室内物干しの人気おすすめランキング15選【お洒落に収納!】

記事ID8370のサムネイル画像

洗濯物を干す方法には室外で干す方法と衣類乾燥機を使う方法、室内物干しで部屋干しをする方法があります。ライフスタイルの多様化で室内物干しの需要が高まっています。そこで、たくさんの室内物干しの中から、おすすめ人気ランキング15選と選び方のポイントをご紹介します。

天気に関係なく洗濯物が干せる室内物干し

洗濯物を室内に干すことができる室内物干しは天気が悪いときだけでなく、一日中留守にすることが多い人や、花粉の飛沫量が多い季節や女性の一人暮らしの安全面などで需要が高まっています。

 

床に置いて洗濯物をかけるスタンドタイプの他にも、窓や天井を利用するものなど、室内物干しにはいろいろな種類のものがあります。そこでタイプや形状、サイズ、干せる洗濯物の量に注目して、室内物干しの人気おすすめランキング15選と選び方のポイントをご紹介します。

室内物干しのおすすめ人気ランキング15選

15位

QUEENSLAND BLDG MATERIAL CO.,LTD

VENETIO室内物干し

価格:4,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

15kgの洗濯物が干せる室内・室外両用の物干しスタンド

組み立て不要の折りたたみ物干しスタンドです。室内でも室外でもどちらでも使えるので、天気がいい日は室外で、雨の日は室内物干しとして使うという風に、使い分けが可能です。15kgの耐荷重があるので、子供がいる家庭の大量の洗濯物も干すことができます。

 

使わないときは折りたたんで隙間に収納しておくこともできます。靴下クリップ12組付、布団も干すことができます。

タイプ折りたたみ式重量2.3kg
サイズ展開時135×60×46cm耐荷重15kg

口コミを紹介

洗濯物が多いときや、雨の日などに出動してもらってます。ベランダ~室内、軽いので移動もラクラク♪届いたとき段ボールの厚みは5cm未満を見たら、これでベッドの下にも収納可能と安心しました。レビューは少なかったのが少し心配したが、実物を満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

積水樹脂

物干しスタンドコスモス FMC-20

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くて取り扱いやすいパラソル式の室内物干し

使うときだけサッと取り出して使える傘のような形のパラソル式の室内物干しです。部屋のインテリアになじむ可愛い色とデザインで、邪魔になりません。タオルハンガーは上下にスライドして高さを変えられます。ピンチハンガーは着脱可能です。使わないときは折りたたんで狭いスペースに収納しておくことができます。

 

小物がたくさん干せるる割にはとても軽いので、部屋を重い感じにしたくないという場合におすすめです。

タイプパラソルタイプ重量1.7kg
サイズ使用時82×82×146cm耐荷重8kg

口コミを紹介

使っていて楽しいです!買って良かったなー。色も木造に馴染みやすいダスティローズとベージュの間で、もうすっかり我が家に溶け込んでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

YOUDUO[メーカー直営]

つっぱりポールハンガー

価格:3,680円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

突っ張り棒を使ったおしゃれな省スペースハンガー

突っ張り棒を使ったハンガーは、室内物干しとして使う他にも、洋服や帽子をかけるハンガーとしても使うことができて便利です。見た目も室内物干しには見えず、部屋になじんでおしゃれです。組み立てには工具も必要なく、突っ張り棒の高さを調節して突っ張らせるだけです。

 

スペースを取らないので、ワンルームや狭い部屋にもおすすめです。壁や天井に穴を開けないので、賃貸マンションなどでも使用できます。

タイプ突っ張り棒タイプ重量2kg
サイズ幅35~62.5cm 高さ110~310cm耐荷重

口コミを紹介

狭いのワンルームマンションで物干しかけ用に買った。しっかりした作りで省スペース、部屋干しするときに部屋の端に邪魔にならず、狭い部屋に取り付けられて見た目にもスタイリッシュである、良かったてす。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

大木製作所

タワー型室内物干し 大 bg3855

価格:16,590円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

限られたスペースでたくさんの洗濯物が干せるタワー型

限られたスペースでも、たくさんの洗濯物が干せるタワー型の室内物干しです。キャスターが付いているので、好きな場所に簡単に移動できます。たたむと10cmの薄さになるので、すっきりと収納ができます。

 

ニットなどのデリケートな衣類は平干しをすることができるので型崩れを防げます。ステンレス製なので、丈夫で長い間使用することができます。

タイプタワー型 重量5.5kg
サイズ使用時 幅71×奥行101×高さ151cm耐荷重

口コミを紹介

雨の日が続いたため室内干しが必要となり購入しました。注文から到着までが早く助かりました。少し高いと思いましたがとても使いやすく、長く使うことを考えると良い買い物をしたと思っています。折りたたみも簡単でコンパクトにしまえるのも良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

平安伸銅工業

エアコンハンガー 物干し

価格:1,291円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エアコンの風を利用して乾燥する室内物干し

エアコンを使っているときに、その風を利用して洗濯物も乾燥させることができる省エネ室内物干しです。エアコンに引っ掛けるだけで簡単に使用することができます。使わない場合はたたんで収納しておくことができるので、邪魔になりません。

 

床に置くこともないのでスペースも取りません。夏は除湿、冬は暖房の風で素早く乾燥させることができます。あまり多くの洗濯物を干すことはできませんが使用時間を選びませんので、一人暮らしの人におすすめです。

タイプエアコンタイプ重量
サイズ幅109×奥行36×高さ40cm耐荷重5.5kg

口コミを紹介

乾燥機ってフィルターを交換したり、うるさいし、場所をとる。これを設置して、冬はエアコンで、タオルもふんわりするし、洗濯物をベランダから取り入れる時にも、干す時にもこれがあると便利です。重さに関しては、バスタオル、ハンガーのジーンズ、シャツ大丈夫でした。取り付けも簡単でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ベルメゾン

室内物干し

価格:9,146円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

壁に取り付ける物干し台

石膏ボードの壁に設置する室内物干しです。窓際に設置すると、窓からの光や風で、室内干しでもすっきりと洗濯物を乾かすことができます。床に設置しないので、省スペースです。使わない場合はすっきりと収納できるので目立つこともありません。洗濯物は壁から少し浮かせた状態になっているので、壁や窓にくっつくことはありません。

 

マンションなどで使われている石膏ボードでのみ使用できるので、事前に確認することが必要です。140~250cmまで伸縮する専用竿がついていて、設置後すぐに使用することができます。

タイプ壁面取り付けタイプ重量
サイズ使用時 幅9×奥行28×高さ35cm耐荷重10kg

口コミを紹介

すごく便利、窓ぎわに干せて、カーテン開ければ日も当たる。花粉も防げるし、 PM2.5も防げます。お客さんが来たときにはしまうこともできます。取り付けもとっても簡単でした。梅雨時にはもっと活躍しそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

オーエ(Ohe)

物干しハンガー ホワイト クロスフック ポール付

価格:800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鴨居を利用して洗濯物が干せるクロスフック

ドア枠や鴨居を室内物干しに利用できるクロスフックです。フックを取り付けて角ハンガーや洋服ハンガー、また付属の伸縮ポールを利用して室内干しをすることができます。少量の洗濯物を室内で干したい場合に便利です。クロスフックはワンタッチで着脱が可能です。

 

クロスフックを一つとハンガーを利用する場合は8kg、クロスフック二つとポールを利用する場合は10kgの耐荷重があります。

タイプクロスフック重量0.325kg
サイズ幅37×奥行19×高さ4cm耐荷重クロスフック2個とポール使用で10kg

口コミを紹介

引越で、公団仕様の住宅に入ることになってしまい、昭和40年代築なのでリフォームはされてるものの鴨居があり、雨の日にそこにかけて洗濯物を干せないかと思い購入しました。割と重い物も大丈夫で、襖を開け風通しを良くしておくと、仕事から帰宅すると乾いているので、重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

パナソニック(Panasonic)

室内物干し ユニット NEWホシ姫サマ

価格:11,098円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利な天井吊り下げタイプの室内物干し

ワンルームのマンションなどでは最初から設置してあることもある天井吊り下げ型の室内物干しです。天井のよっては取り付けできないこともあるので、購入する前に確認することが必要です。一人で設置できない場合は設置業者に依頼してみましょう。

 

使用しないときは収納しておくことができるので、目立つことがありません。床にスペースがなくても設置することができる省スペースの室内物干しです。

タイプ天井吊り下げ型重量4.5kg
サイズ120×11.5×5.8cm耐荷重8kg

口コミを紹介

部屋干し台が邪魔で仕方なく、業者に依頼しようとも思いましたが壁中梁センサーと電動ドライバーが有れば、素人な私でも施工出来ました。使う時だけ天井からスルスル降ろすだけなので、部屋スッキリ

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

森田アルミ工業(Moritaalumi Industry)

室内物干しワイヤー pid 4M (ピッドヨンエム)

価格:6,039円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

場所を取らないワイヤー式の室内物干し

ホテルなどで見かけることが多いワイヤー式の室内物干しです。使うときだけワイヤーを伸ばすだけなので、使わないときはすっきりとしています。設置は比較的簡単にできますが、下地探しとドリルなどの専用の工具が必要です。浴室乾燥がある場合は浴室に設置しておくと、部屋に洗濯物を干さずに済むので部屋をすっきりと使えます。

タイプワイヤー式重量531g
サイズワイヤー最大4m耐荷重10kg

口コミを紹介

新築した際に自分で取り付けました。最初は2階の部屋に付けたのですが、使い勝手があまりによくて1階のリビングにも増設しました。ワイヤーを収納すると全然目立たなくなるのがいいです。遊びに来た知人も気に入ったみたいで2家族がウチのを見てから買ったと言ってました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ekans(エカンズ)

すっきり見える 3連物干し

価格:3,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インテリアになじむデザインの室内物干し

衣類ハンガーとしても使用できるデザインの室内物干しです。洗濯物の量によって形をいろいろと変えることができます。畳むと6cmの薄さになるので、使わない場合はすっきりと収納しておくことができます。

タイプ3連タイプの折りたたみ式重量3.4kg
サイズ使用時 幅153.5×奥行20×高さ140cm耐荷重6kg

口コミを紹介

新潟の冬は外に干せないので室内で干す場所が無く大変でしたが、これを買いとても洗濯が楽になりました。結構重くても大丈夫ですし、たくさん干せます。組み立ても簡単でした。若干ぐらつきが出ますが問題なく利用できます。使わないときは折りたためるのもいいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

川口技研(Kawaguchigiken)

室内用物干し ホスクリーン

価格:5,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天井に取り付けるタイプの室内物干し

天井にポールを取り付けて室内物干しスペースを作るタイプの物干しです。床を使わないので省スペースになります。使わないときは取り外しておけるので、部屋をすっきりと使うことができます。ポールに竿を通して利用するとたくさんの洗濯物を干すことができます。設置は簡単ですが、下地探しが必要です。

タイプ天井取り付けタイプ重量699g
サイズポールは460・550・ 640mmの3段階に調節可能耐荷重8kg

口コミを紹介

ベランダ掃出し窓の前に設置し、外に干していた洗濯物を取ってすぐにかけられるようにしています。まだ乾ききっていないものや、畳むのはもうちょっと後にしたいものなど、室内に掛けるところがあると非常に便利です。強度は取り付ける場所に気を付ければ問題ないように思えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ダイヤ

室内干し角ハンガー 36ピンチ付

価格:1,008円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

室内干し用フックで室内でも使える角ハンガー

室外でも室内でも使用できる角ハンガーです。室内干し用フックで、ドアの上にかけておくこともできます。洗濯物が少ない人や、一部のものだけを部屋干ししたい場合におすすめです。高いところにかけるときに便利な「背伸びクリップ」がついています。

 

ピンチの数が多いので、たくさんの洗濯物が干せます。小物だけでなく少し大きなものも干すことも可能です。

タイプ角ハンガー重量626g
サイズ66×36.3×34cm耐荷重

口コミを紹介

回転防止の補助ハンガーがついてますが、これが回転防止以外にハンガーの傾き防止にもなります。干しはじめって重心が偏ってハンガーが傾きますが、それを防止できます。また、ピンチもかなりしっかりした作りで重めのジーンズでもガッチリキープできます。メインのハンガーにはロック機能がついており風等でも飛ばされない安心感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

コモライフ(Comolife)

室内物干し掛け

価格:878円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンタッチで室内に物干しスペースを作れる2個組フック

工具やネジなどが不要で、窓枠や鴨居などにかけることによってワンタッチで室内干しスペースを作ることができる2個組のフックです。1個でハンガーを使って洋服をかけたり、2個使って竿を通したりして洗濯物を干すことができます。

 

床に置くタイプではないので、部屋のスペースを取りません。旅行先に持っていくこともできます。室内物干しとしてだけでなく、洋服や帽子掛けとしても使用することができます。

タイプフック重量136g
サイズ縦27×横5×高さ6cm耐荷重2個使用で6kg

口コミを紹介

2度目の購入です。冬になると外干ししても半乾きなので、その後必ず室内で干します。部屋で暖房をかけているのでその熱を利用して乾かします。その時にこちらの物干しが活躍してくれます。すぐに設置できてポールを乗せれば良いだけなので助かっています。ただあまり重いのは載せれないのでなるべく重さを分散させたく今回また購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

窓枠物干し 伸縮タイプ

価格:2,764円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベランダの窓枠を利用できる突っ張りタイプの室内物干し

ベランダの窓枠などに突っ張りポールを利用して取り付ける二段式の室内物干しです。大量の洗濯物を干すことも可能です。使わないときはカーテンに隠してすっきりと収納できます。昼間に窓を開けて使用すると乾燥時間を短縮できます。夜間にカーテンを閉めた状態でも使用することができます。

 

壁面に使用して、洋服掛けとして使用することもできます。設置はポールを突っ張らせるだけなので工具も不要で、すぐに使用することができます。

タイプ突っ張りタイプ重量3.9kg
サイズ幅110~190×奥行37×高さ190~260cm耐荷重20kg

口コミを紹介

子供の賃貸アパートに洗濯物が乾かない時の部屋干し用として購入。十分な量を干せて必要ない時はすぐに外せて便利です。この価格で丈夫なつくりに驚き。商品が良かったので自宅用にもう1個購入し使っています。お薦めの商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

KAYOWINE

KAYOWINE 室内物干し

価格:3,390円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

室外でも室内でも使用できる大型の物干しスタンド

室内でも室外でも使用できる大型の物干しスタンドです。一度にたくさんの洗濯物が干せるので、家族が多い家庭でも全員の洗濯物を干すことができます。布団を干すことも可能です。作りが非常にしっかりしていて耐荷重も大きいため、人間が座っても壊れません。使わないときはコンパクトに収納できます。

タイプ折りたたみ式重量2.2kg
サイズ125×125×69~197cm耐荷重75kg 最大積載量30kg

口コミを紹介

我が家は子供が産まれてから、外干しから部屋干しになり、室内物干しで良い商品はないかと探していたところ、この商品を見つけました。デザインがシンプルで、コンパクトに折り畳めそうだったのが、購入の決めてです。実際に使用した感想ですが、他の方が書いてある通り、サイズが大きいため一度にたくさん洗濯物が干せます。

出典:https://www.amazon.co.jp

室内物干しの選び方

室内物干しは、常に室内で洗濯物を干すのか、部屋のスペースははどうなのか、洗濯物の量はどれくらいなのかなど、シチュエーションで選び方が変わってきます。そこで、いろいろなタイプの室内物干しを紹介しつつ、どのようなシチュエーションで使うと便利なのかをご紹介していきますので、選び方の参考にしてみてください。

折りたたみタイプを選ぶ

室内物干しは常に出しっぱなしにしていると部屋のスペースを取ってしまいます。しかし使わないときには畳んで収納しておける折りたたみタイプを選ぶと、洗濯物を干していないときは部屋のスペースを広く使うことができます。

物干しスタンド

物干しスタンドは必要なときに、サッと広げて使うことができます。ステンレス製など重量があるものであれば、風で倒れることも少ないので、室外でも使うことができます。バラバラの状態で購入して自分で組み立てるタイプのものがほとんどですが、女性でも簡単に組み立てられるものが多いです。

パラソルタイプ

パラソルタイプは傘のような形をしている物干しスタンドで、タオルや靴下など、軽い小物の洗濯物を干すのに向いているタイプです。プラスチック製の軽いものは風で倒れることがあるので室外での使用は向いていません。

 

パラソルタイプは上限と下段に分かれているので、たくさんの小物を干すことができるので、子供が多い家庭では重宝します。使わないときは傘の部分とスタンドの部分をたたんでまっすぐにして、狭い隙間にもすっきりと収納することができます。

床に置かないタイプを選ぶ

床に置くタイプの室内物干しは、どうしても部屋のスペースを取ってしまうので部屋が狭くなってしまいます。部屋が狭くて床に室内物干しを置けないという場合は、床に置かないタイプの室内物干しを選ぶと良いでしょう。

ワイヤータイプ

ワイヤータイプの室内物干しはホテルなどに設置してあることも多く、目にしたことがある、また利用したことがあるという人は多いのではないでしょうか?ワイヤータイプの室内物干しは、浴室や壁に設置しておき、洗濯物を干すときだけワイヤーを引き伸ばして使用します。

 

浴室乾燥がついている浴室なら、浴室で使うことにより部屋のスペースを取ることは全くないので、室内に洗濯物を干しているということを誰にも気づかれずに利用することができます。壁に取り付ける作業が必要ですが、一度設置するとずっと使い続けることができます。

天井取り付けタイプ

天井に取り付けるタイプの室内物干しは、使用するときに天井からポールなどを引き下ろして竿を通して洗濯物を干します。ワンルームのマンションでエアコンの前に設置してあることも多いです。

 

エアコンの前の天井に取り付けておくと、エアコンの風を利用して洗濯物が乾きやすくなると同時に、部屋の乾燥対策にもなります。部屋が狭くて室内物干しスタンドか置けないけれど室内干しはしたいという場合におすすめのタイプです。

突っ張り棒を利用するタイプを選ぶ

突っ張り棒は工具などを必要とせず、壁などに突っ張らせることで固定して、いろいろなことに利用できる便利なグッズです。突っ張り棒はランドリーでもよく利用されています。ここでは床と天井に突っ張らせるタイプと、ベランダの窓枠を利用するタイプをご紹介します。

洋服掛けとしても使えるタイプ

天井と床に長いハンガー掛け付の突っ張り棒を取り付けると、おしゃれな室内物干しとして使うことができます。室内物干しとしてだけでなく、洋服や帽子のハンガーとしても使うことができるので、来客用の洋服掛けとしての使用もできます。いかにも室内物干しというのではなく、インテリアになじむおしゃれな室内物干しを探している人におすすめです。

窓際を利用するタイプ

ベランダなどの窓枠を利用して設置する突っ張りタイプの室内物干しは、窓からの風を利用して乾燥時間を短縮できるので便利です。設置するのも簡単で、一度セットしておくとずっと使い続けることができます。二段になっているものは大量の洗濯物を干すことができるので、家族が多い家庭でも安心です。

 

洗濯物を干している間は窓の外に出づらくなりますが、使い終わると竿をかける部分を収納して、目立たなくしてしまうことができます。

洗濯物の量で選ぶ

室内物干しは洗濯物の量によって選ぶことも大切です。洗濯物の量があまりないのに大きな室内物干しを設置してもスペースの無駄遣いになってしまいます。また洗濯物が多いのに少ししか干せない室内物干しでは、全ての洗濯物を干すことができなくなり困ってしまいます。

大容量の洗濯物の場合

洗濯物が多い家庭の室内物干しは、耐荷重が大きくハンガーやタオルをかけられるスペースがたくさんある大容量タイプの物干しスタンドがおすすめです。物干しスタンドには洗濯物の量や洗濯物のタイプに合わせて形が変えられるものもあるので、そういうスタンドを選ぶと効率的に干すことができます。

 

大容量の室内物干しは、どうしても部屋のスペースを大きく取られてしまいます。部屋が狭いけれど洗濯物が大量にあり室内で干したいという場合は、ベランダの窓枠を利用する二段の突っ張り棒タイプの室内物干しが、大量の洗濯物をすることができて便利です。

少量の洗濯物の場合

洗濯物がいつも少ない場合は、大容量の室内物干しスタンドはあまり必要ありません。サッと使えて収納できるコンパクトタイプの物干しスタンドを用意しておくと便利です。エアコンのかけるタイプの物干しはスペースを取られることなく、乾燥時間も短縮できます。またデッドスペースを利用して室内物干しスペースにするのもおすすめです。

 

鴨居やドアにかけられるフックを利用すると、デッドスペースを物干しスペースとして利用できます。おしゃれなフックなら、洋服や帽子、カバンをかけるフックとしても利用できて一石二鳥です。角ハンガーの中には、室内で利用するためのフックがついているものもあるので、それを利用するのも良いでしょう。

 

ワンルームなどでは、なるべく部屋のスペースを有効に利用できるものを選ぶと部屋を広く使うことができます。

室内物干しのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5353235の画像

    KAYOWINE

  • 2
    アイテムID:5353218の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 3
    アイテムID:5353214の画像

    コモライフ(Comolife)

  • 4
    アイテムID:5353196の画像

    ダイヤ

  • 5
    アイテムID:5353178の画像

    川口技研(Kawaguchigiken)

  • 6
    アイテムID:5349669の画像

    ekans(エカンズ)

  • 7
    アイテムID:5349666の画像

    森田アルミ工業(Moritaalumi Industry)

  • 8
    アイテムID:5349662の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 9
    アイテムID:5345198の画像

    オーエ(Ohe)

  • 10
    アイテムID:5345189の画像

    ベルメゾン

  • 11
    アイテムID:5345171の画像

    平安伸銅工業

  • 12
    アイテムID:5345165の画像

    大木製作所

  • 13
    アイテムID:5340160の画像

    YOUDUO[メーカー直営]

  • 14
    アイテムID:5340157の画像

    積水樹脂

  • 15
    アイテムID:5340155の画像

    QUEENSLAND BLDG MATERIAL CO.,LTD

  • 商品名
  • KAYOWINE 室内物干し
  • 窓枠物干し 伸縮タイプ
  • 室内物干し掛け
  • 室内干し角ハンガー 36ピンチ付
  • 室内用物干し ホスクリーン
  • すっきり見える 3連物干し
  • 室内物干しワイヤー pid 4M (ピッドヨンエム)
  • 室内物干し ユニット NEWホシ姫サマ
  • 物干しハンガー ホワイト クロスフック ポール付
  • 室内物干し
  • エアコンハンガー 物干し
  • タワー型室内物干し 大 bg3855
  • つっぱりポールハンガー
  • 物干しスタンドコスモス FMC-20
  • VENETIO室内物干し
  • 特徴
  • 室外でも室内でも使用できる大型の物干しスタンド
  • ベランダの窓枠を利用できる突っ張りタイプの室内物干し
  • ワンタッチで室内に物干しスペースを作れる2個組フック
  • 室内干し用フックで室内でも使える角ハンガー
  • 天井に取り付けるタイプの室内物干し
  • インテリアになじむデザインの室内物干し
  • 場所を取らないワイヤー式の室内物干し
  • 便利な天井吊り下げタイプの室内物干し
  • 鴨居を利用して洗濯物が干せるクロスフック
  • 壁に取り付ける物干し台
  • エアコンの風を利用して乾燥する室内物干し
  • 限られたスペースでたくさんの洗濯物が干せるタワー型
  • 突っ張り棒を使ったおしゃれな省スペースハンガー
  • 軽くて取り扱いやすいパラソル式の室内物干し
  • 15kgの洗濯物が干せる室内・室外両用の物干しスタンド
  • 価格
  • 3390円(税込)
  • 2764円(税込)
  • 878円(税込)
  • 1008円(税込)
  • 5880円(税込)
  • 3280円(税込)
  • 6039円(税込)
  • 11098円(税込)
  • 800円(税込)
  • 9146円(税込)
  • 1291円(税込)
  • 16590円(税込)
  • 3680円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 4699円(税込)
  • タイプ
  • 折りたたみ式
  • 突っ張りタイプ
  • フック
  • 角ハンガー
  • 天井取り付けタイプ
  • 3連タイプの折りたたみ式
  • ワイヤー式
  • 天井吊り下げ型
  • クロスフック
  • 壁面取り付けタイプ
  • エアコンタイプ
  • タワー型 
  • 突っ張り棒タイプ
  • パラソルタイプ
  • 折りたたみ式
  • 重量
  • 2.2kg
  • 3.9kg
  • 136g
  • 626g
  • 699g
  • 3.4kg
  • 531g
  • 4.5kg
  • 0.325kg
  • 5.5kg
  • 2kg
  • 1.7kg
  • 2.3kg
  • サイズ
  • 125×125×69~197cm
  • 幅110~190×奥行37×高さ190~260cm
  • 縦27×横5×高さ6cm
  • 66×36.3×34cm
  • ポールは460・550・ 640mmの3段階に調節可能
  • 使用時 幅153.5×奥行20×高さ140cm
  • ワイヤー最大4m
  • 120×11.5×5.8cm
  • 幅37×奥行19×高さ4cm
  • 使用時 幅9×奥行28×高さ35cm
  • 幅109×奥行36×高さ40cm
  • 使用時 幅71×奥行101×高さ151cm
  • 幅35~62.5cm 高さ110~310cm
  • 使用時82×82×146cm
  • 展開時135×60×46cm
  • 耐荷重
  • 75kg 最大積載量30kg
  • 20kg
  • 2個使用で6kg
  • 8kg
  • 6kg
  • 10kg
  • 8kg
  • クロスフック2個とポール使用で10kg
  • 10kg
  • 5.5kg
  • 8kg
  • 15kg

まとめ

洗濯物の乾燥は、室外や衣類乾燥機を使って乾燥させる方法の他に、室内物干しを使って部屋で干す方法があります。一人暮らしの人が増え室内物干しの需要が高まっています。室内物干しに見えないおしゃれなタイプのものも多いです。部屋干し派の人たちも、ライフスタイルに合った室内物干しを選んで、洗濯と洗濯物干しをおしゃれに楽しんでみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ