【2021年最新版】靴クリームの人気おすすめランキング15選【革靴を柔らかくする】

記事ID26598のサムネイル画像

革靴は靴クリームを使用して定期的にお手入れすることが大切です。靴クリームはコロンブスやサフィールなどのブランドから様々な商品が販売されており、どれを選べばいいのか迷いますよね。そこで今回は、靴クリームの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

革靴のお手入れに欠かせない靴クリーム

革靴を長持ちさせるために欠かせないアイテムである靴クリーム。皮革の乾燥を防ぎながら、表面を滑らかにしてくれるので見た目の美しさもキープできます。ビジネスシーンだけでなくプライベートシーンでも愛用しているという方も多いのではないでしょうか。

 

でも実は、靴クリームとひと口に言っても乳化性や油性、無色のものや色付きのものなどいろいろな種類があり、商品によって仕上がりや適した用途が異なるんです!それぞれの特徴をしっかり理解し、目的に合ったものを選ぶことが大切です。

 

そこで今回は、靴クリームの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは種類・仕上がり・使いやすさなどを基準に作成しています。購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

靴クリームの選び方

靴クリームはいろいろな種類があるため、どれを選べばいいのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。ここからは靴クリームを選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

種類で選ぶ

靴クリームは乳化性クリーム・油性クリーム・油性ワックスなどの種類があり、それぞれ主成分が異なります。用途に合ったものを選びましょう。

革靴をケアしたいなら皮革を柔らかくする「乳化性クリーム」がおすすめ

乳化性クリームと水分と油分・ロウが主成分の靴クリームで、皮革に栄養を与えてみずみずしい自然なツヤを与えてくれます。水分の割合が多めなので扱いやすく、どんな革製品にも使える万能さが特徴です。また、皮革を柔らかく保つ働きもあります。

 

革靴の保湿・保護には欠かせないアイテムなので、メンテナンス道具とし1つは用意しておきましょう。

革靴にツヤや光沢を与えたいなら「油性クリーム」がおすすめ

油性クリームは油分とロウが含まれた靴クリームで、水分を含まずロウを多く含んでいるのが特徴です。油分が栄養を与え、ロウが革の表面をに美しいツヤと光沢感を与えます。わずかな量でもしっとりとした仕上がりになるので、塗る量には注意が必要です。

革靴にワンランク上の輝きが欲しい方には「油性ワックス」がおすすめ

油性ワックスは油性クリームよりもロウの割合が多く、革靴にワンランク上の輝きを与えてくれます。ピカピカに磨き上げる鏡面磨きによく利用され、傷や汚れ・雨などから革靴を保護してくれる効果もあります。

 

ただし、潤いや栄養を与える効果はなく、艶と光沢を出す目的にのみ使用されます。

デリケートな素材をケアしたいなら「デリケートクリーム」がおすすめ

シミができやすいソフトレザーなどのデリケートな素材のケアには、ロウがほとんど含まれていないデリケートクリームを選びましょう。水分と油分のバランスがいいので、しっかりと栄養と潤いを与えてくれます。また、ジェル状のものが多くさらりとした使い心地です。

 

ただし、ロウの配合量が少ないので光沢を出すことはできません。革本来の風合いを楽しみたい方マットな質感が好みの方におすすめです。

汚れ落としとしても使いたい方には「レザーローション」がおすすめ

レザーローションは水分・油分・ロウが主成分の液状のクリームです。ブラッシングでは取れない汚れを落としながら皮革に必要な潤いと柔軟性を与えます。また、液状なので塗り伸ばしやすく、時間がないときのお手入れにもおすすめです。

色の有無で選ぶ

靴クリームには色が付いていない無色タイプと色付きのカラータイプがあります。使用目的に合わせて最適なものを選びましょう。

靴本来の色を保ちたい方には「無色タイプ」がおすすめ

靴に補色をせず栄養だけを与えたいという方におすすめなのが無色タイプの靴クリームです。靴の色味を大きく変えずにお手入れができるので、初心者の方でも使いやすいです。また、革の色とステッチの色が異なる靴や複数の色が使われている靴のお手入れにも最適です。

補色したい方には白・黒・茶色・ネイビー・ベージュなどの「カラータイプ」がおすすめ

色抜けや傷などが目立つ靴には補色が必要です。靴の補色には色が付いたカラータイプの靴クリームを使いましょう。靴の色合いを変化させることもできるので、黒い靴により深みを出したいときやつま先やかかとにあえて色むらを出したいときにもおすすめです。

色で選ぶ

色付きの靴クリームはカラーバリエーションが豊富で、どういったことを基準に色を選べばいいのか迷います。靴クリームの色の選び方をご紹介します。

買ったときの色を保ちたい方には靴の色より「明るめの色」がおすすめ

買った時の靴の色を保ちたい場合や傷をカバーしたいときは、靴の色より少し明るめの色を選びましょう。色が抜けてしまう前に補色することで、色の大きな変化を防ぐことができます。

 

また、靴クリームは塗ると革に染み込んで色が少し濃く見えるため、明るめの色を選ぶことで本来の色に近くなり、傷も目立ちにくくなります。

あえて色むらを出したい方には靴より「濃い色」がおすすめ

あえて色むらを出してアンティーク調のグラデーションに仕上げたいという方は、靴の色よりも濃いめの色の靴クリームがおすすめです。使用頻度や塗る量によって入る色が変わってくるので、自分好みの革靴に仕上げることができます。

 

同じ系統の濃い色を選ぶのが基本ですが、メーカーごとに靴クリームの色味は異なるので、仕上がりを意識して色を選ぶようにしましょう。

硬さで選ぶ

靴クリームは配合されている成分の割合によって硬さが異なります。使いやすい硬さのものを選びましょう。

光沢の持続性を求める方には「硬め」がおすすめ

光沢の持続性を重視するなら油分が多い硬めの靴クリームがおすすめです。こまめに塗りなおす必要もないため、お手入れの手間を減らすこともできます。ただし、硬めな質感のため伸ばしにくく、塗布には時間がかかります。ある程度靴のお手入れに慣れた方におすすめです。

塗りやすさを重視するなら「柔らかめ」がおすすめ

新品の靴のお手入れや初心者の方には水分が多い柔らかめの靴クリームがおすすめです。硬めのクリームは塗るのに手間がかかりますが、水分が多く含まれているものなら均一に伸ばしやすく、ムラなく仕上げることができます。

 

ただし、油分が少ないので光沢の持続性はあまりよくありません。こまめなお手入れが必要になります。

においが気になる方は「植物系天然オイル・ビーズワックス」がおすすめ

靴クリームに含まれる有機溶剤のにおいが気になるという方は、植物系天然オイルビーズワックスを使用した靴クリームがおすすめです。ほんのりと甘い香りで玄関やお部屋の中で使う際も楽しく快適にお手入れができます。

靴クリームはどこで売ってる?購入場所で選ぶ

靴クリームは靴専門店などの実店舗ネット通販など様々な場所で購入することができます。それぞれにメリット・デメリットがあるので自分に合った購入方法を選びましょう。

実物を見て購入したい方は靴専門店などの「実店舗」がおすすめ

実物を見て購入したいという方や店員さんにアドバイスしてもらいたいという方は、靴専門店や靴量販店などの実店舗での購入がおすすめです。必要なときにすぐ手に入れることができるのは大きなメリットです。

 

また、ホームセンターやスーパー・バラエティショップなどでも購入が可能ですが、取り扱っている商品は少なめです。

靴磨きセットを購入したい方には「ネット通販」がおすすめ

わざわざお店に出向くのが面倒という方は、必要なものを手軽に購入できるネット通販がおすすめです。靴クリームだけでなくブラシやクリーナーなど靴磨きに必要なアイテムがセットになった靴磨きセットが多くラインナップされており、届いたらすぐにお手入れをすることができます。

 

また、お手頃価格のものが多いのもメリットの1つです。ただし、実物を見て購入することはできないため返品・交換ができるショップを利用するのがおすすめです。

メーカー・ブランドで選ぶ

靴クリームはさまざまなメーカー・ブランドから販売されています。主なメーカーの特徴をご紹介しますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

ラインナップの豊富さで選びたい方には「コロンブス」がおすすめ

コロンブスは90年以上の歴史を持つ、日本を代表する老舗シューケアブランドです。メイドインジャパンにこだわった高品質なシューケアアイテムを多数取り揃えています。

 

コロンブスの靴クリームは海外でも高く評価される最高級シューケアブランド、ブートブラックシリーズビギナー向けのブートブラックシルバーラインなどラインナップが豊富です。

品質にこだわった靴クリームを探している方には「エム・モウブレイ」がおすすめ

エム・モウブレイイタリア・トスカーナで生まれた靴クリームメーカーです。熟練の職人によるハンドメイド的製法で作られており、欧州の靴クリーム作りの伝統を現代に受け継いでいるトップブランドです。

 

代表的な製品であるデリケートクリーム・アニリンクリーム・シュークリームは世界中のシューファクトリーや靴愛好家の方に支持されています。上質な天然成分を使用したプレステージラインもヒットしています。

色選びにこだわりたい方には「サフィール」がおすすめ

サフィールはフランスのアベル社が展開する高級シューケアブランドです。天然素材をふんだんに配合したサフィールノワールシリーズや70色以上のカラーがあるビーズワックスファインクリームなどの人気商品を揃えています。色選びにこだわりたい方におすすめのブランドです。

初心者でも使いやすいものを選ぶなら「コロニル」がおすすめ

コロニル100年以上の歴史があるドイツのレザーケアブランドです。コロニルの靴クリームは浸透力が高くシミになりにくいという特徴があり、シンプルなコロニルクラシックシリーズや高級ラインの1909シリーズなど初心者でも使いやすいアイテムが揃っています。

乳化性の靴クリームの人気おすすめランキング5選

ビーズワックス配合で光沢感も出せる

ナチュラルワックスを使用した香り豊かな靴クリームです。ビーワックス配合で皮革に潤いを与え柔軟性をキープします。スムースレザーの靴やブーツ・パンプスなどにおすすめです。少量でよく伸びるクリームなので初心者でも使いやすいです。

内容量 120ml 種類 乳化性クリーム
色展開 7色

口コミを紹介

このクリームは油分少なめの乳化性クリームなのですがツヤがハンパじゃないです!

出典:https://www.amazon.co.jp

靴に溶け込むような滑らかな使い心地

シダーオイル・パームオイル・ビーズワックスなどの天然油脂を主成分とした靴クリームです。有機溶剤を使用していないナチュラルテイストのレザークリームで、皮革に潤い・ツヤ・やわらかさを与えます。ベタ付かず自然な仕上がりです。

内容量 80ml 種類 乳化性クリーム
色展開 7色

口コミを紹介

使用時の伸びが良く、すごく使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

天然オイルによるしっとりとしたツヤ

皮革への浸透力の高いシーダーウッドオイルやラノリンなどの天然オイルを配合した靴クリームです。 保革・栄養効果はもちろん、補色性にも優れています。 皮革繊維にしっかりと潤いを与え、深みのあるしっとりとしたツヤが生まれます。

内容量 100ml 種類 乳化性クリーム
色展開 7色

口コミを紹介

安物のクリームを使用した時と比べて油分の浸透具合も段違いに良いですし、塗った後の触り心地も最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

磨き感に優れた靴クリーム

クリームの伸びや拭き取りの軽さ・皮革への優しさを追求した靴クリームです。微結晶で特有の粘りのあるミツロウと、硬く高光沢の鉱物系ワックスが皮革表面に密着した滑らかなツヤを与えます。さらに、ミネラルオイルを配合し優れた保革効果を与えます。

内容量 55g 種類 乳化性クリーム
色展開 40色

口コミを紹介

クリームが柔らかく乾燥が早過ぎないから、薄く均一に塗り易い。

出典:https://www.amazon.co.jp

保湿力・着色力にすぐれたクリーム

高い保湿・栄養効果によって革の劣化を防ぎ柔軟性を保つ乳化性クリームです。発色の良い着色成分を高濃度に配合し、美しい色を取り戻します。靴のキズや色あせを防ぎたい方におすすめです。ビーズワックスベースなのでニオイも気になりません。

内容量 50ml 種類 乳化性クリーム
色展開 70色以上

口コミを紹介

匂いも少なくよく伸び仕上がりは艶が出ていい感じです

出典:https://www.amazon.co.jp

乳化性の靴クリームのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 内容量 種類 色展開
1
アイテムID:7165190の画像
ビーズワックスファインクリーム 1,100円

詳細を見る

保湿力・着色力にすぐれたクリーム

50ml 乳化性クリーム 70色以上
2
アイテムID:7165205の画像
ブートブラックシルバーラインシュークリーム 880円

詳細を見る

磨き感に優れた靴クリーム

55g 乳化性クリーム 40色
3
アイテムID:7165217の画像
1909 シュプリームクリームデラックス 1,550円

詳細を見る

天然オイルによるしっとりとしたツヤ

100ml 乳化性クリーム 7色
4
アイテムID:7165244の画像
プレステージ クリームナチュラーレ 2,200円

詳細を見る

靴に溶け込むような滑らかな使い心地

80ml 乳化性クリーム 7色
5
アイテムID:7165358の画像
ビーズリッチクリーム 2,200円

詳細を見る

ビーズワックス配合で光沢感も出せる

120ml 乳化性クリーム 7色

無色タイプの靴クリームの人気おすすめランキング5選

皮革に潤いを与え美しさを保つ

ミンクオイルの栄養効果とワセリンの保湿効果で皮革に柔軟性と防水力を与え、美しく保つ靴クリームです。ロウ分を使用していないので不要な光沢を与えることはなく、しっとりと自然な仕上がりとなります。使いやすい無臭タイプなのも魅力です。

内容量 100ml 種類 油性クリーム
色展開 -

口コミを紹介

指に取ると体温で溶けていくので塗りやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

クイックケアを実現する定番商品

3000万本以上の販売実績を誇るハンディタイプの液体靴クリームです。主成分は植物性カルナバワックスで、即効性・実用性・利便性を備えてます。手を汚さずに簡単にお手入れをすることができるので、靴磨きが初めての方にもおすすめです。

内容量 60ml 種類 乳化性クリーム
色展開 10色

口コミを紹介

使い方は塗るだけなので手軽に使用することができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

透明感のあるツヤを与える

アニリンカーフなどの繊細な皮革靴に使える靴クリームです。皮革に潤いと栄養を与えながら透明感のある自然な光沢を与えます。油分を抑えめにしているので使用した際に色ムラになりにくいです。また、無色タイプなので靴の色を問わず使えます。

内容量 60ml 種類 乳化性クリーム
色展開 -

口コミを紹介

ベタ付き感も無くサッパリした感じのクリームです。
鞄本体にも塗り付けましたが、しっとりした感じに仕上がります。

出典:https://www.amazon.co.jp

皮革製品をしっとりと美しく

皮革にうるおいと自然なツヤを与える靴クリームです。 ビーズワックスをベースにラノリン・ミンクオイルなどの自然由来の保湿成分を配合しています。無色透明なので靴以外のバッグや財布などにも使用できます。

内容量 75ml 種類 乳化性クリーム
色展開 -

口コミを紹介

塗りこむのにも良くのびて、使いやすいです。
磨くと革が艶が出てワンランク上の革製品に見えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

皮革のなめらかな質感を保つ

皮革の柔らかさと滑らかさを保つ靴クリームです。動物性油脂のミンクオイルが皮革によく馴染み、コンディションをキープします。べとつかずしっとりとした仕上がりでごわついたレザーを滑らかにします。無着色のため色はつきません。

内容量 45g 種類 油性クリーム
色展開 -

口コミを紹介

革製品に光沢が出て、柔らかくなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

無色タイプの靴クリームのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 内容量 種類 色展開
1
アイテムID:7165631の画像
ミンクオイル 648円

詳細を見る

皮革のなめらかな質感を保つ

45g 油性クリーム -
2
アイテムID:7165647の画像
レノベイタークリーム 2,420円

詳細を見る

皮革製品をしっとりと美しく

75ml 乳化性クリーム -
3
アイテムID:7165654の画像
アニリンカーフクリーム 1,100円

詳細を見る

透明感のあるツヤを与える

60ml 乳化性クリーム -
4
アイテムID:7165673の画像
ナイトリキッド ムショク 561円

詳細を見る

クイックケアを実現する定番商品

60ml 乳化性クリーム 10色
5
アイテムID:7165686の画像
ミンクオイル 880円

詳細を見る

皮革に潤いを与え美しさを保つ

100ml 油性クリーム -

デリケートタイプの靴クリームの人気おすすめランキング5選

天然由来成分のみを贅沢に配合

厳選された植物性油分が革製品に潤いを与えてひび割れを防ぎ、風合いを変えずに美しく保ちます。シミや色落ちの原因となるワックスや有機溶剤を含まないので、デリケートなシープスキンやオーストリッチなどにも安心して使用できます。

内容量 75ml 種類 乳化性クリーム
色展開 -

皮革にやさしい弱酸性のクリーム

色落ちの原因になる溶剤を使用していない皮革にやさしい靴クリームです。皮革の風合いを変えることなく栄養を与えてヒビ割れを防ぎます。さらに、防カビ剤を配合しカビの発生を抑制します。無色のクリームなので革の色を問わず使えます。

内容量 45g 種類 乳化性クリーム
色展開 -

口コミを紹介

革に栄養を与えているなぁって感じになりますね。

出典:https://www.amazon.co.jp

シミになりやすいソフトレザーに最適

デリケート素材専用の靴クリームです。取扱いの難しいデリケートレザーに栄養を与え、最適な状態をキープします。 ベタつきが少なく潤滑性に優れたスクワランオイルを配合しています。ニュートラルカラーなのであらゆる革製品にお使いいただけます。

内容量 60g 種類 乳化性クリーム
色展開 -

口コミを紹介

少量でも伸びと浸透が凄く良いと思っています。香りも強くなく優しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

アボカドオイル配合のナチュラル志向

天然成分配合のソフトレザーの靴クリームです無色のジェル状で使いやすく、約97%が天然成分で作られているナチュラル志向のクリームです。天然アボカドオイルが潤い補給し皮革の柔軟性をアップします。香りもさわやかです。

内容量 50ml 種類 乳化性クリーム
色展開 -

口コミを紹介

非常にきめ細かくギラつきのない自然な光沢感で美しくなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゼリー状のソフトなクリーム

ゼリー状のソフトな靴クリームです。伸びがいいので皮革製品にしっかりと浸透し、潤いと柔軟性を保ちながら素材の持ち味を引き出してくれます。油と蝋の配合が少なめで水分が主体のクリームなので、マットに仕上げたいときに最適です。

内容量 60ml 種類 乳化性クリーム
色展開 -

口コミを紹介

薄く伸びるため、初めての私でも簡単にお手入れが出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

デリケートタイプの靴クリームのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 内容量 種類 色展開
1
アイテムID:7165047の画像
デリケートクリーム 1,080円

詳細を見る

ゼリー状のソフトなクリーム

60ml 乳化性クリーム -
2
アイテムID:7165879の画像
プレステージ リッチデリケートクリーム 1,650円

詳細を見る

アボカドオイル配合のナチュラル志向

50ml 乳化性クリーム -
3
アイテムID:7165894の画像
ブートブラック デリケートクリーム 1,100円

詳細を見る

シミになりやすいソフトレザーに最適

60g 乳化性クリーム -
4
アイテムID:7165904の画像
デリケートクリーム 1,018円

詳細を見る

皮革にやさしい弱酸性のクリーム

45g 乳化性クリーム -
5
アイテムID:7165919の画像
スペシャルナッパデリケートクリーム 2,420円

詳細を見る

天然由来成分のみを贅沢に配合

75ml 乳化性クリーム -

靴クリームの使い方・塗り方

靴クリームは正しい方法で使うことが大切です。ここからは靴クリームの使い方とポイントを解説します。

靴についている汚れを落とす

靴クリームを塗る前にブラシをかけて全体の汚れを取り除いておきましょう。汚れを落とした後は中性クリーナーを布にしみ込ませ、靴全体に塗り伸ばします。塗り終わったら布で汚れを丁寧に拭き取ってください。

靴クリームを塗る

きれいな布を指先に巻き、靴クリームを少量とります。靴表面に薄く伸ばしながら均一に塗り込んでいきます。少量を何回かに分けて塗るのがポイントです。塗り終わったら、全体的にブラシがけをしましょう。

乾拭きしてツヤを出す

靴表面にツヤと光沢を出すために、きれいな布で乾拭きをし手仕上げます。さらに、防水スプレーを使用すると水分や油分から靴を守り、汚れを付きにくくすることができます。

 

以下の記事では防水スプレーのおすすめ商品をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

お手入れは1ヶ月に1回を目安に

あまり頻繁にお手入れしすぎると革が柔らかくなりすぎて耐久性が落ちてしまうため、靴クリームを使用したお手入れは1ヶ月に1回程度を目安にしましょう。もちろん、色抜けしてしまったり傷がついてしまった場合はこれよりも短い間隔でお手入れしてもOKです。

靴クリームの代用品

靴用クリームがないときに代用品として使うことができるのがハンドクリームです。油分と水分がバランスよく含まれており、乳化性クリームと同じように皮革に栄養や潤いを与えてくれます。

 

しかし、靴専用のクリームでないのであくまで代用品として応急処置の際に使う程度にとどめておきましょう。以下の記事ではハンドクリームのおすすめ商品をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

シューキーパーもチェックしよう

せっかく靴クリームでピカピカに磨いてもも、靴の履きジワや型崩れがあっては台無しです。靴のシワや型崩れを防いでくれるシューキーパーを使用することできれいな状態を保ち、靴を長持ちさせることができます。

 

シューキーパーには木製プラスチック製のものなど色々な種類があります。形状や構造も商品によって異なるので自分の靴に合ったものを選びましょう。以下の記事ではシューキーパーのおすすめ商品をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

まとめ

靴クリームの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。革靴を少しでも長く綺麗な状態で履き続けたいならば、靴クリームで定期的にお手入れしましょう。今回の記事を参考に、ぜひあなたに合った靴クリームを見つけてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月17日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事