自転車ライトの人気おすすめランキング15選【2020年最新型モデル】

記事ID14144のサムネイル画像

自転車ライトは、ママチャリ・ロードバイク・子供用自転車を強力に照らす必須アイテムです。ランキングで人気の自転車ライトには、ソーラー・おしゃれ・かっこいいなどどんな製品があるのでしょうか。この記事では、自転車ライトの選び方とおすすめの商品を、ランキング形式でご紹介します。

明るい自転車ライトで暗い夜道を安全に走行しよう

自転車ライトは、夜の時間帯や暗い道を安全に走行する時に必須のアイテムです。自転車ライトは道路交通法で定められていて、夜道を走行する際には必ず装着する必要があります。でも自転車ライトは元々自転車に付いている商品も多いので、それで十分だと感じますよね。

 

実は、市販の自転車ライトにはとても明るくて、夜道をしっかりと照らしてくれる商品が多く販売されているんです。LED式や電池式はもちろん、モード切替や防水タイプなど機能性に優れたモデルも揃っています。せっかくサイクリングを楽しむなら、安全で快適な自転車ライトを選びたいですね。

 

そこで今回は、自転車ライトの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、種類や明るさ、機能性などを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみて下さいね。

自転車ライトの選び方

自転車ライトには、様々な種類や明るさの商品が数多くラインナップしています。暗い夜道を安心して走行できる、自転車ライトの選び方をご紹介しましょう。

バッテリーの種類で選ぶ

自転車ライトのバッテリーには、大きく分けてUSB充電式と電池式の2種類があります。使いやすさや好みに合わせて、バッテリーの種類を選びましょう。

ランニングコストを抑えたい人は「USB充電式」

USB充電式は、USBで充電できるタイプの自転車ライトです。USB充電式のバッテリーは繰り返し使用できるので、ランニングコストを抑えたい方におすすめです。USB充電式には、明るさに優れたモデルやコンパクトな商品が多いのが特徴です。

 

USB充電式の自転車ライトには、電池の交換が必要ないというメリットがあります。一度充電すれば比較的長時間使用することができます。明るさがあるタイプはバッテリーの消耗が早いので、モバイルバッテリーを用意しておくことができます。

手軽に使いたい人は「電池式」がおすすめ

電池式は、乾電池を使用して点灯させるタイプの自転車ライトです。単三電池や単四電池を使用するタイプが多く、コンビニでも乾電池を購入することができます。定期的に充電するのが面倒な方や手軽に使いたい方には、電池式の自転車ライトがおすすめです。

 

電池式の自転車ライトは、非常時やアウトドアで懐中電灯として使えるというメリットがあります。定期的な充電は必要ありませんが、乾電池を購入するランニングコストがかかるという特徴もあります。電池式を選ぶなら、乾電池を簡単に着脱できるタイプがおすすめです。

電池も充電も必要ない「ソーラー式」

ソーラー式は、太陽光で充電できるタイプの自転車ライトです。ソーラー式の自転車ライトは、電池交換や充電の手間が必要ないのが最大のメリットです。朝から夕方の太陽の射す時間帯に屋外に置いておけば、LEDライトを照射するだけの電池量をソーラーパネルで充電できます。

タイヤの回転で発電する「ダイナモライト」

ダイナモ式ライトは、古くから自転車で使われている懐かしいタイプのライトです。タイヤの回転をエネルギーに変換して発電する電池不要のライトです。前輪ホイール横とリムとの摩擦で発電機を回転させて点灯させる自転車ライトです。

 

ダイナモ式ライトは、タイヤの回転エネルギーを使うので、電池や充電が必要ないというメリットがあります。充電を忘れていて使えないというトラブルを避けることができます。ただし発電機を回すためには、ペダルを古ぐ力が必要というデメリットもあります。

明るさで選ぶ

自転車ライトの明るさは、ルーメン・カンデラ・ルクスという単位で表記されています。視認性を確保し、周囲に自転車の存在を知らせるために、必要な明るさのフロントライトやテールライトを選びましょう。

街灯の多い市街地なら「200~300ルーメン」

ルーメンとは、360°に放射される光全体の光束量のことです。街灯が多い場所や市街地なら、200~300ルーメンの自転車ライトが適しています。路地裏の薄暗い場所や雨で視界の悪い日でも、10m先くらいまで自分の視認性を確保することができます。

街灯の少ない道なら強力な「400~600ルーメン」

街灯の少ない暗い道を走行するなら、400〜600ルーメンの自転車ライトが適しています。郊外の道路や凹凸の多い田舎町で走行することが多い方におすすめです。少しでも明るいフロントライトを選びたい方には、600ルーメンの自転車ライトがおすすめです。

山道の暗闇は爆光で明るすぎる「700~1000ルーメン」

山道やトンネルの暗闇を走ることが多い方には、700~1000ルーメンの明るいライトが適しています。河川敷などでロングライドやトレイルライドを楽しむ方にも700ルーメン以上がおすすめです。ただし市街地で使うと、周りの人から明るすぎる爆光だと思われてしまう可能性があります。

テールライトは「後方100mの視認性」

テールライトは、夜間走行時に後方100mの距離から点灯を確認できるものがおすすめです。リアライトとも呼ばれますが、フロントライトと同様に点灯が義務付けられています。フロントライトと同時に、後方100mから視認できる明るさのテールライトも装着しましょう。

機能性で選ぶ

自転車ライトには、様々に工夫されたプラスαの便利機能がたくさん搭載されています。より快適に使うために、自転車ライトの便利な機能をしっかりチェックして選びましょう。

節電したい人は「モード切替タイプ」

モード切替タイプは、強・弱・点滅など明るさを調整できる自転車ライトです。明るいほど視界がクリアで安心感が増しますが、その分だけ電池の減りも早くなってしまいます。モード切替タイプなら、明るい場所で明るさを弱くして電池の消費を抑えることができます。

 

道の状況に合わせて明るさを切り替えれば、節電だけでなく、まぶしすぎて周りに迷惑をかける心配も減らせます。点滅モードに切り替えれば、周囲に自転車の存在をしっかりアピールできます。雨や霧で視界の悪い時には、連続灯と点滅灯を状況に応じて併用するのがおすすめです。

雨の日にも使いたい人は「防水機能付き」

雨の日にも安心して使いたいなら、防水機能が付いた自転車ライトがおすすめです。通勤・通学など毎日自転車に乗る方なら、急な雨にも安心して対応できます。防水性能は、IPという共通の国際規格で表記されているので、購入前に比較する必要があります。

 

防水性能のIPは0~8の数値で表記され、数字が大きいほど保護レベルが高くなります。自転車ライトは、IPX5くらいが一般的な防水性能となっています。中には、防水性能だけでなく防塵機能も備えた、IP64のような自転車ライトも販売されています。

スマートに装着したい人は「取り付けやすさ」

自転車ライトの多くは、取付けバンドでハンドルに固定するタイプです。バンドのサイズが合っていれば、どこにでも簡単に取り付けることができます。一般的には、走行中でも操作しやすいハンドル付近に取付けるのがおすすめです。

 

フロントライトは、ブラケットという台座器具をバンドやネジで装着して固定します。テールライトも、台座に固定するタイプが一般的です。後輪横のシートステーや、サドル下のシートポストに取り付けるタイプもあります。

「ライトの色」は道路交通法を確認

自転車ライトの色は、各都道府県の道路交通法で規定されています。例えば、東京都の場合は、フロントライトは白色または淡黄色、リアライトは赤色または橙色とされています。引っ越しをしてから自転車に乗る際には、各都道府県の道路交通法を確認するようにしましょう。

フロント・テールライトは「セット購入」

自転車ライトを購入するなら、フロントライトとテールライトがセットになった商品がおすすめです。前後のライトをセットで購入することで、見た目にバランスが良くなります。電池式や充電式など、自転車ライトが前後で同じ仕様になるので使い方がシンプルになります。

人気メーカーで選ぶ

自転車ライトには、様々な人気メーカーの商品がラインナップしています。人気メーカーの自転車ライトを比較することで、機能性やデザイン性に優れた商品を選ぶことができます。

かっこいいライトなら「キャットアイ」

キャットアイ(CATEYE)は、自転車ライトやリフレクター、スピードメーターなどを製造販売するメーカーです。機能性と品質の良さから、日本はもちろん海外でも人気があります。フレックスタイトブラケットが付属して、種類も豊富に揃っています。

台湾の人気メーカーなら「トピーク」

トピークは、台湾発のサイクルパーツ総合メーカーです。自転車ライトを始めとして、工具やポンプなどのメンテナンスアイテムも製造・販売しています。バッグやキャリアの開発・販売もしていて、コーディネートするのもおすすめです。

おしゃれなデザインの「クロップス」

クロップスは、自転車用ライトを開発・販売している人気のメーカーです。使用する人のニーズに合わせた、おしゃれなデザインの商品を多く揃えています。自転車やバイクのセキュリティシステムも多く展開しているので、安全に走行したい方におすすめのメーカーです。

 アメリカで人気の「サーファス」

サーファスは、カリフォルニア生まれのサイクルパーツメーカーです。明るくて装着しやすい自転車ライトも幅広く展開しています。ソフトな乗り心地のジェルサドルを開発した、アメリカでは大きなシェアを持つブランドです。

LEDライトメーカーの「ジェントス」

ジェントス(GENTOS)は、東京都を拠点に展開するLEDライトのメーカーです。自転車ライト以外にも、懐中電灯やヘッドライト、ランタンなどLEDに関する製品を幅広くラインナップしています。FANGシリーズはスイッチ操作不要のスマートセンサーを搭載しています。

ソーラー式自転車ライトの人気おすすめランキング5選

5位

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)

インテリジェント ハイブリッド

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乾電池&リチャージャブル

2つのパワーソースに対応した、日常使いしやすい省電力型ハイブリッドソーラーLEDライトです。ソーラーバッテリーを採用して、保管場所による充電不足や短い使用時間を解消しています。側面部には装飾性、視認性を高めるサイドライトを搭載しています。

サイズ48mm×95mm×27mm電源ソーラー、乾電池

口コミを紹介

LEDライトというとまぶしいぐらい明るいイメージがあったのですが、あまり明るくなく、照らすためで無く目立つためのライトとしてはちょうど良いかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

LETOUR Shuofeng Technology

CreeT6 LED IP44 防塵&防水

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高輝度&懐中電灯兼用

夜間運転中の視認性を高め、周囲に自転車の存在を知らせる高輝度のCreeT6 LEDを搭載しています。ソーラーとUSBの2wayタイプの自転車ライトなら、繰り返し充電して使用できます。電池交換は不要で、外出時にはソーラーパネルを利用して充電することができます。

サイズ10cm×5.0cm×2.5cm 電源ソーラー、USB

口コミを紹介

今まで使っていた、電池式のライトが壊れたためソーラー充電式のこちらを購入してみました。家の物置に普段置いていますが、今の所充電切れでライトがつかないことはありません。そして何よりすごく明るいです!!!さすがLEDですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Momiji

ソーラー USB充電式 IPX6 防水

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソーラーで自動的に発電

サイクリング中の充電や、付属USBケーブルでの充電も可能な自転車ライトです。USBでの充電が完了すると、自動的に放電を中止してバッテリーを過電流から守ります。持ち運びやすいコンパクトサイズで、懐中電灯としても活用できます。

サイズ10cm×35cm×32cm電源ソーラー、USB

口コミを紹介

電動自転車の補助ライト的な感じで購入しました。
取り外して充電するのがメンドクサイのでソーラー充電の付いてるコイツにしました。
確かに明るいです 自分的には満足する明るさです

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Lighting EVER

自動点滅テールライト

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソーラー充電式LEDテールライト

電池交換不要で、充電式ニッケル水素電池を内蔵した自転車ライトです。自然の光を利用することで、晴れの日はもちろん曇りの日でも充電することができます。JIS規格適合リフレクター搭載で、安全角度320°で周りの車を察知することができます。

サイズ4cmx6cmx6cm電源ソーラー、充電池

口コミを紹介

パナソニックの類似の商品をこれまで何度も買っていましたが、こちらも同じくらいいい感じです。LEのロゴは意味不明ですが、本体がクリアな感じなのは、個性的なデザインで好感持てます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

EYOBE

高輝度IPX4 防水防振

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高輝度自転車ライト

超高輝度T6-LEDを採用した、明るく安全に走行できるロードバイク充電式ライトです。IPX4防水防塵仕様なので、悪天候でも使用できて安心です。高照度自転車ライトと自転車用ベルで、夜間の走行も安全をしっかりと確保できます。

サイズ3x3x10cm電源ソーラー、USB

口コミを紹介

非常に明るく、夜間でもしっかり前方が見えます。
これまで利用してきたライトの中では1番明るいと感じました。
光り方のパターンも豊富で、状況に応じてすぐに変更できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソーラー式自転車ライトのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5892266の画像

    EYOBE

  • 2
    アイテムID:5892269の画像

    Lighting EVER

  • 3
    アイテムID:5892273の画像

    Momiji

  • 4
    アイテムID:5892275の画像

    LETOUR Shuofeng Technology

  • 5
    アイテムID:5892286の画像

    ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)

  • 商品名
  • 高輝度IPX4 防水防振
  • 自動点滅テールライト
  • ソーラー USB充電式 IPX6 防水
  • CreeT6 LED IP44 防塵&防水
  • インテリジェント ハイブリッド
  • 特徴
  • 高輝度自転車ライト
  • ソーラー充電式LEDテールライト
  • ソーラーで自動的に発電
  • 高輝度&懐中電灯兼用
  • 乾電池&リチャージャブル
  • 価格
  • 2835円(税込)
  • 3251円(税込)
  • 3725円(税込)
  • 2299円(税込)
  • 2655円(税込)
  • サイズ
  • 3x3x10cm
  • 4cmx6cmx6cm
  • 10cm×35cm×32cm
  • 10cm×5.0cm×2.5cm
  • 48mm×95mm×27mm
  • 電源
  • ソーラー、USB
  • ソーラー、充電池
  • ソーラー、USB
  • ソーラー、USB
  • ソーラー、乾電池

スタイリッシュな自転車ライトの人気おすすめランキング5選

5位

ATARAXIA

1200ルーメン USB充電式

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1200ルーメンの明るいライト

2000mAhリチウムイオン電池を採用し、LEDでも使用時間の心配がないレベルです。USB充電式電池を採用した自転車ライトなので、繰り返しの充電も可能です。電池交換不要で、スマホアダプターやパソコン、モバイルパワーバッテリーで簡単に充電できます。

明るさ1200ルーメン電源USB充電

口コミを紹介

明るさにビックリです。固定のやり方を間違えて自転車から落としても壊れませんでした。タフですね。良くできています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Shenzhen Huanuoda Photoelectricity Co., Ltd.

大容量5200mAh 3in1機能搭載

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5200mAhの大容量ライト

ロービームモードなら最大30時間連続で使用できる大容量ライトです。充電式で繰り返し使えるので電池が不要ですし、アウトドアでの非常時にも大変役立ちます。IPX5防水技術を採用していて、悪い天気の日でも楽に使えます。

明るさ5200mAh電源USB充電

口コミを紹介

通勤用の自転車に取り付けるため購入しました。想像を遥かに上回る明るさで、これなら安全に自転車通勤できそうです。とてもいい買い物ができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

INVAVO

テールライト付 2400mah

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高輝度白色LED電球

1200ルーメンの出力が可能なので、夜間走行も明るく照らすことができて安心です。IP67規格防水・防塵タイプのロードバイクライトで、悪天候でも安全に使用することができます。最大光量で使った場合は3.5~6時間、ローモードで使った場合は6時間ぐらいです。

明るさ1200ルーメン電源USB充電

口コミを紹介

値段は安く評判も良かったので今回購入しましたが、周りの方の評価通りとにかく明るい。クロスバイクにつけて夜間の走行に使用していますが、とにかく非常に明るいため対向車に対しては少し迷惑がかかってしまうかもしれないと思うほどです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Otium

LED防水 2600mAh

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなデザイン

シンプルなデザインで、どんな自転車にも気兼ねなく合わせやすいライトです。世界的に支持されているアメリカGREE社のCREE XPG2 S3ライトを採用しています。140gと軽量ながらも、丈夫なアルミ製を採用していて、汎用性が高く優れたアイテムです。

明るさ800ルーメン電源USB充電

口コミを紹介

とても明るいし、操作もボタンを押すだけなので簡単!明るさの切り替えもボタン1つでできます。赤いランプは点灯、点滅など選べ、こちらもポチッとおすだけで切り替わるので簡単。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Shenzhen Huanuoda Photoelectricity Co., Ltd.

大容量2600mAh 3in1機能搭載

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

360度回転で滑り止め防振

USB充電式を採用し2600mAhなので、約3-4時間の充電で満充電になります。自由に照射方向を調節でき、防振効果に優れています。高強度プラスチックステントを採用し、滑り止めシリコンゴム2つ付き,高密度ゴムを采用し、適応ハンドルは直径20-35MMです。

明るさ2600mAh電源USB充電

口コミを紹介

画像上側が製品ライトで下側がコーダーブルーム純正のライト。
明るさで見ても段違い。なおかつ取り付けも簡単だった。
USB端子があり、そこからスマホの充電もできるのでサイクリングにも超便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

スタイリッシュな自転車ライトのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5892292の画像

    Shenzhen Huanuoda Photoelectricity Co., Ltd.

  • 2
    アイテムID:5892295の画像

    Otium

  • 3
    アイテムID:5892296の画像

    INVAVO

  • 4
    アイテムID:5892298の画像

    Shenzhen Huanuoda Photoelectricity Co., Ltd.

  • 5
    アイテムID:5892300の画像

    ATARAXIA

  • 商品名
  • 大容量2600mAh 3in1機能搭載
  • LED防水 2600mAh
  • テールライト付 2400mah
  • 大容量5200mAh 3in1機能搭載
  • 1200ルーメン USB充電式
  • 特徴
  • 360度回転で滑り止め防振
  • シンプルなデザイン
  • 高輝度白色LED電球
  • 5200mAhの大容量ライト
  • 1200ルーメンの明るいライト
  • 価格
  • 2780円(税込)
  • 2990円(税込)
  • 4038円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 4200円(税込)
  • 明るさ
  • 2600mAh
  • 800ルーメン
  • 1200ルーメン
  • 5200mAh
  • 1200ルーメン
  • 電源
  • USB充電
  • USB充電
  • USB充電
  • USB充電
  • USB充電

人気メーカーの自転車ライトの人気おすすめランキング5選

5位

レザイン (LEZYNE)

ヘクトドライブ Max

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一体型マウントストラップ

パワーボタンはバッテリーインジケーターを採用し、常にバッテリー残量を視認できるライトです。ワンタッチ脱着可能で、取り外した後もマウントが残りません。充電は後部キャップを取り外すだけでUSBプラグにアクセス可能で、簡単に充電できます。

明るさ500ルーメン電源USB充電
4位

サーファス(SERFAS)

USL-450 新型プラスチックブバンド

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適なライディング

新しい技術とアイデアで、快適な走行を実現するライフスタイルパーツブランドです。スポーツバイクの最先端を行く、機能性とデザイン性を兼ね備えた自転車ライトです。高品質なパーツコレクションを提案し続けている人気のアイテムです。

明るさ450ルーメン電源USB充電

口コミを紹介

夜の河川敷を走るために購入。
ずっしりとしていて質感が良い。光量も申し分なし。街灯の全っくない河川敷も安心して走れた。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

クロップス(Crops)

LEDハイパワー SX1 グリーン

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高輝度白色LEDを採用

光度約450カンデラの前照灯モードで可視性をアップさせた自転車ライトです。点灯と点減の二つのモードを連続スイッチで簡単に切替ができます。耐久性とフレキシブなデザインを可能にしたシリコンラバーを採用しています。

明るさ450カンデラ電源単三乾電池
2位

トピーク(TOPEAK)

RedLite Mega テールライト

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レッドとイエローのLED

5つのモードで点灯や点滅などパターンを変えて点灯できるLEDライトです。可視光範囲280°もあるため、1.6kmの距離からもよく見えるライトで安全に走行できます。ハイフラックスピラニアレッドLEDを採用した人気メーカーの自転車ライトです。

明るさ点滅5モード電源単四乾電池

口コミを紹介

ここまで明るいテールランプはない。Marsが最近販売していないので、最強でしょう。街灯もない田舎道でも心配無しです。後続の人からは眩し過ぎるとクレームされることもあります。マウントも簡単。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

キャットアイ(CAT EYE)

HL-EL140 JIS前照灯規格適合品

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JIS規格適合ヘッドライト

電池式LEDヘッドライトで、電池式バッテリーで簡単に交換できます。単3電池2本で約30時間点灯が可能で、電池式バッテリー式で交換用の電池が入手しやすいのが特徴です。JIS規格適合品で、前照灯として基準を満たしているヘッドライトです。

明るさ400ルーメン電源単三乾電池

口コミを紹介

手元、ハンドル周りも明るいです。バックライトがないサイクルコンピュータを隣に設置するとこれの光で夜でもよく見えます。コスパもすごくいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

人気メーカーの自転車ライトのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5892303の画像

    キャットアイ(CAT EYE)

  • 2
    アイテムID:5892306の画像

    トピーク(TOPEAK)

  • 3
    アイテムID:5892310の画像

    クロップス(Crops)

  • 4
    アイテムID:5892312の画像

    サーファス(SERFAS)

  • 5
    アイテムID:5892313の画像

    レザイン (LEZYNE)

  • 商品名
  • HL-EL140 JIS前照灯規格適合品
  • RedLite Mega テールライト
  • LEDハイパワー SX1 グリーン
  • USL-450 新型プラスチックブバンド
  • ヘクトドライブ Max
  • 特徴
  • JIS規格適合ヘッドライト
  • レッドとイエローのLED
  • 高輝度白色LEDを採用
  • 快適なライディング
  • 一体型マウントストラップ
  • 価格
  • 1399円(税込)
  • 2640円(税込)
  • 2112円(税込)
  • 6765円(税込)
  • 9121円(税込)
  • 明るさ
  • 400ルーメン
  • 点滅5モード
  • 450カンデラ
  • 450ルーメン
  • 500ルーメン
  • 電源
  • 単三乾電池
  • 単四乾電池
  • 単三乾電池
  • USB充電
  • USB充電

おしゃれな自転車で運動不足を解消しよう

お気に入りの自転車ライトを選んだら、おしゃれな自転車も探して早速装着してみましょう。自転車には、シティサイクル・電動自転車・ロードバイクなど色々な種類があります。通勤・通学や買い物など、毎日乗れる自転車が豊富にラインナップしていて選ぶのが楽しくなります。

 

自宅で過ごすことが多い今、自転車で運動不足を解消する人が増えています。電車や公共機関での感染を防止する目的で、自転車を使って移動する人もますます多くなっています。お気に入りの自転車ライトが見つかったら、この機会に自転車も新しく買い替えてみましょう。

 

以下の記事では、自転車全般の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

今回は、自転車ライトの選び方やおすすめの製品を、人気ランキング形式でご紹介しました。自転車ライトには、種類や明るさ、機能性など色々な選び方がありましたね。今回ご紹介した選び方やランキングを参考にして、自転車ライトで暗い夜道の走行を安全に楽しんで下さいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年09月27日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ