生ごみ処理機の人気おすすめランキング15選【バイオ式・乾燥式・ハイブリッド式】

記事ID12320のサムネイル画像

生ごみを分解・処理できる家庭用の生ごみ処理機。バイオ式、乾燥式、ハイブリッド式、コンポストなど、さまざまな種類の製品があり、ナクスルやパナソニックなどのメーカーから販売されています。今回は生ごみ処理機の選び方や人気おすすめランキングを紹介します。助成金についてもまとめていますよ!

生ごみ処理機のメリットとは?

生ごみ処理機に興味があるけど、ゴミ箱と何が違うのか、どのような道具なのがあまり分かりませんよね。実は、微生物を利用して分解したり、熱風を当てて乾燥させたりして、生ごみを70~90%も減らせるうえに、臭いやコバエの発生を防げるんです!また、発酵させた生ごみは花や野菜の肥料としても使用できます。

 

生ごみ処理機には、バイオ式、乾燥式、粉砕式、ハイブリッド式などのタイプがあり、製品によって価格、容量、サイズ、機能がさまざまです。マンションや一人暮らしなど、お住まいによって最適な製品が違ってくるので、どれを選んだらいいのか迷いますよね。

 

そこで今回は生ごみ処理機の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは使いやすさ・省エネ性能・脱臭力・種類などを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

生ごみ処理機の選び方

臭いや腐敗を抑えてくれる便利な生ごみ処理機ですが、使ったことがない人も多いですよね。はじめに、生ごみ処理機の選び方を解説していきます。

種類で選ぶ

生ごみ処理機には、バイオ式、乾燥式、ハイブリッド式、粉砕式といったように種類があります。使い方や設置場所に合わせて最適なものを選んでください。

静音性が高いものを選ぶなら「バイオ式」

バイオ式の生ごみ処理機は、微生物の力を利用してゴミを水と炭酸ガスに分解します。ゴミに加えてバイオチップ、種菌、発酵補助剤をセットして使用します。処理時間は5~20時間ほどかかり、1か月ほど寝かすことで野菜や花を栽培する際の堆肥として使用できるようになります。

 

そのため、家庭菜園やガーデニングをしているご家庭におすすめです。静音性が高いのもメリット。ただし、屋内で使用できるものは少なく、屋外に設置して電源を確保する必要があるものがほとんどです。キッチンから屋外にゴミを捨てにいくのが面倒に感じることもあります。

価格がリーズナブルなものを選ぶなら「乾燥式」

乾燥式の生ごみ処理機は、シンプルに熱や風を送ってゴミの水分を蒸発させて、カラカラ乾燥させた状態にします。家庭用として販売されている製品の多くが乾燥式です。生ごみの7割以上は水分なので、乾燥させることでコンパクトになります。

 

製品自体がコンパクトなものが多く、キッチンに設置しても邪魔になりにくいです。ただし、処理には電気を使用するため電気代がかさみやすいので注意してください。また、密閉度の高いものを選ばないと臭いが漏れる場合もあります。

 

バイオ式に比べて、動作音が大きく、処理時間に時間がかかるのもデメリットです。使用後に毎回お手入れが必要になるモデルもあります。

室内置きで快適に使うなら「ハイブリッド式」

バイオ式と乾燥式のいいとこ取りのような生ごみ処理機がハイブリッド式です。生ごみを乾燥させるだけでなく、微生物による分解処理も行うのが特徴です。音が静かであり、脱臭機能が優秀なので臭いが気になりづらいです。

 

また、処理後に中身を確認したり、容器を洗う必要がないのも魅力です。室内に設置して快適に使用したいなら、ハイブリッド式をおすすめします。ただし、ハイブリッド式は製品が少なく、サイズが大きめで、価格も高価になるのがデメリットです。設置場所や予算を考慮して選ぶことが大切になります。

お手入れが簡単なものなら「粉砕式」

ディスポーザーとも呼ばれる粉砕式の生ごみ処理機は、キッチンの排水溝に取り付けるタイプです。そのため、賃貸住宅にお住まいの方は設置できません。機能としては、生ごみを水と一緒に流し入れるだけで、臭いがでない状態まで処理してくれます。

 

蓋を開閉する必要がなく、生ごみを見ないで済むのがメリットです。また、製品によっては骨や貝殻といった硬いものも処理できます。ただし、設置するためには工事が必要で、動作音がかなり大きめです。使用や設置を禁止している自治会もあります。条件が多く、導入難度が高い生ごみ処理機と言えるでしょう。

電気代やコンセントを気にせず使うなら「コンポスト」

コンポストは電気やコンセントを必要としないのが最大の特徴です。生ごみや落ち葉などを入れることで、半年以上の時間をかけて堆肥を作ることができます。一般的に畑や庭に設置して使用します。主に農家の方が使用しているアイテムです。

 

ただし、完全に人の手で管理するため、日々の作業が必要になります。また、臭い・害虫の発生、動物による被害などのトラブルにも気を付けなくはいけません。

設置する場所で選ぶ

生ごみ処理機をキッチンやリビングなどの屋内に設置するのか、庭やベランダなどの屋外に設置するのか、設置する場所によって選ぶべき製品が違ってきます。

「屋内」に置くなら小型で脱臭力が高いものを

生ごみ処理機の製品には、シンクの下の収納スペースに設置できるくらい、小型でコンパクトなものもあります。バイオ式やコンポストは屋外に設置するものなので、屋内に設置するのであれば小型の乾燥式を選びましょう。

 

キッチンやリビングに臭いが漏れてしまうと大変ですから、脱臭力の高い製品がおすすめです。以下の記事では、ゴミ箱の人気おすすめランキングを紹介しています。興味のある方はぜひ合わせてご覧ください。

「屋外」に置くならサイズが大きいものを

屋外に設置するバイオ式やコンポストといった生ごみ処理機は、乾燥式に比べて、本体サイズが大きいものがほとんどですが、その中でも、サイズが大きいものを選んでおくと、1度に処理できる生ごみの量が多くなります。

 

臭いや動作音が近隣の迷惑にならないように、設置場所やモデル選びには十分気をつかってください。故障しないように、雨や風に当たらない場所に設置することも大切です。

4人家族ならサイズと容量は「1kg・1L前後」のものがおすすめ

サイズや処理容量も生ごみ処理機を選ぶうえで大切なポイントです。1人が1日あたりにだす食品や食べ残しなどの生ごみは約135gで、4人家族であれば約600gになります。その他の、廃棄物やゴミを考慮すれば、処理容量は1kg(1L)ほどあることが望ましいでしょう。

 

一人暮らしや少人数のご家庭であれば、もう少し小さくても問題ありません。容量が大きくなると、サイズも比例して大きくなります。設置スペースに余裕がなければ、サイズと容量が小さいものを選び、複数回に分けて生ごみを処理するというのも1つの手段です。

快適に使用するなら「便利な機能」が搭載されたものを

タイマー機能、脱臭機能、自動省エネ機能、モード切替機能など、生ごみ処理機を選ぶときは便利な付加機能にも注目しましょう。ニオイを出したくないなら脱臭機能、電気代を抑えたいなら省エネ機能、ゴミの量に応じた最適な処理をしてほしいならモード切替機能がおすすめです。

たくさんのゴミが出るなら「減容率が高い」ものを

生ゴミをどのくらいまで減らせるのか、小さくできるのかは減容率で表されます。一般的な生ごみ処理機であれば、減容率70~90%まで減らせますが、減容率99%を実現した優秀なモデルもあります。

 

家族の人数が多く、たくさんのゴミが出る場合は、減容率が高い生ごみ処理機を選ぶことをおすすめします。また、用量やサイズが大きいものを選ぶこともポイントです。減容率ではなく、5分の1、20%に減らせる、というような表記もあります。

「マンション」など室内や住宅が密集しているなら「臭い」「音」をチェック

生ごみ処理機を使っていると気になるのが臭いと動作音です。使用中の臭いや音もしっかり確認しておきましょう。マンションやアパートなどの集合住宅のように、室内や住宅が密集している場合は、近隣の迷惑にならないように特に注意してください。

 

消臭効果の高いチップ材を使用しているものや、優れた防臭機能を搭載したものなどがおすすめです。30dB以下の動作音であれば、深夜でも音が気になりませんので、静音性をチェックするうえでの目安にしてみてください。

「電気代」を抑えるなら消費電力の低いモデルを

電力を必要とする乾燥式の生ごみ処理機は、だいたい月に1,000円ほどの電気代がかかります。電気代を少しでも節約したいなら、消費電力が低いモデルや、省エネ機能が搭載されたモデルを選びましょう。ハンドルを使用して手動でかき混ぜるものであれば、さらに省エネ・節電を実現できます。

 

また、微生物の力を利用するバイオ式は、生ごみを発酵させるためのバイオチップ(発酵補助材)が必要になるため、ランニングコストがかかります。使用していくための費用が気になるなら、消費電力や1回分のバイオチップの量などをチェックしておきましょう。

「一人暮らし」なら「小型」でおしゃれなモデルがおすすめ

一人暮らしであれば、食べ残しや消費期限切れの食品などの生ごみが、あまりでないので容量やサイズが小さい製品でも問題ありません。ワンルームなどのお部屋に住んでいる場合も小型のほうが使いやすいです。また、おしゃれなデザインはキッチン家具によく馴染むので、おすすめします。

家庭からでる生ごみを処理するなら「家庭用」生ごみ処理機がおすすめ

家庭用の生ごみ処理機は、業務用に比べてサイズが小さく、キッチンの限られたスペースにも設置できるようになっています。また、生活空間に設置するため、静音性や消臭性に配慮された製品が多いのが特徴です。

 

家庭用の生ごみ処理機を選ぶ際は、容量や減容率よりも脱臭機能や静音性を重視して選んだほうが、快適に使用できます。

厨房や事務所に生ごみ処理機を設置するなら「業務用」モデルを

業務用の生ごみ処理機は、バイオ式を採用しており生ごみを投入するだけで微生物の力で分解でき、サイズ・容量が大きいのが特徴です。飲食店、スーパーマーケット、ホテル、介護施設、コンビニなどの厨房や事務所で活躍しています。シンクピアやケーアイ工業が有名です。

メーカーで選ぶ

生ごみ処理機がどのようなメーカーから発売されているのか、よく分かりませんよね。ここでは、生ごみ処理機を取り扱っている、おすすめのメーカーをまとめました。

高性能・高機能の生ごみ処理機を選ぶなら「ナクスル(NAXLU)」

ナクスルの生ごみ処理機は、世界5か国での実績があり、累計流通台数15万台突破しています。簡単処理・強力脱臭・省エネ設計・消音設計の4つが特徴で、生ごみ処理機を設置したいと考えている方に、おすすめのメーカーです。

 

価格は10万円以上して高価になりますが、28日間返金保証、1年間無償修理保証、電気代が安い、各自治体の助成金対象など、嬉しいポイントがあるため、購入して損はないでしょう。処理時のニオイを99.84%除去できるのも特筆すべき点です。

ゴミ箱サイズのコンパクトモデルが欲しいなら「パナソニック(Panasonic)」

パナソニックでは、温風乾燥式の家庭用生ごみ処理機を販売しています。130度の温風で乾燥・除菌をして生ごみを処理します。独自のスパイラル方式を強化したことで、脱臭能力がアップしています。

 

キッチンのスペースが限られた場所にも設置できるコンパクトサイズなので、室内に設置したご家庭におすすめです。乾燥したゴミは有機肥料として使用できます。

生ごみの匂いやコバエに悩んでいるなら「パリパリキューブ(PARIS PARIS CUBE)」

パリパリキューブの生ごみ処理機は、生ゴミによるコバエや臭いに悩んでいる方におすすめです。乾燥式で、生ごみを温風乾燥させて、1か月以上腐敗の進行を抑えることができます。本体にセットしてスイッチをオンにするだけの、シンプル操作で使いやすく、生ごみを徹底的に減らすことができます。

手頃に購入したい・手軽に生ゴミから肥料を作りたいなら「アイリスオーヤマ」

アイリスオーヤマで販売されている生ごみ処理機は、非常にコンパクトなコンポストであり、生ごみを発酵させて処理するタイプです。価格も安く手頃に入手でき、家庭でも簡単に使えます。別売の専用生ごみ発酵促進剤が必要になります。生ごみから有機肥料を作ってみたいという方におすすめします。

安い「価格」で購入したいなら乾燥式がおすすめ

生ごみ処理機は高価なものが多く、1万円~2万円くらいが平均価格であり、家庭用モデルでも10万円以上するものもあります。脱臭力が高く、分解処理ができるバイオ式よりも、シンプルな仕組みの乾燥式のほうが価格がリーズナブルです。

 

乾燥式の生ごみ処理機であれば1万円以下で購入できるため、予算を抑えたい方におすすめします。生ごみ処理機をはじめて導入する方も、まずは低価格で販売されている乾燥式の生ごみ処理機を選んでみてはいかがでしょうか。

バイオ式の生ごみ処理機の人気おすすめランキング3選

3位

株式会社サクラエコクリーン

バイオ式生ごみ処理機

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

生ゴミやペットのフンを分解したい方におすすめ

バイオの力で24時間かけて生ごみを水と炭酸ガスに分解します。ペットのフンにも対応しているため、犬や猫を飼っているご家庭にもおすすめです。優れた消臭能力を発揮して、厄介な生ごみの臭いの原因となる原因菌を分解できます。

サイズ370×550×750mm処理方式バイオ式
処理量1kg処理時間-

口コミを紹介

良いものを提供していただきました。
ありがとうございました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

株式会社サクラエコクリーン

環境エコ美人 室内置きタイプ

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気を綺麗にしてくれるバイオ式生ゴミ処理機

こちらのバイオ式消滅型の生ごみ処理機は空気清浄機能を備えているのが特徴で、1日あたり1~1.5Kgの生ごみを処理して、本体の周りの空気を浄化・脱臭・除湿・殺菌する能力も備えています。キレイな空気を維持いたい方におすすめです。

サイズ385×430×580mm処理方式バイオ式消滅型
処理量1.5kg処理時間10分〜24時間
1位

バイオクリーン

家庭用バイオ式生ごみ処理機 BS-02

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マンションのベランダに設置した方におすすめ!家庭用のバイオ式生ゴミ処理機

屋根のある屋外で電源を確保できれば、マンションのベランダでも利用できるバイオ式生ゴミ処理機です。省電力・静音を実現する製品で、節電運転モードだとほとんど音がしません。補助金制度対象製品なのもおすすめするポイントです。

サイズ40×40×78cm処理方式バイオ式
処理量-処理時間3〜16時間

口コミを紹介

使いだして1月余りですが生ごみの消化が良く、量が予想していたより増えません。気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

バイオ式の生ごみ処理機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5717097の画像

    バイオクリーン

  • 2
    アイテムID:5717126の画像

    株式会社サクラエコクリーン

  • 3
    アイテムID:5717153の画像

    株式会社サクラエコクリーン

  • 商品名
  • 家庭用バイオ式生ごみ処理機 BS-02
  • 環境エコ美人 室内置きタイプ
  • バイオ式生ごみ処理機
  • 特徴
  • マンションのベランダに設置した方におすすめ!家庭用のバイオ式生ゴミ処理機
  • 空気を綺麗にしてくれるバイオ式生ゴミ処理機
  • 生ゴミやペットのフンを分解したい方におすすめ
  • 価格
  • 99000円(税込)
  • 69800円(税込)
  • 49800円(税込)
  • サイズ
  • 40×40×78cm
  • 385×430×580mm
  • 370×550×750mm
  • 処理方式
  • バイオ式
  • バイオ式消滅型
  • バイオ式
  • 処理量
  • -
  • 1.5kg
  • 1kg
  • 処理時間
  • 3〜16時間
  • 10分〜24時間
  • -

乾燥式の生ごみ処理機の人気おすすめランキング3選

3位

島産業

パリパリキューブ PPC-01-GN

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

生ごみを乾燥させて腐らなくして小さくする生ごみ処理機

生ゴミの腐敗を1か月以上防いで、ニオイやコバエを抑えてくれる家庭用生ごみ処理機です。乾燥させるだけで腐らないうえに、量が小さく減るため、ゴミ出しの回数がグッと減ります。生ごみに悩まされている人におすすめのモデルです。

サイズ26×31×42cm処理方式乾燥式
処理量約1kg処理時間6時間〜12時間

口コミを紹介

ヤッパリこっちの方がいい!大きさが程よくて、変に気を使わなくていい。もう少し大きいと、足元に置かなければいけなくなるので、これくらいで丁度いいと思います。なんか、清潔感があっていい。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミを紹介

2位

島産業

パリパリキュー PPC-11-WH

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家庭用として使いやすい乾燥式生ごみ処理機

清潔感のあるデザインと、キッチンに小さく収まるコンパクトなサイズが魅力です。臭気や細菌といった衛生面や動作音に配慮しており、簡単で手間なく使えるため家庭用の生ごみ処理機として非常におすすめします。

サイズ23×27×27cm処理方式乾燥式
処理量500g処理時間約7時間30分~約10時間40分

口コミを紹介

6人の大食漢が居る家族です。嫁がギュウギュウに生ゴミを詰めてスイッチを押します。今までゴミの集積場まで週2持って行くのが私の仕事でしたが、今は超パリパリになったゴミは週1以下で軽くて匂いがなく助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

日立(HITACHI)

キッチンマジック 家庭用生ごみ処理機 ECO-V30-S

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有機肥料にリサイクルできる乾燥式生ごみ処理機

屋内・屋外兼用タイプの家庭用生ごみ処理機です。3人家族の1日分の生ごみを、約85分の速さ処理できます。乾燥式のため有機肥料にリサイクルできるのもポイント。脱臭率99%の強力脱臭なので、処理中の臭いが気にならず清潔です。

サイズ-処理方式乾燥式
処理量3kg処理時間約85分

口コミを紹介

野菜の皮や切れ端、肉の筋、魚の内臓等の処理に重宝します。
それらの処理では香ばしい匂い程度で済みます。

出典:https://www.amazon.co.jp

乾燥式の生ごみ処理機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5716898の画像

    日立(HITACHI)

  • 2
    アイテムID:5716924の画像

    島産業

  • 3
    アイテムID:5716725の画像

    島産業

  • 商品名
  • キッチンマジック 家庭用生ごみ処理機 ECO-V30-S
  • パリパリキュー PPC-11-WH
  • パリパリキューブ PPC-01-GN
  • 特徴
  • 有機肥料にリサイクルできる乾燥式生ごみ処理機
  • 家庭用として使いやすい乾燥式生ごみ処理機
  • 生ごみを乾燥させて腐らなくして小さくする生ごみ処理機
  • 価格
  • 69800円(税込)
  • 49500円(税込)
  • 37400円(税込)
  • サイズ
  • -
  • 23×27×27cm
  • 26×31×42cm
  • 処理方式
  • 乾燥式
  • 乾燥式
  • 乾燥式
  • 処理量
  • 3kg
  • 500g
  • 約1kg
  • 処理時間
  • 約85分
  • 約7時間30分~約10時間40分
  • 6時間〜12時間

パナソニック製の生ごみ処理機の人気おすすめランキング3選

3位

パナソニック(Panasonic)

家庭用生ごみ処理機 MS-N23-G

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目や臭いが気にならない快適なモデル

3人家族1日分の生ごみ約400gを7分の1まで減らすことが可能な、パナソニックの生ごみ処理機です。温風乾燥式で生ごみを乾燥除菌するため保管もできます。電気ポットのようなデザインなので、キッチンに設置しても違和感がなくおしゃれです。

サイズ268×365×470mm処理方式乾燥式
処理量約1〜6kg処理時間-

口コミを紹介

1台目のパナソニックがとても良かったので、2台目も似たもので小さめを。高さも程よく使いやすい。4人家族で3リットルで十分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パナソニック(Panasonic)

家庭用生ごみ処理機 MS-N22-H

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

生ごみ処理機はじめての方におすすめ!使いやすさ抜群

処理だけでなく除菌もできるパナソニックの家庭用生ごみ処理機です。片手でらくらく操作でき、ワンプッシュすれば蓋を開けられるため、はじめての方でも安心して使えます。約90分のスピード処理ができるのもポイントです。

サイズ47×26.8×36.5cm処理方式乾燥式
処理量1〜6kg処理時間約90分

口コミを紹介

日々の生ごみが肥料になる!騒音も臭いも気にならない。エコを実践してるという充実感も得られる。ベランダでプランターでの家庭菜園ですけれど、腐葉土代もかかるので、大助かりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

パナソニック(Panasonic)

家庭用生ごみ処理機 MS-N53-S

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一人暮らしにもおすすめなコンパクトモデル!パナソニックならではの脱臭能力

パナソニック独自のプラチナパラジウム触媒(スパイラル方式)を強化したモデルで、脱臭能力がさらにアップしています。そのため、処理中や保管中の匂いが気になりません。スペースの限られたキッチンにも置けるコンパクトサイズです。

サイズ26.8×36.5×55cm処理方式乾燥式
処理量6L処理時間約2時間

口コミを紹介

1週間程度の利用ですが、明らかにごみは減りました。作動音も気になる程でなく、完成した堆肥は香ばしいにおいです6Lの容量なので、通常使用では毎日は作動しなくても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

パナソニック製の生ごみ処理機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5716833の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 2
    アイテムID:5716846の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 3
    アイテムID:5716857の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 商品名
  • 家庭用生ごみ処理機 MS-N53-S
  • 家庭用生ごみ処理機 MS-N22-H
  • 家庭用生ごみ処理機 MS-N23-G
  • 特徴
  • 一人暮らしにもおすすめなコンパクトモデル!パナソニックならではの脱臭能力
  • 生ごみ処理機はじめての方におすすめ!使いやすさ抜群
  • 見た目や臭いが気にならない快適なモデル
  • 価格
  • 67800円(税込)
  • 15800円(税込)
  • 28000円(税込)
  • サイズ
  • 26.8×36.5×55cm
  • 47×26.8×36.5cm
  • 268×365×470mm
  • 処理方式
  • 乾燥式
  • 乾燥式
  • 乾燥式
  • 処理量
  • 6L
  • 1〜6kg
  • 約1〜6kg
  • 処理時間
  • 約2時間
  • 約90分
  • -

小型の生ごみ処理機の人気おすすめランキング3選

3位

YJINGRUI

生ごみ処理機

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほとんどの食品廃棄物を処理できるディスポーザー

高い処理能力を発揮するディスポーザーの生ごみ処理機です。卵の殻や魚の骨など、硬い食べカスまで処理できます。耐久性に優れているため、10年以上使用できるのも魅力です。シンク下に取り付けるため工事が必要になります。

サイズ-処理方式-
処理量1400ml処理時間-
2位

サンコープラスチック

生ゴミ処理機 EMワーカー

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格が安くて小さなサイズの生ごみ処理機が欲しい方におすすめ

リーズナブルな価格の生ごみ処理機です。容器の中に生ごみをセットして、EMボカシという処理剤を入れて使用します。夏場で約10~15日、冬場で約15~20日の短期間で生ごみを分解・減量します。良質な堆肥、有機肥料が作れるのも魅力です。

サイズ31.4×31.4×34.4cm処理方式乾燥式
処理量15L処理時間約10〜20日

口コミを紹介

ちょうど良い大きさで、便利です。ぼかし肥ができるのを楽しみにしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

エコ・クリーン

自然にカエル S 基本セット

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型なのにパワフルな手動式の生ごみ処理機

バイオ式のように微生物の力で生ごみを分解しますが、電気を使用しない手動式なので自然と家計にやさしいです。小型ながらも大容量なので、三角コーナー約1杯分を毎日処理できます。助成金対象なのでお得に生ごみ処理機を利用できます。

サイズ42.8×28.3×41.8cm処理方式微生物処理方式
処理量700g処理時間-

口コミを紹介

毎日2回、生ゴミを入れて回すだけなので使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

小型の生ごみ処理機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5716764の画像

    エコ・クリーン

  • 2
    アイテムID:5716785の画像

    サンコープラスチック

  • 3
    アイテムID:5716806の画像

    YJINGRUI

  • 商品名
  • 自然にカエル S 基本セット
  • 生ゴミ処理機 EMワーカー
  • 生ごみ処理機
  • 特徴
  • 小型なのにパワフルな手動式の生ごみ処理機
  • 価格が安くて小さなサイズの生ごみ処理機が欲しい方におすすめ
  • ほとんどの食品廃棄物を処理できるディスポーザー
  • 価格
  • 19981円(税込)
  • 1822円(税込)
  • 25999円(税込)
  • サイズ
  • 42.8×28.3×41.8cm
  • 31.4×31.4×34.4cm
  • -
  • 処理方式
  • 微生物処理方式
  • 乾燥式
  • -
  • 処理量
  • 700g
  • 15L
  • 1400ml
  • 処理時間
  • -
  • 約10〜20日
  • -

家庭用の生ごみ処理機の人気おすすめランキング3選

3位

Food Cycle Science

フードサイクラー FC-30

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすくお手入れが簡単な家庭用生ごみ処理機

生ゴミの悪臭や雑菌をなくしてくれる生ごみ処理機です。処理したものは燃えるゴミとして処分できるのはもちろん、ガーデニング用・芝生用の肥料として再生可能です。使い方やメンテナンスが簡単なのもおすすめするポイントです。

サイズ-処理方式-
処理量-処理時間3時間~6時間

口コミを紹介

食事の準備の時に出る生ゴミをまとめて夜にフードサイクラーに入れておくと、朝には肥料になってます。生ゴミの臭いがなくなり、ゴミが減ったこと、フードサイクラーで、できた肥料を毎日、庭のバラにあげてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

DENZEN

ナクスル(NAXLU) FD-015M

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5つの魅力が詰まった家庭用生ごみ処理機!主婦の方におすすめ

ナクスルは生ごみ処理機の中でも珍しく価値がある、ハイブリッド式のモデルです。強力脱臭・簡単処理・省エネ設計・静音設計・最適サイズの5つの魅力が詰まっています。たった1秒でエコな生ごみ処理ができるため、忙しい主婦の方におすすめです。

サイズ385×430×580mm処理方式ハイブリッド式
処理量1.5kg処理時間-

口コミを紹介

便利に使わせていただいています。これまでの生ごみ処理機のこげたような臭いがだめだったのですが、これなら全然大丈夫です!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

島産業

パリパリキューブライトアルファ PCL-33-BWR

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い勝手抜群の家庭用生ごみ処理機!

A4用紙と同じくらいのコンパクトなサイズで、インテリア性の高いデザインがおしゃれです。静音性が高いため深夜にも使えます。独自の脱臭ユニットを採用しているため、臭いが気になりません。1年中活躍してくれる家庭用生ごみ処理機です。

サイズ21.5×28.3cm処理方式乾燥式
処理量700g処理時間約6時間〜9時間

口コミを紹介

年末/年始でゴミ収集が休みになるので急遽購入しました。早速使ってみました。多くの口コミ通り臭いもなくカリカリになってました。これすごく良さそうです。正月は生ゴミが多く出るので助かると思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

家庭用の生ごみ処理機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5716708の画像

    島産業

  • 2
    アイテムID:5717017の画像

    DENZEN

  • 3
    アイテムID:5716747の画像

    Food Cycle Science

  • 商品名
  • パリパリキューブライトアルファ PCL-33-BWR
  • ナクスル(NAXLU) FD-015M
  • フードサイクラー FC-30
  • 特徴
  • 使い勝手抜群の家庭用生ごみ処理機!
  • 5つの魅力が詰まった家庭用生ごみ処理機!主婦の方におすすめ
  • 使いやすくお手入れが簡単な家庭用生ごみ処理機
  • 価格
  • 21500円(税込)
  • 125500円(税込)
  • 61380円(税込)
  • サイズ
  • 21.5×28.3cm
  • 385×430×580mm
  • -
  • 処理方式
  • 乾燥式
  • ハイブリッド式
  • -
  • 処理量
  • 700g
  • 1.5kg
  • -
  • 処理時間
  • 約6時間〜9時間
  • -
  • 3時間~6時間

補助金や助成金を有効活用しよう

生ごみを減量・堆肥化する生ごみ処理機を設置した方に、補助金や助成金を支給(交付)している自治体もあるので要チェックです。購入する前にお住まいの地域の窓口やホームページで確認してみてください。

 

自治体によっては事前に申請が必要だったり、申請方法や助成金の限度額、対象機器などが違うので、購入する前にしっかり調べておくことが大切です。以下のサイトでは、浜松市の家庭用生ごみ処理機の補助金制度を確認できるので、参考にしてみてください。

密封性の高いゴミ箱もおすすめ

生ごみの臭いを抑えたいのであれば、密閉性・密封度が高いゴミ箱を使用するのも1つの手段です。以下の記事では、キッチン用ゴミ箱の人気おすすめランキングを紹介していますので、興味のある方はぜひ合わせてご覧ください。

まとめ

生ごみ処理機の選び方や人気おすすめランキングはいかがだったでしょうか。生ごみ処理機はごみの量を減らせるだけでなく、気になる臭いやコバエを予防できる便利なアイテムです。今回の記事を参考にしてただき、ご自身のライフスタイルにピッタリの1台を見つけてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年06月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ