お座り練習チェアの人気おすすめランキング8選【かわいい】

記事ID22342のサムネイル画像

お座りをはじめたばかりの赤ちゃんはとても不安定で、目を離すと横や後ろに倒れて頭をぶつけないかひやひやすることも。そんなときおすすめなのがお座り練習チェア。今回は、お座り練習チェアの選び方とおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

今回の記事ではお座り練習チェアの人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事ではベビーチェアについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

赤ちゃんの成長に合ったお座り練習チェアを選ぼう

お座りをはじめたばかりの赤ちゃんとても不安定。目を離すと横や後ろに倒れて頭をぶつけないか、ひやひやするお母さんやお父さんも多いのではないでしょうか。そんなときにおすすめなのがお座り練習チェアです。

 

首が据わる頃から使えるものや、赤ちゃんがお座りできるようになる7か月ごろから対象としているものが多く、塩化ビニル樹脂や、布など素材はさまざま。ですが実はこのお座り練習チェア、合わないものを選ぶと身体に負担がかかるとご存じでしたか?

 

そこで今回はお座り練習チェアの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、素材や用途、手入れのしやすさを基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみて下さい。

お座り練習チェアの選び方

まずはお座り練習チェアの選び方とおすすめの選び方を紹介していきます。安全性も大事ですが、赤ちゃんにとって何が快適かも重要なポイントです。

活発な赤ちゃんなら「安全性」を重視して

安全性を重視するならお尻が当たる部分にくぼみがあってサポート力が高いもの後ろに倒れにくい設計のもの、低重心設計になっているものがおすすめ。他にも足抜けしづらいものや、ベルトで固定できるもの、周囲を囲んだサポート力の高いものもあります。

 

より安全性を追求するなら第三者機関がテストして認定した商品もおすすめ。例えば日本だとSGマークSTマーク。赤ちゃんが舐めたり、さわった手を口に入れることも考えると、食品衛生法適合基準レベルの素材を使用した製品なら安心です。

 

他にも米国では消費者製品安全改善法(CPSIA)に適応した製品のみ輸入可能であったり、欧州では化学物質も独自の規格で制限されていますので、海外製品を購入される場合はこういった基準をクリアしているかどうかもチェックしてみてください。

使用する場面や場所で選ぶ

お座り練習チェアはリビングや寝室だけでなく、お風呂場や、お出かけ先での使用を検討の方は、使用する場面や場所も考慮して選んでいきましょう。

出先で使うなら「軽量・コンパクトタイプ」がおすすめ

旅行や帰省など、意外と赤ちゃんと外出する機会はあります。出先にお座り練習チェアを持参するなら、軽量でかつ、コンパクトでかさばらないものがおすすめ。ママ一人で持ち運びするなら2kg以下を目安に選びましょう。

 

また移動時にはコンパクトにたためるタイプが便利です。コンパクトになるタイプには、空気を入れて膨らませるタイプや、単純に折りたたむタイプなどがありますので、好みに合わせて選んでみてください。

お風呂で使うなら「お風呂用チェア」がおすすめ

赤ちゃんをお風呂に入れるとき、誰かサポートしてくれる方がいれば問題ありませんが、お母さんやお父さん一人で、お風呂に入れるとなると大変です。そんなときはお座り練習チェアの中でも、お風呂用チェアとして販売されている商品がおすすめ。

 

素材はビニール素材のものや、プラスチック製樹脂製のものがあります。お風呂で使用できると両手が空くので素早く赤ちゃんの身体を洗えたり、少しの間座らせて自分の身体を洗うこともでき、とても便利です。

お手入れのしやすさで選ぶ

赤ちゃんが使う用品なので、清潔に保てるかも重要なポイントですよね。できるだけ簡単に手間がなくお手入れできるようになっているかもチェックしましょう。

手軽で清潔に保ちたいなら「拭き取れるタイプ」がおすすめ

お座り練習チェアの中でもプラスチック製やポリ樹脂製のものは、汚れが染み込みません。そのため、さっと拭き取るだけで汚れを取り除くことができ、常に清潔な状態を保つことができます。

 

反対に加工されていない木製布製のものは、汚れが染み込みやすく落ちにくいため、お手入れの面で考えると手間がかかります。

 

赤ちゃんはよだれも多く、おやつの食べこぼしなどで食事のたびに汚してしまうことも。手軽にお手入れできるお座り練習チェアを選んで少しでも育児の負担を減らしていきましょう。

清潔さで選ぶなら「洗濯できるタイプ」がおすすめ

布製のチェアはプラスチック製、ポリ樹脂製のものと比べると通気性が良く蒸れにくいため、体温が高く汗をかきやすい赤ちゃんにおすすめです。また布製のチェアを購入する場合は、必ず洗濯できるものか確認しましょう。

 

洗濯機や手洗いなどで丸洗いできることが理想ですが、丸洗いできない場合はカバーを取り外して洗濯できるかどうか確認しましょう。カバーさえも取り外して洗えないものに関しては、避けることをおすすめします。

快適さで選ぶ

素材やシチュエーション以外にも、赤ちゃんが喜んで使ってくれるかどうかも大切。快適性を左右するポイントと合わせておすすめの選び方を紹介していきます。

座り心地が良いものなら「クッション性のあるタイプ」がおすすめ

座り心地が良いもの選ぶなら、ほどよいクッション性があるものがおすすめ。クッション性が低すぎると赤ちゃんは座ること自体嫌がる可能性があり、逆にクッション性が高すぎるとお座りし始めたころの赤ちゃんは不安定のため、転倒するリスクも。

 

ネット通販で購入する場合、触って確認することができないのが難点ではありますが、商品のレビューを参考にしたり、座り心地や安定感にこわだって作られているか商品説明などを参考に赤ちゃんに合った商品を探してみてください。

大きめの赤ちゃんなら「足回りにゆとりがあるタイプ」がおすすめ

メーカーは平均的な赤ちゃんの体格を参考に製造しているため、記載された推定月齢内でも大きめの赤ちゃんは足回りが窮屈になってしまうことがあります。大きめの赤ちゃんはあらかじめ足回りにゆとりがあるタイプがおすすめです。

 

赤ちゃんが正しい姿勢で座れるように設計されたタイプのお座り練習チェアは、不安定にならないよう身体にフィットした形をしています。窮屈だと思う場合は一旦使用をやめ、ハイハイを始めて足回りがすっきりした頃合いに再開するのもおすすめ。

肌の弱い赤ちゃんなら「布製」がおすすめ

肌の弱い赤ちゃん通気性に優れた布製がおすすめ。お風呂でも使えるような撥水タイプのお座り練習チェアは、お尻や背中などチェアと接している部分が蒸れやすいので注意が必要。

 

夏場は特に数分でも汗でベタベタになることもありますので、蒸れないことを優先して考えるなら布製が無難です。

コスパを気にする方は「対象月齢の長いもの」を

お座り練習チェアはお座りのサポートが必要な時期に使うためのチェアなので、だいたい1歳前後まで使うことを想定して購入すれば問題ありません。ただお座りの練習のためだけに購入するのがもったいないという方は対象月齢の長いものがおすすめ。

 

対象年齢お長いものは別の機能など付加価値がついている商品もあり、長いもので5歳前後まで使えるものもあります。こちらの記事では子供用椅子の人気おすすめランキングを紹介していますので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね。

SNS用など写真映えしたいなら「かわいいデザイン」がおすすめ

これまで実用的な選び方をご紹介してきましたが、デザイン性に優れた商品も多くあります。お座りができるようになった記念として写真に残したり、1歳や2歳の記念日や、SNS用に写真を撮るなら写真映えするかわいいデザインがおすすめです。

 

たくさん写真を撮りたい方は、赤ちゃんのかわいい姿を更にかわいくしてくれるアイテムとしてお座り練習チェアを購入してみてはいかがでしょうか。ぜひお気に入りの商品をぜひ探してみてください。

手入れ簡単なお座り練習チェアの人気おすすめランキング4選

柔らかな座り心地の低反発クッション

プラスチック製や樹脂製のようなしっかりした作りのお座り練習チェアだと嫌がる赤ちゃんには、クッション性の優れたタイプがおすすめ。米国規格の審査をクリアしているので、安全面にも優れています。

 

カバーは取り外して洗濯が可能なので、汚しても清潔に保つことができます。また、全面には思いやり設計でおもちゃを取り付けられる輪っかがついているため、お座り中に赤ちゃんがおもちゃから手を放してもすぐ持ち直すことができるのも魅力です。

安全基準 CPCIA 重さ 1.36kg
折りたたみ -(カバー取り外し、洗濯可) 素材 ポリエステル100%
対象月齢 3カ月(首据わり後)~1歳ごろ サイズ (約)幅53×奥行48×高さ25cm、足入れ部分:直径11cm

口コミを紹介

背中の部分が厚くなっていて安定感があります。足を通すところはホックになっているので、広げてやるとゆとりができて簡単に足を通せます。

出典:https://www.amazon.co.jp

130か国以上で販売されているバンボのベビーソファー

世界中で愛されるバンボベビーソファーは、折りたたみはできないものの1.2kgと軽量で、持ち運びもしやすいため、帰省などにもおすすめ。首が据わるころから14カ月ごろまでと長めに使えるのも魅力的です。

 

汚れてもさっと拭けて清潔に保ちやすく、赤ちゃんのお尻をしっかり包み込んでくれる構造で安定感ばっちり。まだ成長段階である背骨に負担をかけることなく座らせることができますので、機能面と安全面に配慮された大人気の商品です。

安全基準 - 重さ 1.68kg
折りたたみ - 素材 本体:ポリウレタンフォーム、ベルト(織物部):ポリエステル、ベルト(バックル部):ポリアセタール
対象月齢 首が据わるころ~14カ月ごろまで サイズ 幅37.5×奥行37.5×高さ24㎝、足入れの周囲:約28㎝、座面までの高さ:2.5㎝

口コミを紹介

置いて座らせることができて用事が出来るので買って良かった。座っている姿がおっさんみたいでホッコリしちゃいます。生後5か月で購入したけど、もっと早く買えば良かったぁ〜

出典:https://www.amazon.co.jp

椅子に取り付け可能なバンボのお座り練習チェア

椅子に取り付け可能で首の据わり始めから3歳ごろまで使用できますので、長く使用したい方におすすめ。専用トレイが付いているので離乳食はもちろん、一人で食べ始めるようになってからも使えてとても便利。

 

腰回りがゆったりめに作られており、座面がフラットなので立ち上がりやすく立って歩くようになってからも使いやすいのが魅力。バンボベビーソファーよりゆとりがあるため、少し大きめの赤ちゃんならこちらの方がおすすめです。

安全基準 - 重さ 1.88kg
折りたたみ - 素材 ポリプロピレン・ポリエステル・ポリウレタンフォーム・熱可塑性エラストマー・ABS樹脂・ポリアセタール
対象月齢 6ヶ月頃~3歳頃 サイズ 奥行:34cm×幅36cm 高さ: (ローシート)全高26cm、座高7cm (ハイシート)全高30cm、座高11cm (クッション収納時)全高22cm、座高6cm

口コミを紹介

2人目が産まれこちらの商品を使ってみたところ、とても安定していて且つテーブルがサッ!とつけられます!床だけでなく椅子にものせて安定させる為のベルトもついているので安心です!価格が以前のものより高く、迷っていましたが買って大正解でした!

出典:https://www.amazon.co.jp

トレイ収納可能で便利な2WAYお座り練習チェア

床置きとダイニングチェアなどに取り付けしてはハイチェアとしても使用が可能なので、長く使用したい方におすすめ。また付属のクッションは取り外して水洗いができるので、汚しても清潔に保つことができて安心です。

 

インサートも取り外し可能、テーブルとして利用できるトレイもチェアの下に収納できるので置き場に困りません。また軽量で持ち運びもしやすいので、帰省にもおすすめです。

安全基準 - 重さ 5ポンド(約2.26kg)
折りたたみ -(クッション取り外し可、水洗い可) 素材 クッション:ポリウレタン
対象月齢 6ヶ月 ~ 36ヶ月 サイズ 幅40×奥行38×高さ29cm

口コミを紹介

とても使いやすく、トレーの収納場所など細やかな気配りが感じられる使用感です。また、腰ベルトやダイニングチェアに乗せて使うためのベルトが用意されていたりと子供の安全面も問題ありません。太ももも問題なく入ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

手入れ簡単なお座り練習チェアのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6664233の画像

    Kids II Japan(キッズツージャパン)

  • 2
    アイテムID:6663915の画像

    ティーレックス

  • 3
    アイテムID:6663712の画像

    ティーレックス

  • 4
    アイテムID:6663678の画像

    Hugaboo

  • 商品名
  • ベビーベース 3.0
  • バンボ マルチシートベビーチェア
  • バンボベビーソファー
  • お座り練習ベビーチェア
  • 特徴
  • トレイ収納可能で便利な2WAYお座り練習チェア
  • 椅子に取り付け可能なバンボのお座り練習チェア
  • 130か国以上で販売されているバンボのベビーソファー
  • 柔らかな座り心地の低反発クッション
  • 価格
  • 6578円(税込)
  • 9821円(税込)
  • 7150円(税込)
  • 21118円(税込)
  • 安全基準
  • -
  • -
  • -
  • CPCIA
  • 重さ
  • 5ポンド(約2.26kg)
  • 1.88kg
  • 1.68kg
  • 1.36kg
  • 折りたたみ
  • -(クッション取り外し可、水洗い可)
  • -
  • -
  • -(カバー取り外し、洗濯可)
  • 素材
  • クッション:ポリウレタン
  • ポリプロピレン・ポリエステル・ポリウレタンフォーム・熱可塑性エラストマー・ABS樹脂・ポリアセタール
  • 本体:ポリウレタンフォーム、ベルト(織物部):ポリエステル、ベルト(バックル部):ポリアセタール
  • ポリエステル100%
  • 対象月齢
  • 6ヶ月 ~ 36ヶ月
  • 6ヶ月頃~3歳頃
  • 首が据わるころ~14カ月ごろまで
  • 3カ月(首据わり後)~1歳ごろ
  • サイズ
  • 幅40×奥行38×高さ29cm
  • 奥行:34cm×幅36cm 高さ: (ローシート)全高26cm、座高7cm (ハイシート)全高30cm、座高11cm (クッション収納時)全高22cm、座高6cm
  • 幅37.5×奥行37.5×高さ24㎝、足入れの周囲:約28㎝、座面までの高さ:2.5㎝
  • (約)幅53×奥行48×高さ25cm、足入れ部分:直径11cm

たためるお座り練習チェアの人気おすすめランキング2選

エアポンプ内蔵で簡単に膨らませられるリッチェルのお座り練習チェア

空気を入れるタイプのお座り練習チェアで、エアポンプ内蔵だから空気入れを用意する必要もありません。またこのエアポンプが前倒れやずれ防止のストッパーとしても大活躍。簡単に折りたためるので、帰省や旅行先のお供におすすめ。

 

表面は肌触りがソフトなスエード加工がされており、ビニール素材にありがちな肌の張り付きがありません。色合いもやさしいパステルカラーなので、どんなインテリアにも馴染みやすいのもポイントです。

安全基準 - 重さ 390g
折りたたみ 素材 本体:塩化ビニル樹脂(食品衛生法対応可塑剤使用)・ナイロン、上ブタ・エアポンプ・空気栓:塩化ビニル樹脂、空気弁:合成ゴム、内部空気弁:ポリウレタン
対象月齢 7か月~2年 サイズ (約)58.5×55×28.5H(cm)

口コミを紹介

エアー式で軽いのはもちろん、ポンプも内蔵されているので別で用意する必要がなく、よく考えられてるなと思いました。実家に帰省する時には空気を抜いて持っていってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

リッチェルのお風呂でも使えて空気入れが簡単なお座り練習チェア

エアポンプ内蔵なので、空気入れを用意する必要がなく簡単に膨らませることができてとても便利。また赤ちゃんが据わる部分が通気性が良くなっており、水が溜まらない構造になっているので、リビングだけでなくお風呂でも使いたい方におすすめ。

 

また足踏みストッパーが付いているので、抱き上げるときにチェアがくっついてくる心配がありません。コンパクトにたたむことができるので、帰省や旅行時のお供にもおすすめです。

安全基準 - 重さ 540g
折りたたみ 素材 本体、エアーポンプ、空気栓:塩化ビニル樹脂(食品衛生法対応可塑剤使用)、空気弁:合成ゴム、内部空気弁:ポリウレタン
対象月齢 7カ月~2歳ごろまで サイズ 幅46×奥行48×高さ27cm

たためるお座り練習チェアのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6672029の画像

    リッチェル

  • 2
    アイテムID:6671912の画像

    リッチェル

  • 商品名
  • ふかふかベビーチェアR
  • ふかふかベビーソファ
  • 特徴
  • リッチェルのお風呂でも使えて空気入れが簡単なお座り練習チェア
  • エアポンプ内蔵で簡単に膨らませられるリッチェルのお座り練習チェア
  • 価格
  • 2280円(税込)
  • 3063円(税込)
  • 安全基準
  • -
  • -
  • 重さ
  • 540g
  • 390g
  • 折りたたみ
  • 素材
  • 本体、エアーポンプ、空気栓:塩化ビニル樹脂(食品衛生法対応可塑剤使用)、空気弁:合成ゴム、内部空気弁:ポリウレタン
  • 本体:塩化ビニル樹脂(食品衛生法対応可塑剤使用)・ナイロン、上ブタ・エアポンプ・空気栓:塩化ビニル樹脂、空気弁:合成ゴム、内部空気弁:ポリウレタン
  • 対象月齢
  • 7カ月~2歳ごろまで
  • 7か月~2年
  • サイズ
  • 幅46×奥行48×高さ27cm
  • (約)58.5×55×28.5H(cm)

写真映えするお座り練習チェアの人気おすすめランキング2選

車のおもちゃとしても使えるかわいい車型お座り練習チェア

カラフルなボディ立体感のあるタイヤが特徴的な車型のお座り練習チェア。ふかふかのクッションで全体をすっぽり覆ってくれるので、まだお座りに慣れていない赤ちゃんでも安定しやすいのが特徴。

 

お座り練習チェアとして使用したあと、車のおもちゃとしても活躍できます。赤ちゃんを座らせるとまるでドライブしているかのようで写真映えもするので、お誕生日などの特別な記念日に座らせて写真を撮るのにおすすめです。

安全基準 - 重さ 1kg
折りたたみ - 素材 PP綿
対象月齢 4ヵ月〜3歳頃 サイズ 幅65×奥行70×高さ27cm

口コミを紹介

座位が安定して保てます。寝ている状態よりも目線が変わり喜んで使用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ぬいぐるみみたいなかわいい動物のベビーソファー

さまざまな動物たちの顔がついたベビーソファーは、ぬいぐるみのようなかわいさ。写真映えしたいならぜひこちらがおすすめ。洗濯もできるので、汚れが気になり始めたら洗濯して清潔に保てるのも魅力的。ただし乾燥機はNGなので注意してください。

 

触り心地は綿がたっぷり詰まっているので、クッションのようにふかふか。かわいくデザインされた広い背もたれも倒れにくく機能性抜群です。足回りもゆったりしているので、大きめの赤ちゃんにもおすすめ。

安全基準 - 重さ (約)1.6kg
折りたたみ -(丸洗い可) 素材 PP綿
対象月齢 5ヶ月~18ヶ月 サイズ 縦50×横50×高さ40cm

口コミを紹介

5か月の孫が、お座りさせると喜ぶので購入いたしました。期待通り、自分でお座りしているようで嬉しそうにしています。また、反り返ったりしても倒れこまず安心してみていられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

写真映えするお座り練習チェアのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6672281の画像

    SDstore

  • 2
    アイテムID:6672178の画像

    VeroMan

  • 商品名
  • ベビーソファー
  • ベビーソファー
  • 特徴
  • ぬいぐるみみたいなかわいい動物のベビーソファー
  • 車のおもちゃとしても使えるかわいい車型お座り練習チェア
  • 価格
  • 3193円(税込)
  • 6480円(税込)
  • 安全基準
  • -
  • -
  • 重さ
  • (約)1.6kg
  • 1kg
  • 折りたたみ
  • -(丸洗い可)
  • -
  • 素材
  • PP綿
  • PP綿
  • 対象月齢
  • 5ヶ月~18ヶ月
  • 4ヵ月〜3歳頃
  • サイズ
  • 縦50×横50×高さ40cm
  • 幅65×奥行70×高さ27cm

お座り練習チェアはいつから使えるの?

まず前提として首が据わっていること。そして支えていれば、赤ちゃんが安定して座ることができるようになると、お座り練習チェアを使ってお座りをできるようになることが多く、負担の少ない中でお座りの練習ができるようになります。

 

他の目安として、チャイルドシートの座り方が変わるときがあります。赤ちゃんの成長に合わせてベルトの位置や角度を変更できるチャイルドシートの場合、横に寝かせた状態がきつくなったり嫌がるようになったころがポイントになります。

 

そして何より大事なのは赤ちゃんの成長の様子をみて始めること。赤ちゃんの成長は個人差があります。お座りの練習チェアに記載された対象月齢はあくまで目安として考え、ママやパパがそろそろ初めても良いと思うタイミングで始めてみてください。

低月齢や腰据わり前のお座りの影響は?

低月齢や腰据わり前でもお座り練習チェアに座らせれば座らせることが出来ますが、赤ちゃんに負担をかけている場合もあるので注意が必要です。

赤ちゃんの筋肉が疲労してかたくなってしまう

身体を支える組織が成熟することで、自分の身体を自分で支えてお座りできるようになります。そのため、自分の力でお座りができるようになる前に、お座り練習チェアなどを使って強制的にお座りさせると身体に負荷がかかります

 

腹筋や背中を支えるじん帯や骨などさまざまな組織が組織が育っていないと、背中の筋肉が頑張って支えなければなりません。大人が肩こりで肩が痛くなるように、赤ちゃんも無理なお座りをすると筋肉疲労を起こし痛みが出ることもあります。

自分で遊ぶ余裕がなくなり意欲が低下してしまう

お座り練習チェアに座らせるとおとなしく座っていることが多く、ついつい座らせたままにしてしまうときも。しかし、おとなしく座っているからといって、赤ちゃんが心地良いとは限りません

 

未発達の赤ちゃんをお座り練習チェアに座らせた場合、姿勢を保つことに必死になっておとなしい場合も。また動けないから動く気持ちが起こらず、自発的に動く事を断念してしまい、最終的に周囲に興味を持つ意欲が失われる可能性もあるので危険です。

身体のバランス感覚が育たない可能性も

寝ている状態から最終的に立つまで、成長につれて体の重心の位置が高くなっていきます。重心の位置が高くなると重力に対応する必要が出てくるため、重心を感じながら自分の筋力で身体のバランスを取り、少しずつ支え方を覚えていくのです。

 

しかし、寝ている状態から急にお座り練習チェアに座らせてお座りの姿勢を変えても、身体のバランスをとる筋力や感覚がついてこれず、正しいバランス感覚が育たない可能性もあるので注意が必要です。

お座り練習チェアは必要?

これまで低月齢や腰据わり前の影響について解説してきましたが、お座り練習チェアに座らせることが悪いということではなく、発達に合った姿勢をとることが大切。お座り練習チェアは自力でお座りができるようになって、赤ちゃんの様子を見ながら始めてください。

 

そして、お座り練習チェアは赤ちゃんのお座り練習のためだけではなく、忙しいママやパパのサポートもしてくれる便利なアイテムです。うまく活用すれば育児負担の軽減にもつながりますので、ぜひこの機会に検討してみてください。

お座り練習チェアでバースデーも写真映え!

誕生日などの記念日は、やはり写真に残しておきたいものです。しかし、一生懸命壁などににデコレーションをしていざ写真を撮ろうと思っても、赤ちゃんが動いてうまく写真が撮れないなんてことありませんか?そんなときにお座り練習チェアがおすすめ。

 

お座り練習チェアは実用性の高いものはもちろん、見た目がかわいいものもたくさんありますので、かわいいお座り練習チェアに座らせて、何度も見返したくなる記念日の写真をぜひ撮ってみてください。

 

こちらの記事では子供への誕生日プレゼントをランキング形式で紹介していますので、ぜひこちらも合わせて見てみてください。

まとめ

ここまでお座り練習チェアのおすすめランキング8選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。お座り練習だけでなく、お風呂や記念日など幅広く活用できますので、使用したい場面や用途に合わせて赤ちゃんに合ったチェアを探してみてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月03日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事