供花のおすすめランキング7選【お悔やみの花はマナーを守って】

大切な方を送り出す際、お悔やみの花や供花を贈りたくさんのお花を飾って送り出してあげたいと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、タブーやどのような供花を選べば良いのかわからないという人も多いものです。そこで今回こちらでは、供花を贈る際の選び方とおすすめランキングをご紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

お悔やみの花・お供え花「供花」は気持ちが伝わる

訃報を受けた際、たくさんのお花を飾って送り出したいと思う人も多いのではないでしょうか。そのような場合、葬儀が行われる会場に供花(お悔やみの花)を贈ることができ、通夜や葬儀に参列できない場合などにも供花は贈られます

 

しかし、どのようなお花でも贈れば良いというものではありません。通夜や葬儀にタブーやマナーがあるように、供花にも宗教や宗派、地域によるマナーがあります。適切な供花を選び、お悔やみの花で気持ちを伝えることが大切です。

 

そこで今回は供花の選び方やおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、宗教・タイプ・サイズを基準に作成しました。いざ手配をしなければならなくなった際の参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

サンモクスイ

お供えアレンジメント

15年の実績で作り上げるアレンジメント供花

アレンジメントに使われるお花の種類は季節によって変わりますが、供花などのお供え用の花の通販には15年の実績があります。実際に自分の目で見て注文することが出来ない通販でお花の購入は実績を重視して供花を選びたいという人におすすめです。

基本情報
宗教 仏式・神式
タイプ アレンジメント
サイズ 横30㎝×高さ40㎝

供花の選び方

いざ供花を贈ることになり選ぼうとすると、たくさんの種類がありどのように供花を選べば良いのか迷うものです。ここからは、供花の選び方についてご紹介します。

宗教で献花の花の種類を選ぶ

故人を偲ぶ気持ちは同じでも、宗教によって献花の花の種類が異なる場合があります。これらは、マナーにもかかわることなのでしっかりと確認しておきましょう。

仏式・神式なら花言葉も綺麗な「菊・蘭・百合」がおすすめ

故人の葬儀が仏式や神式の場合は、菊・蘭・百合などのお花がおすすめです。花言葉も美しく、お花の色は、白をメインとして、優しい色で統一すると良いでしょう。例えば、淡いピンク・水色・紫など落ち着いた色のお花を使ったアレンジも人気です。

日蓮宗なら「樒(しきみ)」がおすすめ

仏教であっても日蓮宗の各派では、お花ではなく樒(しきみ)の盛籠を贈ります。ただし、贈る側が日蓮宗の各派でないのであれば、供花を贈って構いません。供花を贈った場合は、祭壇に近い場所ではなく、会場の脇の方に飾られることがあることを知っておきましょう。

キリスト教式なら「百合・カーネーション」がおすすめ

故人の葬儀がキリスト教式の場合は、百合やカーネーションなどのお花がおすすめです。キリスト教式で使用されるお花の色は「白」とされているため、供花を贈るのであればできる限り白のお花でアレンジされた供花を選びましょう。

 

これは、キリスト教においては喪にふさわしい色は白とされているからです。また、キリスト教では、百合は聖母マリアを象徴するとされており、白いカーネーションは、亡くなったお母さまに捧げる花として主に使用されています。

 

しかし、キリスト教式では祭壇にお花を飾らない場合もあります。そのため、アレンジメントやスタンドタイプの供花ではなく、花束の形状が良いでしょう。名札は付けないことと、必ず生花でなければならないことに注意しましょう。

供花のタイプで選ぶ

一般的に贈られる供花のタイプは2タイプあります。それは、アレンジメントとスタンドタイプです。ここからは、それぞれのタイプについてご紹介します。

一般的な規模の葬儀・家族葬なら「アレンジメント」がおすすめ

一般的な規模の葬儀や家族葬ならば、アレンジメント供花がおすすめです。アレンジメント供花は、籠などにアレンジされた供花のことです。アレンジメント供花は箱から出してすぐに飾れるため、手間がかかりません。

大規模会場や会社からなら「スタンドタイプ」がおすすめ

大規模会場で行われる通夜や葬儀に贈る供花は、スタンドタイプがおすすめです。スタンドタイプの供花は、どのお店でも扱っているわけではないため注意が必要で、自分でお店を見つけることが難しい場合は、葬儀社へ問い合わせると良いでしょう。

供花の値段・相場で選ぶ

供花にも値段相場があります。故人との関係性でどの金額の供花を贈るのかを選ぶと良いでしょう。また、一般的にアレンジメントよりもスタンドタイプの方が金額は高いです。

「アレンジメント」なら5000円~10000円がおすすめ

籠などを使ってアレンジメントされた供花は、5000円から10000円が相場です。アレンジメントに使用するお花の種類や本数によって値段が変わりますので、あらかじめ確認をしておきましょう。

スタンドタイプ「1基」なら10000円~15000円がおすすめ

スタンドタイプの供花なら1基で10000円から15000円が相場です。ただしこの相場は、供花を1基贈る場合で、供花は1基で良いのか、2基を手配して一対として贈るべきなのかは、故人との関係性や地域ごとの習慣によります。

スタンドタイプ「一対」なら20000円~30000円がおすすめ

スタンドタイプの供花は2基を一対として手配します。一対なら20000円から30000円が相場です。しかし、これは喪主や遺族が手配する供花の相場ではありません。喪主や遺族が手配する供花ならば一対なら20000円から60000円が相場です。

供花注文の手配方法で選ぶ

供花を注文する場所によって選ぶことも可能で、自分にとってどこに注文することが合っているのかを考えて、供花を選ぶ際の参考にすることもおすすめです。

種類が多いのは「インターネット通販」がおすすめ

近頃は、インターネットの環境があれば手配でき、パソコンからでなくても、スマートフォンからも手配ができ、多くの種類の供花を比べて選びたいという方には、インターネット通販を利用して供花の手配をすることをおすすめします。

 

実際に目にすることなく供花を手配することに不安を持つ方も多いようですが、お店によっては現物の写真を発送前に撮影して連絡をくれるところもあります。このようなお店を選ぶことは、不安を解消できるポイントとなるでしょう。

当日配達もかなうのは「花キューピット」がおすすめ

法事などとは異なり、通夜や葬儀の日時の連絡は突然知らされるもので、そのため、届けるまでに時間が無いことが一般的です。その際には、「当日配達特急便」などを扱う「花キューピット」を利用するのも良いでしょう。

宗教や宗派が不明なら「葬儀社」がおすすめ

故人の宗教や宗派が不明な場合は、葬儀社へ供花を手配することをおすすめします。また、通夜や葬儀が行われる葬儀場によっては、他の葬儀場や花屋などからのお花の持ち込みを受け付けていないこともあるのです。

宗派によっては「御花料」もチェック

「御花料」とは、キリスト教式の葬儀の際に包むお金のことです。仏式でいう香典と同じような意味合いがあり、そもそもキリスト教式では、焼香やお供え物をするのではなく、献花をすることで故人を悼みます。

供花の人気おすすめランキング7選

7位

Flowerfarm

お供え 花 アレンジメント

手頃な値段のオーソドックスなアレンジメント供花

白と青の2色指定の洋花を使ったアレンジメントの供花で、手頃な値段のオーソドックスなアレンジメントの供花を探している方におすすめです。小さめで収まりがよい形状なので命日などにおすすめできます。

基本情報
宗教 仏式・神式
タイプ アレンジメント
サイズ 22×18×30cm
6位

花キューピット

アレンジメント供花

優しい雰囲気のアレンジメント供花

百合をメインに、カスミソウでふんわりとした雰囲気に仕上げたアレンジメント供花です。大きな会場で行われる葬儀よりも家族葬などご自宅や小さな会場で行われる葬儀におすすめの供花になります。

基本情報
宗教 仏式・神式
タイプ アレンジメント
サイズ 高さ35×幅30×奥行22㎝

口コミ

安くてボリュームもあり満足です
花屋店頭にあるものより格段に豪華です

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

フラワーマーケット花由

生花アレンジメント白のみ

献花の花の種類に対応した百合を使ったアレンジメント供花

百合をメインとして献花の花の種類を盛り込んだアレンジメント供花で、白いお花だけ使用しているので、仏式や神式だけでなくキリスト教式にもおすすめです。キリスト教では、百合は聖母マリアを象徴するとされています。

基本情報
宗教 仏式・神式・キリスト教
タイプ アレンジメント
サイズ 横40×奥行30×高さ48㎝

口コミ

とっても綺麗で立派だと喜ばれました。私も写真を見て、大きくて、立派で上品だと思いました。良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ほんまもん屋&Hanaファクトリー

フラワーアレンジメント LLサイズ

大きなサイズのアレンジメント

一般的な規模で行われる通夜や葬儀のための大きなアレンジメント供花を探している人におすすめで、大きめですが、抱えることができるサイズなので、ご遺族が移動させたり、持ち運んだりすることも簡単です。

 

お花の色味は、お任せすることも可能ですが、白のみまたは白をベースに青紫系・黄色系・ピンクを混ぜることも可能です。故人のイメージなどに合わせた色選びをするのもおすすめします。

基本情報
宗教 仏式・神式
タイプ アレンジメント
サイズ 高さ60㎝前後

口コミ

「おまかせ」ですが、発送した物を写真で見ることができるシステムなので、安心しました。後日祭壇で実物を見ましたが、見栄えがよく、送ってよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

花工房フラワーギフト

色合いで選べるアレンジメント

欄が素敵なアレンジメント供花

胡蝶蘭やシンビジウムなど、入荷状況によって蘭の種類は変わりますが、蘭がアレンジメントに使われています。白いアレンジメントは宗教がわからない相手にも贈ることができおすすめです。

 

白以外にも、白をベースに色を入れたバージョンも展開しています。アレンジメントのサイズとしては大きめなので、葬儀場で行われる一般的な規模の通夜や葬儀の際の供花としておすすめです。

基本情報
宗教 仏式・神式・キリスト教式
タイプ アレンジメント
サイズ 高さ45前後

口コミ

アメリカから日本の親友の葬儀に利用させていただきました。葬儀場への配送からメッセージの追加まで、とても丁寧に対応して下さって心から感謝しています。お花も綺麗に作っていただけて、ご家族にもとても喜ばれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

花キューピット

お供えのアレンジメント

凛とした百合が印象的なアレンジメント供花

オリエンタル系の百合と白いトルコキキョウをメインに使用したアレンジメントは、棺に別れ花として入れる際にも周りのお花と調和するためおすすめのアレンジメントです。どの宗教にも対応している点もおすすめします。

基本情報
宗教 仏式・神式・キリスト教式
タイプ アレンジメント
サイズ 高さ37×幅40×奥行25㎝

口コミ

祭壇が豪華になって嬉しいと喜ばれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

サンモクスイ

お供えアレンジメント

15年の実績で作り上げるアレンジメント供花

アレンジメントに使われるお花の種類は季節によって変わりますが、供花などのお供え用の花の通販には15年の実績があります。実際に自分の目で見て注文することが出来ない通販でお花の購入は実績を重視して供花を選びたいという人におすすめです。

基本情報
宗教 仏式・神式
タイプ アレンジメント
サイズ 横30㎝×高さ40㎝

口コミ

友人の逝去の報に接して早速注文し、翌日には発送。先様よりお礼の電話がありました。誠に便利さを感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

供花のおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 宗教 タイプ サイズ
1位 アイテムID:12353140の画像

Amazon

ヤフー

15年の実績で作り上げるアレンジメント供花

仏式・神式

アレンジメント

横30㎝×高さ40㎝

2位 アイテムID:12352262の画像

Amazon

楽天

ヤフー

凛とした百合が印象的なアレンジメント供花

仏式・神式・キリスト教式

アレンジメント

高さ37×幅40×奥行25㎝

3位 アイテムID:12352259の画像

Amazon

ヤフー

欄が素敵なアレンジメント供花

仏式・神式・キリスト教式

アレンジメント

高さ45前後

4位 アイテムID:12352256の画像

Amazon

楽天

ヤフー

大きなサイズのアレンジメント

仏式・神式

アレンジメント

高さ60㎝前後

5位 アイテムID:12352253の画像

Amazon

ヤフー

献花の花の種類に対応した百合を使ったアレンジメント供花

仏式・神式・キリスト教

アレンジメント

横40×奥行30×高さ48㎝

6位 アイテムID:12352250の画像

Amazon

楽天

ヤフー

優しい雰囲気のアレンジメント供花

仏式・神式

アレンジメント

高さ35×幅30×奥行22㎝

7位 アイテムID:12352248の画像

Amazon

手頃な値段のオーソドックスなアレンジメント供花

仏式・神式

アレンジメント

22×18×30cm

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

供花を手配する際の注意点

供花を手配する際の注意点がいくつかあり、ここからは、どのような点に注意をして供花を手配するべきなのかをご紹介します。

遺族の意向を確認する

訃報を受け供花を贈りたいと思った際に大切なことは、供花の手配をする前に遺族に対して供花を贈ることについての確認を取る必要があります。遺族側が供花や香典を辞退する意向の場合もあるからです。必ず遺族の了承を得たうえで供花を手配しましょう。

 

また、遺族に供花の了承を得るための連絡をする際、遺族は通夜や葬儀に向けての準備で忙しいため、お悔やみの言葉と葬儀会場の名前・住所・通夜の日時・喪家名の確認会話はとどめておくと良いでしょう。

マナーを守る

供花を贈る際のマナーを守っていなければ、故人のことを思って準備した供花であっても遺族に悪い印象を与えてしまいます。しっかりとマナーを確認しましょう。

適切な値段

アレンジメントやスタンドタイプの供花の多くは、5000円から30000円が相場です。そのため、立派な供花を贈りたいからと相場を大きく上回る供花を贈ることは、遺族に気を遣わせてしまうため、控えましょう。これも供花を贈る際のマナーです。

届けるタイミング次第ではタブーも

供花を届けるベストなタイミングは、通夜が行われる日の午前中です。そのタイミングで届けられるように供花を手配する際、葬儀会場の名前・住所・通夜の日時・喪家名・芳名名札や立て札に記載する名前を間違いの無いように連絡しなければなりません。

 

通夜が行われる日の午前中に届けるのは、供花を受け取った会場側はその供花を飾る時間が必要だからになります。しかし、早めに届けられるからといって早く届けすぎることはタブーで、早く届けることで「準備していた」と思われるからです。

名札の書き方

名札を自分で準備することは滅多にありませんが、気を付けたいポイントがあります。まず、個人の場合は個人名を書きますが、夫婦の場合は夫の名前だけを書き、会社の場合は、会社名や代表者名を省略せずに正式名称で書くことがマナーです。

 

子供の場合は、「子供一同」・「兄弟一同」・「親戚一同」などが使われます。3名程度であれば全員の名前を書くのもよいでしょう。これは友人同士の場合も同じで「友人一同」または名前を書きます。

まとめ

今回こちらでは、供花を贈る際の選び方とおすすめランキングをご紹介しました。お悔やみの気持ちを込めて贈る供花だからこそ、供花のマナーを守り、最適な供花を選び、故人を送り出してあげましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年03月02日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

花を宅配してくれるサイトおすすめ人気ランキング16選【おしゃれで安い】

花を宅配してくれるサイトおすすめ人気ランキング16選【おしゃれで安い】

サービス
仏花のおすすめ人気ランキング7選【仏花に適した花の種類も解説】

仏花のおすすめ人気ランキング7選【仏花に適した花の種類も解説】

その他
母の日におくる花の人気おすすめランキング15選【枯れない花も紹介】

母の日におくる花の人気おすすめランキング15選【枯れない花も紹介】

母の日
プリザーブドフラワーの人気おすすめランキング15選【プレゼントにも】

プリザーブドフラワーの人気おすすめランキング15選【プレゼントにも】

インテリア雑貨
ドライフラワーにぴったりの花の人気おすすめランキング11選

ドライフラワーにぴったりの花の人気おすすめランキング11選

インテリア雑貨
一輪挿しのおすすめ人気ランキング20選【一輪挿しに合う花も紹介!】

一輪挿しのおすすめ人気ランキング20選【一輪挿しに合う花も紹介!】

インテリア雑貨