引き戸ストッパーの人気おすすめランキング10選【ゴム・シリコン】

記事ID23191のサムネイル画像

引き戸の固定や調整ができる引き戸ストッパー。犬猫や子どもの安全を守ったり防犯にも活躍します。今は賃貸でも使えるゴム製のもまで。100均の材料で手作りも可能ですよ。そこで今回は引き戸ストッパーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

引き戸が壊れた!?それ引き戸ストッパーで解決するかも

家の引き戸、ぴったり閉まっていますか?「立て付けが悪くて自然に開いちゃう」「閉める時の音が気になる」そんな悩みもあるのではないでしょうか。実はそれ、引き戸ストッパーがあれば解決するかもしれません。

 

引き戸ストッパーは戸をぴったり閉めるだけでなく、子どもの安全を守るものペットの脱走防止地震や防犯に効果を発揮するものなどさまざまなタイプがあります。中には家の引き戸が半自動可する便利なタイプまで!

 

そこで今回は引き戸ストッパーの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは取り付け場所・素材・機能などを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

引き戸ストッパーの仕組み

引き戸ストッパーはその仕組みによってさまざまな機能があります。例えば子どもやペットが引き戸を開けてしまうのを防ぐものは、戸の間に挟み込むなどして物理的に戸にロックをかけます。

 

引き戸ロック本体にワイヤーが設置されているものは、引き戸を半自動化することも可能です。また防犯に優れているストッパーにはロック機能や2重ロックがついているものもあり、鍵が開けにくい工夫があります。

 

それぞれの仕組みの違いで利用場所・目的が変わるので、それぞれにあった引き戸ロックを選ぶことが大切ですね。

引き戸ストッパーの選び方

引き戸ストッパーは取り付ける場所や素材でそれぞれに得意とする機能があります。使用場所をイメージして選ぶのがおすすめです。

取り付ける場所・使い勝手で選ぶ

引き戸ストッパーは大きく分けて桟・戸に取り付けるタイプが一般的です。機能を考えて選んでください。

ドアの勢いを弱めたい方「桟に取り付けるタイプ」がおすすめ

引き戸がバタンと閉らないようにしたい方には、桟(鴨居)につけるタイプがおすすめです。戸が閉まる時の衝撃を抑えるので子どもの指つめ防止にもなります。また立て付けが悪くしっかり閉まらない戸を閉めたい時にも効果的です。

 

取り付けが簡単で小型なものが多く、ネジ1本で取り付けができるタイプもあります。桟部分に付けるシンプルなものが多いので、ストッパーを目立たせたくないという方にもおすすめです。

「戸に取り付けるタイプ」なら半自動化もできる

自動で引き戸が閉まるものを探している方には、引き戸・戸枠に取り付けるタイプがおすすめです。引き戸と鴨居に付けた部品同士をワイヤーで繋ぐことによって戸を半自動でゆっくりと閉めてくれるものなどがあります。

 

閉めた反動で戸が開くことや閉め忘れを防止できるので、お部屋の冷暖房効率もよくなりますね。戸がゆっくり自然に閉まるので子どもやお年寄りがいるご家庭や、両手に荷物を持っている時にも便利です。

 

ただサイズが比較的大きな製品が多いので、引き戸ストッパーが目立ってしまうことも。戸の色やお部屋の雰囲気に合わせた色を選ぶのがポイントです。

ドアロック機能なら「戸の隙間に挟むタイプ」

引き戸の隙間に挟むドアロックには、シリコンやゴム製の製品があります。引き戸の間にしっかりと製品を噛ませることによってロックがかかり、子どもやペットが戸を開けないようにすることができます。

 

このタイプは設置にネジやテープ止めなどが不要で、手軽に使用することができます。戸が開かないようにロックするだけというシンプルな機能ですが、特にお子様やペットがいるご家庭にはおすすめです。

 

このタイプは引き戸だけでなく開き戸にも使用できるものがあるので、子どもがいるところなどの状況に応じて場所を変えながら使用することもできます。

取り付け方法で選ぶ

引き戸ストッパーはネジ留めタイプや粘着シールタイプがあります。取り付けやすさや外しやすさも選ぶ際にポイントにしてください。

「簡単」に取り付けられるものなら手軽

引き戸ストッパーは戸枠などに大きな傷を付けずに簡単に取り付けられるものがおすすめです。製品によってネジ止めのものもあるので、自宅で取り付け可能なものなのかは確認しておきましょう。

戸の開く向きを選ばない「左右びらき兼用」

取り付けたい引き戸が左右どちらに開くものなのかも、選ぶ際には確認してください。せっかくストッパーを準備しても、引き戸と逆向きのものでは使えなくなってしまいます。

 

今は左右どちら向きでも対応できる製品が多くあるので、可能なら左右兼用タイプを準備するのがおすすめです。左右兼用なら生活スタイルによって使用する戸を変更したり、引っ越し後も使用できますね。

賃貸なら「取り外しの有無・痕の残りやすさ」も大事

賃貸物件に住んでいる方は取り外しできるか使用後痕が残らないかも気になるのではないでしょうか。特にネジ留めをするタイプは桟や戸に傷がついてしまうので、退去時に修繕費が必要になることもあります。

 

心配な方は大家さんや管理会社に確認してから使用するか、他のタイプを検討するのもおすすめです。

「差し込む・挟むだけ」なら戸に傷がつかない

賃貸の方には、挟むだけ差し込むだけのタイプがおすすめです。このタイプはネジ留めや粘着シールを使用しないので、戸に傷がつきにくく賃貸でも安心して使用することができます。

 

取り付け・取り外しが簡単なので、ロックの開閉もすぐできます。ただ半自動化などの製品はネジ留めや粘着テープのものが多いので、機能を確認して用意するようにしましょう。

「粘着シールつき」を賃貸で使う時のコツ

粘着テープで固定するタイプは、木枠やステンレスサッシなど素材を気にせず使用することが可能です。またネジ穴を開けたくない大事な家具にも使用することができます。

 

ただ粘着テープがしっかりと付くことによって、剥がす際に塗装も一緒に剥がれてしまうことがあります。その際はストッパー位置にマスキングテープを貼って、その上からストッパーを付けると塗装の剥がれを予防することができます。

 

マスキングテープは痕残りしないタイプが多いですが、長期間貼っておくと剥がれにくくなったり下の素材を傷つける場合もあるので慎重に剥がすようにしてください。

機能で選ぶ

引き戸ストッパーは、使用場所にあった機能で選ぶのもおすすめです。戸をロックする機能や衝撃を和らげる機能があるので、選ぶ際は参考にしてください。

半自動化するなら「速度調整機能」があると便利

半自動化できる引き戸ストッパーは閉戸速度を自由に調整できるタイプがおすすめです。使用する人によって速度の好みは違うので、開閉速度は使用する人の年齢や利用シーンに合わせて調整するのがおすすめです。

「ストッパー機能・ドアストップ機能」があればドアを固定できる

鍵のついていない引き戸をロックすることができるストッパー機能があれば、家族内でもプライベートを守ることが可能です。また好きな位置でドアを固定できるものなら、換気をしたい時や両手が塞がっているときにも便利ですね。

目的で選ぶ

引き戸ストッパーを選ぶ際は子どもやペットの飛び出しや防犯などの目的で付ける方が多いと思います。目的別でおすすめのタイプをご紹介するので参考にしてください。

「いたずら防止」なら挟むタイプ・スライド式

子どもやペットが戸を開けないようにしたい方は挟むタイプがおすすめです。鍵のように完全にロックすることはできませんが、簡易的にロックをかけることはが可能です。比較的安価で、開き戸のストッパーにも使えるものもあります。

 

他にもスライド式なら、ストッパーを起こすだけで簡単にロックをかけることができます。片手で簡単に扱えるものや粘着テープタイプが多いので、手軽に設置することができます。

子どもやペットの「安全対策」ならマジックテープ式もおすすめ

子どもの安全対策にはマジックテープ式もおすすめです。マジックテープ式はマジックテープをサッシに付け、その上にストッパーを付けることによって窓の開きを制限することができます。

 

ストッパーを外せばロックは解除されるので解錠も簡単。貼る位置によって開口幅も変えることができます。子どもの手の届かないところに設置すればより安心ですね。

子どもに「開けられたくない」なら2重ロックタイプ

差し込みタイプなどのストッパーは子どもが開けてしまう可能性もありますが、ロック解除に2つの動作が必要な2重ロック機能がついているものは、解錠リスクを下げることができます。

 

例えば割れものが入っている食器棚お金が入っている棚にはこのタイプのストッパーがおすすめです。

「防犯用」なら補助錠タイプ(ロック式)がおすすめ

ベランダの引き戸やお風呂場などに防犯対策でストッパーを付けるなら、補助錠として使えるものがおすすめです。簡易補助錠として使用できるタイプは、金属などしっかりとした素材で耐久性に優れたものも多いです。

 

また補助錠自体に2重ロック機能がついているものもあるので、防犯用で選ぶ際は注目してください。

「地震対策」には耐震ラッチつきが安心

地震の揺れを感知して自動でロックがかかる、耐震ラッチ付きのものなら地震の際も安心です。特に割れ物が入っている食器棚や本棚の開き扉に付けておけば、中身が飛び出してしまうのを防ぐことができます。

 

ただこのタイプはビス付けが必要な製品もあるので、特に賃貸の備え付け家具などに使用する場合は注意してください。

戸の「衝撃音対策」ならクローザーもおすすめ

戸がバタン!と閉まる音が気になるという方には、クローザー機能がついたものもおすすめです。戸がゆっくり閉まるようになるので、不快な衝撃音を軽減することができます。

素材で選ぶ

引き戸ストッパーは素材にも種類があります。見た目の違いだけでなく、得意とする機能も違うので参考にしてください。

ドアの衝撃を和らげたい方は「ゴム」「シリコン」

引き戸を閉める時の音が気になるという方は、戸枠に付けるゴム製のストッパーがおすすめです。衝撃をゴムが和らげてくれるため、バタンという音が弱くなります。半自動化などの機能はついていませんが、安価なので音だけ気になるという方にはおすすめです。

目立ちにくく耐久性に優れた「ステンレス」

ステンレス製のものは、錆びにくくサッシや網戸に使用することも可能です。見た目に目立ちにくいものも多いので、お部屋の雰囲気を壊したくない、サッシや網戸に使用したいという方にはおすすめです。

使いやすさで選ぶ

実際にロックをかける際の使いやすさも選ぶ際のポイントにしてください。簡単にロックできるものなら手軽に使うことができますね。

板・羽根を「持ち上げるだけ」ならよく使用する窓でも簡単

板や羽根を持ち上げるだけで簡単にロックができるタイプもあります。ベランダ窓の手の届かない高いところに取り付ければ、子どもやペットの飛び出し防止にも役に立ちます。複数個使用するとさらに安心ですね。

 

片手でロックが解除でき操作も簡単で、このタイプは主に粘着テープで貼り付けるタイプが多く、簡単に設置できるところも魅力です。

手間はかかるけど安心な「2重ロック」

2重ロック機能は、ロックをかける手順が2回あるので手間はかかります。その代わり、子どもが簡単に開けられない防犯対策として有効などのメリットも。使用場所や用途に合わせて簡単ロックのものと使い分けるのがおすすめです。

レールにつける「コンパクト」なものなら部屋に馴染みやすい

機能面ももちろん大事ですが、毎日使うドアにはできるだけコンパクトなものの方が目立ちにくくお部屋の雰囲気も壊しません。

 

例えば人目に付くダイニングルームなどには目立たない桟に付けるタイプのもの、他の場所は戸に付けるタイプなど、場所によってサイズを変えるのもおすすめです。設置する際は戸の厚みや桟の段差なども確認して場所にあったサイズを選ぶようにしてください。

インテリアにマッチする「色・デザイン」も大事

インテリアの雰囲気を壊さないために、色・デザインも大事です。例えば木製引き戸に付ける際はブラウン系や、木目に合うものを選ぶと遠くから見ても目立ちません。またシンプルでおしゃれなデザインのものなら戸の色と違っても気になりません。

 

今はいろいろなデザインや色のものが販売されているので、お部屋の雰囲気や好みに合わせたものを選ぶのがおすすめです。

設置場所の「素材」もチェック

設置する場所の素材も、引き戸ストッパーを選ぶ際には確認してください。木製の引き戸に使用する際はネジ留めや粘着テープ、金属製なら粘着テープや磁石タイプも使用可能になります。

設置場所に合わせた「個数」も確認

家の中にはお風呂やベランダ、部屋の中などさまざまなところに引き戸があるので、扉にあった引き戸ロックを用意する必要があります。その場所の引き戸ロックに求める機能や扉の素材によって準備する個数も変わってきます。

 

例えばベランダ窓に使用する場合は子どもの飛び出しを防止するのか、補助錠になるものがいいのか、個数はいくつ必要なのかなど確認しておく必要があります。

 

ロックを付ける場所も上下2カ所が良いのか、子どもの手が届かない戸の上部にだけに付けた方がいいのか、複数個あった方がいいのかなど確認して用意するようにしましょう。

ブランド・メーカーや購入できるお店で選ぶ

引き戸ロックはさまざまなメーカーから発売されていますが、機能や見た目にこだわって選ぶのもおすすめです。

シンプルで機能的な「丸喜金属」

丸喜金属は大正12年創業のインテリア金物メーカー。ドアのレバーハンドルや蝶番、鍵など住宅関連商品のオリジナルブランドでの製造販売を行っています。シンプル・モダンでありながら機能的な製品が魅力です。

「ベスト」は子どもの安全を考えた製品が魅力

ベストは創業85周年を迎える住宅ハードウェアメーカーです。見た目にも美しく、便利で安全な製品を製造・販売しており、子どもの指つめ防止製品はキッズデザイン賞も受賞している安心のデザインです。

防犯対策なら「ノムラテック」

ノムラテックは防犯・耐震をはじめとした私たちの安心な暮らしを支える製品を多く開発しています。防犯フィルムや補助錠をはじめとした安全で機能的な製品が魅力です。

犬や猫との暮らしをおしゃれにする「P&LUXE(ピーアンドリュクス)」

P&LUXE(ピーアンドリュクス)は関西最大級の大型ペットショップ。ペット関連の商品を多く取り揃えています。P&LUXEが取り扱うOPPOの引き戸ストッパーも、ペットとの安全な暮らしを考えられたもので、見た目もおしゃれで手に取りやすくおすすめです。

引き戸ストッパーの人気おすすめランキング10選

2重安全装置付きで 安心感もUP

こちらは2重安全装置付きの引き戸ストッパーです。カギのキャップを外しておくことで開けにくくなるので、外出時にも安心です。

 

粘着テープやネジ開けの必要がないので賃貸の方も使いやすいのがポイント。色はシルバーとブロンズの2色展開です。3個セットなので、窓の上下につけて防犯効果をあげることも可能なので防犯用の補助錠を探している方にはおすすめです。

タイプ 差し込み 取り付け方法 カギを回して固定
左右兼用 サイズ 63×37×(カギ着脱時)23×(カギ装着時)37mm
引き戸の対応サイズ 取付け可能寸法:30~45mm 引き戸の対応重量

口コミを紹介

サッシのレール部分にはめてネジをまわすとゴムで窓ガラスが動かなくなります。場所は自由に選べて窓の開き具合も自由。セットしたあと頭のネジをひっぱると取れるので侵入者対策にもなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルな見た目で 開く時の衝撃も和らげる

こちらは引き戸が勢いよく閉まるのを防ぐ引き戸ストッパー。ストッパーユニットが2個ついているので、開ける時も閉める時も衝撃を和らげることができます。本体はストッパーには見えないシンプルな作りになっているのもポイントです。

 

カラーはオフホワイト・セピアブラウン・ディープブラウンの3色があるので、扉やお部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。引き戸を開け閉めする際の衝撃音が気になっている方にはおすすめです。

タイプ 桟・戸取り付け 取り付け方法 粘着テープ
左右兼用 サイズ 23.4×3×2.5cm
引き戸の対応サイズ 引き戸の対応重量 20kg

口コミを紹介

取り付けが簡単でドアの開け閉めが静かで良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

閉扉スピード・開閉力調整可 ゆっくりしまるストッパー

取り付けることで閉まるスピードをゆっくりにできるタイプの引き戸ストッパーです。閉扉速度と開閉力はバルブで調整でがきるので、ご家族の使用方法に合わせられるのがポイントです。

 

色はシルバーとブロンズの2種類あるので、ドアの色やお好みに合わせて選ぶことができます。ゆっくりと閉まるので、小さなお子様がいるご家庭や、ドアを閉める際の音が気になる方には特におすすめです。

タイプ 面取り付け 取り付け方法 ネジ
左右兼用 サイズ
引き戸の対応サイズ 900×2100mm 引き戸の対応重量 20〜40kg

口コミを紹介

非常にしっかりとした作りになっていて丈夫そうです。閉まり方も最後の10センチくらいはゆっくりと音もせず閉まりとても静かです。大変満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

警察防犯協会推薦の引き戸用補助錠

こちらは粘着シールで引き戸が開かないようにするタイプです。ロックの開閉はポンと押すだけなので、片手で簡単に行うことができます。

 

特に侵入が怖いベランダの窓につければ、簡単に簡易補助錠として使用することができます。侵入者からも見えづらい戸の上下2カ所につければ、防犯効果も上がりますね。防犯用の引き戸ストッパーを探している方一人暮らしの方にもおすすめです。

タイプ 戸 取り付け 取り付け方法 粘着シール
左右兼用 サイズ 25×80×3.5mm
引き戸の対応サイズ 戸の隙間:4mm〜10mm 引き戸の対応重量

口コミを紹介

子どもの転落防止に使用しました。窓に元々ついてる錠の開け閉めを覚えてしまった2歳の息子対策として、手の届かない上の方につけています。いたずらが心配な小学校低学年以下ではまず不可能でしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

設置簡単 ロックも片手で行える網戸ストッパー

こちらは羽根を持ち上げることで網戸をロックするタイプ。取り付けは粘着シールなので、鍵のついていない網戸に簡単にロックをかけることができるので、お子様やペットがいるご家庭には安心です。

 

羽根を倒すことで簡単にロック解除できるので、片手で操作簡単。網戸上部に取り付ければ、お子様がロックを外してしまうこともありませんね。網戸はもともと鍵がついていないものがほとんどなので、ベランダへの飛び出しが心配な方にはおすすめです。

タイプ 戸 取り付け 取り付け方法 粘着シール
左右兼用 サイズ 6.8×2.6×0.3cm
引き戸の対応サイズ 網戸 ガラス戸隙間:3.5mm以上 引き戸の対応重量

口コミを紹介

猫を飼うため購入しました。1年近く使い続けていますが何の問題もないです。ワンタッチでロックを外れるので使い勝手も良いです。デザインもシンプルで気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

引き戸にも開き戸にも使える おしゃれなストッパー

こちらは挟むタイプのシリコン製引き戸ストッパーです。ネジ止めや接着の必要がないので、賃貸でも気軽に使用することができます。おしゃれな見た目はインテリアにも馴染みやすく。フック穴つきなので使用しない時はかけて保管することもできます。

 

引き戸の隙間に差し込めば簡単にロックすることができるので、お子様やペットのいるご家庭にはおすすめです。また開き扉の下に差し込めばドアを開けたまま固定できるので、換気や荷物の運び込みでも重宝します。

タイプ 挟む 取り付け方法
左右兼用 サイズ 15×7×2cm
引き戸の対応サイズ 隙間:7〜15mm 引き戸の対応重量

口コミを紹介

我が家のベビーはハイハイ、つかまり立ちをするようになって引き戸の開け方をマスターしてしまいました。壁も引き戸も傷つかないし簡単だし子育て世代にオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

バネの力でゆっくり閉まる 目立ちにくいクローザー

こちらはバネの力で引き戸がゆっくり閉まる製品です。スリムな見た目なので、引き戸に取り付けてもあまり目立たずスタイリッシュに使用することができます。キリとプラスドライバーで取り付けられるので、女性にも簡単です。

 

ゆっくり戸を閉めることができるので小さなお子様の怪我防止や、戸が閉まる時の衝撃音が気になっていたというご家庭にはぴったりです。

タイプ 鴨居・戸取り付け 取り付け方法 ネジ
左右兼用 サイズ
引き戸の対応サイズ 引き戸の対応重量 引き力:0.7kgf以下 重量:30kg以下/1枚

口コミを紹介

引き戸が軽すぎ、「ドン」と大きな音で悩んでいましたが、閉まり際にブレーキがかかり、静かでスムーズな閉まりとなり感激しています。優れものの商品ですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

簡単設置で引き戸を半自動化

こちらはネジ取り付けで引き戸の速度調整ができる左右兼用引き戸クローサー。ワイヤーの力で引き戸を半自動化することが可能です。マイナスドライバーでつまみを調整すれば閉まるスピードを変更することもできます。

 

取り付けはプラスドライバー1本約3分で完了するので取り付けに不安のある方にも簡単です。色はアイボリーとキャメルの2色があるので、引き戸や桟の色に合わせて目立たない色を選ぶのがおすすめです。

タイプ 桟・戸取り付け 取り付け方法 ネジ
左右兼用 サイズ 13cm
引き戸の対応サイズ 有効開閉1000mmまで 引き戸の対応重量 引き力:700gf以下

口コミを紹介

引くのが少し重くなりますが慣れます。子供が開けっ放しにすることが無くなったのでノンストレスです。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルな見た目で ドアがぴったり閉められる

こちらは鴨居に取り付け、引き戸が自然に開いてしまうのを予防するタイプの引き戸ストッパーです。取り付けはネジ1本で簡単にでき、ステンレスでできているので耐久性も良く見た目も目立ちにくいです。

 

ペットが引き戸を開けてしまうことも予防できるので、立て付けで開いてしまう方やペットの開閉が気になっている方にはおすすめです。価格もリーズナブルなので、悩んでいる方は挑戦しやすいのではないでしょうか。

タイプ 鴨居取り付け 取り付け方法 ネジ
左右兼用 サイズ 52×8×10mm
引き戸の対応サイズ 引き戸の対応重量

口コミを紹介

玄関の引き戸が経年劣化なのか、閉めたつもりでも自然に隙間が開いてしまい困ってました。期待した通りに引き戸が止まり大満足です。引き戸の跳ね返りや隙間に困ってる方は買って損は無いかと思います。 

出典:https://www.amazon.co.jp

閉まるスピードが調整できる 安心設計の引き戸ストッパー

こちらは、ゆっくりと引き戸を閉めることができる製品です。取り付けはねじ止めで左右どちらの開き方でも対応することが可能です。開けた扉がゆっくりと閉まるのでお子様や年配の方がいるご家庭に特におすすめです。

 

荷物の運び込みや換気の際に嬉しい全開保持機能や、閉まる速度を調整できる引き力調整機能もあるので、状況や戸に合わせて使用することができます。20万回の耐久試験を突破しているので、安心して長く使用することができますね。

タイプ 桟・戸取り付け 取り付け方法 ネジ
左右兼用 サイズ 106×136×65mm
引き戸の対応サイズ 引き戸の対応重量 引き力 0.2〜0.7kg 重量:25kg未満

口コミを紹介

戸が開きっぱなしになるので取り付けました。レールがVタイプで滑らかに開閉する戸ならちゃんと閉じてくれます。開く際重く感じるようになりますが慣れれば気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

引き戸ストッパーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6693748の画像

    旭産業

  • 2
    アイテムID:6693660の画像

    丸喜金属本社

  • 3
    アイテムID:6693925の画像

    ダイケン

  • 4
    アイテムID:6694025の画像

    和気産業

  • 5
    アイテムID:6694106の画像

    OPPO(オッポ)

  • 6
    アイテムID:6694358の画像

    Richell(リッチェル)

  • 7
    アイテムID:6694529の画像

    伊藤製作所

  • 8
    アイテムID:6694733の画像

    日本ドアーチェック

  • 9
    アイテムID:6694853の画像

    サヌキ

  • 10
    アイテムID:6694952の画像

    Nomuratec(ノムラテック)

  • 商品名
  • 引き戸クローザー UC-0010
  • 引き戸用ストッパー S-208
  • 引戸クローザー HCR-07BPC
  • 引戸用ソフトクローズ DS004
  • スライドロック
  • ベビーガード 網戸ストッパー R
  • ワンタッチシマリ 大
  • NEW STAR 引戸クローザ3型
  • Coconi SC-100
  • ウインドロックZERO N-1155
  • 特徴
  • 閉まるスピードが調整できる 安心設計の引き戸ストッパー
  • シンプルな見た目で ドアがぴったり閉められる
  • 簡単設置で引き戸を半自動化
  • バネの力でゆっくり閉まる 目立ちにくいクローザー
  • 引き戸にも開き戸にも使える おしゃれなストッパー
  • 設置簡単 ロックも片手で行える網戸ストッパー
  • 警察防犯協会推薦の引き戸用補助錠
  • 閉扉スピード・開閉力調整可 ゆっくりしまるストッパー
  • シンプルな見た目で 開く時の衝撃も和らげる
  • 2重安全装置付きで 安心感もUP
  • 価格
  • 8300円(税込)
  • 390円(税込)
  • 6476円(税込)
  • 3973円(税込)
  • 1320円(税込)
  • 580円(税込)
  • 445円(税込)
  • 8000円(税込)
  • 2562円(税込)
  • 754円(税込)
  • タイプ
  • 桟・戸取り付け
  • 鴨居取り付け
  • 桟・戸取り付け
  • 鴨居・戸取り付け
  • 挟む
  • 戸 取り付け
  • 戸 取り付け
  • 面取り付け
  • 桟・戸取り付け
  • 差し込み
  • 取り付け方法
  • ネジ
  • ネジ
  • ネジ
  • ネジ
  • 粘着シール
  • 粘着シール
  • ネジ
  • 粘着テープ
  • カギを回して固定
  • 左右兼用
  • サイズ
  • 106×136×65mm
  • 52×8×10mm
  • 13cm
  • 15×7×2cm
  • 6.8×2.6×0.3cm
  • 25×80×3.5mm
  • 23.4×3×2.5cm
  • 63×37×(カギ着脱時)23×(カギ装着時)37mm
  • 引き戸の対応サイズ
  • 有効開閉1000mmまで
  • 隙間:7〜15mm
  • 網戸 ガラス戸隙間:3.5mm以上
  • 戸の隙間:4mm〜10mm
  • 900×2100mm
  • 取付け可能寸法:30~45mm
  • 引き戸の対応重量
  • 引き力 0.2〜0.7kg 重量:25kg未満
  • 引き力:700gf以下
  • 引き力:0.7kgf以下 重量:30kg以下/1枚
  • 20〜40kg
  • 20kg

100均アイテムで簡易ストッパーを手作りしよう

簡易ストッパーなら100均アイテムでの自作も可能です。短時間の使用なら、自作ストッパーでも十分かもしれませんね。

面ファスナーで引き戸ロックを作る

面ファスナーを使用すれば、引き戸を閉めてロックしたままにする簡易ロックを作ることができます。

 

面ファスナーのハード面はハサミで切り、5cmほどの大きさで2枚用意します。1枚は引き戸の引き手側上部、もう1枚は裏側のたて枠に両面テープで貼り付けます。この時2枚が同じ高さになるようにしてください。

 

あとは1枚の長いソフト面で2枚のハード面を繋ぐように貼れば完成です。簡易にはなりますが、開けようとすると面ファスナーがしっかりとくっつき開かなくなります。ロックは部屋の中からでも外からでも解除可能です。

突っ張り棒ならもっと簡単

突っ張り棒ならもっと簡単に引き戸をロックすることができます。方法は引き戸を閉めた状態で戸とたて枠の間に突っ張り棒を設置するだけ。突っ張る力が弱かったり戸を揺らしてしまうと外れますが、ぴったりと閉めることができます。

他のアイテムもチェックして自宅のドアを快適に使おう

引き戸だけではなく、他のドアにも使えるアイテムを使えば「ちょっと不便」が改善されます。アイテムを選ぶ際の参考にしてください。

クッションテープもドアのバタン!が軽減する

引き戸のたて枠に貼るクッションテープなら、ドアの衝撃音を軽減することができます。クッションテープは100均にも販売されているので、不快な音に悩んでいる方にはおすすめです。

開き戸用ドアストッパーも便利

玄関のドアなどを開いたままにしておける開き戸用ドアストッパーは、換気荷物の運び込みの際などに便利なアイテムです。マグネットタイプやドア上部に付けるものなど、色々な種類があるので、気になる方は参考にしてください。

 

以下の記事では、ドアストッパーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

備え付けのストッパーが壊れた!確認しておきたいポイントは?

もともとストッパーやクローザー機能がついている引き戸が壊れてしまうと戸がバタン!と閉まるようになってしまったり、跳ね返りで隙間ができてしまうことがあります。そんな時は自分で修理ができたらいいですよね。

 

ストッパーやクローザーが機能しなくなる原因はいくつかありますが、部品の破損や歪みの場合があります。戸本体や鴨居についている部品をよくみると割れたり歪んだりしているかもしれないので確認してみましょう。

 

メーカーホームページにはトラブルシューティングが記載されているので、説明書やホームページ上で確認するのがおすすめです。もし部品交換する際には、メーカー品番にあった部品を用意するようにしましょう。

まとめ

ここまで引き戸ストッパーのおすすめランキング10選をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。子どもやペットとの暮らしをより安全に、安心に暮らすために引き戸ストッパーはおすすめなので、ぜひ生活に取り入れてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

TOPへ