【2021年最新版】ペンライトの人気おすすめ商品20選【作業用も】

記事ID28071のサムネイル画像

ペンライトはライブ会場で使用するタイプと医療や仕事で使うタイプもあります。ただ、流通しているペンライトにはさまざまなタイプがあり、目的にあったものを選ぶのが難しいですよね。そこで今回はペンライトの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

目的に合ったペンライトを選ぼう

ペンライトというと、ライブやコンサートで使うタイプ以外にも医療現場や作業現場で使われるタイプもあります。ライブなどで使用するタイプと医療や仕事で使用するタイプは選び方が大きく異なります。

 

ライブなどでは光の強さや光の色数などを重視するのに対して、医療用や仕事用は単に明るければよいというものでもなく、使用シーンによって変わってきます。また、流通しているペンライトには実にさまざまなタイプがあります。どれを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。

 

そこで今回はペンライトの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングはライブやコンサート用か?医療用や作業用か?を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ペンライトの選び方

ペンライトは主にコンサートやライブで使用するタイプと、医療現場やプロフェッショナル向けの2種類のタイプがあります。利用シーンを明確にしてから選ぶとスムーズです。

ペンライトの種類で選ぶ

ペンライトが光るパワーには主に電池化学反応があり、電池は繰り返しの使用が可能ですが、化学反応で光るタイプは使い捨てとなります。

使用頻度が多いなら「電池式タイプ」がおすすめ

電池式タイプのペンライトは、バッテリーが切れても電池を交換すれば、何度でも繰り返し使うことが可能です。

 

電池式には主に乾電池とボタン電池、そして充電式の3種類があります。また、光る際のカラーもバリエーションが豊富で、一本のペンライトで複数のカラーを発光するものもあります。

一回きりの使用・安いペンライトなら「使い捨てタイプ」を

一回のみ使用できるのが使い捨てタイプです。化学薬品の反応によって発光する化学薬品式タイプで、ケミカルライトとも呼ばれます。

 

できるだけコストを抑えたい、コンサートはたまにしかいかないという方なら使い捨てタイプがおすすめ。電池式のようにバッテリーを気にする必要がありませんが、発光する時間はチェックしておきましょう。

バッテリーの重さが気になるなら「充電式」に注目

電池式の場合は、使用する電池のタイプや量によっては重たく感じることがあります。また、電池が切れた時のための交換用の電池も持参する必要があります。

 

使い捨てタイプは軽量ですが、一回きりしか使えませんよね。軽量で何度も繰り返し使えるペンライトを探すなら充電式に注目してみましょう。1回の充電で20時間近く発光するものもあります。

ペンライトの光の色で選ぶ

ペンライトはただ明るくなればいいというものでもなく、使用シーンに応じた光の色のペンライトを選ぶことが大切です。

コンサート・ライブなら「カラフルな色」を

コンサートやライブでペンライトを使用するなら、電池式・充電式でたくさんのカラーを取りそろえたタイプがおすすめ。テーマカラーや曲や会場の雰囲気、推しのカラーにあわせて色を変えることができますよ。

 

メーカーやモデルによって異なりますが、1本のペンライトでおおよそ20~30色の発光が可能です。

仕事・作業なら「白色」医療関係なら「使い分け」を

仕事や作業で使用する「工具としてのペンライト」なら、対象が明るくくっきりと見える白色タイプがおすすめです。

 

ですが、医療現場で使用するペンライトは、対象となるものの状態が正確に確認できるように、対象となるもので使い分けしています。喉や耳の奥をチェックする際には白色タイプ瞳孔チェックをする場合にはオレンジ系のタイプが使われています。

ペンライトの光の強さで選ぶ

ペンライトは明るい方がいいと考える方も少なくありませんが、使用シーンに適した明るさがあることも忘れてはなりません。

コンサートやライブなら「強く発光する」タイプを

コンサートやライブなら電池式のペンライトがおすすめ。ですが、同じ電池式でもボタン電池の場合は光の強さが足りないことも。強く光るペンライトなら、バッテリーが乾電池のものがおすすめです。

 

コンサートやライブのシーンによっては、弱い光の方が雰囲気を出せる場合もあります。光の量を調節できるものだと、より曲の雰囲気に合わせられるので便利です。

医療関係なら「対象」で光の強さが変わる

流通しているペンライトの多くはLEDタイプです。医療現場では、耳鼻咽喉科なら奥までくっきり確認できる白色タイプが選ばれています。目の検査は患者さんの負担にならないよう柔らかい光で、黄色やオレンジ色のペンライトが使用されています。

スペックで選ぶ

ペンライトにはさまざまな形状・機能を備えています。最適なペンライトを選ぶためにも、機能面をチェックしていきましょう。

長時間使用するなら「連続使用時間」に注意

ライブ・コンサートで使用するなら、ペンライトの連続使用時間をチェックしましょう。連続使用時間が長ければ、コンサートの途中でバッテリーを交換する必要もありません。

 

使い捨てタイプも同様に、連続使用時間をチェックしておきましょう。使い捨てタイプは、時間が経過すると明るさが落ちる傾向があります。長時間使用するなら明るさが控えめなペンライトを。特定の時間・シーンだけなら発光時間が短いものでもOKです。

手や腕が疲れるなら「重さ」も確認

長時間使用するなら重さにも注目しましょう。重いペンライトでは手が疲れてしまいます。使用するバッテリーの種類や本数によっては重く感じるものもあるので、軽さを求めるなら、ボタン式電池や充電式・使い捨てタイプがおすすめです。

うっかり落とさないよう「握りやすさ」もチェック

ライブ・コンサート会場ではペンライトを大きく振るシーンもありますが、そういった際に誤って落としてしまわないよう、握りやすいかにも注目しましょう。

 

グリップ部分が握りやすいような形状だと疲れも感じにくくなります。また、ストラップ付かどうかもチェックしておきましょう。

色のチェンジを頻繁にするなら「メモリー機能」が便利

コンサートやライブの曲やその場の雰囲気に応じて、色をひんぱんにチェンジするならメモリー機能があるペンライトだと便利です。発光するカラーの順番を決めることができるので、いちいち変える度に操作する必要もなくなります。

スマホでペンライトを操作するなら「Bluetooth連携機能」があるものを

Bluetooth連携機能付きのペンライトなら、スマートフォンのアプリで発光させるカラーの順番を決めて、Bluetoothでペンライト本体にカラーの順番をメモリーさせることも可能です。手動でペンライトに直接設定するのが面倒だと感じる方におすすめです。

工具としてペンライトを使うなら「小型」のものが便利

仕事やアウトドアなど工具としてペンライトを使うなら、軽くて携帯性がよい小型のものがおすすめ。長さ10cm程度でも200lm程度の明るさを持つペンライトもあり、懐中電灯として使えるものも。屋外で使用するなら、衝撃に強く防水性のあるものだと安心です。

使う場所・シーンで選ぶ

コンサートやライブ会場、医療現場など、使う場所・利用シーンによってペンライトを選ぶポイントが違ってきます。

コンサートやライブなら「サイズ・色数・使用時間」をチェック

コンサートやライブで使用するならまずは強く光ることが大切です。そしてテーマカラーや曲やその場の雰囲気にぴったりのカラーが発光できるよう、たくさんのカラーを備えていることも重要です。

 

さらに、連続して使用可能な時間も大事なチェックポイント。暗いコンサート会場でバッテリーを交換するのは面倒ですよね。

 

もし、防振双眼鏡を使用しているなら、双眼鏡のバッテリーと同じ種類の電池だと、複数の種類のバッテリーを用意せずに済みますので便利ですよ。防振双眼鏡については、以下のサイトも参考にしてみてください。

医療や仕事なら「対象をくっきり照らす・まぶしすぎないもの」を

医療現場や仕事・作業で使うペンライトなら明るいタイプがおすすめです。どれぐらい明るいのか?についてはルーメン(lm)をチェックしましょう。ルーメンの値が高ければ、それだけ明るいペンライトだと考えましょう。

 

ですが、医療現場ではペンライトが明るすぎると、ライトを当てられた患者さんがまぶしく感じてしまいます。医療用で使用する場合は10~30lmを目安にしましょう。

値段で選ぶ

使い捨てタイプのものはリーズナブルですが、電池タイプのペンライトは備わっている機能によって値段が違ってきます。

「リーズナブル」なペンライトが欲しいなら使い捨てタイプ

あまりライブやコンサートに行かない方や、リーズナブルなペンライトが欲しい方なら、使い捨てタイプがおすすめです。ただし、使い捨てなので一度きりの利用になります。電池式なら、必要最低限の機能を備えた単色タイプも、比較的求めやすい価格で販売されています。

「価格にこだわらない」なら機能充実の電池タイプ

ライブやコンサートによく行かれる方には、繰り返し使用できる電池タイプがおすすめです。ですが、カラーバリエーションが豊富で、Bluetooth連携などが装備されたタイプのペンライトは価格が上がる傾向があります。

コンサート・ライブ用のペンライトの人気おすすめランキング15選

長時間握っていても疲れにくいペンライト

グリップ部分は長時間握っていても疲れにくい仕様のペンライト。18色とカラーバリエーションもあり、ライブ以外のシーンでも活躍してくれます。発光時間は約6~12時間(使用状況により変わります)。

 

また、本体と発光部分は取り外し可能で、デザインシートを入れて好きなようにカスタマイズすることもこともできますよ。

サイズ 全長280mm 重さ 約60g
バッテリー 単4電池×3本 カラー 全18色
1個あたりの価格 -

口コミを紹介

軽くて強度もしっかりとしているので、持ち運びがしやすかった。色も十分すぎるほどある。他の商品と比べると、価格がとても良心的に感じた。

出典:https://www.amazon.co.jp

カラーバリエーションが最多の30色!

RGBWYの5LEDを搭載し、デフォルトで30色ものカラーを備えたスター型のペンライトです。逆送りもできるメモリー機能のほか、ワンプッシュで推し色が発光する「推し色ボタン」を装備しています。

サイズ 全長217mm 重さ 123g(電池を含む)
バッテリー LR44ボタン電池式 カラー 全30色
1個あたりの価格 -

口コミを紹介

キンブレにあり前MIX PENLa 24Cに無かった綺麗な発色の水色。追加されました。うれしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

人気だった X10Ⅱneoのアップグレード版

ルイファンジャパンの最新ペンライト。イエローのLEDを搭載しているので、従来品よりもイエローの発色がキレイという特徴があります。

 

ワンプッシュで推しカラーを発光できるReserve機能やHot Button、そしてメモリー機能もあるなど、機能も充実しています。

サイズ 全長約250mm 重さ 92g(電池込み)
バッテリー 単4電池×3本 カラー 全25色
1個あたりの価格 -

口コミを紹介

決まった色以外にも、自分で色が作れるのがとても便利でした!活用できそうです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

電池の残量がわかる!便利なペンライト

親指だけで捜査できるカラーリザーブ機能を備えたペンライトなので、一発で推しカラーに変更できます。メモリー機能で発光させる色を設定することも可能です。

 

電池残量インジケーターも装備されているので便利。連続発光時間は約3~6時間です。

サイズ 全長250mm 重さ -
バッテリー 単4電池×3本 カラー 全24色
1個あたりの価格 -

口コミを紹介

発光色を変える操作がしやすく、使いやすいと子供が喜んでます。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ルイファン ジャパン(Ruifan Japan)

キングブレードMAX2 シャイニング パープル

推しのカラーがパープルの方におすすめ

パープルのペンライトを探しているならキングブレードMAX2シャイニングがおすすめ。他のペンライトではなかなかパープルが出にくい中、キングブレードMAX2シャイニングなら期待通りのカラーで発光してくれます。

 

明るさは4段階に切り替わります。連続使用時間は約2.5~10時間(使用状況で異なる)。電池式で充電池エネループも使用可能です。

サイズ 直径30mm×250mm 重さ 約95g
バッテリー 単4乾電池×3本 カラー パープル
1個あたりの価格 -

口コミを紹介

発光色がとても綺麗で、輝きも抜群!コンサートでメンバーカラーが紫なら間違いなし!

出典:https://www.amazon.co.jp

ライブ以外でも活躍!仲間とシェアも

ライブやコンサートはもちろん、イベントやアート・災害時にも役立つケミカルライトです。25本セットなので、仲間とシェアすることも可能ですよ。

 

写真のイエロー以外のカラーもラインナップされています(全9色)。発光時間は約12~18時間です。

サイズ 約15cm 重さ -
バッテリー なし カラー イエロー
1個あたりの価格 約60円

口コミを紹介

アイドルさんの引退コンサートでご来場のお客様にお配りして、本番で使用して頂きました。終了後お客様から使用済みの本品を回収しましたが、光る時間が非常に長くて驚きました。使用後2時間以上経過しても光り続けておりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

特許取得済5LED搭載の美しい発光!

24色のカラーバリエーションがあり、さらに黄色と白のLEDを独立させることで、従来よりも美しい発光を実現しています。

 

発光部分はキュートなハート型。握ったままでも操作可能なメモリー機能も便利です。キラキラタイプのほかにも、ホワイト・ギラギラタイプもあります。

サイズ 全長209mm 重さ 約84g(電池含む)
バッテリー ボタン型(LR44型)電池×6個 カラー 全24色
1個あたりの価格 -

口コミを紹介

ハートのペンライトが欲しくて購入しました。普通に使う分には商品もとてもいいです。握る部分も細いので女性や、お子様でも大丈夫◎カラーバリエーションも豊富なので細かい色の規定があるメンバーカラーとかでも対応できますっ!!ほんとオススメです!!

出典:https://www.amazon.co.jp

電池交換が不要の充電式ペンライト

ペンライトの中ではめずらしい充電式タイプ。充電器・ACアダプターとケーブルがセットになっているのですぐに使用可能です。

 

最大発光時間は約18時間(カラーの使用状況による)、充電は約4時間必要です。発光チューブを取り外して、推しの名前を書いたシートをいれてカスタマイズすることも可能です。

サイズ 全長24.5cm 重さ 約15g
バッテリー 充電式 カラー 全15色
1個あたりの価格 -

口コミを紹介

電池交換の手間や購入をしなくて良いのはストレスにならずに良いと思う他、最大利用時間や色数が多いのも大変魅力です。充電池内蔵だからか電池入れるタイプよりも軽く感じますし、持ち手がカーブしているのも握りやすくてよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ重視の人におすすめのケミカルライト

ケミカルライトの先端同士をつなぐジョイントも付属しているので、数本つなげて長くすることも可能ですし、丸く曲げてブレスレットとしても楽しめます。

 

コンサート以外のシーンでも活躍してくれそうですね。発光時間は夏季なら3~8時間、冬季なら5~8時間です。

サイズ 全長約20cm 重さ -
バッテリー なし カラー 全10色
1個あたりの価格 約21円

口コミを紹介

フェスで暗くなってから仲間達と使わせてもらいました!数も100本入ってるってことでみんなに行き届き、手首に付けたり、繋ぎ合わせて使わせてもらったり、並べて文字にしたりしました!色の発色も良くて、けっこう明るかったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

先端までキレイに光る!軽量のペンライト

ペンライトの種類によっては先端までキレイに光らない!という声もあります。ですがこの「ルミエース スターライト」は、ルミカが独自に開発した「煌彩棒」を搭載。ペンライトの先までキレイにムラなく光ります。

 

「ルミエース スターライト」には、写真のキラキラタイプ以外にもマットタイプがあります。

サイズ 約17mm×220mm 重さ 約35g
バッテリー 単4電池×1本 カラー 全8色
1個あたりの価格 -

口コミを紹介

軽くてストラップ付きで、アイドルのコンサート初参戦、初心者の私には使いやすくて良いです。ライト部分はムラがなくキラキラで綺麗です。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルな操作だから初心者にもおすすめ

すぐに「推しカラー」にチェンジできるトリガーボタン、そしてカラーメモリー登録機能も装備。操作がシンプルなので、初心者にもおすすめのペンライトです。

 

発光時間は約4~6時間(発光色の使用状況により異なる)。グリップ部分は握りやすい形状になっていますよ。

サイズ 全長250mm 重さ -
バッテリー 単4アルカリ乾電池×3本 カラー 全24色
1個あたりの価格 2450円

口コミを紹介

明るさが使い捨て大閃光くらい明るく、全体的に周りから見ても見やすいです。色変もしやすく、ヲタ芸をするにしてもやりやすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

従来品よりも色鮮やかな発光

自動でカラーが切り替わるメモリー機能を搭載したペンライト。また、推し色を発光させるのに便利なHot Button機能もあります。従来品よりも色鮮やかな発光が可能なLEDを使用しており、「色ムラがない!」と口コミやレビューでも好評です。

サイズ 全長220mm 重さ -
バッテリー LR44電池×6個 カラー 全15色
1個あたりの価格 -

口コミを紹介

推し色に一発で変わるボタンがあるので、曲の途中で色を変えるようなときに大変便利でした。乾電池ではなくボタン電池なのでアイマスのライブにも最適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

豊富なカラーバリエーションのペンライト

24色のカラーバリエーションを誇り、発光する色数や色順を思い通りにカスタマイズできる優れもののペンライトです。明るさも2段階調節できる点にも注目。

 

また、グリップ部分のデコレーションができるデコシールとデコシートも付属しています。写真のMタイプ以外にもSサイズ(全長193mm)があります。

サイズ 全長214mm 重さ 約60g(電池含む)
バッテリー アルカリボタン電池(LR44型)×6個 カラー 全24色
1個あたりの価格 -

口コミを紹介

ライブで使用するために数本購入しました。よく比較されるキングブレードですが、キングブレードより持ち手部分のくびれがはっきりしていて持ちやすい印象です。持ち手部分が細いためそれぞれの指の間で数本持つ持ち方、俗にいう「バルログ持ち」もしやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ルミカ(日本化学発光)

ルミカライト 大閃光アーク 25本入り 極 オレンジ

パワフルな発光のケミカルライト

ルミカの大閃光シリーズの中でも最大に明るいペンライトが「大閃光アーク極」。発光時間はカラーによって異なり、オレンジ約2~3分・それ以外のカラーは約15分となっています。

 

従来品よりも液漏れが発生しにくい素材を使用しているので、安心して使えますよ。写真のオレンジ以外にも、8色のカラーがラインナップされています(全9色)。

サイズ 約14~18×190mm 重さ -
バッテリー なし カラー オレンジ
1個あたりの価格 98円

口コミを紹介

短時間だけ凄まじく明るい。オレンジ色の光を発するので、盛り上がる曲のここぞという場面で折ると非常に楽しいです。発光時間がとても短い分、結構な本数を消費することになるので、25本入りを買って損はしないでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ルイファン ジャパン(Ruifan Japan)

キングブレード X10 V シャイニング

アプリでカラーを指定できる!便利なペンライト

スマートフォンのアプリでカラーチューニングして、Bluetoothでペンライト本体に、発光させる色の順番リストを送信して設定できるペンライトです。

 

また、リスト通りに発光させていても「推しカラー」を光らせることができるHot Button(推し色へジャンプ)機能も搭載されており、ますます使い勝手のよいペンライトに仕上がってます。

サイズ 250mm 重さ 120g
バッテリー 単4電池×3本 カラー 全15色
1個あたりの価格 -

口コミを紹介

これまでx10ⅢNeoシャイニングを使ってきました。アプリを使ってカラーチューニングで色を生成してリストにできるのはx10Ⅲと同じですが、本体への転送が赤外線からBluetoothになったのは非常にありがたい。転送用のパーツがないのでスムーズに転送できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンサート・ライブ用のペンライトのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7381432の画像

    ルイファン ジャパン(Ruifan Japan)

  • 2
    アイテムID:7381281の画像

    ルミカ(日本化学発光)

  • 3
    アイテムID:7380993の画像

    ターンオン(TurnON)

  • 4
    アイテムID:7380962の画像

    ルイファン ジャパン(Ruifan Japan)

  • 5
    アイテムID:7381267の画像

    ルミカ

  • 6
    アイテムID:7381260の画像

    ルミカ(日本化学発光)

  • 7
    アイテムID:7381217の画像

    iSmile

  • 8
    アイテムID:7381181の画像

    Sun Swing

  • 9
    アイテムID:7381167の画像

    ターンオン(TurnON)

  • 10
    アイテムID:7381120の画像

    JOYme

  • 11
    アイテムID:7381103の画像

    ルイファン ジャパン(Ruifan Japan)

  • 12
    アイテムID:7381087の画像

    ルミカ(日本化学発光)

  • 13
    アイテムID:7381066の画像

    ルイファン ジャパン(Ruifan Japan)

  • 14
    アイテムID:7381051の画像

    ターンオン(TurnON)

  • 15
    アイテムID:7381024の画像

    Smart Eagle Tech

  • 商品名
  • キングブレード X10 V シャイニング
  • ルミカライト 大閃光アーク 25本入り 極 オレンジ
  • MIX PENLa PRO ベーシック Mサイズ
  • キングブレード one1R
  • 大閃光ブレード 300
  • ルミエース スターライト キラキラタイプ
  • ケミカルライト 50本セット
  • 充電式ペンライト
  • MIX PENLa PRO ハート
  • フラッシュMAX ペンライト
  • キングブレードMAX2 シャイニング パープル
  • ルミエース2 オメガ キラキラタイプ
  • キングブレード X10R シャイニング
  • MIX PENLa PROⅢ Noir
  • ペンライト
  • 特徴
  • アプリでカラーを指定できる!便利なペンライト
  • パワフルな発光のケミカルライト
  • 豊富なカラーバリエーションのペンライト
  • 従来品よりも色鮮やかな発光
  • シンプルな操作だから初心者にもおすすめ
  • 先端までキレイに光る!軽量のペンライト
  • コスパ重視の人におすすめのケミカルライト
  • 電池交換が不要の充電式ペンライト
  • 特許取得済5LED搭載の美しい発光!
  • ライブ以外でも活躍!仲間とシェアも
  • 推しのカラーがパープルの方におすすめ
  • 電池の残量がわかる!便利なペンライト
  • 人気だった X10Ⅱneoのアップグレード版
  • カラーバリエーションが最多の30色!
  • 長時間握っていても疲れにくいペンライト
  • 価格
  • 3000円(税込)
  • 2450円(税込)
  • 1418円(税込)
  • 1800円(税込)
  • 4900円(税込)
  • 1200円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 1880円(税込)
  • 1600円(税込)
  • 1499円(税込)
  • 1868円(税込)
  • 2015円(税込)
  • 2900円(税込)
  • 2222円(税込)
  • 1890円(税込)
  • サイズ
  • 250mm
  • 約14~18×190mm
  • 全長214mm
  • 全長220mm
  • 全長250mm
  • 約17mm×220mm
  • 全長約20cm
  • 全長24.5cm
  • 全長209mm
  • 約15cm
  • 直径30mm×250mm
  • 全長250mm
  • 全長約250mm
  • 全長217mm
  • 全長280mm
  • 重さ
  • 120g
  • -
  • 約60g(電池含む)
  • -
  • -
  • 約35g
  • -
  • 約15g
  • 約84g(電池含む)
  • -
  • 約95g
  • -
  • 92g(電池込み)
  • 123g(電池を含む)
  • 約60g
  • バッテリー
  • 単4電池×3本
  • なし
  • アルカリボタン電池(LR44型)×6個
  • LR44電池×6個
  • 単4アルカリ乾電池×3本
  • 単4電池×1本
  • なし
  • 充電式
  • ボタン型(LR44型)電池×6個
  • なし
  • 単4乾電池×3本
  • 単4電池×3本
  • 単4電池×3本
  • LR44ボタン電池式
  • 単4電池×3本
  • カラー
  • 全15色
  • オレンジ
  • 全24色
  • 全15色
  • 全24色
  • 全8色
  • 全10色
  • 全15色
  • 全24色
  • イエロー
  • パープル
  • 全24色
  • 全25色
  • 全30色
  • 全18色
  • 1個あたりの価格
  • -
  • 98円
  • -
  • -
  • 2450円
  • -
  • 約21円
  • -
  • -
  • 約60円
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

医療・作業用のペンライトの人気おすすめランキング5選

瞳孔ゲージと丸ゲージが付いたペンライト

20lmのLED白色のペンライトです。点灯はボタン式なのでスムーズ。瞳孔ゲージ・丸ゲージも付いています。写真のブラックのほか、グリーン・シルバー・パープル・ブルー・レッドがあります(全6色)。

サイズ 13.5×1.2×0.5 cm 重さ -
バッテリー 単4電池×2本

口コミを紹介

シンプルで壊れにくい。ペンライトとしては理想です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

アイゼンコーポレーション

メディカルペンライト ニップル球タイプ

目にもやさしいやわらかな光

ニップル球を使用しているペンライトなので、やわらかな明るさの光です。瞳孔ゲージは1.5~8mmまで。ポケットにも収まるスマートさに加え、持ちやすさも医療現場に従事する方からも好評です。写真のネイビーブルー以外にもブラック・ピンクがあります。

サイズ 全長128mm 重さ 45g(電池含む)
バッテリー 単4電池×2本

口コミを紹介

ポケットに入るサイズで、瞳孔表も付いているので、白内障手術の瞳孔散大のサイズを確認するのに使っています。ランプも明るく電池も結構もちます。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトながらも明るいペンライト

100lmの明るさを持つ実用性の高いペンライトです。最大で約64m先まで照らすことができ、最大約10時間の連続使用が可能。耐塵・耐水性も高く、2mの高さから落下しても耐えられるタフな仕様です。

 

写真のレッド以外にも、シルバー・ブラック・ブルーがあります。アウトドア・現場でも活躍してくれるペンライトですよ。

サイズ 直径17.1×138.6mm 重さ 約51g(電池含む)
バッテリー 単4形電池×2本

口コミを紹介

口腔を見る為に、洗面台においておく為に小さな物を買いました。まぶしいくらい明るくて、口腔内が隅々までよく見えます。普通の懐中電灯として屋外に持って行っても、なにしろコンパクトで軽量なので邪魔になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

医療現場におすすめのやさしい光のペンライト

LED電球ですが、やわらかいを放つペンライトです。ボタンを押している間だけ点灯します。2~9mmまでの医療用の瞳孔ケージが付き。ボディには7種類のカラーバリエーションがあります。

サイズ 全長141mm 重さ 31.8g(電池含まず)
バッテリー 単4電池×2本

口コミを紹介

上部をプッシュしてる間のみ点灯するので、つけっぱなしになり電池が切れることがなく、とても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

小型ながらもパワフルな光

日本の懐中電灯メーカーGENTOS(ジェントス)のペンライトです。テールプッシュ式のスイッチを備えています。さらに防滴仕様なのでアウトドアや現場でも活躍します。

 

連続使用は約12時間、約20m先までを明るく照らしてくれます。充電池エネループも使用できます。写真の18lmタイプ以外にも、20・90lmタイプもあります。

サイズ 直径14×114mm 重さ 約40g(電池含む)
バッテリー 単4電池×2本

口コミを紹介

車の整備用に購入しました。エンジンルーム内の対象物を照らして確認するのには十分です。個人的には金属製で質感も高いと思います。落としたとしても傷が付くくらいで壊れたりはしなさそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

医療・作業用のペンライトのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7382127の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 2
    アイテムID:7382119の画像

    kilakila nurse by eastsidemed

  • 3
    アイテムID:7382117の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 4
    アイテムID:7382099の画像

    アイゼンコーポレーション

  • 5
    アイテムID:7381449の画像

    アドバンスジャパン株式会社

  • 商品名
  • LEDペンライト フルークス
  • ソフトLEDペンライト ノック式
  • LEDペンライト AP-100
  • メディカルペンライト ニップル球タイプ
  • 医療用ペンライト
  • 特徴
  • 小型ながらもパワフルな光
  • 医療現場におすすめのやさしい光のペンライト
  • コンパクトながらも明るいペンライト
  • 目にもやさしいやわらかな光
  • 瞳孔ゲージと丸ゲージが付いたペンライト
  • 価格
  • 778円(税込)
  • 2080円(税込)
  • 1217円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 1580円(税込)
  • サイズ
  • 直径14×114mm
  • 全長141mm
  • 直径17.1×138.6mm
  • 全長128mm
  • 13.5×1.2×0.5 cm
  • 重さ
  • 約40g(電池含む)
  • 31.8g(電池含まず)
  • 約51g(電池含む)
  • 45g(電池含む)
  • -
  • バッテリー
  • 単4電池×2本
  • 単4電池×2本
  • 単4形電池×2本
  • 単4電池×2本
  • 単4電池×2本

ペンライトが安い店は?

ペンライトも機能が充実したタイプは高額です。そのため、家電量販店やドン・キホーテなどのディスカウントショップで安く手に入れたいと考える方も少なくないはず。

 

しかしながら、ペンライトの種類やタイプが多いことを考えると、Amazonや楽天などの通販で購入するのが一番です。ペンライトの価格やメーカー・機能などをじっくり比較した上で購入できます。

 

すぐにその場で購入できるのが実店舗のメリットですが、欲しいタイプの在庫がない場合もあります。通販なら在庫の有無がその場でわかりますが、利用する場合には時間に余裕を持って注文するようにしましょう。

ペンライトを使用する際の注意点

ペンライトを使う際の注意点をまとめてみました。ここでお伝えするポイントに注意して、コンサートを楽しみましょう。

推しによっては指定のペンライトしか使えない場合も

すべてのペンライトがライブ・コンサートで使用できるわけではありません。アーティストによっては使うペンライトの種類が限定されている場合もあります。コンサートに行く前に必ずチェックしておく必要があるのです。

 

人気アーティストの中には公式ペンライトを販売している場合がありますので、公式ペンライトがあるかどうかも確認しましょう。

電池タイプも使い捨てタイプも液漏れに注意

電池タイプのペンライトは、使用後もそのまま乾電池が入った状態だと液漏れしてしまい、ペンライトが使用できなくなる恐れがあります。ペンライトを使用していない場合は、乾電池を抜いておきましょう。

 

また、使い捨てタイプは使用する前に本体を折る必要がありますが、急角度に折り曲げるなどすると、内部の液体が漏れて出てくることがありますので注意してくださいね。

 

以下のサイトでは使い捨てタイプの使用上の注意が詳しく掲載されていますので、参考にしてみてください。

まとめ

ペンライトはライブや仕事の作業用など、利用するシーンによって選び方も変わってきます。どういった目的で使いたいのか?そしてあると便利な機能もしっかりチェックすることが大切。あなたにピッタリのペンライトを見つけて、ぜひ活用していきましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月12日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事