フローリング敷布団の人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

記事ID8768のサムネイル画像

部屋を広く使うために、フローリングに敷布団を敷いて使っている方も多くいますが、肩や腰に痛みを感じる方も少なくありません。そこで今回は、フローリングにおすすめの敷布団の選び方を解説し、人気のフローリングにおすすめの敷布団をランキング形式で紹介します。

フローリングに寝ても痛くない敷布団

敷布団は使わないときには折りたたんで収納することで、部屋を広く使えるというメリットが近年見直され、ひそかにベッドよりも人気があります。しかしフローリングに布団を敷いて寝ると、朝起きてから身体が痛かったということはありませんか。

 

そのような方は敷布団がフローリングに適していない可能性があります。フローリングに適した敷布団を選ぶことで、肩や腰、首などの痛みを軽減でき、快適な睡眠を実現することができます。

 

そこで今回は、フローリングにおすすめの敷布団の選び方を解説し、人気でおすすめのアイテムを、種類・素材・サイズを基準に、ランキング形式で紹介していきます。

フローリングに敷ける敷布団の人気おすすめランキング15選

15位

西川リビング

健康敷 RAKURA 敷布団

価格:21,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優れた体圧分散性

こちらの敷布団は、寝た時に腰などが大きく沈み込まず、理想的な寝姿勢を保ち、優れた体圧分散性を発揮するおすすめの敷布団です。身体が沈みすぎず、安定した寝姿勢を保持、また、点で体を支えるため、毛細血管などの循環系を圧迫せず、質の高い睡眠が得られます。

 

また、9cmの厚みがあるのでフローリングに敷いても床付き感がなく、体をしっかりと支え、へたりにくく耐久性にも優れたおすすめのアイテムです。

種類マットレス素材ウレタンフォーム
サイズ90×970×2000mm

口コミを紹介

めちゃくちゃ気持ちいいです。ムアツ布団は買った事が無いので比較は出来ません。布団と言うより、薄めでスプリングの無いマットレスみたいな感じです。畳んで使うのにはあまり向かないような感じです。ベッドの上に置くのが良いかも知れません。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

Magniflex(マニフレックス)

イタリアンフトンII

価格:28,118円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高反発の敷布団

こちらの敷布団は、マニフレックスが日本人のライフスタイルに合わせて開発宇した軽量で蒸れにくい高反発敷布団です。理想的な寝姿勢といわれる立っている時と同じ自然な姿勢を睡眠姿勢でサポートし、身体全体に負荷を分散させます。

 

1枚で畳やフローリングで使用することができ、今使っているベッドや布団に重ねて使える便利なアイテムです。高反発フォームを芯材と側地に使用した厚み7cmの2層構造布団タイプです。

種類2層構造布団素材高反発フォーム
サイズW98×D196×H7cm

口コミを紹介

いいと思います◎子供もゴロゴロするのが気持ちいい様子。体調改善までの効果は分かりませんが、寝やすいのは感じます。価格もこれくらいなら仕方ないのかなぁと、もう1枚購入することにしました。三つ折りで押入れに入ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

エアリースムース

価格:15,326円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上質な眠りを手に入れるエアリースムースマットレス

アイリスオーヤマのこちらの敷布団は、上質な眠りを手に入れるエアリースムースマットレスタイプで、弾力性のある繊維が空気を編むように絡み合う3次元スプリング構造が特徴です。こまやかな繊維で凹凸を感じづらく、触った感じがなめらかです。

 

適度な硬さがフローリングにぴったりで、優れた体圧分散性を兼ね備えています。このエアリースムースなら理想の寝姿勢をつくり、上質な眠りへ導きます。

種類マットレス素材ポリオレフィン系繊維
サイズシングル

口コミを紹介

男性175cm75kgです。
購入前は5センチだと薄いかな?とも思ってましたが全然問題なかったです。
マットの上を歩くとジャリジャリ音がしますが、寝る時は全然気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

敷布団 シングル 3層構造

価格:3,640円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボリューム感たっぷりの敷き布団

ウレタン入りの敷布団で体をしっかり支え、ボリューム感たっぷりの敷布団です。身体を支えるウレタンを、肌ざわりのいい柔らかい巻綿で包んだボリュームおある三層構造で、厚さ10cmのため、フローリングに敷いても底付き感。底冷え感を感じないボリュームです

 

いつものベットやマットレスが、一段と快適な寝心地へ導いてくれます。ウレタンが入っているので適度な硬さとボリュームで睡眠時の沈み込みをおさえ、立っているときと同じような理想の寝姿勢が保てます。

種類木綿敷布団素材ウレタン
サイズ100x200x10cm

口コミを紹介

安いのにしっかりしていて、寝心地も想像より良い。
どこまで求めるかだと思うが、軽くてこの硬さがあればか価格なりに申し分ない。
あと軽いので持ち運びもラク。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

西川(Nishikawa)

合繊三層敷き

価格:9,757円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

京都西川のマチ付き合繊三層敷ふとん

こちらの敷布団は、わたボコりの出にくいポリエステル素材を使用した合繊三層敷布団で、様々な生活シーンに合わせて使える中芯入りしっかりタイプの敷布団です。

 

中芯があることによって、フローリングに敷いても床付き感を軽減し、体の沈み込みをしっかり受け止めることによってカラダを支え、よりすっきりとした寝姿勢で使うことができます.

種類ポリエステル敷布団素材ポリエステル
サイズ100×210cm

口コミを紹介

我が家には猫がおりまして、そそうをしちゃう度に布団を買い替えてたら、どんどん安いものに走ってしまい、‘安物買いの銭失い‘をしていました。でも人間の寝心地が悪ければ元も子もありません。
西川の布団は良い!!という結論に達しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

西川(Nishikawa)

SEVENDAYS

価格:20,166円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

理想的な寝姿勢をキープ

こちらの敷布団は、ウレタンでしっかりと身体を支え、理想的な寝姿勢をキープし、さらにウレタンの上部には凹凸形状に加工し、寝ている間に身体にかかる圧力を分散することにより肩や腰への負担を軽減するおすすめの敷布団です。

 

ウレタンは底部分に湿気をためやすい素材で、サイドと底の側生地にはメッシュを採用し、湿気を逃がしやすい工夫を施しているので、フローリングにも使うことが出来ます。さらにウレタンの凹凸構造により通気性がよく、さわやかに使うことができます。

 

ベッドでもフローリングでもどこでも使えて、軽量で上げ下ろしも便利で、使わないときにひあ丸めて裏面に付属のバンドで留め、コンパクトに収納できます。

種類マットレス素材ウレタンフォーム
サイズ8X97X195cm

口コミを紹介

従来の寝具では毎朝起きた時に腰に違和感を感じていました。本品を購入して使用一日目で朝起きて全く腰に貴和感が感じられずビックリしてます、使用して約1か月になりますが快眠でき購入してよかったと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

キースプランニング

東洋紡 ブレスエアー

価格:27,950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気の上で寝る新感覚

こちらの敷布団は極厚ブレスエアーは35mmのブレスエアーを2枚重ねて70mmにしており、極厚ブレアーだけをフローリングに敷いて安心して使うことができるおすすめの敷布団です。

 

また、中芯を2枚にすることで厚みのあるブレアーから薄いブレアーにすることで軽量化し、洗濯しやすく、また、持ち運びしやすく変身させることができます。上質な綿を使用した側地はボリューム抜群です。

種類木綿敷布団素材東洋防ブレスエアー
サイズ100cm × 200cm

口コミを紹介

洗える中身がとてもいいですね‼︎
子供が嘔吐した時も、直ぐにお風呂場で洗えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

システムK

極厚なふかふかホテル仕様

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

巻き綿とウレタンクッションをサンドして弾力性をアップ

こちらの敷布団は、巻綿とウレタンクッションをサンドして弾力性をアップした、贅沢な敷布団んです。たっぷりの巻綿を使用したボリューミーな敷布団で、フローリングに直に敷いても底付き感がなく、快適に眠ることができます

 

厚みは11cmと極厚で、巻綿でウレタンクッションをサンドしているので適度なモチモチ感とボリューム感が味わえます。表面はピーチスキン仕様のため、肌に優しい桃のような風合いに仕上げいます。

 

軽量で三つ折りにできるので、毎日の上げ下ろしがとても楽で、女性やお年寄りにも安心して使うことができます。

種類木綿敷布団素材ウレタンフォーム
サイズ100×200cm

口コミを紹介

冷え症で、なかなか寝付けないことが多かったのですが、この敷き布団は、直ぐに足先もポカポカ暖かくなり買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

東京西川

点で支える 健康敷きふとん

価格:22,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

首・肩・腰の負担を軽減する為に「人の体」を研究

こちらの敷布団は、首・肩・腰の負担を軽減するために「人の体」を研究して作られたおすすめの敷布団です。横たわる身体、その体圧を分散し、快適をもたらす敷布団で、やさしく身体をいたわりながら、しっかりと体圧分散する凹凸構造です。

 

点で支える「健康敷布団」は、特別なウレタンフォームでできており、クッション性のある受圧層で、あえてボディラインに沿ってゆるやかな沈み込みを実現し、そこに自然なS字カーブを生み出す秘密が隠されています。

種類マットレス素材ウレタンフォーム
サイズ910×1950×80mm

口コミを紹介

体重50kgまでの家族には快適な布団。80kgの人は体が痛くなると言っていたけど、この布団で寝たせいかは不明。厚くて体をしっかり支えてくれるのに軽いし、外に干さなくて良いというし、リピ買い。3年前に買ったものも、特にへたりもせず、愛用中。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Vanking

敷布団 固綿入り

価格:4,090円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかり体を支える固綿入り

こちらの敷布団は、巻綿+固巻+巻綿の三層構造のデザインで体をしっかり支える、フローリングにも敷けるおすすめの敷布団です。底付き感を減らす固綿入り敷布団で、固綿を用いた敷布団は一般的な敷布団と比べ、コシがあり、優れたクッション性を備えています。

 

また、敷布団には防カビ加工を施して、カビの発生を抑制し、長く清潔に使うことができます。さらにピーチスキン加工が施されており、桃の皮の表面のような風合いを持つ柔らかくて滑らかな生地で作られているので肌ざわりに拘る方におすすめです。

種類木綿敷布団素材ポリエステル
サイズ100×210cm

口コミを紹介

非常に素晴らしい製品です。防カビ、抗菌・防臭加工付きの布団が欲しかったので購入しました。気になる臭いなどなく一日目から快適に使えています。とにかく軽いので布団の上げ下ろしがとても楽になりました。マンションの洋室(カーペットの上)に敷いて使っていますが、特に薄いと感じることはありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Sweetnight

マットレス シングル

価格:10,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

常に理想的なS字睡眠姿勢をキープ

環境にやさしい、体にいい、腰&腰まわりの痛みを軽減できるおすすめの敷布団です。常に理想的なS字睡眠姿勢をキープし、体圧分散、収納便利、透湿性&通気性抜群です。

 

低反発ウレタンはゆっくり沈み込む点が特徴で、高反発ウレタンには適度なかたさで身体を支え、沈みこみにくい特徴があり、この2層のコンビネーションで、極上の寝心地を実現しています。寝がえりを打つたびに湿気を発散します。

種類マットレス素材高反発高密度ウレタン
サイズ100cm×200cm×5cm

口コミを紹介

このマットレスは今手持ちのベッドの上に敷くだけ、という簡単さがとても良いです。また、実際に寝てみると、少し沈むような感じながらも、しっかり反発して、どの態勢でも腰への負担が軽減されているような感じがします。使って1週間で、違いが実感できました。メッシュ素材のお陰で、夏場でも快適に使用できそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ふとん工場サカイ

マッシュロン

価格:4,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一年中快適に使える三層タイプ

西川から発売しているこちらの敷布団は、適度な弾力でヘタリにくく、保温性にも優れたフローリングに使えるおすすめの敷布団です。中綿使用で、保温性・弾力性に優れた東レのポリエステル繊維を使用しています。

 

かさ高さがあり耐久性も抜群で、寝心地重視の方におすすめです。季節を問わずに一年中快適に使える三層タイプで、肌ざわりもソフトで柔らかな生地を使用しています。日本国内の布団工場で加工した信頼のおける日本製の敷布団です。

種類木綿敷布団素材ポリエステル
サイズシングルロング(100×210cm)

口コミを紹介

初めてネットで娘様に購入しました。どんな柄が来るか分からないとの商品でしたが、ピンクの花柄でとても可愛くて本人も気に入っています。軽くて運びやすいですが、形状がかっちりしているので、突っ張ってしまい、若干干しずらいです。でも、厚さも寝心地も、この価格では申し分ないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

エアウィーヴ(airweave)

スマート 025

価格:27,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

浅田真央の愛用敷布団

2.5センチ厚のエアファイバーを使用したエントリーモデルで、シンプルなつくりで、現在使っている寝具の上に重ねるだけで質の高い睡眠環境を実現し、快眠をサポートします。厚さは3.5cmのため、丸めて持ち運ぶこともでき、収納も自由自在です。

 

中のairfiberは水洗いできるので、いつでも清潔な状態で使うことができます、「また、中身が90%以上空気のため、ダニやカビが繁殖する心配もありません。復元性、通気性にも優れ、優れた体圧分散で身体に負担がかからず、丸洗いできるおすすめの寝具です。

種類マットレス素材ポリエステル
サイズシングル(100×195×3.5cm)

口コミを紹介

低反発マットでは力を入れないと上手く起き上がれませんでした。エアウィーブは高反発でも肩胛骨の部分は沈むので、枕の高さに関わらず、首の疲れもありませんでした。だっこされた赤ん坊の寝心地は、きっと、こんな感じではないかと想像します。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

MyeFoam

高反発 シングル 敷布団

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高反発マットレスで質の良い睡眠を

こちらはフローリングに敷くことができる高反発マットレスで質の高い睡眠を実感できるおすすめの敷布団です。一般的なマットレスより高反発で、身体あを持ち上げてくれるように支えてくれ、身体の圧力を分散するおで一か所に負担がかかりにくくなっています。

 

寝がえりを打った時のギシギシする不快音もなく、理想的な寝姿勢を自然に作れます。優れたクッション性と復元性を兼ね備えており、使ってみると体が軽くなり、朝起きた時に首元や腰に痛みを感じることもありません。

種類マットレス素材高反発ウレタン
サイズシングル(100×200×3cm)

口コミを紹介

マットレスの厚さが薄い人に感じですが寝てみるとちょうどよい厚み、硬さで寝心地が最高です  だんだん慣れてきますと適度な硬めで寝心地よいです 肩や腰部分の沈込みちょうどですが全身を均一に支える理想のマットレスです。使った翌日の目覚めから気分爽快になりました安価だし買い換える時期がきたら 皆さんにお勧めです

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

西川(Nishikawa)

AIR(エアー) マットレス

価格:41,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多くのアスリート達が愛用

こちらの商品は、西川から発売している多くのアスリート達が愛用するフローリングにおすすめの敷布団です。ハイレベルなフィジカルコンディションを保つことのできるアスリート使用のコンディショニングスリーピング・ギアです。

 

アスリート仕様の三層特殊立体構造は、敷布団に求められる「体圧分散」「寝姿勢保持」の条件を満たすことで快眠をサポートし、質の高い睡眠を提供します。表面の凹凸構造が体圧を分散し、ベース部が身体をしっかり支えます。

種類マットレス素材ウレタンフォーム
サイズシングル(8×97×195㎝)

口コミを紹介

腰痛持ちの息子にプレゼントしました
痩せ型の彼には硬さも丁度良かったようで、腰が楽になったと喜んでいました

出典:https://www.amazon.co.jp

フローリングに敷ける敷布団の選び方

フローリングに敷ける敷布団の選び方にはいくつかのポイントがあります。以下ではそれぞれのポイントを詳しく解説していきます。

敷布団の種類で選ぶ

敷布団にはマットレスタイプ、木綿敷布団、羊毛敷布団という種類があります。以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

底付き感が気になるなら「マットレスタイプ」

マットレスタイプは、主にポリエステル素材や化学繊維を使用し、5cmや8cm、10cmなど厚みを持たせたものが主流となっています。厚みがあるのでフローリングにもおすすめで、底付き感があり、ゆったりと眠りにつくことができます。

 

また、マットレスは反発効果があるので体圧分散性を兼ね備えたものも多く展開しており、肩や腰の痛みを軽減する効果があります。そのため、朝起きたときに体の痛みがある方や、快眠できない方に特におすすめの敷布団です。

肌ざわりと吸湿性を追求するなら「木綿敷布団」

木綿敷布団の特徴は、日本の高温多湿の気候に最も適している点で、吸湿性に優れています。メリットは天然素材なので身体への刺激が少なく、とても肌ざわりがよく、さらに吸湿性が高く、打ち直せば繰り返し使える点にあります。

 

また、羊毛に比べてしっかりしているのでフローリングにも使えます。しかし、吸湿性は良いものの、放湿性が悪いので湿気やダニの温床になりやすく、カビになることがあり、さらに重い印象があるので布団の上げ下ろしが若干大変になります。

 

 

軽さと弾力性を求めるなら「羊毛敷布団」

羊毛を使った敷布団は、高い吸湿性が特徴の敷布団で、メリットは、木綿布団に比べて軽量で吸湿性と放湿性が高く、さらに弾力があるため柔らかく感じる点にあります。デメリットは、羊毛独特のにおいが多少気になる方がいるかもしれない点にあります。

 

また、ダニが好んで住みつきやすく、柔らかいため肩や腰のあたる部分がへたれるのが早いことがあるので、フローリングに敷く場合にはマットなどを敷くことをおすすめします。木綿敷布団に比べて吸い込んだ水分を空気中に放出してくれます。

素材で選ぶ

敷布団の素材には天然素材やポリエステル素材、ウレタン素材など様々な素材が使われています。以下では素材について解説します。

皮膚への刺激が心配なら「天然素材」

小さな子供のいる家庭や、肌が弱い方におすすめなのが、肌への刺激が少なく、安心感のある天然素材でつくられた敷布団です。オーガニック素材の綿を使ったものは、小さな子供や肌に自信がない方にも安心です。

 

天然素材を使用した敷布団は吸湿性が高く、肌ざわりを重視する方に向いています。天然素材として使用されているのは木綿、絹でつくられた真綿、羊毛があげられますが、真綿は高価なため、慎重に選びましょう。

価格重視なら「ポリエステル素材」

ポリエステル素材を使用した敷布団は、他のどのような素材を使用した敷布団よりもリーズナブルな価格という点が特徴です。弾力性はそれほどではありませんが、寝心地は平均的なため、違和感なく使うことができるはずです。

 

また、非常に軽量なため、布団の上げ下げは楽にできます。さらにそのまま丸洗いできるタイプが多いのもポリエステル素材の強みです。しかし吸湿性がないため蒸れやすいため、夏の暑い季節には快眠を得られないというデメリットがあります。

寝心地に拘るなら「ウレタン素材」

化学繊維素材であるウレタン素材は、サポート性は他のどのような素材に比べても断トツで優れている点が特徴です。また、ウレタン素材にも硬質ウレタンフォーム、通常のウレタンフォーム、高弾性ウレタンフォームに分けられます。

 

硬質ウレタンフォームは体圧分散性があまりなく、体へのフィット感も悪いのでおすすめできません。寝心地にこだわるなら通常のウレタンフォームや高弾性ウレタンフォームを選びましょう。

 

 

暖かさなら「木綿わた」

天日干しされた木綿わたの敷布団は太陽の日差しをたくさん吸収してとても暖かくなります。もし晴れた日に布団を干す余裕があるなら、木綿わたを素材にした敷布団がおすすめです。

 

中芯にプロファイルウレタンを使用して周囲を木綿わたで巻いた敷布団は、底付き感がなく、さらに保温効果が抜群なため、フローリングに直に敷いても十分に使える敷布団として注目を集めています。

湿気に強い「樹脂素材」

樹脂を素材にした敷布団は、通気性が抜群で、湿気対策としては抜群の威力を発揮する敷布団です。しかし、通気性が良すぎるため、保温効果はなく、冷え対策としては向きません。

 

さらに樹脂素材の敷布団は、寝に弱いため、電気毛布やアンカなどの機器との併用は禁止されている場合が多くあるので、冬の使用には向きません。

選んではいけないのが「低反発」

低反発ウレタンはフローリングに選んではいけません。低反発ウレタンは蒸れやすく、通気性がほぼないため、高反発ウレタンよりも蒸れやすく、その上、素材が柔らかく、体にフィットするため、非常に蒸れやすい素材です。

 

さらに低反発ウレタンは、密度が低いため、腰痛がひどくなったという方もたくさんいます。身体の痛みを生じさせ、さらに蒸れやすいため、低反発ウレタンは避けましょう。

サイズで選ぶ

敷布団を選ぶうえではサイズ選びも重要です。サイズはシングルやダブル、キングサイズなどで分かれている場合が多くあります。

シングル用やダブル用など「平均的なサイズ」を把握

発売されている敷布団のサイズには、シングル用、ダブル用などという記載がされていることがあります。そこでまずは一般の商品に記載されている平均的なサイズを把握しておきましょう。

サイズ表

名称 サイズ(幅×長さ)単位:mm
シングルロング(SL) 約100×210
セミダブルロング(SDL) 約120×210
ダブルロング(D) 約140×210
クイーンロング(QL) 約160×210
キングロング(KL) 約180×210

あくまでも一般的なサイズ表のため、メーカーや地域により若干違いがあるかもしれませんが、目安として把握しておくとよいでしょう。

自分にあったサイズは「身長+35cm」

日本ふとん協会は「身長+35cm」が適正な敷布団サイズとしていることから、現在主流となっている長さ210cmの敷布団に適した身長は175cm程度までということがわかります。しかし175cm以上の方が210cmの敷布団を使用しても問題はありません。

 

むしろ、掛布団を大きくしてしまうと敷布団からはみ出してしまい、その隙間から冷たい風が入るかもしれません。そのような状況が不便と感じるなら大きめの敷布団を選びましょう。

フローリングに敷布団を敷く時の注意点

フローリングに直接敷布団を敷くて寝ると、快眠や健康を妨げるなどさまざまな問題が発生します。そこで重要なのが湿気対策です。

すのこを上手く使う

寝ている間に汗やフローリングの結露によって敷布団に湿気がたまってしまいます。そのため、朝起きたら敷布団を敷きっぱなしにせず、椅子にかけたり、外に干すことである程度は放湿することができます。

 

最も効果的な方法は、寝ている間もフローリングと敷布団の間に空気の通り道を作ることです。そこでおすすめなのが「すのこ」です。フローリングの上にすのこベッドを指揮、その上に敷布団を置けば、空気の通り道ができ、湿気がこもることがありません

除湿シートを使うとさらに便利

さらに効果を発揮するのが除湿シートです。すのこの上に除湿シートを敷いて、その上に敷布団を敷けばさらに強力な湿気対策になります。除湿シートの選び方ですが、洗って何度でも使えるタイプの除湿シートがおすすめです。

 

また、備長炭を素材にしている除湿シートも市場に展開しており、清潔で防臭効果も発揮するので、快眠をサポートしてくれます。

フローリング敷布団のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5368843の画像

    西川(Nishikawa)

  • 2
    アイテムID:5368861の画像

    MyeFoam

  • 3
    アイテムID:5368884の画像

    エアウィーヴ(airweave)

  • 4
    アイテムID:5368912の画像

    ふとん工場サカイ

  • 5
    アイテムID:5368978の画像

    Sweetnight

  • 6
    アイテムID:5369020の画像

    Vanking

  • 7
    アイテムID:5369050の画像

    東京西川

  • 8
    アイテムID:5369075の画像

    システムK

  • 9
    アイテムID:5369110の画像

    キースプランニング

  • 10
    アイテムID:5369161の画像

    西川(Nishikawa)

  • 11
    アイテムID:5369191の画像

    西川(Nishikawa)

  • 12
    アイテムID:5369314の画像

    アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

  • 13
    アイテムID:5369294の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 14
    アイテムID:5369267の画像

    Magniflex(マニフレックス)

  • 15
    アイテムID:5369223の画像

    西川リビング

  • 商品名
  • AIR(エアー) マットレス
  • 高反発 シングル 敷布団
  • スマート 025
  • マッシュロン
  • マットレス シングル
  • 敷布団 固綿入り
  • 点で支える 健康敷きふとん
  • 極厚なふかふかホテル仕様
  • 東洋紡 ブレスエアー
  • SEVENDAYS
  • 合繊三層敷き
  • 敷布団 シングル 3層構造
  • エアリースムース
  • イタリアンフトンII
  • 健康敷 RAKURA 敷布団
  • 特徴
  • 多くのアスリート達が愛用
  • 高反発マットレスで質の良い睡眠を
  • 浅田真央の愛用敷布団
  • 一年中快適に使える三層タイプ
  • 常に理想的なS字睡眠姿勢をキープ
  • しっかり体を支える固綿入り
  • 首・肩・腰の負担を軽減する為に「人の体」を研究
  • 巻き綿とウレタンクッションをサンドして弾力性をアップ
  • 空気の上で寝る新感覚
  • 理想的な寝姿勢をキープ
  • 京都西川のマチ付き合繊三層敷ふとん
  • ボリューム感たっぷりの敷き布団
  • 上質な眠りを手に入れるエアリースムースマットレス
  • 高反発の敷布団
  • 優れた体圧分散性
  • 価格
  • 41800円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 27500円(税込)
  • 4480円(税込)
  • 10900円(税込)
  • 4090円(税込)
  • 22800円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 27950円(税込)
  • 20166円(税込)
  • 9757円(税込)
  • 3640円(税込)
  • 15326円(税込)
  • 28118円(税込)
  • 21780円(税込)
  • 種類
  • マットレス
  • マットレス
  • マットレス
  • 木綿敷布団
  • マットレス
  • 木綿敷布団
  • マットレス
  • 木綿敷布団
  • 木綿敷布団
  • マットレス
  • ポリエステル敷布団
  • 木綿敷布団
  • マットレス
  • 2層構造布団
  • マットレス
  • 素材
  • ウレタンフォーム
  • 高反発ウレタン
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • 高反発高密度ウレタン
  • ポリエステル
  • ウレタンフォーム
  • ウレタンフォーム
  • 東洋防ブレスエアー
  • ウレタンフォーム
  • ポリエステル
  • ウレタン
  • ポリオレフィン系繊維
  • 高反発フォーム
  • ウレタンフォーム
  • サイズ
  • シングル(8×97×195㎝)
  • シングル(100×200×3cm)
  • シングル(100×195×3.5cm)
  • シングルロング(100×210cm)
  • 100cm×200cm×5cm
  • 100×210cm
  • 910×1950×80mm
  • 100×200cm
  • 100cm × 200cm
  • 8X97X195cm
  • 100×210cm
  • 100x200x10cm
  • シングル
  • W98×D196×H7cm
  • 90×970×2000mm

まとめ

ここまでフローリングで使える敷布団の選び方と人気でおすすめの商品をランキング形式で紹介してきましたが、気になる商品は見つかりましたでしょうか。厚さのある敷布団を選んで、身体の痛みを防ぎ、快眠を実現して清々しい朝を迎えてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ