高騰する電気代を抑えよう! お得な省エネ暖房器具15選

記事ID57640のサムネイル画像

家電製品の技術革新が進む現代でも、冬の電気代は高額になりがちです。今回は、価格高騰に負けずに電気代を抑えたい方に向けて、わかりやすい節約方法と省エネ暖房器具を紹介します。光熱費を上手に節約できれば、日常生活をより豊かにするのも夢ではありません。

冬の電気代はなぜ高額?どうやって節約すればいい?

家電製品の技術革新が進む現代でも、冬の電気代は高額になりがちです。これは、屋外との気温差によって「冷房よりも暖房費がかさみやすい」といった理由があります。そのため、寒い季節になると電気代の高さに毎年ウンザリしてしまう方もしばしばです。

 

また、昨今は石炭・液化天然ガスの価格高騰に伴い、電気代の値上げに踏み切る電力会社もあります。このような状況下では、「冬の電気代を節約したい!」「暖房費を抑える方法を知りたい!」と考える方も多いかもしれません。

 

今回は、価格高騰に負けずに電気代を抑えたい方に向けて、わかりやすい節約方法と省エネ暖房器具を紹介します。光熱費を上手に節約できれば、日常生活をより豊かにするのも夢ではありません。

家電別の暖房費を公開!一番電気代が安い暖房器具は?

ひと口に「暖房器具」といっても、エアコンやヒーターなどその種類はさまざまです。暖房費の節約を検討する前に、まずは「暖房器具の種類」と「大まかな電気料金」を把握しておきましょう。一般家庭向けの暖房器具と電気料金は以下の通りです。

 

暖房器具 消費電力(W) 1時間あたりの電気代 1ヶ月の電気代
エアコン 450~1,500 約12~40円 約2,880~9,600円
電気ストーブ 300~1,000 約8~30円 約1,920~7,200円
オイルヒーター 350~1,200 約9~35円 約2,160~8,400円
こたつ 100~200 約3~6円 約720~1,440円
ホットカーペット 100~500 約3~15円 約720~3,600円

 

いずれも「電気で発熱をする」といった点は同じですが、消費電力が異なるため、電気代に大きな差が乗じます。したがって、暖房費を抑えるには「どの暖房器具を使用するか」を明確にしておくのが不可欠です。

暮らしに合わせて最適な暖房器具を選ぼう!

結論からいえば、暖房器具は「生活スタイルに合わせて選ぶ」のが理想です。以下では、暖房器具別の大まかな特徴と、おすすめをする方について詳しく解説をします。

 

「エアコン」は最強の暖房器具!高出力で安全!

エアコンは、数ある暖房器具の中でも最も高出力で、部屋全体を万遍なく温められる点に秀でています。加えて、エアコンには直接的な熱源に触れる心配が少ないため、安全性の高さにおいても申し分ありません。

 

優れた汎用性から、子供のいる世帯や1人暮らしの方など、生活スタイルに関わらず活躍が期待できます。おまけに、和室や洋室などを問わずオールマイティな環境に対応している点もエアコンの魅力です。

 

6畳や8畳など、部屋の広さに合わせたものを選択しやすいのもポイントといえます。反面、エアコンは暖房器具の中でも電気代が発生しやすい欠点があります。そのため、暖房にエアコンを利用する際は、省エネできる工夫・器具の選択が不可欠です。

「電気ストーブ」は素早く暖まるのが魅力

電気ストーブは、電源を入れてから暖まるまでの時間が早く、すぐに暖を取れる暖房器具です。部屋(空間)を温める能力こそエアコンに劣りますが、特定のスポットを素早く温められる点に優れています。

 

とりわけ、キッチンや流し場、トイレなどをピンポイントで温めなら電気ストーブがおすすめです。また、6畳前後の空間なら電気ストーブでも十分に賄いやすく、1人暮らしの方にも向いています。

 

ちなみに素材や発熱方法によって、電気ストーブは「ハロゲン」や「カーボン」などの種類が存在します。電気料金を抑える目的であれば、カーボンヒーターがおすすめです。カーボンはエネルギー効率に優れているため、少ない電力で高い出力で熱を発生させます。

「オイルヒーター」は空気乾燥しにくいのがメリット

オイルヒーターは、温めたオイルを対流させて熱を発生させる暖房器具です。暖まるスピードが遅いデメリットこそありますが、エアコンのように熱風を発生させないため、部屋の空気を乾燥させにくい利点があります。

 

とくに、乾燥に苛まれやすい冬の季節において、オイルヒーターは相性のいい暖房器具です。乾燥肌に悩んでいる方はもちろん、加湿器を持っていない方にも推奨できます。広域を温められるので、部屋全体を暖房するのに最適です。

 

なお、オイルヒーターは石油ストーブのように燃料の補充・交換が不要です。暖房器具のお手入れが手軽に行いやすいため、メンテナンスの頻度を少なくしたい方もオイルヒーターが適しています。

「こたつ」は電気代が安い!テーブルとしても使用可!

こたつは、1時間あたりの電気代が3円~6円と安く、コスト面においてとても優れた暖房器具です。サイズも大型や小型を選びやすく、どんな家庭にもマッチする点から、エアコンと並んで高い人気があります。

 

テーブルと兼用できるので、狭い部屋でも手軽に設置できるのもポイントです。また、こたつはデザイン性に優れたものが多く、丸形や角形、椅子に座って使えるハイタイプなどが存在します。暖房器具と併せて、部屋を彩るインテリアとしても重宝する存在です。

 

ただし、こたつは部屋全体を温められないため、メインの暖房器具としてはあまりおすすめできません。使用の際は、エアコンやヒーターなどほかの暖房器具と併用するのをおすすめします。

「ホットカーペット」は収納性が抜群!床冷え対策にも

ホットカーペットは、エアコンやストーブではカバーしにくい足元を温められる点に優れています。電気代はこたつと同程度に安く、温められる範囲を設定できるものであれば、より効果的な節約が可能です。

 

フローリングや畳を広域にわたって温められるため、床冷え対策には最適な暖房器具といえます。おまけに、ホットカーペットは畳んで収納できるので、オフシーズンでも邪魔になりません。経済性と収納性のどちらにおいても秀でています。

 

反面、温められる範囲は足元に限られるので、こたつと同じくほかの暖房器具との併用がおすすめです。冷え性を軽減したい方や部屋にこたつを設置できない方などは、ホットカーペットが適しています。

【まとめ】最適な暖房器具の選び方

暖房器具 おすすめの方
エアコン

・部屋全体を効率よく温めたい方

・安全性の高い暖房器具を導入したい方

電気ストーブ

・キッチンや流し場などを温めたい方

・6畳前後の部屋に暖房器具を設置したい方

オイルヒーター

・冬の乾燥肌に悩んでいる方

・耐久性の高い暖房器具を探している方

こたつ

・足元をピンポイントに温めたい方

・テーブルと暖房器具を兼用したい方

・エアコンやストーブだけでは暖房が不十分な方

ホットカーペット

・部屋の床冷えを解消したい方

・収納性の高い暖房器具を探している方

・エアコンやストーブだけでは暖房が不十分な方

 

暖房器具別の特徴をまとめると、最適な暖房器具の選び方は上記の通りになります。これらを参考に、住宅環境や目的に応じた暖房器具を選んでください。以下の項からは、暖房費の具体的な節約方法や暖房器具の効果をアップさせる方法などを解説します。

【豆知識】暖房器具の電気代はどう算出される?

電気代の算出方法
電気代=消費電力量(kWh)× 電気料金単価(円)
500Wの電気ストーブを5時間使った場合

500W×5時間=2.5kWh

2.5kWh×30円/kWh=75円

 

暖房器具に限った話ではありませんが、家電製品の電気代は、消費電力に電気料金単価をかけて算出されます。例えば、電気料金単価が「30円/kWh」だった場合、500Wの電気ストーブを5時間使うと電気代は75円となる仕組みです。

 

ここでいう電気料金単価とは、電気料金を決める基準となる単位で、電力会社やプランによって数値が変化します。暖房器具を選ぶ際は消費電力に着目をすると、大まかな電気代を把握しやすくなります。

暖房費を節約するには結局どうすればいいの?

結論からいえば、暖房費を節約するには「暖房器具そのものを買い替える」のが最も効果的です。古い暖房器具は、省エネ対策が不十分のケースが多いうえ、性能が低い点も相まって燃費がよくありません。使い続けた結果、電気代がかさむケースもしばしばです。

 

反対に、最新家電は低燃費のものが多く、電気代の節約に大きく貢献します。とりわけ、電気代が高騰しやすい現代は、家電メーカーが省エネ特化の暖房器具を数多くリリースしています。暖房費の節約を目指す場合は、最新家電への新調がおすすめです。

 

購入を検討する方に向けて、以下では電気代が安い暖房器具を種類別に紹介しています。「何を買えばいいのかわからない」といった方であれば、ランキングを参考に検討するのを推奨します。

 

電気代が安いエアコンの人気おすすめランキング3選

1位

電気代が安い電気ストーブの人気おすすめランキング3選

2位

コジマYahoo!店

ダイニチ工業 コジマ|セラミックファンヒーター Dainichi Plus EF-1200F-W ホワイト

3位

Beautiful Life 絆 2号店

アラジン (Aladdin) 電気ストーブ 遠赤グラファイトヒーター グリーン AEH-G406N-G

電気代が安いオイルヒーターの人気おすすめランキング3選

2位

ソフマップ Yahoo!店

デロンギ デロンギ マルチダイナミックヒーター MDHU15-PB マットブラック

電気代が安いこたつの人気おすすめランキング3選

1位

雑貨屋ワンネス Yahoo!店

アイリスプラザ こたつセット テーブル + こたつ布団 正方形 68cm×68cm 天板リバーシブル 折り畳み可能 ブラウン

3位

タンスのゲン Design the Future

こたつ 長方形 こたつテーブル こたつ布団 セット 2点セット

電気代が安いホットカーペットの人気おすすめランキング3選

1位

eclavie エクラヴィ Yahoo!店

ホットカーペット 電気カーペット 1畳 TMC-100 約88×176cm モリタ

2位

小池だより 家電店

DC-2JN パナソニック  2畳相当着せかえカーペット用ヒーター単体(厚さ約10mm)

3位

暖房器具はほかにも種類があるの?

先に紹介したアイテム以外にも、暖房器具に該当する家電は種類が豊富です。そのため、用途や目的によっては以下に紹介する器具を選ぶのをおすすめします。

「電気毛布」で冬場の寝床を快適に!

電気毛布は、その名の通り電気の力で発熱する敷き毛布です。仕組みはホットカーペットと同じですが、布団やベッドを温めて冬場の寝床を快適に温めます。「温かいベッドで毎日眠りたい」「布団が冷たくて中々寝付けない」といった方には最適な暖房器具です。

 

睡眠時以外は使わないうえ、1時間あたりの電気料金が1円前後と安く、家計に負担をかけません。おまけに、電気毛布は温度調整も容易に行えるため、自分に合った温かさを設定できます。オフシーズンは、ほかの布団と一緒に収納できるのもポイントです。

 

エアコンやストーブでは寝床を温めにくいので、電気毛布は快適に冬を過ごすのに持っておきたいアイテムです。以下の記事では、電気毛布の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

「電気あんか」はオフィスや在宅ワークにぴったり

電気あんかは、電源を入れるとすぐに発熱する採暖用保温具です。枕のような「平型」や座布団に似た「大判型」などの形状があり、コンパクトに使用できる暖房器具として人気があります。消費電力も、先に挙げた電気毛布と同程度なのもポイントです。

 

電気あんかの使い方としては、足元やお腹などに置いて、冷たくなった身体の部位をピンポイントに温められます。在宅ワーク中にデスクの下へ設置したり、ひざ掛けとして使用したり、多様に活用できる暖房器具です。

 

携行性に優れるコードレスタイプや、衛生的に使える抗菌・防臭機能など、種類によってさまざまな機能が付与されています。以下の記事では、電気あんかの人気おすすめランキングを紹介しているのでぜひご覧ください。

「石油ストーブ」は高出力かつコンセント不要

電気ストーブとは異なり、石油ストーブは石油(灯油)を燃焼させて熱を発する暖房器具です。古くから暖房器具として親しまれており、現在も根強い人気があります、燃料を燃やすぶん、電気ストーブよりもパワーに優れるものがほとんどです。

 

コンセントを使用しないため、石油ストーブは緊急時の暖房器具としても優れています。ストーブの上で鍋を温めたり、お湯を沸かして加湿器として代用したり、ユニークな使い方ができるのも石油ストーブの魅力です。

 

ただし、石油ストーブは定期的な給油が必要になるほか、安全性は電気ストーブに劣るため注意が必要です。以下の記事では、石油ストーブの人気おすすめランキングを紹介しているのでぜひご覧ください。

暖房器具の効果をアップさせて省エネに貢献しよう!

繰り返しになりますが、暖房器具の新調は電気代の節約に最も効果的な方法です。とはいえ、暖房器具を買い替えるのは費用と手間がかかるので、「今すぐ交換するのはちょっと難しい」といった方も多いかもしれません。

 

ですが、暖房器具を交換せずとも、効果の向上・節電に繋げる方法は存在します。以下では、手軽に暖房効果をアップさせる方法を紹介するので、電気代の節約を検討する方はぜひ試してみてください。

 

もちろん、暖房器具の買い替えと併せて実施するのもおすすめです。省エネ効果が大きくなって、より節電に繋げやすくなります。

 

断熱シート・厚手カーテンで冷たい空気をガードしよう

部屋の窓は、屋外と直結してるぶん、冷たい空気が室内に流れ込みやすいポイントです。さらに、暖房で温めた空気が外へ逃げやすくなるため、窓がある部屋は暖房の効果が低くなります。暖房器具の出力を上げて対処をすると、電気代も余計に発生しがちです。

 

そのため、暖房器具を使用する際は、部屋の窓に断熱シートを貼りましょう。断熱シートによって冷気の侵入を防止できれば、暖房器具の効果をアップさせやすくなります。断熱シートはホームセンターなどで取り扱っているため、入手も容易です。

 

同様に、部屋のカーテンを厚手のものにすれば、冷たい空気をさらに防ぎやすくなります。ただし、締め切った部屋で暖房を使うと空気が悪くなりがちなので、1時間に1回程度は換気を心掛けるようにしてください。

「サーキュレーター」を使用して暖気を循環!

どんなに暖房器具を使用しても、温かい空気が1ヶ所に留まっていると、体感温度は上がりません。そのため、暖房器具を使う際は、サーキュレーターで暖気を循環させるようにしましょう。空気が上手に流れれば、部屋を効率よく温められます。

 

サーキュレーターがない場合は、扇風機で代用しても構いません。サーキュレーターは、家の花粉症対策や洗濯物の部屋干しなどに重宝するため、通年活躍する家電製品として人気が高まっています。

 

このほか、サーキュレーターと併せて加湿器を使うのもおすすめです。湿度で汗の蒸発を防ぎやすくなり、体感温度がアップします。以下の記事では、サーキュレーターの人気おすすめランキングを紹介しているのでぜひご覧ください。

フィルター清掃をしてエアコンの性能をアップ!

エアコンの内部には、屋外からのチリやホコリを除去するフィルターが設けられています。このフィルターが汚れてしまうと、蓄積されたチリ・ホコリで冷暖房の効果が低下しがちです。また、ホコリと水分が合わされば、カビの原因となるケースもあります。

 

そのため、エアコンを使用する場合は、定期的なフィルターの清掃を心掛けましょう。きれいなフィルターであれば、エアコンのパフォーマンスを高く維持しやすくなります。掃除の頻度としては2週間に1回、または1ヶ月に1回程度が目安です。

 

定期的な掃除が面倒といった方であれば、「自動清掃機能」が付いたエアコンを選ぶのも手です。フィルターの汚れを自動的に除去してくれるので、掃除の手間が少なくなります。

暖房費を節約する方法は他にもある?

最後に、「暖房器具以外の部分で暖房費を節約する方法」を解説しましょう。家電の新調や効果の向上以外にも、節約に直結する手段は少なくありません。光熱費を抑えて寒い冬を乗り切るには、以下のような方法を試みてください。

食事・衣服で暖を取る

直接的な方法としては、食事や衣服の工夫です。例えば、体温を上昇させる食材(生姜や豆類など)の積極的な摂取などが挙げられます。また、保温効果の高い衣服(ヒートテック)・インナーなどの着用も、寒さを和らげるのに極めて効果的です。

 

体温を上昇させやすい食材 体温を下降させやすい食材
生姜、黒ゴマ、黒豆、玄米
肉類、赤身魚、青魚
かぼちゃ、長ねぎ、ニラ
納豆、キムチなど
なす、トマト、きゅうり
グレープフルーツ、バナナ
すいか、梨、牛乳、バターなど

 

暖房以外の方法で暖かくできれば、暖房の使用頻度を少なくしたり、設定温度を下げたりするのも難しくありません。なお、食材の中には体温を低下させやすいもの(トマトやバナナなど)も多く、冷えを避けたい場合は控えるのが無難です。

 

以下の記事では、メンズインナー・レディースインナーの人気おすすめランキングを紹介しているのでぜひご覧ください。防寒をはじめ、速乾性や吸湿性など機能性に優れたインナーを掲載しています。

「契約している電力会社」を見直すのも手

電力会社は、企業ごとに電気料金が異なります。そして、電力小売が自由化した現代では、電力会社やプランを任意に変更可能です。住宅環境に見合った電力会社・プランに変更をすれば、電気代ひいては暖房費の節約に繋がります。

 

電力会社別に料金の差は大きく、変更によって月の電気代が半分程度になるケースも珍しくありません。「月々の電気代が高くなった」「暖房費以外も節約も検討したい」といった方であれば、電力会社の見直しをおすすめします。

 

ちなみに、別の電力会社に切り替える方法は、基本的に「新しい電力会社にWeb・電話で申し込むだけ」です。既存会社への解約手続きなどは不要なので、手軽に会社を切り替えられます。

まとめ

今回は、暖房費の節約方法や省エネ暖房器具を詳しく紹介しました。令和の現代において、料金が高騰しているのは電気代だけに限りません。支出を抑えて生活を豊かにするには、暖房費をはじめとする包括的な節約が肝心です。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年01月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

アクセスランキング

ケルヒャースチームクリーナーの口コミ・評判を調査!効果なし?デメリットは?使い方や価格も解説!のサムネイル画像

ケルヒャースチームクリーナーの口コミ・評判を調査!効果なし?デメリットは?使い方や価格も解説!

家電
【2023年最新版】フランス語電子辞書の人気おすすめランキング3選!のサムネイル画像

【2023年最新版】フランス語電子辞書の人気おすすめランキング3選!

家電
エアコン向け高圧洗浄機の人気おすすめランキング10選【ケルヒャーも】のサムネイル画像

エアコン向け高圧洗浄機の人気おすすめランキング10選【ケルヒャーも】

家電
スマホ用望遠レンズの人気おすすめランキング14選【高倍率や日本製も】のサムネイル画像

スマホ用望遠レンズの人気おすすめランキング14選【高倍率や日本製も】

家電
大型のモバイルディスプレイ人気おすすめランキング13選【軽量・折りたたみも】のサムネイル画像

大型のモバイルディスプレイ人気おすすめランキング13選【軽量・折りたたみも】

家電
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。