ウォーターサーバーの水が飲みきれない!みんなはどうしてる?

記事ID18112のサムネイル画像
ウォーターサーバーの水は定期的に届けられるので、買いに行く必要がなくとても便利。しかし時には飲みきれなくて、余ってしまうこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、飲みきれなかった水を、無駄なく有効に使うための方法を紹介していきます。

ウォーターサーバーの水を使いきれない原因は?

ウォーターサーバーで使う水は、ボトルに入った状態で定期的に配送されます。買いに行く手間が省けるのはメリットですが、その一方、使いきれなくても次回の水が届いてしまうため、水が余ってしまうことも

 

そうした事態を招いてしまう原因は、配送される水の量と家庭で消費する量が合っていないことが考えられます。水の使用量の目安は1ヶ月あたり、1人暮らしでは約20L、夫婦2人では約30L、4人家族では約48Lとなっています。

 

もちろん使用量を決めるのは人数だけではありません。家にいる時間が多いか少ないか、飲み水以外にコーヒーやお茶などにも使うのかなど、ライフスタイルによっても水の使用量は変わってきます。その点も踏まえて、水の量を考える必要があります。

 

 

【編集部イチオシ】おすすめのウォーターサーバー会社

注文ノルマなし!ウォーターサーバーならアクアクララ

【「優秀品質最高金賞」10年連続受賞】

モンドセレクション水部門にて「優秀品質最高金賞」を10年連続受賞注文ノルマがないので、好きな時に好きな分だけ注文できるのでおすすめです。どうしても水が余ってしまうという方でも水を無駄にすることなく利用できます。

 

【ライフスタイルに合わせたサービス】

アクアクララではライフスタイルに合わせてウォーターサーバーのタイプをスリム、小型などから選ぶことができます。また、定期的にメンテナンスを実施しているため、安心して利用することができます。

 

【お得な特典満載!】

現在アクアクララでは、新規申込で設置月の費用諸々が999円(税込)に。また9,900円相当のソーダストリームAmazonギフト券5,000円分がもらえるキャンペーン実施中です。乗り換えの方にもAmazonギフト券5,000円分プレゼント!これを機にアクアクララを申し込んでみてはいかがですか?

 

料金 1,080円/本(税込/宅配料込)〜
対応エリア 全国
宅配料 無料
宅配ノルマ なし

配送される水の量を減らす方法はある?

水が余ることが続いたら、まずは配送されるボトルの数量を減らすことができるか確認してみましょう。ウォーターサーバーのボトルは、多くのメーカーで「1ヶ月○本以上の注文」とノルマが設定されています。そこで方法としては次の2点があります。

 

・配送間隔を見直す

・配送をスキップする

 

また次の方法も考えられます。

 

・ノルマがないウォーターサーバーに乗り換える

 

ウォーターサーバーを乗り換えるのは多少の手間がかかりますが、上記の2つの方法で対応しきれない場合は、検討に値する方法といえます。以下では、それぞれにつてい詳しく解説していきます。

配送間隔を見直す

ウォーターサーバーのボトルの配送間隔は、1ヶ月に1回のメーカーもあれば、選択できるメーカーもあります。選択できる場合は「毎週・隔週・3週・4週」や「7日・10日・15日・20日・1カ月」などのパターンが設定されており、その中から選ぶことができます。

 

たとえば毎週配送を隔週配送に変更すれば、余裕ができて水を使いきれる可能性も高まります。変更の手続きはメーカーの公式ホームページから簡単にできる場合がほとんどなので、一度試してみてはいかがでしょうか。

配送をスキップする

ボトルは決まった間隔で定期的に配送されますが、配送を一時的に休止することも可能。スキップと呼ばれている制度で、1回スキップすれば次回の配送まで期間が空くため、その間に水を消費することができます。

 

ただ気をつけたいのが、無制限にスキップできるわけではないこと。ほとんどのメーカーでは無料でスキップできる期間が決められており、それを過ぎてスキップする場合は手数料が発生します。そしてスキップ期間が長くなると、解約となるメーカーもあるので注意が必要です。

 

無料でスキップできる期間は、2ヶ月としているところが多く、1ヶ月、3ヶ月、年2回などのメーカーもあります。また手数料は800~1,000円程度かかるので、水の消費具合を見ながら効果的にスキップを使いましょう。

配送ノルマがないウォーターサーバーに乗り換える

多くのメーカーで注文ノルマが設定されていますが、中にはノルマがないところもあります。必要になったらその都度注文する形となっているので、水が余るということがありません。特に水を使う量が少ない家庭にはおすすめです。

 

ただ水の注文がなくても、サーバーレンタル料金は毎月かかります。またノルマのないメーカーに乗り換えるために、現在契約してところを解約すると、解約金が発生することもあるでよく考えてから決めましょう。

 

 

主要ウォーターサーバーのボトル注文ノルマを比較

ここで主要ウォーターサーバーのボトルの注文ノルマを比較。これから導入を考えている方は、ご自分の家庭で消費できる量かどうか確認してみましょう。なおクリクラと信濃湧水は、毎月のノルマではありませんが、表にある条件を下回ると別途手数料が発生します。

 

メーカー 注文ノルマ
アクアクララ なし
コスモウォーター 1ヶ月2本(24L)以上
うるのん 1ヶ月2本(24L)以上
プレミアムウォーター 1ヶ月2本(24L)以上
アルピナウォーター なし
シンプルウォーター なし
クリクラ 3ヶ月6本(72L)以上
信濃湧水 3ヶ月2箱(48L)以上
ウォータースタンド なし(水道直結のため)

使いきれないウォーターサーバーの水の活用方法

ここまで配送される水の量を抑える方法を紹介しましたが、それでもまだ余ってしまうことがあれば、活用方法の幅を広げてみましょう

 

ウォーターサーバーの水は、飲み水として使うことがメインになりますが、たとえば今まで水道水を使ってしていたことに、ウォーターサーバーの水を利用するのもひとつの方法。アイデア次第で、余った水も有効に活用できます。

 

 

 

 

料理に使う

ウォーターサーバーの水で、コーヒーやお茶を淹れている方もいると思いますが、さらに料理にも使ってみるのもおすすめ。たとえばご飯を炊く時にウォーターサーバーの水に変えるだけで味わいが違ってきます。

 

ウォーターサーバーの水には天然水やRO水が使われていますが、どちらも軟水で、癖ながなく口当たりがいいのが特徴。また水道水と違いウォーターサーバーの水には塩素が含まれていなので、いわゆるカルキ臭がなく、素材の味を邪魔しません。ご飯以外でも味噌汁など、和風の料理に向いています。

マイボトルに入れて外で飲む

外出先でのどが渇いても、街中ならコンビニエンスストアなどで簡単に飲み物が手に入ります。しかしその度に購入していると、1本わずか数百円とはいえ、積み重なればそれなりの金額になることも珍しくありません。

 

そんな時はウォーターサーバーの水をマイボトルに入れて持ち歩いてみてはいかがでしょうか。余った水を消費することにつながり、また余計な出費を抑えることもできて、一石二鳥です。

 

災害時の備蓄水にする

まだ開封していない、ボトルに入ったままの水なら、いざという時のために備蓄しておくのも余った水の有益な活用方法。地震などの災害時に困ることのひとつが水の入手が困難になること。水道の供給が止まってしまったり、品不足で店頭で水が買えなくなることもあり得ます。

 

そんな時にボトルの水があれば、水道が復旧するまでしのぐことができます。なおボトルの水には賞味期限があるので、定期的に新しいものと入れ替えて、期限が近いものはウォーターサーバーで使うようにしましょう。

水にも賞味期限がある

「災害時の備蓄水にする」の項目でも説明した通り、ウォーターサーバーの水には賞味期限があります。その期限が過ぎてしまうと、水質が劣化してしまいます。たとえ殺菌処理をしてボトルに充填したとしても、水道水のように塩素が含まれていないので、雑菌が繁殖する恐れが出てきます。

 

ボトルの水の賞味期限は、水の種類によって異なっており、開封・未開封、保管方法によっても変わってきます。そこでここでは、水の賞味期限について詳しく紹介していきます。

水の種類によって賞味期限は違う

ウォーターサーバーの水には、主に天然水とRO水が使われています。天然水は特定の水源から採取した水で、RO水はRO膜という高性能フィルターでろ過して、不従物を究極まで取り除いた水です。そのため天然水のほうは賞味期限は3~6ヶ月ですが、RO水は6~12ヶ月と長くなっています

 

ただしこれは未開封の場合。開封したボトルの水は質が落ちるのが早く、天然水では2週間、RO水では2週間~1ヶ月となっているので、早めに飲みきる必要があります。

 

水の種類 未開封 開封後
天然水 3~6ヶ月 2週間
RO水 6~12ヶ月 2週間~1ヶ月

ボトルの置き場所にも気をつけよう

ボトルの水は、保管状態によっても質の劣化スピードが違ってきます。一番影響を与えるのは、直射日光が当たること。日光が直接当たると水の温度が上がってしまい、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです

 

そのため使い切れなかったボトルは、直射日光が当たる場所は避けて、風通しのいい場所に保管しておきましょう

使いきれない水を有効に活用して無駄をなくそう

ウォーターサーバーを導入したものの、水を使いきれなかった経験をした方は少なくありません。そんな時にはまず、配送されるボトルの本数を減らすのがポイント。それから水の活用方法の範囲を広げることで、水を使いきれない事態を解消することも可能です。

 

せっかくのおいしい水なので、うまく活用して無駄なく使いきりましょう。

 

 

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年04月27日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【購入前に】ウォーターサーバーのデメリットは?デメリットを解消したサーバーがある!?

【購入前に】ウォーターサーバーのデメリットは?デメリットを解消したサーバーがある!?

その他
ウォーターサーバーの口コミ評判は?実際の利用者の口コミを集めました

ウォーターサーバーの口コミ評判は?実際の利用者の口コミを集めました

その他
ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

その他
【価格重視】コスパで選ぶ安いウォーターサーバーのおすすめ8選

【価格重視】コスパで選ぶ安いウォーターサーバーのおすすめ8選

その他
【購入前に】ウォーターサーバーって本当に必要?どんな人におすすめ?

【購入前に】ウォーターサーバーって本当に必要?どんな人におすすめ?

その他
RO水が飲めるウォーターサーバーの人気おすすめ5選!【2023年最新版】

RO水が飲めるウォーターサーバーの人気おすすめ5選!【2023年最新版】

その他