【キャットケアスペシャリスト監修】猫砂の人気おすすめランキング12選【飼い主も猫ちゃんも大満足!】

記事ID2303のサムネイル画像

猫を飼ううえで必要になってくる猫砂は、飼い主さんと猫の両方に最適なものがおすすめです。ただ、お手入れのしやすさや掃除の手間を考え、ついつい利便性ばかり優先してしまいがち……。そこで今回は両者がうれしい猫砂の選び方とおすすめ商品ランキングをご紹介します。

猫ちゃんも飼い主もうれしい猫砂の選び方!

家に滞在する時間が増え、大好きな猫ちゃんと過ごす方も多いと思います。一緒にいる時間が増えれば増えるほど気になるのが猫ちゃんの排泄物。猫特有の尿のにおいの原因は、尿中のコーキシンというたんぱく質の中に「フェリニン」という物質が含まれているからなのです

 

そんな猫ちゃんの排泄物と密接に関係するのが猫砂です。安全かつ愛猫にぴったりな猫砂をそろえて快適に過ごしたいですよね。猫砂は種類や効果がさまざまで、いざ買うとなるとどれが猫ちゃんに適しているか悩まれる方も多いと思います。

 

飼い主が手入れしやすいか、臭いが気にならないかといったことはもちろん、猫が気に入ってくれるか、猫にとって安全かといった点も妥協したくありませんよね。そこで今回は猫砂の選び方とおすすめランキングをご紹介していきますので最後までお付き合いください!

キャットケアスペシャリストが教える!猫砂の選び方

取材協力

専門家プロフィール画像

古川 諭香

フリーライター/キャットケアスペシャリスト/愛玩動物飼養管理士

愛玩動物飼養管理士やキャットケアスペシャリストの資格を活かしながら、様々なWebサイトや紙媒体で猫情報を配信中。産まれてから今まで猫がいなかった日はなく、現在は3匹の猫たちと生活中。「猫と人間が幸せに暮らす」をテーマに、猫が喜ぶ注文住宅も建築済み。新感覚の猫フォトエッセイ『バズにゃん』(KADOKAWA)も発刊済み。

編集部の画像

編集部

猫砂を選ぶときの重要ポイントを古川さんに教えていただきました!

POINT①

■猫砂の選び方


①粉が舞いにくいか

②固まりやすいか

③猫砂のにおいがきつくないか

1.粉が舞いにくいか

古川さんの画像

古川さん

鉱物系の猫砂は特に粉が舞いやすい製品が多いので、呼吸器系が弱い飼い主さんは注意しましょう。愛猫の呼吸器が弱い場合も、粉が舞いにくいものを使用してあげると良いです。

2.固まりやすいか

古川さんの画像

古川さん

一般的なトイレの場合は固まりやすい猫砂は掃除がしやすいです。レビューなどを参考にして、固まりやすい製品を選ぶのがおすすめです。

3.猫砂のにおいがきつくないか

古川さんの画像

古川さん

猫砂の中には香料が含まれていて良いにおいがする製品があります。猫は人間よりも嗅覚が敏感でにおいで縄張りを判別しているので、そのような製品だと使用を嫌がり、粗相などを引き起こしてしまうケースもあります。

古川さんおすすめ!猫砂3選

ズバリ、高い消臭力を求めている飼い主さんへ!

天然木100%の抗菌力が尿の腐敗臭の発生を抑制し、飼育環境を衛生的に保ってくれます。埃が少なく、猫の足にくっつきにくいのでトイレ周りを汚さず、無駄な掃除の手間もかかりません。

 

吸水力に秀でており、しっかりと尿を吸収してくれるので無駄な砂の消費を抑えることができます。すのこ付き専用トイレを使用すれば、3~5日に一度の掃除で済むのがポイント。

素材 内容量 6L
古川さんの画像

古川さん

コスパはそこまでよくありませんが、実際に使ってみて消臭力が高く、感動しました。大きめサイズの砂で飛び散りも少なく、しっかりとほぐれてくれます。

ズバリ、コスパも質も重視したい飼い主さんのおすすめ!

高い吸水性を誇り、常にサラサラの使用感が特徴的。ペレット形状をしており、水分を吸収すると木くず状になってトイレの床に落ちていきます。粉を落としてシートを取り換えればいつまでも臭いません。粒自体が重いので猫が砂かきしてもこぼれずコスパの良い商品。

 

松の木の香りと抜群の消臭力でにおいを強力に取り除いてくれる優れもの。においが全く気にならず、トイレの後処理が簡単な猫砂をお探しの方にはぜひ使っていただきたい商品です!

素材 内容量 8L
古川さんの画像

古川さん

システムトイレ用の猫砂はコスパがあまりよくないことが多いですが、その中でもこちらは比較的コスパがいい商品です。消臭力も高く、「パインウッド」に似た使用感なのに、こちらのほうが安価だったので重宝していました。

ズバリ、コスパよくシステムトイレを使用したい方に!

粒がしっかりしていて、においがほとんど気にならない万能猫砂。ペレットは尿がかかると粉上になるのでシステムトイレと使用すると相性抜群。定評のあるにおいの消臭力は、ペットシーツすらいらないほど。

 

米袋に10kgのペレットが2袋入ってくるので持ち運びは少し大変かもしれませんが、そのコスパの良さからリピートする人続出。消臭力とコスパを兼ね備えた猫砂をお探しの方にはぜひ試していただきたい商品です。

素材 内容量 33L
古川さんの画像

古川さん

我が家はシステムトイレを使っていますが、専用の猫砂ではなく木製ペレットを猫砂として使用しています。米袋で届くため、運ぶのが大変というデメリットはありますが、コスパ・使用感・消臭力のいずれも満足度が高いです。

専門家のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6413931の画像

    アイランド トレード エンド インダストリーズ

  • 2
    アイテムID:6413933の画像

    スーパーキャット

  • 3
    アイテムID:6413935の画像

    岩国再生エネルギー株式会社

  • 商品名
  • パインウッド 6L
  • ナチュラル100 8L
  • 猫砂 20kg
  • 特徴
  • ズバリ、高い消臭力を求めている飼い主さんへ!
  • ズバリ、コスパも質も重視したい飼い主さんのおすすめ!
  • ズバリ、コスパよくシステムトイレを使用したい方に!
  • 素材
  • 内容量
  • 6L
  • 8L
  • 33L

飼い主も猫ちゃんも大満足!猫砂の人気おすすめランキング12選

1位

ライオン商事

ニオイをとる砂 5L

価格: 450円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、しっかり固まりにおいも気にならない商品をお探しの方に!

猫が排泄した部分だけがっちりと固まってくれる鉱物性の猫砂。24時間ニオイ菌の繁殖を抑制し、排泄物の嫌なニオイもしっかり消臭してくれるのでトイレを清潔に保つことができます。

 

内容量が多く、リーズナブルなので猫砂の消費量が多い方でも安心して手に取ることができます。砂色が白なので猫の体調を把握しやすいのもうれしいポイント。口コミを見てみると、「うちはこれ一筋」「猫に好評」といった安定性がうかがえます。

素材 鉱物(ベントナイト) 内容量 5L
古川さんの画像

古川さん

しっかりと固まる猫砂を求めている方におすすめです。消臭力もあります。砂が小さいので、肉球の間に挟まりやすく、トイレ後の飛び散りも気になりやすいため、飛び散り対策ができるマットを併用するのがおすすめです。また、掃除中や開封時に粉が舞いやすいので、呼吸系が弱い猫や飼い主さんは要注意です。

2位

ユニチャーム

デオトイレ 飛び散らない消臭・抗菌サンド 4L×4個

価格: 4,285円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、システムトイレで強力消臭を求めている方に!

猫砂独特のにおいも気にならない独自の木の素材はとにかく消臭力抜群。一般的な猫砂に比べて大粒なので、肉球の間に挟まって部屋が汚れたり、木粉がひどくなったりしないので処理の手間も省けます。

 

飼い主だけでなく、猫も気に入ってくれるというレビューが多い万能商品。システムトイレを使っている方にぜひおすすめしたい商品です!

素材 内容量 4L
古川さんの画像

古川さん

量より質派におすすめです。コスパはあまりよくありませんが、消臭力がすぐれています。砂の粒が大きめなので、肉球の間に挟まりにくく、粉立ちしにくい点も嬉しいポイントです。

3位

花王

ニャンとも清潔トイレ 4.4L

価格: 1,129円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、固まらない木製の猫砂で清潔保持をメインに考える方に!

主原料は針葉樹の木材で排泄物のニオイを強力消臭してくれます。トイレ環境をいつでも清潔に保持したい方におすすめです。

 

撥水性のチップは尿で固まらないので取り除く必要がなく、いつでもサラサラをキープしてくれます。粒がトイレの外に飛び散りにくいので掃除が楽で燃えるゴミとして処理することもできます。

素材 内容量 4.4L
古川さんの画像

古川さん

ニャンとも清潔トイレの猫砂は「大きめ」「小さめ」「極小」の3サイズから選べるので、猫砂の大きさにこだわりがある子におすすめです。我が家では大きめサイズを使用したことがありますが、おしっこのにおいがしにくくなりました。

4位

エバークリーン

猫砂 小粒・芳香タイプ 6kg×3個セット

価格: 5,280円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、粉が舞いにくい鉱物系の猫砂をお探しの方に!

上質な天然鉱物ベントナイトを使用していて、活性炭と組み合わさり嫌なニオイを瞬間消臭してくれます。不純物を限りなく取り除いているのでベントナイトの欠点である「埃の舞いやすさ」もちゃんとカバーしてくれます

 

猫砂特有のにおいもきつくなく、使用後には石鹸の香りが広がります。砂自体がさらさらしており、排泄物が小さくまとまり処分しやすいのがポイント。

素材 鉱物(ベントナイト) 内容量 6L×3
古川さんの画像

古川さん

使用後は石鹸のようなフレッシュな香りが広がるので、警戒心が強い猫の場合は使用をためらうことがあるかもしれません。サラサラとした猫砂であるため、土に用を足していた元野良猫でも使用してくれやすい商品だと感じます。

5位

常陸化工

おからの猫砂グリーン6L×4個

価格: 1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、猫が口にしても安心な猫砂をお探しの方に!

主成分がおからなので猫がつい口にしてしまっても安全です。「安全性と安さを理由に購入した」といったレビューがあるように、猫砂を選ぶうえで安全性を重視する方におすすめ。

 

緑色の明るい色が変化することで排泄物の場所が一目瞭然なので掃除しやすいです。堆肥として再利用できる環境にやさしい猫砂です。

素材 おから 内容量 6L×4
古川さんの画像

古川さん

個人的には、おからのにおいがやや強いと感じたので、飼い主さんによる好みが分かれる商品ではありますが、コスパもよく消臭力も高い猫砂です。トイレに流せるだけでなく、燃えるゴミとしても出せるため処理も楽ちんです。

6位

常陸化工

トイレに流せる木製猫砂 6L×6個

価格: 2,727円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、圧倒的な消臭・吸収力!猫ちゃんの排泄物のにおいが気になる方に!

木の粉を原料とした猫砂は天然ヒノキ配合で優れた消臭効果を期待できます。1袋2.3kgと驚くほど軽く、大粒ペレットなので散らかりにくく塊も崩れません

 

トイレに流せるのでニオイが気にならないだけでなく、後処理も簡単。これまで鉱物系の猫砂を使っていたけれど、腰に負担のかかる重さと独特のニオイが嫌な方はこれを試してみる価値ありです!

素材 内容量 6L×6
古川さんの画像

古川さん

粒が大きめで、飛び散りにくい猫砂です。ただ、ヒノキの香りが強いので猫が使用をためらってしまうことがありそうです。あまりにも猫が気にするようであれば、袋の口を少し開けておき、においを飛ばしてから使用するのがおすすめです。

7位

アイリスオーヤマ

紙の猫砂 7Lx6袋

価格: 3,042円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、軽くて扱いやすい猫砂をお探しの方に!

トイレットペーパーと同じ成分で作られた猫砂なので、もちろん燃えるごみで捨てられますし、トイレにも流すことができるので排泄物の後始末がとても簡単にできます。ゴミの日まで家に排泄物を残さなくていいので嫌なニオイが残りません。

 

鉱物系の重い砂だと腰を悪くしてしまうという方や、腕力に自信のない方でも楽々運べるのがポイント。持ち運びやすさ・後始末の楽さを追求する方はぜひ試してほしい商品です!

素材 内容量 7L×6
古川さんの画像

古川さん

紙の猫砂はとにかく軽いのがメリットです。粉が舞わないので、その点は安心して使用できますが、一方で鉱物系よりも固まりにくいというデメリットがあります。消臭力も弱めなので、空気清浄機などを併用するのがおすすめです。

8位

アイリスオーヤマ

ウッディフレッシュ 7L×4袋

価格: 1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、環境にやさしい猫砂を求めている方に!

がっちり固まってくれる木製砂を使用しており、猫トイレを部屋に置いておきたい方におすすめです。ベントナイト・抗菌粒がにおいを閉じ込めてくれる脱臭力にも優れた商品。

 

森林資源をリサイクルしているので環境にやさしい猫砂です。ただ、猫砂が多少散らばってしまう欠点があるのでその点には注意しておきましょう。

素材 木・鉱物(ベントナイト) 内容量 7L×4
9位

ユニチャーム

デオサンド 複数ねこ用 10L

価格: 908円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、猫を多頭飼いしている方に!

粒が大きいので複数猫が同時に砂をかけても飛び散りにくくなっています。衣袋10kgの大容量で複数猫飼い主必見のコスパの良さ!

 

おしっこした瞬間から長時間強力消臭してくれるので多頭飼いしていてもニオイに悩まされません!おしっこでぬれた部分が青く変色するので取り除くのが簡単なのもうれしいポイントです。

素材 内容量 10L
古川さんの画像

古川さん

軽くて散らばりやすいため、こまめな掃除が必要になってきます。一般的な紙の猫砂よりも固まりやすく、消臭力も高めです。ソープのような香りがやや強いので、猫によって好みは分かれやすいと感じます。

10位

ユニチャーム

デオサンド 紙砂 5L

価格: 437円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、消臭力・固まりやすさを兼ね備えた猫砂をお探しの方に!

猫が排泄物をしたときにガチっとしっかり固まってくれるのでトイレの容器を汚しにくいのが特徴。隠された排泄物を探りながら回収していくときも砕けにくい硬さです。

 

「紙製は後処理が簡単で扱いやすいけど、消臭力がちょっとなあ……」という方必見の強力消臭を実現させた商品になっています。「紙の猫砂を選ぶときはコレ!」という口コミが多い定番商品です。

素材 内容量 5L
11位

アイリスオーヤマ

楽ちん猫トイレ 3.5kg×3袋

価格: 1,712円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、消臭力抜群のペレットタイプの猫砂をお探しの方に!

おしっこがかかると粒が粉末になってトイレの隙間から下に落ちる仕組みなので汚れた砂から病気に感染するリスクを減らしてくれます。システムトイレと相性の良い猫砂をお探しの方にピッタリな商品。

 

天然木に含まれている成分「フィトンチッド」が菌の繁殖を抑制・においも軽減してくれるのでトイレを清潔に保つことができます。

素材 内容量 3.5L×3
古川さんの画像

古川さん

大きめの粒なので飛び散りにくいです。木の香りがやや強いので、猫による好みは分かれそうですが、コスパがよくしっかりほぐれてくれる良い商品です。小さめサイズの猫砂を好む猫におすすめできます。がっちり固まってくれるので、掃除が楽ちん。ただ、香料が強いため、猫による好みは分かれそうです。

12位

インターサンド

オードロック 6kg

価格: 1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、埃が立たない、使用感最高の上質な鉱物系猫砂をお探しの方に!

カナダ製「オードロック」粘土をつかった、使用感最高な猫砂です。40日間持続した圧倒的な消臭効果が期待できる優れもの。多少値段が張るものの、ぜひ試していただきたい商品です。

 

ベントナイト鉱物特有のニオイが全然きつくないので猫が気に入ってくれること間違いなし!ベントナイトの埃がたってしまうこともないので部屋が砂まみれになってしまうことを防げます。

素材 ベントナイト 内容量 6L
古川さんの画像

古川さん

土に似たサラサラとした感触の砂なので、野良生活が長かった子でも使いやすそうです。飛び散りやすいので掃除は大変ですが、粉が舞いにくいというメリットがあります。消臭力も高いため、トイレのニオイ問題に悩んでいる方におすすめです。

猫砂のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6413939の画像

    ライオン商事

  • 2
    アイテムID:6413941の画像

    ユニチャーム

  • 3
    アイテムID:6413943の画像

    花王

  • 4
    アイテムID:6413945の画像

    エバークリーン

  • 5
    アイテムID:6413947の画像

    常陸化工

  • 6
    アイテムID:6413949の画像

    常陸化工

  • 7
    アイテムID:6413951の画像

    アイリスオーヤマ

  • 8
    アイテムID:6413953の画像

    アイリスオーヤマ

  • 9
    アイテムID:6413954の画像

    ユニチャーム

  • 10
    アイテムID:6413956の画像

    ユニチャーム

  • 11
    アイテムID:6413957の画像

    アイリスオーヤマ

  • 12
    アイテムID:6413959の画像

    インターサンド

  • 商品名
  • ニオイをとる砂 5L
  • デオトイレ 飛び散らない消臭・抗菌サンド 4L×4個
  • ニャンとも清潔トイレ 4.4L
  • 猫砂 小粒・芳香タイプ 6kg×3個セット
  • おからの猫砂グリーン6L×4個
  • トイレに流せる木製猫砂 6L×6個
  • 紙の猫砂 7Lx6袋
  • ウッディフレッシュ 7L×4袋
  • デオサンド 複数ねこ用 10L
  • デオサンド 紙砂 5L
  • 楽ちん猫トイレ 3.5kg×3袋
  • オードロック 6kg
  • 特徴
  • ズバリ、しっかり固まりにおいも気にならない商品をお探しの方に!
  • ズバリ、システムトイレで強力消臭を求めている方に!
  • ズバリ、固まらない木製の猫砂で清潔保持をメインに考える方に!
  • ズバリ、粉が舞いにくい鉱物系の猫砂をお探しの方に!
  • ズバリ、猫が口にしても安心な猫砂をお探しの方に!
  • ズバリ、圧倒的な消臭・吸収力!猫ちゃんの排泄物のにおいが気になる方に!
  • ズバリ、軽くて扱いやすい猫砂をお探しの方に!
  • ズバリ、環境にやさしい猫砂を求めている方に!
  • ズバリ、猫を多頭飼いしている方に!
  • ズバリ、消臭力・固まりやすさを兼ね備えた猫砂をお探しの方に!
  • ズバリ、消臭力抜群のペレットタイプの猫砂をお探しの方に!
  • ズバリ、埃が立たない、使用感最高の上質な鉱物系猫砂をお探しの方に!
  • 価格
  • 450円(税込)
  • 4,285円(税込)
  • 1,129円(税込)
  • 5,280円(税込)
  • 1,980円(税込)
  • 2,727円(税込)
  • 3,042円(税込)
  • 1,980円(税込)
  • 908円(税込)
  • 437円(税込)
  • 1,712円(税込)
  • 1,980円(税込)
  • 素材
  • 鉱物(ベントナイト)
  • 鉱物(ベントナイト)
  • おから
  • 木・鉱物(ベントナイト)
  • ベントナイト
  • 内容量
  • 5L
  • 4L
  • 4.4L
  • 6L×3
  • 6L×4
  • 6L×6
  • 7L×6
  • 7L×4
  • 10L
  • 5L
  • 3.5L×3
  • 6L
編集部の画像

編集部

続いて、古川さんご監修のもと、猫砂の選び方について詳しく解説していきます!

システムトイレ・猫砂タイプの猫砂の選び方

猫砂は毎日の消費が激しいのでコスパの良さや、お手入れの簡単さは選ぶうえで重要な点です。そのほかにも飼い主さんにぜひとも知っていただきたい猫砂選びのポイントをご紹介していきますので、参考にしてみてください。

編集部の画像

編集部

子猫・成猫・老猫のそれぞれについておすすめの選び方のポイントを教えてください。

古川さんの画像

古川さん

子猫期は好奇心が旺盛で猫砂を口にしてしまうことがあるため、大量に食べてしまうのが不安な方は猫がニオイに惹かれやすい、おからの猫砂は避けるのがおすすめです。


成猫は猫砂の素材や大きさに変化が表れることがあるため、その都度、好みやすいものを探していくと粗相や下部尿路系の病気が予防できます。


老猫期は身体能力が衰えてきて自分でグルーミングなどをするのが難しくなる子も多いので、体を綺麗に維持しやすいよう大きめの猫砂にしたり、足が汚れにくい木材の猫砂を選んだりするのが良いと思います。

素材別の特徴を理解する

素材によるメリット・デメリットを把握して、求めている効用と合致するものを選ぶことが基本です。一般的には紙・鉱物・木製・シリカゲル・おからのいずれかが使われます。

トイレに流せて扱いやすい「紙製」

再生パルプでできた紙製の猫砂のメリットは、なんといってもトイレに流すことができる点です。家の中に排泄物を放置しなくていいのでイヤな臭いが気になりません。ただ、猫砂自体の吸収力が高いのでトイレが詰まってしまったという声も。流す量は一回に1かたまりが最適です。

 

紙タイプの猫砂は比較的大きい粒のものが多いため、猫によって好みが分かれる点に注意しましょう。衛生面を重視する方や、軽くて持ち運びやすいため一人暮らしの女性におすすめです。

安価でがっちり固まってくれる「鉱物」

ベントナイトを含む鉱物タイプは粒が細かく、砂のような感触で、猫が一番好みやすい種類です。猫が砂かきをしたとき、細かい砂ぼこりが舞ってしまうので掃除が大変なことがデメリット。猫の肉球の間に挟まって床に飛び散ってしまうこともしばしば。

 

一方、猫がおしっこをした部分がガチっと重く固まってくれるので、汚れた部分を回収することは簡単にできます。猫に快適にトイレを使ってもらいたいという方にピッタリの素材です。

軽くて消臭力のある「木製」

木製の猫砂はおがくずやヒノキを原料にしているので猫砂自体のにおいが気になりません。処理の方法としては、燃えるごみとして捨てる以外にもトイレに流せるタイプもあるので廃棄の仕方を選べるのがうれしいポイント。

 

消臭効果が高く、飛び散りにくいので重宝してリピートし続けている方も多いです。大粒のペレットタイプは猫によって好みが分かれることもあるので注意しましょう。

ダントツの消臭効果誇る「シリカゲル」

シリカゲルは主に脱臭剤として使用されているので消臭効果が非常に高いのが特徴です。夏場のにおいが気になる時期でも抜群の消臭力で快適に過ごせます。尿を吸収せず、全量をいっぺんに交換することになるのでお手入れが楽ちん。

 

安全性については、シリカゲルは純度が高く、水晶や石英の成分と同じ化学物質なので毒性はありません。間違って猫が食べてしまっても体内で吸収されずに排出されるので中毒を引き起こす心配はないです。

安心・安全に使える「おから」

おから素材は万が一猫が口にしてしまっても安全。猫が砂をかいたときに飛び散りにくく、吸収力や消臭力も兼ね備えています。トイレに流すことができるので、ごみを家の中に置いておきたくないという方にはピッタリ。

 

猫砂が固まりやすく扱いやすい一方、おからの独特のにおいが特徴的です。飼い主さんと猫に受け入れられないケースもあるのでよく確認しましょう。

編集部の画像

編集部

一般にベントナイトの猫砂は危険だといわれることがありますが、実際はどうなのでしょうか?

古川さんの画像

古川さん

鉱物系猫砂の主成分となっているものは人用の食品添加物として認められているので、通常の使い方をするのであれば危険は少ないと感じます。そうはいってもやはり心配な飼い主さんもいると思いますし、粉塵による猫の喘息とベントナイトの関連性はまだ明らかにされていないので、各々の判断で安全だと思うものを使用したらよいと思います。

「消臭力」があるかどうか

動物を飼っているとどうしても気になってしまう「におい」。猫砂を選ぶ際にまず気になるポイントかもしれません。猫特有の尿のにおいは、尿の中のコーキシンというたんぱく質に含まれる「フェリニン」によるものなのです。

 

シリカゲルタイプの猫砂は脱臭効果に優れているものが多く、におい軽減に役立ちます。違うタイプの猫砂を使っている方でにおいに困っている方は、別の砂にシリカゲルを混ぜて使う方法をぜひ試してみてください。

 

シリカゲル以外だと、木製や鉱物タイプの猫砂も脱臭効果に優れた商品があります。きれい好きの猫のためにトイレの清潔さはできるだけ保持してあげましょう。

編集部の画像

編集部

トイレはもちろん、それ以外でも消臭におすすめの商品はありますか?また、臭いが残りにくいトイレの特徴はありますか?

古川さんの画像

古川さん

我が家では猫用トイレを置いている部屋に、コンセント式の小型脱臭機を設置しています。トイレのにおい問題は使用する猫砂によってもかなり変わってくるので、気になる場合はトイレ容器だけでなく、猫砂やペットシーツも共に見直すとよいと思います。

編集部の画像

編集部

猫トイレ用の消臭スプレーは猫が嫌がる原因になるのでしょうか?

古川さんの画像

古川さん

あまりにもにおいが強いものは、嫌がる子もいます。香り付きのものだと、そのにおいを嫌がり、トイレを使用してくれなくなるケースもあるので注意が必要です。

「処理」のしやすさ

飼い主さんにとってやはり大変なのは毎日の「トイレ掃除」ですよね。掃除の手間を少しでも減らすためにできるだけ後処理しやすい商品を選びましょう。

 

猫が砂かきをしたときに粉塵が飛ぶのを防ぐにはシリカゲルタイプがおすすめ。猫の肉球の間に砂が挟まって部屋のいたるところが汚れてしまうことも防げます。砂の入れ替え時に粉でむせてしまうことも防ぐことができるのもポイント。

 

排泄物をしたときに固まるのは鉱物タイプ。汚れた部分だけさっと回収できるのでトイレ掃除が楽になります。猫がおしっこをした部分が、しっかり固まるまで時間を置いて取り出すようにしないと、固まりきってないこともあるので注意しましょう。

編集部の画像

編集部

手入れのしやすさ以外で固まるタイプの猫砂を選ぶメリットはありますか?

古川さんの画像

古川さん

固まりの個数や大きさを毎日確認することで、異変を早期発見することができます。また、汚れた部分だけをしっかりと取り除けるので、コスパがいいと感じます。

編集部の画像

編集部

飛び散りにくい猫砂を選ぶ際に粒の大きさ以外で選ぶポイントはありますか?

古川さんの画像

古川さん

材質だと思います。鉱物タイプや紙タイプは軽くて散らばりやすいので、飛び散りが気になる方は木材タイプの猫砂を選ぶのがよいです。

「経済的負担」になりにくいか

猫砂は毎日使うものなのでコスパで選ぶことは大切です。使いやすい猫砂を選んでも、高すぎるとリピート買いできませんよね。猫砂の機能性・安全性と価格のバランスを慎重に検討して、使い続けられるものを選びましょう。

編集部の画像

編集部

多頭飼いしている方が猫砂を選ぶうえで重要なポイントはありますか?

古川さんの画像

古川さん

愛猫によって猫砂の好みが違うこともあるので、各々が快適に排泄できる素材を見つけてあげることが大切です。また、購入し続けられる価格のものを選び、適量の猫砂をしっかりとトイレの中に入れてあげましょう。

猫の「こだわり」で選ぶ

猫砂には香料を使用している商品もあり、猫の好みが分かれることもしばしば。素材や香料のにおいが気に入らなくてトイレをしなくなってしまうこともあるので、猫砂のにおいは重要ポイントの一つです。

 

もう一つは猫砂の感触です。トイレに入ったときの足の感触に好みがあるケースが多いです。猫に合わないと、おしっこの時はトイレを使ってくれるけどうんちは別の場所でしてしまうことも。猫の反応を観察して、気に入ってる素材かチェックしてあげましょう。

編集部の画像

編集部

猫の性格ごとに好みやすい砂の素材の傾向はあるのでしょうか?

それともまったく個人差があるのでしょうか?

古川さんの画像

古川さん

もともとの好みや生活してきた環境によるものが大きいと感じます。例えば、外での生活が長かった子は土のようにサラサラしている猫砂を好みやすいです。バックボーンも踏まえつつ猫砂を選んでいけたら、好まれやすい猫砂を見つけやすいと思います。

理想的なトイレをご紹介!

猫に気持ちよくトイレをしてもらうために理想的なトイレ環境を整える必要があります。特に初心者の方だと、どういう特徴のトイレが良いか迷ってしまう方も多いはず。ここからはおすすめのトイレ環境についてご紹介していきます。

猫のNGサインを見逃していませんか?

猫がトイレをするときにこれから挙げるしぐさをしていたら、今使っているトイレを気に入ってないのかもしれません。我慢して使っていると猫もストレスがたまるもの。この機会に一度トイレ環境を見直してみては?

トイレの縁に「足をかける」のは猫砂が原因かも

猫がトイレをするときに縁に足をかけていませんか?肉球が当たる猫砂の感触が嫌い、汚れが気になって足をトイレの中に入れたくないなどの理由が考えられます。安心してトイレできない理由が絶対にあるので要注意。

トイレの壁を「ガリガリかく」ときは砂の量を見直そう

本当は猫砂を思いっきりかきたいのに、その感触が嫌いなのかもしれません。猫砂の量が少なすぎることも考えられるので足してみるなどの工夫をしてみましょう。

トイレの後「砂をかけない」ときは猫砂を変えてみよう

トイレをしたのに砂かけせずにすぐ出てきたら何かしらトイレに原因があります。猫砂があっていない、トイレの衛生環境が悪いなど「早くここから出たい」と思ってしまう原因を解決してあげましょう。

「空中をかくしぐさ」は容器が原因かも

トイレをしているとき、空中にむかってひっかくしぐさをしていたらトイレ容器や猫砂を気に入っていない可能性が高いです。違うものに変えてあげることを検討しましょう。

編集部の画像

編集部

猫が急にトイレをしなくなったとき、どんな理由が考えられますか?

また、その対処法があれば教えてください。

古川さんの画像

古川さん

まずは病院へ行き、健康状態に異常がないか調べてみてください。問題がなければ、トイレに対する不満を抱えている可能性が高いので、猫砂の見直しやトイレ容器の見直しなどを行っていきましょう。中には、トイレ中に嫌な思いをして用を足すのが怖くなってしまっている場合もあるため、人目につかない場所でゆっくりできるように置き場所の見直してをしていくことも重要です。

理想的なトイレ環境の作り方

トイレを選ぶ際ついつい利便性で選びがちですが、理想的なトイレをつくるには、猫の好みを把握してあげましょう。飼っている猫の習性や行動を理解して、飼い主さんとの妥協点を見つけてあげるようにしましょう。

ゆったりしたトイレの「サイズ」

トイレのサイズは猫の体長の約1.5倍以上が理想的とされています。トイレに入っているときに方向転換がしやすく、ゆったりトイレができるものがおすすめです。子猫の時に買ったトイレを変えずにまだ使っている場合は、もしかしたらサイズが合わなくなっている場合があるので一度見直してみましょう。

十分な「深さ」のトイレ

砂かきを思いっきりできるように猫砂がたくさん入るトイレを選ぶことが大切です。浅いトイレだと砂をかいたときに砂が飛び散りやすいうえ、トイレの底に排泄物が付着してにおいが取れにくくなってしまうこともあります。

「出入り口」は低め

砂かきができるように浅くないトイレを選ぶことが重要であると同時に、トイレを出入りしやすい設計になっていることも重要です。入口が低めのタイプだと入りやすいのでトイレをよく使ってもらえるかもしれません。子猫やシニア猫でも上りやすいのでおすすめです。

トイレの「形」は猫に合ったものを

猫のトイレにはさまざまな形状のものがあります。基本はオープンタイプですが、上から入るものや、ドームタイプもあります。屋根なしのオープンタイプだと、排泄物をチェックして猫の健康チェックをしやすいといったメリットがあります。

 

ドームタイプのトイレだと、警戒心の強い猫人見知りな猫は視線を気にせずにトイレができるのでおすすめです。排泄物のにおいが外に漏れにくいのも飼い主さんにとってはありがたいですね。

トイレの数は「頭数+1個」用意しよう

いつでも清潔なトイレが使えるように飼っている猫の数より一つ多くトイレを用意してあげましょう。多頭飼いしている場合、数が少ないと猫同士がトイレをめぐって争う原因にもなってしまいます。

編集部の画像

編集部

臭い・値段を考慮して猫砂の最適な取り換え期間はどのくらいなのか教えてください。

古川さんの画像

古川さん

猫砂を全部取り換えるのであれば、月1回の頻度を目安にしましょう。ただし、その際にすべて新しい猫砂にしてしまうと使用してくれなくなってしまう可能性もあるので、少量だけこれまで使用していた猫砂や尿のついた猫砂を混ぜてあげましょう。

トイレは「目の届かない所」に置こう

猫は警戒心が強い動物なので、一番無防備になる排泄中に姿を見られたくない、見られると落ち着いてできないことが多いです。そのため、人の目に届かないところ(脱衣所や廊下など)に設置してあげましょう。

 

いつでも猫の健康を確認できるように排泄後はトイレを見てみましょう。健康に問題があると排泄物に表れてくるので、こまめにチェックしてあげることで体調の変化に気づきやすいです

猫に合ったトイレの替え方

トイレを古いものから新しいものへと変えることは意外と猫にとってストレスがかかるものです。猫の年齢によってトイレの替えやすさや影響が異なるので変える予定の方はぜひ参考にしてみてください。

「子猫」の場合はしつけが簡単

子猫のうちはしつけるのが比較的簡単なのでトイレを思い切って変えてしまっても大丈夫です。子猫の許容しやすい時期に猫トイレ・猫砂を複数経験させておいて一番気に入ったものを使い続けるのも良いかもしれません。

 

子猫の場合、トイレの深さは確認しておきましょう。深すぎるとトイレから出てこれなくなってしまうことがあります。

すでに「老猫」の場合は使い慣れたものを

これまで使ってきた猫砂やトイレを変えることはストレスが大きいので、使い慣れたものを使用し続けるようにしましょう。場所も移動させてしまうとトイレをしなくなってしまうことも考えられます。

 

老猫にはトイレの出入りがしやすいようにスロープステップを設置することを検討してみることも一つです。トイレを快適に使えるように猫に合わせて変えてあげることが大切です。

編集部の画像

編集部

トイレを変えることで、猫の健康に具体的にどのような影響が出てしまうことがありますか?

古川さんの画像

古川さん

猫砂やトイレをいきなり変えると、猫が使用をためらい、粗相や下部尿路系の病気を引き起こす可能性があります。

ご家庭と猫の両者に合った猫砂を選ぼう!

猫砂の選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介しました。飼い主がお手入れを苦に感じず、猫が気に入ってくれるものを使いましょう。今回の記事を参考に、猫も飼い主も快適に過ごせる猫砂を選んでみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【キャットケアスペシャリスト監修】猫用トイレの人気おすすめランキング15選!【2021年最新】

【キャットケアスペシャリスト監修】猫用トイレの人気おすすめランキング15選!【2021年最新】

猫用品
【猫が来なくなる!】猫よけグッズの人気おすすめランキング15選【最強はどれ?】

【猫が来なくなる!】猫よけグッズの人気おすすめランキング15選【最強はどれ?】

農業資材・ガーデニング用品
だしの素人気おすすめランキング15選【顆粒や液体タイプも紹介】

だしの素人気おすすめランキング15選【顆粒や液体タイプも紹介】

調味料
【100人に聞いた!】柔軟剤入り洗剤の人気おすすめランキング23選【2021年最新版・いい匂いの洗濯洗剤】

【100人に聞いた!】柔軟剤入り洗剤の人気おすすめランキング23選【2021年最新版・いい匂いの洗濯洗剤】

洗濯用品
バイク用シートバッグの人気おすすめランキング15選【防水性に注目】

バイク用シートバッグの人気おすすめランキング15選【防水性に注目】

バイク用品
【200人に聞いた!】芳香剤の人気おすすめランキング24選【女性向け・メンズ用も】

【200人に聞いた!】芳香剤の人気おすすめランキング24選【女性向け・メンズ用も】

日用品