【焼酎利き酒師監修】甲類焼酎の人気おすすめランキング11選【気軽に晩酌】

記事ID1770のサムネイル画像

居酒屋さんや家庭での晩酌に欠かせないのが、すっきりとした味で酎ハイなどのお酒として使われる甲類焼酎です。ここでは甲類焼酎のおすすめランキング10選をご紹介していきます。今回、焼酎に詳しい専門家の方におすすめ商品やの見方を取材しました。是非ランキングを参考にしてくださいね。

※法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、酒類の購入には年齢確認が必要です。

焼酎利き酒師の石黒さんにインタビュー!甲類焼酎の基礎知識やおすすめ商品をご紹介

今回は焼酎利き酒師・酒匠・日本酒学講師である石黒 建大さんに甲類焼酎の基礎知識とおすすめ商品について教えて頂きました。

取材協力

専門家プロフィール画像

石黒 建大

酒匠・日本酒学講師

静岡県熱海市のホテル学校を卒業後、一度社会人になり直ぐに退職、その後、大学に入り直し、大学在学中に大阪資本の一部上場の居酒屋チェーンに就職。その会社で、アンテナショップの酒屋の店長兼商品本部の和酒バイヤーを焼酎ブームの真っただ中で経験、30代前半で株主優待品用のPBの焼酎を作りました。その後、某有名飲食店に移籍し現在に至ります。

・お酒や観光関連の資格として

利酒師・焼酎利き酒師・酒匠・日本酒学講師(SSI認定)・Sake Diploma(JSA認定)・日本酒指導師範(菊正宗酒造認定)・国内旅行業務取扱管理者(国交省認定)

・SSIでの研究活動として

SSI研究室所属 専属テイスター・SSI日本酒セールスプロモーション研究会研究員・SSI地酒検証研究会研究員

研究レポート

・日本酒ライターとして

「マイナビおすすめナビ」

「SAKETIMES」

焼酎と、日本酒を飲む事と日本酒、焼酎の研究活動をする事が三度のご飯よりも好きでライフワークになっています。

編集部の画像

編集部

始めまして!今日はよろしくお願いします。石黒さんは日本酒や焼酎に関して豊富な知識をお持ちですが、何か始めるきっかけはあったのでしょうか。

石黒さんの画像

石黒さん

リカーハウスのアンテナショップで働いていたんですが、焼酎を販売する立場として、売り場を作るところから始めたので勉強せざるを得なかったですね。

編集部の画像

編集部

お客さんに勧めるには様々な知識が必要ですもんね……さっそくお聞きしたいのですが、甲類と乙類焼酎の違いは何なんでしょうか?

石黒さんの画像

石黒さん

甲類焼酎は、ウイスキーでいうところのグレーンウイスキーになりますね。焼酎そのものの味はほとんどしません。

一方で、乙類焼酎は本格焼酎とも言いまして、元々原料になる芋や麦そのものの風味を感じられるのが乙類焼酎の特徴です。

編集部の画像

編集部

なるほど!甲類焼酎は割り物に使われているイメージなんですが、何かおすすめの割り方はありますか?

石黒さんの画像

石黒さん

今日ご紹介する「JINRO」はきゅうりを細かく割って刻むきゅうり割りがおすすめですね。あとは、ビールのような味わいになるホッピー割りもいいです。

編集部の画像

編集部

甲類焼酎は身体に良くないイメージも持っている人もいるそうですが……。

石黒さんの画像

石黒さん

身体に悪い、といっても焼酎はどれも量を飲めば身体に悪いと思います。元々焼酎ブームのときに健康に良いとして流行ったんですけど、当然飲みすぎれば身体によくないですから。中には身体によいとしてたくさんの量を飲む方がいらっしゃったように思います。

石黒さんの画像

石黒さん

焼酎に限らずお酒全般に言えますけど、適量を飲めば眠りやすくなったり(ただし眠り自体は浅くなる可能性も有ります)身体が温かくなるように感じたり、人と人とのコミュニケーションのツールとなったり、料理と合わせる事で食卓を豊かにしたり、社会生活のストレス解消になるという意味でいえば、社会人として社会生活を送る上での緩衝材であると共に、食卓に彩を演出する素晴らしいツールだと思います。

編集部の画像

編集部

私も一時期、夜眠れなくてお酒を飲んでた時期がありました……。色々と教えて頂きありがとうございます!続いては、石黒さんおすすめの甲類焼酎をコメント付きでご紹介します!

焼酎利き酒師・石黒さんによる甲類焼酎のおすすめ商品4選をご紹介!

1位

千葉工場 宝酒造

極上 宝焼酎premium 焼酎甲類

価格:2,181円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

普段の晩酌のお供に!ロックでも飲んでもおいしい甲類焼酎

焼酎そのもので飲んでもらうのに良いですね。宝焼酎さんがいろいろな工夫をしていて、樽で熟成した大麦とトウモロコシから作った原酒を3%加えているそうです。

 

まろやかで芳醇な味わいで、酎ハイベースというよりはそのまま飲んだり、シロップやレモンスライスを入れたりして味わうのがおすすめですね。 酒飲みの方や普段の晩酌で飲んでもらうのがおすすめですね。

酒飲みの方や普段の晩酌で飲んでもらうのにぴったりですよ。

度数20度内容量2.7L
原材料・成分トウモロコシ、サトウキビ糖蜜、大麦容器の種類ペットボトル
2位

宮崎本店

キッコーミヤ焼酎 焼酎甲類 (三重県) 

価格:1,222円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホッピーとの相性も良い口当たりの良いさわやかな甲類焼酎

カクテルベースに使えるような甲類焼酎で、普通の飲み屋や飲食店でも幅広く使われています。しっかりとした品質で、ホッピーで割ったりカクテルや酎ハイベースにしたりと幅広い楽しみ方ができますね。湯豆腐や枝豆などの普通の家庭料理と一緒に飲むのがおすすめです。

度数20度内容量1.8L
原材料・成分さとうきび・糖蜜容器の種類
3位

眞露

Jinro 焼酎甲類 (韓国)

価格:868円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

不純物を取り除きすっきりとした味わいを楽しめる韓国の甲類焼酎

非常にすっきりとしてピュアな味わいの甲類焼酎です。ロックで飲んでもいいんですが、キュウリ割りにするとさらに爽やかな味わいになるのでおすすめですよ。

 

焼肉やキムチなどの韓国料理と合わせると、油をすっきり流してくれると思いますね。 辛い食べ物や韓国料理が好きな方におすすめです。

度数25度内容量700ml
原材料・成分米・麦容器の種類
4位

北九州 門司工場 アサヒビール

かのか 麦 甲乙混和

価格:1,627円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

香り豊かですっきりとした味わいの甲乙混合の麦焼酎

色々飲んだ中で一番できの良い甲乙混合の焼酎だと思います。乙類と甲類が25:75の比率なんですが、一番香りが出やすいブレンドで、作るのに3年ぐらいかかったそうです。水割りやソーダ割りなどもおすすめですが、ロックにすると香りのよさが引き立ちますね。

度数25%内容量1.8L
原材料・成分焼酎甲類77%(糖蜜、とうもろこし)、焼酎乙類23%(麦、麦麹、米麹)容器の種類紙パック

焼酎利き酒師・石黒さんおすすめの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6065076の画像

    千葉工場 宝酒造

  • 2
    アイテムID:6065080の画像

    宮崎本店

  • 3
    アイテムID:6065081の画像

    眞露

  • 4
    アイテムID:6065082の画像

    北九州 門司工場 アサヒビール

  • 商品名
  • 極上 宝焼酎premium 焼酎甲類
  • キッコーミヤ焼酎 焼酎甲類 (三重県) 
  • Jinro 焼酎甲類 (韓国)
  • かのか 麦 甲乙混和
  • 特徴
  • 普段の晩酌のお供に!ロックでも飲んでもおいしい甲類焼酎
  • ホッピーとの相性も良い口当たりの良いさわやかな甲類焼酎
  • 不純物を取り除きすっきりとした味わいを楽しめる韓国の甲類焼酎
  • 香り豊かですっきりとした味わいの甲乙混合の麦焼酎
  • 価格
  • 2181円(税込)
  • 1222円(税込)
  • 868円(税込)
  • 1627円(税込)
  • 度数
  • 20度
  • 20度
  • 25度
  • 25%
  • 内容量
  • 2.7L
  • 1.8L
  • 700ml
  • 1.8L
  • 原材料・成分
  • トウモロコシ、サトウキビ糖蜜、大麦
  • さとうきび・糖蜜
  • 米・麦
  • 焼酎甲類77%(糖蜜、とうもろこし)、焼酎乙類23%(麦、麦麹、米麹)
  • 容器の種類
  • ペットボトル
  • 紙パック
編集部の画像

編集部

以上が焼酎利き酒師・石黒さんのおすすめする甲類焼酎でした。続いては、編集部の目線で選んだおすすめ商品やポイントをご紹介します。

甲類焼酎の人気ランキング7選

7位

東亜酒造

甲類焼酎 スーパーセイカ パック [ 25度 1800ml ]

価格:891円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

老舗酒造が手がけるコスパのよい甲類焼酎

埼玉県羽生市に蔵をかまえる、創業寛永2年(1625年)の老舗酒造が手がける甲類焼酎です。東亜酒造は、清酒をはじめウィスキーも生産している総合酒造メーカーだけあって、味と品質への信頼性が高いとの評判です。

 

すっきりとしたくせのない味わいなので、ウーロン茶や緑茶で割ったり、柑橘系のサワーにするとよく合います。1800mlで1000円を切る価格なので、コストパフォーマンスがいいのも隠れた人気のひとつです。

度数25度内容量1.8L
原材料・成分糖蜜容器の種類紙パック

口コミを紹介

 健康のため?・・・ウイスキーと焼酎しか飲みません。
 共に4Lを買ってますが流石に空ボトル棄てるとき大酒のみ
みたい(みたいではないが)で恥ずかしいので此方にしました。
 スーパーのPB4Lにも引けを取らないコスパが特に良い。
 ホームページによると東亜酒造は歴史もあり地元では
なかなか良い企業のようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

合同酒精

甲類焼酎 ビッグマン [ 20度 4000ml ]

価格:1,790円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北海道生まれの大物感漂う焼酎

合同酒精が長年培ってきた蒸溜技術により生み出された、クリアで澄み切った味わいの甲類焼酎です。同社の創業地である北海道の旭川工場は、明治33年(1900年)に初代・神谷傳兵衛(かみやでんべえ)により開設された、民間で初めてのアルコール製造所でした。

 

「ビッグマン」の 発売時のコンセプトは「男の心意気」。甲類焼酎を、当時では珍しい大容量ペットボトルに入れた商品として人気となりました。 1987年には、現在の主流サイズである4Lの「ビッグマン」が誕生し、今年になって、さらに“ビッグ”な5Lが登場しています。

度数20度内容量4L
原材料・成分糖蜜容器の種類ペットボトル

口コミを紹介

この商品は、20度なので清酒より数度アルコール度が高いだけなので、飲みやすくせっかく注文するならと、こちらにしました。当分は楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

宝酒造

宝焼酎 純 エコペット [ 25度 4000ml ]

価格:2,657円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

焼酎のイメージを一新させたレジェンド

1970年代、世界的にウォッカやジンなど無色透明な酒を好む「白色革命」が到来しました。その流れをいち早くつかみ、それまでの「おやじが飲む酒=焼酎」のイメージを一新したのが、宝焼酎の「純」でした。当時は、オレンジジュースなどで割る飲み方が、若者の間に流行したそうです。

 

11種類の厳選した樽貯蔵熟成酒を13%使用して、絶妙な味わいに仕上げられています。後味がすっきり、まろやかで口当たりのよい焼酎として、発売から40年以上たった今でも人気の商品です。

度数25度内容量4L
原材料・成分サトウキビ糖蜜、大麦、トウモロコシ容器の種類ペットボトル

口コミを紹介

炭酸水とレモンコンク買って、レモンサワーにしたり、ウーロンハイにしたりできます。
甲類独特の酒っぽい酒クサさ(うまく表現できない)があまり感じずに、安くていいお酒だど思います。
悪酔いもしない気がします。
350mlで約70円くらいかなぁ(適当)節約にもいいと思いますよ。
やすい炭酸水買えばもっと安くなりますけど、まずい炭酸水は本当にまずいので80円以上くらいのやつをおすすめします笑
長くなりましたが、お手頃ないいお酒だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

アサヒビール

大五郎 25度 4000ml

価格:2,098円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

純水で仕上げたクセのない味わいです

仕上げに純水を使用しているので、クセがなく飲みあきない味わいが特徴の甲類焼酎です。飲み方は、ほかの商品と同様にウーロン茶や緑茶で割ったり、レモンやグレープフルーツを搾って、生レモンサワーや生グレープフルーツサワーなど、お好み次第で自由自在に楽しめます。

 

大五郎には、アルコール度数が20度と25度の2タイプと、1.8リットル 、2.7リットル、4リットルの大容量ペットボトルが3種類あるので、好みや保存方法、人数に応じて選ぶのがおすすめです。

度数25度内容量4L
原材料・成分糖蜜容器の種類ペットボトル

口コミを紹介

飲みやすいおいしいもう10年以上飲んでます重いからいつも頼んでいます

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

JINRO

チャミスル 韓国焼酎 【360ml×3本】

価格:890円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストレートかオンザロックで楽しむ韓国焼酎

韓国の国民酒といえば、「ソジュ」と呼ばれる焼酎。とくにソウルを中心に人気なのが「チャミスル」です。日本では水やお湯、ソーダなどで割ることが多いですが、韓国はストレートもしくはオンザロックで飲むのが一般的といわれています。

 

韓国では、99%もの焼酎が「稀釈式焼酎」と呼ばれる方式でつくられ、純粋なアルコールを水で20%ほどにまで稀釈しているため、澄んだ味わいとまろやかな後味が特徴的です。チャミスルは竹炭濾過を3回行うので、さらにさわやかな甘みとなっています。

度数22度内容量360ml
原材料・成分米・麦など穀物ブレンド 酸味料容器の種類ビン

口コミを紹介

韓国ドラマでよく飲んでいるので買ってみましたら美味しかったのでそれ以来買ってます。日本の焼酎は飲みませんが韓国のチャミスルは口当たりがよく飲みやすいです。チャミスルは一般のお店で余り扱って無いのでネットで買います。瓶は重いので助かります。主人と韓国料理を作った時楽しんでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

宝酒造

宝焼酎 「レモンサワー用」 [ 25度 1800ml ]

価格:1,398円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おいしいレモンサワーが手軽につくれます

本格的なレモンサワーが家庭で手軽につくれると評判の「レモンサワー用焼酎」です。焼酎とレモンのもつ爽やかな成分との相性を追求し、宝焼酎独自の蒸留・ブレンド技術を駆使した「レモンペアリング製法」によって、レモン果汁の味わいと香りがより引き立てられます。

 

レモンと相性のよいハーブを原材料とした原酒をブレンドしているので、お店の味が家庭で簡単につくれます。ただ、炭酸を加えないとサワーにならないので、注意してくださいね。

度数25度内容量1.8L
原材料・成分糖蜜、大麦、とうもろこし、大麦麹、 コリアンダーシード、レモンマートル容器の種類紙パック

口コミを紹介

高コスパなうえにおいしい。

他社と違って砂糖入れたり余計なことしてない。
単体で飲んでもおいしくはない。

レモンサワーにして初めてわかる。
レモンにこだわりたくなる。レモンサワー用はだてじゃない。

これとVOX炭酸、国産レモンはベストマッチな存在。
便に移し替えて焼酎自体をキンキンに冷やしておくのをお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

サントリー

韓国焼酎 鏡月 [ 25度 2700ml ]

価格:1,858円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天然水で仕上げられる口あたりのいい韓国焼酎

豊かな自然に囲まれた韓国の雪岳山(ソラクサン)系の澄みきった天然水で仕上げられた、すっきりした口あたりのやさしい焼酎です。長年、日本の韓国焼酎のシェア・ナンバーワンを獲得し続けている人気の商品です。

 

韓国の良質な大麦と、カルシウムやマグネシウムなどの天然ミネラルを豊富に含む湧水によって、まろやかさとほのかな甘みが感じさせます。そのままストレートか、オンザロックで飲むのがおすすめですよ。

度数25度内容量2.7L
原材料・成分酸味料容器の種類ペットボトル

口コミを紹介

やっぱりこの焼酎は間違いない。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

甲類焼酎の選び方

ひとくちに甲類焼酎といっても、アルコール度数や味わい、容器の違いなどによって、さまざまな種類があります。自分に合ったものを探し出すために、正しい選び方をみていきましょう。

甲類焼酎の特徴とは?

すでにご存知の方も多いかもしれませんが、甲類焼酎と乙類焼酎はどう違うのかを、原材料や製法などの観点から詳しくみていきましょう。

甲類焼酎とは?

「甲類」と「乙類」の大きな違いは蒸留法にあります。甲類焼酎は、「連続式蒸留法」という明治時代に導入された蒸留方式でつくられています。原料を糖化し、発酵して生まれる醪(もろみ)を連続的に蒸留するため、無色透明でアルコール純度の高いクリアな味わいになります。

 

もちろん、本来のすっきりした味わいを楽しむストレートやオンザロックでもいいのですが、クリアでクセがないからこそ、酎ハイやサワー、お湯割り、ウーロン茶・緑茶割りなど、ミックスベースとしてさまざまなアレンジの飲み方が楽しめます。

 

甲類焼酎は一度に大量につくることができるため、価格もリーズナブルなものが多く、また、糖質や脂質がゼロで、翌日の酔いが残りにくいという、カラダにうれしい特徴もあります。誰にでも気軽に楽しめるタイプの焼酎です。

乙類焼酎とは?

乙類焼酎は、かつては「旧式焼酎」と呼ばれていて、蒸留は単式蒸留機で行われていました。蒸留の仕組みがとてもシンプルなので、アルコール以外の香味成分も一緒に抽出され、それが原材料独特の風味や味わいになっています。

 

米、麦をはじめ、さつまいも、そば、黒糖など、バラエティに富んだ原材料が使われているので、当然、種類や数が甲類焼酎よりも多くなります。アルコール度数は45度以下です。

 

乙類焼酎は、「本格焼酎」とも呼ばれていて、とくにオンザロックや水割り、お湯割りで、焼酎本来のもつ味と香りが味わえます。甲類焼酎のような割酒として使うのには不向きで、日本酒のように産地や銘柄を選んで、そのままで楽しむお酒といえます。

甲類+乙類の混和焼酎もある

甲類焼酎(連続式蒸留焼酎)と乙類焼酎(単式蒸留焼酎)を混合した「混和焼酎」 という種類もあります。クセのない甲類焼酎に乙類焼酎の香りや風味をブレンドして、お互いのよさを相乗的に引き出しています。

 

甲類、乙類どちらをベースにするかで呼び方が異なり、甲類が50%以上であれば「甲類乙類混和」、50%未満の場合は「乙類甲類混和」となります。ただ、個性派の多い乙類焼酎だけに、わざわざ甲類焼酎とブレンドして商品化する数は少ないようです。

 

「混和焼酎」には、『かのか麦』、『かのか芋』、『麦小路』、『むぎのか』、『こいむぎ』、『はないも』、『芋盛り』などの銘柄があります。人気の高い北海道の紫蘇焼酎『鍛高譚』や昆布焼酎『黄金譚』も、実はこの混和焼酎なんですよ。

アルコール度数で選ぶ

お酒を選ぶ基準のひとつに、アルコールの度数がありますよね?甲類焼酎を選ぶ際にアルコール度数はどれくらいなのか、その違いを知っておきましょう。

20度と25度の違い

甲類・乙類を問わず、焼酎は同じ銘柄であっても、アルコール度数が20度と25度の両方つくられていることがよくあります。 これは、地域や愛好者によって好まれるアルコール度の強さが違い、それに合わせてつくられているためです。
 
 
本来、焼酎の度数は酒税法という法律によって範囲が定められています。甲類焼酎はアルコール度数36度未満、乙類焼酎はアルコール度数が45度以下で、下限は定められていません。しばらくの間は、25度の甲類焼酎が主流でした。
 
 
25度の甲類焼酎はストレートで飲まれることが多いのですが、強すぎるという声が次第に増え、また、割って飲むお酒として定着してきたことから、最近では20度の甲類焼酎もつくられるようになったのです。

35度の商品もある

甲類焼酎は、酒税法上でアルコール度数36%未満のものと定められているので、最高35.9度までつくることが可能です。実際、サントリーの「スーパー樹氷35度」や宝焼酎「純 35度」などの商品がこれまで販売されています。

 

20度のライトな甲類焼酎が人気、とお話しましたが、最近ではコンビニなどでも、炭酸強めの味や、アルコール濃い目のストロング酎ハイやストロングサワーが増えてきました。

 

炭酸強めのレモンサワーがお好きな方は、このアルコール度数が高い35度の甲類焼酎を使ってみてみましょう。炭酸がより多く入るので、泡立ちもきれいですし、炭酸水を多めに入れてもアルコール感がしっかり残るので、おすすめなんです。

内容量や容器で選ぶ

甲類焼酎は、量をたくさん飲む人にはリーズナブルなお酒です。ヘビーユーザーは、やはり大容量の容器でストックしておきたいと思いますよね?一方、「レトロでカジュアル」とワンカップサイズの人気も再燃しています。

もはや、リットル単位が当たり前?

日本酒と同じようにビン入りが多い乙類焼酎に対して、甲類焼酎にはペットボトル入りが目立ちます。それも、2〜4リットルと大容量!

 

大量に消費する人が多く、価格がリーズナブルなこともありますが、甲類焼酎のクリアさが際立つというのでペットボトルが採用されています。また、甲類焼酎は劣化しにくく常温保存が可能なので、大容量化したという説もあります。

 

大型量販店や宅配便が発達したおかげで、重い4リットルのペットボトルの入手が苦にならなくなったのも、要因のひとつかもしれませんね。

ワンカップ焼酎も隠れた人気

昔ながらのワンカップサイズの甲類焼酎も健在です。飲みきりサイズなので、旅行先などの車中でも便利ですよね。コーラや好みのジュースなどで割って飲むという裏ワザもあります。

 

キャップの色で20度・25度が見分けられるようになっている場合が多く、いろいろな種類や、同じ商品の度数違いの味を比較するには、このサイズがお手頃ですね。

 

ワンカップサイズは220ml、紙パックは0.9リットルか1.8リットル、ペットボトルでは1.8リットル、 2.7リットル、4リットルが容量の目安です。最近では、5リットルのペットボトルも登場しました。

紙パックもあるが

大容量の甲類焼酎をビンで売るとなると、中身のお酒だけでも数キロの重さになってしまって、輸送の効率が悪くなります。最近は、リサイクル回収も進んでいるので、紙パックやペットボトルが主流になりました。

 

ただ、紙パックは強度に限界があるため、2リットル以上だと容器に膨らみが生じてしまうのだそうです。また、紙パックはそのままリサイクル利用できないというデメリットもあります。

 

コストだけでいうと、ペットボトルは紙パックの3倍高くつくといわれていますが、大容量化するためには、やはりペットボトルが最適だったわけですね。

飲み方で選ぶ

甲類焼酎の楽しみ方は、アルコール純度が高く、クリアですっきりとした味わいなので、自分好みの割り材でアレンジができることです。その組み合わせや種類は無限大。あなたのお好みはどれでしょうか?

炭酸で割る

甲類焼酎はストレートやオンザロックで飲むよりも、炭酸で割って飲むスタイルが一般的になってきました。焼き鳥やもつ焼きなど脂っこい肉類によく合うのと、ウイスキーのハイボールの影響もあるのでしょうね。

 

冷やしたグラスに氷を入れて、焼酎4に対し炭酸6で割るのが基本ですが、好みの量で調節してもかまいません。シンプルに炭酸だけで割る酎ハイでもおいしいですが、レモンやグレープフルーツ、ゆず、かぼす、すだち、シークヮーサーなどの柑橘系を生かコンクで足すと、よりスッキリとした個性的な味に仕上がります。

 

ちなみに、酎ハイとサワーは同じものです。シンプルに焼酎を炭酸で割れば酎ハイですし、レモンが加わればレモンサワーと呼び名が変わるだけなんですよ。

お茶で割る

甲類焼酎の代表的な割り材のひとつに、お茶がありますよね。とくによく目にするのがウーロン茶と緑茶で、居酒屋さんのメニューでもウーロンハイ、緑茶ハイが定番となっています。

 

どんな料理屋おつまみにもよく合い、ビールや炭酸が苦手という人や、お茶のもつ健康的要素に魅力を感じている人たちの間で根強い人気があります。

 

ちなみに、お茶文化である中国や台湾などには、ウーロンハイや緑茶ハイは存在しません。そもそも、お酒をジョッキやサワーグラスのような大きなグラスに注いで飲むという飲み方自体がないからです。文化の違いなんですね。

ホッピーで割る

ホッピーとは、昔は高級品だったビールの代用品として1948年に生まれたもので、ホッピー自体はノンアルコールの炭酸飲料です。主に関東周辺を中心に流通していますが、プリン体ゼロ・低カロリー・低糖質が注目され、甲類焼酎の人気割り材として全国的にも知名度が上がり、家庭でも使われるようになりました。

 

ホッピーの黄金比率は「焼酎1」に対して「ホッピー5」の割合ですが、量はお好みで調整してもかまいません。氷は入れないほうがおいしい、との説が有力です。

 

また、日本で初めてサワータイプのビン入り焼酎割り飲料として、1980年に発売された「ハイサワー」もおすすめです。ぜひ、試してみてくださいね。

甲類焼酎のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6065086の画像

    サントリー

  • 2
    アイテムID:6065087の画像

    宝酒造

  • 3
    アイテムID:6065090の画像

    JINRO

  • 4
    アイテムID:6065092の画像

    アサヒビール

  • 5
    アイテムID:6065093の画像

    宝酒造

  • 6
    アイテムID:6065095の画像

    合同酒精

  • 7
    アイテムID:6065098の画像

    東亜酒造

  • 商品名
  • 韓国焼酎 鏡月 [ 25度 2700ml ]
  • 宝焼酎 「レモンサワー用」 [ 25度 1800ml ]
  • チャミスル 韓国焼酎 【360ml×3本】
  • 大五郎 25度 4000ml
  • 宝焼酎 純 エコペット [ 25度 4000ml ]
  • 甲類焼酎 ビッグマン [ 20度 4000ml ]
  • 甲類焼酎 スーパーセイカ パック [ 25度 1800ml ]
  • 特徴
  • 天然水で仕上げられる口あたりのいい韓国焼酎
  • おいしいレモンサワーが手軽につくれます
  • ストレートかオンザロックで楽しむ韓国焼酎
  • 純水で仕上げたクセのない味わいです
  • 焼酎のイメージを一新させたレジェンド
  • 北海道生まれの大物感漂う焼酎
  • 老舗酒造が手がけるコスパのよい甲類焼酎
  • 価格
  • 1858円(税込)
  • 1398円(税込)
  • 890円(税込)
  • 2098円(税込)
  • 2657円(税込)
  • 1790円(税込)
  • 891円(税込)
  • 度数
  • 25度
  • 25度
  • 22度
  • 25度
  • 25度
  • 20度
  • 25度
  • 内容量
  • 2.7L
  • 1.8L
  • 360ml
  • 4L
  • 4L
  • 4L
  • 1.8L
  • 原材料・成分
  • 酸味料
  • 糖蜜、大麦、とうもろこし、大麦麹、 コリアンダーシード、レモンマートル
  • 米・麦など穀物ブレンド 酸味料
  • 糖蜜
  • サトウキビ糖蜜、大麦、トウモロコシ
  • 糖蜜
  • 糖蜜
  • 容器の種類
  • ペットボトル
  • 紙パック
  • ビン
  • ペットボトル
  • ペットボトル
  • ペットボトル
  • 紙パック

まとめ

甲類焼酎の選び方と、おすすめの人気ランキング11選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?自分の好みに合った度数を見つけて、いろいろな割り材とのコラボを楽しんでくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年10月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ