アラジンストーブの人気おすすめランキング7選

おしゃれで高機能なストーブならアラジンがおすすめです。自宅だけでなく寒い季節のキャンプにも活躍します。しかし石油ストーブ・電気ストーブ・ガスストーブがあり選ぶのが難しいですよね。そこで今回はアラジンストーブの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

デザイン性・機能性に優れたアラジンのストーブをチェックしよう

おしゃれなデザインと使い勝手のよさで注目を集めているのがアラジンのストーブです。石油ストーブ・電気ストーブ・ガスストーブの3タイプがあり、自宅での使用はもちろんキャンプなど寒い季節のアウトドアシーンでも活躍します。

 

しかしブルーフレーム・センゴクアラジンのシリーズがあり熱源や特徴はさまざまです。さらに据え置きタイプだけでなくコードレスのポータブルタイプもあり、どれを選べばよいかわからない方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回はアラジンストーブの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは種類・サイズ・カラー・安全装置を基準に作成しました。購入を迷っている方はぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

Aladdin (アラジン)

ブルーフレームヒーター BF3911

口コミでも評判の石油ストーブ・ブルーフレーム

アラジンストーブの代名詞ともえいるブルーフレームヒーターです。美しい青い炎はムラなく気化した灯油に十分な酸素が供給された証で、未燃焼ガスによるいやな臭いが発生しません。


対流式なので暖められた空気が部屋をふんわり包み込み気持ちのよい温もりが感じられます。地震のときには内蔵の感震器が所定の地震動をキャッチし、瞬時に消火するのも嬉しいポイントです。

種類 石油ストーブ サイズ 55.1×38.8×40.5cm
重量 8.5kg カラー グリーン・ホワイト
安全装置 対震自動消火装置

アラジンストーブの選び方

アラジンストーブにはいろいろな商品があり、自分に合ったものがわからない方も少なくありません。ここでは選び方のポイントをご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

種類で選ぶ

アラジンストーブは燃料・熱源により3種類に分けられます。以下でそれぞれの特徴をご紹介しますので好みのタイプを確認してみてください。

据え置き型の石油ストーブなら「ブルーフレームヒーター」がおすすめ

アラジンストーブといえば定番はブルーフレームシリーズです。発売当初からほぼ変わらないレトロでおしゃれなデザインで高い人気を誇ります。灯油を入れて使う石油ストーブですが、特有の嫌な臭いが発生しにくい設計なのも嬉しいポイントです。

 

燃焼中は水蒸気が発生するため空気が乾燥しにくく、エアコンが苦手な方からも支持されています。石油ストーブは事故が心配ですがブルーフレームシリーズは振動を検知して自動消火する機能が備わっているのが特徴です。

 

以下の記事では石油ストーブの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

ポータブルのガスストーブなら「センゴクアラジン」がおすすめ

センゴクアラジンシリーズはポータブルのガスストーブで、家庭用のカセットボンベを燃料とするため場所を問わず使えます。自宅の庭やキャンプなどアウトドアシーンでの使用も人気です。

 

デザインはブルーフレームをモチーフにしておりこちらもおしゃれで注目されています。また圧力感知安全装置・不完全燃焼防止装置・転倒時消火装置・立消え安全装置の4つの機能が備わっており安全面もしっかり配慮されているのがポイントです。

 

以下の記事ではガスストーブの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

すばやく温まる電気ストーブなら「遠赤外線グラファイトヒーター」がおすすめ

アラジンには電気ストーブもあります。遠赤外線のグラファイトヒーターでラインナップは1灯管・2灯管・トリカゴの3種類です。わずか0.2秒で立ち上がりすばやく温まり、遠赤外線効果で暖かさが続きます。

 

どれも二重安全転倒オフスイッチなど安全機能がついており、トリカゴに関しては防滴仕様で水場でも使えるのが特徴です。以下の記事ではグラファイトヒーター・遠赤外線ヒーターの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

事故なく使いたいなら「安全機能」をチェック

ストーブの使用で心配なのが火災などの事故です。正しく使うのは大前提ですが不測の事態にも対応していると安心して使えます。アラジンストーブは転倒時自動消火・防災対応型二重安全転倒OFFスイッチなどさまざまな安全機能を搭載しているのが特徴です。

 

搭載している安全機能はシリーズ・商品によって異なりますが、どれも何かしらの配慮がなされています。お子さんのがいるご家庭や地震の対策が気になる方は特によくチェックしておくのがおすすめです。

後悔したくないなら「本体価格・ランニングコスト」を確認

アラジンストーブの本体価格は石油ストーブ54,780円~・ガスストーブ34,100円~・グラファイトヒーター12,100円~と決して安いものではありません。しかし充実した安全機能や使い勝手の良さ、おしゃれなデザインなどが評価され人気商品が揃います。

 

またストーブは本体価格に加えて灯油代・ガス代・電気代などのランニングコストもかかるので併せて考慮しましょう。買ってから後悔しないためにもランニングコストも考えて検討するのがおすすめです。

評判を知りたいなら「口コミ」をチェック

アラジンストーブの評判をチェックしたい方はAmazon・楽天などの大手ECサイトで口コミを確認するのがおすすめです。実際に使っている方の貴重な意見を見られます。使い方や活用方法など参考になる情報がつまっているのでぜひチェックしてみてください。

アラジンストーブの人気おすすめランキング7選

7位

Aladdin (アラジン)

遠赤グラファイトeヒーター CAH-2G10EY

わずか0.2秒で暖かくなる遠赤外線電気ストーブ

わずか0.2秒で瞬時に広範囲に暖かくなる2灯管のグラファイトヒーターです。暖房範囲はワンタッチで切り替えられ、電動・縦横ローテーションでいろいろなシーンに使えます。2ダイヤルのわかりやすい操作も嬉しいポイントです。

種類 電気ストーブ サイズ 38×39×70cm
重量 6.7kg カラー グリーン・ホワイト
安全装置 タッチオフセンサー・8時間自動オフタイマー・チャイルドロック・防災対応型二重安全転倒OFFスイッチ
6位

Aladdin (アラジン)

センゴクアラジン ポータブルガスストーブ シルバークイーン SAG-SQ01A

人気ストーブ・シルバークイーンの復刻版ポータブルストーブ

1970年代に製造されていたアラジンの石油ストーブ「シルバークイーン」の復刻版で、ミニサイズのポータブルガスストーブです。持ち運びに便利で室内だけでなくテラス・キャンプでの使用にも活躍します。

 

即暖性に優れた全面反射板を採用しカセットボンベ式ながらすばやく暖めてくれるのが魅力です。ボンベ2本が入る専用の収納袋つきで持ち運びやオフシーズンに保管しておくときにも重宝します。

種類 ガスストーブ サイズ 37×29.6×33.5cm
重量 6.0kg カラー ブラック
安全装置 圧力感知安全装置・不完全燃焼防止装置・転倒時消火装置・立消え安全装置

口コミを紹介

使い勝手と温まる感じは電気ストーブに近いと思いましたが、停電時や災害時にも使えるのも心強いです。もちろんキャンプでも重宝します。
値段はカセットガスストーブとしては高価ですが、デザインも気に入っており、とても良い物を買ったと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Aladdin (アラジン)

遠赤グラファイトヒーター トリカゴ CAH-G42GB

大型ガード付きで子供やペットのいるご家庭にもぴったり

グラファイトヒーターのコンパクトタイプに大型ガードを搭載した「トリカゴ」モデルです。おしゃれなだけでなく安全に使用でき、小さいお子さんやペットのいるご家庭にも向いています。0.2秒と立ち上がりの早さはほかのモデルと変わりません。

 

防滴キャップつきなので水場でも使用でき、裏面には滑り止めもついています。コードレスではありませんが2.3mのロングコードで電源が遠くても使いやすく、コンパクトなので部屋の移動も簡単です。

種類 電気ストーブ サイズ 19×19×54.8cm
重量 1.6kg カラー グリーン・ホワイト
安全装置 過度過昇防止装置・防災対応型二重安全転倒OFFスイッチ

口コミを紹介

最大の魅力は暖まるスピードです。スイッチを入れるとあっという間に暖かくなるので、冬の朝の辛い着替えや、冬の日の脱衣所、作業中の足元など、早く暖まりたいときにすぐに温まって本当に頼りになります。そしてとても軽く、持ち運びも安易なのでマジで助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

未燃焼ガスによるいやな臭いがない人気商品

青い炎が特徴的なブルーフレームシリーズの商品です。青い炎は灯油に十分な酸素が供給され燃焼状態のよい状態を示しています。そのため未燃焼ガスによるいやな臭いがないのも嬉しいポイントです。レトロおしゃれなデザインも注目されています。

種類 石油ストーブ サイズ 55.1×38.8×40.5cm
重量 8.8kg カラー ブラック
安全装置 対震自動消火装置

口コミを紹介

とてもきれいなデザインで,ブルーフレームの明かりはおしゃれです.
玄関において使っていますが,デザインが飽きません.
炎が全方向から見えるのでこれも良い点だと

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Aladdin (アラジン)

遠赤グラファイトヒーター AEH-G406N

立ち上がりが早くすぐに暖かくなると評判の電気ストーブ

類を見ない高熱伝達性を実現し、立ち上がりが早くすばやく暖かくなる遠赤外線グラファイトヒーターを採用した電気ストーブです。0.2秒で立ち上がるので脱衣所や玄関などすぐ暖かくしたい場所に向いています。

 

400W・200Wの切り替えが可能なのでシーンに応じて調整でき、無駄な電力を使いません。スリムでコンパクなのでいろいろな場所で使いやすく、1.3kgと超軽量なので持ち運びも簡単です。

 

種類 電気ストーブ サイズ 18×18×52.9cm
重量 1.3kg カラー グリーン・ホワイト
安全装置 転倒OFFスイッチ

口コミを紹介

電源をオンにした途端暖かくなります。
寒い朝には手放せません。
デザインもスッキリ細身でかわいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Aladdin (アラジン)

センゴクアラジン ポータブルガスストーブ SAG-BF02A

カセットボンベ式でキャンプにも活躍するガスストーブ

ブルーフレームシリーズをモチーフにしたかわいいフォルムが印象的なガスストーブです。コンパクトサイズなので持ち運びにも向いており、カセットボンベ式なのでキャンプにも活躍します。

 

転倒時消火装置・圧力感知安全装置など4つの安全装置が搭載されているのも嬉しいポイントです。レッド・イエローの2色展開ですが公式サイト限定でブラックなどほかの色も揃うのでぜひチェックしてみてください。

種類 ガスストーブ サイズ 33.5×33×38.6cm
重量 5.7kg カラー レッド・イエロー
安全装置 圧力感知安全装置・不完全燃焼防止装置・転倒時消火装置・立消え安全装置

口コミを紹介

構造がしっかりしていて安定している。安全装置もしっかり働く安全感がありました。
デザインもかなり容易です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Aladdin (アラジン)

ブルーフレームヒーター BF3911

口コミでも評判の石油ストーブ・ブルーフレーム

アラジンストーブの代名詞ともえいるブルーフレームヒーターです。美しい青い炎はムラなく気化した灯油に十分な酸素が供給された証で、未燃焼ガスによるいやな臭いが発生しません。


対流式なので暖められた空気が部屋をふんわり包み込み気持ちのよい温もりが感じられます。地震のときには内蔵の感震器が所定の地震動をキャッチし、瞬時に消火するのも嬉しいポイントです。

種類 石油ストーブ サイズ 55.1×38.8×40.5cm
重量 8.5kg カラー グリーン・ホワイト
安全装置 対震自動消火装置

口コミを紹介

初めは小さいので、え~っ!という感じでしたが、コンパクトのくせに広いリビングを完全に暖めてくれるし、燃費も良い!見た目も良いし、何より火を消した時に、このようなストーブは匂いがしますがこれは匂いがしません。

出典:https://www.amazon.co.jp

アラジンストーブのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 種類 サイズ 重量 カラー 安全装置
アイテムID:11543090の画像

楽天

Amazon

ヤフー

口コミでも評判の石油ストーブ・ブルーフレーム

石油ストーブ

55.1×38.8×40.5cm

8.5kg

グリーン・ホワイト

対震自動消火装置

アイテムID:11531506の画像

楽天

Amazon

ヤフー

カセットボンベ式でキャンプにも活躍するガスストーブ

ガスストーブ

33.5×33×38.6cm

5.7kg

レッド・イエロー

圧力感知安全装置・不完全燃焼防止装置・転倒時消火装置・立消え安全装置

アイテムID:11531508の画像

楽天

Amazon

ヤフー

立ち上がりが早くすぐに暖かくなると評判の電気ストーブ

電気ストーブ

18×18×52.9cm

1.3kg

グリーン・ホワイト

転倒OFFスイッチ

アイテムID:11531505の画像

楽天

Amazon

ヤフー

未燃焼ガスによるいやな臭いがない人気商品

石油ストーブ

55.1×38.8×40.5cm

8.8kg

ブラック

対震自動消火装置

アイテムID:11531509の画像

楽天

Amazon

ヤフー

大型ガード付きで子供やペットのいるご家庭にもぴったり

電気ストーブ

19×19×54.8cm

1.6kg

グリーン・ホワイト

過度過昇防止装置・防災対応型二重安全転倒OFFスイッチ

アイテムID:11531513の画像

楽天

Amazon

ヤフー

人気ストーブ・シルバークイーンの復刻版ポータブルストーブ

ガスストーブ

37×29.6×33.5cm

6.0kg

ブラック

圧力感知安全装置・不完全燃焼防止装置・転倒時消火装置・立消え安全装置

アイテムID:11531664の画像

楽天

Amazon

ヤフー

わずか0.2秒で暖かくなる遠赤外線電気ストーブ

電気ストーブ

38×39×70cm

6.7kg

グリーン・ホワイト

タッチオフセンサー・8時間自動オフタイマー・チャイルドロック・防災対応型二重安全転倒OFFスイッチ

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

アラジンストーブの魅力とは

アラジンストーブにはほかにはない魅力がたくさんあります。ここではそれらをご紹介していきまのでぜひ購入時の参考にしてください。

石油のいやな臭いがしない

石油ストーブは石油に対する酸素の量が足りないと未燃焼ガスが発生しいやな臭いを発する場合があります。アラジンストーブは点火時から安定して燃焼するため未燃焼ガスが発生せず、臭いもありません。アラジンストーブの青い炎は酸素の供給が十分な証拠です。

レトロでおしゃれなデザイン

アラジンストーブの魅力といえばレトロおしゃれなデザインです。1960年代の発売当初からほとんど変わっておらず懐かしさと温もりを感じます。部屋に置いてもアウトドアシーンで使ってもさまになるデザイン性の高さが特徴です。

寒いキャンプ・アウトドアシーンでも人気の理由は?

アラジンストーブはキャンプなどアウトドアシーンでも人気です。寒いときに重宝するのはもちろん、使い勝手の良さなどいろいろな理由がありますのでご紹介していきます。

電源要らずのコードレス仕様

アラジンストーブにはポータブル仕様のセンゴクアラジンシリーズがあります。電源が要らないのでアウトドアシーンで使いやすく、持ち運びしやすいサイズ感なのも魅力です。おしゃれなデザインとカラーリングで見た目にもこだわりたい方からも支持されています。

温まりが早い

アラジンストーブはスリムで持ち運びしやすいサイズ感ながら発熱量が多く、温まりの早さが魅力です。寒い季節や急に冷えてきたときでもパワフルな熱量を放ってくれるのですぐに温まります。

キャンプで使うときの注意点

キャンプにも人気のアラジンストーブですが使用にはいくつかの注意点があります。まずテントやタープが燃えないよう設置場所に気をつけましょう。ストーブが直接当たるのはもちろん、放射熱で燃える可能性もあります。布製品の近くには置かないでください。

 

またテント内などの換気の悪い場所で使用すると一酸化炭素中毒を起こす可能性があるので避けましょう。必ず十分に換気した状態で使用し、就寝時には消化するようにしてください。取扱説明書もよく読んで正しく安全に使用しましょう。

 

以下の記事ではキャンプストーブの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

ブルーフレームヒーターの失敗しない使い方

ブルーフレームは灯油を燃料とする石油ストーブなので電気ストーブとは使い方が異なります。ここでは失敗しない使い方をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

基本の使い方

ブルーフレームを使うときにはまず本体上部を外し、クリップを引き下げて本体上部をそっと傾けます。芯の調節つまみを燃焼に回し、芯をすべて出してください。その後消火方向へつまみを回して芯が筒から3mmほど出ている状態にします。
 
このままライターやチャッカマンなどで芯の3ヶ所くらいに火をつけてください。点火が確認できたらすぐに本体上部を取り付けてクリップを下げ、ロックしたら完了です。

空焚き・古い灯油は避ける

 
ブルーフレームを使うときには空焚きをしないよう気をつけましょう。灯油が切れても使い続けると空焚き状態になり大量のすすが発生する可能性があります。油量計で残量をチェックして灯油切れを起こさないようにしてください。
 
また昨シーズンの古い灯油や日光に当たるなどして変質してしまった灯油を使用すると芯にタールが溜まってトラブルのもととなります。正しく保管した新しい灯油を使うようにしてください。
 

めんどくさいと思っても事故防止のため掃除・芯交換をする

ブルーフレームは定期的な掃除や芯交換が必要です。めんどくさいと感じる方もいますが事故防止のためにもメンテナンスを行いましょう。掃除は10日ほどが目安で、芯交換は青い炎がオレンジの炎になったら替えどきです。放置すると危険なので必ず交換してください。

アラジンストーブに関するQ&A

ここではアラジンストーブに関するよくある質問にQ&A方式でお答えしていきます。ぜひ購入前に確認しておきましょう。

アラジンストーブはどこで売ってる?

アラジンストーブは家電量販店・ホームセンター・アウトドアショップなどで購入できます。自宅近郊ではどこで売ってるかわからない方やネットで購入したい方は公式サイトのオンラインショップやAmazonなどのEC通販でも購入可能です。

上にやかんを置いてもいい?

昔からよくある風景としてストーブの上にやかんを置く方もいますが、メーカーではやかんや鍋を置くのは禁止しています。転倒による事故や、吹きこぼれにより内部に水が入り故障してしまうのを防ぐのがその理由です。やかんや鍋は置かないようにしてください。

暖かくないなど不具合があったら修理してもらえる?

アラジンはブルーフレームシリーズに限り12,000円での点検サービスを行っています。公式サイトから申し込みできるので、きちんとメンテナンスしているのに暖かくないなど気になる点があれば依頼してみましょう。

 

修理に関しては公式サイトの以下ページにて修理対応店舗が出ていますので併せて確認してください。

アラジンストーブの片づけ方は?

寒い時期が過ぎアラジンストーブをしまうときにはタンク内に残った灯油を処理しておきましょう。内部や芯を掃除し、誤作動を防ぐため自動消火装置を起動させ袋や箱に入れて収納するのがおすすめです。来期もスムーズに使うためにきちんと片付けておきましょう。

アラジンストーブの歴史は?

アラジンストーブは1930年代初頭にブルーフレームの原型である「I・R」が生まれ誕生しました。1960年にアラジンブランドとなり、1973年には日本アラジン社が設立されます。英国から日本製造へと移り、現在まで幅広い方々に愛されるロングセラー商品です。

アラジンストーブはセールになる?安いのは偽物?

アラジンストーブをセール価格で購入したい場合は家電量販店やAmazonなどECサイトのセール時期を狙うのがおすすめです。公式オンラインショップでは不定期ですが各種キャンペーンが行われ、お得に購入できるケースもあります。

 

しかしあまりに安い場合は偽物の可能性がありますので気をつけましょう。過去にはアラジン公式サイトを名乗る偽サイトが存在し、大幅に割引された価格で商品を販売していました。あまりに安い場合はよく確認してみてください。

ブルーフレームは生産終了って本当?

ブルーフレームシリーズはアラジンストーブの顔ともいえる定番人気商品です。ニューモデル発売時に以前のモデルが生産終了になる場合はありますが、ブルーフレームシリーズ自体は現在もなお生産しており、広く支持されています。

ビームスコラボモデルは2023年も発売している?

アラジンストーブは毎年アパレルブランド「BEAMS JAPAN」とコラボレーションカラーモデルを発売しています。2022年も深緑色・藍色などのビームスコラボモデルを発売し話題となりました。毎回数量限定のため、入手困難な人気のレア商品です。

替え芯・クリーナーなど関連商品にも注目

アラジンストーブを購入するときは関連商品もチェックしておきましょう。ブルーフレームなら替え芯、センゴクアラジンなら替えのカセットボンベを用意しておくのがおすすめです。どちらもアラジン用の商品があるので確認してみてください。

 

またお子さんやペットのいるご家庭ならストーブガード、ブルーフレームなら給油ポンプもあると重宝します。以下の記事では灯油ポンプの人気おすすめランキングをご紹介していますので、ぜひ併せて参考にしてください。

石油ストーブならトヨトミ・コロナもチェック

アラジン以外の石油ストーブも検討したい方には、アラジンと並んで人気のあるトヨトミ・コロナの製品がおすすめです。どちらも多くの機種を揃え、高性能・高機能な石油ストーブが多いのでぜひ併せてチェックしてみてください。

 

以下の記事では石油ストーブの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひこちらも参考にしてください。

まとめ

アラジンストーブの選び方とおすすめ商品ランキングをご紹介しました。おしゃれな見た目と機能性の高さで人気のアラジンストーブは石油・ガス・電気といろいろなタイプが揃います。ぜひ本記事を参考に自分に合ったアラジンストーブを見つけてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年01月30日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事