生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング15選【ハイブリッド式・電気を使わないものも】

生ゴミを簡単に分解処理できる生ゴミ処理機。ハイブリッド式・電気を使わないコンポスト式などがあり、ルーフェンやパリパリキューで有名な島産業など販売メーカーも豊富です。今回は、生ゴミ処理機がいるかいらないか悩んでいる方必見の人気おすすめランキングを紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

電気を使わないものも!残飯や生ゴミ対策におすすめな生ゴミ処理機

生ゴミ処理機に興味はあるけど「よくわからないまま私の家にはいらないかも」と思っている方も多いです。実は、微生物を利用して分解したり、熱風で乾燥させて、生ゴミを70~90%も減らしたり、臭いやコバエの発生を防げるんです。

 

生ゴミ処理機には、バイオ式・乾燥式・粉砕式・ハイブリッド式・電気を使わないコンポスト式などのタイプがあり、ルーフェンやパリパリキューで有名な島産業やパナソニック・日立などのメーカーが販売しています。

 

そこで今回は生ゴミ処理機の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは容量・サイズ設置場所・消費電力・口コミなどを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

バイオ式生ゴミ処理機のおすすめ

1位

グリーンパル

EMエコペール

小型なのにパワフルなバイオ式の生ゴミ処理機

バイオ式のように微生物の力で生ゴミを分解しますが、電気を使用しない手動式なので自然と家計にやさしい商品です。小型ながらも大容量で使えます。生ごみの臭いをはじめに、虫が気になる方はチェックをしててください。

基本情報
サイズ 42.8×28.3×41.8cm
処理方式 微生物処理方式
処理量 700g
処理時間 -
設置場所 屋内
消費電力 -
もっと見る

乾燥機式生ゴミ処理機のおすすめ

1位

島産業

家庭用屋内型生ごみ処理機 PPC-01-GN

もう生ゴミの臭いとコバエに悩まされない

生ゴミの腐敗を1か月以上防いで、ニオイやコバエを抑えてくれる家庭用生ゴミ処理機です。乾燥させて腐らず量が減るため、ゴミ出しの回数がグッと減ります。生ゴミに悩まされている方におすすめのモデルです。

基本情報
サイズ 26×31×42cm
処理方式 乾燥式
処理量 約1kg
処理時間 6時間〜12時間
設置場所 屋内
消費電力 120W
もっと見る

ハイブリッド式生ごみ処理機のおすすめ

1位

NAXLU

FD-015M

口コミ評価の高い5つの魅力が詰まったハイブリッド式

ナクスルは生ゴミ処理機の中でも珍しいハイブリッド式のモデルです。強力脱臭・簡単処理・省エネ設計・静音設計・最適サイズの5つの魅力が詰まっています。たった1秒でエコな生ゴミ処理ができるため、忙しい主婦の方におすすめです。

基本情報
サイズ 385×430×580mm
処理方式 ハイブリッド式
処理量 1.5kg
処理時間 -
設置場所 屋内用
消費電力 60W
もっと見る

おしゃれな生ゴミ処理機のおすすめ

1位

島産業

パリパリキューブライトアルファ

使い勝手抜群の家庭用生ゴミ処理機

A4用紙と同じくらいのコンパクトなサイズで、インテリア性の高いデザインがおしゃれです。静音性が高いため深夜にも使えます。独自の脱臭ユニットを採用しているため、臭いが気になりません。1年中活躍してくれる家庭用生ゴミ処理機です。

基本情報
サイズ 21.5×28.3cm
処理方式 乾燥式
処理量 700g
処理時間 約6時間〜9時間
設置場所 屋内
消費電力 150W
もっと見る

生ごみ処理機のメリット・デメリット

生ゴミ処理機は生ゴミや残飯を入れて、生ゴミの量を減らすアイテムです。数時間で生ゴミの量が5〜10分の1になり、ヌメヌメや臭いも減らせるため、コバエの発生も抑えられるのがメリットです。乾燥させたゴミは、家庭菜園用の肥料としても使えます。

 

生ゴミ処理機があれば、いつでも生ゴミを処理できるのもメリットです。燃えるゴミの収集日以外は生ゴミを捨てられないので、自宅で保管する必要があります。生ゴミ処理機があれば自宅で保管して、臭い・汁・コバエが出るのを気にしなくて大丈夫です。

 

デメリットは導入コストや電気代が高く、処理中に強い臭いが出るものは室内で使えない点です。生ゴミ処理機は価格の高いものが多く電気代もかかり、バイオ式だと処理中に臭いが発生します。蓋の密閉性が高くないと、臭いや液だれが起きる可能性もあります

生ゴミ処理機の選び方

臭いや腐敗を抑えてくれる便利な生ゴミ処理機ですが、まだ持っていない方も多いです。はじめに、生ゴミ処理機の選び方を解説していきます。

種類で選ぶ

生ゴミ処理機には、バイオ式・乾燥式・ハイブリッド式・粉砕式といったように種類があります。使い方や設置場所に合わせて最適なものを選んでください。

静音性が高いものを選ぶなら「バイオ式」がおすすめ

バイオ式の生ゴミ処理機は、微生物の力を利用して生ゴミを水と炭酸ガスに分解します。生ゴミに加えてバイオチップ・種菌・発酵補助剤をセットして、1か月ほど寝かすと野菜や花を栽培する際の堆肥として使用可能です。

 

そのため、家庭菜園やガーデニングをしているご家庭は、静音性が高い電動のものか手動で価格が安いコンポストをおすすめします。

狭いスペースにコンパクトな「乾燥式」がおすすめ

乾燥式タイプは、熱や風を送って生ゴミの水分を蒸発させて、カラカラに乾燥させた状態にします。生ゴミの7割以上は水分なので、乾燥させるとコンパクトです。製品自体もコンパクトなものが多く、キッチンに設置しても邪魔になりにくくなっています。

 

ただし、処理には電気を使用するため電気代がかさみやすいのはデメリットですので、気を付けてください。

快適さにこだわる方に「ハイブリッド(ハイブリット)式」がおすすめ

ハイブリッド式は、生ゴミを乾燥させるだけでなく、微生物による分解処理も行うのが特徴です。ハイブリット式とも呼ばれ、乾燥式とバイオ式のメリットを兼ね備えています。音が静かであり、脱臭機能が優秀なので臭いも気になりにくいです。

 

ハイブリッド式は、室内に設置しても快適に使用できます。ただし、製品が少なく、サイズが大きめで、価格も高価になるのがデメリットです。

シンクに取り付けるなら「粉砕式」がおすすめ

ディスポーザーとも呼ばれる粉砕式の生ゴミ処理機は、キッチンの排水溝に取り付けるタイプです。そのため、賃貸住宅にお住まいの方は設置できません。機能としては、生ゴミを水と一緒に流し入れるだけで、臭いがでない状態まで処理してくれます。

 

製品によっては骨や貝殻といった硬いものも処理可能です。ただし、設置するためには工事が必要で、動作音がかなり大きめになります。使用や設置を禁止している自治会もあるため、確認してから設置してください。

電気代が気になる方には電気を使わない「コンポスト」がおすすめ

コンポストは、電気を使わないのが最大の特徴です。コンセントも必要ありません。一般的に畑や庭に設置して使用します。虫や動物による被害が無いとは限りませんが、生ゴミや落ち葉などを入れ、半年以上の時間をかけて堆肥を作れるのもポイントです。

 

また、室内で生ゴミとチップ材などを入れて低温分解させ、有機肥料を作れる微生物処理方式の商品も販売されています。値段も安く、気軽に導入できるのがメリットです。

置き場所で選ぶ

生ゴミ処理機の設置場所をキッチンやリビングなどの屋内にするか、庭やベランダなどの屋外にするか、置き場所によって選ぶべき製品が違ってきます。

屋内に置くなら「小型で脱臭力が高い」ものがおすすめ

生ゴミ処理機の製品には、シンクの下の収納スペースに設置できるくらい、小型でコンパクトなものもあります。バイオ式やコンポストは屋外に設置するものが多く、屋内に設置するのであれば小型の乾燥式がおすすめです。

屋外に置くなら「サイズが大きいタイプ」もおすすめ

屋外に設置するバイオ式やコンポストといった生ゴミ処理機は、乾燥式よりも本体サイズが大きいものが多いです。基本的にサイズが大きいものを選んでおくと、1度に処理できる生ゴミの量が多くなります。

 

臭いや動作音が近隣の迷惑にならないように、設置場所やモデル選びには十分気をつかってください。電動タイプの場合はできるだけ雨や風に当たらない場所に設置しましょう。

サイズ・容量で選ぶ

生ごみ処理機のサイズや容量は使用する方の人数によっても異なります。ぜひ参考にして選んでみてください。

一人暮らしや少人数なら「1kg」程度がおすすめ

サイズや処理容量も生ゴミ処理機を選ぶうえで大切なポイントです。一人暮らしや少人数のご家庭であれば、小さくても問題ありません。そのほかの廃棄物や生ゴミを考慮すれば、処理容量は1kg(1L)ほどをおすすめします。

家族で使用するなら「1.5〜2kg」程度がおすすめ

1人が1日あたりにだす食品や食べ残しなどの生ゴミは約135gで、4人家族であれば約600gになるので、容量としては、1.5〜2kgの生ごみ処理機がおすすめです。容量が大きくなるとサイズも比例して大きくなります。

 

設置スペースに余裕がなければ、サイズと容量が小さいものを選び、複数回に分けて生ゴミを処理をしましょう。

対応している食材で選ぶ

生ゴミ処理機の中には、処理できる食材の種類が限られているものもあります。たとえば肉の骨などの硬いものや、サイズが規定以上のものは処理できないケースが少なくありません。購入前に、メーカーのHPなどでチェックしておきましょう。

続けやすさで選ぶなら「初期費用と電気代」のバランスをチェック

電気代や初期費用が気になる場合は消費電力が低いモデルや、省エネ機能が搭載されたモデルがおすすめです。手動でかき混ぜるものであれば、さらに省エネ・節電を実現できるのでより節約したい方におすすめします。

 

また、微生物の力を利用するバイオ式は、生ゴミを発酵させるためのバイオチップ(発酵補助材)が必要になるため、ランニングコストがかかるのも特徴です。消費電力や1回分のバイオチップの量などをチェックしておきましょう。

 

乾燥式の生ゴミ処理機であれば1万円代で購入できる商品もあり、予算を抑えたい方におすすめです。月に約1,000円ほどの電気代がかかるので、初期費用とランニングコストのバランスをみて選びましょう。

そのほかの「便利な機能」もチェック

タイマー機能・脱臭機能・自動省エネ機能・モード切替機能など、便利な付加機能にも注目しましょう。臭いを出したくないなら脱臭機能、電気代を抑えたいなら省エネ機能、生ゴミの量に応じた処理をしてくれるモード切替機能もおすすめです。

衛生的に使い続けるなら「手入れのしやすさ」をチェック

生ゴミの処理が面倒だったり、内部の分解方法が複雑で使いにくいものは掃除をするのが億劫になってしまいます。その結果、不衛生になってしまうのでお手入れがしやすい設計やモデルのものを選ぶのは大切です。

 

特に乾燥式の生ごみ処理機は、こまめな水洗いが必須になります。手入れの頻度を考えて、扱いやすく手間がかからないものを選ぶと清潔に保ちやすくなりおすすめです。

集合住宅や住宅密集地では「臭いと静音性」もチェック

生ゴミ処理機を使っていると気になるのが臭いと動作音です。使用中の臭いや音もしっかり確認しておきましょう。マンションやアパートなどの集合住宅、住宅が密集している場合は、近隣の迷惑にならないようにする必要があります。

 

消臭効果の高いチップ材を使用しているものや、優れた防臭機能を搭載したものなどがおすすめです。30dB以下の動作音であれば、深夜でも音が気になりませんので、静音性をチェックするうえでの目安にしてみてください。

 

また、臭いが気になる場合はゴミ箱用の消臭剤などの使用をおすすめします。下記の記事はゴミ箱用消臭剤の人気おすすめランキングです。ぜひチェックしてみてください。

生ゴミが多い家庭は「減容率が高い」ものがおすすめ

どのくらいまで減らせるのかは減容率で表されます。一般的な生ゴミ処理機であれば、減容率70~90%、中には減容率99%を実現した優秀なモデルもあるのが特徴です。家族の人数が多く、たくさんの生ゴミが出る場合は、減容率が高い生ゴミ処理機をおすすめします。

 

減容率ではなく、5分の1・20%に減らせるといったような表記もありますのでチェックしてみてください。

一人暮らしには「小型」でおしゃれなモデルがおすすめ

一人暮らしなど生ゴミがそれほど多くない場合、容量やサイズが小さい製品でも問題ありません。ワンルームなどのお部屋に住んでいる場合も小型のほうが使いやすいです。また、おしゃれなデザインはキッチン家具によく馴染むのでおすすめします。

家庭で使うならコストコなどの「家庭用」生ゴミ処理機がおすすめ

家庭用の生ゴミ処理機は、業務用よりサイズが小さく、キッチンの限られたスペースにも設置できるようになっています。また、生活空間に設置するため、静音性や消臭性に配慮された製品が多いのが特徴です。

 

家庭用の生ゴミ処理機を選ぶ際は、容量や減容率よりも脱臭機能や静音性を重視して選んだほうが、快適に使用できます。コストコでも家庭用の生ゴミ処理機を購入できるので、チェックしてみてください。

厨房や事務所に設置するなら「業務用」モデルもおすすめ

業務用の生ゴミ処理機は、バイオ式で生ゴミを投入するだけで微生物の力で分解します。サイズ・容量が大きいのが特徴です。飲食店・スーパー・ホテル・介護施設・コンビニエンスストアなどの厨房や事務所で活躍しています。シンクピアやケーアイ工業が有名です。

メーカーで選ぶ

生ゴミ処理機がどのようなメーカーから発売されているのか、よく分からない方もいます。ここでは、生ゴミ処理機を取り扱っている、おすすめのメーカーをまとめました。

高性能・高機能の生ゴミ処理機なら「NAXLU(ナクスル)」がおすすめ

ナクスルの生ゴミ処理機は累計流通台数15万台突破しています。簡単処理・強力脱臭・省エネ設計・消音設計の4つが特徴で、生ゴミ処理機を設置したいと考えている方におすすめのメーカーです。

 

価格は10万円以上と高価ですが、28日間返金保証・1年間無償修理保証・電気代が安い・各自治体の助成金対象など、嬉しいポイントがあるため、購入して損はありません。処理時のニオイを99.84%除去できるのも特筆すべき点です。

コンパクトにこだわるなら「Panasonic(パナソニック)」がおすすめ

パナソニックでは、温風乾燥式の家庭用生ゴミ処理機を販売しているのが特徴です。130度の温風で乾燥・除菌をして生ゴミを処理をする独自のスパイラル方式を強化で、脱臭能力がアップしています。

 

キッチンのスペースが限られた場所にも設置できるコンパクトサイズなので、室内に設置したご家庭におすすめです。乾燥した生ゴミは有機肥料として使用してください。

口コミ評価も高くテレビで紹介されているモデルなら「島産業」がおすすめ

パリパリキューブを開発した島産業はリサイクル設備やゴミ処理施設で有名な会社です。乾燥式で、生ゴミを温風乾燥させて、1か月以上腐敗の進行を抑えられ、生ゴミによるコバエや臭いに悩んでいる方におすすめします。

 

朝の情報番組でも紹介され、人気が高くおすすめです。ゴミの再利用ができて便利とガーデニングや家庭菜園をしている方の口コミ評価が高いのが特徴になります。

肥料を作りたい方や安い商品を希望する方は「アイリスオーヤマ」がおすすめ

アイリスオーヤマで販売している生ゴミ処理機は、生ゴミを発酵させて処理するコンパクトなコンポストです。安い商品も多いので手頃に入手でき、別売の生ゴミ発酵促進剤が必要になりますが使い方も簡単になります。

 

生ゴミから有機肥料を作ってみたいといった方におすすめのメーカーです。

世界的にも大ヒットしている人気の商品なら「ルーフェン」がおすすめ

世界的に大人気になっているルーフェンの生ゴミ処理機は、販売台数が100万台を突破するなど人気に陰りが見えない商品です。ゴミ箱感覚で生ゴミをポイッと捨てるだけで乾燥・除菌・脱臭までワンタッチで行ってくれます。

 

シンプル操作なのでご年配の方でも使いやすい点も人気のポイントです。AIで電力を調整してくれるため、ランニングコストを気にしている方からも人気があります。

バイオ式生ゴミ処理機の人気おすすめランキング3選

3位

サンコープラスチック

生ゴミ処理機 EMワーカー

液肥もできる生ゴミ処理機

リーズナブルな価格の生ゴミ処理機です。容器の中に生ゴミをセットして、EMボカシ処理剤を入れて使用します。夏場で約10~15日、冬場で約15~20日の短期間で生ゴミを分解・減量可能です。良質な堆肥、有機肥料が作れるのも魅力になります。

基本情報
サイズ 31.4×31.4×34.4cm
処理方式 -
処理量 15L
処理時間 約10〜20日
設置場所 屋内外兼用
消費電力 -
もっと見る

口コミを紹介

1週間一つの容器に生ゴミを入れます。しっかりぼかし菌を掛け密閉して、もうひとつの容器を使います。
臭い、ショウジョウバエの心配がなくなりました。1年半使ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

C&(シーアンド)

ボカシオルガンコ2

コンパクトさと電気を使わないのが魅力のボカシオルガンコ2

電気を使わないバイオ式コンポストで、使い方も手入れもとても簡単です。キッチンにも置きやすいナチュラルカラーは、インテリアを損なわず設置できます。余分な装飾がない分、清潔感を保ちやすいのも特徴です。

 

二重構造になっており、空気も遮断するので外に臭いが漏れません。臭いもせずコンパクトなので、キッチンの上においても使用可能です。

基本情報
サイズ 24×24×34㎝
処理方式 バイオ式
処理量 9,6ℓ
処理時間 -
設置場所 卓上・キッチン
消費電力 -
もっと見る

口コミを紹介

キッチンに置いててもコンポストと思われないです。
蓋を開けたらもちろん匂いますが閉めてたら匂いません。
夏場…コバエなどは湧きませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

グリーンパル

EMエコペール

小型なのにパワフルなバイオ式の生ゴミ処理機

バイオ式のように微生物の力で生ゴミを分解しますが、電気を使用しない手動式なので自然と家計にやさしい商品です。小型ながらも大容量で使えます。生ごみの臭いをはじめに、虫が気になる方はチェックをしててください。

基本情報
サイズ 42.8×28.3×41.8cm
処理方式 微生物処理方式
処理量 700g
処理時間 -
設置場所 屋内
消費電力 -
もっと見る

口コミを紹介

便利に使わせていただいています。これまでの生ごみ処理機のこげたような臭いがだめだったのですが、これなら全然大丈夫です!

出典:https://www.amazon.co.jp

バイオ式生ゴミ処理機のおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 サイズ 処理方式 処理量 処理時間 設置場所 消費電力
1位 アイテムID:13392281の画像

Amazon

楽天

ヤフー

小型なのにパワフルなバイオ式の生ゴミ処理機

42.8×28.3×41.8cm

微生物処理方式

700g

-

屋内

-

2位 アイテムID:13371927の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コンパクトさと電気を使わないのが魅力のボカシオルガンコ2

24×24×34㎝

バイオ式

9,6ℓ

-

卓上・キッチン

-

3位 アイテムID:13371924の画像

Amazon

楽天

ヤフー

液肥もできる生ゴミ処理機

31.4×31.4×34.4cm

-

15L

約10〜20日

屋内外兼用

-

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

乾燥式生ゴミ処理機の人気おすすめランキング5選

5位

RAKU

NAGUALEP 生ごみ処理機

使いやすく手入れも簡単

使いやすく簡単に手入れできる生ごみ処理機です。ボタンを押すだけで、自動で生ごみを乾燥・脱臭・粉砕します。生ごみを入れる処理容器は水洗い可能で、食洗器にも対応しています。動作音も40~45dBと静かです。

基本情報
サイズ 40cm×25cm×25cm
処理方式 乾燥式
処理量 2.5L
処理時間 約1~4時間
設置場所 屋内
消費電力 150W
もっと見る

口コミを紹介

以前使用してたやつは音もうるさく
乾燥に時間がかかってましたが
今回の商品は静音で乾燥時間も早く良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

loofen

生ごみ処理機

見た目や臭いが気にならないルーフェン生ごみ処理機

3人家族1日分の生ゴミ約400gを7分の1まで減らせる、ルーフェンの生ゴミ処理機です。温風乾燥式で生ゴミを乾燥除菌するため保管もできます。電気ポットのようなデザインなので、キッチンに設置しても違和感がなくおしゃれです。

基本情報
サイズ 268×365×470mm
処理方式 乾燥式
処理量 約1〜6kg
処理時間 -
設置場所 屋内外兼用
消費電力 -
もっと見る

口コミを紹介

もっと早く使っていたら良かったと思いました。気に入ったことは沢山の生ゴミが見事に畑の肥料になること。ゴミに出す時に生ゴミが無くなり臭くないし燃えるゴミが、かさばらなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

島産業

パリパリキュー PPC-11-WH

家庭用として使いやすい乾燥式生ゴミ処理機

清潔感のあるデザインと、キッチンに小さく収まるコンパクトなサイズが魅力です。臭気や細菌といった衛生面や動作音に配慮されています。簡単で手間なく使えるため家庭用の生ゴミ処理機としておすすめです。

基本情報
サイズ 23×27×27cm
処理方式 乾燥式
処理量 500g
処理時間 約7時間30分~約10時間40分
設置場所 屋内
消費電力 300W
もっと見る

口コミを紹介

ほんとにパリパリになります。コーヒー豆の出涸らしとかも、入れてしまってます。コンパクトで使いやすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

日立(HITACHI)

キッチンマジック

有機肥料にリサイクルできる乾燥式生ゴミ処理機

屋内・屋外兼用タイプの家庭用生ゴミ処理機です。3人家族の1日分の生ゴミを、約85分の速さ処理できます。乾燥式のため有機肥料にリサイクルできるのもポイントです。脱臭率99%の強力脱臭なので、処理中の臭いが気にならず清潔に保てます。

基本情報
サイズ 265×504×448mm
処理方式 乾燥式
処理量 3kg
処理時間 約85分
設置場所 屋内外兼用
消費電力 850W
もっと見る

口コミを紹介

ずっと使っていたパナソニックの製品が壊れたので探していたところ 価格が安めのこちらを見つけて購入。乾燥能力はこちらの方が高いように感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

島産業

家庭用屋内型生ごみ処理機 PPC-01-GN

もう生ゴミの臭いとコバエに悩まされない

生ゴミの腐敗を1か月以上防いで、ニオイやコバエを抑えてくれる家庭用生ゴミ処理機です。乾燥させて腐らず量が減るため、ゴミ出しの回数がグッと減ります。生ゴミに悩まされている方におすすめのモデルです。

基本情報
サイズ 26×31×42cm
処理方式 乾燥式
処理量 約1kg
処理時間 6時間〜12時間
設置場所 屋内
消費電力 120W
もっと見る

口コミを紹介

使いやすくて、匂いも気にさりません。パリパリボタンを使った方が、生ごみのパリパリが増し、水分が抜けるのでだいぶ軽くなります。70代の母も使えるので使い方はすごく簡単。

出典:https://www.amazon.co.jp

乾燥機式生ゴミ処理機のおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 サイズ 処理方式 処理量 処理時間 設置場所 消費電力
1位 アイテムID:13371944の画像

Amazon

楽天

ヤフー

もう生ゴミの臭いとコバエに悩まされない

26×31×42cm

乾燥式

約1kg

6時間〜12時間

屋内

120W

2位 アイテムID:13371941の画像

楽天

Amazon

ヤフー

有機肥料にリサイクルできる乾燥式生ゴミ処理機

265×504×448mm

乾燥式

3kg

約85分

屋内外兼用

850W

3位 アイテムID:13371938の画像

Amazon

楽天

ヤフー

家庭用として使いやすい乾燥式生ゴミ処理機

23×27×27cm

乾燥式

500g

約7時間30分~約10時間40分

屋内

300W

4位 アイテムID:13371935の画像

Amazon

楽天

ヤフー

見た目や臭いが気にならないルーフェン生ごみ処理機

268×365×470mm

乾燥式

約1〜6kg

-

屋内外兼用

-

5位 アイテムID:13371932の画像

Amazon

楽天

ヤフー

使いやすく手入れも簡単

40cm×25cm×25cm

乾燥式

2.5L

約1~4時間

屋内

150W

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

ハイブリッド式生ごみ処理機の人気おすすめランキング3選

3位

TOWNEW

TOWNEW T1S

全自動でゴミを密閉可能

シンプルなデザインの生ごみ処理機です。人感センサーで蓋の自動開閉ができます。一度の充電で1ヶ月以上の連続使用が可能です。生ごみ・おむつ・ペットの臭いが気になる方におすすめの商品になります。

基本情報
サイズ 242x307x403mm
処理方式 乾燥ハイブリッド式
処理量 15.5L
処理時間 -
設置場所 屋内用
消費電力 -
もっと見る
2位

パナソニック(Panasonic)

MS-N53XD-S

一人暮らしにもおすすめなパナソニックのコンパクトモデル

パナソニック独自のプラチナパラジウム触媒(スパイラル方式)を強化したモデルで、脱臭能力がアップしています。そのため、処理中や保管中の匂いが気になりません。コンパクトで狭いスペースに置けるため、一人暮らしでも使いやすいです。

基本情報
サイズ 36.5 x 26.8 x 55 cm
処理方式 乾燥ハイブリッド式
処理量 6L
処理時間 約2時間
設置場所 屋内外兼用
消費電力 -
もっと見る

口コミを紹介

夏の生ごみは匂いと小バエが発生したりで、正直値段も良いので悩みましたが買って大正解でした。
乾燥したものは本当にカラカラになってて量も減ってとても良いです!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

NAXLU

FD-015M

口コミ評価の高い5つの魅力が詰まったハイブリッド(ハイブリット)式

ナクスルは生ゴミ処理機の中でも珍しいハイブリッド(ハイブリット)式のモデルです。強力脱臭・簡単処理・省エネ設計・静音設計・最適サイズの5つの魅力が詰まっています。1秒でエコな生ゴミ処理ができるため、忙しい主婦の方におすすめです。

基本情報
サイズ 385×430×580mm
処理方式 ハイブリッド式
処理量 1.5kg
処理時間 -
設置場所 屋内用
消費電力 60W
もっと見る

口コミを紹介

今まで使用していた、生ごみ処理機とくらべて格段の差があります。とにかく以前の処理機と比べて処理の匂いをほとんど感じません。そして、処理の音も静音と言っていいくらいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイブリッド式生ごみ処理機のおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 サイズ 処理方式 処理量 処理時間 設置場所 消費電力
1位 アイテムID:13371953の画像

Amazon

楽天

ヤフー

口コミ評価の高い5つの魅力が詰まったハイブリッド(ハイブリット)式

385×430×580mm

ハイブリッド式

1.5kg

-

屋内用

60W

2位 アイテムID:13371950の画像

Amazon

楽天

ヤフー

一人暮らしにもおすすめなパナソニックのコンパクトモデル

36.5 x 26.8 x 55 cm

乾燥ハイブリッド式

6L

約2時間

屋内外兼用

-

3位 アイテムID:13371949の画像

楽天

ヤフー

全自動でゴミを密閉可能

242x307x403mm

乾燥ハイブリッド式

15.5L

-

屋内用

-

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

おしゃれな生ゴミ処理機の人気おすすめランキング4選

4位

エコ・クリーン

生ごみ処理器 ル・カエル 基本セット

キッチンに置けるコンポスト

生ゴミにチップ材を入れて分解するコンポストタイプの生ゴミ処理機です。見た目も可愛らしく、臭わないためキッチンやベランダに置けます。1日に400gまでの生ゴミを毎日投入しても分解されて有機肥料となり、量は増えません。

基本情報
サイズ 32.6×39
処理方式 微生物処理方式(低温分解)
処理量 400g
処理時間 -
設置場所 屋内外兼用
消費電力 -
もっと見る

口コミを紹介

半年以上、ホカホカした土が育ち、交換するときはガーデニングで花の肥料になります。お花の育ちが凄まじくぐんぐん育つことも驚きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

島産業

パリパリキューブライト

ゴミ箱サイズで生ゴミを減量

おしゃれでインテリア性の高い生ゴミ処理機です。コンパクトサイズのため、一人暮らしにも快適に使えます。生ゴミを入れる専用バスケットと処理容器は中性洗剤につけ置きでき、お手入れも簡単です。

基本情報
サイズ 21.5×28.3cm
処理方式 乾燥式
処理量 2L
処理時間 6~9時間
設置場所 屋内
消費電力 -
もっと見る

口コミを紹介

生ゴミが減って、臭いもないから、ゴミ捨ての回数が減りました!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Food Cycle Science

フードサイクラー FC-30

使いやすくお手入れが簡単な家庭用生ゴミ処理機

生ゴミの悪臭や雑菌をなくしてくれる生ゴミ処理機です。処理したものは燃えるゴミとして処分できるのはもちろん、ガーデニング用・芝生用の肥料として再生できます。使い方やメンテナンスが簡単なのもおすすめするポイントです。

基本情報
サイズ 38.1 x 33 x 44.5 cm
処理方式 -
処理量 2L
処理時間 3時間~6時間
設置場所 屋内
消費電力 500W
もっと見る

口コミを紹介

ボタンひとつで全部やってくれる。出来上がると香ばしい匂いがします。音も気にならないので夜も大丈夫。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

島産業

パリパリキューブライトアルファ

使い勝手抜群の家庭用生ゴミ処理機

A4用紙と同じくらいのコンパクトなサイズで、インテリア性の高いデザインがおしゃれです。静音性が高いため深夜にも使えます。

 

独自の脱臭ユニットを採用しているため、臭いが気になりません。節電モード・スタート予約機能付きで、1年中活躍してくれる家庭用生ゴミ処理機です。

基本情報
サイズ 21.5×28.3cm
処理方式 乾燥式
処理量 700g
処理時間 約6時間〜9時間
設置場所 屋内
消費電力 150W
もっと見る

口コミを紹介

野菜などの生ゴミが、パリパリに乾燥して、臭いも激減します。調子が悪くなった時に、島産業さんに相談したところ、アフターケアもバッチリでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

おしゃれな生ゴミ処理機のおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 サイズ 処理方式 処理量 処理時間 設置場所 消費電力
1位 アイテムID:13371967の画像

Amazon

楽天

ヤフー

使い勝手抜群の家庭用生ゴミ処理機

21.5×28.3cm

乾燥式

700g

約6時間〜9時間

屋内

150W

2位 アイテムID:13371964の画像

Amazon

ヤフー

楽天

使いやすくお手入れが簡単な家庭用生ゴミ処理機

38.1 x 33 x 44.5 cm

-

2L

3時間~6時間

屋内

500W

3位 アイテムID:13371961の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ゴミ箱サイズで生ゴミを減量

21.5×28.3cm

乾燥式

2L

6~9時間

屋内

-

4位 アイテムID:13371958の画像

Amazon

楽天

ヤフー

キッチンに置けるコンポスト

32.6×39

微生物処理方式(低温分解)

400g

-

屋内外兼用

-

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

ルーフェン・パリパリキューを比較すると何が違う?

生ゴミ処理機の中でも人気が高いのが、ルーフェンとパリパリキューです。1つのモードしかないルーフェンとは異なり、パリパリキューにはなんでも入れていい「標準モード」と、野菜くずのみの「ソフトモード」があります。

 

またルーフェンは扉式となっていてゴミを途中投入できますが、パリパリキューではゴミの途中投入ができません。このように2つの商品には機能面でいくつかの違いがあるので、どちらが合うか比べてみてください。

生ゴミ処理機とコンポストに違いはある?

「生ゴミ処理機 コンポスト 違い」で検索する方がいます。電気を使わないコンポストは、生ゴミ処理機と違うものとして扱われる場合がありますが、役割は全く同じです。コンポスト式生ゴミ処理機として扱われるように、本質的には違いはありません

導入する際は補助金や助成金を有効活用しよう

生ゴミを減量・堆肥化する生ゴミ処理機を設置した方に、補助金や助成金を支給(交付)している自治体もあるので要チェックです。購入する前にお住まいの地域の窓口やホームページで確認してみてください。

 

自治体によっては事前に申請が必要だったり、申請方法や助成金の限度額、対象機器などが違います。以下のサイトでは、浜松市の家庭用生ごみ処理機の補助金制度を確認できるので、参考にしてみてください。

生ゴミ処理機の使い方

メーカーや機種によっても変わりますが、まずは油・塩分の多いものやラップやビニールなどが紛れ込んでいないかよく確認しましょう。大きく固い骨や貝殻などは故障の原因となるのでしっかりチェックが必要です。

 

そのほか、入れられますが、魚の骨・トウモロコシの芯・卵の殻・ミカンの皮などは分解に時間がかかる場合があります。水をしっかり切り、ゴミをできるだけ小さくすると処理が早くなりおすすめです。

 

また、堆肥にする場合も乾燥式やコンポストで作り方が異なります。下記のサイトに生ゴミ処理機の使い方が掲載されていますのでぜひ参考にしてみてください。

生ゴミ処理機は自作できる?

生ごみ処理機ですが、じつは段ボールなどを使ってコンポストの自作ができます。コストが安いイメージですが必要な材料も複数で、市販のコンポストに菌床と腐葉土、発酵促進剤などを入れた方が安い場合もあります

 

また、手間もかかり、特に夏場など虫や動物による被害にも遭いやすいです。下記のサイトに段ボールコンポストの作り方など解説されていますので、興味のある方は参考にしてみてください。

生ゴミ処理機はいらない?買って後悔するケースとは

自宅で生ゴミがほとんど出ない場合は、生ゴミ処理機を購入しても後悔したり、いらないと感じたりしやすいです。生ゴミ処理機はさまざまなメリット・デメリットがありますが、生ゴミを処理して、臭いや虫が出ないのは非常に魅力があります。

 

ただし、一人暮らしで自炊をほとんどしない場合などは、生ゴミが少ないので生ごみ処理機のメリットを感じにくいです。高層ビルなど高所に住んでいる場合も、虫が少ないので生ゴミ処理機の必要性は低いです。

密封性の高いゴミ箱もおすすめ

生ごみ処理機以外の方法で生ゴミの臭いを抑えたいのであれば、密閉性・密封度が高いゴミ箱を使用するのも1つの手段です。

 

以下の記事では、キッチン用ゴミ箱の人気おすすめランキングを紹介していますので、興味のある方はぜひ合わせてご覧ください。

またこちらでは、ゴミ箱用消臭剤の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

生ゴミ処理機の選び方や人気おすすめランキングを紹介してきました。ゴミの量を減らし、気になる臭いやコバエ対策ができるアイテムです。今回の記事を参考に、ぜひご自身のライフスタイルにピッタリの1台を見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年06月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2024年最新版】中小企業が貰えるおすすめの助成金10選

【2024年最新版】中小企業が貰えるおすすめの助成金10選

その他
【2024年版】ETC2.0のおすすめ人気ランキング10選【助成金や価格の相場は?】

【2024年版】ETC2.0のおすすめ人気ランキング10選【助成金や価格の相場は?】

自動車・バイク
臭いが漏れないゴミ箱のおすすめ人気ランキング20選【45L】

臭いが漏れないゴミ箱のおすすめ人気ランキング20選【45L】

生活雑貨・日用品
ハイブリッド加湿器のおすすめ人気ランキング15選【温風気化式も紹介】

ハイブリッド加湿器のおすすめ人気ランキング15選【温風気化式も紹介】

加湿器
【2024年最新版】キッチン用ゴミ箱の人気おすすめランキング20選【おしゃれなものや45Lタイプも!】

【2024年最新版】キッチン用ゴミ箱の人気おすすめランキング20選【おしゃれなものや45Lタイプも!】

インテリア雑貨
ハイブリッド式除湿機のおすすめ8選|安い型落ちモデルや小型除湿機も

ハイブリッド式除湿機のおすすめ8選|安い型落ちモデルや小型除湿機も

除湿機

アクセスランキング

生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング15選【ハイブリッド式・電気を使わないものも】のサムネイル画像

生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング15選【ハイブリッド式・電気を使わないものも】

生ごみ処理機
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。