池井戸潤の人気おすすめ本ランキング15選【ドラマ化多数!】

記事ID128のサムネイル画像

池井戸潤は1963年生まれの岐阜県出身の作家です。慶應義塾大学の文学部及び法学部を卒業。池井戸潤作品は、「サラリーマン」を舞台にしたスリリングな展開で読者を惹きつけます。池井戸潤のドラマ化・映画化された作品の中からベスト15をランキング形式でお届けします!

池井戸潤作品の魅力とは?

小説を読む時に気になるのは、その本が当りか外れかということですよね?池井戸潤作品については、外れ本などはほとんどないのですが、最も面白そうな本から読みたいという気持ちはあると思います。

 

映画化やドラマ化されたり、文学賞を受賞もしくは候補となっていたりするほど魅力的ですよね。そうは言っても、限られた時間を割いて本を読むからには、ランキングの高い池井戸潤作品から読みたいですよね。

 

今回は、大人気の池井戸潤作品の中から、映画化ドラマ化文学賞受賞に基づいておすすめ作品をランキング形式で紹介していきます。初めて池井戸潤作品に触れるかたは参考にしてみてはいかがでしょうか。

池井戸潤のドラマ化・映画化作品ランキングおすすめベスト15選

15位

講談社

銀行総務特命

価格:751円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

◆2015年7月スタート日本テレビ系ドラマ「花咲舞が黙ってない」ドラマ化エピソード収録作! 主演:杏◆

帝都銀行で、行内の不祥事調査、処理を任された主人公「指宿修平」。顧客名簿流出、現役行員のAV出演疑惑、幹部の裏金づくり…スキャンダルに事欠かない伏魔殿を指宿は奔走します。腐敗した組織が、ある罠を用意しているとも知らずに―「総務特命担当者」の運命はいかに!?意外な仕掛けに唸らされる傑作短編集。コンビを組む女性「唐木怜」の登場もあって興味深く描かれています。

ドラマ化・映画化ドラマ化文学賞無し

口コミを紹介

「唐木怜」活躍する女性は花咲舞だけではない。 帝都銀行で校内不祥事の調査、処理を任された主人公「指宿修平」どんなことがあっても正義を貫こうとする姿勢に感動しました。花咲舞に負けないくらいの、コンビを組む女性「唐木怜」の登場もあってとても面白く描かれています。この本には花咲舞は登場せず、短編集ではありますが楽しく読めました。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

文春文庫

株価暴落

価格:680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最悪の企業テロに隠された真相とは

WOWOWドラマ『株価暴落』原作本! (主演・織田裕二)

巨大スーパー・一風堂を襲った連続爆破事件。企業テロを示唆する犯行声明に株価は暴落、一風堂の巨額支援要請をめぐって、白水銀行審査部の板東洋史は企画部の二戸哲也と対立します。一方、警視庁の“野猿"刑事にかかったタレコミ電話で犯人と目された男の父は、一風堂の強引な出店で自殺に追いこまれていました。痛快!爽快!胸のすく傑作金融ミステリ

ドラマ化・映画化ドラマ化文学賞無し

口コミを紹介

これはおもしろい!
「株価暴落」もむちゃくちゃおもしろいのでぜひ勧めたい一冊。

株価暴落というと金融・経済小説みたいに思えるけど、
題材はどちらかというと不祥事企業が題材。
不祥事企業に対するそれぞれの登場人物の思惑が複雑に絡み合い、
ネタバレになるので詳しくは書かないけど、
犯人をめぐる捜査やその結末も読み応えあり!

一方で池井戸潤作品らしく銀行も登場。
銀行内の内部権力闘争が不振企業の融資可否に関わってくる様も、
半沢直樹を彷彿とさせる感じもあっておもしろい。

とにかくこの小説、めっちゃおもしろいので、
ぜひ読んでみてください!

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

講談社

不祥事

価格:751円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

◆2015年7月スタート日本テレビ系ドラマ「花咲舞が黙ってない」原作本! 主演:杏◆

ベテラン女子行員はコストだよ―そう、うそぶく石頭の幹部をメッタ斬るのは、若手ホープの“狂咲”こと花咲舞。トラブルを抱えた支店を回って業務改善を指導する花咲は、事務と人間観察の名手。歯に衣着せぬ言動で、歪んだモラルと因習に支配されたメガバンクを蹴り上げます! 世の中どこもかしこも、黙っていられないことばかりです。でも、それをいつもただせるわけではありません……モヤモヤした思いを抱えるあなたに替わって、花咲舞がバッサリやってくれます。気持ちの晴れる、痛快度ナンバー1小説!

ドラマ化・映画化ドラマ化ドラマ化・映画化無し

口コミを紹介

短篇の方が好きかも
今頃?と云われそうですが、池井戸潤の短編を読んだのはこれが初
めて。必ず痛快なハッピーエンドが待っているので単純に楽しい。
花咲舞のキャラがはっきりしていて気持ちが良い。
リラックスしたい時の軽い読み物としておすすめ。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

文藝春秋

民王

価格:713円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夢かうつつか、新手のテロか? 総理と息子の非常事態が発生

「お前ら、そんな仕事して恥ずかしいと思わないのか。目をさましやがれ! 」漢字の読めない政治家、酔っぱらい大臣、揚げ足取りのマスコミ、バカ大学生が入り乱れ、巨大な陰謀をめぐる痛快劇の幕が切って落とされた。 総理の父とドラ息子が見つけた真実のカケラとは!? 謎が謎をよぶ、痛快政治エンタメ! 

池井戸潤の閃きにより、2009年当時の内閣総理大臣の不可解な行動が明らかにされました。

ドラマ化・映画化ドラマ化文学賞無し

口コミを紹介

奇想天外な話だけど,中身は現実的
そのギャップが面白いし,勉強にもなる。
政治屋と政治家,というワードがすごく印象に残っている。
それとメディアが報じる政治的なニュースの内容,これが数字取りためだけの内容のないものになっていてこれが国を悪くしているんじゃないか。
新聞とテレビで結構差がある気はする。
新聞は結構細かい政治の実務的な面に焦点あててるのが多いけど,テレビに関しては数字取りしか意識してないように思えて仕方ない。
連日あほ議員の不倫報道や暴言等の失態ばかり放送している。こんなのばっかり見てると,政治家に対して悪いイメージ抱くにきまってるよな。
この本の中でもでてきたけど,もっと政治家がこんないいことをしたっていう実務の面に着目してもいいのではないかと思う。
今の政治に不満があるなら選挙にいけ,いかずに文句言うなっていうけど,だれに投票しても同じじゃないかって思わせているのは誰だろう。
この人こんなことしてるんだ,じゃあ応援しようかなって。テレビをみていて思うことなんて全くない。
新聞読めばいいのかもしれないけど,みんながみんな読んでるわけじゃないし,テレビっていうメディアの影響力と恐ろしさを考えて少しいやな気持になった。
この本の中のような政治家達も少なからずいると思う,いると信じたい。そして,メディアはそういう人たちの言動を伝えるようにして欲しいなと感じた。
この本は笑える部分もたくさんあったし,サスペンス的な要素もあった,そして上記の様につたない文章だけども政治的な部分についてもすごく考えさせられる作品だった。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

徳間書店

アキラとあきら

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベストセラー作家・池井戸潤の幻の青春巨篇がいきなり文庫で登場! !

2017年7月9日(日)、WOWOWにて最速ドラマ化!WOWOWプライム「連続ドラマW アキラとあきら」 零細工場の息子・山崎瑛と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった―。感動の青春巨篇

ドラマ化・映画化ドラマ化文学賞無し

口コミを紹介

池井戸潤作品に共通している事は、とにかく読みやすい。
本書も厚さに圧倒されるかもしれないが、
読み始めたら読了まで、あっという間です。
一般的な経済小説は難解で読み難いが、池井戸氏の作品は
難解なはずの経済小説を秀逸なエンターテインメントで包み込んで、
なおかつ、人間というものもよく描けている。
経済も人間も楽しく学べる純文学要素を含んだ娯楽小説といったところか。
タイトルからはアキラとあきらの対決で、
倒産会社の息子瑛が御曹司の彬を陵駕していくストーリーを思い描いていたが、
いい意味で期待を裏切られ、読後感は今回もなかなかのものだった

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

小学館

ようこそわが家へ

価格:751円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直木賞作家が“身近に潜む恐怖”を描く文庫オリジナル長編

2015年4月 連続ドラマ化決定!  全国フジテレビ系月曜夜9時~  主演・相葉雅紀 出演・寺尾聰、南果歩、有村架純ほか

真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが投げ込まれた。さらに、車は傷つけられ、部屋からは盗聴器まで見つかった。執拗に続く攻撃から穏やかな日常を取り戻すべく、一家はストーカーとの対決を決意する。一方、出向先のナカノ電子部品でも、倉田は営業部長に不正の疑惑を抱いたことから窮地へと追い込まれていく。

ドラマ化・映画化ドラマ化文学賞無し

口コミを紹介

ストーカー問題を焦点に当てながら家族の在り方にも焦点が当たっている。
本の方を先に読み終えていて、その後にテレビドラマを見ました。
本は本なりにテレビドラマはドラマなりに途中で若干の違いや違和感は感じたけど、両方とも面白く拝見しました。
テレビドラマを見た後に、もう一度本を読み直してみましたが、また違った発見ができたように思います。
何回読み直しても飽きがこない良い本だと思います。
半沢直樹シリーズとは全く違った池井戸さんを見せて貰った気がしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

講談社

ルーズヴェルト・ゲーム

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2014年4月スタート TBS系ドラマ「ROOSEVELT GAME」(ルーズヴェルト・ゲーム)原作

大手ライバル企業に攻勢をかけられ、業績不振にあえぐ青島製作所。リストラが始まり、歴史ある野球部の存続を疑問視する声が上がる。かつての名門チームも、今やエース不在で崩壊寸前。廃部にすればコストは浮くが―社長が、選手が、監督が、技術者が、それぞれの人生とプライドをかけて挑む奇跡の大逆転とは。

ドラマ化・映画化ドラマ化文学賞無し

口コミを紹介

野球に明け暮れる中学生の息子に少しは本を読んでほしくて購入したところ、どストライクでした。他にも何冊か買ったのですがこれが一番面白かったようで、何度も繰り返し読んでいます。

私も読んだのですが、何とも読みにくく・・・この差は何でしょう。野球を見るのは好きですが、ゆっくりゆっくり読んでいるうちに登場人物の名前を忘れ、集中できず・・・。歳と性差のせいにしておきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

集英社

陸王

価格:1,836円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

勝利を、信じろ――。 足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。

勝利を、信じろ。足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。このシューズは、私たちの魂そのものだ!埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」。日々、資金操りに頭を抱える四代目社長の宮沢紘一は、会社存続のためにある新規事業を思い立つ。これまで培った足袋製造の技術を生かして、「裸足感覚」を追求したランニングシューズの開発はできないだろうか?世界的スポーツブランドとの熾烈な競争、資金難、素材探し、開発力不足―。従業員20名の地方零細企業が、伝統と情熱、そして仲間との強い結びつきで一世一代の大勝負に打って出る!

ドラマ化・映画化ドラマ化文学賞無し

口コミを紹介

下町ロケットと同じように、本当に小さな会社が大手と戦う。
そして、池井戸潤を読んだ方はわかるように必ず、読後、清々しい気持ちにしてくれる。

たしかにロケットと足袋では、全然、内容も違います。
ただ、モノづくりに対する理念は同じ。
たしかに、池井戸潤の作品は読者のかたならわかるように、結果的にはいつもの展開。

でも、やっぱり何か新しいと感じさせられます。
それはネタバレになってしまうので詳細は書きませんが、個人、個人が抱えている悩み、挫折、葛藤、再生、それが下町ロケットとはかなり異なると思います。
とても細かく描写されています。
同じモノづくりでもロケットと靴はコスト、規模、全部、異なります。でも、結果はおなじみのパターン。
でも、やはり斬新さを感じれるのは、今回の作品には、挫折をどう乗り越えるか、個人、個人の抱えている過去、現在があり、とても人間らしいところに焦点が当てられています。
ロケットと靴、だから、靴のほうが身近だから感じれるのではなく、人間が描かれているのです。
それは、誰もが少なからず抱えたことのある感情がどの登場人物にも織り込まれているからだろう。
下町ロケットやアキラとアキラなど池井戸潤作品はどれも面白いい。
だが、この作品は結果はどうであれ、やはり新しさを感じずにはいられない。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

集英社

七つの会議

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ありふれた中堅メーカーを舞台に繰り広げられる迫真の物語。傑作クライム・ノベル。

きっかけはパワハラだった!トップセールスマンのエリート課長を社内委員会に訴えたのは、歳上の部下だった。そして役員会が下した不可解な人事。いったい二人の間に何があったのか。今、会社で何が起きているのか。事態の収拾を命じられた原島は、親会社と取引先を巻き込んだ大掛かりな会社の秘密に迫る。

ドラマ化・映画化ドラマ化・映画化文学賞無し

口コミを紹介

大手総合電気の雄であるソニックの子会社の東京建電を舞台にした八つの短編で成り立つ人間模様。
第一話で東京建電の秘密がほのめかされ、それに沿って、それぞれの短編は展開される。

第二話の「ネジ六奮闘記」の以下は、池井戸氏の小説を読む方であれば、共感する人も多いのではないか。
『一本いくらもしないネジで、日本中で果たしてどれくらいの人が食っているのかはわからないが、ひとつ言えるのは、どんな時代でも、それで大儲けすることはできなかったろうということだ。ネジを作る人間に求められるのは、ひたむきさだ。』

日本の産業を根底で支えている産業は、ネジだけではないだろうが、グローバル経済は飲み込んでいく。がんばれば報われるということもあるが、出し抜いてやろうという勢力は必ずあるのが、この資本主義社会である。自分の成功が、誰かの失敗につながる社会である。活力を生むという意味で資本主義社会はよいかもしれないが、やはり、足るを知る、ということも必要である。しかし、全ての人が足るを知るということをするわけではなく、日々の平凡な暮らしの中にはどうしても競争はある。その競争の中で、負けん気やわがままが、判断を曇らせる。

そして、この小説で問うているのは、
 ①苦しい事情がある時に、常に正しく判断できるか
 ②自分の想像を超えた甚大な影響のあるトラブルに
  遭遇した際に、果たして正しい判断ができるか
ということである。
私は自信がない。
池井戸氏の小説には、そのような判断を事前にシミュレーションする効用があるように思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

藝春秋

オレたちバブル入行組

価格:713円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国民的人気を誇ったTBSドラマ「半沢直樹」、元祖「倍返し」シリーズ第1弾!

大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説

ドラマ化・映画化ドラマ化文学賞無し

口コミを紹介

やられたら、倍返し!でお馴染みの半沢直樹シリーズ第1作。スカッとする痛快な読後感でした。ですが同時にいろんな気になる点も残りましたね。東田がバラさないだろうか、とかメールの返事を長引かせる事で相手を焦らせて精神を崩壊させる遣り口はあまりにも残酷ではないのか、とか土下座を強要するやり方は後々まで相手に強い遺恨の念を抱かせてしまうのではとか、これ程の激情のぶつかり合いの中では冷静さのタガが外れて修羅場の果てに殺人に発展する恐れもあるという懸念ですね。でも半沢が憎き敵にかけた武士の情けは素直に嬉しかったですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

文藝春秋

オレたち花のバブル組

価格:713円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「倍返し! 」でメガヒットのドラマ「半沢直樹」シリーズ第2弾!

第22回山本周五郎賞候補

「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボスキャラ」との対決、出向先での執拗ないじめ。四面楚歌の状況で、絶対に負けられない男達の一発逆転はあるのか。

ドラマ化・映画化ドラマ化文学賞第22回山本周五郎賞候補

口コミを紹介

何度も読める事
面白い映画の定義にも言えるんだけど、何度でも観れるのは面白いから
半沢シリーズと下町ロケットを一気に大人買いして、一気読みしてから、前にポチってた「空飛ぶタイヤ」やら「ルーズベルトゲーム」やらも読み返し、更に半沢シリーズ二巡目したりして
シリーズになってもブレてない事を確認出来た次第
因みに半沢シリーズはドラマ先行で原作後追いだったんですが、原作を映像が超える事は基本ないと思ってるんですけど、微妙になってきたかもなぁというのがホンネ
まぁ、別物、別次元の比較だと思ってればいい訳で、面白ければ何だっていいんですって事

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

講談社

鉄の骨

価格:940円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吉川英治文学新人賞に輝いた白熱の人間ドラマ!

第142回直木三十五賞候補、第31回吉川英治文学新人賞受賞

中堅ゼネコン・一松組の若手、富島平太が異動した先は“談合課”と揶揄される、大口公共事業の受注部署だった。今度の地下鉄工事を取らないと、ウチが傾く―技術力を武器に真正面から入札に挑もうとする平太らの前に「談合」の壁が。組織に殉じるか、正義を信じるか。

最後のドンデン返しには、読んでる方も冷や汗ものでしたが、納得の読後感でした。

ドラマ化・映画化ドラマ化文学賞第142回直木三十五賞候補、第31回吉川英治文学新人賞受賞

口コミを紹介

入社して数年で、畑違いの部署に送り込まれたサラリーマンの苦悩を描きながら、その背景となる社会の構造(建設業界)を説いていく。サラリーマンとしてすごく共感できる部分が多々ある。例えば、自分がどう思っていて、意見しようと組織の中では平の意見など意にも介さない上層部とか。サラリーマンとはどういう立場で、その会社の言動にはどういった背景があるのか。厳しい競争の中で生き抜いていくということ。そしてそもそも競争の場として与えられる場所はどういうものなのか。すごく勉強になる。でもそれ以上に心地よいテンポに引き込まれあっという間に読了。今月だけで、著者の作品を5つは読んでしまった。子供が大きくなったら。読んでもらいたい。人生の選択肢が広がると思うから。

ここまでベタ褒めしておいて★4つなのは、最後の結末と主人公の恋人に疑念を抱きまくったからです。なんか他の著者の作品にはない違和感を覚えました。参考までに

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

講談社

果つる底なき

価格:713円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

江戸川乱歩賞受賞の金融ミステリー!

池井戸潤デビュー作でありながら、第44回江戸川乱歩賞受賞作品!

「これは貸しだからな。」謎の言葉を残して、債権回収担当の銀行員・坂本が死んだ。死因はアレルギー性ショック。彼の妻・曜子は、かつて伊木の恋人だった……。坂本のため、曜子のため、そして何かを失いかけている自分のため、伊木はただ1人、銀行の暗闇に立ち向かう!

ドラマ化・映画化ドラマ化文学賞第44回江戸川乱歩賞受賞

口コミを紹介

池井戸先生といえば、やはり銀行。下町ロケットや陸王、アキラとアキラ、など多種多様な作品だが、最終的には零細企業が大企業を相手に戦う、そして痛快に大企業を打つ任す。池井戸作品は、大どんでん返しで弱者が挑戦し成功する、サクセスストーリー。
文章の構成などで読者をドンドンと魅了していくと思います。
でも、立て続けて作品を読むと話は非常に面白く、どうなるんだろうと読み進めてしまうけれど、結果的には
サクセスストーリーであるとわかって読んでいる自分がいました。
でも、この作品はサスペンス。しかも江戸川乱歩賞を受賞している。
現在の池井戸潤は当然だが、ヒットメーカーでこの作品は彼のデビュー作。
しかも、サスペンス。私は意外に思って、この本を読みだしました。
中身はやはり銀行が舞台だったので、やっぱりかと思っていましたが、内容は驚くべき本格ミステリー。
今や、飛ぶ鳥を落とす勢いの池井戸先生。文章や構成だって当然、抜群にうまい。
でも、この作品は、デビュー作。でも、驚くのは、まったく鮮やかな文章と構成。
今年、書きましたといわれても全く、驚かないほどの巧みさ。
もし、現在の池井戸作品に少し、慣れを感じてしまっている方がいらっしゃったら、一度、読んでみてください。
同じ銀行でも、ミステリーの銀行、犯人捜し、一気に読破することができます。
ほんとうに、違った意味での大ドン返しが描かれています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

講談社

空飛ぶタイヤ

価格:1,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

その事故は事件だった!直木賞候補の話題作

走行中のトレーラーのタイヤが外れて歩行者の母子を直撃した。ホープ自動車が出した「運送会社の整備不良」の結論に納得できない運送会社社長の赤松徳郎。真相を追及する赤松の前を塞ぐ大企業の論理。家族も周囲から孤立し、会社の経営も危機的状況下、絶望しかけた赤松に記者・榎本が驚愕の事実をもたらす。
実際にあった大手自動車会社のリコール隠しをテーマとした社会派小説。

池井戸潤作品において、初の映画化作品!

※価格は上下巻セット

ドラマ化・映画化ドラマ化・映画化文学賞第136回直木三十五賞候補、第28回吉川英治文学新人賞候補

口コミを紹介

複雑で飽きさせない構成と表現力豊かで読みやすい文体。

緊張と弛緩を繰り返しながら主人公が追い込まれ焦らされる展開が続く。モデルの実際の事件と対照して勧善懲悪を期待しつつもさすがにたまらなくなってきた頃、伏線が回収されて大団円がくる。読者は最後にきっと鳥肌がたつほどの快感を得ることができるだろうと思う。

私は、どんな物事にも捉える角度によってもっともらしい理屈付けができてしまうことの虚しさを知っているつもりである。良識があれば判断の際に少しは逡巡(しゅんじゅん)するものだろうと思う。
だから、本作の人物の描き方についてふと、こんなにバランスを欠いており、利己の一点で単純な一方的なひとがいるのだろうか、とフィクション感を抱きそうになることもあった。悪役の演出が過ぎるのではないかと。
しかし、テレビに映った某政治家さんの言動がまさにそれで、現実感を伴って納得できた(笑)

解説も説得力ある内容で、著者と本作の解説がしっかりされていて、共感できるし理解の役に立った。解説にタイトルがあるのも斬新に感じた。

最後にレビューを書くにあたり、本作が候補だったにもかかわらず受賞作なしだった当時の直木賞選考委員の選評を読んでみた。本離れが進むなかで多くの読者に読まれていることが本作の評価を如実に反映していると思う。
・・・よほどこちらのAmazonレビューのほうが率直だと思った。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

小学館

下町ロケット

価格:778円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

男たちの矜恃が激突する感動のエンターテインメント長編!第145回直木賞受賞作。

第145回直木三十五賞受賞、第24回山本周五郎賞候補

研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた―。

ドラマ化・映画化ドラマ化文学賞第145回直木三十五賞受賞、第24回山本周五郎賞候補

池井戸潤作品の選び方

数多くの池井戸潤作品のうち、どの本から読み始めれば良いのかと悩んでしまうかもしれません。限られた時間の中で、効率的に読書をするためにも、様々な切り口での本の選び方が重要です。

ドラマ化・映画化されているかで選ぶ

人気ドラマや映画の原作となっている本には、他の本よりも面白い要素が多く含まれている可能性が高くなります。池井戸潤の作品には、ドラマ化・映画化されているおすすめの本がたくさんあります。

ドラマ化ならば半沢直樹

ドラマ化された池井戸潤作品としては、「半沢直樹」の原作となった「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」は外せないでしょう。何と言っても、番組平均視聴率42.2%、瞬間最高視聴率46.7%という神がかりとしか思えない数字をはじき出したドラマです。国民の約半数が見ていた計算となりますので、ドラマを見ていなかった人も、ドラマを見ていた人も、原作を読むことであの頃の興奮を再度味わうことができること請け合いです。また、ドラマ化されていないため、今回のランキングでは紹介しておりませんが、半沢直樹シリーズの「ロスジェネの逆襲」、「銀翼のイカロス」についてもドラマ化希望の声が多数上がっています。

 

池井戸潤作品のドラマ化といえば、「下町ロケット」シリーズも外せません。今回のランキングには敢えてピックアップしていませんが、「下町ロケット」シリーズは、既に続編の3作品(「下町ロケット2 ガウディ計画」、「下町ロケット ゴースト」、「下町ロケット ヤタガラス」)が発行され、全てドラマ化されていますので、どの「下町ロケット」から読み始めてみてもいいと思います。

映画化ならば空飛ぶタイヤ

映画化された池井戸潤作品といえば、「空飛ぶタイヤ」と「七つの会議」の2作品があります。どちらも甲乙つけがたい好作品ですが、社会問題を真っ向から取り上げている「空飛ぶタイヤ」を推したいと思います。池井戸潤作品の初の映画化作品である「空飛ぶタイヤ」はドラマ化もされているので、その点でも原作の評価は高くなります。

 

一方、「七つの会議」については、公開から2週間とたたずに、観客動員数100万人、映画の興行収入が12億円を突破するなどと、大ヒットとなっております。まだまだこの数字は伸びるでしょうし、映画から原作を読まれる方も増えてくるのではないでしょうか。原作「七つの会議」では、会社の中の複雑な人間関係がオムニバス形式で読めるので、短編好きにも好感を持たれるでしょう。

文学賞を受賞しているかで選ぶ

映画化・ドラマ化が一般大衆からの目線での評価とすれば、作家目線での評価といえば、各種文学賞を受賞しているかということになるでしょう。池井戸潤作品には、各種文学賞受賞作品も多いです。

直木三十五賞(通称 直木賞)で選ぶ

直木賞は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞です。池井戸潤作品における直木賞といえば、第145回直木三十五賞受賞「下町ロケット」と第142回直木三十五賞候補「鉄の骨」、第136回直木三十五賞候補「空飛ぶタイヤ」の三作品が挙げられます。

 

特に「下町ロケット」は、三度目の正直での直木賞受賞であり、作品としての仕上がりが一段とレベルアップした感があります。今回のランキングでも「下町ロケット」を1位としたのは直木賞受賞が大きな理由です。毎年、直木賞受賞作品は、本屋の一角をその受賞作家の他作品を含めて、直木賞コーナーとなるなど、威厳のある賞です。直木賞受賞作品を読んでおけば、まず間違いなしだと思います。

吉川英治文学新人賞で選ぶ

吉川英治文学新人賞は、新聞、雑誌、単行本等に優秀な小説を発表した作家の中から、最も将来性のある新人作家に贈呈されます。池井戸潤作品における吉川英治文学新人賞といえば、第31回吉川英治文学新人賞受賞「鉄の骨」と第28回吉川英治文学新人賞候補「空飛ぶタイヤ」、第22回吉川英治文学新人賞候補「M1」が挙げられます。

 

吉川英治文学新人賞でも、「空飛ぶタイヤ」は候補止まりで惜しくも受賞を逃しています。また、「鉄の骨」については、3度目の正直での受賞となりました。今回のランキングでは、「空飛ぶタイヤ」については、映画化もされているため、文学賞受賞はなかったものの、候補まで言っていることを考慮して、総合2位としております。

江戸川乱歩賞で選ぶ

江戸川乱歩賞は、長編小説を公募し、優秀作品に与えられることになりました。現在では推理作家への登竜門として知られています。池井戸潤が小学校の頃の夢としていたのが、江戸川乱歩賞の受賞であり、デビュー作「葉つる底なき」でその夢を叶えてしまうあたりに、その後の活躍を示唆していたかと思います。

 

池井戸潤作品での江戸川乱歩賞といえば、第44回江戸川乱歩賞受賞「果つる底なき」のみとなりますが、その後の作品に比べるとミステリー色の強い作品となっています。推理小説などが好きな人が、池井戸潤作品に初めて触れるには、「果つる底なき」がベストだと思います。

山本周五郎賞で選ぶ

山本周五郎賞は、主に大衆文学・時代小説の分野で昭和期に活躍した山本周五郎にちなみ、すぐれた物語性を有する小説・文芸書に贈られる文学賞です。池井戸潤作品には、受賞作はありませんが、第24回山本周五郎賞候補「下町ロケット」、第22回山本周五郎賞候補「オレたち花のバブル」の2作品が候補までいって落選となっています。

 

直木賞及び吉川英治文学新人賞の例にならえば、池井戸潤の次の作品で、山本周五郎賞の候補となれば、3度目の正直での受賞は間違いないでしょう!?2019年夏刊行予定とされている「ノーサイド」に期待しましょう。「ノーサイド」はすでに、2019年7月スタートのドラマ化も決定しており、池井戸潤のファンは今夏が待ち遠しくてたまりません。

池井戸潤のおすすめ本比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:11078の画像

    小学館

  • 2
    アイテムID:11077の画像

    講談社

  • 3
    アイテムID:11076の画像

    講談社

  • 4
    アイテムID:11075の画像

    講談社

  • 5
    アイテムID:11074の画像

    文藝春秋

  • 6
    アイテムID:11073の画像

    藝春秋

  • 7
    アイテムID:11072の画像

    集英社

  • 8
    アイテムID:11067の画像

    集英社

  • 9
    アイテムID:11071の画像

    講談社

  • 10
    アイテムID:11070の画像

    小学館

  • 11
    アイテムID:11066の画像

    徳間書店

  • 12
    アイテムID:11069の画像

    文藝春秋

  • 13
    アイテムID:11068の画像

    講談社

  • 14
    アイテムID:11040の画像

    文春文庫

  • 15
    アイテムID:11065の画像

    講談社

  • 商品名
  • 下町ロケット
  • 空飛ぶタイヤ
  • 果つる底なき
  • 鉄の骨
  • オレたち花のバブル組
  • オレたちバブル入行組
  • 七つの会議
  • 陸王
  • ルーズヴェルト・ゲーム
  • ようこそわが家へ
  • アキラとあきら
  • 民王
  • 不祥事
  • 株価暴落
  • 銀行総務特命
  • 特徴
  • 男たちの矜恃が激突する感動のエンターテインメント長編!第145回直木賞受賞作。
  • その事故は事件だった!直木賞候補の話題作
  • 江戸川乱歩賞受賞の金融ミステリー!
  • 吉川英治文学新人賞に輝いた白熱の人間ドラマ!
  • 「倍返し! 」でメガヒットのドラマ「半沢直樹」シリーズ第2弾!
  • 国民的人気を誇ったTBSドラマ「半沢直樹」、元祖「倍返し」シリーズ第1弾!
  • ありふれた中堅メーカーを舞台に繰り広げられる迫真の物語。傑作クライム・ノベル。
  • 勝利を、信じろ――。 足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。
  • 2014年4月スタート TBS系ドラマ「ROOSEVELT GAME」(ルーズヴェルト・ゲーム)原作
  • 直木賞作家が“身近に潜む恐怖”を描く文庫オリジナル長編
  • ベストセラー作家・池井戸潤の幻の青春巨篇がいきなり文庫で登場! !
  • 夢かうつつか、新手のテロか? 総理と息子の非常事態が発生
  • ◆2015年7月スタート日本テレビ系ドラマ「花咲舞が黙ってない」原作本! 主演:杏◆
  • 最悪の企業テロに隠された真相とは
  • ◆2015年7月スタート日本テレビ系ドラマ「花咲舞が黙ってない」ドラマ化エピソード収録作! 主演:杏◆
  • 価格
  • 778円(税込)
  • 1490円(税込)
  • 713円(税込)
  • 940円(税込)
  • 713円(税込)
  • 713円(税込)
  • 864円(税込)
  • 1836円(税込)
  • 864円(税込)
  • 751円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 713円(税込)
  • 751円(税込)
  • 680円(税込)
  • 751円(税込)
  • ドラマ化・映画化
  • ドラマ化
  • ドラマ化・映画化
  • ドラマ化
  • ドラマ化
  • ドラマ化
  • ドラマ化
  • ドラマ化・映画化
  • ドラマ化
  • ドラマ化
  • ドラマ化
  • ドラマ化
  • ドラマ化
  • ドラマ化
  • ドラマ化
  • ドラマ化
  • 文学賞
  • 第145回直木三十五賞受賞、第24回山本周五郎賞候補
  • 第136回直木三十五賞候補、第28回吉川英治文学新人賞候補
  • 第44回江戸川乱歩賞受賞
  • 第142回直木三十五賞候補、第31回吉川英治文学新人賞受賞
  • 第22回山本周五郎賞候補
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し

まとめ

池井戸潤作品について、ドラマ化・映画化、文学賞受賞に基づいて、おすすめの15作品をランキング形式で紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。池井戸潤作品を初めて読んでみる方達の参考としていただければ嬉しいです。当然、池井戸潤作品を読んだことがある人達にとっては、今回のランキングに納得いかない点もあろうかと思いますが、一つの切り口としてのランキングということでご容赦頂ければ幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ