【美容ライター監修】コードレスヘアアイロンの人気おすすめランキング15選

記事ID2898のサムネイル画像

コードレスヘアアイロンは外出先での髪の毛のスタイリングに非常に役立つアイテムです。最近では家電量販店のみならず若者に人気のドンキホーテや無印良品でも取り扱いがあるそうです。この記事では、そんなおすすめのコードレスヘアアイロンを選び方と併せてランキング形式でご紹介します。

持ち運びに便利なコードレスヘアアイロン

外出先や旅行先でもさっと髪の毛をセットできるコードレスヘアアイロン。いつ見てもヘアスタイルがバッチリな子は、コードレスヘアアイロンをいつも持ち歩いています。

 

最近では電源方式の違いや大きさの違いなど、様々なコードレスヘアアイロンが出ているので、どれを選んでいいか迷いますよね。コードレスヘアアイロンは選び方を間違えると、うまく温度が上がらなかったりセットが終わるまでに充電が終わってしまったりと不便です。

 

今回はそんなコードレスヘアアイロンを現役美容ライターの寒川あゆみさん監修のもと、スタイリング剤の選び方やおすすめ商品のランキングを紹介します!

専門家プロフィール画像

取材協力

寒川 あゆみ(そうがわ あゆみ)

美容ライター・美容家

1987年生まれ。美容専門学校卒業後、エステティックサロンに就職。その後、海外にてフリーランスでエステティシャンとして活動し、帰国後から現在に至るまで、大阪にてエステティックサロン「private salon Laule'a」を運営。


美容ライター・美容家としてwebメディア「FYTTE」「朝時間.jp」「anna」などで執筆を行う。


HP: 寒川 あゆみさんHP

Instagram: laulea.beauty

寒川さんの画像

寒川さん

とても商品数の多いコードレスヘアアイロンですが、以下の5つの項目をチェックしましょう!

1.どんな髪型にしたいかを考えてタイプを選ぶ

 

2.髪が短い人や根元にしっかりアイロンを当てたい人はヘッドがスリムなものを選ぶ

 

3.髪の傷みが気になる場合はプレート構造や搭載機能をチェック

 

4.髪が硬い人や長い人は高い温度に設定できるものを選ぶ

 

5.充電タイプや温度の上昇スピードなど機能面をチェック

どんな髪型にしたいかを考えてタイプを選ぶ

寒川さんの画像

寒川さん

ストレート専用カール専用2WAYタイプがあるので、自分のしたい髪型によってタイプを選びましょう。

短髪の人や根元に使うならヘッドがスリムなものを

寒川さんの画像

寒川さん

髪が短い人や根元にしっかりアイロンを当てたい人は、ヘッドがスリムでプレート幅が細いものを選びましょう。髪が長い人や髪の中心から毛先にかけて使いたい人は、どのようなタイプでも問題ありません。

髪の傷みを気にするならプレート構造や搭載機能を確認

寒川さんの画像

寒川さん

ヘアアイロンの熱によるダメージが気になる場合はアイロン前後のケアはもちろん、髪を傷めにくいプレート構造のもの、マイナスイオンやスチームが出るのものなどを選びましょう。

髪が硬い人や長い人は高い温度に設定できるものを選ぶ

寒川さんの画像

寒川さん

髪がやわらかい人や短い人は、約140℃〜160℃でも十分ですが、髪が硬い人や長い人は約160℃〜約200℃まで設定できるものを選びましょう。

充電タイプや温度の上昇スピードなど機能面をチェック

寒川さんの画像

寒川さん

USB充電のような普段よく使う充電タイプであるか、忙しい朝や外出先でサッと使えるように温度の上昇が早いかどうかなど、自分のライフスタイルに合わせて機能面もチェックしましょう。

寒川さんおすすめのコードレスヘアアイロン

オルゴ

VENUSiS ヘアアイロン VAS-9300

価格:11,000円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

45秒で100℃に!紙への摩擦も軽減してくれる

前髪やトップでもすんなりと入るように、先端部分が薄くなっているストレートヘアアイロン。ダイヤモンドライクPlusコーティングのプレートで、髪への摩擦ダメージを約50%軽減し、仕上がりはサラサラ。60℃〜210℃まで5℃ずつ16段階の温度調節ができ、約45秒で100℃に到達します。

電源方式コンセント充電長さ25.3cm
重さ195g設定温度の上限210℃

エムスタ

テスコム ISC100-W(ホワイト)

価格:2,445円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国内最小クラスのコンパクトヘアアイロン

国内最小のスリムでコンパクトなヘアアイロン。先端部分が細くなっているので、前髪や根元をストレートにするのに適しています。髪が長い場合全体に使うと時間がかかってしまうため、毛先だけの使用がおすすめです。

電源方式USB充電長さ15.5cm
重さ52g設定温度の上限200℃

Areti アレティ

カールアイロン32mm i85B

価格:3,580円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カールを長時間キープしたい方におすすめ

高品質セラミックコーティングバレルからマイナスイオンを放出しているので、髪を巻いていてもツヤが出ます。長時間カールキープされるので、カール力重視の方におすすめです。忙しい朝や外出前でも、わずか60秒で170℃に到達し、80℃~200℃まで5℃ずつ24段階の温度調節ができますよ。

電源方式コンセント充電長さ
重さ260g設定温度の上限200℃

Areti アレティ

エスティア ストレート専用 ヘアアイロン i1723PK

価格:3,280円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

髪へのダメージが気になる人に

髪が多くうねりや癖を伸ばしたい!だけど髪が傷むのは気になる」という方におすすめ。ピンクセラミックコーティングプレートからイオンを放出し、シリコン保温カバーが熱伝導性を高めるので、髪のキューティクルを整えながら瞬時にストレートヘアが作れます。

電源方式コンセント充電長さ29.7cm
重さ180g設定温度の上限200℃

FURIDEN

FURIDEN 2WAYヘアアイロン

価格:5,999円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強く挟みすぎない設計のヘアアイロン

ストレートもカールもできる2WAYタイプ。3Dクッションプレートが採用されているので、細く短い髪もしっかりと挟めます。バネのように上下に動くので、強く挟んで髪を傷つけてしまうのを防いでくれます。角度によっては根元まで掴みやすいので、髪が短い人でも使えますよ。

電源方式コンセント充電長さ
重さ設定温度の上限230℃

編集部おすすめのコードレスヘアアイロン人気ランキング15選

JETTY(ジェティー)

Jetty Plus

価格:7,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用の耐熱ポーチ付き!外出先でも使いやすいコードレスヘアアイロン

60秒で最高温度の210℃まで到達する、パワフルなヘアアイロンです。170℃・190℃・210℃の3段階に温度調節ができ、フル充電なら210℃で30分間使用できます。髪が傷みにくいシリコンプレートを採用しているので、素早く髪に優しいスタイリングができるアイロンです。

電源方式USB充電長さ約19cm
重さ約150g設定温度の上限210℃
寒川さんの画像

寒川さん

約30秒で170℃までスピーディーに立ち上がり、最高温度は210℃まで上がるコードレスヘアアイロン。プレート部分は髪の毛が傷みにくい特許技術を用いた、特殊シリコンプレートが採用されています。10cmの手のひらサイズで150gと軽量なので、外出や旅行にも便利です。

口コミを紹介

すぐに温度があがり、持ち運びもしやすくとても重宝しています。仕事終わりに前髪をセットし直すのに使用しています。髪全体をセットするのにはあまり向いてないように感じます。お直し用にはもってこいの商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

Salon Depot

Salon Depot 2WAYコードレスヘアアイロン

価格:3,300円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量バッテリーで長時間使えるコードレスアイロン

4000mAhのバッテリーを搭載し、160℃で40分以上可動するコードレスヘアアイロンです。プロ仕様のセラミックプレートを使用しており、短時間でさらさらのストレートヘアにできます。カールにも対応しており、2WAYヘアアイロンとしても人気の商品です。

電源方式USB充電長さ約22cm
重さ約190g設定温度の上限200℃
寒川さんの画像

寒川さん

ヘアアイロンを閉じると円形のラウンドヘッドになり、カールもストレートもできる2Wayタイプ。160℃・180℃・最高200℃の三段階の温度調節ができ、フル充電で40分以上持続使用可能です。髪が長い人でも短い人でも使えますよ

口コミを紹介

旅行用のアイロンを探しており、こちらはコードレスということでとても便利に使っています。軽くてても疲れないし、何より片手でも十分持てる大きさで荷物がかさばりません。割と早く熱を帯びて、すぐに使うことができます。こんなにリーズブルで良いお買い物ができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

KINUJO

LIP IRON(リップアイロン)

価格:8,910円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

髪のツヤ感をキープしたままスタイリング!

この商品の特徴は、髪への負担の少なさです。特殊な素材で作られたシルクプレートは、200℃の高温状態でも水がすぐに蒸発しません。髪の水分を保ちながら、スタイリングができます。USB充電が可能で、耐熱キャップも付いているので旅行にもおすすめです。

電源方式USB充電長さ約20cm
重さ約400g設定温度の上限220℃
寒川さんの画像

寒川さん

まるでリップのような丸い形をしたヘアアイロン。水を蒸発させないシルクプレートが使われていて、髪を傷めずにツヤ感をキープしてくれます。慣れると簡単にカールが作れますよ

口コミを紹介

コンパクトなので使いやすかな?と思い購入しました。実際に商品を使ってみたら思っていた通りのものでした!今まで使ったコードレスアイロンの中では間違いなく一番です!

出典:https://www.amazon.co.jp

DEOGRATIAS PRO

リップスティック コードレス ストレートアイロン

価格:3,398円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで外で使いやすいコードレスアイロン

このヘアアイロンは、約60秒で180℃まで温められるヒーターを搭載しています。すぐに使えるので、忙しい朝の使用にもおすすめ。軽量・コンパクトに設計されたもモデルのため、旅行にもおすすめ。変圧器がなくても海外で使用できます

 

電源方式USB充電長さ約22cm
重さ約145g設定温度の上限210℃
寒川さんの画像

寒川さん

口紅型キャップのヘアアイロン。約60秒で180℃まで一気に温度が上がり、約20センチととてもコンパクト。プレート部分が細いため、髪の短い人や毛先をストレートやカールにして動きをつけたい人におすすめ。

OMASI

Omasi コードレスヘアアイロン

価格:3,420円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

忙しい朝でも使いやすい高速ヒーター搭載!

熱伝導率の高いセラミックプレートと、マイナスイオンで髪に優しいヘアアイロンです。160℃・180℃・200℃の3段階に温度設定ができ、160℃までは約30秒で温まります。重量は135gと軽量なので、持ち運びにもおすすめ。USBでの充電も可能です。

電源方式USB充電長さ
重さ135g設定温度の上限200℃
寒川さんの画像

寒川さん

約135gの軽量タイプ。熱伝導性の高いセラミックプレートかつマイナスイオン噴射によるダブルイオン構造なので、髪に優しいです。先端にかけて細くなっているので、髪が短い人や毛先のストレートに◎

口コミを紹介

朝どんなにセットしても前髪が伸び切ってしまう為、外出時専用で購入しました。プレートが小さい分、ストレートアイロンでも問題なく前髪が巻けました!電源を入れてすぐに使え、温度もきちんと高温になります。とても軽く、サイズもペットボトルが入るバッグなら問題なく入れられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

HBLIFE.

HBLIFE USB充電式 ヘアーストレートアイロン 2WAYタイプ

価格:2,550円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プレートクッション機能で髪への負担を軽減

このヘアアイロンの特徴は、髪にかかる負担を軽減してくれること。プレートクッション機能により、髪を挟むときの圧力を一定にし、摩擦を少なくしてくれます。160℃・180℃・200℃の3段階の温度調節をボタン1つで簡単にできることもポイントです。

電源方式USB充電長さ約18cm
重さ設定温度の上限200℃
寒川さんの画像

寒川さん

約3時間のフル充電後、40分の稼働が可能。USBケーブルでパソコンやモバイルバッテリーからも充電でき、旅行や出張でも便利。温度調節機能は160℃・180℃・最高200℃の三段階あり、ストレートもカールも思いのまま

Gupacido Direct

Gupacido 2WAYヘアアイロン

価格:3,788円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストレート・カールの2WAYに加え、モバイルバッテリーにもなる!

USBで充電できる持ち運び向けヘアアイロン。2500mAh内蔵リチウム電池を搭載しており、モバイルバッテリーとしても使用できます。カール・ストレートに対応した2WAYタイプなので、男女・ヘアスタイルを問わずおすすめ。火傷防止の断熱素材や自動電源オフ機能も搭載しています。

電源方式USB充電長さ約22cm
重さ148g設定温度の上限200℃
寒川さんの画像

寒川さん

髪の自然な水分バランスを保ちながらストレートもカールもでき、過度の乾燥を防ぐプレート構造となっています。約3時間のフル充電後、連続使用可能時間は最大約25〜30分。USBで直接充電でき、なんとスマホの充電もできます!

口コミを紹介

会社に置いておく用のヘアアイロンがほしくて購入しました。コードレスなのでトイレでさっと髪を整えるのに便利です。仕事中は髪をまとめているため、アフター5に出かける予定が入っている時、これで結び癖をとってサラサラストレートにしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

Toogel

Toogel コードレスヘアアイロン

価格:2,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3段階の温度調節で多様な髪質に対応!

ストレート・カール・ボブスタイルの3WAY対応アイロンです。温度が表示できるディスプレイも付いており、160℃・180℃・200℃の3段階に温度調節ができます。USBで充電ができるので、車内やパソコンからでも充電できることが特徴です。

電源方式USB充電長さ約19cm
重さ約145g設定温度の上限200℃
寒川さんの画像

寒川さん

温度上昇が早く、ストレート・カール・ボブスタイルも自由自在なヘアアイロン。プレートの側面にコームがついているので、髪が絡まりにくいところもうれしい。

口コミを紹介

一番低温(髪質の為これだけ使用)だと1秒で使用出来非常に便利!前髪だけならこの温度で十分(毛量普通〜少なめ)なので重宝してます。クシ付きなのでアイロンに慣れて無い人におすすめ。軽いので持ち歩きも苦にならないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コイズミ (KOIZUMI)

コイズミ コードレスストレートアイロン

価格:4,734円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中心部から毛先までしっかり伸ばせるストレートアイロン

着脱可能な充電池を搭載しており、海外でも使えるストレートアイロンです。両面ヒーターを搭載し、最高温度は200℃。髪の硬い人でも問題なく使用できます。また、本体は円形のため、カールアレンジも可能です。

電源方式USB充電長さ
重さ約170g設定温度の上限200℃
寒川さんの画像

寒川さん

幅18.3×奥行3.1×高さ6.8cmとてもコンパクトサイズなヘアアイロン。セラミックコートのプレートで、最高200℃まで上がります。毛先や中心部分のうねりをストレートにしたい場合におすすめです。

口コミを紹介

温度調節機能はついていません。前髪や、毛先のカールに適していると思います。毛質にもよりますが、私は猫っ毛で癖はほとんどないストレートです。当てて数十秒待つだけで、整うので買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コイズミ(Koizumi)

コイズミ コードレスカールアイロン

価格:4,227円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

髪を巻きやすいフリーターントップを搭載

USB充電式のカールアイロンです。120℃・160℃の2段階に温度が調節できます。髪を巻きやすいフリーターントップとセラミックコーティングで、髪への負担を軽減してくれることもおすすめのポイントです。

電源方式USB充電長さ約25cm
重さ約170g設定温度の上限160℃
寒川さんの画像

寒川さん

毛先のカールを出したいときにおすすめのカールアイロン。幅24.5×奥行3.7×高さ4.8cmのコンパクトサイズで、120℃と160℃の二段階の温度機能付き。旅先や外出先で荷物にならないサイズでサッと毛先を巻きたいときにおすすめ

口コミを紹介

軽くて、サイズも大きすぎず持ち運びしやすいです。温度調整が120度か160度しかできないのが残念ですが、問題なく使っています。USB充電式なので減りは早いですがどこでも充電できるのが良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コイズミ(Koizumi)

コイズミ コードレス2WAYアイロン

価格:5,202円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストレートとカールがワンタッチで切り替わる!

ストレート・カールに対応した2WAYタイプ。付属のUSBケーブルで簡単に充電ができます。4時間の充電で約20分使用でき、外出先でも使用可能。セラミックコーティングも施されており、コスパの高い商品です。

電源方式USB充電長さ
重さ約210g設定温度の上限170℃
寒川さんの画像

寒川さん

「ストレートもカールもどっちも楽しみたい!」という人におすすめの2WAYタイプ。ワンタッチでストレートアイロンとカールアイロンに切り替わります。プレートの最高温度は約170℃、約4時間の充電で約20分使用できます。マイクロUSB対応なので旅行や外出先でも◎

Areti

ミニヘアアイロン ポータブル

価格:3,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

組み立て式で驚異の収納力!コードレスヘアアイロン

13.6cmとかなりコンパクトなコードレスヘアアイロンです。5段階の組み立て式なので、ポーチにも余裕で入ります。コテ式のコードレスヘアアイロンなので、巻き髪がきれいに作れる点も魅力です。

電源方式充電式長さ13.6cm
重さ120g設定温度の上限180℃
寒川さんの画像

寒川さん

伸縮式でさらにコンパクトになるカールヘアアイロン。約60秒で120℃、約90秒で180℃に到達するハイパワーヒーター搭載で、すばやく温度が上がります。セラミックコーティングのプレートからはマイナスイオンが出て、髪のツヤ感もアップしますよ。

口コミを紹介

海外旅行やちょっとした国内旅行に行くときにもつかえるものを、と思って購入しました。国内旅行もいかに少ない荷物で身軽に行けるかにこだわっているので、本当に手の中に収まるほどだったのですごくよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

KEYNICE

ヘアアイロン コードレス

価格:4,601円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電池残量・温度が分かるデジタルディスプレイ搭載

この商品は165℃・185℃・205℃の3段階に温度設定が可能です。1度温度を設定すれば、次回以降は自動的に設定した温度になることがポイント。忙しいときでも操作の手間を省けます。自動電源オフ機能もあるので、万が一消し忘れても安心です。

電源方式USB充電長さ
重さ160g設定温度の上限205℃
寒川さんの画像

寒川さん

コンパクトなのにストレートにもカールにも対応できます。クッションプレートという、強く挟んで髪を傷めてしまうのを防止するプレートが、バネのように上下に動く造りになっています。

無印良品

トラベル用コードレスストレートヘアアイロン

価格:3,990円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

髪の硬い人・長い人でも十分使える旅行用アイロン

無印良品の旅行用充電式コードレスヘアアイロンです。別売の変換プラグを使えば、海外でも使用できます。専用のポーチと保護キャップも付いているため、持ち運びに便利。最高温度は200℃なので、髪の硬い人・長い人にもおすすめです。

電源方式コンセント充電長さ約18cm
重さ約170g設定温度の上限200℃
寒川さんの画像

寒川さん

プレート温度が200℃まで上がる高温タイプの充電式コードレスヘアアイロン。約3時間のフル充電で約25分稼働します。セラミックコーティングプレートで幅は細めなので、髪の短い人でも使いやすいですよ。

口コミを紹介

持ち運びやすく、安全のための電源ボタンが二つあるのがいい。前髪や軽く跳ねた部位の修復など、使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

Amouhom

ヘアアイロン コードレス ストレート カール 2way

価格:3,899円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海外対応!旅行にもおすすめの2WAYヘアアイロン

USBで充電できるストレート・カール対応の2WAYタイプ。海外での使用もできるので、旅行にもおすすめです。140℃~180℃まで、3段階の温度調節ができ、マイナスイオン機能付き。1台あると便利なおすすめヘアアイロンです。

電源方式USB充電長さ
重さ150g設定温度の上限180℃
寒川さんの画像

寒川さん

ストレートもカールもできる2WAYタイプ。140℃・160℃・180℃と三段階の温度調節ができます。短時間でスタイリングできる熱伝導のチタニウムプレートマイナスイオンがキューティクルを守り、髪を傷めにくい効果も。スマホのモバイルバッテリー代わりにもなって便利です。

口コミを紹介

ピンク色が可愛らしくヘアアイロンです。現在の温度も分かるのですごくいいです、使いやすいし、デザインもいいので気に入ってもらいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

コードレスヘアアイロンの選び方

コードレスヘアアイロン選びに失敗しないために、購入の際にどのような点を確認すべきかご説明します。これを読めば、自分にあったコードレスヘアアイロンを選べるようになりますよ。

仕上がりイメージに合わせて選ぶ

コードレスヘアアイロンはストレートヘアを作るタイプカールヘアを作ることのできるコテタイプがあります。どちらにも対応した2wayタイプも販売されていますので、スタイリングの仕上がりイメージに合わせて選びましょう。

しっかりめのカールヘアを作りたい方はコテタイプ

ストレートアイロンを器用に使えばナチュラルなカールヘアを作ることができますが、しっかりとカールヘアを作りたいという方には円筒に髪を巻きつけて使用するコテタイプがおすすめです。

 

コテには26mm、32mm、38mmなど、サイズがあります。作りたいカールの大きさに合わせて選びましょう。ショートヘア〜ボブヘアの方には細くてしっかりとカールがつけられる細めのタイプがおすすめです。ミディアム〜ロングヘアの方はナチュラルなカールがつけられる太めのタイプがおすすめです。

 

ストレートもカールもどちらも使いたいという方は、2wayタイプを選ぶとスタイリングの幅が広がります。

ストレートヘアを作りたい方はストレートタイプ

ストレートヘアを作りたい方は、ストレートタイプのヘアアイロンを選びましょう。ストレートヘアにおいて大事にしたいのは、ツヤとサラサラ感です。まれにコーム付きの商品がありますが、コーム付きの商品はあまりおすすめできません。ツヤとサラサラ感を出すには、プレートの表面が滑らかに作られている商品を選ぶことが鍵となります。

コードレスヘアアイロンの電源方式で選ぶ

コードレスヘアアイロンの電源方式には充電式・乾電池式・ガスカートリッジ式の3つのタイプがあります。用途に合わせて選ぶのがおすすめです。

種類が豊富!充電式のコードレスヘアアイロン

コードレスヘアアイロンの中で1番主流のタイプです。USB充電式かACアダプタ式の充電方法があります。コードレスヘアアイロンの種類も多く、ロックボタンが付いているものや温度調節が自由自在のものなど、機能性に優れた商品がたくさん出ているのでおすすめです。

 

今回ご紹介したコードレスヘアアイロンは全て充電式のタイプで、機能性に優れたコードレスヘアアイロンが多くあります。実際、DEOGRATIAS PROのヘアアイロンストレート&カール2wayは、キャップ付きで電源を切った後にプレートを冷まさず、すぐ収納できます。

 

Hacheeyのヘアーアイロンは、電源をつけてから30秒で設定温度まで上がる機能性が魅力です。せっかく持ち運び用にコードレスヘアアイロンを購入するならば、すぐに使えるものがいいですよね。急いでいる時でも安心して使えるので、おすすめです。

コンパクト重視!乾電池式のコードレスヘアアイロン

乾電池式のコードレスヘアアイロンはコンパクトなタイプが多いので、持ち運びに非常に優れています。乾電池を使う電源方式なので、パワーは少々弱めです。硬毛の方や毛量が多い方は物足りなさを感じてしまうかもしれません。

 

また、乾電池をこまめに取り替えなくてはならず、長い目で見たときに少々コスパが悪いです。「前髪だけ外出先で直したい」などのタイミングで役に立ちますが、こだわりがない限りは充電式かガスカートリッジ式をおすすめします。

 

ただ、乾電池はコンビニやスーパー、家電量販店などどこでも手に入るので、外出先で充電がなくなって困ってしまうことは少ないです。充電式はコンセントを探さなくてはなりません。乾電池式は、コードレスヘアアイロンを頻繁に使う方におすすめします。

長時間使用可能!ガスカートリッジ式のコードレスヘアアイロン

ガスカートリッジ式のコードレスヘアアイロンは、店頭で見かけることが少なくなりましたが、1番パワーのあるタイプです。長時間使用しても充電がなくならず、短時間で設定温度まで上がってくれるので、とてもスタイリングしやすいです。

 

ロングヘアの方や毛量が多い方にとって、充電式のコードレスヘアアイロンでは、全体のスタイリングが完了するまで充電がもたないという悩みがありますよね。ガスカートリッジ式ならば、充電がそもそもいらないので全体スタイリングも不便なくできます。

 

ただし、ヘアアイロンの中にガス式のカートリッジが入っており、なくなったら交換しなければなりません。ガスカートリッジは充電に比べて持ちがいいですが、なくなるたびにいちいち買い足すので、少々お金がかかるコードレスヘアアイロンです。

コードレスヘアアイロンの持ち運びのしやすさで選ぶ

コードレスヘアアイロンは、持ち運び用に購入を検討している方が多いですよね。携帯するならば、サイズが小さいながらもしっかりとセットができて、なるべく軽いコードレスヘアアイロンを選びましょう。収納ポーチがついているとより持ち運びがしやすいですよ。

重さで選ぶ

コードレスヘアアイロンを選ぶ際に、重量の記載を確認すると失敗しないのでおすすめです。携帯用にコードレスヘアアイロンを購入したはいいものの、バッグに入れると重くて持ち歩くのが大変だという経験をしたことはありませんか。

 

携帯用に便利なのは、重量が200g以下と言われています。今回おすすめしたコードレスヘアアイロンの中では、Aretiの「ミニヘアアイロンポータブル」が120gと1番軽いです。次いで、Gospireの「ヘアアイロンミニ」が135gで2番目に軽いコードレスヘアアイロンでした。

 

上に掲載されている画像の商品はOmasiの「コードレスヘアアイロン」です。ランキングには登場しませんでしたが、こちらの商品も135gと大変軽量かつ非常にコンパクトな商品です。価格も安くコスパが良い商品ですので、おすすめです。

長さで選ぶ

コードレスヘアアイロンを選ぶ際に、長さにも気をつけて購入するのがおすすめです。旅行などでヘアアイロンを持ち歩く際、1番気になるのはヘアアイロンの長さですよね。かさばってしまってバッグに入れづらいと不便なので、なるべく短いものを選びましょう。

 

コードレスヘアアイロンの使いやすい長さは20㎝以下が目安と言われています。今回おすすめしたコードレスヘアアイロンでは、Aretiのミニヘアアイロンポータブルが1番短いです。13.6㎝と驚異の短さなので、匹敵するコードレスヘアアイロンはなかなかないでしょう。

 

HacheeyのヘアーアイロンやOBESTのヘアアイロンも18㎝台なので、とてもコンパクトです。20㎝以下のヘアアイロンを選んでおくとショルダーバッグに収納できるので、ちょっとしたお出かけやデートの際に、大きめのバッグを持たずにすみますよ。

収納ポーチ付きで選ぶ

コードレスヘアアイロンの中には収納ポーチ付きの商品も展開されています。商品によりますが耐熱仕様のポーチも多く、使い終わってすぐにカバンに入れたい時に非常に役立ちます。頻繁に持ち歩く方は耐熱収納ポーチ付きの商品を選ぶことをおすすめします。

スタイリングのしやすさで選ぶ

コードレスヘアアイロンを選ぶ際に注意しなければならないのは、スタイリングのしやすさです。いくら持ち運びに便利なコンパクトサイズでも、扱いづらければ意味がありません。スタイリングしやすいコードレスヘアアイロンの見極め方をご紹介します。

挟む力が程よく滑り易いプレート

ヘアアイロンで髪を挟んだ時に、挟む力が強いと髪の毛にダメージを与える原因になります。また、弱すぎても癖がつきにくくスタイリングが上手にできません。同様にプレートの滑りがよくない場合も、髪の毛の同じ場所に熱を与えてしまうことで髪の毛にダメージを与えてしまったり、変な癖がついてしまうことがあります。

 

ですから、ヘアアイロンを選ぶ際には挟む力とプレートの滑り具合を確認してから購入することをおすすめします。店頭で購入するのであれば、実際に商品で髪の毛を挟んでみるとわかりやすいです。ネット購入の場合には、口コミを見ると実際の使い心地について知ることができますので、ぜひ実践してみてください。

シンプルな作り

コードレスヘアアイロンを使用するシーンとして、一番多いのは外出先でしょう。自宅でしたら説明書を読みつつゆっくりとヘアセットができますが、外出先ではそうはいきません。ですから、コードレスヘアアイロンはサッと使えるシンプルな作りの商品を選びましょう。

 

スイッチの入れ方や切り方、温度の調節方法などがわかりやすい商品を選んで、サクッとスタイリングを済ませましょう。

髪の長さに合わせて選ぶ

ヘアアイロンのプレートは面積の小さいタイプから大きいタイプまでさまざまです。自分の髪の毛の長さに合わせて選んでみてください。

ロングヘアはプレート部分が大きいコードレスヘアアイロン

ロングヘアの方や毛量が多い方は、プレート部分の面積がなるべく大きいコードレスヘアアイロンがおすすめです。髪の毛の量が多い分、プレートの面積が小さいと全体のスタイリングが終わるまでに、かなりの時間がかかります。

 

今回おすすめしたコードレスヘアアイロンの中では、OBESTのストレートブラシやAsanagiのヘアアイロン2waysが、プレート部分の面積が大きいのでおすすめです。特にOBESTのヘアアイロンは、ブラシ型でしっかりと髪をキャッチしてくれます。

 

コードレスヘアアイロンが小さくて、全体のスタイリングに時間がかかるとお悩みの方はぜひ試してみてくださいね。

ショートヘアはプレート部分が小さいコードレスヘアアイロン

プレートの面積が大きいと全体のスタイリングに時間がかからずに便利だと説明しましたが、誰もが当てはまるわけではありません。ショートヘアの方は反対に、プレート面積が小さくて小回りがきくコードレスヘアアイロンがおすすめです。

 

DEOGRATIAS PROのヘアアイロンストレート&カール2waysやHATTEKERのストレートヘアアイロンは、プレート部分がそれほど大きくないのでや短い髪の毛をしっかりとキャッチしてくれます。外国人風のくせ毛をイメージした細かいカールも作りやすいです。

 

特に肩にかからないショートヘアの方は、プレート部分の面積が大きいコードレスヘアアイロンを購入してしまうと、かなりスタイリングに苦労するので注意してください。

コードレスヘアアイロンの温度調節機能で選ぶ

温度調節機能にもさまざまな種類があります。髪質に合った温度や、コードレスアイロンを使用したいシーンに合わせて商品を選ぶと良いです。

髪質に合った温度で選ぶ

温度調節の機能は、コードレスヘアアイロンを選ぶ際に特に注意したいポイントです。ほとんどのコードレスヘアアイロンは、最高温度が200℃前後までしか上がりません。それ以上高温でセットしてしまうと、髪の毛が傷んでしまうので注意しましょう。

 

軟毛の方は、150℃程でスタイリングするのが理想です。低音でもきちんと癖づくので、髪をいたわるためにあまり温度を高くしないようにしてください。最高でも180℃にとどめておくことをおすすめします。

 

硬毛の方は150℃ではなかなかうまく癖づかなかったり、カールがすぐに取れしまったりするので、180〜200℃でセットしましょう。低音でセットしても癖づかずに何度も髪にアイロンを当ててしまうと、逆に髪の毛が傷んでしまいます。

温度の到達スピードで選ぶ

コードレスヘアアイロンを外出先のメイク直しの時に使う、という方も多いはず。そういったシーンでは、温度の上昇スピードが早い商品が便利です。また設定温度まで到達した際に、音で知らせてくれたり、ライトの色が変わったりとわかりやすい商品を選ぶとより使いやすいです。

海外対応がされているかどうかで選ぶ

海外旅行で使うためにコードレスヘアアイロンを購入する方が多いと思いますが、その際に1番注意していただきたいのは海外対応されているかどうかです。海外対応されているコードレスヘアアイロンは多数出回っていますが、その多くが航空機内に持ち込めないからです。

 

海外のコンセントや電圧に対応しているコードレスヘアアイロンを購入したにも関わらず、機内持ち込みができずに没収されてしまう方が多数います。中に搭載されているリチウム電池が取り外せるものであれば機内へ持ち込めますが、ほとんどは取り外しができません。

 

充電式・乾電池式のコードレスヘアアイロンは持ち込めないので注意してください。ガスカートリッジ式のコードレスヘアアイロンは、1人1台のみ機内へ持ち込めます。ネットに海外対応と記載があっても、機内持ち込みできない可能性があるので注意しましょう。

寒川さんが教えるヘアアイロンを使うときの注意点

寒川さんの画像

寒川さん

ヘアアイロンを使う際には、3つの注意点をしっかりチェックしましょう!

  • 1.よく使う人は170℃前後の温度設定にする

ヘアアイロンを使う際は、170℃ほどの温度設定にしておくと髪が傷みにくいです。使用頻度が高い人は高温を使いすぎないようにしましょう。

 

  • 2.ヘアアイロンを使う人はヘアケアを怠らない

ヘアアイロンを使うと少なからず熱ダメージが加わってしまうため、ヘアミストで髪の表面を保護したりヘアオイルで補修しましょう。

 

  • 3.根本や生え際に当てるときは温度を下げる

前髪や耳の周り、首回りなどの根元や生え際にアイロンを当てるときは、必ず温度を下げましょう。高温のまま肌に当たってしまうとヤケドすることがあります

その他のヘアアイロンもチェック【人気のサロニアも!】

コードレスヘアアイロンとコード型ヘアアイロンを外出先と自宅用で使い分けるという方もいますよね。以下のリンクではコード型ヘアアイロンのおすすめ商品をご紹介しています。人気のサロニアの商品も登場しますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

これまでおすすめのコードレスヘアアイロンを15選紹介してきましたが、いかがでしたか?髪の長さや毛量、用途に合わせて選ぶことで、自分の髪にあったコードレスヘアアイロンを選ぶことができます。コードレスヘアアイロンで外出先でも簡単にヘアセットしましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年04月07日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ