エスプレッソマシンの人気おすすめランキング15選【一人暮らしにも】

記事ID1343のサムネイル画像

エスプレッソマシンは、自宅で本格的なコーヒーが楽しめることで注目を集めています。種類も豊富で価格も様々なのでおすすめはどれか分からないという方も多いのではないでしょうか。今回はエスプレッソマシンの人気なおすすめメーカーをランキング形式で紹介していきます。

エスプレッソマシンは自宅でこだわりコーヒーが楽しめる

スプレッソとはコーヒー豆を専用の機械で押し固めた状態で熱湯を注ぎ一気に抽出したもので、通常のコーヒーと比べると深い苦みと濃厚な香りとコクが特徴的です。エスプレッソを作るには専用のマシンが必要なことからカフェやコーヒー専門店でしか味わえないものとされてきましたが、自宅で使用できるエスプレッソマシンの普及によりジワジワと人気を集めています。

 

一言でエスプレッソマシンといっても自分の手でエスプレッソ作りを楽しむことができるものや、材料をセットしたら後は全自動でエスプレッソを作ってくれるものまで様々な種類があります。そのためライフスタイルやどのようにエスプレッソを楽しみたいかなどによって、自分にあったエスプレッソマシンを選ぶことが大切なポイントといえます。

 

今回は、おすすめのエスプレッソマシンを使いやすさ、性能、オプション機能などの観点からランキング形式で紹介していきます。コーヒーマシンを検討している方や、エスプレッソマシンに興味あるという方は参考にしてみてください。

エスプレッソマシンの人気ランキング15選

15位

DeLonghi(デロンギ)

マグニフィカS ECAM22110SBHN

価格:89,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水の補充などはアイコンで知らせてくれる便利なエスプレッソマシン

ボタンはシンプルかつ操作性に優れているため、直感的にスムーズにエスプレッソをいれることが可能です。水の補充やコーヒーカスがたまったなどのメンテナンスが必要なときは、アイコンでお知らせしてくれるため毎回確認する必要がないため楽ちんです。コーン式コーヒーグラインダーで低速回転で均一に豆をひけるため、エスプレッソの命ともいえるアロマを逃しません。

タイプ全自動タンク容量1.8L
抽出圧9気圧オプション機能コーン式コーヒーグラインダーを採用

口コミを紹介

味もとてもいいです。豆によって差はあるのでしょうが、抽出量、お湯の温度、豆の細かさ、などけっこう細かく設定を変えられるのでどんな豆にも対応できそうです。
これはビックリしましたが、挽かれてある粉タイプも、一杯ずつではありますが使用可能で、頂き物も無駄にしません。ついでに言うと熱湯も出せるのでインスタントも入れれるかも(笑)

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

Nespresso (ネスプレッソ)

ラティシマ・タッチ F511WH

価格:21,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュな見た目とシンプルな操作で使いやすい

コーヒー抽出までの予熱時間は30秒程度と短いスピードで、いれたての本格コーヒーを楽しむことができるため仕事前の1杯や来客時にも慌てずコーヒーをいれることが可能です。ミルクの泡立ちはダイヤルで調整できるため、好みに合わせたなめらかな泡を楽しめます。使用後はミルクタンクは取り外しできるため、冷蔵庫で保存可能です。

タイプカプセルタンク容量0.95L
抽出圧-オプション機能取り外し可能ミルクタンク

口コミを紹介

お水を入れてカプセル入れてワンタッチで手軽に美味しいコーヒーが飲めます。
普段は缶コーヒーばかりの私ですが、たまにこちらのコーヒーを飲むと香りが素晴らしいです。
掃除(湯通し)が多少面倒ではありますがコスパは高いと思います。
デザインもおしゃれでおすすめですよ!

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

illy(イリー)

フランシスフランシス レッド X7.1

価格:20,225円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

遊び心たっぷりの本体でインテリアとしても人気

イタリアから来た本格派コーヒーが楽しめるカプセル式の「illy」。中でもこちらはスタイリッシュながらも遊び心がつまった可愛い見た目が、インテリアとしても人気を集めています。使い方は直感的に分かりやすいボタンでワンタッチ操作なので、忙しい方でも気軽に本格コーヒーを味わえます。スチームアームを使用すれば簡単にフォームドミルクを作ることも可能です。

タイプカプセルタンク容量1L
抽出圧-オプション機能カップホルダー付き

口コミを紹介

他社含め同じ価格帯のマシンはたくさんあり、悩みましたが、こちらの商品にして大満足です。
見てるだけで楽しい気持ちにさせてくれるプロダクトデザインと、マニュアル操作のスチーマーで自作のカプチーノができる体験が楽しく、出来上がった一杯のコーヒーにとても愛着がわきました。
メンテナンス面など気になる部分もなくはないですが、それを打ち消しすおおらかな魅力を感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ネスレ日本

ゴールドブレンド バリスタPM9631

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽にカフェ風のコーヒーが楽しめるカプセル式

多彩なカフェメニューをイラストが記載されたボタンワンタッチ操作で、簡単にお好みの本格派コーヒーを楽しむことができます。キメの細かいミルクの泡を作ることができるため、エスプレッソの他にカプチーノやカフェラテ、ブラックコーヒーなど様々なコーヒーを気分に合わせてチョイスできるのも人気のポイントです。

タイプパウダータンク容量800ml
抽出圧-オプション機能-

口コミを紹介

1日3杯は飲むほどコーヒーが好きでハンドドリップなどしていましたが、朝飲むとなると時間がなくバリスタを購入しようか悩んでいました。価格がここまで安いことに驚き購入に踏み切れました。使ってみてコーヒーのクオリティの高さと手軽さに大変満足しています。買ってよかったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

DeLonghi (デロンギ)

エスプレッソ&カプチーノマシン EC221

価格:16,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オートオフ機能付きなので消し忘れの心配いらず

コーヒーパウダー、カフェポッドどちらにも対応している、セミオートのエスプレッソマシンです。スチームノズルも本体についているため、エスプレッソだけでなくカプチーノやカフェラテも楽しむことが可能です。最終使用から30分で電源が落ちるため、消し忘れしても安心なエスプレッソマシンです。

タイプセミオートタンク容量1L
抽出圧9気圧オプション機能オートオフ機能
10位

TOFFY

ホームエスプレッソマシン

価格:8,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自宅エスプレッソ入門におすすめなマシン

他メーカーのエスプレッソマシンと比較した場合にも低価格で購入することができる、セミオートのエスプレッソマシンなので入門としてもおすすめです。使い方も非常にシンプルなので、手軽ながらも本格的なエスプレッソを楽しむことが可能です。本体一体型のスチームノズルもついているため、ラテアートをしたいという方にもおすすめです。

タイプセミオートタンク容量350ml
抽出圧-オプション機能スチームノズル付き

口コミを紹介

給水方式がカートリッジ式でなかったことは予想外でしたが、それ以外はおおむね満足です。
クレマのたったおいしいエスプレッソができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

DeLonghi (デロンギ)

ICONA エスプレッソ・カプチーノメーカーECO310B

価格:24,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パウダーとカフェポッドお好みのいれ方を楽しめる

抽出方法としてはコーヒーパウダー、カフェポッド2パターンのいれ方を楽しむことができるため、気分やお好みに合わせたエスプレッソを楽しむことができます。またカップウォーマートレイ付きなので、予めコップを温めておくことでいつでも最適な状態のエスプレッソを楽しむことができます

タイプセミオートタンク容量1.4L
抽出圧9気圧オプション機能カップウォーマートレイ

口コミを紹介

この値段で本格的なエスプレッソとカフェラテが味わえて満足です。
豆の挽き方の調整やミルクの泡立て方など、味わいが変わる工夫が出来る工程があるのもポイント高いです。
その点、毎回同じ味わいを手軽に愉しみたい人には向いてないかも。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

DeLonghi (デロンギ)

デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカーEC680M

価格:31,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュな見た目で本格コーヒーを楽しめるセミオートモデル

横幅150㎜のコンパクトでスタイリッシュな見た目は、キッチンに高級感をプラスしながらも場所をとらないのが魅力です。3段階の抽出温度と定量設定で自分好みのこだわりのエスプレッソを楽しむことができます。また自動ミルク泡立ち機能も搭載しているため、カプチーノやカフェラテも手軽に楽しむことが可能です。

タイプセミオートタンク容量1L
抽出圧9気圧オプション機能自動ミルク泡立て

口コミを紹介

5年ほど使い続けていたデロンギのエスプレッソメーカーの調子が悪くなったので、後継の機械を探したところ、これがすごく安くなっていたので買いました。外見も機能も星5つです。1人分あるいは2人分の抽出が終わると自動的に止まるのも便利です。ボタンを操作して設定量を変えることもできます。敢えて言うなら、洒落たスリムなデザインの分、幅が狭いので、カプチーノのカップを2つ並べるとギリギリですが、問題視するほどではありません。満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

JURA (ユーラ)

全自動コーヒーマシン E6

価格:182,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

浄水フィルター付きでコーヒー本来の風味を損なわない

コーヒーのほとんどが水分であることから、浄水フィルターを搭載しコーヒーに必要な成分だけ残した状態でコーヒーを入れることが可能です。またマシンに石灰質の付着を防ぎ、風味や香りを損なう物質を取り除くため、毎日香り味わい共に最高品質コーヒーの美味しさを楽しむことができます。

タイプ全自動タンク容量1.9L
抽出圧-オプション機能浄水フィルター搭載

口コミを紹介

以前使用していたものに比べ、音が静かで好みのものをスムーズに選択可能。
日本語の表示もわかりやすく、使いやすい製品だと思います。
味についても好きです。
50Lの水を使用ごとに、水のフィルター交換が必要など経費面では少しかかりますが
使用後のメンテナンスは、カス捨てと水捨てのみですごく簡単。気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ボンマック

エスプレッソマシン BME-100DARMAR

価格:9,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者で扱いやすいセミオートのエスプレッソマシン

コーヒーパウダー、カフェポッド、エコポッドコーヒーに対応している、セミオートのエスプレッソマシンですが初心者でも扱いやすい点から人気の高い商品です。スチームノズルが長いため、ミルクのスチーミングがしやすいため滑らかできめ細かいミルクを作ることができ、ラテアートを楽しみたいという方にもおすすめのエスプレッソマシンです。

タイプセミオートタンク容量0.8L
抽出圧-オプション機能パウダー・カフェポッド対応

口コミを紹介

スチーム圧はそんなに問題なく使えます。
少しこじんまりした感じなので、慣れるまで時間がかかるかなと思いましたが、問題なく使えるので満足です。
ありがとうございました

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

デロンギ(Delongi)

エレッタカプチーノ ECAM44660BH

価格:164,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業務用としても対応可能な大容量モデル

1杯のコーヒーをいれるたびに、豆をひくことから始めるため本格的な味わいと香りを楽しむことができます。プログラムモードではコーヒーの温度を4段階で調節できるため、好みの濃さ、温度で至福のいっぱいを楽しむことができます。370gの豆を収納できるため、業務用としても使いやすいエスプレッソコーヒーです。

タイプ全自動タンク容量2L
抽出圧9気圧オプション機能5種類のミルクメニュー

口コミを紹介

マグニフィカsからの買い換えを検討しており、表参道デロンギ直営店で試飲しました。
マグニフィカsよりもコーヒーの味がはっきりと感じられ、非常に美味しかったです。
店員さんの話だとマグニフィカシリーズはどの機種を購入しても同じ構造なので味に変化はないが、エレッタとプリマドンナは別格に美味しく抽出できるとのことです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

illy(イリー)

フランシスフランシス Y3

価格:12,890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなコンパクトサイズだから場所をとらない

illy(イリー)とは世界的に有名なコーヒーブランドの1つで、世界140ヶ国以上に輸出され多くの方に愛飲されています。そんな美味しさに定評のあるコーヒーがカプセル式になっており、30秒で本格的なエスプレッソを味わうことができます。コンパクトサイズなので、省スペースで済むのも人気の理由の1つといえます。

タイプカプセルタンク容量1L
抽出圧-オプション機能使用済みカプセル入れ付き

口コミを紹介

カプセルコーヒー、いろいろ買ってみたけど、一番美味しいと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Nespresso (ネスプレッソ)

ラティシマ・プロ シルバー F456PR

価格:29,384円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カプセルタイプだから手間なくエスプレッソが楽しめる

ボタン操作はタッチスクリーンとなっているため、直感的に抽出量や濃さの調整を行うことができます。カプセルタイプとなっているため、忙しい朝でもワンタッチで簡単に本格的なエスプレッソを楽しむことができるのが魅力です。ミルクの泡立ち調整もノズルで簡単に行えるため、お好みのコーヒーも自由自在に楽しめます。

タイプカプセルタンク容量1.4L
抽出圧19気圧オプション機能ミルク泡立ち調整ダイヤル

口コミを紹介

簡単操作で美味しいコーヒーが飲めます!
ミルクマシーンも冷蔵庫からダイレクトでふわふわクリーミー(^^)
さすが名前にプロが付くのも納得!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

DeLonghi (デロンギ)

マグニフィカSカプチーノコンパクト ECAM23260SBN

価格:103,670円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドリップコーヒーやきめ細かいミルクの本格カプチーノなども楽しめる

デロンギ独自の機能の中でも人気を集めている「カフェ・ジャポーネ」と「ラテクレマシステム」の2つを搭載しているため、エスプレッソコーヒーだけでなく、ドリップ風コーヒーやカプチーノなど5種類のカフェメニューを楽しむことが可能です。2杯分のコーヒーを同時に抽出可能なので、来客時にも慌てず挽き立てコーヒーが楽しめます。

タイプ全自動タンク容量1.8L
抽出圧9気圧オプション機能5種類のカフェメニュー

口コミを紹介

毎朝食事の支度にコーヒーの準備ととても大変でした。何とか簡単に美味しいコーヒーが飲みたいと検索しまくりました。
そこで出てきたのが、デロンギコーヒーメーカーでした。
そして迷うことなく購入!大正解でした。コーヒーを自動で入れるということがこんなに楽なことだったとは。
洗浄も自動でしてくれますし、ミルクもふわふわ!
デロンギコーヒーメーカー購入しても後悔なんてないですよ!おすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

DeLonghi (デロンギ)

全自動コーヒーマシンマグニフィカ ESAM03110S

価格:46,950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンタッチで本格的なエスプレッソが楽しめる

スタイリッシュなデザインと本格的な性能が特徴的なデロンギは、エスプレッソマシンの中でも特に人気の高いメーカーです。中でも「マグニフィカESAM03110S」は、エントリーモデルなので初心者の方でも扱いやすいような工夫がされています。抽出量や濃さの調整も全面にあるノズルで簡単にできるため、手軽ながらも本格的なエスプレッソコーヒーを楽しめます。

 

タイプ全自動タンク容量1.8L
抽出圧9気圧オプション機能二重構造高性能ミルクフロスター

口コミを紹介

デロンギ全自動マシンは初代から購入しています。店でウェルカムドリンク用に使用。設計コンセプトは基本変わらず合理的。使い勝手もよく掃除もしやすい優れもの。1日30杯ずつ淹れても3年ほどはトラブル無し。家庭用なら十分と思われます。豆の量多め、挽き方極細、抽出量少なめの設定にすると見事なクレマがカップを覆います。フロントデザインが一新されスタイリッシュに。ミルの音も小さくなりました。おススメできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

エスプレッソマシンの選び方

ここでは自分に合ったエスプレッソマシンを選ぶための基準を紹介していくので参考にしてみてください。

 

タイプで選ぶ

エスプレッソマシンには使用する豆や作り方によっていくつかのタイプに分けられています。各タイプ特徴が異なるため、自分のライフスタイルに合わせたタイプのものを選ぶようにしましょう。

全ておまかせで楽ちんな「全自動」

全自動タイプのエスプレッソマシンは、豆を挽くことからダンピング、抽出までの一連の流れを自動的に行ってくれるため手軽に本格的なエスプレッソを楽しむことができます。豆も自由に選ぶことができるため、こだわりのエスプレッソを自宅で味わえるため人気のあるタイプです。

 

全自動タイプのエスプレッソマシンでは、低速回転する機種が多いため、摩擦熱によって風味が逃がさずにエスプレッソの命であるアロマを保ったままの状態でコーヒーの抽出が可能です。そのため一般的に安価で購入できるコーヒーミルと比較すると、香り豊かで味わい深いエスプレッソを堪能することが可能です。

 

価格としてはエスプレッソマシンの中では高価なものが多いですが、機種によって豆量、抽出量、泡量などの調節ができるため自分好みのこだわりの一杯を楽しむことができます。手軽に本格エスプレッソを楽しめるため、家庭用から業務用まで幅広く使用されているエスプレッソマシンです。

エスプレッソ作りを楽しめる「セミオート」

セミオートタイプのエスプレッソマシンは抽出前までの準備工程を、自分で行う必要があります。そのため豆を挽くことからダンパーを使用してパウダーコーヒーを押し固める作業を自ら行う必要があるため、手間がかかりますがその分自分のさじ加減で微調整しやすく、全自動タイプと比較するとよりカスタマイズしやすいという魅力があります。

 

豆を挽く作業からダンピングまでが完了しペーパーフィルターに豆がパックしている状態のカフェポッドに対応しているセミオートタイプのエスプレッソマシンであれば、手軽にエスプレッソを抽出することも可能です。エスプレッソを抽出するまでの工程を楽しみたいという方にはセミオートタイプのエスプレッソマシンが向いています。

 

全自動タイプのエスプレッソマシンと比較すると低価格で購入することができるため、コーヒーにこだわりたいという方や、本格的なエスプレッソを楽しみたいけど全自動は予算オーバーしてしまうという方にはカフェポッドに対応したセミオートタイプのエスプレッソマシンがおすすめです。

忙しい方にもおすすめな「カフェポッド・カプセル式」

手間も時間もかけずに本格的なコーヒーを楽しみたいという方は、カプセル式のエスプレッソマシンがおすすめです。コーヒーが入っているカプセルは密閉状態なので、風味や味を損なわずに保管することができるため、抽出した瞬間に淹れ立ての香りが広がり本格的なエスプレッソを楽しむことが可能です。

 

難しい作業は不要でボタン操作で短時間で抽出することができるため、忙しい朝でも手軽に香り豊かなコーヒーを味わえます。またカプセル式の人気のポイントの1つに、手入れのしやすさが上げられます。カプセル式のエスプレッソマシンでは本体にパウダーが付着しにくいため、お手入れが簡単にでき清潔な状態を保つ事が可能です。

 

本体自体の価格は低めですが、カプセルの価格と合わせて考えた場合1杯あたりは割高となります。またカプセルは専用のカプセルのみ対応しているというものも多いため、カプセル式のエスプレッソマシンを選ぶ上では、カプセルの価格や品質もチェックしておく必要があります。

スペックで選ぶ

エスプレッソマシンでは価格の幅が広いため、基本的なスペックが備わっているのかをしっかり確認しておく必要があります。家庭で使用する上で抑えておきたい基本的なスペックについて紹介していきます。

美味しさを左右する抽出圧は「9気圧」がベスト

美味しいエスプレッソを飲む上では、コーヒー表面にある泡「クレマ」の存在が欠かせないポイントとなりますが、この上質なクレマを作るためには気圧が重要となっています。上質なクレマを作るためにベストな抽出圧は「9気圧」とされているため、抽出圧がこれじ準ずるエスプレッソマシンを選ぶようにしましょう。

 

抽出圧は低すぎても高すぎても美味しさが半減するとされており、抽出圧が低すぎるとコーヒーにお湯がうまく回らず円滑に抽出ができない可能性があります。反対に抽出圧が高すぎる場合はコーヒー豆の雑味や苦みがでてしまうため注意が必要です。

 

適正な抽出圧でエスプレッソを入れることで、コーヒー豆本来の味わいや香りを活かし田状態で上質なクレマをつくることが可能です。低価格なエスプレッソマシンの中には3や6気圧のものもあるため、しっかりと確認しておくようにしましょう。

手入れのしやすいタイプがおすすめ

エスプレッソマシンは高価な買い物といえるため、できるだけ長い期間愛用するためにも手入れのしやすさも選ぶ上では大切なポイントといえます。また手入れを怠ると衛生上良くないというだけでなく、コーヒーの油分によって刃が痛み故障の恐れがあったり、コーヒーの香りを阻害してしまう可能性もあります。

 

そのため、お手入れがしやすいエスプレッソマシンとしてはパーツがシンプルで、毎回のお手入れが手軽であることが大切なポイントといえます。また本体の分解がしやすいものもお手入れが負担になりにくいためおすすめです。

 

全自動タイプのエスプレッソマシンを選ぶ場合には、しぼりカスが固形状に圧縮されて排出される機能がついているものがおすすめです。こうした清潔に保つことができる機能がついているものを選ぶようにしましょう。

タンク容量を選ぶ

エスプレッソは一杯約30cc抽出することができます。

 

1回の使用で何杯分のエスプレッソを入れるのかを考えながら、最適なタンク水量を確認するようにしてください。1Lのタンク容量であれば約30杯分のエスプレッソを抽出することができます。

オプション機能で選ぶ

エスプレッソを抽出以外に様々なオプション機能がついているとアレンジしたりバリエーションが広がります。よりこだわりたい方や色んなエスプレッソを楽しみたい方はオプション機能にも注目しましょう。

ミルクフォーマー機能付きならカプチーノなども楽しめる

ミルクフォーマーがついたエスプレッソマシンであれば、エスプレッソコーヒー以外にもカフェラテやカプチーノなども楽しむことができます。自宅では難しいと思っていたフワフワでなめらかなキメの細かい泡もスチーマーで手軽に作ることが可能です。色んなレシピのコーヒーを楽しみたいという方におすすめのオプション機能です。

 

上質なミルクの泡立ちにはスチーマーのパワーが大切なポイントといえるため、ラテアートを楽しみたいという方やミルク系のコーヒーレシピが好きという方は、スチーマーのパワーや使い勝手を口コミやレビューなどを参考にしながら選ぶようにしましょう。

 

一般的にはミルクピッチャーが必要となりますが、付属品としてついていたり直接カップに注ぐことができるタイプなど様々なタイプがあるため好みの種類のミルクフォーマー機能を選ぶようにしましょう。またミルクタンク付きであれば、取り外ししてそのまま冷蔵庫で保管できるものがおすすめです。

こだわり派におすすめな調整機能

豆の量や抽出量、温度などの設定が細かくできるエスプレッソマシンであれば、自分好みにカスタマイズしやすいためこだわり派の方にもおすすめです。また調整の段階は機種によって3段階や4段階などと変わるため、より細かく調整したいという方は段階数が多いタイプのものを選ぶようにしましょう。

 

また調整機能がついているエスプレッソマシンを選ぶ場合には、ボタンやダイヤルなどの操作がシンプルで操作性に優れているタイプを選ぶのがおすすめです。細かく調整できるものであっても、使い方が複雑であるほどストレスを感じてしまう可能性があります。

 

分かりやすいイラストのボタンになっているものや、シンプルな操作性などを選ぶことで、直感的に操作できるため楽しくエスプレッソマシンを扱うことができます。

自動洗浄機能付き

エスプレッソマシンを使うたびに部品を分解して洗浄して、また組み立て直すという工程はかなり面倒ではないでしょうか。

 

そんな方におすすめなのが、自動洗浄機能付きのエスプレッソマシンです。自動洗浄機能付きであれば、頻繁にお手入れする必要がないため、忙しい方や日頃のお手入れが面倒だと感じる方にぴったりなのではないでしょうか。

エスプレッソの泡(クレマ)

エスプレッソを淹れた時に表面に現れる泡のことをクレマと呼びます。クレマはエスプレッソの香りを閉じ込める役割を果たすため、エスプレッソには欠かせない存在です。

 

エスプレッソマシンを選ぶときは、きめ細かさや量、厚さなどクレマの良さを引き出せるようなエスプレッソマシンを見つけてみると良いでしょう。

ミル機能の有無

ミル機能とは、コーヒー豆を挽いてコーヒー粉にする機能のことを指します。エスプレッソマシンには、コーヒー粉でしか作れない商品も販売されており、誤ってコーヒー豆を入れてしまうと故障してしまう可能性もあります。

 

コーヒー豆と比較するとコーヒー粉は劣化スピードが速いため、新鮮で美味しいコーヒーを楽しみたい方はミル機能付きのエスプレッソマシンを選んでみてはいかがでしょうか。

ポッド対応とパウダー対応

全自動のエスプレッソマシンの場合はコーヒー豆を挽いてエスプレッソを淹れるので関係ありませんが、半自動エスプレッソマシンの場合、ポッドとパウダーを使ってコーヒーを淹れることになります。

 

ポッドとは、1杯分のコーヒー粉をペーパーフィルターに詰めたパックのことで、このポッドを使うと、コーヒー粉をセットするタイピングという人が行う作業をする必要がなく、セットするだけで簡単に美味しいコーヒーを淹れることが可能です。

 

パウダーは、コーヒーの豆を挽いたコーヒー粉のことで、半自動エスプレッソマシンの場合、パウダーを自分でフィルターに詰めて抽出することが可能です。パウダーであれば、自分でお気に入りのコーヒー豆を自由に選ぶことができ、焙煎まで行うと好きな煎り具合に調整して自分好みのコーヒーを淹れることができます。自分好みのコーヒーを淹れたい場合は、ポッド対応やパウダー対応の機種であるか確認すると良いでしょう。

家庭用と業務用で選ぶ

エスプレッソマシンには家で使う用の家庭用タイプと、飲食店やオフィスなどで使用する業務用タイプに分かれています。家庭用のエスプレッソマシンは業務用のエスプレッソマシンと比較して、値段が安くなっていますが機能の面では劣ります。

 

業務用のエスプレッソマシンは値段が高くなっていますが、高性能なためまるでバリスタが淹れたような美味しいエスプレッソを味わえることでしょう。

 

ただ、家庭用のエスプレッソマシンの中にも、業務用のエスプレッソマシンと同じ機能を兼ね備えた本格的な製品もあるため、味にこだわりたい方は業務用の機能性が搭載された家庭用エスプレッソマシンを選んでみてはいかがでしょうか。

サイズで選ぶ(小型・大型)

エスプレッソマシンはコーヒーメーカーと比較してサイズが大きいため、設置スペースが必要になってきます。

 

なかなか棚に収納することができず、キッチンの一角を占めることとなるため、エスプレッソマシンを選ぶときは設置したときに邪魔にならないかなど、サイズを確認することが必要です。

 

また、設置スペースによって全自動エスプレッソマシンと半自動エスプレッソマシンどちらを選ぶかにも関わってきます。

デザインで選ぶ

エスプレッソマシンはシンプルな銀色のボディのものや、白や赤を基調としたスタイリッシュでおしゃれなデザインの物まで様々です。

 

エスプレッソマシンはサイズが大きいためキッチンの一部に置くと、かなり存在感が出ます。キッチンに置いても雰囲気を壊したりしないように、お好みのデザインのエスプレッソマシンを選んでみてはいかがでしょうか。

価格で選ぶ

家庭用としてエスプレッソマシンを選ぶときは、値段も考慮してから選ぶと良いでしょう。家庭用のエスプレッソマシンのおすすめな価格帯としては1万円前後が相場なようです。

 

味にこだわりながらエスプレッソを淹れたい方は5万円前後のものを選んでみてはいかがでしょうか。

 

10万円を超えるものはお店やオフィスで使用する高性能なタイプのものが多いので、本格的なカフェの味をお家で楽しみたい方におすすめします。

人気エスプレッソマシンの人気メーカー

現在様々なメーカーからエスプレッソマシンが販売されているため、どのメーカーのエスプレッソマシンを選べば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。迷われた方は、人気メーカーのものを選べば信頼度が高く、満足のいくものに出会えるのではないでしょうか。

ネスプレッソ

ネスレネスプレッソは優れた品質のコーヒーとスマートなコーヒーメーカーを展開し、世界のコーヒー愛飲者によるコーヒーの楽しみ方を一新させました。

 

カプセルをセットするだけで簡単にコーヒーが淹れられるカプセルコーヒーの展開や、手軽にコーヒーメーカーを使用できるように考えられたコーヒーメーカーを販売しているなど、本格的なコーヒーを一般の消費者でも楽しめるように事業展開している企業です。

デロンギ

デロンギはイタリアのトレヴィーゾを本拠地として展開しているメーカーで、様々な事業展開をしておりオイルヒーターをはじめとする暖房機器やコーヒーメーカーなどのキッチン家電などを取り扱っています。

 

デロンギのエスプレッソメーカーは機能性だけでなく、キッチンに置いてもスタイリッシュに見えるようなデザイン性の高いものが多く販売されています。

ボンマック

ボンマックは1982年に高品質でリーズナブルな機器開発の目標を掲げて立ち上げられたメーカーです。

 

ボンマックから発売されているエスプレッソマシンは「本格的なコーヒーを手軽に味わいたい」という一般のユーザーに広く認知・支持されています。

ビアレッティ

ビアレッティはイタリアの小さな町で生まれたメーカーで90年以上に渡り、家庭で欠かせない調理器具を作り続けています。

 

ビアレッティのエスプレッソマシンの機械にはビアレッティの創業者のアルフォンソ・ビアレッティをモデルにした「ひげおじさん」のイラストがプリントされていてとても可愛らしいです。

エスプレッソマシンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4845110の画像

    DeLonghi (デロンギ)

  • 2
    アイテムID:4845125の画像

    DeLonghi (デロンギ)

  • 3
    アイテムID:4845145の画像

    Nespresso (ネスプレッソ)

  • 4
    アイテムID:4845158の画像

    illy(イリー)

  • 5
    アイテムID:4845176の画像

    デロンギ(Delongi)

  • 6
    アイテムID:4845186の画像

    ボンマック

  • 7
    アイテムID:4845210の画像

    JURA (ユーラ)

  • 8
    アイテムID:4846445の画像

    DeLonghi (デロンギ)

  • 9
    アイテムID:4846457の画像

    DeLonghi (デロンギ)

  • 10
    アイテムID:4846462の画像

    TOFFY

  • 11
    アイテムID:4846474の画像

    DeLonghi (デロンギ)

  • 12
    アイテムID:4846482の画像

    ネスレ日本

  • 13
    アイテムID:4846493の画像

    illy(イリー)

  • 14
    アイテムID:4846496の画像

    Nespresso (ネスプレッソ)

  • 15
    アイテムID:4846499の画像

    DeLonghi(デロンギ)

  • 商品名
  • 全自動コーヒーマシンマグニフィカ ESAM03110S
  • マグニフィカSカプチーノコンパクト ECAM23260SBN
  • ラティシマ・プロ シルバー F456PR
  • フランシスフランシス Y3
  • エレッタカプチーノ ECAM44660BH
  • エスプレッソマシン BME-100DARMAR
  • 全自動コーヒーマシン E6
  • デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカーEC680M
  • ICONA エスプレッソ・カプチーノメーカーECO310B
  • ホームエスプレッソマシン
  • エスプレッソ&カプチーノマシン EC221
  • ゴールドブレンド バリスタPM9631
  • フランシスフランシス レッド X7.1
  • ラティシマ・タッチ F511WH
  • マグニフィカS ECAM22110SBHN
  • 特徴
  • ワンタッチで本格的なエスプレッソが楽しめる
  • ドリップコーヒーやきめ細かいミルクの本格カプチーノなども楽しめる
  • カプセルタイプだから手間なくエスプレッソが楽しめる
  • シンプルなコンパクトサイズだから場所をとらない
  • 業務用としても対応可能な大容量モデル
  • 初心者で扱いやすいセミオートのエスプレッソマシン
  • 浄水フィルター付きでコーヒー本来の風味を損なわない
  • スタイリッシュな見た目で本格コーヒーを楽しめるセミオートモデル
  • パウダーとカフェポッドお好みのいれ方を楽しめる
  • 自宅エスプレッソ入門におすすめなマシン
  • オートオフ機能付きなので消し忘れの心配いらず
  • 手軽にカフェ風のコーヒーが楽しめるカプセル式
  • 遊び心たっぷりの本体でインテリアとしても人気
  • スタイリッシュな見た目とシンプルな操作で使いやすい
  • 水の補充などはアイコンで知らせてくれる便利なエスプレッソマシン
  • 価格
  • 46950円(税込)
  • 103670円(税込)
  • 29384円(税込)
  • 12890円(税込)
  • 164000円(税込)
  • 9800円(税込)
  • 182400円(税込)
  • 31790円(税込)
  • 24900円(税込)
  • 8640円(税込)
  • 16400円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 20225円(税込)
  • 21800円(税込)
  • 89900円(税込)
  • タイプ
  • 全自動
  • 全自動
  • カプセル
  • カプセル
  • 全自動
  • セミオート
  • 全自動
  • セミオート
  • セミオート
  • セミオート
  • セミオート
  • パウダー
  • カプセル
  • カプセル
  • 全自動
  • タンク容量
  • 1.8L
  • 1.8L
  • 1.4L
  • 1L
  • 2L
  • 0.8L
  • 1.9L
  • 1L
  • 1.4L
  • 350ml
  • 1L
  • 800ml
  • 1L
  • 0.95L
  • 1.8L
  • 抽出圧
  • 9気圧
  • 9気圧
  • 19気圧
  • -
  • 9気圧
  • -
  • -
  • 9気圧
  • 9気圧
  • -
  • 9気圧
  • -
  • -
  • -
  • 9気圧
  • オプション機能
  • 二重構造高性能ミルクフロスター
  • 5種類のカフェメニュー
  • ミルク泡立ち調整ダイヤル
  • 使用済みカプセル入れ付き
  • 5種類のミルクメニュー
  • パウダー・カフェポッド対応
  • 浄水フィルター搭載
  • 自動ミルク泡立て
  • カップウォーマートレイ
  • スチームノズル付き
  • オートオフ機能
  • -
  • カップホルダー付き
  • 取り外し可能ミルクタンク
  • コーン式コーヒーグラインダーを採用

家庭用エスプレッソマシンの使い方

おすすめのエスプレッソマシンについてご紹介しましたが、最後にエスプレッソマシンの正しい使い方をご紹介します。

正しい使い方をして、美味しいエスプレッソを楽しみましょう!

使用する水はミネラルウォーター

エスプレッソマシンに使用する水は浄水や軟水のミネラルウォーターを使用するようにしましょう。

 

水道水でもエスプレッソを抽出することはできますが、カルキ臭が付いていたり、タンクに石灰質が付着してしまったりとあまり良い影響を与えないようです。

 

浄水やミネラルウォーターを使うことで、美味しいエスプレッソを淹れることができます。

使用しないコーヒー豆は大切に保管する

コーヒー豆は一度袋を開封して空気に触れてしまうと酸化が進んでしまい、気づかぬうちに味や香りが低下してしまいます。

 

美味しいエスプレッソを淹れるために、コーヒー豆は使用する分だけマシンに入れて、残りのコーヒー豆はコーヒーキャニスターなどの密閉容器に入れて、直射日光のあたらない湿気の少ない場所で保管するようにしましょう。

動画でチェック!エスプレッソマシンの使い方

エスプレッソマシンの使い方【動画あり】

美味しいエスプレッソを淹れるポイント

より美味しいエスプレッソを淹れるためにはいくつかのポイントがあります。これらのポイントに注意しながら淹れると自宅で簡単に本格的なエスプレッソを楽しむことができます!

お湯の温度と量

お湯の温度はエスプレッソの濃度に影響を与え、お湯の温度が数度違うだけで味に大きな変化が出てきます。お湯の温度が高いほど濃度が濃くなり、温度が低いほど濃度が薄くなります。お湯の適度な温度はエスプレッソメーカーの機種によって異なるので、使用する前に確認してください。

 

また、お湯の量もエスプレッソの濃度に影響し、お湯の量が少ないほど濃度が濃くなり、お湯の量が多いほど濃度が薄くなるので、少しずつ調整しながら好みの味に調整するようにしましょう。

コーヒー粉の粒度

粒度とはコーヒー豆を挽いた細かさのことを言い、エスプレッソは短時間で抽出を行うので、成分を抽出させやすい「極細挽き」が最適と言われています。

 

しかし、細かすぎれば良いという訳ではなく、細かすぎると成分が過抽出され、苦みや渋みが強調されてしまいます。利用するエスプレッソメーカーが推奨する粒度に合わせ、そこから少しずつ自分の好みに調整していくのが良いでしょう。

エスプレッソの抽出時間

エスプレッソの濃度は抽出時間も関わってき、一般的なエスプレッソの抽出時間は20~30秒程度と言われています。時間をかけて抽出するほど香り高い濃厚な仕上がりになり、短時間で抽出したものは口当たりが軽い仕上がりになります。

まとめ

ここまでエスプレッソマシンの選び方やおすすめ人気メーカーをランキング形式で紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。自宅で本格的なコーヒーが楽しめるエスプレッソマシンは、コーヒー好きの方はもちろんラテアートに挑戦したい方にもおすすめのアイテムです。ライフスタイルに合わせたマシンで、自宅で本格的なコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ