プレミアムウォーターを解約したい!解約手数料や解約方法を徹底解説

記事ID17541のサムネイル画像
プレミアムウォーターを契約している方の中には解約を考えているけど、方法がわからないという方も多いのではないでしょうか。プレミアムウォーターはプランが多く解約にかかる費用が異なる場合もあります。この記事ではプレミアムウォーターの解約方法を詳しく解説しています。

プレミアムウォーターを解約したい!

プレミアムウォーターはウォーターサーバーをレンタルし、全国5カ所の水源地の地下から採水した弱アルカリ性の天然水をろ過殺菌し定期的に自宅へ配送するというサービスを行っています。プレミアムウォーターで提供される天然水は非加熱処理が施されているので、溶存酸素の減少が少なく口当たりが良いという特徴があります。また、プレミアムウォーターではご利用プランやレンタルできるウォーターサーバーの種類が豊富で自分のライフスタイルや希望に合わせて契約できるのが魅力の一つです。

 

そんなプレミアムウォーターですが、契約してみたけど実際はあまり使う機会がない、金銭的に厳しいなど、様々な理由から解約したいと考える方も多いのではないでしょうか。ウォーターサーバーの契約は利用期間が決められている場合が多く、契約期間が過ぎる前に解約すると会社によっては違約金や解約金がかかることもあります。そのため、解約する際には手続きの手順や、かかる費用を事前に確認しておくことが大切です。特にプレミアムウォーターの場合は契約プランによって解約金が異なるので注意しましょう。

 

 

また、ウォーターサーバーの解約では、クーリングオフ制度を利用するという方法もありますが、クーリングオフ制度は自分から進んで契約をした場合には対象とならないのでウォーターサーバーの解約で利用するのは困難です。ただし、プレミアムウォーターの場合は店頭または電話での契約であればクーリングオフ制度も利用可能となっています。

 

このようにプレミアムウォーターの解約方法やかかる費用は契約者によってことなります。この記事ではプレミアムウォーターの解約やクーリングオフの方法、解約にかかる費用、解約を決めたら事前に準備しておくことを詳しくご紹介していきます。

プレミアムウォーターの解約の流れ

プレミアムウォーターを解約する際の申し込み方法は、電話申し込みとWEB申し込みの二種類があります。こちらではプレミアムウォーター解約の申し込み方法からウォーターサーバー返却までの流れを紹介していきます。

電話で解約手続きをする方法

プレミアムウォーターを電話で解約する場合、まずは下記のフリーダイヤルに電話をかけてカスタマーサポートに繋いでもらう必要があります。電話で解約の旨を伝える場合は難しい説明などは必要はありなく、ただ解約したいと話せば専門のスタッフが対応してくれるので、難しく考える必要はありません。

 

解約の電話ではスタッフがレンタルしているウォーターサーバーの引き渡しの日程の調整や解約後の流れをわかりやすく説明してくれます。そのため、気になることがある場合は質問をしたり、メモを取っておくのがおすすめです。また、ウォーターサーバーを返却する際には梱包が必要ですが、自宅に梱包材などがない場合はこの時に依頼しておくと引き取り時に運送業者が梱包材と一緒に訪問してくれます。

 

このように、プレミアムウォーターは電話一本で簡単に解約の手続き自体は終了するので、急いで解約したい場合は電話での連絡がおすすめです。

 

フリーダイヤル

0120-937-032

スマートフォンからの場合

0570-020-330

営業時間

10:00~18:00(年末年始を除く)

 

WEBで解約手続きをする方法

プレミアムウォーターはWEBサイトから解約の申し込みをすることも可能です。この場合はプレミアムウォーター公式サイトのお問合せページまたはマイページの専用画面から解約したい旨を記載して問い合わせると、担当者から改めて確認の電話があり、ここでウォーターサーバーの引き渡し日などの相談を行います。そのため、どの解約手段を利用しても最終的には一度電話でスタッフと話すことになります。

 

このような理由からプレミアムウォーターを解約するなら電話で解約した方がスムーズで迅速に話を進められる可能性が高いです。また、WEB申し込みは電話をしてもなかなかスタッフにつながらない場合に利用することをおすすめします。

 

さらに、解約の電話で話をする際には契約者本人が登録した電話番号から電話をした方が、本人確認などの手間が省けるので可能であれば契約者が解約を手続きをした方がスムーズです。

 

 

本体の回収日までにウォーターサーバーの水を抜いておく

ウォーターサーバーは機械の中に水が入っていると、運送中に水が漏れて故障してしまう危険性があるのでそのまま運ぶことができません。そのため、解約の連絡をした後は運送業者がサーバーを引き取りに来る前に水を抜いておく必要があります。ここで、プレミアムウォーターのウォーターサーバーの水抜きをする際の手順を見ていきましょう。

 

1

給水口からボトルの水が無くなるまで水を出し続ける。

2

給水用のボトルを外す。

3

コンセントを抜いて数時間放置する。

4

タンクの排水口から水を出す。

 

ウォーターサーバーの水を抜く際の手順に関しても、電話の解約をする際にプレミアムウォーターのスタッフからの指示があるので、正しい手順で作業を行うことが大切です。特に、温水も利用できるサーバーの場合はすぐにタンクから排水しようとすると熱湯でやけどをしてしまうことがあります。そのため、水を抜くときには必ず数時間放置してお湯が冷めたのを確認してから排水しましょう。

本体を梱包し運送会社に引き渡す

ウォーターサーバーを返却する際には本体の梱包が必要になります。梱包の方法は会社によって異なりますが、プレミアムウォーターの場合は電話で依頼しておけば返却当日に運送業者のスタッフが引き取りの際に梱包材を持ち込むので、自分で用意する必要はありません。当日運送業者のスタッフが訪問したら、一緒に梱包をして本体を送り出しましょう。

 

ここで気を付けなければいけないのは、指定した日にちと時間帯に必ず在宅しておくということです。約束の時間に在宅していなかった場合、本体の引き渡しができないので再度連絡をして後日また運送業者に取りに来てもらう形になることもあり、手間が増えてしまいます。

 

また、プレミアムウォーターは解約申し込みから30日以上経過しても本体の返却ができなかった場合、30000円の製品保証料がかかってしまいます。そのため、返却日が解約の電話をした日から数週間経っていて、なおかつ引き渡しのタイミングを逃してしまうと予想外の出費が出てしまうので注意しましょう。

プレミアムウォーターの解約金はいくら?

プレミアムウォーターの解約にかかる費用は契約から解約日までの期間や選択したプラン、レンタルしたウォーターサーバーの種類などで金額が大きく異なります。こちらではプレミアムウォーターの解約にかかる費用を詳しく解説していきます。

プレミアムウォーターは解約条件を満たせば解約無料!

プレミアムウォーターのプランの契約期間は2年または3年のどちらかで選択できるシステムなっています。プレミアムウォーターでは契約日から解約までの期間が自分の契約した年数よりも長いと解約手数料が無料になるので、費用の心配はいりません。

 

ただし、プレミアムウォーターで解約手数料が無料になるのは契約期間を満たしている場合のみです。解約日が契約期間内だった場合には早期解約手数料を請求されてしまいます。そのため、解約の申し込みをする前にはまず契約書などを確認して、契約日からどれくらいの期間が経っているのか確認することが大切です。

 

また、プレミアムウォーターは契約期間は長ければ長いほどお水の料金は安くなりますが、早期解約手数料は高額になる傾向があります。このような理由から新規で契約を考えているという場合にも、期間満了まで使い続けられるかどうかよく考えてから契約することをおすすめします。

解約料はどのくらいかかるの?

プレミアムウォーターを契約期間内で解約した場合には、早期解約手数料がかかります。カ早期解約手数料の値段は以下の表の通りです。

 

プラン サーバー 手数料 年数

基本プラン

スリムサーバーⅢ

amadanaスタンダードサーバー

スリムサーバー

15000円 2年
基本プラン

cabo×PREMIUM WATER

amadanaウォーターサーバー

20000円 2年
PREMIUM3年パック

スリムサーバーⅢ

amadanaスタンダードサーバー

スリムサーバー

15000円 3年
PREMIUM3年パック

cabo×PREMIUM WATER

amadanaウォーターサーバー

20000円 3年
PREMIUM WATER MOM CLUB

cabo×PREMIUMウォーター

20000円 3年

 

解約手数料の値段はプランによって異なりますが、10000~20000円ほどとなります。そのため、例えば解約を思い立った時期が契約期間が満了まで1~2か月程度の場合は、期間満了まで待った方が早期解約手数料を払わずに解約できるのでお得です。

 

また、プレミアムウォーターはウォーターサーバーの返却に使用する梱包材の料金等は無料なので、機材に不備がなければ早期解約をしても出費は手数料のみになるので費用を抑えて解約できるのがうれしいポイントですね。

プレミアムウォーターの解約が決まったらするべきこと3つ

最後に、プレミアムウォーターの解約が決まったら準備しておいた方が良いことを3つご紹介していきます。返却日が近くなってから慌ててしまわないように、解約の電話を入れたらいつ返却しても良いように準備を済ませておきましょう。

余った水は返却日までに使い切る

プレミアムウォーターは解約の連絡をするとその日からお水の配送はストップするので、新しくボトルが届くということはありません。ウォーターサーバーが使用できなくなるとお水が余ってしまい、使用用途に困ってしまうので出来れば返却日までに残りのお水を使い切ってしまうことをおすすめします。

また、ウォーターサーバーの返却は解約の電話を入れてから7~30日以内と決められています。そのため、返却日を決めるときには残りのお水の残量も考慮して使い切れるタイミングで日にちを設定するようにしましょう。

乗り換えをする場合は領収書も忘れずに

プレミアムウォーターの解約を考えている方の中には他のウォーターサーバー会社に乗り換えを検討しているという方も多いのではないでしょうか。ウォーターサーバーの乗り換えキャンペーンを利用するには、多くの場合他社と契約後に解約したという証明のために、解約照明や利用明細、領収書などが必要となることが多いです。

 

プレミアムウォーターでは解約証明書の発行は行っていません。乗り換えを検討している場合には解約の電話する時や返却日までに領収書がほしい旨をあらかじめスタッフに忘れずに伝えておくことをおすすめします。また、領収書の発行は決済方法によって可能かどうかも変わるので、必要な手続きの方法も聞いておくようにしましょう。

ウォーターサーバーは運びやすい場所に移動させておく

プレミアムウォーターのウォーターサーバーの返却時には運送業者が取りに来るので、普段使用している場所に置いておいても業者の人が運んでくれるから問題はありません。しかし、自宅の内部をあまり人に見られたくないという場合には運送業者が来てもすぐに引き渡しができるように、水抜きをしたあとで事前に玄関や廊下に移動させておくのもおすすめです。

 

ただし、ウォーターサーバーは大型で水を抜いていても一人で運ぶには重たいので、壁や床にぶつけたりする可能性があります。そのため、運ぶ際には必ず二人以上で慎重に移動させるようにしましょう。また、地域や利用しているプランによっては梱包材を貰って自分で梱包しなければいけないこともあるので早めの準備を心が蹴ることも大切です。

プレミアムウォーターの解約は契約期間に注意して検討しよう!

プレミアムウォーターの解約は電話や水抜き、梱包などの細かい作業があるので面倒に感じがちですが、本体の運搬は自分で行わなくて良いのであまり労力はかかりません。ただし、プレミアムウォーターは契約した利用期間よりも前に解約してしまうと早期解約手数料がかかってしまうので、内容次第では思わぬ出費につながることがあります。そのため、解約する場合にはまず自分の契約内容をしっかり確認してから、解約にかかる費用を計算して負担の少ない方法を選ぶことが大切です。

 

また、プレミアムウォーターの解約電話では解約理由を聞かれることもありますが、しつこく引き留められるということはないので、不安な部分があるときやまだ迷っているという場合にもまずは気軽に電話で相談してみることもおすすめします。解約の際はトラブルにならないように、解約電話後の流れにも注意して事前準備を済ませ万全の状態で当日を迎えましょう

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年04月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

プレミアムウォーターの口コミ評判は?実際に使用している人の感想まとめ!

プレミアムウォーターの口コミ評判は?実際に使用している人の感想まとめ!

その他
プレミアムウォーターの口コミや評判は?良い点と悪い点をチェック!

プレミアムウォーターの口コミや評判は?良い点と悪い点をチェック!

その他
プレミアムウォーターはクーリングオフできる?できない場合は?

プレミアムウォーターはクーリングオフできる?できない場合は?

その他
ウォーターサーバーの返却方法は?注意点や返却前に必要な作業は?

ウォーターサーバーの返却方法は?注意点や返却前に必要な作業は?

その他
雲のやすらぎプレミアムの口コミ・評判を調査!やわらかすぎるって本当?

雲のやすらぎプレミアムの口コミ・評判を調査!やわらかすぎるって本当?

インテリアファブリック
【2023年9月最新版】プレミアムウォーターのキャンペーン情報まとめ

【2023年9月最新版】プレミアムウォーターのキャンペーン情報まとめ

その他