スキーヘルメットの人気おすすめランキング10選【子供向けやバイザー付きも!】

記事ID20222のサムネイル画像

スキーに必用なスキ―ヘルメットですが、多くの製品があります。軽量の製品やバイザー付などもあります。インナーは取り外しできる製品が便利です。自分に合うサイズのスキーヘルメットを選びましょう。この記事ではスキーヘルメットの選び方やおすすめ商品をご紹介していきます!

スキーヘルメットはスキーの必需品

スキ―ヘルメットを被る主な目的は頭を守るためです。防寒のためであれば、耳まで覆った帽子で充分です。スキーは必ず上級者以外は滑って転倒ことが多々あります。スキーヤー同士の接触や転倒した時に、岩などがあった時に頭を保護するのはスキ―ヘルメットです。

 

バイクに乗る時はヘルメットを被らないといけないと法律で定められています。欧米ではあたりまえの様にスキーをする時にはヘルメットを着用しています。日本でも最近はオシャレを兼ねてヘルメットを着用する人も増えています。

 

スキーの危険性を考えると、スキーを楽しむ時にスキ―ヘルメットは必需品です。どんなスキ―ヘルメットが良いのでしょうか。丈夫さと使いやすさなどを確認、スキーヘルメッの選び方とおすすめ人気商品10選を紹介いたします。ヘルメットを選ぶ時の参考にしてください。

 

近年は

スキーヘルメットの選び方

スキ―ヘルメットは頭を守る為です。それにはスキ―ヘルメットに求められるのは頑丈さです。しかし余り重いのも実用的ではありません。それには安全規格に準拠していることが、一つの目安となります。

 

快適にスキーを楽しむ為にはスキ―ヘルメットが自分の頭に合うサイズなのか確認しておきましょう。またゴーグルの取り付けなど機能面の特徴が臭類によって変わりますのて、確認をしておきましょう。

頭にフィットするスキーヘルメットを選ぶ

スキーヘルメットは日本メーカー製では日本人にあったヘルメットですが、海外メーカーでは欧米と日本と頭にあわせた形が違います。サイズも子供向けから大人までサイズも違いますので、自分の頭に合ったヘルメットを選びましょう。

アジアンフィット(ジャパンフィット)のあるモデル

日本メーカー作成のヘルメットは日本人に合わせて作っています。海外のメーカーは日本人向けにはジャパンフィットモデルということで作成しています。日本人と外国人とは頭の形が違う様で、日本人の頭は前頭部と後頭部がわずかに小さくなっています。

 

ヘルメットを選ぶ時は日本人の頭に快適にフィットする為に、日本メーカーか、ジャパンフィットモデルの製品を選びましょう。

頭のサイズで選ぶ

スキ―ヘルメットを選ぶ時にはサイズが重要です。買ったけどキツイとかゴソゴソなどにならないように、自分の頭のサイズを測定してから決めましょう。サイズは各メーカーの決められたサイズがあり、微妙に適応サイズが異なりなりますので注意が必要です。またサイズが無い時もありますが適応サイズを確認しておきましょう。

 

購入した人の口コミでは、大きめのサイズ購入するほうが使いやすいという意見もあります。

ヘルメットのサイズの微調整できる機種を選ぶ

ヘルメットサイズの微調整にダイヤルがついている製品があります。ダイヤルによってヘルメットサイズの微調整ができて、頭部全体のフィット感を高めることができます。

インナーキャップが着脱可能かで選ぶ

スキ―ヘルメットはスキーを楽しむ時には蒸れてきます。そんな時にインナーキャップの取り外しが出来れば衛生的です。蒸れを少しでも軽減してスキーを楽しむ為には、取り外しのできるヘルメットの方が快適です。また厚みの異なるインナーキャップが付属しており、頭とのフィット感で選ぶことができる製品もあります。

ゴーグルの曇りにくいものから選ぶ

ゴーグルを付けてヘルメットをかぶるとグーグルが曇ることがあります。ヘルメットを着けると通気性が悪くなりゴーグルが曇ります。ゴーグル一体化のヘルメットもありますが、曇らないために通気口を多く設けています。ゴーグルが曇らないためには、ベンチレーションが多くあり、通気の良いヘルメットを選らびましょう。ベンチレーションが開閉できるタイプもあります。

性別から選ぶ

スキーヘルメットを選ぶ時は性別も要素に入れましょう。可愛いタイプか男らしいタイプかでも違ってきます。男女兼用やジュニア用のヘルメットがありますが、男女に会うヘルメットを選びましょう。

女性には「かわいい」デザインがおすすめ

女性用のスキーヘルメットは流線型のかわいいタイプのヘルメットが多くああります。またデザインで色をつけてかわいいヘルメットに仕上げています。

男性には「カッコいい」デザインがおすすめ

男性向けスキーヘルメットは頑丈なモデルが多くあります。デザインも重要ですが、性能面を重視したスキ―ヘルメットとなっています。男性用のかっこいいと言われるスキ―ヘルメットが多くあります。

ヘルメットの安全規格を確認して選ぶ

スキーヘルメットの規格として海外のCE規格のEN-1077があります。一般的で多くのヘルメットはこの規格の認証を取っています。10~20種類の衝撃吸収テストがあります。1.5mの高さからヘルメットに落下した時の衝突エネルギーが89ジュールと規定されています。

 

EN-1077はヨーロッパで2007年に設定されたスキースノーボードヘルメットの一般的な安全規格です。「A」と「B」があり、「A」は頬まで覆うレーシング系ヘルメットに、「B」は覆う範囲が少なく換気が向上するフリーランド系ヘルメットに適用されます。

 

 

 

スキ―ヘルメットの種類で選ぶ

スキ―ヘルメットにはフリーモデルとレーシングモデルの2種類があります。フリーモデルは一般用として重量も軽く、蒸れにくいタイプです。頭から覆うタイプで保湿性が高くなります。人気のあるのは殆どフリーモデルといわれるタイプのスキ―ヘルメットです。

 

レーシングモデルは競技用として使われ顔全体を覆うタイプです。フリーモデルより安全性は高くなっています。競技用として使用するか、高い安全性が必要な人はこのタイプを選びましょう。

その他の機能で選ぶ

スキ―ヘルメットにあればより快適に使える機能があります。製品を選ぶ時に参考にしましょう。

着脱式イヤーパッドの有無

スキ―ヘルメットは耳部もカバーして保護しています。外部の音を確認したい時などシーンに合わせてイヤーパッドを着脱できれば便利です。

ベンチレーションの有無

スキーヘルメットにベンチレーションがあれば、外気を内部に取り込み、豆腐のムレを軽減できます。スキ―ヘルメットにはいくつかのベンチ―レーションを設けている製品もあります。レバーのスライドで開閉の切り替えができる製品もあります。

ゴーグルを固定できる「バンド」があるものから選ぶ

スキーにはゴーグルが不可欠です。転倒した時にゴーグルがスキーヘルメットから外れないように固定していれば安心です。スキ―ヘルメットにゴーグルを固定するバンドがある製品を選びましょう。

スキ―ヘルメットの人気ブランドから選ぶ

スキ―ヘルメットにはいくつかのブランドがあります。SWAN、GIRO、SMITH、VAXPOTあたりが人気メーカーです。それそれの製品には特長がありますので確認しておきましょう。

日本人に合う「SWANS」

SWANはゴーグルブランドとして有名です。1911年創業の山本光学株式会社の国産ブランドです。1972年からスポーツシーン用の製品の販売を始めてます。

 

日本人のデータに基づく日本人にあったヘルメットのつくっています。日本人の頭部形状にマッチしやすいと評判です。100年を超える操業でトップアスリートに人気があります。

軽量タイプでゴーグルにもマッチのは「SMITH」

SMITHはアメリカで1965年創業の会社です。SMITHブランドではゴーグル製品でも有名です。もともとゴーグルの販売から始まっていますので、スキ―ヘルメットもゴーグルに完璧にマッチする製品となっています。

 

ベンチレーションシステムが高性能で、ヘルメットによりゴーグルが曇ることの無いようになっています。SMITHのヘルメットは軽量タイプが多いのが特徴です。

MIPSで衝撃緩和で軽量なのは「GIRO」

ヘルメット業界を代表するメーカーです。本部はアメリカのカリフォルニアにあり、プロテクトでのヘルメットに加えて走るためのヘルメット作りを目指しています。

 

1985年に自転車用ヘルッメットの販売、1999年から軽量で高品質なヘルメットを販売しています。MIPSという多方向衝撃保護システムで衝撃をアウターとインナーの間でスライドすることで衝撃を分散するシステムを採用、軽量で衝撃に強いヘルメットを作っています。

 

またアジアンフィットでアジア人の頭の形に合うヘルメットで、日本人に合うと評判がよいです。

ツバ付きヘルメットでカジュアルなら「Sandbox」

Sandboxは近年人気の上がっているカナダのヘルメットメーカーです。2007年より販売を初めカジュアルで独特なデザインが特徴です。ツバ付きのキャップ型といわれるヘルメットは人気があります。

機能豊富で安価で人気なのは「VAXPOT」

株式会社ネクスバードが運営するEGS本舗という通販会社で販売しています。東大阪市にある会社ですが、詳細は紹介されていません。製品は中国製とAMAZONで明示されています。VAXPOTのスキ―ヘルメットは他社より安価で同等の機能で人気があります

スキーヘルメットおすすめ人気ランキング10選

日本メーカー、ダイヤル微調整でフィット感とCE規格取得で安心

山本光学株式会社が手掛ける日本ブランドで、日本人に合った製品設計で快適に頭にフィットします。後頭部のダイヤルで微調整ができます。また軽く装着感は快適です。インナーパッドは3種類の厚みがあり、好きな厚みを選んで装着することで、頭にフイットすることができます。

 

ゴーグル止めがあり転倒等での脱落を防ぐことができます。着脱式のイヤーパッドで耳を保護することができます。スキーヘルメットの安全規格CE規格EN1077を取得済で安心です。同規格は視野、衝撃吸収性などの厳しい条件のテストをすることになっています。

サイズ M:54-58cm/L:59-61cm 重さ -
インナーキャップ 取り外し可 ゴーグルバンド ストッパー有
安全規格 EN-1077 サイズ調整 ダイヤル

口コミを紹介

次シーズンに備えてSWANSのヘルメットを購入、所有するゴーグルに合わせたのと日本人の頭の形にフィットするとのことからこのメーカーに決めました。早速試着しましたが装着感快適でした。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

ジャパンフィットで日本人にフィット、ダイヤル微調整、ベンチレーションでムレを防げるヘルメット

海外のヘルメットの安全規格CEのEN1077を取得している、安全で使いやすいスキーヘルメットです。内部に耐衝撃性にすぐれたEPS素材を採用、軽量・安全で快適なヘルメットです。ジャパンフィットモデルで日本人に合わせています。後頭部のダイヤルで頭部のフィッティングを調節できます。

 

外気を取り込むベンチレーションはフロント、サイド、バックにあり、内部のムレを防ぎます。レバーをスライドする事でベンチレーションの切りかえもできます。またゴーグルのずれを防ぐゴーグルストッパーもあります。

 

 

サイズ M:54-57cm/L:58-61cm 重さ -
インナーキャップ 取り外し可 ゴーグルバンド ストッパー
安全規格 EN1077 サイズ調節 ダイヤル

口コミを紹介

10年ぶりにスキーヘルメットを新調しました。使用感としては、とても軽くインナーの調整もありフィット感も抜群です。インナー部分も柔らかく、ゴーグルをヘルメットの内側にしても痛くありません。値段もリーズナブルで良い商品でした。

出典:https://review.rakuten.co.jp

ダイヤル微調整できて、耐衝撃素材、ゴーグル一体化ヘルメット

PCとEPS素材を採用の対衝撃性に優れたスキーヘルメットです。S、M、Lのサイズはがありますが、ダイヤルで微調整は可能です。特徴は防塵ゴーグルと一体型になっていて便利で、メガネをかけた人にも使えます。またゴーグルだけ取り外すこともできます。

 

全てのヘルメットに耳当てと裏毛付きで保温性を確保します。また10の通気高があり、暑い時の通気性を確保しています。

サイズ S:50-54cm/M:55-58cm/L:61-64cm 重さ -
インナーキャップ - ゴーグルバンド ゴーグル一体化
安全規格 - サイズ調節 ダイヤル

口コミを紹介

ヘルメットはずれたりしないので、耳など寒くならないし、雪でも、濡れないのでいいです。
ゴーグル付きを選んだのは、ゴーグルを無くさないし、金額も2つ買うのとそれほど差がないので、子どもには良かったです

出典:https://www.amazon.co.jp

日本人にフィット、衝撃保護システム、CE規格準拠で安全、快適

スマートな流線形のシルエットで10年来の人気のあるスキーヘルメットです。日本人にジャストフィットする耐久性のあるヘルメットです。MIPS(多方向衝撃保護システム)を搭載、丈夫で軽量なモデルです。安心の日本製で手頃な価格のスキーヘルメットです。

 

FIT SYSTEMやベンチレーション機能、取り外し可能なイヤーパッド、全てのゴーグルにフィットなど多くの機能を備えています。海外のヘルメットの安全規格CE規格のEN1077に準拠しているので安心して利用できます。

サイズ S:52-53.5cm/M:55.5-59cm/L:59-62.5cm 重さ M:420g
インナーキャップ - ゴーグルバンド -
安全規格 EN1077 サイズ調節 -

口コミを紹介

軽い。アジャスター付きでぴったりフィット。
服はLサイズなのでヘルメットもLでいいかと思ったけど、実際に被ってみたらMが丁度良かった。身につける商品は実際に身につけてみないとわからないものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

キッズ向けでハイザー付きで安心

キッズ用ハイザー付きのスキーヘルメットです。バイザー付きでゴーグルをつける手間が無く、外部からの危険要因からキッズ達の目を守ります。またメガネを付けたままでバイザーを付ける事が出来て便利です。

 

ポリカーボネイトシェルに衝撃吸収するESP素材を注入整形、重量を抑えつつ高いプロテクション効果のあるヘルメットです。サーマルベンチレーションで暑い空気を排出します。素材はUVカットするUV400を採用、山の強烈な光から目を守り快適な視界を見ることが出来ます。

サイズ xs/S:52-56cm 重さ -
インナーキャップ - ゴーグルバンド バイザー付き
安全規格 - サイズ調節 -

口コミを紹介

ゴーグルを嫌がる5歳の子供用に。実店舗でサイズを確認してから購入しました。サロモンのものと迷いましたが後ろにゴーグルクリップがあり、バイザーを外して普通のヘルメット+ゴーグルとしても使えそうなのでこちらにしました。安心してスキーを楽しめそうです。

出典:https://item.rakuten.co.jp

つば付きで雨、雪を防げ、ベンチレーションで換気、CE規格認証で安心快適なヘルメット

スキーヘルメットにツバがあれば雪や雨を少しでも防げて便利です。このヘルメットは他には少ないツバ付きのヘルメットです。柔らかく衝撃吸収性に優れたEOA素材のインナーパッドで被りごこちは抜群です。ゴーグルクリップがあり、取り外しとゴーグルに合わせて位置を変える事が出来ます。

 

フロント脇のフラッシュベントを通じて後部のベンチレーションで余分な熱と空気を排出、心地よくスキーヘルメットを利用できます。海外のスキーヘルメット用のCE規格 EN1077認証で安全なヘルメットです。フィットパッドが付属していて、カスタマイズでき頭へのフィットを調整します。

サイズ XS_S:頭囲55~58cm,M_L:頭囲59~61cm 重さ -
インナーキャップ - ゴーグルバンド クリップ
安全規格 - サイズ調節 -

口コミを紹介

ニット帽かぶるので良い商品ですよ。かなり気にいってます。!

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

ジャパンフィットとダイヤルで頭部にフィット、CE規格認証済で安心、安価なヘルメット

日本人の頭の形状に合わせたジャパンフィットのヘルメットです。サイズはS-MとL-XLの2種類あり、ヘルメット後部のダイヤルでサイズの微調整ができます。開閉式ベンチレーションがあり、通気性を確保してヘルメット内が蒸れるのを防ぎます。

 

インナーは取り外して洗うことが出来るので清潔です。スキーヘルメットのCE規格に認証されているので、安心して使えるヘルメットです。

サイズ S-M:53-83cm,L-XL:55-60cm 重さ -
インナーキャップ 取り外し可 ゴーグルバンド ストッパー
安全規格 EN-1077 サイズ調節 ダイアル

口コミを紹介

この商品の説明にあるように日本人は頭の形が少し違うようです。この商品は日本人の頭に合うように設計されているだけあって、窮屈感なく使用できます。3000円代のヘルメットでは1番良い商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量、低重心で多くの自動調整システムで快適なヘルメット

スキーヘルメットは性能が同じなら軽い方が良いですね。ヨーロッパやアメリカのスキー―ヘルメットの安全規格をクリアした中で、世界1,2を争う軽量で約350gのヘルメットです。日本人向けのアジアンフィットのヘルメットでシンプルなデザインもおすすめです。

 

フィットネスシステム、エアーフロー・ベンチレーション・システムの自動調整システムを搭載、9個のベンチレーションホール、脱着が可能なゴーグルロック、取り外しできるイヤーパッドを装備した軽量かつ低重心設計のスキーヘルメットです。

サイズ S:55-59cm/M:59-63cm/L:63-67cm 重さ 約350g
インナーキャップ - ゴーグルバンド -
安全規格 EN1077 サイズ調整 ダイヤル

口コミを紹介

成長期の息子へ購入。とにかく軽い。4年前に使用していたmazeよりフィットが良くなってますね。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

衝撃の緩和技術とダイヤル微調整、耐久性とフィット感のヘルメット

ヘルメットは頭部の保護が目的です。その為にGIROはMIPS(多方向衝撃保護システム)を備えています。ヘルメット内部で衝撃時の力を緩和する技術です。EN-1077の規格も認証済で衝撃に対して安心できるヘルメットです。ヘルメットの外側のボタンで空気の流れを調整できるベンチレーションを備えています。

 

ヘルメット内部の2ピースのシェルで頭の形にフィットするユニフォームフィットシステムを備えています。ダイヤルを回すとシェルが広まったり、狭まったりして頭部の形にフィットします。ヘルメットのフィット感と耐久性を重視する人におすすめです。取り外し可能なイヤーパッドや全てのGIROのゴーグルには完璧にフィットできるヘルメットです。

 

サイズ S:52-55.5cm/M:55.5-59cm/L:59-62.5cm 重さ -
インナーキャップ - ゴーグルバンド -
安全規格 EN1077 サイズ調節 ダイヤル

口コミを紹介

このヘルメットのフィット感は素晴らしいです!私はそれがあなたの頭にしっかりとフィットし、それを締めるときにすべての周りに快適さを与えることが大好きです。搭乗時の自信が持てる

出典:https://www.amazon.co.jp

日本人にフィット、ダイヤルで微調整、安全規格認証済で安全で快適なヘルメット

幼時から大人まで幅広く使えるスキーヘルメットです。スキーやスノーボードであらゆるシーで安全、快適に使用できます。1911年創業の山本光学株式会社が手掛ける国産ブランド「SWANS」です。日本人の頭部を考慮した設計のスキーヘルメットです。

 

ダイヤル式のアジャスターで細やかなサイズを調節できます。また後頭部にゴーグルストッパーが装備、耳当ては着脱ができます。スキー用ヘルメットのヨーロッパの安全規格CEのEN1077に合格しています。衝撃吸収性、視野、対象通性、保存性などの厳しい試験に合格しているので、安心して使えます。

サイズ S:48-54cm/M:52-58cm/L:58-64cm 重さ S:約500g/M:約520g/L:約530g
インナーキャップ - ゴーグルバンド ストッパー
安全規格 EN1077 サイズ調節 ダイヤル

口コミを紹介

何れも頭の実寸がヘルメットのサイズ範囲の小さい方ですが、リアアジャスターで簡単に合わせられました。他社製のゴーグルも問題なくフィットするので良かったです。
価格の割に丁寧な作りで、ヨーロッパのCE規格のEN1077B認証済みなのも安心できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

スキ―ヘルメットおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6379951の画像

    SWANS(スワンズ)

  • 2
    アイテムID:6379969の画像

    GIRO

  • 3
    アイテムID:6397736の画像

    SMITH

  • 4
    アイテムID:6397702の画像

    VAXPOT

  • 5
    アイテムID:6380019の画像

    SAND BOX

  • 6
    アイテムID:6380063の画像

    HEAD

  • 7
    アイテムID:6384384の画像

    GIRO

  • 8
    アイテムID:6380103の画像

    kufun

  • 9
    アイテムID:6380136の画像

    pomtapes

  • 10
    アイテムID:6401591の画像

    SWANS

  • 商品名
  • H-45RL GMR
  • RANGE MIP
  • MAZE
  • VA-3150
  • SNOW ASIA FIT
  • MOJO VISOR
  • アジアンフィット NINE MATTE TITANIUM
  • スキ―ヘルメット
  • PGH-1981
  • HSF-130
  • 特徴
  • 日本人にフィット、ダイヤルで微調整、安全規格認証済で安全で快適なヘルメット
  • 衝撃の緩和技術とダイヤル微調整、耐久性とフィット感のヘルメット
  • 軽量、低重心で多くの自動調整システムで快適なヘルメット
  • ジャパンフィットとダイヤルで頭部にフィット、CE規格認証済で安心、安価なヘルメット
  • つば付きで雨、雪を防げ、ベンチレーションで換気、CE規格認証で安心快適なヘルメット
  • キッズ向けでハイザー付きで安心
  • 日本人にフィット、衝撃保護システム、CE規格準拠で安全、快適
  • ダイヤル微調整できて、耐衝撃素材、ゴーグル一体化ヘルメット
  • ジャパンフィットで日本人にフィット、ダイヤル微調整、ベンチレーションでムレを防げるヘルメット
  • 日本メーカー、ダイヤル微調整でフィット感とCE規格取得で安心
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • サイズ
  • S:48-54cm/M:52-58cm/L:58-64cm
  • S:52-55.5cm/M:55.5-59cm/L:59-62.5cm
  • S:55-59cm/M:59-63cm/L:63-67cm
  • S-M:53-83cm,L-XL:55-60cm
  • XS_S:頭囲55~58cm,M_L:頭囲59~61cm
  • xs/S:52-56cm
  • S:52-53.5cm/M:55.5-59cm/L:59-62.5cm
  • S:50-54cm/M:55-58cm/L:61-64cm
  • M:54-57cm/L:58-61cm
  • M:54-58cm/L:59-61cm
  • 重さ
  • S:約500g/M:約520g/L:約530g
  • -
  • 約350g
  • -
  • -
  • -
  • M:420g
  • -
  • -
  • -
  • インナーキャップ
  • -
  • -
  • -
  • 取り外し可
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 取り外し可
  • 取り外し可
  • ゴーグルバンド
  • ストッパー
  • -
  • -
  • ストッパー
  • クリップ
  • バイザー付き
  • -
  • ゴーグル一体化
  • ストッパー
  • ストッパー有
  • 安全規格
  • EN1077
  • EN1077
  • EN1077
  • EN-1077
  • -
  • -
  • EN1077
  • -
  • EN1077
  • EN-1077
  • サイズ調節
  • ダイヤル
  • ダイヤル
  • ダイアル
  • -
  • -
  • -
  • ダイヤル
  • ダイヤル

メガネをかけて利用するならバイザー付きのものを!

目の悪い人はスキーに行く時もメガネが必要です。ヘルメット用の眼鏡もありますが、スキ―ヘルメットの場合は、バイザーつきであればメガネをかけたままで利用できます。メガネの上にバイザーがきますので、メガネをかけたスキーヤーに便利です。またゴーグル付きのスキ―ヘルメットがあります。その場合はゴーグルの下にメガネをかけたままで利用できます。

 

メガネをかけてスキ―ヘルメットを使う場合の気を付ける事は、空気の流れが悪くメガネが曇らないようにすることです。メガネが曇れば見えにくくなり、スキーヤーは危険です。出来るだけ通気のよいスキ―ヘルメットか、簡単にゴーグルの上げ下げが出来るゴーグル付きのスキーヘルメットがおすすめです。

スキ―ヘルメットおすすめ人気ランキングのまとめ

いかがでしか、スキ―ヘルメットの選び方と人気商品を紹介しました。デザインや形状、機能の違いがありますが、それぞれ人気のある商品です。自分に合ったスキ―ヘルメットを見つけ出して、是非スキーを楽しんでください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年02月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】スノーボードケースの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】スノーボードケースの人気おすすめランキング15選

スポーツ
自転車の人気おすすめランキング25選【通勤用や子どもの練習用も!】

自転車の人気おすすめランキング25選【通勤用や子どもの練習用も!】

スポーツ
スノーボードグローブの人気おすすめランキング15選【メンズ用からレディース用まで】

スノーボードグローブの人気おすすめランキング15選【メンズ用からレディース用まで】

スポーツ
バトミントン用グリップテープの人気おすすめランキング15選【ヨネックスも】

バトミントン用グリップテープの人気おすすめランキング15選【ヨネックスも】

スポーツ
剣道防具の人気おすすめランキング10選【初心者向けから上級者向けまで】

剣道防具の人気おすすめランキング10選【初心者向けから上級者向けまで】

スポーツ
TOPへ