【キャットケアスペシャリスト監修】猫用トイレの人気おすすめランキング15選!【2021年最新】

記事ID3223のサムネイル画像

猫を飼ううえで欠かせないアイテムである猫用トイレ。猫の性格や生活環境に合ったものを選ぶことが大切です。しかし、猫用トイレは種類が多いのでどれを選べばいいのか迷いますよね。今回は、専門家監修のもと猫用トイレの選び方とおすすめ商品をランキング形式をご紹介します。

猫も飼い主も大満足!おすすめ猫用トイレの選び方を紹介!

近年の猫ブームに伴い、猫を飼ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。猫を迎え入れるにあたり、まず最初に用意しなればいけないのが猫用トイレです。猫はきれい好きですので、気持ちよく使えるようなものを選びたいですね。

 

しかし、猫用トイレにはドームタイプオープンタイプなどいろいろな種類があるので、どれを選べばいいのか迷うのも当然です。それぞれの特徴をしっかり理解し、猫と相性がいいものを選ぶことが大切です。

 

そこで今回は、キャットケアスペシャリストの古川さんに監修をお願いし、猫用トイレの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。購入を迷われている方は是非参考にしてみてください!

キャットケアスペシャリストが教える!猫用トイレの選び方

取材協力

専門家プロフィール画像

古川 諭香

フリーライター・愛玩動物飼養管理士・キャットケアスペシャリスト Twitter:@yunc24291 ブログ:今日もおキャット様の下僕です

愛玩動物飼養管理士やキャットケアスペシャリストの資格を活かしながら、様々なWebサイトや紙媒体で猫情報を配信中。産まれてから今まで猫がいなかった日はなく、現在は3匹の猫たちと生活中。「猫と人間が幸せに暮らす」をテーマに、猫が喜ぶ注文住宅も建築済み。新感覚の猫フォトエッセイ『バズにゃん』(KADOKAWA)も発刊済み。

編集部の画像

編集部

猫用トイレを選ぶときの重要ポイントを古川さんに教えていただきました!

POINT①

愛猫の大きさと身体機能

古川さんの画像

古川さん

人間の視点で考えると、猫砂が飛び散りにくいものを選んでしまいがちですが、子猫や老猫にとっては「飛び散らない設計」が使いにくさの原因になっていることがあります。出入口の高さが低く設計されていないトイレだと猫が使用しにくいことも多いので、愛猫の年齢や身体機能を考慮した上で選ぶことが大切です。

POINT②

トイレの大きさ

古川さんの画像

古川さん

猫にとって理想的なトイレの広さは体長×1.5倍だと言われています。トイレの中で体を回転させることが難しいような狭いトイレだと使用をためらってしまうことがあるので、特に大型猫やぽっちゃり猫の場合は大きめのトイレを選ぶことが重要です。

POINT③

掃除のしやすさ

古川さんの画像

古川さん

掃除のしやすさは、トイレの清潔維持や愛猫の健康を守ることにも繋がります。本来、猫は綺麗好きな動物なので、トイレが汚いと使用をためらってしまい、泌尿器系の病気になってしまう可能性もあります。定期的に綺麗にできるよう、飼い主さんにとって掃除が負担になりにくいシンプル設計のものを選びましょう。

【キャットケアスペシャリストおすすめ!】猫用トイレ2選

ズバリ、健康を守れるIoTトイレ!

腎臓・泌尿器系の病気から猫を守るために作られたのが「猫用スマートトイレ」。スマホと連動した体重測定、トイレの回数・滞在時間・経過時間・尿量・尿回数・動画撮影、AI状態判断など、毎日の体調の変化をいち早く知るための機能を搭載している優れものです。

 

トイレはゆったりしたサイズ感なので体の大きな猫でも安心して使うことができます。本体が水洗い可能で、再度にカバーがついているので猫砂が部屋に飛ぶ心配がありません。トイレ自体の利便性も備えた高機能トイレです!

サイズ 43×57×30cm 重量 3.4kg
ホワイト 素材 ポリプロピレン
古川さんの画像

古川さん

日々の排泄記録がスマホで確認できるIoTトイレ。多頭飼いでも対応しているので、1匹1匹の健康管理がしやすくなります。猫は泌尿器系の病気を引き起こしやすい動物であるため、体調変化が見られたらアラートが届き、早期発見につなげられるのはありがたいです。

ズバリ、大型猫&多頭飼いにオススメのコスパ良トイレ!

出入り口が低く設計されているオープンタイプなので猫が出入りしやすいのが特徴です。プラスチック製で作りがシンプルなので水洗いが簡単にでき、においや汚れがつきにくいのが特徴。

 

猫砂を深く敷ける深型猫トイレなので砂が飛び散りにくいのもうれしいポイントです。

サイズ 44×60×21 重量 1.09kg
ベージュ 素材 ポリプロピレン
古川さんの画像

古川さん

コスパ良のこの商品は横幅が60cmと広く、大型猫におすすめ。大きなトイレは値が張ることも多いですが、これなら手が出しやすいと思います。作りがシンプルで掃除がしやすいのも良いポイントなので多頭飼いの方にもおすすめです。

【編集部厳選!】猫用トイレの人気おすすめランキング15選

ズバリ、きれい好きな猫と飼い主さんにピッタリ!いつでも清潔さを保持!

入口が低めで出入りしやすさに配慮したオープンタイプの猫用トイレです。後ろのガードが高めに設計されているので体勢を入れ替えやすく、さらに砂が飛び散らないのできれい好きな猫と飼い主さんにおすすめです。前後入れ替え可能な引き出し付きで、シートをムダなく使えます。

サイズ 55×40×26cm 重量 4.6kg
色  ビンテージネイビー・ フレンチローズ・ブラウン・ライトベージュ・ラベンダー&ローズ 素材 ポリプロピレン
古川さんの画像

古川さん

我が家でも実際に使用したことがありますが、出入り口の高さが抑えられているので愛猫たちが使いやすそうでした!すのこから尿を吸った猫砂を落としやすいところも気に入っています。ドームタイプには敵いませんが、オープンタイプとしては砂の飛び散りは少なめな商品です!

ズバリ、においが気になる方や猫砂掃除の手間に悩んでいる方にはコレ!

警戒心が強い猫でも落ち付いてトイレができるボックスタイプの猫用トイレです。開口部が上にある縦長タイプなので臭いが広がりにくく、高さがあるので猫砂が飛び散らず快適に砂かきができますスタイリッシュで落ち着いたカラーはお部屋のインテリアとなじんでくれます。

サイズ 41×53×37cm 重量 2.65kg
色  ブラウン・ホワイト・ブラック・グレー・オレンジ 素材 ポリプロピレン
古川さんの画像

古川さん

猫砂が飛び散りにくい、においにくいなど人間側のメリットは多くありますが、年齢を選ぶ商品でもあると思います。警戒心の強い猫ちゃんは使用しやすいかもしれませんが、老猫期に身体能力が衰えてきた時に内部へ入ることが難しくなるため、成猫用の猫用トイレだと言えるかもしれません。

ズバリ、トイレ選びで失敗したくない方必見のシステムトイレ!

閉め切ったお部屋でも臭わない猫のシステムトイレです。1週間分のオシッコをパワフル吸収するシートと、飛び散らず粉立ちしにくいサンドのW消臭で臭いを抑えます。さらに開閉しやすいスライドオープンフードで、飼い主さんのお手入れも簡単です。

サイズ 40.5×54×15cm 重量 5.34kg
色  ナチュラルアイボリー 素材 ポリプロピレン

ズバリ、忙しい方にピッタリの全自動タイプのシステムトイレ!

トイレへの出入りを感知して自動でお掃除してくれる全自動猫トイレです。固まった猫砂と便だけをすくってコンテナに収納する仕組みなので、トイレの中はいつでも清潔です。さらにスマホアプリと連動して個体別にデータを記録できるので、猫の健康管理に役立ちます。

サイズ 71×58×60 cm 重量 11.1kg
色  ホワイト 素材 ポリプロピレン
古川さんの画像

古川さん

家を空けることが多い方にとっては頼れるトイレですが、万が一、自動トイレに誤作動が起きた場合、猫が怪我をしてしまう危険性があります。回転途中に猫が中に入っても緊急停止してくれるように設計されていますが、初期不良などないかもチェックし、メンテナンスにも気を配っていく必要があると思います。

ズバリ、猫思いなシステムトイレ!においが広がりにくく、飼い主にも優しい!

臭いが広がらないドームタイプの猫用トイレです。入り口の高さを抑えているので成猫はもちろん、子猫にも使うことができます。さらに内部が広く設計されており、快適にトイレができます。4つのパーツによる組み立て構造なので洗いやすく、いつも清潔を保てます。

サイズ 40×55×43cm 重量 5.7g
色  ウグイス&アイボリー・ターコイズ&グレー・ノルディックブルー&ホワイト・ビンテージネイビー・フレンチローズ・ブラウン・ ライトベージュ・ラベンダー&ローズ 素材 ポリプロピレン

ズバリ、トイレ掃除の手間が気になる方!シンプル設計でらくらく水洗い!

置き場所を選ばないシンプル設計の猫用トイレです。専用のトレーにチップとマットをセットで使用することで、一般的な猫用トイレよりも長期間消臭してくれます。またマットを敷かずに尿をためることで、健康状態を確認できます。初めて使う猫ちゃんも安心のリーズナブルなスターターセットです。

サイズ 48×38×14cm 重量 3.8kg
色  アイボリー&グリーン 素材 ポリプロピレン

ズバリ、子猫用のシステムトイレをお探しの方注目!

子猫に優しいコンパクトサイズの猫用トイレです。高さ7.5cmの低い入口で出入りがしやすく、直径約3mmの極小の砂で砂かきもしやすいのがポイントです。専用シートとチップがセットになっているので初心者の方でも安心して使用できます。また子猫だけでなく、シニアにもおすすめできる猫用トイレです。

サイズ 40×30×14cm 重量 2.63kg
色  オレンジ 素材 ポリプロピレン
古川さんの画像

古川さん

一般的な猫トイレの半分ほどの大きさなので、体が大きく成長した成猫やシニア猫には身動きがとりづらいかもしれません。

ズバリ、システムトイレの面倒なシーツ替えが楽ちんに!

高い消臭パワーでリビングに置ける猫用トイレ。足元に尿を残さない構造で、排泄スペースを清潔な状態に保ちます。消臭サンドと消臭・抗菌シートのW消臭前後入れ替え式の引き出しトレーでお手入れも簡単です。限定のシルキーホワイトカラーがおしゃれです。

サイズ 53.6×41.4×22.1cm 重量 4.4kg
色  シルキーホワイト 素材 ポリプロピレン
古川さんの画像

古川さん

我が家で現在使用している猫トイレです。ドームタイプには勝りませんが、カバー上部が内側に向かって伸びているため、猫砂が飛び散りにくいです。システムトイレの割にコスパがよいので、手が出しやすい商品でもあると思います。

ズバリ、ケージの中にぴったり収めたい方におすすめ!

2段階の消臭・抗菌システムでいつも清潔を保つ猫用トイレ。シリカゲルの砂で臭いを強力脱臭し、抗菌剤配合の極厚シーツで臭いを抑えます。オープンタイプなのに臭いを抑えてくれるので子猫のトイレトレーニングにも最適です。縁に引っ掛けられるスコップも付属しています。

サイズ 32.5×16.5×43cm 重量 1.2kg
色  オフホワイト 素材 PP樹脂
古川さんの画像

古川さん

一般的なシステムトイレより小さめの作りになっているので、病気の治療中や子猫の飼育中などに活躍してくれる商品です。ケージに入れられる点はありがたいですが、成猫にとってはやや狭く感じるかもしれません。

ズバリ、掃除が楽で猫にも気に入ってもらいたい方に!

動物行動学に基づいたゆったりサイズの猫用トイレです。用を足したことに気づきやすいオープンタイプ飛び散りに配慮したスマートワイド構造で、いつも清潔を保てます。排泄すると固まる「ニオイをとる砂」全シリーズに対応しており、猫砂選びも迷いません。

サイズ 57.5×38×20cm 重量 9.9kg
色  - 素材 ポリプロピレン

ズバリ、猫の好みに合わせられるトイレ!

フード付き猫用トイレと消臭・抗菌パインサンドAg+トレー1枚のセット。パインサンドの天然木に含まれているフィトンチッドが、菌の繁殖を制御し臭いを抑えます。 さらにAg+トレー底部のシートが強力消臭してくれるので、掃除は2週間に1回でOKです。カバーを簡単に取り外すことができるのもポイントです。

サイズ 40.5×52.5×49.5cm 重量 2.9kg
色  グリーン・オレンジ 素材 ポリプロピレン・ABS樹脂・ポリエチレン
古川さんの画像

古川さん

警戒心が強い子の中には扉がパタンと閉まるのを怖がる子もいるため、愛猫の性格を考量した上で選んでほしい商品です。ドームタイプはにおいが漏れにくい反面、内部ににおいがこもりやすいので、掃除をこまめにしてあげると猫が感じるストレスを軽減できると思います。

ズバリ、広いのに臭いがきつくない!きれい好きも安心な猫用トイレ!

上下の合わせ目をしっかり固定するストッパーと、後始末に便利なスコップがセットになった猫用トイレ。銀イオン配合でしっかり消臭し、臭いの発生も抑えます。大きめの猫でもゆったり使える広々サイズも嬉しいですね。インテリアに合わせやすいブラウンとホワイトの2色展開です。

サイズ 55.7×45.2×16cm 重量 9kg
色  ブラウン・ホワイト 素材 ポリプロピレン
古川さんの画像

古川さん

ぽっちゃり猫でも使用しやすい大きめ設計なのが嬉しいです。コスパもいいので、手が出しやすいのもポイント。ただ、出入り口があまり低くないので、短足タイプのマンチカンや子猫、老猫などは使いづらく感じることがありそうです。

ズバリ、コスパの良いシステムトイレをお探しの方へ!

猫砂が飛び散りにくい高さに設計されているハーフカバータイプの猫用トイレです。ポリプロピレン製で丸洗いできるので、こまめにトイレの掃除をする方におすすめです。ナチュラルなグレー・ナチュラルアイボリー・ブルーの3色展開で、お部屋にもなじみやすいです。

サイズ 54×41.5×22cm 重量 4.4kg
色  グレー・ナチュラルアイボリー・ブルー 素材 ポリプロピレン
古川さんの画像

古川さん

猫砂が中央に集まりやすくなるよう、内部にくぼみがつけられているのがポイントです。端っこで排泄するクセがある子におすすめです。ただ、すのこ部分の面積がやや小さいので、尿を吸った猫砂を落とす時にはひと手間かかります。

ズバリ、大きめの猫でもすっぽり!約2倍のワイド設計トイレ!

大きな猫ちゃんも使いやすいゆったりサイズの猫用トイレです。一般的な猫トイレの約2倍の広さと約1.7倍の高さで、楽な姿勢で排泄することができ、人見知りな猫ちゃんにもおすすめです。固まらないサンド&消臭マイクロカプセル配合のシートによるW消臭で、閉めきった部屋でも1週間臭いません。

サイズ 70.1×47.1×35.2cm 重量 7.6kg
色  ナチュラルアイボリー 素材 ポリプロピレン
古川さんの画像

古川さん

現在、我が家で使用している猫用トイレです。一般的な猫用トイレ約2個分の大きさなので、大型猫でも快適に用が足せます。大きいので掃除をする時に少し大変ですが、全面すのこになっておらず、一般的なシステムトイレに使用しているペットシーツが使えるのも嬉しいポイントです。

ズバリ、システムトイレなのにシート不要!猫砂だけでOKの経済的なトイレ!

シーツを使わない新しいシステムトイレです。尿を含むと細かく崩れる猫砂「デオンDサンド」専用となっており、たまった猫砂はトイレに流すことができます。網目に詰まったときに便利な爪付きスコップが付属しており、お手入れも簡単です。

サイズ 51.8×38.3×19.1cm 重量 1.8kg
色  - 素材 ポリプロピレン
古川さんの画像

古川さん

専用スコップが画期的。尿でほぐれた猫砂を処理しやすいつくりになっています。ペットシーツがいらないよう、下部の引き出し部分が深型になっているというアイデアはユニークですが、結局猫砂が落ちる部分は汚れるのでマメな掃除が必要だと感じます。

猫用トイレのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 重量 素材 色 
1
アイテムID:6300069の画像
toletta2 10,780円

詳細を見る

ズバリ、健康を守れるIoTトイレ!

43×57×30cm 3.4kg ホワイト ポリプロピレン
2
アイテムID:6300071の画像
ネコトイレ ベージュ

詳細を見る

ズバリ、大型猫&多頭飼いにオススメのコスパ良トイレ!

44×60×21 1.09kg ベージュ ポリプロピレン
3
アイテムID:6300078の画像
デオトイレ フード付き 4,999円

詳細を見る

ズバリ、トイレ選びで失敗したくない方必見のシステムトイレ!

40.5×54×15cm 5.34kg ポリプロピレン ナチュラルアイボリー
4
アイテムID:6300079の画像
自動ネコトイレ CATLINK 59,950円

詳細を見る

ズバリ、忙しい方にピッタリの全自動タイプのシステムトイレ!

71×58×60 cm 11.1kg ポリプロピレン ホワイト
5
アイテムID:6300081の画像
ニャンとも清潔トイレ ドームタイプ 3,828円

詳細を見る

ズバリ、猫思いなシステムトイレ!においが広がりにくく、飼い主にも優しい!

40×55×43cm 5.7g ポリプロピレン ウグイス&アイボリー・ターコイズ&グレー・ノルディックブルー&ホワイト・ビンテージネイビー・フレンチローズ・ブラウン・ ライトベージュ・ラベンダー&ローズ
6
アイテムID:6300082の画像
ニャンとも清潔トイレ 成猫用スタートセット 1,618円

詳細を見る

ズバリ、トイレ掃除の手間が気になる方!シンプル設計でらくらく水洗い!

48×38×14cm 3.8kg ポリプロピレン アイボリー&グリーン
7
アイテムID:6300083の画像
ニャンとも清潔トイレ 子ねこ用セット 1,591円

詳細を見る

ズバリ、子猫用のシステムトイレをお探しの方注目!

40×30×14cm 2.63kg ポリプロピレン オレンジ
8
アイテムID:6300085の画像
デオトイレ ハーフカバー 2,629円

詳細を見る

ズバリ、システムトイレの面倒なシーツ替えが楽ちんに!

53.6×41.4×22.1cm 4.4kg ポリプロピレン シルキーホワイト
9
アイテムID:6300087の画像
ウィークリートイレ しつける3点セット 3,039円

詳細を見る

ズバリ、ケージの中にぴったり収めたい方におすすめ!

32.5×16.5×43cm 1.2kg PP樹脂 オフホワイト
10
アイテムID:6300089の画像
ニオイをとる砂専用 猫トイレ 3,410円

詳細を見る

ズバリ、掃除が楽で猫にも気に入ってもらいたい方に!

57.5×38×20cm 9.9kg ポリプロピレン -
11
アイテムID:6300090の画像
楽ちん猫トイレ フード付き 4,487円

詳細を見る

ズバリ、猫の好みに合わせられるトイレ!

40.5×52.5×49.5cm 2.9kg ポリプロピレン・ABS樹脂・ポリエチレン グリーン・オレンジ
12
アイテムID:6300092の画像
ネコのトイレ 1,373円

詳細を見る

ズバリ、広いのに臭いがきつくない!きれい好きも安心な猫用トイレ!

55.7×45.2×16cm 9kg ポリプロピレン ブラウン・ホワイト
13
アイテムID:6300094の画像
デオトイレ ハーフカバー 1,878円

詳細を見る

ズバリ、コスパの良いシステムトイレをお探しの方へ!

54×41.5×22cm 4.4kg ポリプロピレン グレー・ナチュラルアイボリー・ブルー
14
アイテムID:6300096の画像
デオトイレ 快適ワイド 3,218円

詳細を見る

ズバリ、大きめの猫でもすっぽり!約2倍のワイド設計トイレ!

70.1×47.1×35.2cm 7.6kg ポリプロピレン ナチュラルアイボリー
15
アイテムID:6300098の画像
システムトイレ 3,920円

詳細を見る

ズバリ、システムトイレなのにシート不要!猫砂だけでOKの経済的なトイレ!

51.8×38.3×19.1cm 1.8kg ポリプロピレン -
編集部の画像

編集部

続いて、古川さんご監修のもと、猫用トイレの選び方について詳しく解説していきます!

猫用トイレの選び方

猫用トイレにはいろいろな種類があり、どういったことを基準に選べばいいの迷いますよね。ここでは猫用トイレの選び方のポイントをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

編集部の画像

編集部

ざっくりと、どんな猫(年齢・性格など)にはどんな猫トイレ(価格帯、メーカー、機能)がおすすめ、のようなセグメントごとの選び方などありますか?

古川さんの画像

古川さん

生後間もない子猫の場合はケージで過ごさせることも多いと思うので、ケージ内に置けるよう、やや小さめなトイレを選ぶのもいいかと思います。その際は猫砂が飛び散りにくいかよりも、出入り口が低めに設計されていて使いやすいかを重視するのがよいと思います。体の成長により、子猫用のトイレは数ヶ月で使用できなくなるため、安価なものでOKです。

トイレの底の形で選ぶ

トイレの底の形は平面タイプすのこタイプの2種類あります。それぞれのメリット・デメリットをよく理解し、使い勝手がいいものを選びましょう。

比較的安価な「平面タイプ」

平面タイプはトイレの底が平らになっており、猫砂を入れて使うタイプです。尿の量を確認しやすいので猫の健康管理がしやすく、さらにシンプルな構造のため安価で購入できるのも嬉しいですよね。

 

デメリットとしては、「猫砂が飛び散りやすい」「掃除をこまめにしないと臭いが発生してしまう」といった点があげられます。

消臭力の高い「すのこタイプ」

すのこタイプは上段のすのこ部分に猫砂を入れ、下段に吸収シートをセットして使うタイプです。「掃除がしやすい」「猫砂が飛び散りにくい」「消臭力に優れている」というメリットがあります。

 

だたし、猫砂だけでなく吸収シートを購入する必要があるためランニングコストがかかってしまうのがデメリットです。また本体の価格も平面タイプに比べると高価なものが多いです。

編集部の画像

編集部

一般的に猫の数以上の猫用トイレを用意してあげるといいと言われていますが、具体的に何台用意するのが最適なのでしょうか?

古川さんの画像

古川さん

理想的な数は頭数+1個です。1匹の猫が2つのトイレを使用してしまった場合でも自分のトイレを持てるようにしてあげるのと、いつでも清潔なトイレを使えるようにの意味をこめ、緊急用として+1個は備えておくとよいと言われています。

猫が喜ぶトイレカバーの形で選ぶ

猫用トイレを選ぶ際は、トイレのカバーにも注目してみましょう。主に大型ドームタイプ(フルカバー)ハーフカバータイプオープンタイプ(ロータイプ)の3種類があるので、猫との相性が良いものを選びましょう。

砂が飛び散らない「大型ドームタイプ(フルカバー)」

大型ドームタイプ(フルカバー)はトイレの上部をフードで覆っているタイプです。猫砂が飛び散りにくく、臭いが漏れにくいのでリビングにも置きやすいのが特徴です。さらに外から見えないため、警戒心の強い猫や人見知りしやすい猫でも安心して使うことができます

 

ただし、サイズが大きいので狭い場所に置けない、フードがある分掃除の手間がかかるといったデメリットがあります。

コンパクトな「ハーフカバータイプ」

ハーフカバータイプは入口付近が低くなっており、後ろ側の壁が高くなっているタイプです。ドームタイプのように上部は覆われていませんが、トイレが囲われているので猫砂が飛び散りにくいです。コンパクトで狭い場所にも置きやすく、比較的リーズナブルなのもメリットですね。

 

ただし、勢いよく砂をかけると多少は砂が飛び散ってしまいます。またドームタイプよりは臭いやすいため、こまめなお手入れが必要です。

お手入れがしやすい「オープンタイプ(ロータイプ)」

オープンタイプ(ロータイプ)カバーがない箱型のタイプです。シンプルな作りなので猫砂の交換や掃除がしやすく、尿量のチェックもしやすいのがポイントです。高さが低いので、老猫でも入りやすいというメリットもあります。

 

一方で、「猫砂が飛び散りやすい」「臭いが広がりやすい」というデメリットがあり、こまめなお手入れが必要です。掃除の回数をなるべく減らしたいという方は、システムトイレのオープンタイプ(ロータイプ)を選ぶといいでしょう。

編集部の画像

編集部

複数の猫トイレを用意する場合、猫トイレの種類は同じタイプでそろえたほうがいいのでしょうか。

古川さんの画像

古川さん

愛猫の年齢や体格、好みに応じて選ぶのがベストです。トイレグッズを選ぶ時は猫の気持ちを優先にし、使ってくれやすいものを探していくことが大切です。それが結果的に、健康維持やストレスの軽減にも繋がります。

トイレの種類で選ぶ

猫用トイレにはさまざまな種類があります。お手入れしやすさや持ち運びに便利などそれぞれに特徴があるので、用途に合ったものを選びましょう。

アイリスオーヤマの『上から猫トイレ』でおなじみの「猫砂トイレ」

猫砂タイプは、シンプルに猫砂だけを入れて使用する猫用トイレです。固まるタイプと固まらないタイプどちらの猫砂も使うことができ、排泄後はスコップですくって捨てるだけでOKです。こまめな掃除が必要ですが、猫の体調管理がしやすいのがメリットです。

 

猫砂タイプにはオープンタイプ・ハーフカバータイプ・上から入るタイプなどがあるので、使いやすいものを選んでみてください。

ユニ・チャームの『デオトイレ』で有名な「システムトイレ」

システムトイレは、底の上段にすのこ、下段にトレーが設置されている二重構造の猫用トイレです。すのこ部分に専用の猫砂を入れ、トレー部分に吸収シートを敷くのでお手入れが簡単で、消臭力にも優れています。

 

また、粒が大きめの猫砂を使用するので飛び散りにくいというメリットもあります。一方で尿の回数や量がわかりにくい、専用の猫砂とシートを使うためランニングコストがかかるというデメリットもあります。

 

システムトイレには、オープンタイプ・ハーフカバータイプ・ドームタイプがあるので、ぜひチェックしてみてください。

忙しい方や多頭飼いにピッタリな「自動トイレ」

自動トイレは、猫砂の交換や掃除を自動で行える猫用トイレです。排泄物をセンサーが自動で感知して処理してくれるので掃除の手間がかからず、臭いも気になりません。毎日のトイレの掃除が面倒と感じている方、多頭飼いトイレがすぐ汚れてしまうというご家庭におすすめです。

 

デメリットとして、本体価格が比較的高価であったり設置場所を選ぶという点があげられます。また、警戒心が強い猫は怖がることがあるので、猫との相性を確認しておくことも大切です。

置き場所に迷わない「携帯トイレ」

携帯トイレは、コンパクトに折りたたんで持ち運ぶことができる猫用トイレです。使用する場所を選ばないため、車でのお出かけや旅行時はもちろん、災害時の予備トイレとしても役立ってくれます。あくまで携帯用なので常用には適していませんが、1つ持っておくと便利ですよ。

編集部の画像

編集部

最初、猫がどのタイプのトイレを気に入るかわからないと思うのですが、これを選べば間違いないといったものはありますか?

古川さんの画像

古川さん

まずは飼い主さんがシステムトイレか一般的な猫用トイレのどちらを使いたいか考えた上で、掃除がしやすいシンプルな設計のものを選ぶとよいと思います。おすすめはデオトイレワイドかリッチェル。どんな体格の猫でも使用しやすいトイレです。

飼い主もうれしい「消臭力」で選ぶ

猫用トイレを使っていて、どうしても気になるのが臭いですよね。特にリビングに設置する場合は、閉め切った部屋でも臭いが広がりにくいドームタイプや、猫砂と吸収シートの2つを使うことで消臭力が長続きするシステムトイレがおすすめです。

 

猫用トイレの臭いを完全に取り除くことは難しいですが、排泄後のこまめな掃除などしっかり対策を行うことで臭いを最小限に抑えることができます。消臭スプレーや空気清浄機などの消臭アイテムも併用し、快適な空間を保ちましょう。

編集部の画像

編集部

トイレはもちろん、それ以外でも消臭に使用しているものなどありますか?

古川さんの画像

古川さん

我が家では猫用トイレを置いている部屋に、コンセント式の小型脱臭機を設置しています。トイレのにおい問題は使用する猫砂によってもかなり変わってきます。気になる場合はトイレ容器だけでなく、猫砂やペットシーツも共に見直すとよいと思います。

掃除のしやすさで選ぶ

猫はきれい好きなので、猫用トイレは常に清潔にしておく必要があります。猫用トイレを選ぶ際は掃除がしやすいものを選びましょう。

「突起や溝が少ない」シンプルなものを選ぼう

カバーが付いていたり、パーツが多い猫用トイレだと1つ1つ分解して洗う必要があるため、手間が増えますよね。できるだけパーツが少なく余計な突起や溝がない、シンプルな作りの猫用トイレを選ぶとお手入れがしやすいですよ。

「猫砂タイプ」のトイレを選ぶ

二重構造になっているシステムトイレはどうしてもパーツが多く、掃除が面倒です。猫砂だけでなく吸収シートの交換も必要なので、手間がかかりますよね。気軽に掃除をしたい方は猫砂タイプを選びましょう。

 

パーツが少なく、猫砂だけを入れる猫砂タイプなら手間をかけずにこまめにお手入れができます。使用する猫砂も固まるタイプであれば、後始末が簡単です。

編集部の画像

編集部

猫ちゃんのトイレ後、片付けやすい商品の特徴などありますか?

古川さんの画像

古川さん

システムトイレならば、すのこ部分の面積が小さくないかをチェックしてください。内部が内側に向かってくぼんでいるものなら猫砂が下に落ちやすいので、愛猫がいつもトイレの端っこに排泄をする場合はそうした商品を選ぶのもおすすめです。

初めて買うなら付属品がついた「セット」が安心

猫用トイレを使う際は、本体のほかに猫砂や吸収シートも必要です。初めて猫用トイレを購入する方で何を用意すればいいのかわからないという方は、付属品がすべてセットになっている商品を選ぶと安心です。

 

まずは付属しているものを試してみて、猫との相性や使いやすさを見極めてみてください。

編集部の画像

編集部

猫トイレを置く場所としてここが最適という場所はありますか?

古川さんの画像

古川さん

落ち着いて用が足せるよう、人目にあまりつかず、人通りが少ない部屋に置いてあげると警戒心が強い猫でも使用してくれやすくなります。愛猫の警戒心がすごく強い場合は生活音がしない場所を選んであげることも大切です。

部屋の雰囲気に合った「おしゃれなデザイン」を選ぼう

リビングや玄関など人目につく場所に猫用トイレを設置する場合は、部屋の雰囲気に合ったおしゃれなデザインのものを選んで気持ちよく過ごしたいですよね。

 

最近は、猫用トイレには見えないようなスタイリッシュなデザインの商品も多く発売されています。シンプルなものからカラフルなものまでカラーバリエーションも豊富なので、ぜひ好みのものを選んでみてください。

価格帯で選ぶ

猫用トイレは、気軽に購入できる安価なものから機能性に優れた高価なものまで価格帯が幅広いです。購入する際は必要な機能性と価格を総合的に判断し、最適なものを選びましょう。

「安価」な猫砂タイプ・オープンタイプは気軽に試せる

シンプルな作りのオープンタイプや、猫砂のみを使用する猫砂タイプの猫用トイレは比較的安価なので、気軽に購入することができます。初めて猫用トイレを購入する方やできるだけ経済的なものを選びたいという方は、まずは安価なもので試してみてください。

「高価」なシステムトイレ・自動トイレは便利に使える

なるべく掃除の手間を減らしたい、臭いや猫砂の飛び散りを防ぎたいという方は機能性に優れたシステムトイレや自動トイレを選んでみてください。本体の価格は比較的高価で、専用の猫砂や吸収シートも必要ですが、とにかく利便性を重視したいという方におすすめです。

古川さんの画像

古川さん

リッチェルのように、コスパが良くても使用しやすいものも多いので、猫用トイレに関しては値段よりもレビューや猫仲間さんの口コミを重視したほうがよいと思います。

編集部の画像

編集部

補足ですが、古川さんから見たおすすめの猫トイレメーカーはありますか?

古川さんの画像

古川さん

tolettaは魅力的だと思います。飼い主さんが24時間トイレをチェックすることは現実的に不可能なので、それを技術で補ってもらえるのが嬉しいですし、病気が早期発見できるのが最大のメリットだと感じます。

猫が喜ぶ快適な猫用トイレを選ぼう!

猫用トイレの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。きれい好きな猫のためにも、快適に使える猫用トイレを設置してあげましょう。今回の記事を参考に、猫も飼い主も気持ちよく過ごせる猫用トイレを選んでみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【キャットケアスペシャリスト監修】猫砂の人気おすすめランキング12選【飼い主も猫ちゃんも大満足!】

【キャットケアスペシャリスト監修】猫砂の人気おすすめランキング12選【飼い主も猫ちゃんも大満足!】

猫用品
【猫が来なくなる!】猫よけグッズの人気おすすめランキング15選【最強はどれ?】

【猫が来なくなる!】猫よけグッズの人気おすすめランキング15選【最強はどれ?】

農業資材・ガーデニング用品
【車中泊のプロ監修】2021年版 カー用品の人気おすすめランキング24選

【車中泊のプロ監修】2021年版 カー用品の人気おすすめランキング24選

カー用品
【2021年最新版】抱き枕の人気おすすめランキング22選【ニトリやかわいいものも!】

【2021年最新版】抱き枕の人気おすすめランキング22選【ニトリやかわいいものも!】

布団・寝具
バイク用シートバッグの人気おすすめランキング15選【防水性に注目】

バイク用シートバッグの人気おすすめランキング15選【防水性に注目】

バイク用品
【2021年最新版】車の芳香剤の人気おすすめランキング20選【女子ウケ最強のものや長持ちするものも】

【2021年最新版】車の芳香剤の人気おすすめランキング20選【女子ウケ最強のものや長持ちするものも】

カー用品