【乗り換えるならここ!】新電力・電力会社のおすすめ12選

【乗り換えるならここ!】新電力・電力会社のおすすめ12選

電力自由化に伴い、電力会社を乗り換えようと思っても種類が多く選ぶのが難しいですよね。関東・関西・九州など地域によって電力会社が異なるほか、大手や国営など運営会社もさまざまです。そこで今回は、電力会社の選び方とおすすめの電力会社をランキング形式でご紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

国営から民営化へ!電力会社を乗り換えて使用料をお得に

毎日の生活で欠かせない電気を供給してくれるのが「電力会社」です。国営から民営化され電力自由化になり、現在では大手の電力会社に加えていくつもの電力会社が存在します。できるだけ安い料金で契約するために乗り換えを検討している方も多いです。

 

しかし、関西・関東・九州など地域によってさまざまな電力会社があり、どこがいいのか悩んでしまいます。ファミリー向けプランや一人暮らし向けプランなどもあり、どのように契約を結べばいいかわからない方も多くいますよね。

 

そこで、今回は、電力会社の選び方とおすすめ電力会社をランキング形式でご紹介します。記事の最後には、新電力と契約する際に気をつけるポイントや、乗り換えのデメリットなどもまとめているので、ぜひ参考にしてください。

覚えておきたい!大手以外の新電力とは?

新電力とは、大手の電力会社以外の新加入した電力小売業者を指します。2016年の電力自由化に伴い、現在では東京電力や関西電力以外にもたくさんの電力会社が誕生しています。電力会社ごとに料金プランに特徴があるため、ライフスタイルに合わせて利用料金をお得にできるのも魅力です。

 

高圧一択受電をしている場合を除き、基本的に賃貸でも新電力との契約が可能で、工事も必要ありません。また、万が一契約した電力会社が倒産してしまっても、住んでいる地域の電力会社が経過措置をしてくれるので急に止まる可能性はありません。

【パッと確認!】おすすめの電力会社一覧

商品名 画像 購入サイト 特徴 プラン エリア 解約金 割引
1位 アイテムID:12191968の画像

公式サイト

再生可能エネルギー100%のプランで環境に配慮

基本料金ゼロ

-

2位 アイテムID:14452239の画像

公式サイト

レビュー記事で詳細を見る

一人暮らしや家族向けなど豊富なプランが魅力

ベーシックでんき・ファミリーでんき・シングルでんきなど

一部地域を除く関東エリア

無(条件付き)

3位 アイテムID:12192028の画像

公式サイト

一人暮らしや2人暮らしが安くてお得な大手メーカー

東京Vプラン

一部を除く全国各地

4位 アイテムID:12191967の画像

公式サイト

大家族向けの電力会社

時間帯別・定額制

北海道・東北・中部・東京・北陸・関西・中国・四国・九州・沖縄

1年未満の解約の場合は、2,200円(税込)

5位 アイテムID:12191966の画像

公式サイト

電気の使用量が多い方におすすめ

-

東北エリア、東京エリア、中部エリア、関西エリア、中国エリア、九州エリア

6位 アイテムID:12191965の画像

公式サイト

関東住み必見の電力会社

従量電灯プラン

茨城県, 栃木県, 群馬県, 埼玉県, 千葉県, 東京都, 神奈川県, 山梨県, 静岡県

7位 アイテムID:12191964の画像

公式サイト

基本料金を抑えてお得にするならこの電力会社

-

中部,東京・関西電力エリア以外の方

8位 アイテムID:12191963の画像

公式サイト

オール電化にもおすすめなサポート対応充実の会社

従量電灯・低圧電力

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・静岡県の富士川以東(離島を除く)地域

9位 アイテムID:12191962の画像

公式サイト

生活スタイルに合わせて選べる時間別プラン

従量電灯・時間別

北海道以外

無料

10位 アイテムID:12191961の画像

公式サイト

値上げが不安な方にもおすすめな電力会社

基本料金ゼロ

全国

11位 アイテムID:12191960の画像

公式サイト

関東・関西・九州電力エリアに対応した電力会社

従量電灯・時間別

北海道電力管内、東北電力管内、東京電力管内、中部電力管内、北陸電力管内、関西電力管内、中国電力管内、四国電力管内、九州電力管内の各エリア

無料

12位 アイテムID:12191959の画像

公式サイト

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら特に安い

-

プランにより異なる

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

電力会社の選び方

選び方を失敗すると、思っていたよりも割高の料金になってしまう場合もあります。ここでは、それぞれの選び方の観点を詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

関東・関西・九州など「対応エリア」を確認

初めに、電力会社を選ぶ際は、自分が住んでいる地域が対応エリアに入っているか確認してください。対応エリアに入っていない場合は、そもそも契約が不可能です。対応エリアは関西・関東・九州などの都道府県名で記載されています。

 

また、東京電力エリア・関西電力エリアなど大手の電力会社名で記載されている場合もあるので必ずチェックしましょう。特に大手の電力会社名の場合、住んでいる地域がどの電力会社の範囲に入っているかきちんと調べる必要があります。

プランで選ぶ

電力会社にはプランがあり、家族構成やライフスタイルで選ばなければなりません。ここでは、4つのプランについて詳しくご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

2人暮らし以上なら「従量電灯プラン」がおすすめ

電力会社の契約が初めての場合や2人暮らし以上なら、一般的に多く契約されている「従量電灯プラン」がおすすめです。このプランは使用量に応じて課金されていくタイプのプランで、電力使用量が多いほど安い電気料金ですみます。

 

100kWh・200kWh・200kWh以上など、3段階ごとに料金を設定している電力会社が多いです。電力使用量が多ければお得になりますが、反対に少ない(300kWh以下)の場合はお得になりません

二世帯家族なら「定額制プラン」がおすすめ

電気使用量が決まっている方や使用する家族が多い方におすすめなのが「定額料金制プラン」です。その名の通り、毎月決まった料金を支払うプランを指し、使用料ごとに料金が定められています。

 

毎月同じ料金が請求されるので、電気代を気にせずに支払えるのが魅力です。しかし、一定量の電気を使用すると追加料金がかかるので気をつけてください。

オール電化を使っているなら「時間帯別プラン」がおすすめ

オール電化を使用している方や時間帯によって使用量が異なる方には「時間帯別プラン」がおすすめです。昼間に家にいない場合、昼間の使用料金よりも夜間の使用料金が安い方がお得になります。時間帯別プランとは昼間と夜間の使用料金が異なるプランです。

 

オール電化を使用している場合も夜間に使用するシーンが多いため、こちらのプランを検討しましょう。時間帯に限らず、曜日ごとに料金が変わるサービスをおこなっている電気会社もあるので、ぜひチェックしてください。

高アンペア契約なら「基本料金ゼロプラン」がおすすめ

基本料金が高くなりがちな高アンペアで契約をする場合は「基本料金ゼロプラン」がおすすめです。このプランなら基本料金なしで、使用した分のみの料金を費用を抑えながらお得に支払えます。一人暮らしでは割高になるケースもあるので気を付けてください。

安いプランが良いなら「割引」をチェック

新電力にはさまざまな割引があり、お得さ重視なら注目をして選んでください。通信会社やガス会社でも電力を供給している場合があり、ガスとネットを一緒にするセット割ならお得になります。請求書が同じになるため支払いやすくなるのも魅力です。

 

セット割以外にも定期的にキャンペーンを開催したり、プレゼントとしてギフト券を配布している電力会社もあります。契約をする前に、安いプランやキャンペーンがあるかどうか、公式サイトをチェックしておくのがおすすめです。

手軽に契約するなら「解約金の有無」を確認

契約をしてしまう前に解約金の有無をチェックしてください。引越しや家族構成が変わったなど、ライフスタイルが変われば電気使用量も変化します。切り替え時に解約金がかかってしまうと余分な費用がかかってしまいます。

 

ほとんどの電力会社が無料で解約可能ですが、中には料金が決まっているところもあるので契約前にチェックしてください。

安心して使うなら「サポート制度」を確認

万が一に備えてサポート制度についてチェックしておくのもおすすめです。停電をしてしまう可能性は低いですが、もしもの際にすぐに連絡が取れるように24時間サポートをしてくれる電力会社を選びましょう。オプションでサポートを受けられる電力会社もあります。

環境が気になるなら「FIT電気」の割合をチェック

環境が気になる方は「FIT電気」の割合が多い電力会社を選んでください。太陽光や風力などで発電された、再生可能なエネルギー源で作られた環境に配慮した電気を指し、割合が高いほど環境に優しい電気となります。FIT電気の割合が高いとお得なわけではありません。

電力会社の人気おすすめランキング12選

1位

Looopでんき

再生可能エネルギー100%のプランで環境に配慮

住宅用太陽光発電システムをお持ちの方はソーラー割が適用になり、通常の従量料金プランよりも1円安く使えます。さらに、ガスとセットでの契約だと電気代が0.4円下がります。また、Looopでんきは基本料金0円で使った分だけの支払いです。

 

トラブル対応も迅速で、ブレーカーが良く落ちてしまう、停電になったなどのトラブルが起きても安心できます。トラブルへの対応は通常ですと作業費がかかりますが、Looopでんきに加入していると作業費も0円になり、非常にお得です。

 

>> 公式サイトで料金シミュレーションをする! <<

基本情報
プラン 基本料金ゼロ
エリア -
解約金
割引
2位

CDエナジーダイレクト

一人暮らしや家族向けなど豊富なプランが魅力

でんきとガスでお得に利用できると人気のCDエナジーダイレクトは、東京都を含む関東地域+静岡県の富士川以東で利用できる電力会社です。乗り換えの手続きはWEBまたは電話で可能で、解約手続きが不要な契約プランがあるのも魅力です。

 

単身者におすすめなシングルでんきや、オール電化におすすめのスマートでんきなど豊富な契約プランも魅力です。一般家庭向けのベーシックでんきBプランでは、基本料金が1,107.60円*1、従量料金が1kWhたり36.50円*2です。

 

>> 公式サイトで料金を確認! <<

 

※1 40Aの基本料金
※2 301kWh以上の使用量

基本情報
プラン ベーシックでんき・ファミリーでんき・シングルでんきなど
エリア 一部地域を除く関東エリア
解約金 無(条件付き)
割引
3位

ENEOS電気

一人暮らしや2人暮らしが安くてお得な大手メーカー

「ENEOS電気」は、一人暮らしや二人暮らしの利用料金が安くてお得な電力会社です。ENEOSカードで電気料金を支払うとカード割引に加えてガソリンや灯油が1円/L割引になります。車に乗る機会が多い方にもおすすめの電力会社です。

 

解約金は「にねんとく2」の場合1,100円(税込)がかかってしまうので契約の際は、必ず確認をしてください。

 

>> 公式サイトで詳細を見る <<

基本情報
プラン 東京Vプラン
エリア 一部を除く全国各地
解約金
割引
4位

HISでんき

大家族向けの電力会社

50〜60Aの契約で基本料金半額の大家族におすすめの電力会社です。一人暮らしから3人家族向けの「ウルトラプラン」4人以上家族向けの「プライムプラン」時間別にお得な「ママトクプラン」の3種類が基本のプランになります。

 

また、オール電化向けに昼間の時間帯が2〜11%割引になる「ぜんぶでんき」や電気料金を寄付できるプログラムがあります。解約金が1年未満の場合2,200円(税込)がかかってしまいますが、安い電力会社を探している方にぴったりです。

基本情報
プラン 時間帯別・定額制
エリア 北海道・東北・中部・東京・北陸・関西・中国・四国・九州・沖縄
解約金 1年未満の解約の場合は、2,200円(税込)
割引
5位

あしたでんき

電気の使用量が多い方におすすめ

「あしたでんき」は、初期費用・違約金・解約金・基本料金(標準プラン)が全て0円の電力会社です。プランは基本料金ゼロの「標準プラン」と定額制で大家族におすすめな「たっぷりプラン」の2種類があります。

 

分かりやすいプランと安い電気料金が魅力的で、難しい内容を調べないで気軽に電力会社を乗り換えたい方におすすめです。現在は、割引やキャンペーンなどはおこなっていないません。

基本情報
プラン -
エリア 東北エリア、東京エリア、中部エリア、関西エリア、中国エリア、九州エリア
解約金
割引
6位

TOKYO GAS

関東住み必見の電力会社

「TOKYO GAS」では、電気代基本料金3ヶ月無料(都合により終了する場合あり)をおこなっています。都市ガス企業としても有名で、関東住みならセットにするとかなりお得になるのでおすすめです。

 

また、パッチョポイントが溜まりポンタ・楽天・Tポイントなどの提携ポイントに交換ができます。15ポイントは基本プランに限り、電気料金は消費税や燃料調達額を含み再生可能エネルギー発電促進賦課金を除いた金額です。

基本情報
プラン 従量電灯プラン
エリア 茨城県, 栃木県, 群馬県, 埼玉県, 千葉県, 東京都, 神奈川県, 山梨県, 静岡県
解約金
割引
7位

ドリームでんき

基本料金を抑えてお得にするならこの電力会社

「ドリームでんき」は、電気の使用量に関わらず、基本料金が一律で5%引きになる電力会社です。プランは一般家庭向けの「ドリームでんきファミリー」とビジネス向けの「ドリームでんきビジネス100」があります。

 

ドリームでんきファミリーの場合の内訳は基本料金・電気量料金・燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金額の合計です。半年に一度サマージャンボと年末ジャンボ宝くじを贈呈しているのも魅力的です。

基本情報
プラン -
エリア 中部,東京・関西電力エリア以外の方
解約金
割引
8位

東急パワーサプライ

オール電化にもおすすめなサポート対応充実の会社

「東急パワーサプライ」の電気・ガスは、年中無休でプロのスタッフがサポートしてくれる電力会社です。一般家庭向けの従量電灯プランB・大型の住居や商店向けの従量電灯C・大型の電気設備を持つ工場向けの低圧電力のプランから選べます。

 

時間帯別などでプランが選べませんが、使用量が少なくても多くてもお得になるのでおすすめです。一目で電気・ガスの使用料が分かり、プレゼントがもらえるアプリも運営しています。

基本情報
プラン 従量電灯・低圧電力
エリア 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・静岡県の富士川以東(離島を除く)地域
解約金
割引
9位

シン・エナジー

生活スタイルに合わせて選べる時間別プラン

「シン・エナジー」では、従量電灯プランに加えて時間帯別プランをおこなっている電力会社です。「【昼】生活フィットプラン」と「【夜】生活フィットプラン」があり、昼間と夜の仕事に合わせて選べます。ライフスタイルに合わせて電気料金をお得にしたい方におすすめです。

 

毎月抽選で100名に電気代が最大1万円引きになる福袋キャンペーンをおこなっているのも魅力的です。また、電気代の支払いでJALのマイルが貯まります。初期費用も解約手数料も全て無料なのも特徴です。

基本情報
プラン 従量電灯・時間別
エリア 北海道以外
解約金 無料
割引
10位

楽天でんき

値上げが不安な方にもおすすめな電力会社

「楽天でんき」は、ネットショッピングなどで大人気の「楽天」が運営する電力会社です。単身向けのプランがないので一人暮らしには不向きですが、基本料金ゼロプランなど魅力的なプランを扱っていて2〜3人家族におすすめの電力会社です。

 

楽天ガスとのセット割もおこなっているのも魅力的です。また、電気やガスを使用すると楽天ポイントが貯まります。支払いを楽天カードですればさらにポイントが貯まり、支払いや買い物で利用できるので値上げがあってもお得感があります。

基本情報
プラン 基本料金ゼロ
エリア 全国
解約金
割引
11位

丸紅新電力

関東・関西・九州電力エリアに対応した電力会社

「丸紅電力」は一人暮らし・二人暮らし・ファミリーのどの世帯にもおすすめできる電力会社です。スタンダードプランである「プランS」では、解約金がかからないのも魅力的の1つです。その他プランでは解約金がかかる場合もあります。

 

スタンダードプラン以外にも時間別プランの「ナイトお得プラン」やHuluが見られる「プランH」など豊富なプランの中から選べるのも特徴です。電気とセット割をすればさらにお得になるので、ぜひ公式サイトをチェックしてください。

基本情報
プラン 従量電灯・時間別
エリア 北海道電力管内、東北電力管内、東京電力管内、中部電力管内、北陸電力管内、関西電力管内、中国電力管内、四国電力管内、九州電力管内の各エリア
解約金 無料
割引
12位

おうちでんき

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら特に安い

「おうちでんき」はソフトバンクが運営する電力会社になります。ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら「おうち割 でんきセット」で電気代・スマホ代・ネット代がお得になるのでおすすめです。

 

2人暮らし・一人暮らしの方でも年間電気料金を抑えられる電力会社で、単身向けの電力会社を探している方にもぴったりです。しかし、プランの解約には事務手数料として五百円(税込)がかかってしまいます。

基本情報
プラン -
エリア プランにより異なる
解約金
割引

電力会社の比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 プラン エリア 解約金 割引
1位 アイテムID:12191968の画像

公式サイト

再生可能エネルギー100%のプランで環境に配慮

基本料金ゼロ

-

2位 アイテムID:14452239の画像

公式サイト

レビュー記事で詳細を見る

一人暮らしや家族向けなど豊富なプランが魅力

ベーシックでんき・ファミリーでんき・シングルでんきなど

一部地域を除く関東エリア

無(条件付き)

3位 アイテムID:12192028の画像

公式サイト

一人暮らしや2人暮らしが安くてお得な大手メーカー

東京Vプラン

一部を除く全国各地

4位 アイテムID:12191967の画像

公式サイト

大家族向けの電力会社

時間帯別・定額制

北海道・東北・中部・東京・北陸・関西・中国・四国・九州・沖縄

1年未満の解約の場合は、2,200円(税込)

5位 アイテムID:12191966の画像

公式サイト

電気の使用量が多い方におすすめ

-

東北エリア、東京エリア、中部エリア、関西エリア、中国エリア、九州エリア

6位 アイテムID:12191965の画像

公式サイト

関東住み必見の電力会社

従量電灯プラン

茨城県, 栃木県, 群馬県, 埼玉県, 千葉県, 東京都, 神奈川県, 山梨県, 静岡県

7位 アイテムID:12191964の画像

公式サイト

基本料金を抑えてお得にするならこの電力会社

-

中部,東京・関西電力エリア以外の方

8位 アイテムID:12191963の画像

公式サイト

オール電化にもおすすめなサポート対応充実の会社

従量電灯・低圧電力

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・静岡県の富士川以東(離島を除く)地域

9位 アイテムID:12191962の画像

公式サイト

生活スタイルに合わせて選べる時間別プラン

従量電灯・時間別

北海道以外

無料

10位 アイテムID:12191961の画像

公式サイト

値上げが不安な方にもおすすめな電力会社

基本料金ゼロ

全国

11位 アイテムID:12191960の画像

公式サイト

関東・関西・九州電力エリアに対応した電力会社

従量電灯・時間別

北海道電力管内、東北電力管内、東京電力管内、中部電力管内、北陸電力管内、関西電力管内、中国電力管内、四国電力管内、九州電力管内の各エリア

無料

12位 アイテムID:12191959の画像

公式サイト

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら特に安い

-

プランにより異なる

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

電力会社を乗り換えるメリット

ここでは、電力会社を乗り換えると具体的にどのようなメリットがあるのかご紹介します。メリットは下記の通りなので、乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

 

  • 電気料金が安くなる可能性がある
  • 割引やサービスでさらにお得になる
  • 環境に配慮した電気を使えるプランがある
  • キャンペーンをおこなっている会社もある

 

上記のように、電力会社を乗り換えると料金が安くなる可能性があるのが1番のメリットです。選び方によっては割高になる場合もあるので、慎重に選ばなければなりません。

値上げも?電力会社を乗り換えるデメリット

電力会社を乗り換えるデメリットとしては、違約金が発生したり料金が高くなったりする点が挙げられます。ただし、しっかりと電力会社を見極め、時期を見て乗り換えれば従来よりも安くなり違約金もかかりません。

 

また、各電力会社は時期ごとに値上げをしている場合もあるため、常に料金をチェックしておく必要があります。エネルギー源の輸入額が高騰するなど、さまざまな要因によって値上げされる可能性があるため、随時確認をするのがおすすめです。

電力会社の乗り換えの手順

ここでは、電力会社を実際に乗り換える際の流れや注目するポイントを解説します。乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

乗り換えの流れ

電力会社の乗り換えの流れは以下の通りなので、ぜひ参考にしてください。

 

  • 公式サイトから契約の申し込み
  • スマートメーターの設置作業
  • 現在の電力会社の解約作業
  • 新しい電力会社に切り替わって完了

 

申し込みの流れはシンプルで難しい作業が必要ありません。申し込みの際は、クレジットカードや銀行口座番号が必要なので、忘れずに手元に用意してください。申し込みから電力会社が切り替わるまで1ヶ月程度かかります。

工事について

スマートメーターの設置以外に、電力会社の乗り換えで大きな工事はありません。メーターの設置も現在あるものから付け替えるだけなので、費用は無料で立ち合いも必要ない電力会社がほとんどです。

解約について

現在利用している電力会社の解約作業は、契約をした電力会社が代行でおこなってくれます。そのため、乗り換えの流れの中でも利用者がやらなければならない作業は新規の申し込みのみです。連絡や手続きが必要ないので、気軽に契約できるのも乗り換えの魅力です。

カルテルとは?契約で気をつけるポイント

電力会社を乗り換える際は、いくつか気をつけるポイントがあります。失敗しないためにも下記のポイントに気を参考にしてください。

 

  • 料金のシミュレーションをする
  • 手続きや解約費用の有無を確認する
  • 支払い方法をチェックする(クレジットカードのみの場合あり)
  • 契約期間などの縛りを調べる

 

電気会社を乗り換えればお得になりますが、選び方を間違えてしまうと思っていたよりも料金が割高になったり、費用がかかったりします。上記で紹介したポイントに気をつけて契約するようにしてください。

 

また、近年では大手電力会社のカルテルが問題になりました。カルテルは不法な取引制限を表す言葉ですが、現在は解決しているようです。安心して契約を進めたい場合には、このような問題にも注目してみてください。

まとめ

今回は、電力会社の選び方とおすすめの電力会社をランキング形式でご紹介しました。電力自由化に伴い数多くの電力会社があるため、失敗を避けるためにも慎重に選ばなければなりません。ぜひこちらの記事を参考に、お得になる電力会社を見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年05月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2024年最新版】自由化の新電力会社・電力会社人気おすすめランキング9選

【2024年最新版】自由化の新電力会社・電力会社人気おすすめランキング9選

電気・ガス
北海道のおすすめ電力会社18選✨一人暮らし向けや電気ガスセットも

北海道のおすすめ電力会社18選✨一人暮らし向けや電気ガスセットも

電気・ガス
大阪・関西のおすすめ電力会社13選【電気ガスセットで安い!】

大阪・関西のおすすめ電力会社13選【電気ガスセットで安い!】

電気・ガス
栃木県のおすすめ電力会社10選✨宇都宮市で使える新電力も

栃木県のおすすめ電力会社10選✨宇都宮市で使える新電力も

電気・ガス
埼玉県のおすすめ電力会社9選✨一人暮らし向けの安い都市ガスも

埼玉県のおすすめ電力会社9選✨一人暮らし向けの安い都市ガスも

電気・ガス
マンション向け電力会社のおすすめ11選【乗り換え方法もご紹介】

マンション向け電力会社のおすすめ11選【乗り換え方法もご紹介】

電気・ガス