低温調理器の人気おすすめランキング15選【BONIQも紹介!!】

記事ID10466のサムネイル画像

簡単においしい料理が作れると口コミで話題の低温調理器です。鍋に水を入れて低温調理器をセットした後は材料を入れるだけで料理が完成するので、ひとり暮らしの方からも人気があります。今回は低温調理器の選び方やおすすめ商品をランキングで紹介します。

電気代の節約にもなる低温調理器

誰でも簡単においしい料理が作れ、メニューの幅が広がると口コミで話題の低温調理器は、鍋に水を入れてセットし材料を入れるだけなので、料理好きな方から人気があります。boniqやanovaなどさまざまなメーカーから販売されていて選び方に迷ってしまいます。

 

低温調理器は、低温でゆっくりと調理していくことから電気代が高くなるイメージですが実は、調理中ずっと同じ消費電力が必要となるわけではないので、普通に調理するよりも電気代が安く済むというメリットもあるのです。

 

そこで今回は低温調理器の選び方やおすすめ商品をランキングでご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。なお、ランキングは温度設定・対応水量・消費電力を基準に作成してあります。

低温調理器の選び方

低温調理器はさまざまなメーカーから発売されているので、いざ購入しようと思ってもどれを選べばよいのか迷ってしまいます。性能使いやすさ便利な機能など、選び方のポイントをご紹介していきます。

ワット数や水量、温度などの性能で選ぶ

低温調理器を選ぶ際にまずチェックしておきたいのが、ワット数・対応する鍋の深さや水量・温度設定などの性能です。

出力ワット数が大きいほど時短になる

低温調理器の出力ワット数が高いほど、早くに水が温まるので調理時間の短縮へと繋がります。ワット数の目安として、一般の家庭であれば800Wあれば十分と言えるでしょう。たくさんの料理を作りたい方は1000W以上のハイパワータイプの低温調理器がおすすめです。

 

ハイパワータイプであれば、水が温まる時間も早いのでより時短へと繋がります。また、大きな塊肉などの調理の際にもおすすめです。

対応する水量や使用する鍋の深さをチェック

低温調理器を選ぶ際に見落としがちなポイントが、低温調理器と一緒に使う鍋の大きさのチェックです。低温調理器と使用する鍋のサイズが合わずに、使えないなんてことのないように、鍋の深さを確認しましょう。

 

また、対応する水量の確認も重要なポイントです。鶏肉など、それほど大きくない食材であれば10~15Lほどで十分でしょう。塊肉など、大きい食材を調理したいという方は20Lまで対応している低温調理器を選ぶことをおすすめします。

料理にこだわりたい方は温度の設定の細かさもチェック

次にチェックしておきたいポイントは、温度の設定の細かさです。低温調理器の多くのモデルは1℃単位で温度設定ができるようになっています。本格的な料理をしたいという方は0.1℃単位での設定ができるモデルがおすすめです

 

中には強弱、保温のみしか機能がない場合もあるので注意が必要です。また、モデルによっては100℃近くまで温度を上げることができるものもありますが、一般的には70℃程度まで対応しているモデルが主流となっています。

鍋への取り付け方法で選ぶ

低温調理器は、鍋に取り付けて使用する調理家電です。本体を鍋に取り付けるに際に、本体を固定するのが「クリップ式」か、「ネジ式」なのかということも、重要なチェックポイントです。

手軽に取りはずしができる「クリップ式」

「クリップ式」の低温調理器は、鍋のフチに挟んで取り付けるだけなので、とてもお手軽です。低温調理器本体の大きさに関係なく取り付けることができるので、頻繁に使用する方におすすめです。

 

しかし、鍋に厚みがあると挟むことができないので注意が必要です。クリップの形状もさまざまなので、使用する鍋に取り付けやすいタイプの低温調理器を選ぶようにしましょう。

どんな鍋でもしっかり固定できる「ネジ式」

鍋のフチがに厚みがあったり、変わった形状でも取り付けられるのがネジ式の低温調理器です。手でクルクルと回して装着するので、すこし面倒ですがどんな鍋にも取り付けられるというメリットがあります。

 

また、ネジをきつく締めればしっかりと固定できるので、調理の途中で低温調理器がずり落ちてしまう心配もありません。

サイズや、コンセントの種類などの使いやすさで選ぶ

低温調理器を選ぶ時にはサイズやコンセントの種類など、使いやすさのチェックも忘れずに行いましょう。いざ購入しても置く場所がなかった、コンセントが日本仕様になっていないなどというようなことにならないためにも確認が必要です。

収納に合わせてサイズを決めよう

低温調理器は意外と大きいものが多いので、購入後にサイズが大きくて収納場所に入らない可能性もあります。台所やキッチンの収納に合わせて、低温調理器のサイズや大きさを決めるようにしましょう。

 

収納で場所を取りたくないという方は筒状の細長いタイプのものですと場所を取らないのでおすすめです。

日本で使用できるコンセントかの確認をしよう

低温調理器は海外製のものが多いので、コンセントの形状の確認も重要なポイントになります。コンセントのプラグが海外仕様で3Pプラグになっているものもあるので、その場合は変換プラグが必要になります。

 

低温調理器を購入するときには、コンセントが日本仕様かどうかの確認も重要なポイントです。また、使う場所によってはコンセントから遠い場合もあるので、電源コードがなるべく長いものを選ぶことをおすすめします。

スマホ連動・真空にできるか・防水などの便利な機能から選ぶ

低温調理器を使ってどんなメニューを作るのか、使うシチュエーションなどを考慮して便利な機能をチェックするとよいでしょう。

スマホ連動ができると便利

低温調理器の中にはスマホと連動して温度の設定などができる商品もあります。また、タイマー機能で設定した時間になると知らせてくれるので、ちょっと離れたところにいても安心です。アプリの中のおすすめレシピを参考に調理できるのも嬉しいですね。

 

スマホ連動の方法としてはWi-fiとBluetoothの2つがあります。近距離で使うのであればBluetooth、離れた場所で使う場合にはWi-fiがおすすめです。

「防水」機能があると安心

低温調理器を使用中に誤って鍋の中に落としてしまった時のことを考えて、防水タイプの低温調理器を選ぶことをおすすめします。防水機能があれば、使用後に低温調理器を洗う時も水を使って丸洗い出来るので、お手入れ楽々です。

真空にできる器具が付属されているかをチェックしよう

低温調理器を選ぶ時には、食材を真空に出来る器具が付属されているかどうかもチェックしましょう。多くの商品には付属されていますが、中には別売りのタイプもあるので注意してください。

 

低温調理器では、パックを真空状態にすることが大切なポイントになります。パックの中に空気が入っていると食材にうまく熱が伝わらず、美味しく仕上がりません

迷ったら定番のBONIQを選ぶ

低温調理器を選ぶ時に、どうやって選べばよいか迷ってしまいます。そんな時には、一家に一台、低温調理ををモットーに作られた日本のメーカーのBONIQ(ボニーク)を選ぶのも一つの方法です。

 

クラウドファンディングサイトでプロジェクトを開始し、家電量販店など全国約50店舗でも販売されて、高い人気を誇ります。BONIQのレシピサイトもあるので、参考にしやすいですね。

日本製低温調理器の人気おすすめランキング5選

5位

カイハウス(Kai House)

TheSousvideMachine低温調理器000DK5129

価格:37,976円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級レストランの味が家庭で作れる

カイハウス(Kai House)のTheSousvideMachine低温調理器000DK5129は、1000Wのハイパワーで、加熱温度の誤差を軽減します。鍋中のどこでも同じ温度で、ムラなく加熱できます

 

専用シーラーと専用袋が付属されているので本格的な真空低温調理が可能になっています。専用シーラーは、50ml程度の液体調味料を入れても脱気シーリングできます。収納スタンドで立てて収納、スペースをとりません。シンプルなデザインで、キッチンにマッチします。

温度設定1~95℃対応水量記載なし
消費電力1000W

口コミを紹介

プリン、蒸し鶏、ハム、魚、ステーキと絶品に仕上がります。パワーがすごくて水道のお湯を入れてスイッチを入れるとすぐに希望の温度帯までいってくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

GLUDIA

低温調理器GLU-INM01

価格:20,350円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業界トップレベルのパワフルさを誇る

GLUDIAの低温調理器GLU-INM01は、最大1200Wのハイパワーでお湯の立ち上げ温度が速いのが魅力の低温調理器です。鍋の中でお湯を対流させ続けることにより、たくさん調理した場合でも食材に均一に火を通すことができます。

 

また、20Lの容量まで対応しているので家庭用の鍋だけでなく、業務用の寸胴鍋まで対応できる点が魅力です。温泉卵やヨーグルト、甘酒などのレシピが全43種類付いているので料理が楽しみになります。

温度設定~95℃対応水量20L
消費電力1200W

口コミを紹介

決め手になったのは、グルーディアの省エネな性能です。実際使ってみた感想としては、本体自体はかっこいい。クリップ式で挟めるのは地味に便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

THANKO

マスタースロークッカーSSSHORSLC

価格:9,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

THANKOのマスタースロークッカーSSSHORSLCは、底の浅い鍋でも使える低温調理器です。操作はタッチパネル式でカンタンなので、初めて使う方でも安心です。ヒーター部分が短くなり底の浅い鍋でも使えるので、水の量も節約できます。

 

クリップ式なので取り付けが簡単で、タイマー機能で時間になったらお知らせしてくれるので調理中にずっと付いている必要がありません。毎日の料理の効率が上がるので、忙しくて時間の無い方からも人気があります。

温度設定25~99.9℃対応水量記載なし
消費電力850W

口コミを紹介

主人の誕生日プレゼントに購入。7センチ以上で使用できるため家にある鍋で早速、鶏ハム、ローストビーフ、温泉卵を作っていました。とても喜んでくれたのでたいへん満足しています。

出典:https://review.rakuten.co.jp

2位

富士商(Fujisho)

Felio Sousvide cooking低温調理器F9575

価格:9,416円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食材の旨味をしっかりと残してくれる

富士商(Fujisho)のFelio Sousvide cooking低温調理器F9575は、低温調理で肉、魚、野菜など様々な食材の旨味を残してくれます。鍋を汚さず手軽に調理可能なので、家事の時短をしたいという方にもおすすめです。

 

コンロの火を使わず、調理器がお湯を循環させながら低温でじっくり加熱するため、肉や魚の水分を残したままジューシーに仕上がります。開始直後とラスト1分前にはピーと音で知らせてくれるので、待ってる時間も他の家事ができます。

温度設定0~95℃対応水量記載なし
消費電力1000W

口コミを紹介

設定温度は幅が広く、0.5度毎に設定出来るので料理本から応用させるには十分です。基本的な温度や時間設定を料理本で学べば量の変化で時間を自由に設定できますし、温度も超低温調理から高温調理まで行えるのでオリジナルレシピに十分な性能です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

BONIQ

低温調理器

価格:11,050円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安いお肉も柔らかに

BONIQの低温調理器は、オージービーフや鶏胸肉も低温で調理する事で肉汁のロスがなくしっとりジューシーに仕上げる事が出来ます。温度と時間を設定したら後はほったらかしで オーケー。忙しい方でも楽して美味しいお肉が安く簡単に食べられます

 

たった3ステップで安価な赤身のブロック肉やパサつきがちな鳥むね肉ですら、柔らかでジューシーな理想のお肉へと調理可能です。BONIQはキッチンツールスタンドにポンッと置く事ができるので、スッキリ収納する事が可能です。

温度設定5~95℃対応水量5〜15L
消費電力800W

口コミを紹介

美味しく安全に調理するために、すっごく役立ってます。こんな一覧表も載せていただいていて、ボニークさん、会社様、どうもありがとうございます!

出典:https://www.amazon.co.jp

日本製低温調理器のおすすめ商品一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5548573の画像

    BONIQ

  • 2
    アイテムID:5548552の画像

    富士商(Fujisho)

  • 3
    アイテムID:5548539の画像

    THANKO

  • 4
    アイテムID:5548528の画像

    GLUDIA

  • 5
    アイテムID:5547671の画像

    カイハウス(Kai House)

  • 商品名
  • 低温調理器
  • Felio Sousvide cooking低温調理器F9575
  • マスタースロークッカーSSSHORSLC
  • 低温調理器GLU-INM01
  • TheSousvideMachine低温調理器000DK5129
  • 特徴
  • 安いお肉も柔らかに
  • 食材の旨味をしっかりと残してくれる
  • 業界トップレベルのパワフルさを誇る
  • 高級レストランの味が家庭で作れる
  • 価格
  • 11050円(税込)
  • 9416円(税込)
  • 9800円(税込)
  • 20350円(税込)
  • 37976円(税込)
  • 温度設定
  • 5~95℃
  • 0~95℃
  • 25~99.9℃
  • ~95℃
  • 1~95℃
  • 対応水量
  • 5〜15L
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 20L
  • 記載なし
  • 消費電力
  • 800W
  • 1000W
  • 850W
  • 1200W
  • 1000W

コンパクトタイプ低温調理器の人気おすすめランキング5選

5位

モダンデコ

低温調理器Soiree

価格:9,989円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メインからデザートまでこれ1台でできる

モダンデコの低温調理器Soireeは、1000Wのハイパワータイプの低温調理器なので塊肉などの大きな食材でも、一定の温度でしっかりと火を通すことができます。3ステップの楽々操作で毎日の料理のレパートリーが広がると人気です。

 

また、タッチパネル操作ができるのが特徴で、クックキングライフをよりオシャレに、より効率よく行えるデザインになっています。温度設定が0.5℃刻みでできるのも魅力で、料理好きな方にもおすすめです。コンパクトサイズなので、収納場所にも困りません。

温度設定0〜90℃対応水量記載なし
消費電力1000W

口コミを紹介

低価格の低温調理器の中では使いやすい商品だと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

グリーンハウス(Green House)

低温調理器GH-SVMAE-BK

価格:14,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素材本来の風味や旨味を存分に活かせる

グリーンハウス(Green House)の低温調理器GH-SVMAE-BKは、これまでの家庭では難しかった温度・時間が細かく設定できるのが特徴の低温調理器です。肉も魚も、その他様々な食材をおいしく調理することができます。

 

最大の魅力はスリムでコンパクトサイズな点で、大きな鍋を用意する手間もなく置き場所もとりません。また、調理中やお手入れも安心・安全の防水設計で、すぐに使えるレシピブックも付属しています。

温度設定0°C~90°C対応水量4~15L
消費電力1000W

口コミを紹介

き豚用のバラをパストラミ風にコショウをきかせて調理しました。本当にパサつきが無く美味しくできあがりました。パウチに入れてパスタ用の寸胴に入れると楽なので魚とか色々試してみようと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Sandoo

低温調理器HA1098

価格:8,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトだから小さなスペースに保管できる

Sandooの低温調理器HA1098は、1000Wのハイパワーが魅力で二重水循環設計により、食品を一定の温度で加熱できます。温度範囲は25〜90°Cで、0.5°Cごとに設定可能です。また、精度は+/- 0.1°Cとなっており、非常に正確です。

 

非常にコンパクトな設計になっており、スペースをとらずに非常に狭いスペースに収納できます。クリップ式なので、片手で簡単に着脱でき、使いやすさも抜群に良いと評価の高いアイテムです。

温度設定25〜90°C対応水量水位8cm~15cm
消費電力1000W

口コミを紹介

音は非常に静かです。ローストビーフとチキンを作りました。美味しくできました。これから活躍してくれそうです。買って良かったです。コンパクトでキッチンの引き出しに収まるサイズも気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

低温調理器LTC-01

価格:11,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

市販のお肉が極上柔らかに

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)の低温調理器LTC-01は、家庭でレストランのようなプロの味を楽しめると評判の低温調理器です。肉・魚・野菜からスイーツ迄、素材に応じた本格調理が可能です。

 

鍋の水温を指定した温度で一定に保ち、25~95℃の温度設定で幅広いメニューを楽しめます。タイマー機能で設定時間も1分~99時間59分使用可能で料理の幅が広がります。ほったらかし調理が可能なので、調理中に他の家事もはかどると人気があります。

温度設定25~95℃対応水量15L
消費電力1000W

口コミを紹介

購入して1ヶ月以上、毎週末、ポリプロピレン製のバケツ(容量7.5Lほど)に5Lほどのお湯を張り、サラダチキンや塩豚等を仕込んでいますが、かなりおいしくできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ハイスマート(Hismart)

低温調理器Viande(ビアンデ)

価格:18,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロも絶賛するできあがり!

ハイスマート(Hismart)の低温調理器Viande(ビアンデ)は、独自の温度制御と流路設計が美味しく仕上がる秘訣です。高精度のチップを使うので、誤差が0.1℃と正確な温度管理を実現しているのが特徴です。

 

特殊な3D流路設計で、ムラなく、均一に水を循環させます。また、片手で簡単に着脱できるので調理中もスムーズに作業することができます。1.9mの電源コードは長すぎず、短すぎずのちょうどよい長さです。収納に困らないコンパクトサイズなのも嬉しいポイントです。

温度設定25~99.9℃対応水量7~8L
消費電力850W

口コミを紹介

初めて買った低温調理器具ですが、使いやすいと思います。温度も0.5度刻みで時間セットも見易いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトタイプ低温調理器のおすすめ商品一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5553369の画像

    ハイスマート(Hismart)

  • 2
    アイテムID:5553344の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 3
    アイテムID:5553327の画像

    Sandoo

  • 4
    アイテムID:5553312の画像

    グリーンハウス(Green House)

  • 5
    アイテムID:5553280の画像

    モダンデコ

  • 商品名
  • 低温調理器Viande(ビアンデ)
  • 低温調理器LTC-01
  • 低温調理器HA1098
  • 低温調理器GH-SVMAE-BK
  • 低温調理器Soiree
  • 特徴
  • プロも絶賛するできあがり!
  • 市販のお肉が極上柔らかに
  • コンパクトだから小さなスペースに保管できる
  • 素材本来の風味や旨味を存分に活かせる
  • メインからデザートまでこれ1台でできる
  • 価格
  • 18000円(税込)
  • 11800円(税込)
  • 8999円(税込)
  • 14080円(税込)
  • 9989円(税込)
  • 温度設定
  • 25~99.9℃
  • 25~95℃
  • 25〜90°C
  • 0°C~90°C
  • 0〜90℃
  • 対応水量
  • 7~8L
  • 15L
  • 水位8cm~15cm
  • 4~15L
  • 記載なし
  • 消費電力
  • 850W
  • 1000W
  • 1000W
  • 1000W
  • 1000W

コスパの良い安い低温調理器の人気おすすめランキング5選

5位

イーバランス

低温調理器ビストロ・リッチEB-RM45D

価格:8,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食材の旨みが凝縮されてジューシーに

イーバランスの低温調理器ビストロ・リッチEB-RM45Dは、低温でじっくり調理をすることで肉や魚などを柔らかくジューシーに仕上げます。温度設定は室温〜95℃まで設定可能なので、自分の好みに合わせた料理ができます。

 

操作も簡単で、電源を入れて、温度を設定すると、設定温度に達したら、自動で温度を制御します。低温調理器を初めて使う方にもおすすめです。騒音もなく、本体のヒーターと下部の電動プロペラによる360°加熱効果で、調理時間を節約できます。

温度設定室温~95℃対応水量記載なし
消費電力1050W

口コミを紹介

鶏胸肉を低温調理しました。しっとりとした美味しい胸肉ができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Vpcok

低温調理器

価格:7,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レストランの美味しさを家庭でも

Vpcokの低温調理器は、美味しいけれど手間のかかるレストランのような料理が自宅で簡単に作ることができます。低温調理器を使えば、火加減が難しい料理でも、簡単に美味しくジューシーに仕上がります。

 

1000Wの駆動で、すばやく水温を設定された温度まで到達させます。お湯を対流させ続けることで、場所による水温のバラつきをなくし、食材にムラなく熱を通します。お肉は、魚や野菜、デザートまで美味しく調理可能です。様々なメニューーを楽しむことができます。家庭での料理の幅が広がること間違いありません。

温度設定記載なし対応水量記載なし
消費電力1000W

口コミを紹介

これを使いこなせたら普通の家で作るご飯の数倍美味しい食事になると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Azrsty

低温調理器

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単5ステップで美味しく仕上がる

Azrstyの低温調理器は、食材を一定の温度でゆっくり調理し、一定の品質を実現するので、食品の味を維持しながら鮮度と栄養を高めることができます。袋の中調理するので調味料は通常の半分、過剰な油、塩、糖分や水をカットできます。

 

簡単に美味しくて健康的な食事を作れるので、健康志向の方からも人気があります。低温調理機を調理する時に、無油煙、無明火、安全操作、とても静かで赤ちゃんが眠っていても安心して使うことができます。レシピブック付きなので初めて使う方も安心です。

温度設定25~99.9℃対応水量記載なし
消費電力850W

口コミを紹介

届いた翌日に早速ヨーグルトを作りました。 簡単にできてとても美味しかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

レアウェル

低温調理器

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本仕様で製作されているので安心

レアウェルの低温調理器は、電圧対応、PSE認証、取扱説明書などすべて日本仕様で製作されています。変換コネクターを買う必要はありません。1000Wのハイパワータイプなので、大きな食材もしっかりと火を入れることができます。

 

また、電源コードが1.8mと長いのが魅力で、コンセントから遠い場所でも調理可能になっています。

温度設定24~64℃対応水量4L
消費電力1000W

口コミを紹介

説明書はちゃんとした日本語で、タッチパネルの操作も分かりやすいです。コンセントもついてたのがそのまま使えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Wancle

低温調理器

価格:8,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自宅で完璧に柔らかい肉料理が楽しめる

Wancleの低温調理器は、食品をプラスチックに封入し、水に入れてから、厳密な温度でゆっくりと調理します。牛肉、豚肉、鶏肉、魚などが均一に調理され、控えめに柔らかくなり、風味が溢れます。

 

温度が0.1℃ごとに設定できるので、作りたい料理によって細かく温度設定をすることができます。また、液晶画面が見やすく操作も簡単なので、低温調理器を初めて使う方でも簡単に操作可能になっています。

温度設定25~99.9℃対応水量約4L
消費電力850W

口コミを紹介

温度設定は0.1度刻みで調整可能です。その柔らかさにびっくりです。下手なお店のレベルを超えます。しかも価格は買ってきた肉の値段。買ってよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパの良い安い低温調理器のおすすめ商品一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5553488の画像

    Wancle

  • 2
    アイテムID:5553466の画像

    レアウェル

  • 3
    アイテムID:5553444の画像

    Azrsty

  • 4
    アイテムID:5553429の画像

    Vpcok

  • 5
    アイテムID:5553400の画像

    イーバランス

  • 商品名
  • 低温調理器
  • 低温調理器
  • 低温調理器
  • 低温調理器
  • 低温調理器ビストロ・リッチEB-RM45D
  • 特徴
  • 自宅で完璧に柔らかい肉料理が楽しめる
  • 日本仕様で製作されているので安心
  • 簡単5ステップで美味しく仕上がる
  • レストランの美味しさを家庭でも
  • 食材の旨みが凝縮されてジューシーに
  • 価格
  • 8999円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 7999円(税込)
  • 7900円(税込)
  • 8000円(税込)
  • 温度設定
  • 25~99.9℃
  • 24~64℃
  • 25~99.9℃
  • 記載なし
  • 室温~95℃
  • 対応水量
  • 約4L
  • 4L
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 消費電力
  • 850W
  • 1000W
  • 850W
  • 1000W
  • 1050W

低温調理器で作れる簡単おすすめレシピ

低温調理器と聞くと、使い方が難しそうなイメージがありますが実は簡単においしい料理を作ることができるんです。ここでは、簡単にできるおすすめレシピを食材別に紹介します。

パーティー料理にぴったりな「牛肉」

火入れが難しいローストビーフも一定の温度を保ってくれる低温調理器では簡単にお店のようなローストビーフを作ることができます。低温調理器に入れる前にしっかりと焼き目を付けるのがポイントです。おもてなし料理をしてもおすすめです。

 

また、意外と火加減が難しいハンバーグも低温調理器を使えば失敗することなくふんわり美味しいハンバーグが作れます。

普段あまり買わない「豚肉」のかたまり肉を使って

手間のかかるチャーシューも、低温調理器ならほったらかし調理ができます。始めにさっと湯通しすることで豚肉の臭みが消えて美味しいチャーシューが出来上がります。また、豚の角煮も簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

ダイエットにもおすすめな「鶏肉」

ダイエット料理として人気のある鶏ハムも、低温調理器なら簡単に作ることができます。サラダだけでなくサンドイッチや棒棒鶏など多様に使うことができるので、まとめて作っておくのもおすすめです。

まとめ

低温調理器の選び方やおすすめ商品をランキングで紹介してきましたが、いかがでしたか。低温調理器は簡単にレストランで出てくるような料理を作ることができるので、興味のある方はぜひこちらの記事を参考に低温調理器で料理を楽しんでくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ