ブルーベリージャムの人気おすすめランキング10選【食べ方・使い方も紹介!】

記事ID20548のサムネイル画像

独特の色彩と甘酸っぱさが特徴的なブルーベリージャム。甘さと果実の風味を味わえ人気があります。また食べ方を工夫する事で更に美味しく味わえます。今回は定番のアヲハタから輸入品まで沢山のブルーベリージャムを紹介します。ぜひ購入時に役立てて下さいね。

使い勝手抜群なブルーベリージャム

甘酸っぱさと独特の色彩感が特徴的なブルーベリー。そのまま食べても美味しいのですが、実はジャムに加工する事で甘さ・酸味・果肉など様々な味を楽しむ事ができます。また、パンやヨーグルトなどの食材との相性も抜群です。

 

市販のブルーベリージャムの種類は大手メーカーの物から農園などの手作りの物まで豊富です。また、最近は海外の一流メーカーの物もあります。それぞれがブルーベリーの素材を生かした拘りのジャムを販売しています。

 

種類が豊富にあると購入する時に迷いがちになります。しかし、選び方を知ることで自分の欲しいブルーベリージャムを見つける事ができます。そこで今回はブルーベリージャムの用途に合わせた選び方と人気ランキング10選をご紹介します。

ブルーベリージャムの選び方

パンに付けたり、ヨーグルトにかけたりと様々な味わい方のできるブルーベリージャム。実は糖度やカロリーの違いなど用途に合わせた商品が沢山販売されています。しかし一見すると見た目は同じなため、どんなジャムでも変わらないのではと思いがちです。

 

また、いざ購入しようにも種類が多すぎて何を選ぶとよいかわからない場合も多いはずです。実際には、用途に合わせたジャムが沢山ある中から自分に合ったジャムを選ぶ必要があります。様々な選び方から自分に合うブルーベリージャムを探してみましょう。

 

 

購入店舗で選ぶ

ブルーベリージャムは主に百貨店のデパ地下や、コンビニ・スーパーなどで販売されています。様々な種類のジャムの中からそれぞれの店舗がおすすめのブルーベリージャムを取り扱っています。

 

傾向をみると、コンビニ・スーパー等では価格の手頃な商品が多く、百貨店では輸入品や手作りのジャムなどの高級品が多いです。そのため普段使いか贈答品かなど目的に合わせた購入を行う時に店舗を選ぶ事ができます。

購入店舗で選ぶ場合は、用途に合わせたジャムの購入を行う事をおすすめします。

コンビニなど「市販」で購入できる物から選ぶ

コンビニ・スーパーなどの店舗では大手メーカーのジャムや店舗のオリジナルブランドのジャムなどが販売されています。ジャムの価格帯は200円~500円台と手頃で分量も少量から大容量まであるため、使用する人数に合わせたジャムを購入する事ができます。

 

また、コンビニのオリジナルブランド品は質の良さに拘り、同じく店舗で販売されているパンやヨーグルトに合わせやすい様に加工されています。普段使いであれば価格が手頃なコンビニ・スーパーのブルーベリージャムを購入するのがおすすめです。

デパートなどで販売されている「高級品」

百貨店で販売されているブルーベリージャムは主に国内の有名店や海外の一流メーカーの商品が販売されています。自社で栽培・育成された果実を使ったジャムは上質な味わいを楽しむ事ができます。

 

ジャムの価格帯は2,000円台~4,000円台ですが、普段使いだけではなく贈答品などに購入できる商品が揃っています。一流の味を楽しみたいなら上質な百貨店の高級ジャムを購入してはいかがでしょうか。

生産国で選ぶ

ブルーベリージャムは主にスーパーやオンラインショップで販売されています。多くのメーカーがブルーベリージャムを製造しています。メーカーにはーカー国内のメーカーと海外のメーカーがあり、老舗の歴史のあるメーカーから海外の一流ブランドの物まで様々な種類があります。

 

主に国内のメーカーで販売されているブルーベリージャムは流通量が多く価格も手頃なため、購入しやすい事が特徴です。一方、海外のメーカーのブルーベリージャムはカルディなどの輸入品を扱う量販店などで販売されています。価格は国内メーカーの物より高く大容量タイプや質の高い物が販売されています。国内・海外それぞれのメーカーの違いを知った上で購入の選択を行いましょう。

 

 

鮮度に拘りたいなら安心できる国産のジャム

国産のブルーベリージャムはジャムの製造を国内の工場などで行っています。ジャムには国産のブルーベリーを使い鮮度を保ったまま加工されています。そのため、ブルーベリー本来の甘さと酸味を生かしたジャムが多く作られ出来たての味を自宅でも楽しむ事ができます。

 

ブルーベリーの鮮度と素材の良さを味わいたいなら、製造・加工を国内で行っている国産のブルーベリージャムを選ぶと良いでしょう。

上質さを味わいたいなら外国産の輸入ジャム

外国産のブルーベリージャムは海外の一流メーカーで製造・加工を行った物が輸入されています。ジャムの製造過程は国産の物とほぼ同じです。ジャムに使用するブルーベリーは生産国の鮮度の良い果実が使われています。生産国の自然の恵みを生かしているので、国産のジャムとは違った上質な味わいを楽しむ事ができます。

 

ジャムは輸入品のため、製造してから自宅で味わうまで時間が経過しています。しかし、賞味期限が長いため美味しく味わうことができます。いつもとは違う上質なジャムを味わいたいなら外国産の輸入ジャムを選ぶのもおすすめです。

 

 

ブルーベリーの種類で選ぶ

ブルーベリージャムの原材料であるブルーベリーには沢山の種類があります。具体的にはハイブッシュ系ラビットアイ系の2つに分けられます。両方ともジャムの加工に使われています。

 

ハイブッシュ系は大粒で、ラビットアイ系は粒が小粒です。農園などの手作りジャムには大粒のハイブッシュ系が多く、メーカーの加工品にはラビットアイ系のブルーベリーが多く使用されています。そのため、粒の大小で果肉感や甘さの違いを楽しむ事ができます。

 

オンラインショップには、ジャムに使用しているブルーベリーの種類を掲載している商品もあります。購入前に参考にする事で自分好みのジャムを選ぶ事ができます。

 

 

 

果実の甘さを味わいたいなら糖度の高いブルーベリージャム

果実には果実本来の甘さを示す糖度があります。糖度が低いと酸味が強くなり、高いと甘みが強くなります。糖度の高いブルーベリーを使用したジャムは砂糖が使われていない物が多いです。なぜなら、糖度が高い分ブルーベリーそのものが甘いためそのままジャムに加工できるからです。

 

ブルーベリージャムのパッケージには糖度が記載されています。目安としては糖度40以上ジャムはブルーベリー本来の甘さを生かして加工されています。甘さを味わいたいなら糖度40以上のブルーベリージャムを選ぶことをおすすめします。

果肉感を味わいたいなら大粒のブルーベリージャム

大粒のブルーベリーは果肉が厚くそのまま食べても果肉から果汁を味わう事ができます。ジャムの加工についても果肉から出る果汁を使い果肉の形を崩さずじっくりと煮詰めています。煮詰める事で果肉が柔らかくなり、果肉と果汁を生かしたジャムに仕上げられています。

 

果肉感を残したジャムはパンの他にもヨーグルトやデザートと合わせてもブルーベリーをそのまま食べているような美味しさを味わえます。果肉感を味わいたいなら大粒のブルーベリージャムがおすすめです。

 

 

砂糖の使用・カロリーで選ぶ

ブルーベリージャムに使用されている材料を見ると、主にブルーベリー・砂糖・クエン酸などの添加物を使用されています。また、砂糖が使用されているためカロリーも高い物がほとんどです。ここでよく確認してほしいのが砂糖の使用とジャムのカロリーです。

 

ジャムを加工する時に砂糖を使用する事でブルーベリーの酸味と砂糖の甘さを一緒に楽しむ事ができます。また、カロリーによってはダイエット時の糖質制限中でも摂取できるジャムなどもあります。ブルーベリージャムを購入する時は、砂糖の使用・カロリーを確認してみましょう。

パンと合わせたいなら甘さの丁度良い砂糖使用ジャム

パンと合わせたいなら砂糖使用のジャムがおすすめです。砂糖を使用したジャムは甘さを強く味わえる様に仕上げられています。加工の際にブルーベリーと砂糖を一緒に入れて煮詰める事で甘さが強くなるように仕上げられています。

 

砂糖使用のブルーベリージャムは粘度が高く、特にパンとの相性が良いです。パンの香ばしさとジャムの甘さが絶妙でブルーベリーの酸味と一緒に味わう事ができます。

 

ジャムのパッケージを見ると原材料の欄に砂糖と記載されています。購入の際は必ず確認するようにしましょう。

ダイエット中に摂るならカロリーの低い低カロリージャム

ジャムと聞くと気になるのがカロリーです。確かに果実と砂糖が大量に使用されたジャムカロリーは高く、ダイエットや糖質制限を行っている場合はどうしても控えたくなります。

 

しかし、最近はカロリーを減らしたカロリーオフのブルーベリージャムが出ています。気になるカロリーを通常のブルーベリージャムから3割から5割カットしているため、ジャム全体のカロリーは低めに加工されています。

 

また、カロリーカットしていてもそのままの美味しさで味わうことができます。ダイエットや糖質制限中も変わらずジャムを味わいたいのであれば、カロリーカットされたブルーベリージャムがおすすめです。

 

手作り・無添加で選ぶ

市販されているジャムにはクエン酸などの添加物が入った物を多く見かけます。添加物自体は問題なく食べられるのですが、最近は添加物をなくした無添加ジャムもあります。無添加ジャムは果実・果汁・水だけを使いシンプルに仕上げられていて、果実本来の素材の良さをそのまま味わえる事が特徴です。

 

また、ブルーベリーの生産農家が自ら収穫したブルーベリーを使い手作りで加工したジャムも美味しいと注目が集まっています。どちらもブルーベリー本来の良さを生かしており、普段とは違ったジャムを味わう事ができます。

ブルーベリーの果実感を味わいたいなら素材の良さを生かした無添加ジャム

添加物の入っていない無添加ジャムはブルーベリーの素材の良さを最大限生かして仕上げられています。美味しさの秘密は加工の仕方にあります。果実と水だけを使いじっくり煮込み果実の甘さをしっかり引き出しているので甘さが優しく食べやすい事が特徴です。

 

また、無添加のため余計な物が入っておらず小さいお子さんから高齢の方までアレルギーや持病を気にせず摂取する事ができます。添加物が気になるのであれば無添加のブルーベリージャムを購入してはいかがでしょうか。

 

手作りに拘るなら農園産の自家製ジャム

最近ではブルーベリーを生産する農園が自ら加工したジャムが増えています。ブルーベリーの栽培・収穫・製品の加工は全て農園で行われており一からジャム作りを行うため、農園だけの特別なジャムを味わう事ができます。

 

ジャムにはジャム用のブルーベリーが使用されていて手作り感に拘ったジャムが多い事が特徴です。また、加工するブルーベリーは収穫直後の新鮮な物が使われています。

 

生産者が丁寧に育てあげた手作りのジャムを味わいたいなら農園産のブルーベリージャムがおすすめです。

 

容量で選ぶ

ジャムは人によって使う量に違いがあります。毎日使うのに容量の少ない物を選ぶとすぐになくなってしまい頻繁に買い足す事になります。一方、そんなに使わないのに容量の多い物を選ぶと余ってしまいやむを得ず処分する事になります。

 

最近ではジャムにも様々な種類があります。具体的には大容量タイプ・少量タイプ・使い切りタイプなどです。ジャムの使用頻度に合わせたタイプを選ぶ事で最後までしっかりと使い切る事ができます。自分のジャムの使用量を考えた上で購入するようにしましょう。

使う量が少ないなら少容量タイプのジャム

ジャムの使用量が少ないのであれば、内容量の少ないタイプのジャムをおすすめします。容量は200g前後の物が多く最後まで使い切る事ができます。また、1回分のパッケージに入ったジャムは、封を開けずに保存出来るため、いつでも美味しく味わうことができます。

 

市販されているジャムには必ず内容量が記載されています。購入する時に確認する事で使い切れるかどうかの目安にもなります。少量でも質の高い美味しいジャムが沢山販売されています。

毎日使用するなら大容量タイプのジャム

毎日の朝食時など必ずジャムを使用しているなら大容量タイプがおすすめです。内容量は400g以上あるため使用量を気にせずたっぷりと使う事ができます。価格は500円から1000円前後で販売されています。

 

大容量タイプのジャムでも種類は多く、糖度の高い物からカロリーを抑えた物など様々です。選択肢が多い事で自分好みのジャムが必ず見つかります。使うジャムはこれと決めておくことで最後まで使い切る事ができます。

ジャムのタイプから選ぶ

一口にブルーベリージャムといっても、加工方法によって種類の違う物が販売されています。ジャムはパンやヨーグルトと合わせやすいですが、食材によって合うブルーベリージャムの種類は違います。

 

具体的には、パンにはスプレッドタイプヨーグルトにはプレザーブスタイルです。食材に合ったジャムの種類を選ぶことで更に毎日の食事が充実します。

パンやマフィンに塗るなら「スプレッドタイプ」

毎日の食事や間食に使用するパンやマフィンには、滑らかで伸びの良いスプレッドタイプのジャムがおすすめです。果実をしっかりと煮詰める事で粘りが出るため使用する時にパンの端から端までしっかりと塗る事ができます。

 

ジャムの味は果実感がしっかりと残っているため、甘さと風味を楽しむ事ができます。また、少量の使用でも伸びるため、カロリーを気にせず味わう事が可能です。

ヨーグルトなどのデザートに使うなら「プレザーブスタイル」

ヨーグルトやアイスクリームに使用するなら果実の果肉を残したプレザーブスタイルがおすすめです。果実と果汁を使ったジャムは水分が多くサラサラした液体状に仕上げています。そのため、ヨーグルトなどと混ざりやすく果実の風味を楽しむ事ができます。

 

また、果実は果肉を残しているためそのまま果実を味わうかの様な食感も味わえます。購入する時はプレザーブスタイルと表記されたジャムを選びましょう。

 

 

時々しか使わないなら「個包装」

ジャムをそれほど使わないなら個包装タイプのジャムがおすすめです。ジャムの内容量はおよそ5g~10g1回で使い切れる量が個包装されており、使う時にだけ使用する事ができます。

 

また、未開封のまま保存ができるので衛生的にも安心して味わう事ができます。瓶入りのジャムが余ってしまう場合は、個包装タイプのジャムを購入する事で使いきる事ができますよ。

ブルーベリージャムの人気おすすめランキング10選

昔、造ってくれた懐かしいお母さんの味

手造りジャムブルーベリー つめかえ用は厳選した果実を手作りで仕上げたジャムです。糖とレモン果汁だけで煮詰めているため果物の味と香りと本物の味を楽しめます。添加物を使用せず無添加で味わえるブルーベリージャムです。

容量 500g 重量 540g

口コミを紹介

人生変えちゃいました。
5
年齢非公開
性別非公開
非公開
私はジャム系が大嫌いでした。ヨーグルトソースとして使ってみたのですがもう感動です。これジャムって思うくらいさらさらで甘すぎず酸味も残っていて最高でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

つぶつぶ果実の美味しい甘さ控めなジャム

つぶつぶブルーベリージャムは果実の自然な風味のある甘さ控えめなジャムです。ジャムに使用するブルーベリーの糖度は45度。糖度が高い事でブルーベリー本来の甘さを引き出し美味しく味わうことができます。また、ジャムは粒を残す事で食感と酸味を楽しむ事もできます。毎日の朝の始まりを応援してくれるブルーベリージャムです。

容量 340g 重量 550g

口コミを紹介

甘すぎず程よいブルーベリーの味わいがあります。
5
年齢非公開
女性
非公開
さすが明治屋さんのジャムは上品で甘すぎす程よくブルーベリー感を味わえます。ジャムは朝食だけではなくガナッペ等パーティにも使えるのでおすすめします。

出典:https://www.amazon.co.jp

自然な甘さと果実の美味しさを楽しめるフルーツスプレッド

まるごと果実ブルーベリーは砂糖不使用の果実と果汁だけで仕上げたジャムです。一瓶に150粒のブルーベリーが使われ大粒の食感と甘酸っぱさを味わえます。

甘さ控えめな水々しいフルーツのようなブルーベリージャムです。

容量 250g 重量 250g

口コミを紹介

ぜんぜん甘くない!のに美味しい
5
年齢非公開
性別非公開
非公開
糖度33のジャムはぜんぜん甘くないのに美味しかったです。また大きな粒がごろごろと入っている。しかも瓶の底まで!

出典:https://www.amazon.co.jp

パーティなどでたっぷりと使える大容量サイズ

感動素材日本農林規格ブルーベリーは大容量タイプのブルーベリージャムです。ジャムはブルーベリー本来の味や香りを生かし一粒一粒を丹念に仕上げています。パンやヨーグルト、アイスクリームに合わせたり、製菓材料として使用するのにおすすめです。

容量 830g 重量 1.12kg

口コミを紹介

おいしいし容量もいい
5
年齢非公開
女性
非公開
酸味と甘味が丁度良く、多く塗っても少なく塗っても美味しいです。毎日パンを食べる私にとっては大容量のジャムはとても使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

フルーティーな味を楽しめるロングセラー品

きれいな甘さブルーベリーは1970年から販売中のアヲハタのロングセラー品です。ジャムはブルーベリー本来のこくと甘酸っぱさがあり飽きのない美味しさです。また、一緒にフルーツの香りと色彩感を楽しむ事ができます。400gの容量で毎日使用のできるおすすめのブルーベリージャムです。

容量 400g 重量 600g

口コミ

くどくない上品な甘味が好みです
4
年齢非公開
男性
非公開
適度にブルーベリーの粒の残る食感の良さが決め手になり購入しました。糖度が控えめの甘味がヨーグルトに良く合っています。容量も400gと頃合いが良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

たっぷり使える500gの大容量サイズ

たっぷりブルーベリージャムは容量が多く入ったたっぷり使えるジャムです。ジャムに入っているブルーベリーの糖度は63度の糖度の高い果実が使われています。ブルーベリー本来の甘さと酸味を味わうことができます。590gの大容量でパーティなどのもてなしなどにおすすめです。

容量 590g 重量 820g
ヨーグルトにばっちり合います
4
年齢非公開
女性
非公開
ヨーグルトにかけて食べたら一番美味しいのはブルーベリージャムだと思います。液状タイプが好みですが十分美味しく頂いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

果実と果汁の自然な甘さ

100%フルーツブルーベリーは砂糖を使わずフルーツ果汁を使用したジャムです。果実の甘さはすっきりとしており果物本来の風味を引き立てています。ブルーベリーの爽やかな酸味と甘さを味わうことができます。2個入りのセットで毎日ブルーベリージャムを使う人におすすめの商品です。

容量 415g 重量 1.29kg
ベリーの実がたっぷり
4
年齢非公開
女性
非公開
ブルーベリーの実がたっぷり入っていて味も良い。ブルーベリージャムを購入する時はいつもこの商品を探して購入しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

オーストリアの老舗フルーツメーカーの上質な1品

チロリアンブルーベリージャムはオーストリアのダルボ社から販売されているジャムです。糖度が41度の上質なブルーベリーを厳選して使用しています。果肉がたっぷり入ったジャムは甘すぎずナチュラルな味わいです。世界各国の一流ホテルで使われている一品をご家庭でも楽しめます。

容量 200g 重量 200g
今まで購入したブルーベリージャムでNo.1
5
年齢非公開
男性
非公開
果肉の果実含有率が70%と高く濃厚な味わいで美味しいです。砂糖が使われながらも甘さは控えめで果肉の粒も残っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ブルーベリーとアールグレイを両方楽しめるフルーティーなジャム

D&D ブルーベリー&アールグレイジャムはブルーベリーの食感とアールグレイの香りを楽しめるフルーティーなジャムです。ごろっとした果肉を残したブルーベリーにアールグレイを合わせた絶妙な味わいを楽しめる1品です。

容量 140g 重量 340g

長野産「高級サファイア」を使用した極上の一品

森の畑 ブルーベリージャムは長野産の高級ブルーベリー「森のサファイア」を使っています。大粒の形をそのまま残したジャムはジューシーな果汁と果肉の甘さを楽しむことができます。最高品質のブルーベリーをそのまま味わえる極上の一品です。

容量 300g 重量 550g
甘さより果実味がして良い
5
年齢非公開
女性
非公開
体に良さそうなので購入しました。味、甘さともに良く砂糖ではなく果実の味がします。気に入って今回で3回目の購入です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ブルーベリージャムのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6405331の画像

    加藤産業株式会社

  • 2
    アイテムID:6401342の画像

    明治屋

  • 3
    アイテムID:6401406の画像

    キューピー

  • 4
    アイテムID:6401429の画像

    スドージャム

  • 5
    アイテムID:6401469の画像

    キューピー

  • 6
    アイテムID:6403659の画像

    スドージャム

  • 7
    アイテムID:6403765の画像

    スドージャム

  • 8
    アイテムID:6403893の画像

    鈴商

  • 9
    アイテムID:6404519の画像

    ディーアンドデルーカ

  • 10
    アイテムID:6404911の画像

    株式会社 未来農業計画

  • 商品名
  • 手造りジャムブルーベリー つめかえ用
  • 果実実感つぶつぶブルーベリージャム
  • まるごと果実ブルーベリー
  • 感動素材 日本農林規格ブルーベリー
  • きれいな甘さ ブルーベリー
  • たっぷりブルーベリージャム
  • 100% フルーツブルーベリー
  • チロリアンブルーベリージャム
  • D&D ブルーベリー&アールグレイジャム
  • 森の畑 ブルーベリージャム
  • 特徴
  • 昔、造ってくれた懐かしいお母さんの味
  • つぶつぶ果実の美味しい甘さ控めなジャム
  • 自然な甘さと果実の美味しさを楽しめるフルーツスプレッド
  • パーティなどでたっぷりと使える大容量サイズ
  • フルーティーな味を楽しめるロングセラー品
  • たっぷり使える500gの大容量サイズ
  • 果実と果汁の自然な甘さ
  • オーストリアの老舗フルーツメーカーの上質な1品
  • ブルーベリーとアールグレイを両方楽しめるフルーティーなジャム
  • 長野産「高級サファイア」を使用した極上の一品
  • 価格
  • 824円(税込)
  • 404円(税込)
  • 377円(税込)
  • 600円(税込)
  • 471円(税込)
  • 497円(税込)
  • 1,265円(税込)
  • 561円(税込)
  • 1,404円(税込)
  • 2,380円(税込)
  • 容量
  • 500g
  • 340g
  • 250g
  • 830g
  • 400g
  • 590g
  • 415g
  • 200g
  • 140g
  • 300g
  • 重量
  • 540g
  • 550g
  • 250g
  • 1.12kg
  • 600g
  • 820g
  • 1.29kg
  • 200g
  • 340g
  • 550g

食べ方・使い方

ブルーベリージャムの食べ方・使い方には、パンやヨーグルトに使うだけではなく様々な方法があります。例えば、ケーキやドーナツを作る時に入れると果実の風味を味わえます。また、豚肉や鶏肉を浸け込んだり炒めるときに砂糖の代わりに使用する事もできます。

 

他にも、紅茶や牛乳に入れるヨーグルトと混ぜてシャーベットにするなど使い方は豊富です。ジャムが余った時の活用法として便利に使えますよ。

 

種類の違うブルーベリージャムを食べ比べてみよう

オンラインショップやスーパーなどでは、メーカー毎種類の違うブルーベリージャムが販売されています。また、ジャムの内容量200g前後の少量タイプから400g以上の大容量タイプまで様々です。多くの人が自分の使いやすいジャムを選んで購入しています。

 

これだけ品数や種類が多いと、どの種類のブルーベリージャムを選べばよいか迷います。もしも、ブルーベリージャムを選べないのであれば、売れているジャムから気になるジャムを選んで試しに購入する事をおすすめします。

 

試すのであれば少容量のブルーベリージャムを選びましょう。容量が少ない分使い切りやすく継続して購入するかどうかの目安にもなります。また色々な種類を食べ比べて自分好みのジャムを探すのも良いですね。こちらの記事ではジャムの選び方と人気ランキングを紹介しています。ぜひ参考にして下さいね。

 

 

 

 

まとめ

ここまでブルーベリージャムの選び方と人気ランキングを紹介しましたがいかがでしょうか。様々な種類のブルーベリージャムがあり、それぞれの用途に合わせて使用する事ができます。毎日の食事を更に美味しく味わうために自分好みのブルーベリージャムを探してみることをおすすめします。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

フルーツスプレッドの人気おすすめランキング8選【ジャムとの違いは?】

フルーツスプレッドの人気おすすめランキング8選【ジャムとの違いは?】

パン・ジャム
フルーツソースの人気おすすめランキング10選【お手軽レシピもご紹介】

フルーツソースの人気おすすめランキング10選【お手軽レシピもご紹介】

パン・ジャム
ミルクジャムの人気おすすめランキング10選【食べ方・使い方もご紹介!】

ミルクジャムの人気おすすめランキング10選【食べ方・使い方もご紹介!】

パン・ジャム
お取り寄せジャムの人気おすすめランキング20選【専門店のものもご紹介!】

お取り寄せジャムの人気おすすめランキング20選【専門店のものもご紹介!】

パン・ジャム
マーマレードの人気おすすめランキング10選【甘酸っぱい柑橘系】

マーマレードの人気おすすめランキング10選【甘酸っぱい柑橘系】

パン・ジャム
ヘアフレグランス人気おすすめランキング20選【プチプラからデパコスまで】

ヘアフレグランス人気おすすめランキング20選【プチプラからデパコスまで】

ヘアケア・スタイリング用品