【価格重視】コスパで選ぶ安いウォーターサーバーのおすすめ8選

記事ID17731のサムネイル画像
ウォーターサーバーが家庭にあれば便利ですよね!しかし「どのメーカーがおすすめなのかわからない」という方多いのではないでしょうか。選ぶ基準として値段は最も重要視すべきポイントですね。今回はそんな価格重視で選ぶ安くておすすめなウォーターサーバーをご紹介します。

ウォーターサーバーを安く使いたい!

ウォーターサーバーを選ぶ基準として、毎月のコストは重要視すべき事柄ですよね。安く済むならそれに越したことはありません。安く使うためにウォーターサーバーにかかる費用から順番に確認していきましょう。実際にかかる費用を知ることで、購入したいウォーターサーバーのイメージが湧いてきたりするものです。

自分に合ったウォーターサーバーを選ぶ3つのポイント

その料金はメーカーや種類、プランによって様々です。そのため、単に水ボトルの価格で比較しても正確な比較にはなりません。

 

長く使い続けることを前提として契約するウォーターサーバーですから、少しでも安く使えるものを選びたいですよね。様々な種類があるウォーターサーバーの中で、ご自身に合ったコスパの良いものを見分けるポイントをご紹介します。

水の注文ノルマはしっかりと確認しよう!

ウォーターサーバーを選ぶ際には、月々の水の注文ノルマがどのくらいなのかをしっかり確認しておきましょう。多くのメーカーでは毎月の水の注文数にノルマを設けています。その場合、ある程度のペースで水を消費しないとボトルがどんどんたまってしまいます。

 

ノルマがあるメーカーの中には、定期配送をスキップできるメーカーもありますが、別途手数料を必要とする場合が多いです。また、ノルマを設けていないメーカーもありますが、そういったメーカーではあらかじめ水の代金と併せて別途手数料を月額料金として設定している場合が多いです。

 

このように、メーカーによってノルマとそれに伴う料金体系は大きく異なってきます。自分がどれくらい水を利用するかを世帯人数などを参考に事前にしっかり確認しておきましょう。

「どのくらい利用するかわからない」という方は、まず1週間ほど飲んだ水、使った水やお湯の量をざっくりと記録してみましょう。そこから必要な水量を計算し、2年分を計算してみると良いでしょう。

 

特に、一人暮らしの方や、出張や長期の旅行が多いなど、思ったよりも利用が少ないと感じる方の場合は、注意が必要です。

ランニングコストを計算してみる

誰にとっても毎月のランニングコストは最も抑えておきたいところですよね。そこでランニングコストの金額の平均を表にしてみました。ぜひ参考にしてみてください!

 

水の料金 2,500円(24L)~5,000円(48L)
サーバー レンタル代 0~1,000円
電気代 400~1,000円

 

ここで注目するポイントは水の料金・サーバーレンタル代です。やはり一番費用が高いのは水の料金ですね、水は毎月の最低注文本数が決まっているメーカーがほとんどです。契約時にしっかり確認しておく必要があります。

 

また、サーバーレンタル代は費用がかかる場合とかからない場合があります。費用がかかる場合でも平均1,000円程ですが、毎月のこととなると抑えたいですよね。サーバーレンタル代も事前に確認必須です。

その他費用を考える

ランニングコストの平均金額・注目ポイントについてはわかりましたね!次にランニングコスト以外にかかってくる費用についてです。

 

初期費用 無料のところが多い
解約金 10,000〜20,000円
休止手数料 0〜1,000円
交換手数料 5,000〜20,000円
サポート料/メンテナンス料 0〜2,000円
配送手数料 無料のところが多い

 

ひとつずつ解説していきますね!まず、初期費用についてです。事務手数料を無料にしているメーカーは多くありますが、ウォーターサーバーを購入するタイプ・初回工事が必要な場合は費用がかかることがあります。

 

解約金について、元々ウォーターサーバーは一定期間使用することを前提とした料金プランが多いです。そのため早期解約(1年未満など)した場合、解約金が10,000円以上かかるメーカーがあります。ウォーターサーバー を契約する場合は長期利用を前提とした方が良いですね。

 

休止手数料とは、水の配送を休止した際にかかる休止事務手数料のことです。「休止したのにかかるの?」と思ってしまいますよね。メーカーによっては2ヶ月間は休止事務手数料がかからないところもあります。しかし期間を超えてしまうと費用がかかる場合があるので注意が必要です。

 

交換手数料は、ウォーターサーバーの破損などによる交換を希望する際にかかる交換料と配送料のことです。交換の期間が早いほど料金が高くなっています。

 

サポート料・メンテナンス料とは、ウォーターサーバーのメンテナンスや故障対応の費用です。この費用も無料のメーカーが多いですね。

 

最後に水の配送手数料のことですね。配送手数料はほとんどのメーカーが無料です。しかし稀に離島での利用で料金がかかる場合もあるようなので利用地域の確認は必要です。

 

また、これらの費用の全てが安くなっているメーカーはほとんどないので注意しましょう。例えば、水の代金が安い場合、サーバーのレンタル料などが高めに設定されている場合などです。

 

そのため、ウォーターサーバーを選ぶ際は、水の代金や電気代などにこだわるだけでなく、必要な費用項目を全て考慮して選ぶようにしましょう。

安くておすすめのウォーターサーバー8選

ウォーターサーバーにかかる費用がわかったところで、次に安くておすすめなウォーターサーバーを8選、価格の安い順にランキング形式にてご紹介していきます。月額の平均金額と月額電気代の2つに着目しながら、特徴も同時に見ていきましょう。メーカーによって特徴もデザインも全く変わります。お好みのメーカーを見つけてください!

コスパ重視!500ml当たりの値段は業界最安!

500mlあたりの料金が52円と業界最安値が特徴のメーカーです。初期費用・事務手数料・サーバーレンタル料・配送料も無料で、月額料金も安く抑えることができます。ワンウェイウォーターは天然水・RO水と選択することができます。

 

また、利用期間の満了前に解約すると手数料が発生するので注意しましょう。金額はサーバーごとに異なりますが、卓上型のウォーターサーバーの場合は5000円となっています。

月額平均 3,750円 月額電気代 436円

月額平均金額が最も安い!水質1位の宮川の水を使用

水質1位の宮川の水を使用している”アクアセレクトサーバー”

アクアセレクトは国土交通省の一級河川調査において、過去15回「水質1位」を獲得している宮川の水を使用しています。安くて美味しいのは最高ですよね。また、アクアセレクトのウォーターサーバーはカラーバリエーションが豊富で卓上型と据え置き型で選べるため自分好みのサーバーを使用できますよ!

 

ただし、1年以内の解約の場合、違約金として6,160円発生してしまうので注意しましょう。

月額平均 2,900円 月額電気代 750円

解約金0円?!無料お試しもある

無料お試しもあるメーカー”クリクラ”

月額平均金額が最安値に近く、月額電気代との合計金額も低いクリクラですが、解約金が無料で、1週間の無料お試しも可能です。また、北海道への配送料が無料なのもこのメーカーのメリットですが、沖縄や離島は対象外なので注意が必要です。

月額平均 2,920円(初回金あり) 月額電気代 756円

月額の電気代が安い!注文ノルマなし

注文ノルマなしの"アクアクララ”。

アクアクララの魅力は電気代が安いことと注文ノルマがないことです。注文ノルマがないので使う分だけ注文できることから、一人暮らしの方向きではないでしょうか。また、コーヒマシン一体型のウォーターサーバーもあるのでコーヒーが好きな方にもおすすめです。

 

北海道だけでなく沖縄も配送無料ですが、離島は対応外なので注意しましょう。また、休止制度がないので、1ヶ月以上利用していない場合は再開するために有償でのサーバーメンテナンスが必要です。

 

解約に関しては、通常プランでも1年以内の解約は解約料が6600円、2年縛りの場合は11,000円の解約料が必要なので、短期間の利用はあまりおすすめできません。

月額平均 2,504円(ボトル1本の場合) 月額電気代 475円

美味しく安全な水を

美味しくて安全な水を提供している”日田天領水”。

日田天領水は大分県の自然が豊かな地、日田市により汲み上げられた天然水を使用しています。日田天領水は小さな子供からご年配の方まで安心・安全に飲めるように雑菌の繁殖を極限まで抑えるための工夫を施し、その結果あえて冷却機能だけに絞ったウォーターサーバーを提供しています。ここまで親身になって考えてくれると嬉しいですね。

 

また、料金体系が非常に分かりやすいのも特徴です。メンテナンス料やレンタル料は発生せず、月々かかる費用は水の代金のみとなっており、年間の利用額の見積もりも立てやすいです。

月額平均 3,132円 月額電気代 800円

天然水を4種類から選べる

天然水を4種類から選べるメーカー”ウォーターワン”

4種類の天然水から好きなものを選択できるので、自分の好みに合った水を見つけることが可能です。天然水の種類は

・ウォーターワン富士

・ウォーターワン南阿蘇

・ウォーターワン沖縄

・ウォーターワン島根 です。

色々な天然水を試してみたいという方にはぴったりですね。

 

また、通常1ヶ月のみスキップ可能のメーカーが多いなか、ウォーターワンは2ヶ月スキップが可能です。

 

月額料金を抑えたい方には3年うきうきパックというプランもおすすめです。3年の契約期間未満了の解約料が19,000円と非常に高額なのは注意が必要ですが、ボトル1本あたり100円OFFで購入ができます。

月額平均 3,700円(基本プラン・配送料なし) 月額電気代 600円

品質に強いこだわりを!

品質にこだわりを持つメーカー”信濃湧水”。

信濃湧水の水の硬度は16mg/Lと天然水の中でも非常に低い超軟水です。そのためミネラルの取りすぎが気になる赤ちゃんのミルクや、犬や猫などペットにも安心してあげられます。

 

注意点としては、3ヶ月で購入が2箱未満の場合は別途手数料が発生するという点と、1年以内の撤去には10,000円の解除料金が必要な点です。

月額平均 3,780円 月額電気代 470円(別途レンタル代必要)

デザインが豊富なウォーターサーバー

見た目のオシャレさ重視!デザインが豊富なウォーターサーバーが売りの”フレシャス”

女性ならウォーターサーバーが部屋のインテリアに合うかも重要ポイントではないでしょうか?フレシャスのウォーターサーバーは洋室・和室と部屋に馴染みやすいオシャレな物があり、形もスマートなため物が多いキッチンでも大丈夫です。

 

また、初期費用は高くなりますが、ウォーターサーバーをレンタルではなく購入できるプランもあります。この場合は、2回目以降に配達される水の料金が18%OFFになり、長く使えば使うほどお得になります。

 

更に、通常500円かかるサーバーレンタル料ですが、月に水を2箱以上飲むとサーバーのレンタル料が0円になるというメリットもあります。たくさん水を使用する方にはうってつけと言えるでしょう。

 

注意点としては、1回の配達における最低数が4パックからとなっていることです。そのため、毎月の水の料金はそれほど安く抑えられないので注意しましょう。

月額平均 4,572円 月額電気代 330円

安くておすすめのウォーターサーバー商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 月額平均 月額電気代
アイテムID:6143025の画像

One WayWater

コスパ重視!500ml当たりの値段は業界最安!

3,750円

436円

アイテムID:6142990の画像

アクアセレクト

月額平均金額が最も安い!水質1位の宮川の水を使用

2,900円

750円

アイテムID:6143088の画像

CreCla

解約金0円?!無料お試しもある

2,920円(初回金あり)

756円

アイテムID:6143501の画像

AquaClara

月額の電気代が安い!注文ノルマなし

2,504円(ボトル1本の場合)

475円

アイテムID:6142998の画像

日田天領水

美味しく安全な水を

3,132円

800円

アイテムID:6143505の画像

WaterOne

天然水を4種類から選べる

3,700円(基本プラン・配送料なし)

600円

アイテムID:6143529の画像

信濃湧水

品質に強いこだわりを!

3,780円

470円(別途レンタル代必要)

アイテムID:6143066の画像

FRECIOUS

デザインが豊富なウォーターサーバー

4,572円

330円

以上、安くておすすめなウォーターサーバーを8選ご紹介しましたが気になるものはありましたか?金額が安いのと同時に、メーカーによって特徴が様々で目移りしてしまいますね。そんな時はコスパが良く安い+aで、自分が求めている条件を当てはめて考えると効率よく探すことができるかもしれませんよ!価格以外に自分の譲れない条件・希望する条件なども一緒に考えてみてください。

水が飲み放題のウォーターサーバーがある?

大人数の家族や赤ちゃんがいる家庭は毎月の飲料水の消費は大きいですよね?そんな家庭には水が飲み放題(定額制とも言います)のウォーターサーバーが最適です。水が飲み放題(定額制)のウォーターサーバーは主に水道直結型・タンク補充型の2つのことです。2つの特徴としては似ている部分が多いですが、少しずつ異なる部分もあります。そんな気になる特徴とメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう!

水道直結型ウォーターサーバーとは

水道直結型のウォーターサーバとは文字通り水道管から分配器具と水ホースを使い、サーバーに繋げるタイプのウォーターサーバーです。水道に繋いでいるため定額制でボトルの交換が不要で楽チンです。

 

また、ウォーターサーバー内部にろ過フィルターが搭載されているため浄水された水道水が加熱・冷却され、温水と冷水がでてくる仕組みになっているようです。安心して清潔な水を飲むことができますね。

タンク補充型ウォーターサーバー とは

タンク補充型のウォーターサーバーは、本体タンクに自分で水道水を注いで使います。そのため初期工事の必要がなく設置がお手軽です。こちらもボトルを注文する必要がなく、水道水を汲むため飲み放題なので気にせず水を利用できますね。

 

手間としては水が切れた時に補充することぐらいですね。浄水方法については水道直結型と同じくウォーターサーバー内にろ過フィルターが搭載されています。

水道直結型・タンク補充型のメリット

水道直結型とタンク補充型ウォーターサーバーの特徴は掴めましたか?どちらも飲み放題で水道水を使用しているというのが最大の特徴でしたね。

 

ここからは水道直結型・タンク補充型ウォーターサーバーのメリットについて4つ見てみましょう。

低価格で飲み放題

水道直結型・タンク補充型は毎月水を購入する必要がないため、サーバーレンタル代の支払いのみです。そのため、水の使用量に関係はなく定額料金なのです。予算を気にせず水が使い放題なのは水道直結型・タンク補充型の最大のメリットですね。

ボトル交換はなし

水道直結型・タンク補充型はボトル交換の必要がなくウォーターサーバーを利用できます。ボトル交換が無いだけでも購入の手間やボトルを処分する手間が省けますよね。これで水の発注を忘れる心配や処分するボトルの置き場所に悩む必要もありませんね!注文ノルマも関係ありません。

スペースを取らない

ボトルの設置が不要なのでウォーターサーバーも小さいものを選べます。キッチンでもスペースを取らず、設置が可能なのは嬉しいですね。ぜひスタイリッシュでオシャレなウォーターサーバーを選んでみてください、気分が上がりますよ!

メンテナンス料が無料

定額制のウォーターサーバーは、メンテナンスを無料で行ってくれるメーカーがほとんどです。数カ月に1度ウォーターサーバー内にある、ろ過フィルターの交換も必要ですがこちらも合わせて無料のメーカーが一般的に多いみたいです。無料という言葉には心惹かれてしまいますね。

水道直結型・タンク補充型のデメリット

魅力的なメリットが多かったですね!やはりメリットからも大人数向きのウォーターサーバーという感じがしますね。

 

では続いて、水道直結型・タンク補充型ウォーターサーバーのデメリットについて4つ見てみましょう。

初期費用・初期工事が必要

タンク補充型は初期工事が不要ですが、水道直結型は水道管から直接サーバーへ繋げるため初期工事が必要になります。工事といっても大掛かりなものではなく、シンク下の配管や水栓に分配器具を取り付けるだけです。最初に一度工事をするだけで済みますが、家に入られることに抵抗がある方は厳しいかもしれませんね。

水道の近くに設置しないといけない

水道直結型は水道管と繋ぐため水道の近くに設置が必要なのはもちろんですが、タンク補充型も水道の近くでないと補充が辛く感じます。そのためどちらも水道の近くがマストでしょう。水道がない事務所などは設置することができませんね。

電気を使う機種はコンセントが必須

水道直結型もタンク補充型も電気を使うウォーターサーバーの機種があります。電気を使うウォーターサーバーの機種を選んだ場合はコンセントが必須ですよね。水道の近くであり、コンセントが使える場所と制限がでてきますね。自室での使用は難しそうです。

天然水ではない

水道直結型・タンク補充型のウォーターサーバーは、水道水の水を使っているため天然水ではありません。ウォーターサーバー 内のろ過フィルターを使って綺麗な水になっているとはいえ、天然水と比べると残念ながら水のおいしさは負けてしまうみたいです。

 

水道直結型・タンク補充型のウォーターサーバーは天然水のウォーターサーバーと比較して考えた場合、ミネラルなどの栄養分も少ないケースが多いので水に栄養まで求める方には不向きに思えますね。

ボトル交換式と比較して考えてみてください

飲み放題のウォーターサーバー(水道直結型・タンク補充型)の特徴・メリット・デメリットと見てきました。ぜひ、ボトル交換式のウォーターサーバーと比較してどちらが自分に合っているか考えてみてください。

また、目安として飲み放題のウォーターサーバーは月額3,000円前後のサービスが多いです。水道代こそ別で発生しますが、飲食に使う分の水道代なのでそこまで大きな負担にはなりません。

ウォーターサーバーを選ぶ基準

ウォーターサーバーを選ぶ基準は、価格が安いこと以外にも使う環境により譲れない条件などが変わってきますよね?ここでは環境別のおすすめウォーターサーバーの特徴を見ていきましょう。あなたのウォーターサーバーを使用する環境に合ったものを見つけてください。

一人暮らし向け

一人暮らし向けのウォーターサーバーの選び方として、低価格であること・毎月の注文ノルマは注目すべきポイントです。毎月の注文ノルマが一人で使用する分には多いとなると負担になります。一人暮らしの方は注文ノルマがないメーカーがおすすめです。

 

しかし、ノルマがないメーカーの場合、水を注文しなくてもサーバーのレンタル料などの最低限の維持費はかかってしまうので注意しましょう。

子供のいる世帯向け

やっぱり子供が飲むとなると気になるママさん多いのではないでしょうか?そんな赤ちゃんや子供のいる家庭にはミネラルの低いRO水がおすすめです。また、子供でも使いやすいもの・小さい子のやけど防止にチャイルドロックがあるものなどを考えても良いですね。産院で使われているメーカーなどを参考にするのもGOODです!主に安心・安全面に考慮して選びましょう。

力の弱い方でも使えるボトル下部交換式なら楽

ウォーターサーバーの中には、重い水が入ったボトルをわざわざ持ちあげることなくセットできる下部交換式もあります。このタイプはボトル交換が非常に楽で、力の弱い方でも一人でボトル交換が可能です。

人数別ウォーターサーバーの選び方

人数別にウォーターサーバーの特徴を変えるのもひとつの方法です。

・1〜4人なら「宅配水ウォーターサーバー」

・5人以上なら「飲み放題(定額制)のウォーターサーバー」などですね。

やはり大人数の場合は水の消費量も多いため、飲み放題(定額制)のウォーターサーバーが向いています。

自分に合ったウォーターサーバーを探してみましょう

ここまで

・ウォーターサーバーにかかる費用

・コスパの安いウォーターサーバー

・飲み放題のウォーターサーバーについて

・環境別自分に合ったウォーターサーバーの選ぶ基準

を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。気になるものはありましたか?

 

かかってくる費用をしっかり把握して、ぜひ自分に合った特徴のウォーターサーバーを見つけてくださいね。今回の記事がウォーターサーバーを選ぶ時にあなたの役に立てば幸いです。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年02月26日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【購入前に】ウォーターサーバーのデメリットは?デメリットを解消したサーバーがある!?

【購入前に】ウォーターサーバーのデメリットは?デメリットを解消したサーバーがある!?

その他
ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

その他
ウォーターサーバーの口コミ評判は?実際の利用者の口コミを集めました

ウォーターサーバーの口コミ評判は?実際の利用者の口コミを集めました

その他
RO水が飲めるウォーターサーバーの人気おすすめ5選!【2023年最新版】

RO水が飲めるウォーターサーバーの人気おすすめ5選!【2023年最新版】

その他
【購入前に】ウォーターサーバーって本当に必要?どんな人におすすめ?

【購入前に】ウォーターサーバーって本当に必要?どんな人におすすめ?

その他
ウォーターサーバーに水道水を入れても大丈夫?お得に使いたい場合は?

ウォーターサーバーに水道水を入れても大丈夫?お得に使いたい場合は?

その他