【2021年最新版】カラーバターの人気おすすめランキング15選【使い方もご紹介!】

記事ID5881のサムネイル画像

カラーバターとは自宅でトリートメントをしながら髪色を変えられるアイテム。美容室だけでなくドンキや通販でも手に入り、組み合わせて気軽に使えるのも魅力です。アッシュ系やシルバー系に青やピンクなどカラーも豊富。今回はカラーバターの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

色見本をしっかりチェック!カラーバターでキレイな髪色に

カラーバターは一般的なヘアカラーと違い、髪の毛自体の色が変わるわけではありません。髪の毛の上にカラー剤を塗って染めるタイプとなっています。カラーバターは髪が傷みにくくトリートメント効果を期待できるところが魅力的ですよね。

 

そんなカラーバターは通販やネットショッピングでも気軽に購入することができます。気分によって髪色を変えたり部分的に染めたりと用途も幅広いです。しかし、せっかく購入したのに思っていたのと色が違っていたら意味がありません。色見本もしっかりチェックしておく必要があります。

 

そこで今回は、カラーバターの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは、内容量色・使いやすさなどを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

カラーバターとは?色持ちは?黒髪にも使える?

カラーバターとは、トリートメントにカラーが入っていることで髪が傷みにくいという特徴のあるアイテムです。染める際の髪へのダメージが気になる方におすすめ。気軽に手に入れられることから、自分で髪を染める時に使いやすかったりコスパが良かったりという点が魅力です。

 

一方で、カラーバターはどちらかと言うと一時的に髪を染めたい時に使用するものなので色持ちはあまり期待できません。個人差はありますが、何度か髪を洗うと落ちてしまうでしょう。逆に色が落ちていく時のグラデーションを楽しむことができます。

 

カラーバターは黒髪には向いておらず色が入りにくくなっています。トリートメントしながらヘアカラーをしていくので、一から染めていく黒髪よりも明るい髪色やブリーチした髪の方が色は入りやすいです。

カラーバターの選び方

カラーバターは種類も多く選ぶのが難しいですよね。カラーはもちろん、髪のダメージを補修できるかなど選び方のポイントを押さえておきましょう。

目的に合わせて選ぶ

自宅で髪を染める際に購入を検討するカラーバター。同じようなものにヘアカラートリートメントというものがあります。違いを把握して自分の使用用途に合ったものを選びましょう。

髪全体を染めたい方には「ヘアカラートリートメント」

ヘアカラートリートメントはチューブタイプのものが多く、テクスチャーの伸びも良いので髪全体を染める際に適しています。一方で、チューブタイプだとつい量を出し過ぎてしまうこともあるので注意が必要です。

 

下記の記事では、ヘアカラートリートメントについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

髪を部分的に染めたい方には「カラーバター」

カラーバターは容器に入っているものが多く、ヘアカラートリートメントと比較するとテクスチャーも固めなので髪を部分的に染める際に適しています。テクスチャーが固い分、髪によく密着して色もつきやすいという特徴があります。塗り広げるのには少々苦戦するかもしれません。

容器で選ぶ

カラーバターを選ぶ時にポイントの一つとなるのが容器の種類です。主に「チューブタイプ」「ジャータイプ」「ボトルタイプ」があるのでそれぞれの特徴を押さえておきましょう。

気軽に使えて持ち運びもできる「チューブタイプ」

チューブタイプのカラーバターであれば、自分の必要な量だけをそのまま押して出すことができるので気軽に使えて便利です。減り具合も分かりやすいのが嬉しいポイント。持ち運びもしやすいので外出先で必要な場合におすすめです。

一般的な「ジャータイプ」は使いやすくて便利

カラーバターとして一般的なものがジャータイプの容器です。指で適切な量をすくって取ることができます。また、蓋を開けて置いておけば髪を染める作業中にも使いやすくて便利です。一方で、空気に触れる部分も多いので雑菌が繁殖しないように注意が必要です。

お風呂場でも保管しやすい「ボトルタイプ」

ボトルタイプのカラーバターはあまり販売されていませんが、滑らかなテクスチャーのものが入っていることが多いです。ボトルタイプならお風呂場に保管しておくこともできるのが魅力的です。

 

下記の記事では、カラーシャンプーについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

色で選ぶ

カラーバターを選ぶ時には、自分の今の髪色と組み合わせてどんな発色になるかを確認しておくと良いでしょう。どの程度ブリーチしているかによって発色も変わってきます。

落ち着いた雰囲気が好みなら「アッシュ系」

アッシュ系のカラーは、髪色をくすませて落ち着いた雰囲気にしてくれます。明るい色のヘアカラーをしている場合でも、アッシュカラーを上から加えることで雰囲気のある髪色になるでしょう。

 

アッシュは元々グレーに近い色なので少し色味をつけてもおしゃれです。アッシュ系のピンク・アッシュ系のグリーン・アッシュ系のブルーなどでも、鮮やかな色ではなく落ち着いた雰囲気に染めることができます。

ツヤ感のある髪色が好みなら「シルバー系」

シルバー系の髪色は、金髪とは違う上品な発色が特徴です。白に近い状態にまでブリーチしただけでもシルバーに近くはなりますが、染めた時のようなきれいさはありません。ツヤ感のあるシルバーにしたい場合には、カラーバターで染めるのがおすすめです。

 

他の色と混ぜて使ってもきれいな色になりやすいです。シルバーはグレーっぽい雰囲気の色になりますので、髪色を少しくすませたいという時にも活躍するでしょう。鮮やかな色と混ぜて使いやすいです。

染まりやすい色味なら「ピンク系」

ピンク系のカラーは髪に色が入りやすいのが特徴です。ブラウンやオレンジなど染まりやすい色味はほかにもありますが、ピンクのカラーバターは鮮やかな色からくすみ系までニュアンスをつけやすいのが魅力でしょう。

 

白のカラーバターと混ぜれば、かなり薄いピンクの髪色になります。白に近い色に脱色して染める場合や暗めのブラウンにカラーを入れた場合など、色のバリエーションが豊富で雰囲気の違いを楽しめます。

色の変化を楽しみたいなら「青系」

青系のカラーバターは、明るく染めた髪色でも暗めの落ち着いた雰囲気に変えることができます。元々髪は少し明るく染めるとブラウンやオレンジに近い色になるのですが、そこに青色を加えることで髪色がくすみアッシュ系のおしゃれな色になります。

 

今っぽい印象のアッシュ系カラーにして楽しむこともできますし、白に近い色にまでブリーチすると非常に鮮やかな青色が出ます。絵の具のような鮮やかな原色を出すこともできるのでさまざまな色の変化を楽しめるでしょう。

はっきりとした鮮やかな色が好みなら「グリーン系」

グリーン系のカラーバターは、青系よりも染まりやすいのが特徴です。はっきりとした鮮やかな色にしたい場合にはブリーチを複数回重ねて白に近くする必要がありますが、グリーンであれば金髪程度の色素が少し残った状態でも綺麗に染まります。

 

茶色など暗めの髪色の上から染めると落ち着いた雰囲気のくすんだ色になります。髪色によってはアッシュ系のおしゃれな色にできるでしょう。鮮やかな色になるわけではありませんがブルー同様くすみんだ色を出すこともあります。

明るい雰囲気から落ち着いた雰囲気まで幅のある「ブラウン系」

ブラウン系の髪色は初心者でも試しやすくて人気のカラーです。黒髪からまず染めるのがブラウン系という方も多いのではないでしょうか。ブラウン系と言ってもその色の幅は広く、明るめの色であれば黒髪とは全く違った雰囲気になります。

 

一方で、暗めのブラウンであれば落ち着いた印象ながらも雰囲気を変えることができるでしょう。奇抜な髪色にはしたくないという方にはおすすめです。

トリートメント効果を期待するなら「成分」を確認する

トリートメントにカラー剤が入っているカラーバターは、基本的には髪へのダメージを軽減してくれる成分が配合されています。

 

セラミド配合のものやカチオン化グアー配合のものなど、髪のパサつきや光沢感を出したいといった髪の悩みに応じて選ぶと良いでしょう。ホホバオイルなどが配合されて保湿効果を期待できるものもチェックしてみましょう。

「染料の種類」をチェック

カラーバターに含まれている染料は、主に「塩基性染料」と「HC染料」の2種類です。塩基性染料は色落ちしにくいのが特徴ですが、色の種類はあまりありません。一方でHC染料は色の種類は豊富で色の定着も早いですが、色落ちしやすいという側面があります。

 

これらの染料を組み合わせているものもあるので、それぞれの特徴を押さえた上でメリットの大きい方を選ぶと良いでしょう。植物染料を配合しているものもあります。

コスパで選ぶ

カラーバターは日数が経過すると色落ちしてきますので、コスパが良いものを選ぶことで継続して使いやすいです。

髪色をキープしたいなら「大容量」のものを

しっかりと染料で染まった髪色をキープしたい場合には、一定期間を置きながらカラーリングを繰り返す必要があります。そんな時には大容量のカラーバターがおすすめです。通常サイズよりもコスパ良く手に入れることができるでしょう。

 

ロングヘアの場合は特に容量が多いカラーバターを選ぶと良いです。はじめから大容量のサイズを選ぶのは避けた方が良いので、お試しサイズで染めた後の髪色を確認しておくと失敗がありません。

鮮やかな発色にこだわるなら「高価」なものを

カラーバターは、価格が高めなもののほうが発色がきれいに出やすいです。そのためしっかり鮮やかな色を出したい場合には、低価なものは避けた方が良いでしょう。価格を抑えたカラーバターは発色が控えめになるものが多いようです。

 

ダーク系の色であっても染料の色をそのまま出したいなら、複数回ブリーチをする必要がでてきます。鮮やかな発色にこだわるのであれば、しっかりと色が入る価格が高めのカラーバターを選ぶのがおすすめです。

メーカーで選ぶ

カラーバターを生産しているメーカーはさまざまですが、有名なのは「エンシェールズ」と「マニックパニック」です。これらはカラーバリエーションが多く、初心者でも使いやすいです。

カラーバリエーションが豊富で有名な「エンシェールズ(Ancels)」

エンシェールズのカラーバターの特徴は、鮮やかな色だけではなくアッシュなどのくすみ系の色も豊富なところです。シルバー系やブラウン系などの使いやすい色もあります。成分の90%がトリートメント出てきていて傷んだ髪に優しいのも魅力です。

 

カラーバターの色を薄める専用の白いトリートメントがあるのも特徴です。少量が入ったお試しサイズのカラーバターもありますので、色を混ぜてオリジナルの髪色を作ってみるのもおすすめです。

発色の良さが魅力的な「マニックパニック(MANIC PANIC)」

マニックパニックのカラーバターは、原色のように発色の良いカラーが多いのが特徴です。アメリカのメーカーになりますので、ハリウッド女優やモデルなど有名セレブが使っているということでも注目されています。

 

アッシュ系やシルバー系などのくすんだ色はありませんが、はっきりした鮮やかな色味が多いのが特徴になっています。髪の色を白に近い状態にまでブリーチしたら非常に強い色が出せるのが魅力です。

チューブタイプのカラーバター人気おすすめランキング3選

3位

エンシェールズ

すぐとれ茶

価格: 4,360円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トリートメントしながら暗い茶色に染められるカラーバター

ブリーチした色にこちらのブラウンカラーを入れるとはっきりした茶色に染まります。普段ブリーチをした髪の毛に鮮やかな色を入れていても、こちらのカラーを使うことで一時的に髪を暗い茶色にすることができます。

 

または他の色と混ぜて使ってみても良いかも知れません。同じシリーズのカラーバターはバリエーションが豊富なので、好みの色と混ぜて使うとオリジナルのニュアンスカラーが作れるでしょう。

内容量 300g カラー ブラウン系

口コミを紹介

自分でも簡単にカラーすることができて、色もしっかり入りました。髪の毛もサラサラで痛まずに済んだので色ともに満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

株式会社エルコス

アスカラーバター ライトブラウン

価格: 1,999円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナチュラルに髪色が変わるカラーバター

髪色は軽く変わるくらいです。激しく髪色が変化することはありませんので、ナチュラルな印象のヘアカラーをしたい場合にはおすすめです。黒髪の上から染めると、よく見たら髪色が変わっている程度の仕上りです。

 

髪の毛に対して軽い色付きになるヘアカラーのため、タオルや衣類にヘアカラーの色がつかないのもメリットです。全く色がつかないわけではありませんが、他のカラーバターのようにタオルや衣類に色がつかないように配慮する必要がありません。

内容量 200g カラー ブラウン系

口コミを紹介

染める時間は多少長めですが、なんといっても傷みが最小限ってかんじがします。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

NILS(ニルズ)

カラーバター ニルカラー プリンセスグレージュ

価格: 2,400円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美容師の現場ニーズに応えた塩基性カラートリートメント

美容師の現場ニーズに応えて、よりヘアサロンで使いやすい使用感を追求したカラートリートメントです。髪のダメージをケアしながらカラーリングができ、アミノ酸系セラミドや保湿成分が配合されています。

 

グリセリンやカチオン化グアーも配合しており、より美しくカラーリングをすることができるでしょう。カラー剤独特のツンとした匂いがなく、フローラルな香りがするのも特徴となっています。

内容量 220g カラー グレージュ系

口コミを紹介

美容院でインナーカラーをした時の色が色落ちしてきたので購入しました。髪が明るければ明るいほど発色と色持ちが良いみたいですが思ったより染まり満足です。あと良い香りでした。チューブタイプで衛生的で使いやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

チューブタイプのカラーバターおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7208413の画像

    NILS(ニルズ)

  • 2
    アイテムID:7163624の画像

    株式会社エルコス

  • 3
    アイテムID:7163612の画像

    エンシェールズ

  • 商品名
  • カラーバター ニルカラー プリンセスグレージュ
  • アスカラーバター ライトブラウン
  • すぐとれ茶
  • 特徴
  • 美容師の現場ニーズに応えた塩基性カラートリートメント
  • ナチュラルに髪色が変わるカラーバター
  • トリートメントしながら暗い茶色に染められるカラーバター
  • 価格
  • 2400円(税込)
  • 1999円(税込)
  • 4360円(税込)
  • 内容量
  • 220g
  • 200g
  • 300g
  • カラー
  • グレージュ系
  • ブラウン系
  • ブラウン系

ジャータイプのカラーバター人気おすすめランキング12選

12位

クリップジョイント

エンシェールズ オーシャンブルー

価格: 2,114円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鮮やかな青色になるカラーバター

発色がよく鮮やかな色のブルーになるカラーバターです。白にまで近い色にブリーチをした後は、蛍光色のようなきれいな青色になります。金髪に近い色で染めても鮮やかな青緑に染まります。香りもほとんどないので、カラー材のにおいが苦手な人にもおすすめです。

 

髪を明るくブリーチしていない状態でカラーリングしても薄いブルーに染まります。色は目立ちにくくなりますが、光が当たると青く見えるおしゃれなダーク系のヘアカラーになります。普段使っているトリートメントと混ぜて使っても良いでしょう。

内容量 200g カラー ブルー系

口コミを紹介

ブリーチ2回の黄味が強い金髪に使用したところ、エメラルドグリーンのような色になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

MANIC PANIC JP

ヴァンパイアレッド

価格: 2,115円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかりした強い赤色が入るのが特徴

鮮やかな赤色に染まるカラーバターです。ブリーチを2回ぐらいして、ある程度軽くなった髪の毛に染めてもきれいな色に仕上がります。くすんだ色やナチュラルなブラウン系のレッドとは違い、はっきりとした強い赤色になります。

 

 ブリーチを複数回しなくても、髪の毛に赤色がしっかり出ます。白に脱色して染めた場合ほどではありませんが、少し明るい程度の茶色っぽい色であればかなり染まるでしょう。お風呂の時には赤い染料がタオルに着きますので、暗い色のタオルを使うと良いです。

内容量 118ml カラー レッド系

口コミを紹介

今回のヴァンパイアレッドは、少量でも白髪が真っ赤になり満足です。ただ、光が当たると黒髪まで赤く見えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

クリップジョイント

エンシェールズ ヘンプグリーン

価格: 2,380円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明るく薄い印象の緑色に染まる

きれいにブリーチした髪の毛で染めると、そのままの色に近い明るい緑色になります。少し髪の毛の色を明るくしているだけの状態でも、はっきり色が入ります。 強い緑というよりは薄いグリーンに近い色味になっています。

 

黒または茶色の髪にこちらのカラーバターを入れると、少しくすんだような暗い色に染まります。元々の色の薄いグリーンにはなりませんが、暗い色の髪の毛の赤みを抑えるためにも使えるカラーでしょう。

内容量 200g カラー グリーン系

口コミを紹介

10分くらいでしっかり色が入りますが、素の色通りかなり緑です。色素の薄い部分には短時間でかなり色が入るので要注意

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

クリップジョイント

エンシェールズ ショッキングパープル

価格: 2,252円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

青みがかったミステリアスなパープルになる

青みがかったパープルのカラーバターです。しっかり発色させるには数回ブリーチをして、白に近い状態にまで髪の色を抜いた方が良いでしょう。茶色の色素が残っている状態で染めると、赤みがかったパープルに近くなる場合があります。

 

暗い状態の髪に染めてもパープルの色が入ります。鮮やかなパープルになるわけではありませんが、黄みがかった髪の色を抑えられるかもしれません。茶色の髪に染めるとボルドーに近い色になりやすいです。

内容量 200g カラー パープル系

口コミを紹介

色がしっかり入る!元々色が入りにくいのですが、ちょっと放置しただけでガッツリ色が入りました!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

MANIC PANIC JP

レッドパッション

価格: 2,202円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽い印象の明るい赤色になるカラーバター

ピンクっぽい印象の軽い赤色が入ります。鮮やかすぎる赤ではなく、軽い印象の赤色にしたいという場合にはおすすめです。髪色はしっかりブリーチをして明るいくしておいたほうが色が出やすいです。

 

鮮やかなカラーではありますが、絵の具のような強い赤色ではありません。女性が使うとかわいい印象になりやすいでしょう。激しい原色でないので、キュートな雰囲気の優しい赤色になります。

内容量 118ml カラー レッド系

口コミを紹介

トリートメントなので傷む事もなく、とてもよかったですが、思った以上に派手な色でした(笑)

出典:https://review.rakuten.co.jp

7位

クリップジョイント

エンシェールズ アジアンブラック

価格: 6,500円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明るい髪色でもしっかり黒に染まる

明るい髪色にブリーチしていても黒く染まります。髪の色をしっかり深い黒にしたい場合にはおすすめです。髪色によっては青みがかった黒や緑がかった黒になることもあるようですが、カラーリングの時間を長めに置くことで改善できるでしょう。

 

ナチュラルな黒髪というよりは、染料で染めた時独特の真っ黒な髪色になります。1週間から2週間でカラーは落ちてきますが、 アジアンブラックは強い黒なのでしばらく色は残ります。気分を変えたい時や一時的に黒く染める必要がある時におすすめです。

内容量 200g カラー ブラック系

口コミを紹介

アジアンブラック字の如く、金から真っ黒に染まり、大満足です

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

MANIC PANIC JP

ショッキングブルー

価格: 2,200円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

紫っぽい青に染まる

ダーク系のブルーに染まります。こちらのシリーズはブルーのカラーバリエーションが多いですが、 ショッキングブルーは少し深みがある紫っぽい青で人気です。2週間ぐらい経過すると色が落ちてきてアッシュ系の髪色になります。

 

金髪・明るい茶色などの上から染めると、髪色を染めた直後は鮮やかなブルーですが、1週間2週間と経過するなかで青緑っぽい印象になってきます。 発色は良いのですが、鮮やかな青というよりは少し暗めのブルーです。

内容量 118ml カラー ブルー系

口コミを紹介

金髪まで脱色した髪に使いました。発色は良く、キレイな青になりました!トリートメントにもなって良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

クリップジョイント

エンシェールズ ベイビーピンク

価格: 4,680円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かわいい印象の鮮やかなピンク色になる

髪の毛を白に近い状態にまでブリーチするとヘアカラーそのままの色が出ます。かなり鮮やかなピンク色ですが、カラーが髪の毛に入りやすいのも特徴でしょう。鮮やかすぎる色が苦手な場合にはホワイトと混ぜて使うのがおすすめです。

 

明るい茶色や金髪の上から染めると、少しくすんだような大人っぽいピンク色になります。黒髪の上から染めるとなかなか分かりづらいですが、少し明るく脱色した髪に使うとニュアンスのある暗めのピンク系にあるでしょう。

内容量 200g カラー ピンク系

口コミを紹介

びっくりするくらいキレイな発色で大満足です。髪もサラサラになります。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

クリップジョイント

エンシェールズ チェリーピンク

価格: 2,135円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

くすんだ感じのピンクっぽい赤色になる

ピンク色に近いくすんだ赤色に染まります。鮮やかな赤色ではありませんが、少しニュアンスのあるきれいな赤色です。白に近いところまでブリーチすると鮮やかな色が入ります。暗めの色の上から染めたら落ち着いた大人っぽい雰囲気の赤になります。

 

濃いめのピンクに近い色でもあるのでかわいい雰囲気です。カラーバターそのままの色が強すぎると思った場合は、白のカラーバターを混ぜてみるとくすんだ感じの薄いピンク色になるでしょう。

内容量 200g カラー ピンク系

口コミを紹介

ハイブリーチした前髪にはかなり鮮やかなチェリーピンクに発色しましたが、トーンを落とした襟足にはシブい大人なレッドになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

クリップジョイント

エンシェールズ プラチナシルバー

価格: 4,506円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

白に近い状態にまでブリーチするときれいに染まる

白に近い色にまでブリーチして染めるときれいなシルバーが入ります。 ブリーチは数回繰り返すと髪が傷んで切れることがありますが、こちらのカラーバターであればトリートメントが入っていますので髪の傷みを保護してくれるでしょう。

 

髪の毛にきれいにシルバーを入れるためには、金髪のままでは難しく、白に近い状態にまで脱色する必要があります。かなり髪が傷む可能性が高いので、シルバーに染めたい場合にはこちらのカラーバターを使うのがおすすめです。

内容量 200g カラー シルバー系

口コミを紹介

ホワイトブリーチ、オキシ6% 30分2回後、ムラシャンパック30分、この時点で真っ白、その後の使用でプラチナシルバーになりました。髪質にもよりますが、自分には怖いくらいにシルバーになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

クリップジョイント

エンシェールズ ダークシルバー

価格: 2,000円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グレーに近い落ち着いた髪色に染まる

金髪に近い状態にまでブリーチして染めるとグレーっぽいシルバーの色がきれいに入ります。真っ白に近い状態にして染めると鮮やかなシルバーになります。ちょっと暗めのシルバーのためグレー系の髪色に近いでしょう。

 

明るい髪色をくすませるためにも使えます。ヘアカラーはオレンジ・ピンク・ブラウンなど色々とありますが、髪が明る過ぎると思う場合はこちらを使うのをおすすめします。髪の毛全体が暗めのトーンになり、くすみ系独特のニュアンスが出ます。

内容量 200g カラー シルバー系

口コミを紹介

ブリーチを5回以上しているためか濃く入りすぎて最初は黒かな?と思いますが色が抜けていくうちに灰っぽくなります

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

クリップジョイント

エンシェールズ アッシュミルクティー

価格: 1,820円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柔らかい雰囲気のアッシュになるのが特徴

ミルクティーのイメージ通り、明るく茶色っぽいアッシュになります。こちらのカラーバターは色が明るいので、 複数回ブリーチをして金髪や白に近い状態にして染めるのおすすめです。柔らかくて優しい印象の髪色になります。

 

他のカラーバターとミックスして使うのもおすすめです。鮮やかな色と混ぜてみると、柔らかく薄めのカラーになるでしょう。暗めの髪色にしたい場合にもこちらのカラーバターと混ぜて使うとくすみやすいです。

内容量 200g カラー アッシュ系

口コミを紹介

アッシュミルクティーはある程度茶髪なのかな?と思ったら意外にそうでもなくて、これじゃないと出せない様な金髪よりの茶髪でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

ジャータイプのカラーバターおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7163645の画像

    クリップジョイント

  • 2
    アイテムID:7163639の画像

    クリップジョイント

  • 3
    アイテムID:7163636の画像

    クリップジョイント

  • 4
    アイテムID:7163633の画像

    クリップジョイント

  • 5
    アイテムID:7163630の画像

    クリップジョイント

  • 6
    アイテムID:7163627の画像

    MANIC PANIC JP

  • 7
    アイテムID:7163621の画像

    クリップジョイント

  • 8
    アイテムID:7163618の画像

    MANIC PANIC JP

  • 9
    アイテムID:7163615の画像

    クリップジョイント

  • 10
    アイテムID:7163609の画像

    クリップジョイント

  • 11
    アイテムID:7163606の画像

    MANIC PANIC JP

  • 12
    アイテムID:7163603の画像

    クリップジョイント

  • 商品名
  • エンシェールズ アッシュミルクティー
  • エンシェールズ ダークシルバー
  • エンシェールズ プラチナシルバー
  • エンシェールズ チェリーピンク
  • エンシェールズ ベイビーピンク
  • ショッキングブルー
  • エンシェールズ アジアンブラック
  • レッドパッション
  • エンシェールズ ショッキングパープル
  • エンシェールズ ヘンプグリーン
  • ヴァンパイアレッド
  • エンシェールズ オーシャンブルー
  • 特徴
  • 柔らかい雰囲気のアッシュになるのが特徴
  • グレーに近い落ち着いた髪色に染まる
  • 白に近い状態にまでブリーチするときれいに染まる
  • くすんだ感じのピンクっぽい赤色になる
  • かわいい印象の鮮やかなピンク色になる
  • 紫っぽい青に染まる
  • 明るい髪色でもしっかり黒に染まる
  • 軽い印象の明るい赤色になるカラーバター
  • 青みがかったミステリアスなパープルになる
  • 明るく薄い印象の緑色に染まる
  • しっかりした強い赤色が入るのが特徴
  • 鮮やかな青色になるカラーバター
  • 価格
  • 1820円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 4506円(税込)
  • 2135円(税込)
  • 4680円(税込)
  • 2200円(税込)
  • 6500円(税込)
  • 2202円(税込)
  • 2252円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 2115円(税込)
  • 2114円(税込)
  • 内容量
  • 200g
  • 200g
  • 200g
  • 200g
  • 200g
  • 118ml
  • 200g
  • 118ml
  • 200g
  • 200g
  • 118ml
  • 200g
  • カラー
  • アッシュ系
  • シルバー系
  • シルバー系
  • ピンク系
  • ピンク系
  • ブルー系
  • ブラック系
  • レッド系
  • パープル系
  • グリーン系
  • レッド系
  • ブルー系

組み合わせレシピも!色落ちまで楽しめるカラーバターの使い方

自宅でカラーバターを使用して髪を染める際は、その使い方もしっかり把握しておきましょう。まずは、手袋・コーム・ラップ(ヘアキャップ)・タオル・ワセリン・ドライヤーなど必要なものを万全に用意した状態でヘアカラーに取り掛かるようにすることが大切です。

 

使い方としては、髪をしっかり洗って水分を拭き取った後で手袋をしてからカラーバターをムラなく髪に揉み込んでいきましょう。そうして塗り終わったらラップを巻くなどして一定時間放置して、ラップを外した後も5分程度放置します。終わったらしっかりと洗い流して乾かしましょう。

 

さらに、カラーバターは単色だけでなく色を組み合わせて使用することもできます。レシピも多数紹介されているので、自分好みの色を作りたい方はレシピを参考にオリジナルカラーを作ると良いでしょう。また、カラーバターは色落ちの状態をグラデーションとして楽しむこともできます。

白髪染めからアッシュパープルまで!カラートリートメントもチェック

カラーバターと同様にカラーしながらも髪への負担を軽減してくれるカラートリートメント。髪の全体をムラなく染めやすいので白髪染めにもおすすめです。また、カラーバリエーションも豊富なのでアッシュパープルなどの色味を楽しむこともできます。

 

以下の記事では、カラートリートメントと白髪染めトリートメントの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

発色の良さを重視するならヘアマニキュアも!

ヘアカラーにおいて発色の良さをより重視するのであれば、カラーバターやヘアカラートリートメントよりもヘアマニキュアがおすすめです。髪の表面に浸透することで髪にしっかりと色がついてくれます。髪をコーティングして色が残りやすいのも特徴です。

 

一方でヘアマニキュアはその着色性の高さから、誤って皮膚や衣類についてしまうとなかなか落ちません。使用する際には注意が必要です。以下の記事では、ヘアマニキュアの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

カラーバターは自宅で好みの髪色に染められることやトリートメント効果を期待できるのが特徴です。種類によっては色を混ぜて好みの髪色にカラーリングすることもできます。理想の色が出るカラーバターを選んで、ぜひ髪色の変化を楽しんでみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月12日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】ヘアピンの人気おすすめランキング15選【前髪にも】

【2021年最新版】ヘアピンの人気おすすめランキング15選【前髪にも】

アクセサリー・ジュエリー
シュシュの人気おすすめランキング15選【髪型をおしゃれに】

シュシュの人気おすすめランキング15選【髪型をおしゃれに】

アクセサリー・ジュエリー
今治タオルの人気おすすめランキング15選【ハンカチやフェイスタオル】

今治タオルの人気おすすめランキング15選【ハンカチやフェイスタオル】

日用品
【2021年最新版】シザーケースの人気おすすめランキング15選【可愛い】

【2021年最新版】シザーケースの人気おすすめランキング15選【可愛い】

ヘアケア・スタイリング用品
ヘアゴムの人気おすすめランキング15選【おしゃれでかわいい】

ヘアゴムの人気おすすめランキング15選【おしゃれでかわいい】

ヘアケア・スタイリング用品
【2021年最新版】ハンドルカバーの人気おすすめランキング17選

【2021年最新版】ハンドルカバーの人気おすすめランキング17選

カー用品