トラノコの口コミや評判を調査!安全?デメリットはある?使い方や解約方法も紹介

記事ID28252のサムネイル画像
最低5円から少額投資できるアプリ「トラノコ 」。手軽に始められる点が魅力ですが「安全なのか」「借金ができないか不安」など心配する声もありました。そこで、今回は「実施にトラノコ はどうなのか?」について口コミ・評判・体験談を徹底調査しました。メリット・デメリット、使い方から解約方法まで詳しく解説します。

最低5円からの少額投資アプリ!

トラノコとは

トラノコは、日々の買い物のおつりで投資ができるアプリサービスです。最低5円の超少額から投資できるので、学生でも気軽に投資を始められる投資信託として、最近話題になっています。ポイントやマイルとも提携していて、対応金融機関も幅広く、利用しやすいのも特徴です。

 

そんなトラノコの口コミを確認すると、「初心者でも分かりやすい」「投資への考え方が変わった」といったポジティブな声が多く見られます。しかし一方で、「手数料が高い」「稼げない」と、利用を始めるうえでは気になる口コミもありました。

 

そこで今回は、トラノコの口コミ・評判をご紹介するとともに、トラノコがどのようなサービスなのかを解説していきます。登録を迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

トラノコの口コミ・評判を紹介!

それでは、トラノコの口コミ・評判をご紹介します。まずは良い内容の口コミから見ていきましょう。

良い口コミ・評判

良い口コミ①:少額投資できるのが良い!

まとまったお金が無くても投資できます
5
年齢非公開
性別非公開
やまめさん
現金で買い物をするとお釣りが出ることがありますが、クレジットカードを利用して買い物をした時も現金と同様にお釣りが出るものとみなして、お釣りを投資に回す仕組みです。そのため、手元にまとまった投資資金が無くても投資ができますし、投資方法も安定重視・リターン重視・バランス重視の3つから選択できますので、初心者でも簡単に運用できるのがメリットです。

出典:https://minhyo.jp

トラノコの一番の魅力は、本当に少額から投資ができること。他の投資信託では少額投資とうたっていても、最低5,000円~など初心者には手を出しにくいものが多いですよね。トラノコなら、最低5円から1円単位で投資に回すことができるため、気軽に始められます。

良い口コミ②:ポイントで運用できて楽しい!

使いはじめてどハマりしました
5
年齢非公開
性別非公開
いっちーさん
ポイントサイトでポイントを貯めてお小遣い稼ぎをしているのですが、私が使っているポイントサイトの交換先に含まれているのをみて、使い始めました。最初は端数のポイントを消化する程度での利用でしたが、使っていくと運用しているのが楽しくなって来てしまって、全てのポイントをこのロボアドバイザーで運用する程、どハマり中です。ユーザーインターフェースも分かりやすいし、手数料も安いので使っている上で不満は無く大満足です。ポイントサイトのポイントだけで無く、マイルからの移行も出来るので、クレジットカードの利用で貯まったマイルも使っています。

出典:https://minhyo.jp

トラノコは現金だけでなく、提携のポイントやマイルでも資産運用できる投資信託です。現金よりも気楽に投資できるので、運用しているうちに楽しくなったという声も。分散投資は大損することも少ないため、全てを投資に回しても安心して任せられます。

良い口コミ③:初心者でも分かりやすく投資知識も増えた!

チャレンジ
4
年齢非公開
性別非公開
まゆさん
いつも買い物にはクレジットカードを使用しており、その端数で投資ができるので手軽に始めることができました。よくわからないファンドの選び方も小トラから大トラまでを選ぶだけ。私は小トラでリスクを減らして安定的に運用できるものを選びました。日本をはじめ海外の債券や株式に分散的に投資してくれます。数百円の利用料を利益で払うことができているので、初めてよかったです。今ではポイントサイトで貯まったポイントも投資に回して、お得に資産を増やすことができるようになりましたし、投資への知識も自然と増えました。

出典:https://minhyo.jp

投資をするには投資先を選ばなければいけませんが、初心者のうちからいきなりそのようなことを言われても分からないでしょう。トラノコなら、安定重視・バランス重視・リターン重視の3種類から投資方法を選ぶだけ。難しく考えずに始められます。

悪い口コミ・評判

手数料が高い?

解約した
2
年齢非公開
性別非公開
らんさん
投資方法は「子虎」を選び、またおつりは100円に設定しました。半年間続けましたが、そもそも私はクレジットカードを普段からよく使うわけではないので、なかなか投資に回せず、結果的に月額料金の300円を超える利益を出せませんでした。したがって、続けていてもマイナスになってしまうので解約しました。

出典:https://minhyo.jp

トラノコは月額利用料300円ですが、あまりキャッシュレス決済をしない人にとっては利益を出しづらく、利用料の元が取りにくいようです。せっかくトラノコを始めるのであれば、クレジットカードやデビットカードなどを積極的に利用する方が良いでしょう。

 

また、トラノコでは登録から最大4ヶ月間、月額利用料・出金手数料が無料になる割引キャンペーンも行っています。詳しくは後述に記載しているので、気になる方はぜひご覧ください。

「おつりで資産運用」とは?

「投資はまとまったお金で行うもの」というイメージを抱く方が多い中、「おつりで投資ってどういうこと?」と疑問に思われた方もいるでしょう。そこでトラノコの口コミ・評判をご紹介する前に、「おつりで投資」の仕組みについて解説します。

 

トラノコでは、提携の家計簿アプリにて、日々の買い物から出るおつりを計算します。例えば提携アプリの1つ「MoneyFoward」は、クレジットカードや銀行口座を連携させていくだけで利用できるので、初心者や学生の方でも簡単に利用できます。

 

キャッシュレス決済では実際におつりは出ませんが、おつりが出るものと仮定して端数を計算するのです。そうして算出されたおつりの中から、投資に回したい額を自由に決めるだけで、後はトラノコが自動で分散投資してくれる仕組みとなっています。

トラノコのメリット・デメリットは?

トラノコには良い口コミが多く、手軽に投資を始められることから、メリットしかないようにも見えます。しかしどのようなサービスにも、デメリットは必ず存在するものです。ここでは他の投資信託とトラノコを比べたときに、どのようなメリット・デメリットがあるのか解説します。

トラノコのメリット

メリット①:買い物の「お釣りで投資」という手軽さ

トラノコでは、毎月の投資上限額も設定可能です。そのため、万が一おつりの合計金額が多くなってしまっても、知らぬ間に高額投資になってしまう心配はありません。また、クレジットカードや銀行口座の登録で、おつりや投資額が自動計算されるため、難しいことを考える必要もありません。

メリット②:初期費用がかからないから初心者でも始めやすい

従来の投資信託では、資本金としてまとまったお金を投資用口座に入れる必要がありました。トラノコでは資本金が必要ないうえに、登録から最大4ヶ月間は月額利用料も無料になるため、完全に初期費用無料で始められるのがメリットです。

メリット③:初心者向けから中~上級者向けまで投資方法が幅広い

トラノコには3種類の投資方法が用意されています。安定重視の「小トラ」、バランス重視の「中トラ」、リターン重視の「大トラ」です。幅広い投資方法で、初心者の方はもちろん、普段から資産運用をしていて、資金に余裕のある方も楽しんで投資ができるようになっています。

メリット④:対応金融機関が多い

投資資金となるおつりは、月に1度指定の銀行口座から引き落とされます。トラノコではみずほ銀行や三菱UFJ銀行のメガバンクはもちろん、楽天銀行といったネット銀行など、ほとんどの金融機関に対応しているのが特徴です。

 

対応金融機関が少ないと、専用の口座を作る必要が出てきます。しかしトラノコなら、専用の銀行口座を新たに開設する必要もなく、普段から買い物に利用している銀行口座で投資を始められます。

メリット⑤:NICIGASのガス代割引特典付き

NICIGAS(ニチガス)を利用している方は、トラノコを利用するとガス利用代金が毎月100円、年間で1,200円割引されます。トラノコの登録を検討中の方、あるいは現在利用中の方で月々のガス代が気になるのであれば、NICIGASに乗り換えてみても良いでしょう。

トラノコのデメリット

デメリット①:投資資金が少ないと手数料が痛い

トラノコは少額から投資できるのが魅力ですが、投資資金が少なすぎると手数料の方が高くついてしまう場合があります。そのため、キャッシュレス決済をあまり利用しない方や、そもそも買い物をあまりしないという方は利益を出しにくい可能性が高いです。

デメリット②:損益通算の場合は確定申告が必要になる

トラノコ以外に他の投資信託を利用している場合は、損益を合わせて税務申告を行うために「損益通算」をしなければなりません。このような損益通算の場合は所得税が発生するため、確定申告の必要があります。

 

トラノコ以外の投資信託を特に利用していない場合、税務処理を自動でおこなってくれる特定の口座を選択すれば、確定申告の必要はありません。他の投資信託でも投資を行っている場合は、確定申告を忘れないように注意しましょう。

デメリット③:短期運用は実質不可能

トラノコはおつり投資、すなわち小銭で投資していくタイプの投資信託なので、利益を出すには長期的にコツコツと続けていく必要があります。したがって、一度に大きな資産を作る短期運用には、トラノコは向いていないでしょう。

トラノコは手数料が高いって本当?悪い口コミが本当か調査してみた

トラノコの悪い口コミでは、手数料が高いとの声が多く見られました。そこで、トラノコを他の投資信託との比較や、トラノコで得られる利益を考慮したときに、実際に手数料は高いといえるのかを見ていきましょう。

手数料に関する口コミ

口コミ①:投資額が少ないうちは利益が出づらいけれど…

投資額が少ないうちは利益は出づらいですが、おつりだけでなくボーナスが入った時などは追加で投資することも可能です。おつりで投資なので長期的に運用することが用意で、長期運用すればするほど利益が出やすい仕組みなのでとても理にかなっていると思います。

出典:https://minhyo.jp

口コミ②:投資額を増やせばお得になる?

お金以外に提携しているポイントも投資できるというのも嬉しいです。スマホで手軽にできるのも気に入っています。ただ、少額で始められると言っても毎月手数料がかかるので、あまりにも少額すぎると逆に損をしてしまいます。手数料は固定なので、どんどん投資額を増やして大きく利益が出るようになればお得になるだろうと続けています。

出典:https://minhyo.jp

トラノコはおつり投資なので、最初のうちは手数料の方が高くついてしまい、利益が出にくいという方も少なくありません。しかしトラノコの手数料は、毎月固定で変動しないため、長期的に続けることで投資額が増えていくと、利益が出やすくなります。

他社と比べてトラノコの手数料は高いの?

トラノコは固定手数料なので、運用額が少ないうちは、他社よりも手数料が高く感じられるでしょう。しかし、運用額が仮に200万円を超えたとき、他社平均コストは年間25,300円なのに対し、トラノコのコストは年間10,200円。トラノコの方が、約15,000円も安くなります。

 

またトラノコの運用報酬は0.33%と、他社平均よりもかなり低い水準です。そのため、長期的に見れば、トラノコは利用料・手数料が安い投資信託だといえます。

トラノコは「長期分散投資」アプリ!

長期分散投資とはその名の通り、長期的にコツコツと複数の株式に投資することを指します。トラノコは長期分散投資アプリなので、「短期で一気に大儲けしたい!」と考える方には向いていません。

 

投資でいう「長期」は、30年以上先の将来のこと。何が起こるか分からない退職後・老後のためにする「貯金」に似た取り組みといえます。しかし持っているだけでリターンが得られる金融商品を利用するので、単純な貯金よりも貯まりやすいといわれているのです。

 

以上のことを踏まえたうえでトラノコを運用すれば、最初は「手数料が邪魔で利益が出ない…」と思っても、根気強く続けられるでしょう。長期的に続けていけば、安定した将来があなたを待ってくれているはずです。

トラノコの利用料とは?

トラノコでおつり投資をするには、月額利用料がかかります。他にも手数料がかかるため、ここではトラノコの利用料・手数料について詳しくご紹介します。

利用料の種類

資産から控除されるもの

運用報酬 純資産額の0.33%/年
その他手数料 ~0.11%/年

 

トラノコでは月額利用料の他に、運用報酬・監査費用などの手数料がかかります。これらは、利用ユーザーがトラノコで得たお金も含める純資産総額から毎年控除されます。

資産とは別に直接支払うもの

月額利用料 300円/月
出金手数料 300円/件

 

トラノコで直接支払う手数料は、月額利用料と出金手数料の2つです。月額利用料は、毎月普段の口座から投資するおつりと一緒に引き落とされます。出金手数料は、出金額から控除される形で支払います。そのため、基本的にはあまり出金せず、貯金しておく方が良いでしょう。

お得な割引・プレゼントも!

登録・運用開始するだけで現金200円プレゼント

トラノコの投資口座開設から20日以内にすべての設定を完了した方に、現金200円をプレゼントするキャンペーンを行っています。ぜひ投資資金にして、投資生活への一歩を踏み出しましょう。なお未成年の場合は、親権者同意書等の書類も期限内に提出する必要があります。

利用開始から3ヶ月間月額利用料・出金手数料が無料に

トラノコを利用開始すると、3ヶ月間は月額利用料・出金手数料が無料になります。そのため、「長期的な投資はまだ考えづらい」「ちょっとでいいから試してみたい」という方は、トラノコを3ヶ月だけでも利用するのがおすすめです。

23歳になるまで月額無料になる「トラノコ学割 U22」

トラノコは、高校生のうちから登録できる、数少ない投資信託の1つです。アプリに学校名・学籍番号を登録するだけで、23歳になるまでの間はずっと月額利用料が無料になります。学生証を用意する必要がなく手軽なので、学生の方で迷っている方はぜひ始めてみてください。

トラノコの投資先を紹介!

ある程度の投資知識を持っている方にとっては、トラノコの投資先も気になるところですよね。そこで、トラノコではどのような投資先に投資できるのかをご紹介します。

トラノコの投資先一覧

米国債券

・国、社債、モーゲージ債

・国債、投資適格社債、投資適格国際債券

・物価連動国債

・社債

米国株式

・大型株

・中型株

欧州株式 ・大型株
新興国株式

・大型株

・中型株

先進国(米国除く)

新興国株式

・小型株
日本株式 ・TOPIX連動型
不動産投資信託

・米国

・日本

商品市場

・金(ゴールド)

・エネルギー、農産物、貴金属、非鉄金属

 

トラノコの投資先は、上記表の通りです。株式や債権だけではなく、不動産や金、エネルギー、農産物と幅広く投資しています。気になる方は上記表を参考にしてみてください。

トラノコの運用方針

運用タイプ 特徴
小トラ

安定重視。

米国債券が約4割を占める。

日本株式への投資割合は少なめ。

中トラ

バランス重視。

小トラに比べ、日本株式の割合が多め。

大トラ

リターン重視。

米国株式・欧州株式・日本株式をメインに、ほぼ均等に投資する。

 

トラノコの運用方針は、小トラ・中トラ・大トラの3種類があります。何となく選ぶだけでも投資ができるので、初めて投資をする方も簡単に始めることができます。

投資に使える「トラノコポイント」とは?外部提携ポイントサービスも紹介

ここではトラノコポイントと、トラノコファンドへの投資で使える外部ポイントサービスについてご紹介します。「ポイントでトラノコを利用したい」と思っている方はチェックしてみてください。

トラノコポイントとは?

トラノコポイントは、TORANOTEC株式会社が独自に運営しているポイントプログラムです。1ポイント1円で分かりやすく、トラノコファンドへの投資に活用することができます。しかも他のポイントサービスと同じように、簡単に貯められるようになっています。

トラノコポイントの入手方法・貯め方は?

連携アプリ「マネーステップ」で歩いて貯める

トラノコが運営しているアプリ「マネーステップ」を利用すると、1日1万歩で3ポイントがもらえます。さらに、月20万歩達成で20ポイントをゲットできます。アウトドアな方や、通勤・仕事で歩くことが多い方におすすめです。

 

マネーステップを利用するには、別途アプリをインストールし、トラノコと連携させる必要があります。トラノコに登録したらすぐにインストールして、お得にポイントを貯めましょう。

アンケート回答で貯める

アプリ内の「トラノコアンケート」に回答すると、案件に応じたポイントがもらえます。平均1~3ポイントほどですが、中には30~99ポイントの高単価アンケートも。こまめにチェックしてみましょう。

動画を見て貯める

「トラノコ動画」で約30秒~1分程度の動画を最後まで視聴すると、1動画につき1ポイントがゲットできます。1日3回できるため、毎日欠かさず3回見ることができれば、月に90ポイントも貯められますよ。

友達を紹介して貯める

トラノコをメールで紹介した友達が、投資口座開設と全ての設定を完了すると、報酬として紹介者に1,000ポイントが付与されます。さらに、紹介を受けた側も1,500ポイントがもらえます。もし友人に投資で悩んでいる方がいたら、利用してみてください。

他の提携ポイントサービスは?

使えるポイント一覧

nanacoポイント

(nanaco)

ANAマイル

(ANAマイレージクラブ)

小田急ポイント

(小田急百貨店・小田急ポイントカード)

G・Point ドットマネー ポイントタウン
Powl ネットマイル リアルペイ

 

独自のトラノコポイントの他にも、上記表に記載したポイントサービスを活用できます。普段の買い物でも使いやすいnanacoポイントや、旅行好きなら貯めておきたいANAマイルも投資で増やせるのは嬉しいですね。

トラノコはこんな人におすすめ!

口コミや評判、メリット、デメリットを総合すると、トラノコは以下のような方におすすめといえます。

少額・低コストで投資を始めたい人

大抵の投資信託は、多くの人が抱くイメージの通り「まとまったお金」を必要とします。その点トラノコなら、1口5円から投資が可能なので、本当に少額から投資を始めたい方におすすめです。長く続ければ手数料も気にならなくなり、低コストで安定した投資を続けることができます。

自分のペースに合わせて投資したい人

トラノコでは「おつり投資」といっても、月に出たおつりがすべて勝手に投資されるわけではなく、算出された額から投資したい分だけ毎月選択することができます。さらにおつり以外にも、追加で投資することも可能です。そのため、自分のペースで投資をしたい方に向いています。

投資信託とポイントを連携させたい人

トラノコは、投資信託では珍しいポイント運用も可能なサービスです。dポイントやnanacoなど、汎用性の高いポイントと提携しています。「いくら少額とはいえ、現金を使うのはちょっと…」と思う方は、ポイントを貯める手段の1つとしてトラノコを利用するのもおすすめです。

トラノコの始め方は?

トラノコは、画面の指示に従って登録していくだけで、簡単に始めることができます。1つ1つの設定の所要時間は、数秒~5分程度です。

投資開始までのステップ

ステップ①:投資口座の開設

トラノコで投資を始めるに当たって、まずは投資用の口座を開設する必要があります。口座の開設には生年月日・氏名・住所などの個人情報、本人確認書類の画像、マイナンバー情報が必要なため準備しておきましょう。なお、マイナンバーは申し込み後でも設定可能です。

ステップ②:おつりデータの取得設定

トラノコでおつりを計算してもらうには、提携の家計簿アプリ「MoneyForward」「zaim」「Moneytree」のいずれかと連携するか、「トラノコおつり捕捉サービス」に新規登録する必要があります。いずれも買い物をすると自動的に記録されるサービスで、大変便利です。

ステップ③:クレジットカード・電子マネーなどの登録

普段の買い物で利用しているクレジットカードまたは電子マネー、デビットカードの場合は銀行口座を登録します。なお、提携家計簿アプリ(MoneyForwardなど)とID連携された場合は、この登録手続きは不要です。

ステップ④:運用方針の選択

小トラ・中トラ・大トラの中から、自分に合った運用方針(ファンド)を選択します。いずれの場合も自動投資なので、深く考えずに、毎月の買い物の頻度や、自分のやってみたい投資方法などに合わせて選ぶと良いでしょう。運用方針は、登録後もいつでも変更できます。

ステップ⑤:おつり・手数料引き落とし口座の登録

おつりなどの投資資金と、手数料を引き落とすための口座を登録します。ほぼすべての口座は即時登録できますが、みずほ銀行のみ反映に2週間かかるようなので注意しましょう。

ステップ⑥:マイナンバーの登録

投資口座の開設時にマイナンバーを入力していなかった場合は、ここで入力します。マイナンバーの数字が公的に確認できる書類も必要になるので、マイナンバーカードや通知カードなどを用意しましょう。

ステップ⑦:簡易書留の発送・確認番号入力

投資口座が開設されると、それから数日後を目安に、登録した住所に確認番号を記載した簡易書留が届きます。記載の番号をアプリ上で入力すると、本人確認が完了となります。

 

上記で紹介した必要設定は、ステップ①以外はすべて好きな順番で設定を進めることができます。投資口座開設から20日以内にすべての設定が完了すると、運用開始時に200円がもらえるので、早めに設定することをおすすめします。

トラノコの停止・解約方法は?

トラノコを退会する場合は、メニューから各種設定、アカウント情報を開き、最下部グレー文字「トラノコを退会する場合はこちら」を押し、ログイン情報を入力すると退会できます。

 

注意点として、退会しても自動で返金されることはないため、別途出金手続きを行う必要があります。退会後1年間は、投資運用も継続されてしまうので注意しましょう。

 

また、投資運用を停止してから1年以内であれば、アカウントを作り直さなくても簡単に利用を再開できます。トラノコ投資を一時的に停止しまた再開したい場合は、退会後1年以内の再ログインを忘れずに。

その他の気になる点をQ&Aで紹介

Q1:投資を承認してしまった後でもキャンセルできる?

編集部の画像

編集部

トラノコは即時投資ではないので、毎月1回の投資額締め日(26~28日ごろ・毎月6日の口座引き落とし日の7営業日前)までであれば、いつでもキャンセルできます。また、追加投資の場合でもキャンセルできるためご安心ください。

Q2:投資口座の開設費・維持費はかかる?

編集部の画像

編集部

いえ、投資口座の維持費用は一切かかりません。

Q3:未成年でも利用できる?

編集部の画像

編集部

トラノコでは、15歳(中学生を除く)からおつり投資を利用することができます。親権者同意書などが必要となるため、必ず保護者の方と一緒に手続きしてくださいね。

Q4:引き落とし日はいつ?

編集部の画像

編集部

おつり・手数料の引き落とし日は、おおよそ毎月6日となります。6日が祝日などで休業日の場合は、翌営業日に引き落とされます。公式サイトにも1年分のカレンダーが記載されていますので、参考にしてみてください。

Q5:残高不足の場合、後から支払いできる?

編集部の画像

編集部

毎月6日(休日の場合は翌営業日)の口座引き落とし日に残高が不足していた場合、後から支払うことはできません。その後入金して残高を増やしたり、別の口座を登録したりしても、改めて引き落としされることはなく、利用制限がかかってしまいます。くれぐれも口座残高が不足しないよう注意しましょう!

まとめ

トラノコは、最低5円の少額から手軽に投資できるアプリです。いつも通り買い物をして、算出されたおつりを選択するだけなので、初心者でも簡単に投資できます。投資の出費を買い物と同時に考えられるという、今までになかった斬新なサービスといえますね。

【総評】登録後3ヶ月間利用料が無料に!気になったらまずは始めてみよう

トラノコでは月額利用料がかかりますが、最初の3ヶ月間は利用料無料で投資にチャレンジできます。どのようなサービスでも合う・合わないがあるので、まずは3ヶ月利用してみて、おつり投資が自分に合っているかどうかを見定めてみてはいかがでしょうか?

最低5円の少額投資アプリ!

【おつりを5円から1円刻みで投資できる!】

普段通りに買い物をすると、トラノコ上におつりデータが反映。反映された投資したい分を選択するだけで、自動的に分散投資されます。何と、5円からの超少額投資も可能!

 

【ポイント提携だから元手0円でも】

dポイント、nanaco、ポイントタウンなどのポイントでも投資が可能。ANAマイルにも対応しているため、ポイントやマイルを貯める1つの手段としても利用できます。

 

【3つのファンドから選ぶだけ!初心者も簡単】

安定重視の「小トラ」、リターン重視の「大トラ」、中間でバランスの良い「中トラ」から選択するだけで自動分散投資。投資のとの字も分からない、という初心者でも簡単にチャレンジできます。

月額利用料 300円/月 運用手数料 0.33%/年
出金手数料 300円/件 利用可能年齢 15歳~
提携ポイント dポイント、nanaco 提携マイル ANAマイル

会社情報

運営会社 TORANOTEC株式会社
所在地

東京都港区虎ノ門4-3-1

城山トラストタワー27階

ホームページ https://toranotec.com/
電話番号 03-6432-0788

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【100人に聞いた!】投資本のおすすめ人気ランキング21選【2023年版】

【100人に聞いた!】投資本のおすすめ人気ランキング21選【2023年版】

本・雑誌
不動産投資と他の投資はどう違う?人気の「投資」について解説

不動産投資と他の投資はどう違う?人気の「投資」について解説

その他
【2023年最新版】不動産投資本の人気おすすめランキング15選

【2023年最新版】不動産投資本の人気おすすめランキング15選

本・雑誌
不動産投資サイト人気おすすめランキング5選【2021年最新版】

不動産投資サイト人気おすすめランキング5選【2021年最新版】

その他
【2023年最新版】初心者のための不動産投資会社人気おすすめ11選

【2023年最新版】初心者のための不動産投資会社人気おすすめ11選

その他
年収が低くとも不動産投資は可能?不動産投資に必要な年収とは

年収が低くとも不動産投資は可能?不動産投資に必要な年収とは

その他