオが聴けるラジスマ対応のため、外出先で災害時にはとても重宝しそうです。おサイフケータイもまだ使用していませんが、1万円台ながらも搭載されています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ステレオスピーカーを搭載した2018年ハイエンドモデル

Galaxy S9は、2018年に発売された同シリーズのハイエンドモデルです。2018年モデルではありますが、当時のハイエンド機種だけあってまだまだ現役で問題なく動作します。AKGがチューニングしたステレオスピーカーは、臨場感溢れるサウンドを味わうことが可能です

 

約5.8インチの大画面ながら、画面比率は18.5:9と縦長です。片手でも持ちやすく扱いやすい設計がなされています。

カメラ画素数 約1,220万画素 バッテリー容量 3,000mAh
ディスプレイ 有機EL、5.8インチ RAM/ROM 4GB/64GB

口コミを紹介

ヌルヌル、サクサク感が、iPhoneと変わらず良い、カメラは、あまり期待してなかったが、デジタル一眼並みに良く撮れる、オートで、ほぼ問題なしである。本体はツルツルして、滑りやすいので、ケースは付けた方が間違いない。

出典:https://www.amazon.co.jp

機能を絞って低価格を実現した大画面6インチモデル

Galaxy A7は廉価モデル・エントリーモデルに相当する機種です。価格がかなり抑えられている代わりに、スペック面でもコンパクトにまとまっています。薄く、重量が軽いのも大きな特徴です。

 

かなり低価格ですが、スペック面では物足りない部分が目立ちます。しかし、最大の魅力はこの価格で有機ELディスプレイが採用されているポイントです。有機ELスマホに興味がある方は、まずGalaxy A7でお試ししてみるのもおすすめします。

カメラ画素数 2,400万画素 バッテリー容量 3,300mAh
ディスプレイ 有機EL、6インチ RAM/ROM 4GB/64GB

口コミを紹介

画質についてはPUBGなど標準でいいなら、全く問題なく動きます。そして、比較的にPUBGなどよりも軽めのゲームであればとてもいい画質です。次に、カメラについては、人それぞれ感覚は違うでしょうが、iPhone 10Rよりも綺麗です。カメラは凄くいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

初のパンチホールフロントカメラ採用モデル

2019年に発売されたGalaxy S10は、Galaxyシリーズ史上で初めてとなるパンチホールフロントカメラを搭載したモデルになります。従来以上に画面比率を高めるため、画面の一箇所にカメラのための「穴」が空いているデザインです。ベゼルレスで大画面を味わえます。

 

トリプルカメラが搭載されているのも特徴です。これによりさまざまな方式での写真撮影が可能になり、非常に幅が広がりました。

カメラ画素数 1,600万画素 バッテリー容量 3,300mAh
ディスプレイ 有機EL、6.1インチ RAM/ROM 8GB/128GB

口コミを紹介

商品すぐ届きました。楽天simを使用していますが、普通に使えます。旧端末との入れ替えもアプリ(Smart Switch)で簡単です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイエンド機種Note10の廉価版だが十分過ぎるスペックを持つモデル

Galaxy Note10は3シリーズ展開されており、その中で最も低価格な廉価版がNote10 Liteになります。全体的にNote10のスペックを控えめ・押さえたモデルですが、それでも通常使用する分には全くもって問題のないスペックを備えているのが特徴です。

 

なんといっても本モデル最大の魅力は、低価格でSペンを使ったユーザー体験を味わえます。手帳代わりにスマホにササっと手書き感覚でメモ書きができるのは、他のスマホでは体感できない感覚・便利機能です。

カメラ画素数 6400万画素 バッテリー容量 5260mAh
ディスプレイ 6.7インチ RAM/ROM

ミドルレンジとは思えないコスパに優れるモデル

Galaxy A41は、ミドルレンジである3万円弱というエントリーモデルといっても差し支えない価格設定のスマホです。低価格ながらも性能面ではミドルレンジといえるスペックを有しており、コスパに優れるモデルだといえます。

 

3万円弱にもかかわらず、ディスプレイには有機ELを搭載しており、6.1インチで解像度はフルHD+であるため、高画質な動画や映像も存分に楽しめます。顔認証・指紋認証両方に対応しているため、スマホをちょっと開きたいときもストレスフリーです。

カメラ画素数 4,800万画素 バッテリー容量 3,500mAh
ディスプレイ 有機EL、6.1インチ RAM/ROM 4GB/64GB

口コミを紹介

テレビも見ない、長い動画の撮影や編集もあまりしないような人にはオススメできます。
ハイエンドモデルを買っても使いこなせない人や、フル活用することのない人向けの需要によくぞ気がついた!

出典:https://www.amazon.co.jp

2017年のGalaxyフラッグシップモデルは今なお現役

2017年に発売されたGalaxy当時のフラッグシップモデル、Galaxy note8です。前作のnote7が爆発問題などによって完全に悪いイメージが先行していた中、いい意味で期待を裏切ってくれたモデルになります。

 

Noteシリーズ伝統のSペンを用いた新機能として画面オフメモが追加されたのもNote8からです。これはスマホをロック中であっても、Sペンを取り出せば即座にメモ書きができるという便利な機能で、ますます「手帳」の代わりに使えるように進化を遂げました

カメラ画素数 約1,200万画素 バッテリー容量 3,300mAh
ディスプレイ 有機EL、6.3インチ RAM/ROM 6GB/64GB

口コミを紹介

熱に強い、バッテリーに不安がない(ゲーム以外)。
高い買い物も悪くない。

出典:https://www.amazon.co.jp

note8の正統進化を果たした、細かい部分までこだわられたモデル

Galaxy Note9は、前モデルにあたるNote8が正統進化したモデルだといえます。デザイン・見た目こそほとんど変わりません。スペック面ではバッテリー容量の増加や、モノラルスピーカーからAKGチューニングのステレオスピーカーへ進化しました。

 

4K撮影も本モデルより60FPSへ対応し、より高画質で、より滑らかな映像を撮影できるようになったということになります。6.4インチの大画面で美しい映像やゲームを楽しむことが可能で、虹彩認証も搭載されているためロック解除も楽ちんです。

カメラ画素数 1,220万画素 バッテリー容量 4,000mAh
ディスプレイ 有機EL、6.4インチ RAM/ROM 6GB/128GB

口コミを紹介

本当は日本製が一番なのかな?って思ってもスマホにペンが挿入出来るし仕事柄手帖を持ち歩かなくて済むのが一番の魅力だね書き間違えても消せるし好みのペンの太さと色が変えられるし撮った写真を切り取ってメールやLINEで相手に送れる

出典:https://www.amazon.co.jp

値段の安いモデルだからといって侮れない性能を持つスマホ

高価な機種だというイメージが強いGalaxyブランドですが、「Aシリーズ」は廉価モデルとしてその地位を確固たるものとしています。A71は6.7インチのフルHD+ディスプレイ、8GBのRAM、3,200万画素のカメラを搭載しておりおすすめです。

 

中でも、ディスプレイが有機ELだということがポイントです。廉価モデルでは液晶になっているケースが多い中、この価格帯で有機ELを搭載しているというのは、大きな特徴だといえます。

カメラ画素数 3,200万画素 バッテリー容量 4,500mAh
ディスプレイ 有機EL、6.7インチ RAM/ROM 8GB/128GB

口コミを紹介

iPhone 11ユーザーです。
Galaxyは初めてですが、性能はiPhoneよりサクサク動く感じです。
値段も安かったのでいい買い物だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ重視のGalaxy(ギャラクシー)のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 カメラ画素数 バッテリー容量 ディスプレイ RAM/ROM
1
アイテムID:9973668の画像
Galaxy A71

Amazon

詳細を見る

値段の安いモデルだからといって侮れない性能を持つスマホ

3,200万画素 4,500mAh 有機EL、6.7インチ 8GB/128GB
2
アイテムID:9973665の画像
Galaxy Note9

Amazon

詳細を見る

note8の正統進化を果たした、細かい部分までこだわられたモデル

1,220万画素 4,000mAh 有機EL、6.4インチ 6GB/128GB
3
アイテムID:9973662の画像
Galaxy Note8

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

2017年のGalaxyフラッグシップモデルは今なお現役

約1,200万画素 3,300mAh 有機EL、6.3インチ 6GB/64GB
4
アイテムID:9973659の画像
Galaxy A41

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

ミドルレンジとは思えないコスパに優れるモデル

4,800万画素 3,500mAh 有機EL、6.1インチ 4GB/64GB
5
アイテムID:9973656の画像
Galaxy Note10 Lite

楽天

詳細を見る

ハイエンド機種Note10の廉価版だが十分過ぎるスペックを持つモデル

6400万画素 5260mAh 6.7インチ
6
アイテムID:9973653の画像
Galaxy S10

楽天

詳細を見る

初のパンチホールフロントカメラ採用モデル

1,600万画素 3,300mAh 有機EL、6.1インチ 8GB/128GB
7
アイテムID:9973650の画像
Galaxy A7

Amazon

詳細を見る

機能を絞って低価格を実現した大画面6インチモデル

2,400万画素 3,300mAh 有機EL、6インチ 4GB/64GB
8
アイテムID:9973647の画像
Galaxy S9

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ステレオスピーカーを搭載した2018年ハイエンドモデル

約1,220万画素 3,000mAh 有機EL、5.8インチ 4GB/64GB
9
アイテムID:9973644の画像
Galaxy A20

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

低価格・高コスパな廉価モデルA20

800万画素 3,000mAh 液晶、約5.8インチ 3GB/32GB
10
アイテムID:9973641の画像
GALAXY Note3

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

2013年発売モデルながらも未だ色褪せない名機

約1,320万画素 3,200mAh 液晶、5.7インチ 3GB/32GB

性能重視で選ぶGalaxy(ギャラクシー)人気おすすめランキング5選

縦に折りたためる軽量コンパクトスマホ

Galaxy Z Flipは、縦に折り畳める革新的なデザインを実現したスマホです。さながらガラケー・フィーチャーフォンのようで、非常にコンパクトなサイズで持ち運べます。また軽量なのも特徴で、持っていて疲れにくいのも嬉しいポイントです。

 

性能面が決して高いスマホとはいえません。しかし、それ以上に「折り畳める」からこそ味わえるユーザー体験はこのZ Flipだからこそのものです。スマホのサイズがでかくて煩わしいと感じたことがある方にもおすすめです。

カメラ画素数 約1,200万画素 バッテリー容量 3,300mAh
ディスプレイ 有機EL、6.7インチ RAM/ROM 8GB/256GB

口コミを紹介

折りたためるのにスマホなのが魅力的で購入
想像以上に軽い
Zflip自体は大満足

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Samsung

Galaxy Fold 5G Model

横に折りたためる大画面4.6-7.3インチスマホ

Galaxy Foldは「横に折り畳める」スマホです。クローズ時は4.6インチと小さめなディスプレイですが、オープンすると7.3インチの大画面に。タブレットクラスの画面サイズになるため、動画なども十分に楽しめます

 

RAMも12GBと相当なハイスペックです。有機ELはただ折り畳めるだけでなく、自然な発色で映像美も実現しています。「折り畳める」というこれまでにないユーザーエクスペリエンスを体感できる、Galaxy屈指のモデルです。

カメラ画素数 約1,200万画素 バッテリー容量 4,380mAh
ディスプレイ 有機EL、4.6-7.3インチ RAM/ROM 12GB/512GB

ガジェット好きにおすすめのハイエンドスマホ最新機種

 動画やゲームなどであれば、画面に採用されている有機ELディスプレイで引き込まれるような没入体験可能です。ブルーカットにより目への負担を軽減させ、長時間見た後でもゆっくりと過ごせますのでおすすめです。

 

一日途切れることのないバッテリーで長時間の使用も可能です。これまでにない耐久性と、8Kビデをから特別な瞬間を鮮やかに残すことができます。

カメラ画素数 6400万 バッテリー容量 4000mAh
ディスプレイ 有機EL、約6.2インチ RAM/ROM

口コミを紹介

GW中にもかかわらず迅速、丁寧な対応をしていただきありがとうございます。
今のところはネットワーク制限なしに利用できています。

出典:https://www.amazon.co.jp

完成度が高いスペック至上主義スマホ

Galaxy S20には複数のモデルが存在しており、最も上位機種にあたるのが本機種、Glaxy S20 Ultra 5Gです。SoCのSnapdragon 855を筆頭に、120Hz駆動対応のディスプレイ、1億800万画素4眼カメラなど総じてスペックの高いハイエンドモデルになります。

 

そのスペックの高さはまさに「圧倒的」といえるものです。つい高く感じてしまう価格設定ですが、スペックやこの端末でしか味わえないユーザー体験を考えれば、むしろ「10万円でこのレベルのスマホが買えるの?」と感じてしまうかもしれません。

カメラ画素数 約1億800万画素 バッテリー容量 5,000mAh
ディスプレイ 有機EL、6.9インチ RAM/ROM 12GB/128GB

口コミを紹介

結論からいえば大満足です。
画質がとてもよく、45w充電に対応、リフレッシュレート120Hzのヌルヌルディスプレイ、カメラ性能最高とスペックだけに関しては何も文句のつけ所のない最高のスマホです。

出典:https://www.amazon.co.jp

スマホ最高峰のスペックを備える最新機種のハイエンドモデル

Galaxy Note20 Ultraは、圧倒的なスペックを誇るGalaxyフラッグシップモデルです。前モデルにあたるNote10から圧倒的な進化を遂げており、非常に高いスペックを有したまさに「フラッグシップ」という位置づけが相応しい機種になっています。

 

Noteシリーズ伝統のSペンも大幅進化しました。レイテンシが改善され従来のモデル以上に反応のいい仕上がりになっています。1億800万画素というスマホカメラとしてはモンスター級のカメラも備えているため旅の思い出や家族との日々を記録するのにも最適なスマホです。

カメラ画素数 1億800万画素 バッテリー容量 4,500mAh
ディスプレイ 有機EL、6.9インチ RAM/ROM 12GB/256GB

口コミを紹介

配送も早くいい梱包でナイスです。製品自体もイメージ通りでs20からの乗り換えだったのですが満足しています。カメラ最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

性能重視で選ぶGalaxy(ギャラクシー)おすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 カメラ画素数 バッテリー容量 ディスプレイ RAM/ROM
1
アイテムID:9973685の画像
Galaxy Note20 Ultra

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

スマホ最高峰のスペックを備える最新機種のハイエンドモデル

1億800万画素 4,500mAh 有機EL、6.9インチ 12GB/256GB
2
アイテムID:9973682の画像
Galaxy S20 Ultra 5G

Amazon

詳細を見る

完成度が高いスペック至上主義スマホ

約1億800万画素 5,000mAh 有機EL、6.9インチ 12GB/128GB
3
アイテムID:9973679の画像
Galaxy S21 5G

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

ガジェット好きにおすすめのハイエンドスマホ最新機種

6400万 4000mAh 有機EL、約6.2インチ
4
アイテムID:9973676の画像
Galaxy Fold 5G Model

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

横に折りたためる大画面4.6-7.3インチスマホ

約1,200万画素 4,380mAh 有機EL、4.6-7.3インチ 12GB/512GB
5
アイテムID:9973673の画像
Galaxy Z Flip

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

縦に折りたためる軽量コンパクトスマホ

約1,200万画素 3,300mAh 有機EL、6.7インチ 8GB/256GB

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

革新的なスマホをリリースし続けるGalaxy(ギャラクシー)

Galaxyシリーズは常に挑戦を続け、新しい機能や革新的なデザインを搭載したスマホを発表・販売しています。今までに見たことのないデザイン・機能でユーザーを楽しませてくれているのです。安定した動作や高いスペックも大きな魅力になります。

 

Androidスマホで迷ったときは、とりあえずGalaxyシリーズを買ってみましょう。性能面や使い心地といった面で後悔する可能性はかなり低いスマホシリーズです。

SIMフリーモデルも数多いGalaxy(ギャラクシー)

コストを抑えたい方はSIMフリーモデルを検討してみるのもいいです。ここでは、SIMフリーモデルの購入方法や設定について解説します。

SIMフリーモデルはどこで購入できる?

SIMフリーでGalaxyを使用するには、キャリアで購入した端末のSIMカードを交換するか、契約する通信会社で取り扱いのある端末を購入する必要があります。ネットショップで中古のGalaxyが購入可能ですが、粗悪品を買わないよう調査してから購入しましょう。

 

機種は限ら、UQモバイル・J:COM・楽天モバイルでもSIMフリー端末を購入可能です。海外版のSIMフリーモデルであれば、国内版にはないカラーの製品もあります。機能面も国内版とは異なりますので、欲しい機能がついているか確認してから購入しましょう。

設定は難しい?ドコモなどからsimフリーで安い通信会社乗り換え

simフリーのメリットとして契約会社の選択が広がります。大手ドコモなどの電話会社だけではなく、安い格安simとも契約ができますのでおすすめです。SIM切り替え手続きはとても簡単です。まず、契約する通信会社に申し込みをします。

 

格安SIMの会社ではオンライン手続きがメインとなりますが、簡単な入力だけで手続き可能です。端末セットの場合は、SIMカードがあらかじめセットされた状態でお手元に届きますので、SIMカードのみ購入したのであれば、SIMカードを入れ替えます。

 

その後、開通手続きとAPN設定を行えば完了です。ネットでやり方を調べながら行う場合は、対象のスマホ以外の通信手段を確保しておくか、あらかじめ方法をプリントアウトしておきましょう。

アプリ一覧はどこ?

Galaxyのアプリ設定をする際に一覧を表示ができず悩まされる方が多いようですが、一度覚えてしまえば表示方法は簡単です。初期状態ですとホーム画面上を上または下にスワイプすることでドロワーと呼ばれるアプリ一覧を開くことができます。

 

設定はアプリ一覧画面から設定アプリをタップすることで設定ができます。ディスプレイの明るさや画面タイムアウトなどが設定でき、ダークモードに設定ますと電池節約効果もありますのでぜひご活用ください。

フォントを変えスマホを見る時間をより楽しく

文字サイズであるフォントも、好みのサイズとスタイルにカスタマイズすることができます。太文字にしたり、見た目も読みやすいスタイルにしますとよりスマホを見る時間も楽しくなりおすすめです。

 

設定方法は簡単で、設定アプリを起動させディスプレイを選択します。文字とフォントの項目がありますので、自分に合ったスタイルを選択しましょう。

比較なんjでも話題なS20とS21の違いとは

ネットの掲示板であるなんjでもS21とS20、どちらを購入するか迷う方が続出しておりデザインやスペックの違いが気になる方が多いです。S21シリーズは大きくデザインが変わったと話題になっており、スペックはダウンしたという口コミもあります。

 

画面解像度だけで見るとスペックダウンしたように感じますが、表示内容に応じてリフレッシュレートが自動で調整され、これによって大幅な消費電力化に成功しました。また、メモリ・ストレージも倍増されておりデーター量も増えております。

 

価格で悩まれる方も多いようですが、進化したS21もぜひご覧になってみてください。

購入に迷われた方は最新機種と歴代を比較しよう

最新機種の購入に迷われた方は歴代のGalaxyと比べることをおすすめします。歴代機種と見比べることでどのように進化したのか確認しやすいので、気になるスペックなどぜひ確認してみてください。

 

また見比べることで歴代機種でも十分と感じる方も多く、その場合中古などで安く購入することもできます。自分に合った機種を購入しやすい価格で見つけることもできますのでおすすめです。

値段一覧で支払いを計画しよう

スマホは高額な買い物になりますの、支払いが気になる方は値段一覧表も確認することをおすすめします。一括で購入する方法以外にも、分割で購入することもできます。値段一覧表を確認することで支払いの計画が立てやすくなりますのでぜひご活用ください。

スマートウォッチで日々の健康を管理

体脂肪・筋肉・水分量・血中酸素レベルも測れるGalaxyスマートウォッチは、日々の健康管理にも大きく役に立ってくれます。Galaxy対応のスマートウォッチが多く販売されていますので、後で購入することもできおすすめです。

まとめ

今回の記事では、Galaxyシリーズについて、選び方からおすすめの人気機種まで一気にチェックしてきました。Galaxyはカクカクでストレスを感じるというリスクを心配する必要がありません。Android検討中の方は、ぜひGalaxyを候補の1つに入れてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年06月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

有機ELディスプレイ搭載スマホの人気おすすめランキング15選【4K画質でも目に優しい】

有機ELディスプレイ搭載スマホの人気おすすめランキング15選【4K画質でも目に優しい】

スマートフォン
【2022年版】Xperiaの人気おすすめランキング16選【最高傑作はどれ?】

【2022年版】Xperiaの人気おすすめランキング16選【最高傑作はどれ?】

スマートフォン
ハイエンドスマホの人気おすすめランキング15選【5G対応モデルも紹介!】

ハイエンドスマホの人気おすすめランキング15選【5G対応モデルも紹介!】

スマートフォン
【2022年最新版】ミドルレンジスマホの人気おすすめランキング15選【買ってはいけないスマホは?】

【2022年最新版】ミドルレンジスマホの人気おすすめランキング15選【買ってはいけないスマホは?】

スマートフォン
SIMフリースマホの人気おすすめランキング15選【2022年最新版】

SIMフリースマホの人気おすすめランキング15選【2022年最新版】

スマートフォン
OPPOのスマホおすすめ人気ランキング12選【最新機種やハイエンドモデルも紹介】

OPPOのスマホおすすめ人気ランキング12選【最新機種やハイエンドモデルも紹介】

スマートフォン