エアージャッキのおすすめ人気ランキング15選【使い方も紹介!車にも使える薄いジャッキ】

エアージャッキは少ない力で、大きなエネルギーを生み出して、修理などを行う時でも車のジャッキアップの時などに活躍する商品です。最近では、DIYを行う際にも活用されていて様々な場面で使われるようになりました。今回は、ランキング式で人気のエアージャッキを紹介します。

車を楽に持ち上げてくれてタイヤ交換時に大活躍

車のジャッキアップを行うのにエアージャッキは非常に役に立つアイテムですよね。エアージャッキはカーレースの現場でも使用されており、設備の移動や車両整備を行う際に活躍してくれます。

 

実はエアージャッキは車両設備だけでなく、DIYや家具などの移動を行う際でも使えるので、様々なシチュエーションで使うことが出来る優れものなんです!エアージャッキのメリットは安全な作業が行えることと作業力です。

 

今回は空気を動力として、エアーを用いるタイプを、初心者でも簡単に使いやすいエアージャッキをランキングにしてエネルギー源、耐積載量、ジャッキアップ高に注目して人気のものを紹介していきます。

エアージャッキの選び方

エアージャッキの選び方を紹介します。動力源、揚上能力、床高、用途の5つのポイントに分けてご紹介します。どういったものが自分に適しているのか考えながら見ていきましょう。

動力源で選ぶ

動力源は何を選びますか。電動であると自分の力以上の力で様々な作業が行えます。そういった点で非常に有効的です。排気ガスなどを利用して持ち上げる方法もあります。こういったタイプも非常事態に有効に使えるので万が一の時に活躍します。

最低限の力で作業したい方には「電動コンプレッサー」がおすすめ

電動だと自分の労力を最小限に様々な作業が行えます。そういった点で非常に作業効率をアップしてくれます。手動式だと、どうしても限界がある作業も多いですからね。

 

但し、エネルギー源の供給がコンセントなどである場合が多いので、動力源のコンプレッサーがない場所で使用できないことや移動範囲が狭くなるデメリットも生じてきます。

 

移動範囲に囚われないのであれば、電動式だとマンパワーでは得られなかったパワーを得て作業が行えます。強力なエネルギーで稼働率を向上させます。

不意なトラブル時に活躍する「排気ガス」利用

排気ガス利用するタイプもあります。排気ガスは車の排気口からのガスを利用して膨らませることができます。特に泥濘みにはまってしまった場合、抜け出すのに一苦労するシチュエーションも想定されます。

 

そういった際に、排気ガス利用で膨らませてエアージャッキできることは大きなメリットです。時間も数分で行えるものが多いので時間的な制約を受けずにも澄みます。収納バッグが取り付いていたりするので、備えておくために載せておくのにも便利です。

 

冬場や、大きく車を持ち上げたいときに威力を発揮することでしょう。持っていてお守り代わりに持っておくのもいいでしょう。

持ち上げる揚上能力で選ぶ

揚上能力とは、持ち上げるエネルギー量のことです。どれくらいの重量のある物を持ち上げるのかで大きく違ってきます。

車両整備には「1~3t」使用がおすすめ

揚上能力の目安として一般的に、軽自動車で1トン、普通自動車で2トン、ミニバンや大型SUVで3トンほどが必要となります。また安全に作業や効率を上げるために最大荷重より余裕を持って購入することがおすすめです。

 

また車検証を確認していただくと、車両重量が記載されておりますので確かな情報が知りたい方はぜひ車検証を確認してみて下さいね。

家具の移動などには「100~300kg」がおすすめ

100~300kg程のエアージャッキはコンパクトに収納も可能で、僅かな隙間に差し込み、ポンプで空気を送り込むことで、冷蔵庫や家具が持ち上がるので大掃除の時等にも活躍してくれます。

 

また、ドアの隙間や内張りの隙間にも差し込むことが出来るので車のロック解除やインロックの際のカギの解錠にも使用できて大変便利です。

床高で選ぶ

車高も車種によって異なります。車高にあったタイプを使用することも重要です。

車高の低いミニバンタイプには「低床タイプ」がおすすめ

低床タイプはミニバンタイプにおすすめです。このタイプであれば、ミニバンタイプにも差し込むことが出来るからです。また、長さだけでなく、フレーム部分もフラットに薄いものがおすすめです。

トラックなどの車高が高いタイプには「高床式」がおすすめ

トラックなどの車高が高いタイプには、高床式のガレージジャッキがおすすめです。低床タイプだと、ジャッキアップを適切な位置まで持ち上げることができないからです。

 

更に加えて、選ぶ時に気を付けたいのは、耐荷量が高いことです。そこに加えて、必ずジャッキスタンドを用いることも大切です。安全面に配慮しましょう。

広い場所を確保しにくい方には「手動と併用」がおすすめ

手動式と併用のエアージャッキは、エアージャッキのパワーと取り付けるときの細かい動きをフットポンプなどで行うことで調整できます。全ての作業をエアージャッキで行うこともできますが、フットポンプを使用し微調整が行えます。

 

また、狭いところでも使用することができるので限られた場所でもエンジンなどの点検やタイヤの脱着を行うことができます。

用途で選ぶ

エアージャッキは様々な場面で活躍する道具です。その活躍する場所によってタイプや形状が変わってきます。車メンテナンスなどで用いられる方のエアージャッキと、家具移動などで用いられる方のエアージャッキとに別れます。

車のメンテナンスには「ガレージジャッキ」がおすすめ

エアージャッキを車に用いる際、排気ジャッキとガレージジャッキの2種類が使われています。

 

排気ガスを利用して持ち上げるタイプは、主にエンジントラブルなどで動けなくなった時に役立ちます。ガレージジャッキは、車のメンテナンスのためや、ホイール脱着、ジャッキアップが行える主力ジャッキとして活用できます。

 

ガレージジャッキのデメリットは重量があることです。基本的にはガレージで保管することになるでしょう。排気ジャッキのデメリットは安定感がやや不安があることと、正確な位置で停止させたりするのが難しいことが挙げられます。

家具などの移動やドアロック解除に「コンパクトタイプ」がおすすめ

コンパクトなエアージャッキはドア開閉の場面で活躍します。コンパクトなので、大きなサイズでは、入り込めないような隙間も広げることができるメリットがあります。

 

耐荷重量も、200kg級のものも多く、家の中のものなら十分対応することができます。傷つけることもなく、ドアや窓などへの衝撃は最小限に行えます。家具の移動を行いたい時に活躍してくれるでしょう。

騒音問題には「静音性能」がおすすめ

エアージャッキを車のリフトアップ目的で使う際、騒音が気になる方もいますよね。エアージャッキには静音性能が高いものもありますので、上手に活用することで騒音問題を解決できます。

 

また、圧縮空気の放出される音も関わっている場合があり、不要なエアーが出ない製品もありますので、騒音問題で悩まれている方は静音性能が高いものをぜひ検討してみて下さい。

エアージャッキの人気おすすめランキング15選

車のドアロック解除に持っておきたい

何度でも使用することが可能で、建具の僅かな隙間にも差し込めさえすれば扱える非常に便利なアイテムです。同規格の似たタイプはたくさん販売されていますが、こちらは高強度TPU製であり、強度面でも耐久性を向上させています。

 

口コミでも、インロック時に非常に扱いやすかったと高評価です。価格も手頃なので1つ持っておいても損はしないでしょう。

揚上能力 100kg 有効範囲 最低約2、最高約10(mm)

口コミを紹介

思いアンプの下へインシュレーターなど敷く時、これほど簡単に持ち上がるのであれば安価だし重宝します。また、2枚重ねも出来、高さも稼げるので応用範囲も広がります。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

G&G

油圧エアートラックジャッキ

大型車輪で移動にも便利

大型車輪が搭載されているので移動に便利なタイプです。エア式で駆動も手軽に行えるのも大きなメリットです。油圧能力22tと大揚力モデルなので、トラックまで対応します。

 

パワフルながら小型設計なので取り回しも楽にできるのも大きな魅力です。また、アタッチメント4種付きますので利便性が広がります。トラックなどを使用される方で、エアージャッキをお探しの方におすすめです。

揚上能力 22t 有効範囲 最低約245、最高約490(mm)
13位

国産ナガサキ

ショートタイプエアージャッキ

ガレージジャッキの低床タイプ

エアー・手動兼用タイプです。オプションにはなりますが、足踏みペダルを最初から採用しているタイプであると、操作性がぐんとアップします。

 

ショートタイプで4輪共に車軸ベアリング入車輪を採用し、走行性・操作性抜群のコンパクトなジャッキです。エアー・手動兼用タイプなのでエアー設備のない所でもご利用できるので便利さが増します。

揚上能力 2000kg 有効範囲 最低約85、最高約500(mm)
12位

KIKAIYA

エアージャッキ

排気ガスを利用しての簡単ジャッキアップ

車を持ち上げたい時に大変重宝します。重量としても3.5kgと持ち運びするのにかなり負担になるというレベルではありません。ぬかるみにはまって脱出困難の際に、こちらを持ってきて対応すれば、簡単に時間をかけることなく脱出することができます。

 

使用時の注意点として、排気管は円筒の形でないと対応できないので、その点を注意してください。また、熱を帯びるマフラーやエンジン周辺からは離した場所に設置するようにしましょう。

揚上能力 4000kg 有効範囲

コンプレッサーを利用し使用しましたが、結構思うようにリフト出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

NECESARIA

エアージャッキアップ 4個セット

収納保管もかさばらないエアージャッキ

エアージャッキアップ4個セットです。窓枠や重たい冷蔵庫、車の板金・塗装などでのパーツ固定等で使用でき大変便利です。

 

使用後はエアポンプ根元にエア抜きボタンが完備されているのでそこから空気を抜くことでコンパクトになるので収納にも困りません。

揚上能力 200kg 有効範囲
10位

AP

エアージャッキ スパイク 3トン

人気メーカーアストロ

雪道や砂利道などオフロードを走行中にぬかるみに脚を取られてしまった時に活躍してくれるエアージャッキです。緊急脱出用としても活躍してくれますし、クロスカントリーなどで脱輪した時向けに作られています

 

3tの重さに耐えられて、専用バッグも付属品として準備されています。携帯用のジャッキをいれる隙間のないときに一時的に車両を持ち上げるのに使用することができ、 脱輪した場合などにも役に立ちます

揚上能力 3t 有効範囲 約52cm円筒形マフラー 直径60mmまで対応

口コミを紹介

昨冬、大雪の年末に雪の中で埋まってしまいました。その時にこれを持っていれば助かっただろうと思います。雪では使用していませんが、駐車場で試した所見事ジャッキアップしました!私にとっては救世主です。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

クロマチック・フーガ

エアージャッキ

様々なシーンで活躍

雑貨の国のアリスのエアージャッキは、白と黒が目を引くエアージャッキです。値段はリーズナブルですが、ポンプを押して膨らませ、空気の力で楽々100kgまで約5cmのジャッキアップが出来ます。

 

ドアや窓の取り付けや、重い家具の持ち上げ、隙間調整や、水平調整を行うクサビの代用品としてでもご使用できます。また災害や緊急時の防災用品としても使えるので様々なシーンで活躍してくれます。

揚上能力 100kg 有効範囲 最高約50(mm)

口コミを紹介

素早く使える便利なエアージャッキ

海外製のエアージャッキです。こちらの大きな特徴は、アラインメントラックでの使用が主目的とされていることです。360度の調節可能な上部スイベルが装着されています。

 

最大揚程は18インチと強力なエネルギーを持っています。口コミでも仕事効率がアップしたと高評価を集めています。

揚上能力 2t 有効範囲 最低約6.8、最高約18(inch)

コンパクト、小型、軽量の三拍子揃ったエアージャッキ

こちらは冷蔵庫や家具、本棚、窓、扉、キャビネットなどを持ち上げや、自動車の板金や塗装を行うのに便利なエアージャッキです。その他にも、モニターやトランス、分電盤などを水平出しする際にも活躍します。

 

また、ドアのストッパー替わりにも用いることもできて、多くのシチュエーションで使用することができます。調節可能幅2~10cmで僅かな隙間にも対応することができます。

揚上能力 150/200kg 有効範囲 最低約2、最高約10(mm)

口コミを紹介

材質としては硬めの強化シリコンゴムの中に繊維で補強して、シートを折り畳んだ両面から圧着した構造の、強度、耐久性、耐加重に特性が特化したパルク品です。何気圧まで耐える設計と製造になっているのか確認していませんが空気圧を高めて荷を持ち上げて空気漏れしていなければ品質的には問題ないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

TOWA

20tエアー式 油圧式ダルマジャッキ ジャッキ 手動兼用

機械整備や建築土木作業に20t油圧式ダルマジャッキ

20t仕様で作られているこちらのエアージャッキはパワーに余裕があります。安定力も十分にあるので、力不足を感じることは少ないでしょう。一方で、重量も約17kgと重い方なので、しんどさを感じるケースは出てくるかもしれません。

 

ジャッキを使用する際には、必ず硬い地面で、水平の上に置くようにしてください。不安定な状態で作業するとケガの元になってしまいます。

揚上能力 20t 有効範囲 最高位:510mm

口コミを紹介

これで二台目です。この値段にしてはコストパフォーマンスがいいです。ハスコーのキングピン抜取機とセットで使っています。サイズもばっちり!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

タイヤトラブルなどで活躍

携帯にも便利な入れ物付きで登場しているのが、a-KOGUのエアージャッキです。車のタイヤトラブルや、パンクなどが起きてしまった際に有効的に働いて、しっかりとジャッキアップをしてくれます。

 

ラジアルタイヤからスタッドレスタイヤに変更する時に使えるといった使用方法としても扱えますが、その際はしっかりとジャッキスタンドを挟んで使うようにしましょう。収納や持ち運びにも形状をしており、いざという時のために車両に忍ばせておきたい方におすすめです。

揚上能力 3000kg 有効範囲 52cm

口コミを紹介

車用に購入しましたが、400kgくらいの機械を動かすのに使っています。
その機械は床面との間がせまく、油圧ジャッキなどが入りません。このバルーンで少し持ち上げてジャッキを入れます。
しぼんだ状態では非常に薄くなるので、狭いところに差し込むことができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

PChero

エアーウエッジ ジャッキ エアー (2個セット)

繰り返し使用できてエアコン工事で必須

こちらのエアージャッキは微調整が細かいレベルで行えることが魅力のエアージャッキです。何回も繰り返し使用可能なので、様々な場面で活躍してくれます。耐荷重量も200kgと必要十分です。

 

また、使用前は厚みなく薄いため、収納保管がしやすい形状をしています。エアコンは配管保温工事の際はほぼ必須です。2個セットであり、左右のバランスもよく上げられて、作業も短時間で終えると評価を集めています。

揚上能力 200kg対応 有効範囲 最低約1.5、最高約74(mm)

口コミを紹介

この商品と同等品をエアコン工事用として使用していますが、価格が4倍ぐらいで購入しました。今回購入して使用してみましたが、エアコン専用より使い易いかと思います。家具の移動等でも使用出来そうですし複数持つことで使用範囲は、広がりそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

窓のインロックでも有効的

用途はインロックの解錠や、車のロック解除に用いることができます。重い重量物を持ち上げて移動したり、掃除を行ったりする際にも有効的に使用することができます。

 

使い方は簡単です。ドアの隙間、内張りの隙間へ差し込み、ポンプで空気を送って、膨張させていきます。これだけで、対象物をこじ開けたり、外したりすることができます。

 

年末年始の大掃除で、大きな家財道具を移動させる時にも大変重宝します。ドア、ウインドウを傷つけることなく、解錠工具を差し込むことができるのです。口コミの中には、エアコン室外機の水平微調整時に役立つと高評価です。

揚上能力 最大300kg 有効範囲 最低約2、最高約75(mm)

口コミを紹介

購入してからもう何回も使用してます。
重量80kg~350kgの機器の水平調整をとるときに使用してます。
機器の設置前に、予めライナー等である程度の水平を出しておいて、設置後、こちらのインフレーターを隙間に差し込んで使用してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

200kgの耐荷重で楽々掃除が実現

掃除をするたびに、家具などがあまりにも重いため腰を傷めたり、億劫に感じている方はいませんか。そんな悩みに活躍します。窓を取り付ける時にも窓位置調整に活躍してくれて、窓をより安定化させます。

 

エアーを抜いて調整ができて、何回でも利用できることも評価されています。わずか2mmの幅さえあれば、隙間に入れられてアップさせることができ、オートキーを忘れた時や、車の修理を行いたいときに助けとなってくれます。最大200kgまで上げることが可能です。

揚上能力 最大200kg 有効範囲 最低約2、最高約50(mm)
1位

イチネンTASCO

ウィンバッグ2枚入

ソフトクッションで傷をつけない

エアコンの配管接続などで活躍するコンパクトタイプです。使い勝手がよく家具の移動などにも適します。ウィンバッグを挿入することで、作業スペースを確保します。冷蔵庫・家具・本棚・ロッカーなど幅広く使用することができます。

 

家での作業に使えるアイテムとしてだけでなく、車の板金塗装でのパーツ固定などにも使用することもできます。口コミでも、隠蔽配管のエアコン本体取り付け時にも大活躍して中々使えると高評価です。

揚上能力 100kg 有効範囲 最高50mm

口コミを紹介

こんなもの必要ないってバカにしてましたが、使ってみると最高に便利です!(笑)
隠蔽配管のエアコン本体取り付け時に大活躍してます!

出典:https://www.amazon.co.jp

エアージャッキーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 揚上能力 有効範囲
1
アイテムID:7087220の画像
ウィンバッグ2枚入

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ソフトクッションで傷をつけない

100kg 最高50mm
2
アイテムID:7135484の画像
エアーウエッジ

Amazon

詳細を見る

200kgの耐荷重で楽々掃除が実現

最大200kg 最低約2、最高約50(mm)
3
アイテムID:7087214の画像
エアーインフレーター エアーウエッジ

Amazon

詳細を見る

窓のインロックでも有効的

最大300kg 最低約2、最高約75(mm)
4
アイテムID:7087211の画像
エアーウエッジ ジャッキ エアー (2個セット)

Amazon

詳細を見る

繰り返し使用できてエアコン工事で必須

200kg対応 最低約1.5、最高約74(mm)
5
アイテムID:7087208の画像
3tエアージャッキ(スパイク付)

Amazon

詳細を見る

タイヤトラブルなどで活躍

3000kg 52cm
6
アイテムID:7108527の画像
20tエアー式 油圧式ダルマジャッキ ジャッキ 手動兼用

Amazon

詳細を見る

機械整備や建築土木作業に20t油圧式ダルマジャッキ

20t 最高位:510mm
7
アイテムID:7087202の画像
エアージャッキ

Amazon

詳細を見る

コンパクト、小型、軽量の三拍子揃ったエアージャッキ

150/200kg 最低約2、最高約10(mm)
8
アイテムID:7087200の画像
エアージャッキ

Amazon

詳細を見る

素早く使える便利なエアージャッキ

2t 最低約6.8、最高約18(inch)
9
アイテムID:7146233の画像
エアージャッキ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

様々なシーンで活躍

100kg 最高約50(mm)
10
アイテムID:7087194の画像
エアージャッキ スパイク 3トン

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

人気メーカーアストロ

3t 約52cm円筒形マフラー 直径60mmまで対応
11
アイテムID:7113509の画像
エアージャッキアップ 4個セット

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

収納保管もかさばらないエアージャッキ

200kg
12
アイテムID:7087190の画像
エアージャッキ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

排気ガスを利用しての簡単ジャッキアップ

4000kg
13
アイテムID:7113448の画像
ショートタイプエアージャッキ

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ガレージジャッキの低床タイプ

2000kg 最低約85、最高約500(mm)
14
アイテムID:7087188の画像
油圧エアートラックジャッキ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

大型車輪で移動にも便利

22t 最低約245、最高約490(mm)
15
アイテムID:7087185の画像
エアージャッキ

Amazon

詳細を見る

車のドアロック解除に持っておきたい

100kg 最低約2、最高約10(mm)

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\ご愛顧感謝デー開催中!!/ 楽天 「ジャッキ」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

エアージャッキの使用方法

使用する際は、平坦であって固い地面の上で作業します。そして、まず車両が動かないよう、タイヤ止めを行います。ジャッキポイントにサドルを当て、フロアジャッキのレバーを利用して、ジャッキアップを行っていきます

 

ジャッキアップを行った後、必ずジャッキスタンドで車を支えます。スタンドの高さはジャッキアップした車体に合わせて調整しましょう。

 

そして自分の行いたい作業が終了したら、フロアジャッキがきちんとした位置にあるのかどうかを確認して、ジャッキスタンドを外し、ゆっくりとジャッキを下げていきます。その際も、必ず周囲の安全を確認して行ってください。

エアージャッキの注意する点

フロアジャッキの使い方に注意しておく必要があります。それは、ジャッキアップ中に車が落ちてきて、大事故を引き起こしてしまう可能性があるからです。ですので、傾斜がついていないかどうか、しっかりとまずは確認です。

 

そして、タイヤ止めを利用してしっかり、固定することも忘れずに行いましょう。ですので、車輪止めやジャッキホルダーの準備も忘れずにしておきましょう。

 

また、膨張式の場合は、膨張させたい場所の範囲を確認しておく必要があります。大きさが合っていないと膨らませても合わないことになるからです。そういった部分は、しっかりと抑えて選ぶようにします。

エアージャッキと一緒に用意しておきたいもの

エアージャッキを利用してジャッキアップする際には、ジャッキスタンドと車輪止めは確実に準備しましょう。車輌止めは、車のタイヤが動かないよう固定する道具です。万が一に備えて準備しておくのがいいでしょう。

 

ジャッキスタンドは、ジャッキアップしての作業中に、車と地面の間にはさみます。これらがあることで、安全に作業が行えます。価格もそんなに高くなくて選ぶことができますし、車を所有している方なら長く使い続けることもできるでしょう。

 

下記の記事ではタイヤ止めの人気おすすめランキングを紹介しているのでぜひご参考にしてみて下さい。

まとめ

エアージャッキのおすすめを見てきました。どれも特色のある製品ばかりです。自分が求める用途と車に使用するのなら車高や重量をしっかり把握して購入するようにしましょう。あなたのジャッキアップが非常に楽に行えるようになりますよ。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年11月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【油圧式も!】ジャッキのおすすめ人気ランキング16選【フロアからガレージまで!】

【油圧式も!】ジャッキのおすすめ人気ランキング16選【フロアからガレージまで!】

工具
腰袋のおすすめ人気ランキング18選【かっこいいものや小さめも紹介】

腰袋のおすすめ人気ランキング18選【かっこいいものや小さめも紹介】

作業服・装備品
【研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【美味しい!】

【研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【美味しい!】

レトルト・惣菜
エアーマットのおすすめ人気ランキング20選【自動膨張するタイプも!】

エアーマットのおすすめ人気ランキング20選【自動膨張するタイプも!】

布団・寝具
100人に調査|家庭用金庫の人気おすすめランキング21選【金庫に見えない金庫も】

100人に調査|家庭用金庫の人気おすすめランキング21選【金庫に見えない金庫も】

防犯グッズ
【タイヤ交換に!】トルクレンチのおすすめ人気ランキング20選【オートバックスも!】

【タイヤ交換に!】トルクレンチのおすすめ人気ランキング20選【オートバックスも!】

工具