ヤンキー映画の人気おすすめランキング15選【2020年最新版!】

記事ID9879のサムネイル画像

法を気にしない男のドラマは我々を魅了してやみません。時に燃え上がり、時に泣ける。友情とリアルな男気満載なのがヤンキー映画です。本記事ではそんなおすすめヤンキー映画を女性に人気なものから、昔のもの。クローズやエグザイルなど。ランキング形式で紹介したいと思います。

エグザイルやクローズ、国際色が色濃く出るヤンキー映画の魅力

ヤンキー、不良、ギャング…。世界各国様々な呼び名はありますが、日本独自のヤンキー映画は、日本でしか見られないと思われる方もおおいと思われます。意外なことに、ブータンでは社会現象を起こすなど、世界的な人気があります。

 

そんな熱く燃え上がるプライドを持つ彼らの物語は時に我々を魅了します。ヤンキーは身近でありながらアウトローの異界感を持つ存在なのです。社会の規範に縛られる我々は、それをいともたやすく打ち破るヤンキーにカタルシスを感じることができるのです。

 

ヤンキー映画は他のジャンル映画にはない独特の魅力があると言っても過言ではないでしょう。本記事ではそんなヤンキー映画を『製作国』『サブジャンル』『ヤンキーの種類』を基準に紹介したいと思います。

人気のおすすめヤンキー映画ランキング15選

15位

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

ビー・バップ・ハイスクール

価格:2,339円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

昭和の名作不良映画

『ビー・バップ・ハイスクール』はきうちかずひろ原作の大人気不良漫画を実写化した昭和の不良映画です。ギャグとアクションのバランスが痛快な昭和を代表する大人気不良映画となります。

 

1988年まで全6作が作られるほどの人気を生み出したシリーズで、不良映画の金字塔的作品となっています。日本映画史上漫画原作で最も成功した作品と言われており、サクッと見れる不良映画入門として最適です。

製作国日本監督須藤博之
主演仲村トオル/清水宏次朗

口コミを紹介

愉快、痛快、男らしさ、いつ見てもおもしろく見れました、やはり初代のビーバップが一番好きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

Happinet(SB)(D)

ネバー・バックダウン

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカのヤンキー映画ならこれ!

日本にもいれば、当然アメリカにもヤンキーは存在します。『ネバー・バックダウン』は転校先の高校で地下格闘クラブを知った青年が、己の価値を証明するために総合格闘技(MMA)にのめりこみ、心身ともに成長する青春スポ根映画です。

 

アメリカの不良共が主宰する地下格闘クラブというアンダーグラウンドな雰囲気と、総合格闘技を通じて成長するカタルシス。ヤンキー映画とスポ根を合わせたような、爽やかで熱い作風の映画です。

製作国アメリカ監督ジェフ・ワドロウ
主演ショーン・ファリス

口コミを紹介

素晴らしい映画です!滾ります!
ついつい筋トレをしたくなる映画です!

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

ワイルド・スピード

価格:1,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストリート・レーサーたちの友情譚

今現在は筋肉超人たちによるウルトラ・アクション超大作になっている『ワイルド・スピード』シリーズですが、当初はストリート・レーサーたちによるプライドと友情をかけた小規模なヤンキー映画でした。

 

主人公自体は変わっていないのに、ここまで強烈な変貌を遂げる映画はあまり多くないでしょう。あのウルトラ・アクション超大作も最高に面白いですが、当初のストリート・レーサーたちによる友情の映画も、悪くありません。

製作国アメリカ監督ロブ・コーエン
主演ヴィン・ディーゼル/ポール・ウォーカー

口コミを紹介

シリーズは全部を大好きです。
でもやっぱりこの頃の"B級ストリートレース映画"っぽさがあるワイスピが一番だと思ってます…。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

rhythm zone

HiGH & LOW THE RED RAIN

価格:2,933円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雨宮兄弟スピンオフ作品!

今現在もっとも人気のあるヤンキー映画シリーズは間違いなく『HiGH & LOW』シリーズでしょう。『HiGH & LOW THE RED RAIN』は、そんな『HiGH & LOW』シリーズに登場する超人気キャラ、雨宮兄弟をフォーカスしたスピンオフ作品です。

 

『HiGH & LOW』の魅力と言えばなんと言っても異次元レベルのアクション。本作の雨宮兄弟は日本の戦闘術『ゼロレンジコンバット』を坂口拓より伝授され、瞬殺アクションを披露ひています。

製作国日本監督山口雄大
主演TAKAHIRO/登坂広臣

口コミを紹介

何回か映画館に行きましたが、改めて観てもやはりバイクチェイスでぐっと引き込んで、シリアスな話に流れていくのは音楽もあいまっておもしろいです。
スケール感は映画館のスクリーンには及びませんが、シンプルな話が胸をうちます。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ジェネオン・ユニバーサル

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

価格:1,282円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイルド・スピード in JAPAN!!!

まだストリート・レースだったころのワイルド・スピードで、主人公がヴィン・ディーゼルじゃない『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』その名の通り、シリーズで唯一日本の東京が舞台の作品です。

 

ワイルド・スピードのストリート・レースに日本独自のヤンキー文化や暴走族。そしてドリフト文化が組み込まれて、『ワイルド・スピード』シリーズの中で一番独特の味わいのある映画です。

製作国アメリカ監督ジャスティン・リン
主演ルーカス・ブラック

日本で一時あったドリフト文化への強いオマージュを感じました。
もちろん褒められたものではないですが、ワイルドスピードだし良いじゃい。
友達と一緒に「なんでカプセルホテルあるんや」とかツッコミいれながら観たいですね。
吹替版のほうが日本語の問題が無くておすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

21ジャンプストリート

価格:1,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

爆笑刑事コメディ映画

『21ジャンプストリート』は、ヤンキー映画としてはかなり変わり種の類でしょう。何故なら主人公は二人組の刑事で、彼らは青年犯罪を撲滅するために高校へ生徒として潜入捜査するからです。

 

大人の視点からアメリカの若者のヤンキー文化を知ることができますが、それはさておき頭はいいけどイケてない刑事とハンサムだけど頭の悪い刑事のバディ映画としてかなり面白く、必見の爆笑映画です。

製作国アメリカ監督フィル・ロード
主演チャニング・テイタム/ジョナ・ヒル

口コミを紹介

どんでん返しが美味すぎて、気持ちよかったー!気づかなかったよ!!
展開が早いからこっちがツッコミを入れる間も無く身を任せ安心して笑っていられる。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

TCエンタテインメント

要塞警察

価格:4,802円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

究極の籠城戦

ヤンキーは必ずしもヒーロー的な存在であるとは限りません。時には純粋な暴力を振るう恐怖の存在として描かれることもあります。そんな要素をつきつめた映画が巨匠ジョン・カーペンターによる『要塞警察』です。

 

カルト的なヤンキー集団に襲われる孤立した警察署の一夜を描いた作品で、低予算でありながら緊迫感のある、強烈に面白い映画となっています。ジョン・カーペンターの辣腕に酔いしれる、究極の一本です。

製作国アメリカ監督ジョン・カーペンター
主演オースティン・ストーカー

口コミを紹介

西部劇の名作『リオブラボー』を下敷きにしたと言われているジョンカーペンター監督の籠城物(警察署)映画の傑作です。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Happinet(SB)(D)

クローズZEROII

価格:1,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

”伝説”第二作

『クローズZEROII』は三池崇史監督による超ヒット映画『クローズZERO』の続編です。原作は高橋ヒロシによる超大人気漫画シリーズ『クローズ』で、本作はその『クローズ』の物語から一年前にあたる前日譚です。

 

群雄割拠の魔境、鈴蘭高校の頂点を争った前作に対して、本作は統率のとれた鈴蘭のライバル高、『鳳仙』との抗争をメインとしています。前作に負けず劣らない熱さを持つ本作ですが、続編ということで敷居は高いと感じる人もいるかもしれません。

製作国日本監督三池崇史
主演小栗旬

口コミを紹介

まだまだ注目される前の綾野剛!
スッゴい存在感です!イケメン×ケンカ痛快です!

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

ボーイズン・ザ・フッド

価格:1,551円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フッド(黒人貧困街)を描いた社会派映画

ジョン・シングルトン監督の初監督作である『ボーイズン・ザ・フッド』はフッド(黒人貧困街)に住む少年たちの生きる姿を描いた監督の半自伝映画です。未だ根強い差別や、黒人たちの現状を痛烈に描いた作品です。

 

主人公トレの友人にしてギャングスタであるダウボーイをギャングスタラッパーの祖であるアイス・キューブが演じており、繊細な演技を見せたことでも話題になりました。表面的なきらめきの裏にあるアメリカのリアルを知れる一本です。

製作国アメリカ監督ジョン・シングルトン
主演キューバ・グッティングJr.

口コミを紹介

人種差別に対して「闘え」ではなく「賢くなれ」とここの映画では説いています。無軌道に見えるギャングでさえ自分の「正しさ」や「未来」について考えを持っています。「何が選べるか」そして「何を選んだか」でそれぞれの未来へと進んでいきます。
まだ若い頃のアイス・キューブが出演していますが、ラストあたりの彼の演技や表情にグッと引きつけられるものがありました。
暴力、平和、差別、教育、宗教、生命、成長など深いテーマも込められた映画。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

rhythm zone

HiGH & LOW THE MOVIE 2~END OF SKY~

価格:3,951円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

男たち。熱く、美しく。

『HiGH & LOW THE MOVIE 2~END OF SKY~』は大人気ヤンキーシリーズ『HiGH & LOW』の劇場版シリーズ第二作にして、最高傑作と名高い作品です。何故ならば、アクションがシリーズで最もクオリティが高いと言われているからです。

 

『HiGH & LOW THE MOVIE 2~END OF SKY~』はその表題通り『HiGH & LOW THE MOVIE』の続編なのでそのまま見ると分かりにくい点があるかもしれませんが、それを補っても余りうる魅力のある映画です。

製作国日本監督久保茂明
主演岩田典剛他

口コミを紹介

冒頭から命綱なしで鉄骨のあいだを飛びかう映像からして、もうヤバい、映画館でしか理解不能な迫力。とくに「このレベルのカースタントを日本国内で撮影した」と言う事実は確実に今度の日本映画のレベルを根本から変えてしまう大事件。
後半は圧倒的身体能力が繰り出す格闘シーンの連続、「アクション映画ならアクションで語る」を徹底的にやってる。
登場人物の感情描写もストーリーも全てアクションのせて語る、台詞にたよらない、もう気持ち良すぎでしょコレ。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ワーナー・ホーム・ビデオ

トルク

価格:1,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カルト的バイカー映画

『トルク』その名を知る人はあまり多くないでしょう。バイカーをテーマにしたバイク・アクション映画で、予想を大きく下回る興行収入と多くの人の酷評を受けながら根強いファンの多いカルト的な人気を誇る作品です。

 

見どころはなんといってもバイクアクション。序盤からこちらの度肝を抜くような演出ばかりで、バイクで格闘するバイク・フーやLAを爆走する音速バイクチェイスは好きな人にはたまらない派手さでしょう。超ハイテンションバイクチェイス映画です。

製作国アメリカ監督ジョセフ・カーン
主演マーティン・ヘンダーソン

口コミを紹介

ジェーンズアディクションのTrue Natureをバックに峠を駆け抜けるシーンがすばらしい.
ニースライダーに仕込んだ金属のせいで,コーナリング時にヒザから火花が散る……バイク乗りならばわかるだろう.あとは,ニトロや,ジェットエンジンを積んだバイクが出たり,要はバカな映画だ.でも,肩の力の抜いて見れていいもんだ.

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

ストレイト・アウタ・コンプトン

価格:5,306円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカ最悪の地域から生まれた伝説

アメリカで最も治安の悪い地域と言われている『コンプトン』。ギャングが蔓延るその地域で生まれた音楽がありました。それが『N.W.A』。ギャングスタ・ラップの祖であり、世界を変えたラッパー集団です。

 

そんなN.W.Aの中心であるイージー・Eは実際にドラッグの密売をしていたギャングスタです。恐れ知らずの彼らが送り出す音楽は、FBIに目をつけられるほど。まさに伝説と言える存在です。実際にあった出来事を描いた衝撃の実話です。

製作国アメリカ監督F・ゲイリー・グレイ
主演ジェイソン・ミッチェル/オシェア・ジャクソン・Jr./コーリー・ホーキンズ

口コミを紹介

N・W・Aの誕生秘話にアメリカという国が抱えている問題が見えました。「言葉で世界を、ぶっ壊す。」初めて、ラップの世界に興味を持ちました・・・

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

rhythm zone

HiGH & LOW THE MOVIE

価格:3,270円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクション映画界の誇る一大アクション・エンターテイメント

『HiGH & LOW』シリーズを見始めるにあたり、一番おすすめなのがやはりこちら『HiGH & LOW THE MOVIE』でしょう。当然、TVシリーズから続く作品なので、いくつかのストーリーの繋がが分かりづらい点もあります。

 

しかし、それを抜きにしても人を虜にする異様な熱量が『HiGH & LOW THE MOVIE』にはあります。今現在、ヤンキー映画を語るのに、この『HiGH & LOW』シリーズを欠かすことはできません。必見の大傑作ヤンキー映画です。

製作国日本監督久保茂明
主演岩田典剛他

口コミを紹介

HiGH & LOWどころかキャストも音楽も全く知らず、友人の強い押しに流される形で視聴したのですが超面白い!最初にどういう勢力が登場するのかアナウンスがある上、DVDを購入すると全体の流れ&登場人物をざっくり押さえた冊子付き。ドラマ版が先行しているそうですが、ここからでもすごく入りやすくて助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Happinet(SB)(D)

クローズZERO

価格:2,039円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ぜんぶ壊してゼロになれ

言うまでもないことですが、ヤンキー漫画の金字塔は『クローズ』です。そしてヤンキー映画の金字塔は、間違いなく『クローズZERO』です。クローズ本編の一年前を描いた前日譚で、鈴蘭統一を目指す滝谷源治(演:小栗旬)の活躍を描いた映画です。

 

そんなクローズZEROの人気はアジア全域にまで広がり、ブータンではクローズZEROに影響を受けたヤンキーが過激化し、社会問題となったほどです。どうしても勝たなくちゃいけない二人の男がぶつかり合い、それが壮絶なカタルシスを生む名作ヤンキー映画です。

製作国日本監督三池崇史
主演小栗旬

口コミを紹介

暴力と抗争、裏世界。
仁義とか友情って、今は時代遅れかもしれないし気恥ずかしいものかもしれないけど、それがたまらなく格好良い。
鳥肌立ちまくりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

rhythm zone

HiGH&LOW THE WORST

価格:6,066円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クローズ×HIGH&LOW

映画界を代表する二大ヤンキー映画『クローズZERO』と『HIGH&LOW』がもしコラボしたら?そんな夢想がまさかの実現しました。それが『HIGH&LOW THE WORST』です。S.W.O.R.DのOを司る鬼邪高校のスピンオフに、なんとクローズの鳳仙学園が登場します。

 

まさに衝撃にして夢のコラボ。HIGH&LOWの鬼邪高と鳳仙学園が正面から激突します。また、その大内貴仁アクション監督が手掛けたアクションもレベルが明らかに上がっており、他では見ることのできない強烈なものとなっています。

製作国日本監督久保茂明
主演川村壱馬/山田裕貴他

口コミを紹介

ストーリーも、アクションも大満足。
繰り返し観てます。買ってよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

ヤンキー映画の選び方

ヤンキー映画と一言で言っても様々な種類があるのは言うまでもないでしょう。本項ではそんなヤンキー映画の選び方を紹介します。

製作国で選ぶ

ヤンキー映画のほとんどは若者の映画なので、それぞれの国によって違いが色濃くでるのが特徴です。

日本のヤンキー映画を楽しみたいなら邦画

ヤンキーの語源はアメリカのニューヨーク。ひいてはアメリカ北東部に住むアメリカ人や、アメリカ人全体を指す言葉でした。日本では大阪のアメリカ村で使われるようになり、やがて不良やツッパリを意味する言葉として使われるようになりました。

 

そんな日本のヤンキー映画は、邦画の中でも非常に人気のあるジャンルとして盛り上がってきました。古くは『ビー・バップ・ハイスクール』、平成には『クローズZERO』そして現代は『HIGH&LOW』シリーズなど。まさに不朽不滅の映画ジャンルだと言えます。

ハリウッドの大作を堪能したいならアメリカ

当然アメリカにもヤンキー…すなわち不良やツッパリなど。若者のアウトローが存在します。それは様々な呼び名が存在しますが、一番わかりやすいのは『ストリートギャング』などでしょう。

 

ご存知の通りアメリカの治安の悪い地域は、日本では考えられないほど極悪な環境なのです。そのため、日本のようなヤンキーを理想化した作品。または悪役化した作品だけではなく、彼らのリアルを映し出した社会派の作品も存在します。

サブジャンル

ヤンキー映画自体、ひとつのジャンルですが、サブジャンルとして様々な種類のヤンキー映画が存在しています。

重すぎずスカッと楽しむならコメディ

不良やヤンキー映画にはつきもので、おバカだけど愛すべキャラクターが沢山います。そんなヤンキーたちを題材にしたコメディ映画は言うまでもないことですが、数多く存在しております。

 

ヤンキーとは社会の規範にとらわれず、プライドを大切にし、我々とは違うルールで行動する存在です。そのため、時に突飛な行動をとるのです。それが、我々にはコミカルに映ることがあるのです。軽い雰囲気なので老若男女におすすめできます。

ハラハラドキドキしたいならクライム

クライムとは、ある犯罪行為の遂行を目的とした種類の映画です。ヤンキーを理想化する傾向にある邦画はあまり見られませんが、ハリウッド映画ならばよくある人気ジャンルだと言えます。有名なのが初期の『ワイルド・スピード』シリーズなどでしょう。

 

犯罪は許されざる行為ですが、想像を絶する貧困や社会問題を買開けるアメリカでは、時に犯罪はヒーロー視される傾向にあります。確かに、鼻持ちならない金持ちや権力者の鼻をあかすのは、カタルシスがあると言えます。

熱く燃える友情を見たいならブロマンス

ヤンキー映画に欠かすことのできない要素の一つは友情でしょう。男同士の関係性が強く熱く描かれることの多いヤンキー映画は、ブロマンス的な要素も非常に色濃くあると言っても過言ではないでしょう。

 

彼らが大切にするのは何よりもプライドと友情です。互いが互いを想いあう姿は見る者の心を熱くするでしょう。そういった意味でも、女性にもおすすめできる懐の広いジャンルがヤンキー映画なのです。

熱く燃える格闘を見たいならアクション

これはもはやサブジャンルではなく、ヤンキー映画に当然の付き物の存在と言えます。ヤンキーは言葉なんかで解決することはほぼ間違いなくありません。大事のは、拳で語り合うことなのです。

 

故にヤンキー映画のアクションは独自のドラマとカタルシスが生まれるのです。銃規制の存在しないアメリカなら銃撃戦なので、殺伐としますが、拳で語り合う日本のヤンキー映画は爽やかなものになります。

ヤンキーの種類

ヤンキーにも当然様々な種類が存在します。どんなヤンキーによるかで、映画の特色が変わっていきます。

日本ならではのクローズのような不良

不良。ツッパリ。すなわち日本の高校におけるアウトローたちのことを指す言葉です。そんな彼らを描いた物語の目的のほとんどは、頂点をとること。金儲けでも、社会への反逆でもなく、拳一つで己の価値を証明し、多くの人間からリスペクトされることです。

 

ヤクザともマフィアとも違う。独特の美学を持つ不良という存在は、アウトローでありながら青春の物語を創ることが可能です。まさに日本独自の存在『不良』。そんな彼らを描く映画は、日本独自の作品となります。

社会的メッセージのあるストリート・ギャング

アメリカの不良に値する存在と言えば、ストリート・ギャングでしょう。その多くは頂点をとるためとか、ツッパリたいからギャングになるわけではありません。貧困で金がないため、ドラッグの密売人となって金を稼ぐのです。彼らに選択肢はないのです。

 

そのため、アメリカのギャングは美化される傾向にありません(無論、美化されるものもありますが)。ただ仕事がなかっただけで、彼らは犯罪に走らざるをえず、路上で敵対ギャングや白人警官に撃たれて死ぬのです。

スタイリッシュなチェイスを楽しみたいなら暴走族/バイカー

暴走族。それは昭和から平成初期にかけて隆盛を極めた、違法改造をほどこしたオートバイや車を走らせる集団のことを指す言葉です。その多くは道路交通法を守らない、路上のアウトローです。

 

そんな彼らはスピードを大事にしており、ストリート・レースなどでバイクのスピードを競ったりします。不良ならば拳で語りあうところを、バイカーはそのスピードで己の価値を証明するのです。

ヤンキー映画のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5471479の画像

    rhythm zone

  • 2
    アイテムID:5471448の画像

    Happinet(SB)(D)

  • 3
    アイテムID:5471405の画像

    rhythm zone

  • 4
    アイテムID:5471424の画像

    NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

  • 5
    アイテムID:5471391の画像

    ワーナー・ホーム・ビデオ

  • 6
    アイテムID:5468947の画像

    rhythm zone

  • 7
    アイテムID:5468902の画像

    ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

  • 8
    アイテムID:5468894の画像

    Happinet(SB)(D)

  • 9
    アイテムID:5468361の画像

    TCエンタテインメント

  • 10
    アイテムID:5468338の画像

    ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

  • 11
    アイテムID:5468303の画像

    ジェネオン・ユニバーサル

  • 12
    アイテムID:5468275の画像

    rhythm zone

  • 13
    アイテムID:5468242の画像

    NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

  • 14
    アイテムID:5464137の画像

    Happinet(SB)(D)

  • 15
    アイテムID:5464087の画像

    TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

  • 商品名
  • HiGH&LOW THE WORST
  • クローズZERO
  • HiGH & LOW THE MOVIE
  • ストレイト・アウタ・コンプトン
  • トルク
  • HiGH & LOW THE MOVIE 2~END OF SKY~
  • ボーイズン・ザ・フッド
  • クローズZEROII
  • 要塞警察
  • 21ジャンプストリート
  • ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
  • HiGH & LOW THE RED RAIN
  • ワイルド・スピード
  • ネバー・バックダウン
  • ビー・バップ・ハイスクール
  • 特徴
  • クローズ×HIGH&LOW
  • ぜんぶ壊してゼロになれ
  • アクション映画界の誇る一大アクション・エンターテイメント
  • アメリカ最悪の地域から生まれた伝説
  • カルト的バイカー映画
  • 男たち。熱く、美しく。
  • フッド(黒人貧困街)を描いた社会派映画
  • ”伝説”第二作
  • 究極の籠城戦
  • 爆笑刑事コメディ映画
  • ワイルド・スピード in JAPAN!!!
  • 雨宮兄弟スピンオフ作品!
  • ストリート・レーサーたちの友情譚
  • アメリカのヤンキー映画ならこれ!
  • 昭和の名作不良映画
  • 価格
  • 6066円(税込)
  • 2039円(税込)
  • 3270円(税込)
  • 5306円(税込)
  • 1280円(税込)
  • 3951円(税込)
  • 1551円(税込)
  • 1790円(税込)
  • 4802円(税込)
  • 1500円(税込)
  • 1282円(税込)
  • 2933円(税込)
  • 1000円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 2339円(税込)
  • 製作国
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • アメリカ
  • アメリカ
  • 日本
  • アメリカ
  • 日本
  • アメリカ
  • アメリカ
  • アメリカ
  • 日本
  • アメリカ
  • アメリカ
  • 日本
  • 監督
  • 久保茂明
  • 三池崇史
  • 久保茂明
  • F・ゲイリー・グレイ
  • ジョセフ・カーン
  • 久保茂明
  • ジョン・シングルトン
  • 三池崇史
  • ジョン・カーペンター
  • フィル・ロード
  • ジャスティン・リン
  • 山口雄大
  • ロブ・コーエン
  • ジェフ・ワドロウ
  • 須藤博之
  • 主演
  • 川村壱馬/山田裕貴他
  • 小栗旬
  • 岩田典剛他
  • ジェイソン・ミッチェル/オシェア・ジャクソン・Jr./コーリー・ホーキンズ
  • マーティン・ヘンダーソン
  • 岩田典剛他
  • キューバ・グッティングJr.
  • 小栗旬
  • オースティン・ストーカー
  • チャニング・テイタム/ジョナ・ヒル
  • ルーカス・ブラック
  • TAKAHIRO/登坂広臣
  • ヴィン・ディーゼル/ポール・ウォーカー
  • ショーン・ファリス
  • 仲村トオル/清水宏次朗

まとめ

ヤンキー映画の魅力はとても幅広く、数多くの作品が存在します。この記事でヤンキー映画の魅力を完全に語りつくしたとは言えませんが、少しでもヤンキー映画に興味を持ち、一本でも見ていただけたら幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ