植物育成LEDライトの人気おすすめランキング20選【悪天候でも!】

記事ID1189のサムネイル画像

植物が育つには光が必要です。最近では植物育成LEDライトが増えてきており、室内でも育てることが出来るようになりました。そんな植物育成LEDのおすすめをランキング形式でまとめました。このランキングがあなたの植物育成LED選びのお役に立てれば幸いです。

植物育成LEDで室内ガーデニングもラクラク

多くの植物は光合成を促す赤色の光と、葉や実を大きくする青色の光を必要とします。太陽光が一番良いのですが、人工的に育てる場合はライトを使って、天候に左右されない室内で育てるというやり方もあります。そのライトの中で最近注目されているのが植物育成LEDです。

 

植物育成LEDは消費電力が低く、長寿命なのでランニングコストが低いというメリットがあります。また発熱量が少ないので植物に近づけて照射できますが、保温したい場合は別途ヒーターなどが必要です。デメリットとしては照射範囲が狭いということが挙げられます。

 

この記事では植物育成LEDを「機能性」「使いやすさ」「デザイン性」の3つの観点で評価しました。

植物育成LEDの人気ランキング20選

20位

DZLight

植物育成LEDライト

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

省スペースなクリップ式

16個の赤色LEDと8個の青色LEDを交互に照射することより、植物に程よい刺激を与え生長を促します。二色のLEDは切り替えることも出来るので、光合成をさせたいときは青色、発芽や開花を促進させたいときは赤色を強めると良いでしょう。オンタイマーとオフタイマー機能が付いているので予め設定しておけば、忙しい貴方に代わってしっかりと日照管理を行ってくれます。余裕をもって使える対象物の高さは15センチくらいまでなので、あまり大きな植物には使えない点には注意しましょう。

機能性D使いやすさC
デザイン性C

口コミを紹介

とても明るくいい商品です。初めは不良品かと思いましたがUSB変換プラグの方がダメだったみたいで百均で購入してないやつに変えたらちゃんとつきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

ドーナッツファクトリー

SPLamp-5w

価格:2,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インテリアに馴染む優しい光

農業用の赤色LEDと、青色が混ざった白色LEDを使うことにより、植物の育成に重きを置きつつも、白主体の目に優しい光を実現してます。室内で使用しても通常の照明と変わらない鑑賞向けの色なので、違和感なく照射できます。光合成に必要な波長の光をピンポイントであてるので、無駄なエネルギーを使わず消費電力も抑えてくれるのが嬉しいですね。栽培用の独特な色ではないので、アクアリウムやテラリウムの照明としても使っていただけます。

機能性D使いやすさC
デザイン性B

口コミを紹介

これをヤザワ クリップライト+らくらくスタンドという組み合わせで20W×26H×20Dという小型水草水槽に使用。
明るさはなかかなですが、照射角度が狭く20㎝水槽でも水面から30㎝程度離してまずまず全体にいきわたったかなという感じになります。30㎝水槽では暗い部分ができると思いますし、やわらかな光ではありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

XR

植物育成ledライト

価格:2,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリップ式のダブルアームLED

20センチ前後のチューブが二本ついた、土耕栽培・水耕栽培どちらでも対応できるLEDライトです。発熱量が少ないので、植物への過熱の危険性がありません。USBで給電するので、デスク回りで植物を育成されている方にはピッタリです。明るさは10段階の調節が可能なので、植物の育成状況や大きさに合わせたり、節電したいときにも重宝します。タイマー機能も付いていますので、仕事や外出されるときも過不足なく日照時間を確保できます。

機能性C使いやすさC
デザイン性C

口コミを紹介

届いたものが初期不良だったのですがすぐに新しいものを送ってくださいました。冬の間のバジル育成用に使います。室内だと色味がすごい(昔のキャバレーみたいな色)ですが。
慣れたら平気です。

出典:https://www.amazon.co.jp

17位

Shuibian

LED植物パネルライト

価格:2,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトな吊り下げ式

赤・青・白の三色に加えて、植物に有害なバクテリアや雑菌を死滅させるUV、植物の細胞分裂を活性化させるIRの波長を合わせたフルスペクトルのLEDライトです。光量の調節は8段階あるので、植物の生長段階に合わせて最適なモードで光を提供できます。冷却用ファンが無いため作動音が静かで、夜中でも気にせず使えます。タイマー機能が付いているので、仕事や外出の際も無駄なく光合成をさせることができます。小型で設置がしやすいのも良いですね。

機能性B使いやすさC
デザイン性C

口コミを紹介

他社のパネルを使っていましたが故障のため購入。
まず軽いので使い易い、ファンもないので静かです。タイマーを付けて1日10時間程度点灯させています。
耐久性に期待します。

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

富士倉(Fujikura)

植物育成用クリップランプ

価格:2,218円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レトロな電球型LEDライト

青色LED3個・赤色LED9個・白色LED9個の合計21個のLEDチップを組み合わせ、植物の発芽や光合成、開花に必要な光を作り出すLED照明です。口金を無くし電球部分と一体化した独特の形状により、高い防水性と防塵性を実現しています。クリップとフックを使って取り付けるので、植物の生長に応じて高さを変えることが容易にできます。外観は豆電球型でオシャレですが、栽培用の赤紫の照明なのでお部屋のインテリアには馴染まないかもしれまん。

機能性B使いやすさC
デザイン性B

口コミを紹介

室内での苗の育成に50cm上からつるして使用。1m四方に充分と思える量の光が届きます。赤・青・白のLEDが内蔵されているので赤紫っぽい光になる。
あとスイッチが無いのでコンセントの抜き差しをするかタップ側にスイッチが付いたものを使用するのがおすすめ。
ライト側にスイッチが有ったら防水性が損なわれるのでこのあたりは納得の仕様。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

VASLON

植物育成ライト 60LED

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリップ式3本アームライト

27W光源で42個の赤色LED・18個の青色LEDを搭載し、食用野菜と観葉植物の健やかな生長を支えてくれます。金属性のフレキシブルアームは頑丈で、少々無理やりな角度でも問題なく安定します。またクリップ式なので挟む場所さえあればどこでも設置可能なのが嬉しいですね。LED輝度10パーセントから100パーセントまでの8パターンから明るさが選べますので、植物の生長段階に合わせて細かく調整ができる点もポイントです。さらにそれぞれのアームのオンオフも自在に切り替えられます。

機能性B使いやすさA
デザイン性C

口コミを紹介

窓際で育てていた鉢植えが最近の悪天候で元気がなくなり、急いで購入しました。点灯してみたところ小さくても充分そうな光です。しばらく様子を見て、回復してきたらまた感想を書きます。
追記:2ヶ月ほどして無事に開花しました。睡蓮が咲くくらいなら大抵の植物には効果があるのではないかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

Joywell

植物育成ledライト

価格:2,997円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすいダブルアームタイプ

45W光源で88個の高輝度LEDを搭載しているので、小型でありながら植物の生長に十分な光量を確保することができます。日照不足を心配することなく、発芽を促し葉の色ぬけを防ぎながら美しく育てられます。フレキシブルアームを採用しているので鉢植えの植物に光を当てやすいのが嬉しいですね。ベーススタンドもコンパクトながら重みがあり安定しているので、自在にアームを調整できます。電球の寿命も大変長い上に、交換も可能です。

機能性C使いやすさA
デザイン性B

口コミを紹介

日当たりの悪い部屋ですが、なんとかグリーンを育ててみたいと思って購入してみました。夜でも使えて、LEDなので省エネなのが嬉しいです。はじめてこのような製品購入しましたが、諦めていたグリーンを育てられるのが楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ジェントス (GENTOS)

そだつライト (シルバー)

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モダンでかわいいLED

太陽光に近いRa90の光を照射する、植物育成用のLEDライトです。通常の植物以外でもテラリウム・アクアリウム・コケ玉など用途は多岐にわたります。対象物に応じて明るさは3段階、光の当て方は散光・透明の二種類のレンズ、スイングアームで角度は自在と調整できる機能が多いのが特徴です。ただし高さは30センチまでの植物に限る点に注意です。拡散光モードは光が柔らかくなり葉焼けの心配がなくなるのと、インテリアとしても味が出るので好評です。

機能性C使いやすさB
デザイン性A

口コミを紹介

ガラス製の金魚鉢で3匹飼ってます。とても明るくて、綺麗でオシャレです。電池式ではないので、扱いやすいのも気にぃつてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

学研ステイフル(Gakken Sta:Ful)

LEDガーデン

価格:4,147円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽しさ溢れるLED栽培ケース

LED照明が付いた、土耕栽培・水耕栽培どちらにも対応した家庭菜園キットです。室内でケース入りなので保温・保湿効果に優れています。年中通して育てられ、虫が付きにくいところがメリットです。牛乳パックなどを利用して苗を分ければ、一度に色んな種類の植物を育てることが出来ます。またライトの高さ調整が可能なので、発芽段階では光源を低くして植物にしっかり光を当てることが出来ます。お子様の情操教育にも良いかも知れませんね。

機能性C使いやすさB
デザイン性A

口コミを紹介

ぐんぐん育っています。本体・ドーム共に昔の科学雑誌付録のようにペコペコですが、十分用は果たします。ただ、背丈のあるものは途中までしかおさまりません。ライトは屋根に置いてあるだけなので、屋根が無いとどうやってライトをあてるか? 天井を高くする別売パーツがあったらほしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

GENTOS(ジェントス)

植物育生ライト IK-S72GWH

価格:5,163円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなテーブルLEDランプ

観葉植物や野菜栽培向けの屋内用のスタンドライトで、土耕栽培・水耕栽培どちらにも対応しています。太陽光に近い高演色(Ra95)をLEDを搭載しているので植物がイキイキと育ち、色ぬけを防ぎます。高さ・ランプの角度・アームの傾きが調整できるので、可動域は非常に広いです。葉物野菜だけでなく多肉植物・コケ玉・盆栽・エアプランツなど様々な植物の生長をサポートしてくれます。屋内ガーデニングが上手くいかない人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

機能性B使いやすさB
デザイン性B

口コミを紹介

これまではデスクライトのLEDを使用していましたが、青っぽかったと気づきました。こちらは暖色系で、部屋の雰囲気が温かみある感じになります。光を見ると、中央に赤い光が見えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

Finether

LED照明付栽培キット

価格:5,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デスクの上で始める水耕栽培

赤色・青色・白色の三色LED照明を搭載した植物育成キットです。白色の光をメインにしたモードに切り替えれば、単純に室内照明として使えます。種や肥料は同封されていませんが、それ以外の水耕栽培に必要なものを揃っています。照明は16時間点灯・8時間消灯の自動モードがあり、保水タンクは水が切れると知らせてくれるので、栽培の手間が掛からないのが嬉しいですね。ライトの部分はやや発熱するようなので、夏場は特に取り扱いに注意しましょう。

機能性C使いやすさB
デザイン性A

口コミを紹介

さっそく栽培を初めて見ました。とてもコンパクトなのに非常に良くできた商品だと思います。室内で栽培でき土を使用しないので虫も付きにくく、何より成長が早Iと思います。収穫が楽しみです。もう一台購入を検討中です。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ドーナッツファクトリー

SPLamp-24w

価格:6,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業務用レベルの育成力

植物工場で使われる赤色LEDと、青色を含んだ白色LEDがメインのライトです。純粋な青色LEDを使っていませんので、光の色合いは若干赤みがあるものの殆ど白に近いカラーです。お部屋の照明と合わせても違和感なくお使い頂けますし、視認性が良いので植物本来の緑や健康状態が確認しやすいです。食用の野菜だけではなく鑑賞用のテラリウムやアクアリウムにもピッタリです。本体が少し重ためなので、取り付けるには頑丈なアームが必要な点は注意しましょう。

機能性B使いやすさB
デザイン性B

口コミを紹介

部屋の隅で暗い一角にモンステラを置く為に購入しました。
天井から配線ダクトの照明器具で照らしてますが光量は充分です。
24時間タイムスイッチで9時から18時まで点灯するように設定しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

BARREL

LED PlantLight クリップタイプ

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

場所を取らないクリップ式

植物の好む波長の光を提供する、クリップ付きのLEDライトです。クリップを挟む場所さえあればどんなところでも設置できるので、植物の背丈を気にしなくてよいのは嬉しいですね。光の色も、栽培用の赤紫ではなく白っぽいところもお部屋のインテリアに馴染みますね。クリップもしっかりしているので、安定感があります。なおライトは交換可能ですので長く使えるのもポイントです。食用の野菜だけでなく多肉植物やコケ類、水槽の水草などにも効果的です。

機能性B使いやすさB
デザイン性A

口コミを紹介

光は電球色、オレンジっぽい白でした。赤系の水草がより赤く鮮やかに見えます。
45センチ水槽に使用していますが、照射角度が狭いので他の広角照射の照明と併用したほうがよさそうです。
植物用スポット型ledとしてはリーズナブルな価格だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

KOTO

水草育成led照明

価格:8,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクアリウム用LED照明

水草育成用のLEDライトで、25ミリまでの分厚さに対応したクランプで取り付けるタイプの照明器具です。最大6000ルーメンの明るさで水槽内を鮮やかに照らし、水草の光合成を促進します。クランプのネジはプラスチックなので、水槽に取り付けても傷がつきません。調光が可能なので、水槽の大きさに合わせて光量を調節できるのが嬉しいところですね。光量最大で使い続けると本体が熱を持ってしまうとのコメントもありますので注意しましょう。

機能性B使いやすさB
デザイン性A

口コミを紹介

リモコンのチャンネルはCH1が青LED、CH2が白LED、CH3は青?LED、CH4はUVと分かれていて
それぞれ+と-で光の強さを変えれるようになっています。
WIFIボタンで自分好みに設定した色と全色フルパワーとを切り変えれるので便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

旭化成ホームズ

VEGUNI(ベジユニ)

価格:9,764円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LED照明付き栽培キット

大人から子供まで、植物を育てることを手軽に楽しめる水耕栽培のキットです。毎日の成長を見守り、協力して世話をすることにより、植物だけでなく家族のコミュニケーションも育てることが出来ます。LED照明の効果ですくすく育ちますし、電気代もそれほどかかりません。育成中は観賞用として楽しめますし、十分に育ったら収穫して味も楽しめます。モダンでスタイリッシュなデザインなので、お部屋のインテリアとしても人気の商品です。

機能性B使いやすさB
デザイン性A

口コミを紹介

まだ小さいですが育ってます。インテリアとしても素敵で楽しんでます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

BARREL

LED PlantLight 10W

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オシャレなスタンドタイプ

植物の育成に最適な波長の光を与えることのできるLEDライトです。食用の野菜などを育てる場合でも、ビタミンやポリフェノールを豊富に含んだ状態で収穫できます。目に優しい白っぽい光も部屋のインテリアに馴染んでくれます。日当たりの悪い場所で植物を育てたい方やガーデニングを始めたい方、家庭菜園が上手くいかない方にぜひおすすめしたい商品です。外観がスタイリッシュなので、デスクの上などで観葉植物を育てたい方にもピッタリですね。

機能性B使いやすさB
デザイン性A

口コミを紹介

シンプルで卓上で使え、色合いも栽培用の赤紫ではないため、オシャレです。アップルミントの栽培に使っていますが、効果はまずまず。但し、LED栽培ライトの宿命ではありますが、発熱は結構ありますので、点灯中はライト付近の金属は触らないように。室内で本格的栽培をしたい人は、赤紫色版の同じライトをオススメ

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

W4YJP

LED植物育成ライト WAKYME

価格:10,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

調光可能なフルスペクトル

照射範囲が広く、植物の成長段階に合わせて光量のバランスを調整できる優れたLEDライトです。青色の光と赤色の光を、それぞれボタンで切り替えることができますので、植物の状態に応じて最適な成分の光を与えることが出来ます。冷却ファンを3つ搭載しているので放熱性能が高く、余計な発熱で植物を痛めないのも嬉しいですね。冬場の日照不足の心配もないので、年中安定してガーデニングや家庭菜園ができます。吊り下げ用の部品も付属しているのですぐに使えます。

機能性A使いやすさB
デザイン性B

口コミを紹介

商品の特徴に書いてある通り植物の成長に合わせたスイッチの使い分けができ、初心者でもわかりやすくシンプルな構造でとても使いやすいと感じます。
早く使いこなして沢山植物を育成していきたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

uplighting

SMARUP 1000W フルスペクトル

価格:10,890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的な明るさを持つ吊り下げ式

大きくて明るい10WLEDを採用し、連鎖的に作動するダイオードの効果で十分な光量を確保できます。アルミ材質のボディと冷却ファンを備えているので、余計な熱を発生させないのも、植物の健康を維持する上では有り難いですね。フルスペクトルタイプなので、育苗・発芽・成長・開花・結実の各ステップで必要な光を十分与えることができます。吊り下げ用の部品も付いていますので、届いたらすぐに使えるのも嬉しいですね。室内だけでなく屋外でも大活躍です。

機能性A使いやすさB
デザイン性B

口コミを紹介

猛烈に明るいです。直下30cmで20000lxくらいあります。ランの栽培に使っていますが大変よく育ちます。ただし 1000wと買いてありますが実際の消費電力は200w程度でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

BARREL

LED PlantLight 110cm

価格:13,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれな大型スタンド

植物がもっとも好む波長の光を人工的に作り出し、活発な光合成を促すことができるスタンドタイプのLEDライトです。この光を当てることで野菜や果物の栄養価は格段に上がるでしょう。最大で1mを超える高さなので背の高い植物にも対応できますし、高さは三段階に調整できるので小さい植物でも程よい距離で光を当てることが出来ます。スタイリッシュなデザインなのでお部屋のインテリアにもマッチしますし、光の色も白なので室内の照明の雰囲気を壊しません。

機能性A使いやすさB
デザイン性A

口コミを紹介

予想よりも大きく頑丈な作り。支柱を1本減らしても背が高い。(写真参照)
①この高さで18w球が取付けられる小さいスタンドがあると良いと思いました。
②2球取付られるアダプターがあると便利だなと思った。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

uplighting

SMARUP 1500W フルスペクトル

価格:15,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日照不足の心配なし

発光量が多くハイパワーな、SMDLEDチップを利用したライトです。植物が必要としている赤・青・白・UV・IRの光を照射するフルスペクトルモデルで、植物の光合成を促進しイキイキと育ちます。ボディには熱伝導率の高いアルミ材質を使用し、冷却ファンも搭載されているので放熱量が極めて少ないのが特徴です。従って発熱で植物の葉や実を傷めることがありません。発光効率が良いので消費電力も小さく、寿命50000時間の耐久性を誇っています。

機能性A使いやすさA
デザイン性B

口コミを紹介

消費電力は260Wだけ、発光効率が高い。植物はスペクトルに最適!
商品は日本電源コードがあります、使用中は安心だ。他の売り手は米国の電源コード,よくないです。
オンスイッチとファンがあります。 テントのためのライトを探している人にお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

植物育成ledの選び方

植物育成LEDライトをまとめましたが、気に入ったものは見つかりましたでしょうか。様々なタイプがありますが、選び方の基準となる例を以下にいくつか挙げていきましょう。

機能性で選ぶ

大事に育てている植物は、力強く成長して欲しいものですよね。せっかくLEDライトを導入するのですから良質な光を与えられるよう光量・波長にはこだわりましょう。

育成に最適なフルスペクトルLED

太陽光が持つ全ての波長(赤・青・白・オレンジ・UV・IR)を持ったledで、植物に照射する人口の光の中では、最も良質です。植物の光合成に最適な光で、発芽・成長・開花・結実すべての過程で必要とされる成分をカバーしているので、しっかりと育てたい方はこちらのタイプをおすすめします。

イキイキ育てる高出力LED

机の上でこじんまりと植物を育てる方には不要ですが、ある程度の規模のガーデニングや屋内栽培をされている方には、ハイパワーモデルで隅々まで光を行き届かせたいですね。1000W以上の出力であれば、一般家庭における室内栽培としては十分な光量と言えるでしょう。

育成状況に合わせる調光機能LED

太陽光には様々な波長が含まれていますが、植物は成長段階で必要とする波長の割合が変わってきます。このタイプは光の色を調節できるので、その時々の植物に最適な波長を当てることが可能です。温度や肥料と合わせて上手く活用すれば、発芽から収穫までのサイクルを飛躍的に短くできます。

使いやすさで選ぶ

LEDライトを購入しても設置し辛かったり、取り付けたものの上手い具合に照射できないなんてことの無いよう、柔軟に対応できるタイプを選ぶと安心ですね。

照射範囲の広い吊り下げタイプ

LED照明は、従来の蛍光灯やメタルハライドランプ、高圧ナトリウムランプと比べてメリットが多いライトですが、照射範囲が狭いというデメリットがあります。吊り下げ式なら高い位置から均一かつ広範囲に照射できるので、そんなLEDのデメリットを解消できます。ただし天井に吊り下げることが出来る場所に限られる点に注意しましょう。

取り付けやすいクリップタイプ

大きな観葉植物をお部屋に飾っている方もいらっしゃるでしょう。こちらのタイプならクリップで挟める場所ならどこでも設置できるので、植物の大きさに左右されず光を当てることが出来ます。ただしクリップで挟めるものが周囲にあり、電源を供給する配線の届く範囲に限られます。

微調整可能なアームタイプ

フレキシブルアームの先にLedライトが付いているタイプで、好きな位置にライトを当てることが出来るので、小さめの植物がたくさんあるような状況に適しています。ただしアームの長さは数十センチのものが多いので、大きな鉢で育てている植物には長さが足りない可能性があります。

デザイン性で選ぶ

観葉植物を育てている方にとっては、周辺機器もスタイリッシュな外観の方が好ましいですよね。インテリア性でLEDライトを選ぶ方もいるでしょう。

インテリア性の高いスタンド型

食用の野菜ならともかくインテリアとして観賞植物を育てている方にとっては、あまり栽培色が強すぎるライトはNGですよね。スタイリッシュなデザインのLEDライトなら、お部屋のインテリアを崩すことなく植物を元気に育てることが出来ます。光が白ベースなモデルが多いのも嬉しいですね。

オシャレなオールインワンLED

LEDライトだけでなく、植物を育てる設備全てをオシャレにまとめたい方はこちらの栽培キットがおすすめです。インテリアとしても優れており、毎日の世話も最小限で済むのであまり手間が掛からないのがメリットです。ただしキットの中で収穫できるまでに成熟させるのは中々難しく、植え替えの必要も出てくることは留意しておきましょう。

植物育成LEDのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4833799の画像

    uplighting

  • 2
    アイテムID:4834211の画像

    BARREL

  • 3
    アイテムID:4833825の画像

    uplighting

  • 4
    アイテムID:4833833の画像

    W4YJP

  • 5
    アイテムID:4833874の画像

    BARREL

  • 6
    アイテムID:4834216の画像

    旭化成ホームズ

  • 7
    アイテムID:4834233の画像

    KOTO

  • 8
    アイテムID:4833912の画像

    BARREL

  • 9
    アイテムID:4833938の画像

    ドーナッツファクトリー

  • 10
    アイテムID:4834254の画像

    Finether

  • 11
    アイテムID:4834272の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 12
    アイテムID:4833959の画像

    学研ステイフル(Gakken Sta:Ful)

  • 13
    アイテムID:4833982の画像

    ジェントス (GENTOS)

  • 14
    アイテムID:4834005の画像

    Joywell

  • 15
    アイテムID:4834034の画像

    VASLON

  • 16
    アイテムID:4834289の画像

    富士倉(Fujikura)

  • 17
    アイテムID:4834083の画像

    Shuibian

  • 18
    アイテムID:4834115の画像

    XR

  • 19
    アイテムID:4834138の画像

    ドーナッツファクトリー

  • 20
    アイテムID:4834161の画像

    DZLight

  • 商品名
  • SMARUP 1500W フルスペクトル
  • LED PlantLight 110cm
  • SMARUP 1000W フルスペクトル
  • LED植物育成ライト WAKYME
  • LED PlantLight 10W
  • VEGUNI(ベジユニ)
  • 水草育成led照明
  • LED PlantLight クリップタイプ
  • SPLamp-24w
  • LED照明付栽培キット
  • 植物育生ライト IK-S72GWH
  • LEDガーデン
  • そだつライト (シルバー)
  • 植物育成ledライト
  • 植物育成ライト 60LED
  • 植物育成用クリップランプ
  • LED植物パネルライト
  • 植物育成ledライト
  • SPLamp-5w
  • 植物育成LEDライト
  • 特徴
  • 日照不足の心配なし
  • おしゃれな大型スタンド
  • 圧倒的な明るさを持つ吊り下げ式
  • 調光可能なフルスペクトル
  • オシャレなスタンドタイプ
  • LED照明付き栽培キット
  • アクアリウム用LED照明
  • 場所を取らないクリップ式
  • 業務用レベルの育成力
  • デスクの上で始める水耕栽培
  • シンプルなテーブルLEDランプ
  • 楽しさ溢れるLED栽培ケース
  • モダンでかわいいLED
  • 使いやすいダブルアームタイプ
  • クリップ式3本アームライト
  • レトロな電球型LEDライト
  • コンパクトな吊り下げ式
  • クリップ式のダブルアームLED
  • インテリアに馴染む優しい光
  • 省スペースなクリップ式
  • 価格
  • 15900円(税込)
  • 13960円(税込)
  • 10890円(税込)
  • 10399円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 9764円(税込)
  • 8599円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 6280円(税込)
  • 5499円(税込)
  • 5163円(税込)
  • 4147円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 2997円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2218円(税込)
  • 2399円(税込)
  • 2299円(税込)
  • 2280円(税込)
  • 1999円(税込)
  • 機能性
  • A
  • A
  • A
  • A
  • B
  • B
  • B
  • B
  • B
  • C
  • B
  • C
  • C
  • C
  • B
  • B
  • B
  • C
  • D
  • D
  • 使いやすさ
  • A
  • B
  • B
  • B
  • B
  • B
  • B
  • B
  • B
  • B
  • B
  • B
  • B
  • A
  • A
  • C
  • C
  • C
  • C
  • C
  • デザイン性
  • B
  • A
  • B
  • B
  • A
  • A
  • A
  • A
  • B
  • A
  • B
  • A
  • A
  • B
  • C
  • B
  • C
  • C
  • B
  • C

まとめ

農業に使われる業務用クラスのものから小さな観葉植物向けのものまでありますが、自分がどんな目的・規模で植物を育てていくのかによって必要な設備が変わってきます。この記事が植物育成led選びのヒントになれば幸いです。最後までご覧頂きありがとうございました。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ