【2021年最新版】ファンタジー洋画の人気おすすめランキング30選【SF・コメディも!】

記事ID6278のサムネイル画像

美麗なCG技術で幻想的な世界を映し出す洋画のファンタジー映画。ファンタジーにはアクションだけでなく、SFやゴシックロマンスといった様々なジャンルがあります。今回はファンタジー映画の選び方と、最新作から過去の大作まで揃えた人気おすすめ作品をランキング形式で紹介していきます。

今回の記事では、ファンタジー洋画の人気おすすめランキングをご紹介していますが、下記の記事では、ジャンルを問わず人気の洋画をまとめてご紹介しています。ぜひご覧ください。

日常の世界から離れて楽しめるおすすめ洋画ファンタジー映画

日常生活ではできないような大冒険をしたり、不思議な世界へと足を踏み入れたり、主人公に感情移入をしてハラハラドキドキしながらストレスを発散するというのは、映画ならではの楽しみです。映像の中では普段はできないようなことも可能になります。

 

ファンタジー映画ときいてみなさんが思い浮かべるのは、魔法や妖精ではないでしょうか。実は最近は、ヒューマンドラマやラブロマンス系のファンタジー映画も多く存在するのです。意外ではないでしょうか。冒険アクションだけではなく恋愛系も豊富です。

 

そんな大作揃いのファンタジー映画の紹介を洋画に絞って、ランキング形式で紹介していきます。ランキングは「公開年」「監督」「上映時間」などの観点から作成しました。昔の名作から、最新のものまで揃えているので必見です。

洋画ファンタジー映画の人気おすすめランキング30選

見た目以上に怖いヤツ

40年近く前に公開されたジョー・ダンテ監督が手掛けたブラックコメディ作品です。ペットの飼育に関する問題をテーマに、不思議な生物モグワイが引き起こす騒動を描いています。モグワイを飼ううえで父と結んだ3つの約束、それが破られたときモグワイは・・・。

公開年 1984年 上映時間 104分
監督 ジョー・ダンテ 主演 ザック・ギャリガン

口コミを紹介

もう30年以上も前の映画ですが、いまだに古びれず何度も観賞できる名作です。所々変なパロディも挿入されてますが、クラシカルな映画となった今、そういうのも一つの味として楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

29位

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

PAN~ネバーランド、夢のはじまり~

不朽の名作ピーター・パンを原作としたファンタジーアドベンチャー

誰もが知っている海外の古典文学ピーターパンを原作にしたアドベンチャー作品です。主人公の成長を丁寧に描いている本作ですが、その見どころはなんと言っても畳みかけてくるように目まぐるしく変わるストーリーです。

公開年 2015年 上映時間 111分
監督 ジェイソン・フックス 主演 リーヴァイ・ミラー

口コミを紹介

3D版はかなり視差の強い3Dだと思います。PANが飛ぶシーンやクライマックスの黒ひげとのバトルシーンは圧巻の出来で妖精が飛びだしてきたり船の残骸がこちらに飛んできたりで面白いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

女子高生とヴァンパイアのラブロマンス

雨と霧の街を舞台に描かれる女子高生とヴァンパイアのラブロマンス作品です。とにかく真っ直ぐに恋心を向ける主人公によって徐々に絆されていくヴァンパイアの姿は必見です。恋愛の中にヴァンパイア同士の争いが盛り込まれており、展開に飽きることもありません。

公開年 2008年 上映時間 122分
監督 キャサリン・ハードウィック 主演 クリステン・スチュワート

口コミを紹介

パティンソンはヴァンパイア役なので白塗り、やけに赤い唇で黙ってたら正直うす気味悪いですが(ごめんなさい)、笑うと素敵。

出典:https://www.amazon.co.jp

アカデミー賞3部門受賞作品

内戦後のスペインで生きる少女がおとぎの世界へと引き込まれ、やがて幻想世界と現実の両方で苦難が降りかかるダークファンタジー作品です。第79回アカデミー賞で撮影賞、美術賞、メイクアップ賞の3部門で受賞した芸術的な世界観が持ち味です。

公開年 2006年 上映時間 119分
監督 ギレルモ・デル・トロ 主演 イバナ・バケロ

口コミを紹介

話の流れは解りやすく(ただし最終的な解釈は意見が分かれるでしょう)、複雑すぎず単純すぎず見事な構成と演出で魅せてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

白雪姫をモデルにしたダークな世界観

有名なグリム童話の1作である白雪姫をモデルに描かれたダークファンタジー作品です。幻想的に描かれていた白雪姫をよりリアルに、よりアクションチックに魅せており、国内外で高い評価を得ました。

公開年 2012年 上映時間 127分
監督 ルパート・サンダース 主演 クリステン・スチュワート

口コミを紹介

子供の頃に見た白雪姫と七人の小人たち、題名は少し違うかもしてませんが…。それと重ね合わせ観ました。やはり善は勝つ、私の好きなストーリーで面白かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

25位

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

悪役がヒーローに!?

宇宙を舞台にコミック版では悪役だったキャラクターたちがヒーローになって暴れまわるアクションファンタジー作品です。ヒーロー作品を多く手掛けるマーベルだからこその高いクオリティを有したストーリーは必見です。

公開年 2014年 上映時間 121分
監督 ジェームズ・ガン 主演 クリス・プラット

口コミを紹介

PVをみても今までのマーベルと毛色が違いすぎて良くわかない。テッドのような日本人にはとっつきにくい作品だと思っていたが、意外とこれが面白い。

出典:https://www.amazon.co.jp

アニメと実写が入り混じるディズニー作品

突如、ニューヨークの都会に紛れ込んでしまったお姫様のドタバタ劇を、実写と2Dアニメを混ぜて描いたミュージカル映画です。全編を通して至る所に散りばめられているパロディや、アメリカで行われてきた伝統的なアナログアニメの手法など見所盛りだくさんです。

公開年 2007年 上映時間 107分
監督 ケヴィン・リマ 主演 エイミー・アダムス

口コミを紹介

この映画は恋愛映画ではなく娯楽映画、楽しむ映画です。過去のディズニー映画の様々な名シーンのパロディがそこら中にちりばめられており、思わず吹き出してしまうほどです。

出典:https://www.amazon.co.jp

23位

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

ハリーの両親の秘密に触れるシリーズ3作目

魔法の牢獄アズカバンから脱走した囚人が巻き起こす騒動とハリーの両親について明かされる秘密の2つを軸にして描かれる、ハリーポッターシリーズの3作目です。ハリーポッターという作品の核心にかかわる部分もあるので、ポッター好きは確実に見たい作品です。

公開年 2004年 上映時間 142分
監督 アルフォンソ・キュアロン 主演 ダニエル・ラドクリフ

口コミを紹介

映像美や魔法の授業、魔法学校などワクワクしてみられる本当によくできた映像でしょぼいところがないなあと関心が深まった。

出典:https://www.amazon.co.jp

年を取るごとに若返っていく男の不思議な一生

80歳で生まれ年を取るごとに若返る男と、彼の周りにいる人間たちとのドラマを描いたファンタジー作品です。名優ブラッド・ピットが主演を演じ、第81回アカデミー賞では3部門を受賞した大作映画なので、ぜひ一度ご覧ください。

公開年 2008年 上映時間 167分
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ブラッド・ピット

口コミを紹介

老人介護をしたことがあります。今現在、日々年をとっていく自分とまだ小さい子供がいる生活を送っていて、いろいろ考えさせられる映画でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

21位

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ダーク・シャドウ

200年ぶりに蘇ったヴァンパイアが巻き起こす笑いの数々

200年ぶりに蘇ったヴァンパイアが、没落した子孫を救うため、そして人間の体を取り戻すために斜め上な奮闘をする超自然的映画。主演ジョニーデップの他にも様々な有名俳優・女優が起用されており、それぞれが個性的なキャラを演じます。

公開年 2012年 上映時間 113分
監督 ティム・バートン 主演 ジョニー・デップ

口コミを紹介

ジョニーデップや他の皆さんのキャラが立っていて存在感が抜群でした。濃いのでお腹がいっぱいになり笑えるところが沢山ありました。

出典:https://www.amazon.co.jp

20位

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

ルイスと不思議の時計

本当に信じられるのは誰だろう

両親を亡くして孤児になってしまった少年が、2人の魔法使いとともに世界の滅亡を引き起こす時計を探し出すために奮闘するファンタジー作品です。壁の中の時計という童話をもとにしているので、家族でも楽しめる作品になっています。

公開年 2018年 上映時間 105分
監督 イーライ・ロス 主演 ジャック・ブラック

口コミを紹介

面白いものに理屈はいらない。他の作品と比べる必要もなければ、文学性もいらない。見て楽しければそれでいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

『オズの魔法使い』の20年前のお話

有名な童話であるオズの魔法使いの20年前を舞台に、やがてオズの魔法使いになる主人公のその前の姿が描かれた作品です。通名作品を下地にしているからか、世界中でも多大な人気を集め興行的な大成功を収めています。

公開年 2013年 上映時間 130分
監督 サム・ライミ 主演 ジェームズ・フランコ

口コミを紹介

オズの魔法使い:エピソード0です。有名な本編に至るまでの前日譚、オズが何故オズの魔法使いになったのかのいきさつを補完するようなあらすじです。

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

それぞれの正義の在り方を描いた超大作

様々なヒーローたちが同一の世界観で活躍する姿を描くマーベル作品の1つであり、それぞれのヒーローたちが持つ正義の在り方を描き切った傑作映画です。キャプテン・アメリカとアイアンマンの2人を中心に、ヒーローとは、と視聴者に考えさせる1作になっています。

公開年 2016年 上映時間 148分
監督 アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ 主演 クリス・エヴァンス

口コミを紹介

たくさんのキャラクターが登場しているのに一人一人にちゃんと見せ場が作られていて感動しました。ヒーローが総動員の戦闘シーンはまさにマンガの見開きページのかっこいいイラストをそのまま再現したかのようで最高です!

出典:https://www.amazon.co.jp

悪役視点で描かれた全く新しい眠れる森の美女

眠れる森の美女に登場する敵役マレフィセントの視点で描かれたダークファンタジー作品です。日本でも大人気を博するRPGキングダムハーツにも登場する魅力的な悪役であるマレフィセントをこれでもかと言うほど深堀した作品になっています。

公開年 2014年 上映時間 97分
監督 ロバート・ストロンバーグ 主演 アンジェリーナ・ジョリー

口コミを紹介

近年のディズニーは、男なんていらない!と言わんばかりに女の子が元気だが、本作はその最もたるものではないか。最強にして最高の美しきヴィラン、マレフィセントが我々を虜にしてくれるおとぎ話。

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

喋る動物と子供たちの成長を描いた王道ファンタジー作品

本の中に吸い込まれた子供たちがそこにいる幻想生物たちとの関わり合いや騒動を通して成長していく王道ファンタジー作品です。有名シリーズであるナルニア国物語の第一作に当たります。面白かったら第2章、3章と視聴してみてください。

公開年 2005年 上映時間 143分
監督 アンドリュー・アダムソン 主演 ティルダ・スウィントン

口コミを紹介

原作を読んだことがあると、ルーシーがタンスの向こうにある雪の世界の外燈の下で、タムナスさんと出会うシーンにワクワクします。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

CGを駆使して描かれる神々が住む世界

マーベルヒーローの1人であり最強の神であるソーを主人公に据えた『マイティ・ソー』シリーズの2作目です。ハリウッドが持つ最高峰のCG技術を駆使して表現された神々が住む世界アスガルドを舞台に行われる、神々のド派手な争いを見ることができます。

公開年 2013年 上映時間 112分
監督 アラン・テイラー 主演 クリス・ヘムズワース

口コミを紹介

映画館で何回も観てシリーズの大ファンなので購入しましたが、文句なしの製品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ホビット 思いがけない冒険

指輪物語につながる新たな冒険譚

作家トールキンによって描かれたホビット3部作の1作目を映画化した長編ファンタジー映画です。同作家のロード・オブ・ザ・リングにも繋がる話になっていますので、トールキンファンは一度は見ておきたい作品です。

公開年 2012年 上映時間 170分
監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーティン・フリーマン

口コミを紹介

「ロード・オブ・ザ・リング」の物語を遡ること60年前、ビルボ・バギンスが「全てを支配するリング」を手に入れる冒険を描くLOTR同様の三部作長編で、登場人物設定や配役は不変なので安心して世界観に没入出来る。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

プーさんと大人になったロビンを描いた感動大作

世界中の誰もが知っている児童小説クマのプーさんを原作に、大人になったロビン・クリストファーとプーさんの友情を描いたファンタジー作品です。誰もが知っている名作だからこそ感情移入しやすく、涙なしに見終わることはできません。

公開年 2018年 上映時間 104分
監督 マーク・フォースター 主演 ユアン・マクレガー

口コミを紹介

とにかく、百エーカーの森の風景が綺麗。昔のロンドンの街並みも素敵。動くプーたちはそれぞれの個性にあった仕草や表情をするし、彼らの何気なく言ったであろうセリフが何故かじんわり心に残ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

宿敵との最終決戦を描いたシリーズ完結作

様々な問題を仲間と共に乗り越え成長したハリーと宿敵ヴォルデモートの最終決戦を描いた、長編ファンタジー映画の完結作です。これまでのシリーズで散りばめられてきた伏線や問題も回収し、まさに最終作に相応しい出来となっています。

公開年 2011年 上映時間 130分
監督 デイビッド・イェーツ 主演 ダニエル・ラドクリフ

口コミを紹介

主役3人組はもちろんのこと、マクゴナガル先生、ウィーズリー夫人、ルーナ、ネビル・ロングボトム、ドラコなどいい味出してましたが、なんといっても、スネイプ演じるアラン・リックマンさん、さすがです。

出典:https://www.amazon.co.jp

スーパーヒーローたちの邂逅

多くのスーパーヒーローが登場するオーバークロス作品の1つであり、ヒーローチームアベンジャーズの結成が描かれた最初の作品です。それぞれが強力な力を持つヒーローたちの出会いと対立、そして共闘が描かれた始まりの物語なので、ぜひ1度は見てみてください。

公開年 2012年 上映時間 143分
監督 ジョス・ウェドン 主演 ロバート・ダウニー・Jr

口コミを紹介

それぞれ自らの正義を主張して時に激しく対立することがあっても最後には結束して戦う最強チームというストーリー展開に、迫力ある映像とアクション。予定調和とわかっていてもハマってしまいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション

心温まる父と子の絆の物語

ホラー映画のイメージが強いティム・バートン監督のファンタジー映画です。幼いころから父親エドワードの大げさなほら話に付き合わされることにうんざりしていたウィル。実家を離れて、久しぶりに家に戻ったウィルは父の余命があとわずかだと知らされます。

 

エドワードのほら話を検証していき、そこに隠された真実を知っていくウィルは、やがて父への不信感もなくなっていき、父を理解するようになっていきます。この作品はミュージカルとしても話題になり、2013年にアメリカで初演され日本でも2017年に初演されました。

公開年 2004年 上映時間 125分
監督 ティム・バートン 主演 ユアン・マクレガー アルバート・フィニー

口コミを紹介

子供の頃ナイトメア〜を見て以来すっかりティムバートン作品の虜で、これはいつもの作品と方向性がちょっと違うけど、なんやかんや一番好きな作品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

絵本の中の登場人物になってしまう少年

いじめられっ子のバスチアンは、いじめっ子から逃れるために学校の天井裏にこもり、そこで本屋から持ち去ってきた「はてしない物語」を読み始めます。夢中になって読み進めていくうちに、いつしかバスチアンは自分も物語の一部になっていることに気が付きます。

 

映画だけでなく主題歌も大ヒットしたドイツ製作のファンタジー映画です。作中に出てくる白い龍のファルコンがかわいいと人気を呼びました。

公開年 1984年 上映時間 94分
監督 ウォルフガング・ペーターゼン 主演 バレット・オリヴァー ノア・ハサウェイ

口コミを紹介

大人になってもいいなと思ったストーリー、またぜひ子どもとみてみたくなったね。
親子の絆が強くなればいいな。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

シザーハンズ(特別編)

手がハサミになった純粋な青年の切ないストーリー

人造人間のエドワードは、自分を作った博士が急死したため丘の上のお城に一人で住んでいました。そこを訪れた化粧品セールスの女性に家まで連れていかれ、一緒に住むことになりますが、ある事件をきっかけにしてエドワードを避け始めます。

 

少しホラーやコメディの要素もありますが、ひたすら純粋な心の持ち主のエドワードを見ていると、ラストで胸が締め付けられる思いがする切ないファンタジー映画です。ジョニー・デップがブレイクするきっかけとなった映画です。

公開年 1991年 上映時間 105分
監督 ティム・バートン 主演 ジョニー・デップ

口コミを紹介

ジョニー・デップが演じるエドワードのキャラが際立っており、彼の出世作となったのも頷けます。キュートなウィノナ・ライダーも魅力的で、悲しくも切ないラブ・ストーリーのファンタジー映画に仕上がっていると思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

アリス・イン・ワンダーランド

「不思議の国のアリス」の後日談的なファンタジー映画

不思議の国の大冒険から13年が経ち19歳になったアリスは、母と姉が極秘で計画して開催した婚約パーティーを抜け出し、幼い頃に迷い込んだ不思議の国に再び迷い込みます。アリスはそこで赤の女王によって支配されていた国を救う救世主として、赤の女王と戦います。

 

「不思議の国のアリス」や「鏡の国のアリス」の後日談的なファンタジー映画です。ジョニー・デップのマッド・ハッタ―も好評で続編「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」も製作されました。

公開年 2010年 上映時間 109分
監督 ティム・バートン 主演 ミア・ワシコウスカ

口コミを紹介

今までのアリスとはまた違った世界であり、これもありと思えるし特撮も楽しめました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ジョニー・デップとティム・バートンコンビのファンタジー

工場見学に招待された5人のうち、一人だけに副賞があると聞かされますが、チャーリー以外の子供たちは見学の途中で次々と脱落していきます。

 

ティム・バートンとジョニー・デップがコンビを組んだファンタジー映画で大ヒットを記録しました。さりげなく子供の成長に大切なものを教えてくれる映画です。工場で働くウンパ・ルンパの大活躍に注目しましょう!

公開年 2005年 上映時間 115分
監督 ティム・バートン 主演 ジョニー・デップ フレディ・ハイモア

口コミを紹介

。メイクで最初ジョニーデップだと分からなかったが、やはり上手い。所々に映画に対してのオマージュがちりばめられていて、それを探すのも一興。大人の鑑賞にも十分に耐えられるが、やはり子供に見て貰いたい。

出典:https://www.amazon.co.jp

ロード・オブ・ザ・リングシリーズの完結編

壮大な原作「指輪物語」を映画化したファンタジー映画3部作の完結編です。架空の世界を舞台にしていますが、シリーズをずっと見ていると、まるで自分がその世界にいるかのように感じることができます。

 

原作を読んで見るとより面白く見れますが、映画だけでも十分に面白く見ることができます。原作を読んだ人は、自分が文から読み取って想像した世界が映像と同じなのかどうかを見比べてみるのも楽しいです。

公開年 2004年 上映時間 201分
監督 ピーター・ジャクソン 主演 イライジャ・ウッド

口コミを紹介

毎日、特にラストの方を観ています。勇気をもらって元気になれるのです! 誠実であること、信じること、前に進むこと…人生にとって何が大切かと言うことを観れば観るほど教えてくれるのです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ディズニーアニメの傑作を見事に実写化

わがままで自分勝手な性格を戒めるために野獣に姿を変えられてしまった王子。ガラスケースに入れられた1本のバラの花の花びらが散ってしまう前に、誰かを愛し愛されなければ、一生野獣の姿のまま。

 

ディズニーアニメで人気の「美女と野獣」を忠実に、新しい曲も織り交ぜて作られたミュージカルファンタジー映画です。最後のシーンは何度見ても感動します。アラン・メンケンの名曲の数々も素敵です。

公開年 2017年 上映時間 129分
監督 ビル・コンドン 主演 エマ・ワトソン

口コミを紹介

やっぱディズニーと言った感じです。ロマンチックな感じが、とても良いですね!アニメ同様に、引き込まれる世界観がありました!!

出典:https://www.amazon.co.jp

SFファンタジーの傑作

タイトルの「E.T.」とは「The Extra-Terrestrial」のことで「地球外生命体」のことです。タイトル通り、地球外生物と地球の子供たちとの交流を描いたSFファンタジー映画です。研究のため地球に降り立った異星人が宇宙船に乗り遅れて地球に残されてしまいます。

 

E.T.を乗せた自転車が空に舞い上がる幻想的なシーンは、ファンタジー映画ならではの感動を与えてくれます。年代や時代を超えて、笑って泣いて感動できるファンタジー映画で、文句なく誰にでもおすすめできる作品です。

公開年 1982年 上映時間 115分
監督 スティーブン・スピルバーグ 主演 ヘンリー・トーマス ドリュー・バリモア

口コミを紹介

CGやゲーム画像に慣れている現代の子でも、自転車のシーンでは興奮して見入ってました。最近の映画はテンポが早くてあまり残らない作品も多く感じますが、この映画はずっと心に残るような作品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

ハリー・ポッターシリーズの作者による新しい魔法の世界

イギリスの魔法動物学者ニュート・スキャマンダーはトランクにたくさんの魔法動物たちを詰め込んでニューヨークに立ち寄ります。しかしトランクが別人のものと入れ替わってしまい、しかもトランクから魔法動物たちが逃げ出してしまい大騒動になってしまいます。

 

ハリー・ポッターシリーズのスピンオフとして発表されたファンタスティック・ビーストシリーズは、ハリー・ポッターの時代から70年前のアメリカを描いています。ハリー・ポッターシリーズとは異なる新たな魔法の世界のストーリーです。

公開年 2016年 上映時間 133分
監督 デヴィッド・イェーツ 主演 エディ・レッドメイン

口コミを紹介

あまり期待はしてなかったのですが、予想外に面白かった。他の方のレヴューにもある通り、ファンタスティックビースト達が可愛い。一見、見頼りなさ気で気が弱そうな主役のエディの演技もなかなかハマってて良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ハリー・ポッターと賢者の石

ハリー・ポッターシリーズの第一作

世界中にファンを持つハリー・ポッターシリーズの第一作目の映画化作品です。長いハリー・ポッターの物語はここから始まりました。親友となるロンとハーマイオニーとの出会いも描かれています。ハリー役のダニエル・ラドクリフもこの作品ではまだ幼さが残ります。

 

原作を読んだ人も、イメージとピッタリの映像で楽しめます。原作を読んでいない人ももちろん楽しめますが、登場人物がとても多いので、整理するためにも原作を読むと、なお楽しめることでしょう。

公開年 2001年 上映時間 152分
監督 クリス・コロンバス 主演 ダニエル・ラドクリフ

口コミを紹介

小学生の時に映画館で観た以来、自分の子供と観ましたが同じワクワク、ドキドキを子供と共有でき、自分も子供に戻ったように楽しめました!

出典:https://www.amazon.co.jp

ファンタジー洋画のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6932620の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 2
    アイテムID:6932614の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 3
    アイテムID:6932626の画像

    ジェネオン・ユニバーサル

  • 4
    アイテムID:6932623の画像

    ウォルト・ディズニー・ジャパン

  • 5
    アイテムID:6932617の画像

    ポニーキャニオン

  • 6
    アイテムID:6932611の画像

    ワーナー・ホーム・ビデオ

  • 7
    アイテムID:6932608の画像

    ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

  • 8
    アイテムID:6932605の画像

    20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

  • 9
    アイテムID:6932602の画像

    ワーナー・ホーム・ビデオ

  • 10
    アイテムID:6932599の画像

    ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

  • 11
    アイテムID:6945767の画像

    ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

  • 12
    アイテムID:6945524の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 13
    アイテムID:6945481の画像

    ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

  • 14
    アイテムID:6945295の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 15
    アイテムID:6945143の画像

    ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

  • 16
    アイテムID:6945048の画像

    ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

  • 17
    アイテムID:6945002の画像

    ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

  • 18
    アイテムID:6944547の画像

    ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

  • 19
    アイテムID:6944487の画像

    ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

  • 20
    アイテムID:6943981の画像

    NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

  • 21
    アイテムID:6943780の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 22
    アイテムID:6943426の画像

    ワーナー・ホーム・ビデオ

  • 23
    アイテムID:6943364の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 24
    アイテムID:6942319の画像

    ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

  • 25
    アイテムID:6942170の画像

    ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

  • 26
    アイテムID:6942041の画像

    ジェネオン・ユニバーサル

  • 27
    アイテムID:6941408の画像

    アミューズソフトエンタテインメント

  • 28
    アイテムID:6940904の画像

    KADOKAWA

  • 29
    アイテムID:6940793の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 30
    アイテムID:6940381の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 商品名
  • ハリー・ポッターと賢者の石
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
  • E.T.
  • 美女と野獣 
  • ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
  • チャーリーとチョコレート工場 [DVD]
  • アリス・イン・ワンダーランド
  • シザーハンズ(特別編)
  • ネバーエンディング・ストーリー
  • ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション
  • アベンジャーズ
  • ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
  • プーと大人になった僕
  • ホビット 思いがけない冒険
  • マイティ・ソー/ダーク・ワールド
  • ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女
  • マレフィセント
  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • オズ はじまりの戦い
  • ルイスと不思議の時計
  • ダーク・シャドウ
  • ベンジャミン・バトン 数奇な人生
  • ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 魔法にかけられて
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • スノーホワイト
  • パンズ・ラビリンス
  • トワイライト 初恋
  • PAN~ネバーランド、夢のはじまり~
  • グレムリン
  • 特徴
  • ハリー・ポッターシリーズの第一作
  • ハリー・ポッターシリーズの作者による新しい魔法の世界
  • SFファンタジーの傑作
  • ディズニーアニメの傑作を見事に実写化
  • ロード・オブ・ザ・リングシリーズの完結編
  • ジョニー・デップとティム・バートンコンビのファンタジー
  • 「不思議の国のアリス」の後日談的なファンタジー映画
  • 手がハサミになった純粋な青年の切ないストーリー
  • 絵本の中の登場人物になってしまう少年
  • 心温まる父と子の絆の物語
  • スーパーヒーローたちの邂逅
  • 宿敵との最終決戦を描いたシリーズ完結作
  • プーさんと大人になったロビンを描いた感動大作
  • 指輪物語につながる新たな冒険譚
  • CGを駆使して描かれる神々が住む世界
  • 喋る動物と子供たちの成長を描いた王道ファンタジー作品
  • 悪役視点で描かれた全く新しい眠れる森の美女
  • それぞれの正義の在り方を描いた超大作
  • 『オズの魔法使い』の20年前のお話
  • 本当に信じられるのは誰だろう
  • 200年ぶりに蘇ったヴァンパイアが巻き起こす笑いの数々
  • 年を取るごとに若返っていく男の不思議な一生
  • ハリーの両親の秘密に触れるシリーズ3作目
  • アニメと実写が入り混じるディズニー作品
  • 悪役がヒーローに!?
  • 白雪姫をモデルにしたダークな世界観
  • アカデミー賞3部門受賞作品
  • 女子高生とヴァンパイアのラブロマンス
  • 不朽の名作ピーター・パンを原作としたファンタジーアドベンチャー
  • 見た目以上に怖いヤツ
  • 価格
  • 945円(税込)
  • 945円(税込)
  • 2,080円(税込)
  • 1,178円(税込)
  • 3,298円(税込)
  • 945円(税込)
  • 945円(税込)
  • 1,000円(税込)
  • 1,580円(税込)
  • 1,000円(税込)
  • 3,071円(税込)
  • 945円(税込)
  • 1,162円(税込)
  • 960円(税込)
  • 1,749円(税込)
  • 1,580円(税込)
  • 2,799円(税込)
  • 2,766円(税込)
  • 944円(税込)
  • 968円(税込)
  • 298円(税込)
  • 980円(税込)
  • 945円(税込)
  • 2,880円(税込)
  • 1,740円(税込)
  • 459円(税込)
  • 2,399円(税込)
  • 945円(税込)
  • 948円(税込)
  • 973円(税込)
  • 公開年
  • 2001年
  • 2016年
  • 1982年
  • 2017年
  • 2004年
  • 2005年
  • 2010年
  • 1991年
  • 1984年
  • 2004年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2018年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2005年
  • 2014年
  • 2016年
  • 2013年
  • 2018年
  • 2012年
  • 2008年
  • 2004年
  • 2007年
  • 2014年
  • 2012年
  • 2006年
  • 2008年
  • 2015年
  • 1984年
  • 上映時間
  • 152分
  • 133分
  • 115分
  • 129分
  • 201分
  • 115分
  • 109分
  • 105分
  • 94分
  • 125分
  • 143分
  • 130分
  • 104分
  • 170分
  • 112分
  • 143分
  • 97分
  • 148分
  • 130分
  • 105分
  • 113分
  • 167分
  • 142分
  • 107分
  • 121分
  • 127分
  • 119分
  • 122分
  • 111分
  • 104分
  • 監督
  • クリス・コロンバス
  • デヴィッド・イェーツ
  • スティーブン・スピルバーグ
  • ビル・コンドン
  • ピーター・ジャクソン
  • ティム・バートン
  • ティム・バートン
  • ティム・バートン
  • ウォルフガング・ペーターゼン
  • ティム・バートン
  • ジョス・ウェドン
  • デイビッド・イェーツ
  • マーク・フォースター
  • ピーター・ジャクソン
  • アラン・テイラー
  • アンドリュー・アダムソン
  • ロバート・ストロンバーグ
  • アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
  • サム・ライミ
  • イーライ・ロス
  • ティム・バートン
  • デヴィッド・フィンチャー
  • アルフォンソ・キュアロン
  • ケヴィン・リマ
  • ジェームズ・ガン
  • ルパート・サンダース
  • ギレルモ・デル・トロ
  • キャサリン・ハードウィック
  • ジェイソン・フックス
  • ジョー・ダンテ
  • 主演
  • ダニエル・ラドクリフ
  • エディ・レッドメイン
  • ヘンリー・トーマス ドリュー・バリモア
  • エマ・ワトソン
  • イライジャ・ウッド
  • ジョニー・デップ フレディ・ハイモア
  • ミア・ワシコウスカ
  • ジョニー・デップ
  • バレット・オリヴァー ノア・ハサウェイ
  • ユアン・マクレガー アルバート・フィニー
  • ロバート・ダウニー・Jr
  • ダニエル・ラドクリフ
  • ユアン・マクレガー
  • マーティン・フリーマン
  • クリス・ヘムズワース
  • ティルダ・スウィントン
  • アンジェリーナ・ジョリー
  • クリス・エヴァンス
  • ジェームズ・フランコ
  • ジャック・ブラック
  • ジョニー・デップ
  • ブラッド・ピット
  • ダニエル・ラドクリフ
  • エイミー・アダムス
  • クリス・プラット
  • クリステン・スチュワート
  • イバナ・バケロ
  • クリステン・スチュワート
  • リーヴァイ・ミラー
  • ザック・ギャリガン

人気のおすすめファンタジー洋画の選び方

ファンタジー映画は未来を描いたもの、遠い昔を描いたもの、また架空の世界を描いたものなど、日常に世界とは離れた世界を描いているのは同じですが意外と幅が広いです。数あるファンタジー映画から何に注目して選べば良いのか、選び方のポイントをご紹介します。

映画初心者には「一本完結」のものがおすすめ

ファンタジー映画には一本で完結するものと、シリーズ化しているものがあります。特にシリーズ化されているものは、作品は長く続く上に一本あたりの時間が長いものがあります。そしてストーリーが進むにつれて難しくなって行くものもあります。

 

ただし、シリーズ化されているものでも、一話完結のものもあるのでそういったものを選んで見ると、より楽しめます。また、最新のものから遡って観ることでストーリーが繋がりまた違っ楽しみか方ができます。

ディズニー映画で選ぶ

ディズニーの映画作品はアニメを中心に夢がいっぱいのファンタジー映画が多いです。近年は実写化でアニメ作品が新しく生まれ変わっています。ファンタジー映画選びに迷ったら、まずはディズニー映画に注目してみましょう。

原作を知らない方にもおすすめなアニメの「実写化作品」

ディズニー映画にはいろいろな名作アニメ映画がありますが、その中のいくつかは実写版となってよみがえり、元の映画を知らない世代にも受け入れられてヒットしています。

 

アニメの実写化の中には、元のアニメの世界を生かしつつ別のストーリーになっているものや、元の映画に新しいエピソードを付け加えているものなどがあります。

 

元の世界観を生かしたまま別のストーリーになっているものには「プーと大人になった僕」があります。元のストーリーに忠実に描いているものには「シンデレラ」や「美女と野獣」があります。

定番作品を見たい方は老若男女に大人気の「ディズニーアニメ」

ディズニーアニメのファンタジー映画は数限りなく、昔も今も素敵な映画が誕生し続けています。その中でも古くても今も輝きをなくさない名作をあげるとすれば「ファンタジア」があげられるでしょう。クラシック音楽と映像のみで綴られる物語には言葉は必要ありません。

 

「ピーター・パン」や「ピノキオ」などのクラシックなものから「シュガー・ラッシュ」のような現代社会ならではのものまで、ディズニーアニメだけでもファンタジー映画の内容は本当に多彩です。

温かみのある映像が見たい方は実写とアニメの「融合作品」を

ディズニーのファンタジー映画の中には、実写にアニメを融合させたものも多いです。「メリー・ポピンズ」はミュージカルであるとともに、アニメを融合させることによってCGではない温かみのある映像ができあがっています。

 

ディズニーのファンタジー映画にはハッピーなものばかりではなく「イン・トゥ・ザ・ウッズ」や「マレフィセント」のように少しブラックなものもあります。また「くるみ割り人形と秘密の王国」のように音楽と切り離せない映画が多いのもディズニー映画の特徴と言えるでしょう。

原作がある王道のシリーズモノで選ぶ

洋画のファンタジー映画には子供向けの小説を映画化したものも多いです。その中でも有名なものがハリー・ポッターシリーズと「指輪物語」の映画化である「ロード・オブ・ザ・リング」三部作です。

原作全てが映画化されている「ハリー・ポッターシリーズ」

ハリーポッターシリーズはJ.K.ローリングの児童文学作品で、全7巻あります。「賢者の石」から「死の秘宝」まですべて映画化され、主人公のハリー・ポッターをダニエル・ラドクリフが演じ続け、映画でハリーの成長とともにダニエル・ラドクリフの成長も見ることができました。

 

小説と映画は「死と秘宝」までですが、その19年後を描く「ハリー・ポッターと呪いの子」が舞台劇として発表されたため、正確には「呪いの子」が完結編として扱われています。

 

また、2016年に公開されたファンタスティック・ビーストシリーズは、ハリー・ポッターシリーズのスピンオフとして公開されました。ハリーポッターシリーズは年代ごとに特徴があるので、昔からさかのぼって見てみるとよいでしょう。

壮大な美しいストーリーを楽しみたい方は「ロード・オブ・ザ・リング」

映画のロード・オブ・ザ・リングシリーズは3部作となっていて、すべて合わせると上映時間が9時間を超える超大作です。原作はJ・R・R・トールキンの「指輪物語」で、初期に書かれた「ホビットの冒険」の続編として書かれたものです。

 

物語は架空の世界を舞台として壮大なストーリーで、アニメーション化はされたものの実写映画化は困難と言われてきました。しかしCGの発達により映像化が実現し、完結編の「王の帰還」は2004年のアカデミー賞で11部門のオスカーを獲得しました。

監督や俳優で選ぶ

監督や俳優の中には、ファンタジー映画の製作が多い監督や出演階数が多い俳優がいます。その中でも有名なのがティム・バートンとジョニー・デップのコンビ、それに名監督スティーブン・スピールバーグです。

奇抜で風変わりな作品に触れたい方は「ジョニー・デップ」主演の作品

ディズニーのアトラクションをモチーフにした映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズでおなじみのジョニー・デップは一躍名前を知られることになったファンタジー映画「シザーハンズ」以来、風変わりな役を演じることが多い俳優です。

 

その一方で「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのように子供たちにも楽しんでもらえるようなファンタジー映画への出演も多く「ティム・バートンのコープスブライド」のようなアニメーションのファンタジー映画への声の出演も行っています。

オカルトチックなファンタジー映画が好きなら「ティム・バートン」監督の作品

ティム・バートン監督はホラー映画のイメージが強いですが、ディズニーでアニメーターをしていた関係から、アニメーション映画やファンタジー映画も多く手掛けています。俳優ジョニー・デップとのコンビも有名です。

 

他にも「ビッグ・フィッシュ」や「ミス・ペレグレリンと奇妙なこどもたち」、ディズニーアニメの実写版「ダンボ」なども手掛けています。

あらゆるジャンルの名作を知りたい方は「スティーブン・スピルバーグ」

スティーブン・スピルバーグ監督は、SFや冒険もの、戦争ものや電気ものなど、あらゆるジャンルの映画を手掛けるベテランの映画監督・製作者です。SFファンタジー映画の「E.T.」は時代を超えて愛されている作品です。

 

その他にも1989年の「オールウェイズ」、大人になったピーター・パンを描いた1991年の「フック」などのファンタジー映画があります。

ジャンルで選ぶ

一口にファンタジー映画と言っても、様々なジャンルに分かれています。どのようなものがあるのか紹介していきます。

ファンタジー映画初心者には王道である「剣と魔法」の世界

ファンタジーと言えば外してはいけないのが剣と魔法の世界です。まさしくファンタジー映画の王道とも呼べるこのジャンルの中には、いつまでも色褪せない不朽の名作が数多く存在しています。ぜひ過去の名作たちに触れてみてください。

迫力あるバトルシーンを観たい方は「アクション系」

アクション系のファンタジー映画は、多数存在しています。迫力あるバトルシーンやアクションを見たい方にはアクション要素の強いファンタジー映画をおすすめします。洋画を中心に邦画やアニメに至るまで、様々な人気作品があるので自分なりのお気に入りの作品を見つけましょう。

中世ヨーロッパの妖しい雰囲気を味わいたい方は「ゴシック・ロマンス」

ゴシック・ロマンスは中世ヨーロッパに存在したゴシック調の街並みを舞台にした、ややホラーチックな作品群のことを指します。「フランケンシュタイン」や「ジキルとハイド」などが存在し、現在のSFやホラーの原点となったジャンルとも言われています。

少し重ための幻想的なストーリーを楽しみたい方は「ダークファンタジー」

ダークファンタジーとは、作品に悲壮的な雰囲気の漂うものや、幻想的なものを表すファンタジーのジャンルになっています。時には主人公にとって理不尽な状況に陥ったり、大切な人が亡くなったりと、普通のファンタジーとは違ったテイストになっています。

科学と幻想が入り混じった世界が好きな方は「SFファンタジー」

SFファンタジーは近未来や現代で発達した空想科学を中心に描くジャンルです。未来都市を舞台にしたものもあれば、宇宙を旅する移民船団を描いたものまで、内容は多岐にわたります。下地に現実の科学が存在しているので、中には勉強になるような作品もあります。

ファンタジーだからこそできる摩訶不思議な「コメディ」作品

映画を見てとにかく笑いたい、陰鬱な気持ちを吹き飛ばしたいという方には「コメディ」を中心に描いたファンタジー映画がおすすめです。現実ではありえないことでもファンタジーだからこそ笑い飛ばせる、そんなユーモアやブラックジョークに溢れた作品群です。

オリジナルストーリーを楽しみたい方は「アニメ」作品

アニメ系のファンタジー作品は洋画にも多数存在しています。その中には普段テレビで放映されている作品もあり、知名度の高い作品も多く、そして、映画化されているもののほとんどがオリジナルストーリーがほとんどです。

誰と見るかで選ぶ

ファンタジー映画を見る時に、いつも同じ見るとは限りませんよね。どのような作品の選びかたがいいのか紹介します。

大人が「一人」で見るときは自分が見たいものや最新作を選ぼう

一人でファンタジー映画を見るときは、自分が見たい作品を選びましょう。例ばゴールデンウィークや年末年始などのまとまって休みが取れる日は、あえてシリーズ化されているものを選んで一気みするのがおすすめです。

 

また、その時に話題になっているファンタジー映画をみにいくのもおすすめです。最新の映画を知っていれば、友達と映画の話をするときに話題に困りませんし、知らない人がいればその映画の魅力を語ったりと情報を共有できるます。

「友人や家族」とファンタジー映画を見る方は盛り上がる作品

家族や友人とファンタジー映画を観る時には、自分やみんなが共有したいと思う作品を選んでみましょう。そうすることで、誰も退屈せずに作品を見終わった後に共通した話題ができてさらに余韻を楽しめます。

 

壮大なスケールの作品でもいいですし、みんなで笑って楽しめる作品を見るのもいです。みんなで笑って楽しめる作品は、より余韻に浸りやすく話題も増えるので、面白い作品が見たいという方におすすめです。

「子供」と一緒に観るなら笑って泣けるファンタジー

自宅で子供と一緒にファンタジー映画を観るときは、どうしても子供向けの映画に子供が付き合わされているというイメージがある方も多いのではないでしょうか。ですがここ近年は大人も笑って泣ける映画も増えています。

 

その作品の中で様々なことに気づかされて、深く人生について考えさせられる素敵な作品が近年増えて来ています。お子様と親御さんが一緒に笑って学べる、そんな映画が発見できるといですよね。

ファンタジー映画のおすすめの良いポイント・楽しみ方をご紹介!

一口にファンタジー映画と言っても様々な楽しみ方や良いポイントがあります。ここではそれの紹介をしていきます。

ファンタジー映画は現実離れした世界を楽しめる

ファンタジー映画の良さは、現実の世界を忘れて映画の中の世界観を楽しめるという点にあります。作品によっては未知の生物が登場したり、登場人物が魔法を使えたりと、現実世界ではありえない体験をできます。ファンタジー映画は、夢を与えてくれる作品がたくさんあります。

映画館で見る場合は臨場感が味わえる3D以上がおすすめ

ファンタジー映画は、作品によって3Dや4Dなどの立体映像で楽しむことができます。3Dメガネを装着して映画をみることになりますが、アクション要素が強い作品によっては、その作品の迫力を充分に出せる3D以上での観賞がおすすめです。

 

目まぐるしく変わるシーンや、迫力あるバトルシーンを3Dで見るとまるで、自分が映画の世界に入り込んでしまったかのような錯覚に陥り、初めから最後までスリルある状態で映画を楽しむことができます。

ファンタジー映画を原作本と観比べる

ファンタジー映画の中にはハリーポッターのように、本を原作にしたものが多数存在します。そう言う場合には、原作本での描かれ方と実際に映画化された時の違いを見比べながら観ると、その作品を探してみるとその作品をより楽しむことができます。

 

また、本だと自分で映像を描くことができるので、自分が描いていた世界観と照らし合わせてチェックしてみるというのも面白い見方ですね。

アニメと実写の違いを見比べてみよう

原作本もそうですが、中には「美女と野獣」のような元々アニメで、その後に実写された作品もあります。どういったところが忠実に再現されているか見比べながら、観てみると間違い探しのような感覚で楽しみめます。

 

特にディズニーアニメは実写映画化されている作品が多数存在しているので、従来のアニメ版の映画と実写との細かな違いを、一人で、または家族や友人、恋人と一緒に見つけて見るのも楽しみ方の一つです。

アクションやSF、恋愛など洋画の様々なジャンルに触れよう!

洋画にはファンタジー映画に限らずスケールの大きいものが多く、現実世界を忘れさせてくれるものが多いです。特にアクションやSFといったジャンルの作品は邦画では描けないほどのスケールの作品も多くあります。

 

ファンタジーのジャンルだけでなく、ぜひ色々なジャンルの洋画に触れてみてください。以下の記事ではおすすめの洋画の名作、アクション洋画、SF洋画、恋愛映画について紹介しているので、こちらもぜひご覧ください。

邦画・洋画問わずファンタジー作品にもっと触れよう!

この記事では洋画のファンタジー作品を紹介してきましたが、ファンタジー作品は邦画・洋画問わず様々な作品があります

 

また、映画だけでなくファンタジー作品には小説もたくさんあります。小説では自分で世界観を思い思いに想像できるという面白さがあります。小説のファンタジー作品には映画化、実写化された作品も多いので、小説を読んでから映像化された作品を見るのもおすすめです。

 

また、小説だけでなくファンタジー漫画というジャンルもあります。以下の記事ではおすすめのファンタジーアニメ・ファンタジー小説・ファンタジー漫画を邦画・洋画問わずそれぞれ紹介しているので、併せてご覧ください。

まとめ

洋画のファンタジー映画の人気おすすめ30選をランキング形式でご紹介し、洋画のファンタジー映画の選び方のポイントをご紹介しました。時には洋画のファンタジー映画を見て現実の世界を忘れて、夢の世界を旅してみませんか?

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ハリーポッター映画の人気おすすめランキング10選【歴代作品や本も】

ハリーポッター映画の人気おすすめランキング10選【歴代作品や本も】

DVD・ブルーレイソフト
タイトルを”【300人に聞いた!】2021年最新版!海外ドラマの人気おすすめランキング59選【話題のアメリカドラマもご紹介】

タイトルを”【300人に聞いた!】2021年最新版!海外ドラマの人気おすすめランキング59選【話題のアメリカドラマもご紹介】

DVD・ブルーレイソフト
【2021年最新版】戦争アニメの人気おすすめランキング15選【戦略系から戦争恋愛系まで】

【2021年最新版】戦争アニメの人気おすすめランキング15選【戦略系から戦争恋愛系まで】

DVD・ブルーレイソフト
【250人に聞いた!】洋画ホラー映画の人気おすすめランキング36選【2021年最新作】

【250人に聞いた!】洋画ホラー映画の人気おすすめランキング36選【2021年最新作】

DVD・ブルーレイソフト
【2021年最新版】洋画の名作人気おすすめランキング10選【心に残るストーリー】

【2021年最新版】洋画の名作人気おすすめランキング10選【心に残るストーリー】

DVD・ブルーレイソフト
【2021年最新版】妖怪アニメの人気おすすめランキング30選【恋愛からバトルまで】

【2021年最新版】妖怪アニメの人気おすすめランキング30選【恋愛からバトルまで】

DVD・ブルーレイソフト