【2021年最新版】束感の出るワックスの人気おすすめランキング15選【軟毛も直毛も】

記事ID15208のサムネイル画像

髪に束感を出したいというメンズやレディースは意外に多いです。ワックスでセットすれば可能ですが軟毛、直毛などの髪質や、束感マッシュやウルフカットなどヘアスタイルによっても最適なワックスが違います。そこで今回は束感が出せるワックスの選び方や人気おすすめランキングを紹介します。

簡単に束感をつくっておしゃれな毎日を

毎日のスタイリングって大変ですよね。朝は時間がないから、さくっと束感つくって仕上げて出かけたいと思いますよね。
 
とりあえず安くてみんなが使ってる有名なワックスをいまだに使っていませんか。実は、意外にもワックスに髪を刺激する成分が入ってたり、天然成分のみで髪を傷つけない成分が入ったりするものもあったりします。
 

そこで今回は束感の作りやすいワックスと選び方や人気おすすめランキングをご紹介します。ランキングは髪質や値段、種類などを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

束感を出すためのワックスの選び方

豊富なラインナップの中から、お気に入りのワックスを見つけるためには、抑えておきたいポイントがいくつかあります。ワックスだけでなく、その人に合ったものを使えるよう理由もご紹介します。

髪質で選ぶ

自分の髪質に合ったものを使うことでワックスの基準が変わってきます。自分の髪質がどんなものかは美容師の方にきいてみるのもおすすめです。

「軟毛」の方にはハードやドライタイプがおすすめ

根元が潰れやすく髪にクセがつきにくくい「軟毛」の方は、油分が少なく、キープ力の高いドライワックスのハードタイプがおすすめです。

 

ヘアスタイルを長時間キープできることで、軟毛の方でもボリューム感のあるふんわりとした自然なスタイルに仕上がります。油分が多いとつぶれやすくトップがくずれ、夕方にはぺたっとした形になりがちです。

 

なので根元からしっかり立たせるようなスタイリングがおすすめです。前髪を上げてさわやかなイメージにしたり、ハネを作って全体のボリュームを増やしたりとバリエーションも増やせます。下記の記事では、軟毛用ワックスについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

「剛毛」の方にはファイバーやクリームタイプがおすすめ

髪が固くてクセがつきにくい「剛毛」の方は、髪の毛の広がりを抑えつつ、クセをしっかりつけてくれるワックスがおすすめです。根元は立ちやすくなってるので毛先でバリエーションを増やしてみましょう。

 

伸びが良く毛先の動きが出しやすいものや、油分が多くなじみやすいファイバー・クリーム系ワックスを選ぶとよいでしょう。剛毛だと髪の毛も直毛になりがちなので、アイロンやドライヤーでくせをつけたりしながら動きを出すのもいいですね。

 

ボリュームは十分な方が多いと思うので、ボリュームは抑えつつ毛先は動きを出したりしながら全体のバランスをみてスタイリングすることをおすすめします。

「くせ毛」や「直毛」の方には悩みに合わせたブレンドがおすすめ

クセのある方は悩みに合わせて、ハードなものがよいか、伸びが良くウェット感のあるものがよいかなどのワックス選びが重要です。うねりやパーマが自然とかかってしまうなどのクセにより選ぶワックスは変わってきます。

 

細毛でくせ毛の方は、水分や油分が多いタイプだとセットが難しいことがあります。またうねりがでたり、逆に動きがほしい直毛の方はセット力のあるもので広がる髪を抑えたりする必要がありますし、抑えつつもある程度毛先に動きがほしいときもあると思います。

 

なので試行錯誤しながら相性のよいワックスを使ったりワックスを混ぜたりしながら、ボリューム感を出しつつしっかりと固めてくれるワックスを選ぶのが大切です。とはいえ難しい方は美容師に相談するのもありです。下記の記事では、直毛用ワックスについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

仕上がりやセット力で選ぶ

どんな髪型でどんなスタイリングを目指すのかでワックスは変わってきます。おしゃれに見せたいときやフォーマルでビジネスよりのスタイリングしたいのかを決めましょう。

ホールド力の高いハードタイプは「ウェット」な仕上がりを演出

がっつりセットしてスタイリングを持続させたい方には、キープ力の高いハード系のワックスがおすすめです。根元からしっかり立ち上げ、髪の毛のボリュームを出したいときにも適しています。また、ハードタイプなら「ウェット」な仕上がりを演出することもできます。

高いセット力を誇るバームやジェルタイプで「ツヤ感」を意識

うるおいのある「ツヤ感」を出したい方には、油分を含むやわらかいワックスがおすすめです。髪の毛のボリュームを出したいというよりも清潔感あるしっとりとした質感を出せます。束感を出しつつナチュラルな仕上がりになります。

「マット」な仕上がりが好みのメンズにはドライタイプがおすすめ

ふんわり感のある「マット」なスタイリングには、ナチュラルに仕上がるソフト系が適しています。セット力よりも、固めすぎないことで自然な束感と毛の流れを整えつつ仕上げられます。パーマや巻き髪をナチュラルに仕上げたい方やミディアムやロングのスタイリングにもおすすめです。

「前髪や毛先を遊ばせる」ソフトタイプはレディースや直毛の方にもおすすめ

「前髪や毛先を遊ばせたい」方にはふんわりキープしてくれるソフトタイプのワックスがおすすめです。とくに前髪は固めすぎるとみる人に違和感を抱かせる原因になってしまうので、少量のソフトワックスでナチュラルな仕上がりを演出しましょう。

スタイルで選ぶ

髪の毛の長さや形によって、ワックスでは重すぎて立ち上がらなかったりしてしまうものも多く存在しています。自分の髪の長さによってワックスは様々なリアクションをとります。長さにも気を配ってワックスを選びましょう。

「ショートヘア」は根元からしっかり立ち上げるハードタイプがおすすめ

「ショートヘア」の方にとっては根元からの立ち上げは不可欠なはず。ホールド力の強いハードワックスがおすすめです。やわらかいワックスだと毛先に動きはつけてくれますが、立ち上げには少し弱いかもしれません。

 

ショートウルフや、やや長めのバブルマッシュなどの流行のヘアスタイルに適したワックスもハードかつ束感のつくりやすいものがおすすめです。髪質との相談ですが、ハードのものと動きのでやすいワックスをブレンドしてもよいかもです。

 

特にドライヤーで根元をしっかり立ち上げてワックスとスプレーなどで固めると長持ちしますし、やわらかくて油分が多いワックスだと物足りず髪の毛もへたりやすいです。

女性に多い「ミディアム」や「ロング」には固めすぎないソフトタイプ

「ミディアム」や「ロング」の方で、ある程度長さがある方は根元の立ち上げというよりも毛先の動きや全体のシルエットを意識したワックスがおすすめです。ソフトなワックスで束感をつくってあげるとより立体的にみえて好印象です。

 

ツヤ感を出していつもよりも色気を演出したり、たまには前髪をあげたりとバリエーション多彩な方はワックスも1つにしぼらず、部分的に種類を変えたりブレンドしたりしながら調整が必要です。

 

動かしたいのか固めたいのかでワックスを選ぶとよいかもです。特にクレイのワックスで型をつくってあげてから違う種類のワックスを毛先につけていくというやり方も一般的ではあります。

タイプで選ぶ

ワックスにもいろいろな種類がありますので、特徴をご紹介します。自分に合ったものをチョイスしたいですよね。

「ファイバータイプ」は最も毛束感を出せるワックス

「ファイバータイプ」はその名の通りファイバー(繊維)を含んでいるため、指先で伸ばすと糸を引く特徴があります。ほかのワックスに比べて、非常に伸びがよく、髪全体になじみやすいため、スタイリング初心者の方に最もおすすめのワックスと言えます。

 

とはいえ、万能そうに見えるファイバーワックスですが、油分が多くてへたりやすいということもあり、つけすぎるとべたついて見えてしまいますし、毛量が少ない人はうまく立たせられないのであまり向いていないかもしれません。

「クレイタイプ」はマットな仕上がりで長時間キープ

クレイワックスは圧倒的なセット力とキープ力をもちます。その反面伸びが悪く扱いにくいのが特徴です。ファイバータイプとは違い、油分が少ない固めのテクスチャーで伸びが悪く使い勝手が悪いため、ジェルと混ぜて使用する人もいます。

 

ワックスには様々な種類がありますが、その中でもマット対応のセット力とキープ力はダントツです。扱いになれると空気感のあるこなれたスタイリングをすることができます。仕上がりとしては、細かい束感がたくさんできツヤを抑えたマットさと空気を含んだふわっとしたスタイルです。

 

ただドライタイプですので、髪が傷んでいる人にはあまりおすすめできません。下記の記事では、マットワックスについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

流行りの束感マッシュを作るなら「クリームタイプ」がおすすめ

クリームワックスは、ファイバータイプよりも軽やかな仕上がりを実現する、ヘアセット初心者におすすめの使いやすいワックスです。

 

しっとりとしてまとまりやすいので髪質が硬く、毛量が多い人に特におすすめです。ドライワックスよりも少量でセットすることができ、毛量が少ない人はワックスの重みに負けてしまうかもしれないので、クリームタイプの中でもソフトな質感のものをおすすめします。

 

ただ、多くつけすぎてしまいベタつきのある髪にならないよう注意が必要です。クリームワックスは、多くのメーカーから販売されており、価格や種類などのバリエーションも豊富です。なのでお試しで買いやすいところも魅力的なポイントです。

フォーマルな場では「ジェルタイプ」でセット

ジェルやポマードタイプのワックスはほかのワックスよりもツヤ感を出すことに優れており、キープ力もドライワックスと並ぶほどの強さを持ちます

 

ジェル・ポマードタイプは中でも水性と油性の2種類があり、水性はよりナチュラルに、油性はよりカッチリとした仕上がりです。フォーマルな七三や、アップバングスタイルとの相性が非常にいいです。またパーマスタイルと組み合わせたりスタイリングも楽しめます

 

髪に潤った質感が加わりますので清潔感を出すこともできます。朝のスタイリング時間もほかのワックスに比べると楽チンで、簡単によりおしゃれな印象に仕上げられるので忙しいけどスタイリング決めたいときはおすすめです。下記の記事では、ジェルワックスについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

異性ウケを気にするなら柑橘系や微香料など「香り」も重視

もしも異性ウケを狙うのなら、柑橘系や微香料など「香り」がついたワックスを使ってみましょう。柑橘系の香りならば真夏や運動後の汗臭さも打ち消してくれます。また、香水の代わりにもなるのでお財布事情にも優しくなります。

帰宅後の手間を減らしたいのなら「落としやすさ」もチェック

ばっちりセットしたヘアスタイルですが、帰宅後にはしっかりとワックスを落とさないと髪が痛む原因になってしまいます。しかし、ものによっては何度もシャンプーをしなければ落ちないものも。それが嫌だという方はワックスの「落としやすさ」もチェックしましょう。

 

ワックスはタイプごとにそれぞれ落としやすさが違いますが、とくにジェルタイプは簡単に水で流せるので、帰宅後に手間を掛けたくないという方にはおすすめです。

束感が出るワックスの人気おすすめランキング15選

髪からほのかに、ふわっと香る

クリーム系テクスチャの微香性ワックスです。香水をつけずとも長時間ふんわりと漂うグルーミング・シトラスの香りが全身を包み込んでくれます。ビジネスやフォーマルな場にも使えるクリームワックスです。

タイプ クリーム 香り グルーミング・シトラスの香り
内容量 60g

口コミを紹介

フレグランスハードワックスはシャンプー一回で落ちますし、香るしホールド感もあるので最高です。短い髪の人、香水を付けたくないけどいい香りになりたい人には超オススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

肌のこともしっかり考え、フェイシャル成分のみでつくる。

トリートメント発想でスタイルをセットしながら髪をやさしくケアします。 時間がたっても重くならずガッチリ持続。 強力なセット力とキープ力で、ショートスタイルや動きの出にくいスタイルを1日キープします。

タイプ ソフト 香り 微香性
内容量 80g

口コミを紹介

固まるというほどではないですが、動きはしっかり出せますし、風が多少吹いても崩れません。髪に優しい成分で作っているそうなので、安心感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

ヘアスタイルを思い通りに作れるウルトラハードワックス

満足度の高い商品を提供するために、GBワックスシリーズの全面リニューアルを実施。立てる、立ち上げるといった動きのあるヘアスタイルを思い通りに作れるウルトラハードワックス

タイプ ハード 香り クリアフローラルの香り
内容量 80g

口コミを紹介

硬めの髪でもしっかりホールドして、いやらしい照りや匂いもありません。海外に暮らしていた時は日本に帰国する度に買い込んできたものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

セット力があるのにベタつかない、植物由来成分

ほどよい軽さとキープ力で、弾むような毛先の動きを表現。狙ったウェーブや質感を一日中楽しめます。配合されているライスワックスとは、米ぬかから採取されるライス由来のワックス成分です。適度なセット力があるのにベタつかず、さらさら感があります。

タイプ ソフト 香り ローズ系の香り
内容量 65g

口コミを紹介

男ですがもうずっとこれを使ってます。あまりセットしない人に特にオススメ。適当に握っておけばナチュラルに仕上がるので楽な上にいかにもセットしてますって感じは出ない

出典:https://www.amazon.co.jp

超強力なセット力

超強力なセット力ですぐに固まらないヘアワックスです。髪の上でなめらかにのび、軽い仕上がりでしっかり・力強さを表現します。乾くまでに時間がかかるので、セットに手慣れていない初心者におすすめ

タイプ ジェル 香り 無香料
内容量 90g

口コミを紹介

少量でも毛先が遊んでくれる、一番硬い品番です。つけすぎると髪の毛のボリュームがなくなりペタッとしてしまうので、手のひら全体に私をなじませて髪の表面を撫でるだけで動きが出ます。キープ力もあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

毛束感・立体感のある自然なツヤを表現します

強めのセット力で毛束感・立体感のある仕上がりができるヘアサロン専売品スタイリングです。ハードワックス特有のキープ力を維持しながらも。シャイニー パール成分配合で自然なツヤを表現できます。

タイプ ハード 香り 微香性
内容量 30g

口コミを紹介

柔らかい猫っ毛で、パーマをかけてなくても、これだとカットだけでも大きなカールがつきます。テクスチャーはニュートラルワックスに近く、カール感はこっちのほうがよりくっきり出ます

出典:https://www.amazon.co.jp

超ハードなホールド力でヘアスタイルを長時間キープ

長い間親しまれてきたナカノのスタイリングワックスです。程よいツヤ感も出るので、パーマの動きや束感を綺麗に見せることが可能。キープ力とツヤ感を両方求めている方にとって、その願いを叶えてくれる万能ワックスです。

タイプ ファイバー 香り 無香料
内容量 90g

口コミを紹介

行きつけの美容師さんよりお勧めということで購入してみました。実際使用すると、敬遠していた心配事は何処へやら。キープ力も香りもGOOD!私はパーマヘアーなので動きも出しやすく、重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

自然由来原料だけのオーガニックヘアワックス

ヘアスタイリングはもちろん、髪・肌・リップ・ネイルなど全身に潤いを与え保湿ケアできるマルチなアイテム。シトラスの爽やかな柑橘系の香りが気になる体臭を抑えてくれます。

タイプ ソフト 香り シトラスの香り
内容量 42g

口コミを紹介

このワックスを使うようになってから髪の毛の状態がとてもよくなりパサパサ猫っ毛もしっとりまとまるようになりました!

出典:https://www.amazon.co.jp

シアバターベースのナチュラルバーム。

毛髪の潤いを保ちながら自然なセット力で軽やかな動きを表現します。 パーマスタイルに自然な束感を与えたり、軽いニュアンスを出したい方へ特におすすめ。 マンダリンオレンジ&ベルガモットの香り

タイプ クリーム 香り マンダリンオレンジ&ベルガモットの香り
内容量 45g

口コミを紹介

カールの毛束感や、まとめ髪、濡れ感を出したい時に最適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

使うたびにスカルプケアを

スカルプDオリジナルの豆乳発酵液をはじめとした11種類のケア成分を配合。スタイリングしている間も若々しい髪に。さらに、全体の約9割が35種類にも及ぶ天然・植物由来成分で構成されているワックスになっています。

タイプ ハード 香り シトラスグリーンの香り
内容量 60g

口コミを紹介

髪が太く見えます。毛束と毛束がまとまりやすくなりましたね。細くてパラパラしやすかったのがちゃんとまとまるので濃く見えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

原宿発・注目度No.1美容室 OCEAN TOKYO から渾身のヘアワックス

人気メンズヘアサロンが監修したシリーズのエアータイプ。ナチュラルな仕上がりを演出し、流行りのゆるふわヘアを維持しつつ束感を作ることも可能です。個性を最大限に引き出す自分に自信をもてる髪型に。 

タイプ クレイ 香り ライジングウェーブの香り
内容量 80g

口コミを紹介

パーマとの相性抜群です。ベタつかないし、直しもしやすいです。極端ではないやや硬めのドライワックスなので、ナチュラルorエアリーと半々にしてミックスすると、伸びがいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

マットで軽い質感にハードな動きと束感を表現するドライハードワックス

ネジりを加えた束感アレンジや根元の立ち上げにもマットな軽い仕上がりで表現します。伸びや髪なじみが良い設計で、軟毛や細毛でもハードなスタイルをキープできます。チューブタイプなので手に出しやすく、持ち運びにも便利です。水でも簡単に洗い流せます。

タイプ ハード 香り ジャスミン
内容量 100g

口コミを紹介

ベリーショートの髪の長さで使ってみたところ、マットな質感を出しながらも思うような形にセットすることができます。また、セット力も強く朝から夕方までなら十分に髪型をホールドしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

美容室でのスタイリングを、ご自宅でも簡単に再現ができます。

毎日お客様と向き合っている美容室が創りました。『髪型のプロ』としての技術や知識と経験から生まれた本格的なスタイリング剤です。束感を簡単に再現でき幅広い動きを表現できます。

タイプ ハード 香り グリーンアップルの香り
内容量 85g

口コミを紹介

柔らかいテクスチャで手のひらで簡単に伸びます。髪にとても良く馴染んでスタイリングはかなりしやすいです。また、キープ力が強い割に一度のシャンプーでよく落ちるので、髪が傷みにくいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

思い通りに仕上げるための「質感×セット力」

強いセット力で、大胆な動きを表現するハードワックス。ねじった毛束や根元からの立ち上がり、毛先の動きもしっかりとキープ。束感や立体感のあるスタイルや、エッジを効かせたスタイルにも。

タイプ クリーム 香り フルーツ系の香り
内容量 80g

口コミを紹介

これまでどのワックスを使ってもなかなか固まらずセットして1時間ぐらいしたら髪が垂れてきました。しかしこのワックスに変えてから1時間しても髪が崩れなくなり、長時間キープできるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

再現性を兼ね備えたキープ力

立体的な束感のスタイリングが可能。ベタつかず、扱いやすい強力なセット力、再現性を兼ね備えたキープ力。強いワイヤーフィルムが根元の立ち上がりを支え、毛先のパサつきを抑え潤いをしっかりキープします。アクアカシスの香り。

タイプ クリーム 香り アクアカシスの香り
内容量 80g

口コミを紹介

すぐ手になじみ、乾くのも早く、セット力も強いので短時間のセットもササッとできる、長時間持続する。

出典:https://www.amazon.co.jp

束感が出るワックスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7203738の画像

    アリミノ

  • 2
    アイテムID:7203737の画像

    ナンバースリー

  • 3
    アイテムID:7203736の画像

    株式会社レスプリ

  • 4
    アイテムID:7203735の画像

    TADA

  • 5
    アイテムID:7203734の画像

    フィッツコーポレーション

  • 6
    アイテムID:7203733の画像

    アンファー

  • 7
    アイテムID:7203732の画像

    ナプラ

  • 8
    アイテムID:7203731の画像

    KOKOBUY

  • 9
    アイテムID:7203730の画像

    中野製薬

  • 10
    アイテムID:7203729の画像

    デミ コスメティクス

  • 11
    アイテムID:7203728の画像

    ミルボン

  • 12
    アイテムID:7203727の画像

    ビューティエクスペリエンス

  • 13
    アイテムID:7203726の画像

    マンダム

  • 14
    アイテムID:7203725の画像

    日華化学

  • 15
    アイテムID:7203724の画像

    PROUDMEN.(プラウドメン)

  • 商品名
  • ピース フリーズキープワックス
  • デューサー ハードワックス 5
  • LIPPS L08
  • ドライハードワックス D7
  • オーシャントリコ エアー
  • スカルプD ストロングホールド
  • N. ナチュラルバーム
  • ザ・プロダクトヘアワックス
  • スタイリングワックス5 スーパーハード
  • デザインキューブ ハードワックス
  • プレジュームワックス 7
  • メイクアップワックス4.0
  • ムービングラバー スパイキーエッジ
  • ピュアワックス 11
  • フレグランスワックス
  • 特徴
  • 再現性を兼ね備えたキープ力
  • 思い通りに仕上げるための「質感×セット力」
  • 美容室でのスタイリングを、ご自宅でも簡単に再現ができます。
  • マットで軽い質感にハードな動きと束感を表現するドライハードワックス
  • 原宿発・注目度No.1美容室 OCEAN TOKYO から渾身のヘアワックス
  • 使うたびにスカルプケアを
  • シアバターベースのナチュラルバーム。
  • 自然由来原料だけのオーガニックヘアワックス
  • 超ハードなホールド力でヘアスタイルを長時間キープ
  • 毛束感・立体感のある自然なツヤを表現します
  • 超強力なセット力
  • セット力があるのにベタつかない、植物由来成分
  • ヘアスタイルを思い通りに作れるウルトラハードワックス
  • 肌のこともしっかり考え、フェイシャル成分のみでつくる。
  • 髪からほのかに、ふわっと香る
  • 価格
  • 1048円(税込)
  • 1260円(税込)
  • 1650円(税込)
  • 1324円(税込)
  • 1650円(税込)
  • 2048円(税込)
  • 1940円(税込)
  • 1441円(税込)
  • 790円(税込)
  • 756円(税込)
  • 890円(税込)
  • 1345円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 1358円(税込)
  • 2200円(税込)
  • タイプ
  • クリーム
  • クリーム
  • ハード
  • ハード
  • クレイ
  • ハード
  • クリーム
  • ソフト
  • ファイバー
  • ハード
  • ジェル
  • ソフト
  • ハード
  • ソフト
  • クリーム
  • 香り
  • アクアカシスの香り
  • フルーツ系の香り
  • グリーンアップルの香り
  • ジャスミン
  • ライジングウェーブの香り
  • シトラスグリーンの香り
  • マンダリンオレンジ&ベルガモットの香り
  • シトラスの香り
  • 無香料
  • 微香性
  • 無香料
  • ローズ系の香り
  • クリアフローラルの香り
  • 微香性
  • グルーミング・シトラスの香り
  • 内容量
  • 80g
  • 80g
  • 85g
  • 100g
  • 80g
  • 60g
  • 45g
  • 42g
  • 90g
  • 30g
  • 90g
  • 65g
  • 80g
  • 80g
  • 60g

ワックスで束感を出す作り方

束感を作るときのポイントを紹介します。人によっては難しいかもですが、意識して続けることでどんどんうまくなっていきます。

ドライヤーやアイロンの土台作りが8割

束感を上手に演出するためにはセットの前にポイントがあり、スタイリングのほとんどがワックス前に決まります。セットが上手くできていない状態では、いくらワックスの厳選や使い方の工夫をしても仕上がりません

 

ボリュームを出したいトップと後頭部はしっかりと根元から立たせつつ熱をあてて冷ましながら固めると型がつきやすくなります。サイドは抑えめに毛先も内側に向くように調整するとスタイリングしやすくなります。

 

以下の記事では、ドライヤーについて紹介しておりますので、こちらも合わせてご覧ください。

髪の根元に空気をあてる

ボリュームを意識しながらドライヤーとセットをすることでふんわり仕上がり、スタイリングの幅も広がります。逆に頭を撫でつけるようなセット方法だとボリュームが減り仕上がりもうまくできません。

 

ふんわりの空気感で髪の毛を生かせれば、キープさせることも意識してセットしましょう。ワックスを中盤から毛先へとしっかりと付け、毛を立たせつつ髪を起こしてから、毛先を流したい方向へとスタイリングしていきます

 

以下の記事では、ヘアアイロンについて紹介しておりますので、こちらも合わせてご覧ください。

ワックスはつけすぎない

実際に髪にワックスを付けていくときのポイントは、小分けに手に取りながら少しずつセットしていくことです。ワックスの重みで潰れがちになったり、部分的に多くつけがちだったりします。

 

実際に付けていくときの順番があります。ますは後ろの後頭部からつけていきます。全体の5割はここで使うイメージです。そのあとトップと動かしたい部分にワックスをなじませます。ここで4割強です。最後に前髪に1割もないくらいでつけてください。

 

上手くスタイリングをするには、まず適量手に取ってセットを行い、不足すると感じたときにまた足していきましょう。こうすることで失敗のリスクも軽減できます。

ワックスの付け方とセット方法

しっかりと型ができればあとはワックスでおしゃれに決めてしまいましょう。今日の気分でスタイルを決めてもいいですよね。

前髪は繊細に、ワックスは少なめに

ショートヘア・ミディアムヘア・ロングヘアなど男女問わず、前髪は慎重にワックスをつける必要があります。スタイリングの際に最後に手に余ったワックスで整えるとちょうどよい量になってるのでおすすめです

 

前髪を上げるスタイルのとき以外は、ほとんどワックスをつけないイメージがあるとよいかもです。おでこの皮脂で前髪はオイリーになりがちなので、前髪は乾いてるくらいがよくてワックスも油分が多いものは注意が必要です

 

ドライヤーやアイロンの影響も受けやすいので動きにもクセがつけやすく、前髪を1日中気にしてる方も多いと思います。最小限のワックスで動きは少なめにする方がおすすめです。

メンズ向けワックスの使い方

まずはしっかりとドライヤーで型をつくります。トップの部分を立てるように乾かしたり、後頭部を下から上に乾かしてあげるとワックスをつけるときにボリュームがでます。サイドはボリュームをおさえたいので寝かせつつ、卵型をイメージしながらだといいかもです

 

しっかりと馴染ませたら、束を出したい部分をつまんで流したい方向へと毛流れを意識してセットしていきましょう。とにかく何回も試行錯誤しながらうまくなっていきましょう。YouTubeでスタイリングの動画を研究するのもアリです。

 

下記の記事では、メンズワックスについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

レディース向けワックスの使い方

ショートヘアの方は、ボリュームを出すところと抑えたいところでしっかりドライヤーで型をつけます。ふんわりとスタイリングしたり、毛先から真ん中くらいで馴染ませてツヤを出したり、後ろから前へ移動させるようにヘアセットするとバリエーションがでます。

 

ミディアムヘアの方は、毛先の髪の毛を巻いて型を整えたら10円玉くらいのヘアワックスを手に取り真ん中から毛先に馴染ませ、内巻きのときは毛先を持ち上げてスプレーをふんわりとかけます。前髪は塗りすぎるとおもくなったりオイリーになってしまうので注意です。

 

ロングヘアの方も全体的に髪の毛を巻いてレイヤーを強調しワックスをよくもみこみます。シアバター系で毛先と中間あたりで塗ると髪型全体に統一感がでて品がでます。細毛でボリュームが出にくいならドライヤーで根元を立ちあげてスタイリングするのがおすすめです。下記の記事では、巻き髪用ワックスについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

いつもと違うスタイリング

男性の場合はいつもはナチュラルでふわっとスタイリングしてるのに、前髪をぐっとあげて流しつつ濡れ感やツヤを出すと色気がでて印象が変わります。ギャップを狙ってたまには大人の雰囲気でスタイリングを楽しんでみてください。

 

女性の場合は仕上げにバームやオイルを少量とり、濡れ感やツヤをだすスタイリングもおすすめです。印象がガラッと変わるので、夜にごはんに行くだけでも少し変えていくとぐっと好感度があがるでしょう。

 

スタイリングを変えるだけでいつもとのギャップを出せますし、仕事ではなくプライベートでは思い切っておしゃれを楽しみましょう。自分の見た目に自信がない人は簡単に変えられる髪からおしゃれにしていくのがおすすめです。

まとめ

ここまで束感をつくれるワックスのおすすめランキング15選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ワックスといっても、メーカーや種類など様々なものがあります。上手に使い分けて、1日を気分よく快適に過ごしましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月11日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

軟毛用ワックスの人気おすすめランキング15選【メンズもレディースにも対応】

軟毛用ワックスの人気おすすめランキング15選【メンズもレディースにも対応】

ヘアケア・スタイリング用品
【2021年最新版】直毛用ワックスの人気おすすめランキング15選【メンズ・レディース】

【2021年最新版】直毛用ワックスの人気おすすめランキング15選【メンズ・レディース】

ヘアケア・スタイリング用品
【2021年最新版】ギャツビーのワックス人気おすすめランキング15選【初心者も使いやすい!】

【2021年最新版】ギャツビーのワックス人気おすすめランキング15選【初心者も使いやすい!】

ヘアケア・スタイリング用品
マット系のワックスの人気おすすめランキング15選【使い方も紹介!】

マット系のワックスの人気おすすめランキング15選【使い方も紹介!】

ヘアケア・スタイリング用品
【2021年最新版】七三分け用ワックスの人気おすすめランキング15選【メガネ男子にも】

【2021年最新版】七三分け用ワックスの人気おすすめランキング15選【メガネ男子にも】

ヘアケア・スタイリング用品
【2021年最新版】大学生向けワックスの人気おすすめランキング15選【初めてでも使いやすい!】

【2021年最新版】大学生向けワックスの人気おすすめランキング15選【初めてでも使いやすい!】

ヘアケア・スタイリング用品