GPSロガーのおすすめ人気ランキング9選【車にも!経路記録を残そう】

GPSロガーとはGPS衛星を利用して移動した経路を記録する機器で、浮気調査や登山の経路記録、バイクや車などのサーキットでの計測におすすめです。ログの間隔が短い製品やスマホ連動など種類は豊富。そこで今回はGPSロガーの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

GPSロガー(経路ロガー)とは?さまざまな用途で使えて便利!

GPSロガーとはGPS衛星を利用して移動した経路を記録する機器で、経路ロガーとも呼ばれます。サイクリングや車でのドライブ、バイクのサーキットレースでの計測などいろいろな使い方が可能です。浮気調査にもよく使用されています。

 

しかしGPSロガーは種類が多く、小型なものや防水性があるもの、ログの間隔が短い製品・iOSやAndroidのスマホ連動できるものなど商品によって特徴はさまざまです。目的に合ったGPSロガーを選ぶのがポイントですが、どれが良いかわからない方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はGPSロガーの種類や性能などの選び方やおすすめランキングを紹介します。ランキングは機能性・性能・サイズ・重量・稼働時間を基準に作成しました。記事の後半ではGPSロガーの自作方法についても解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

メモリ内蔵タイプのGPSロガーのおすすめ

1位

CloudGPS

Amazon売れ筋ランキング 車&バイク GPSトラッカー部門 2位

(2024/03/01調べ)

小型GPS発信機 plan-MH1

4.5

大容量電池搭載の小型GPS発信機

Cloud GPSの「plan-MH1」は5,000mAhの大容量バッテリーを搭載したコンパクトGPS発信機です。強力磁石が内蔵しているため磁石がさびにくく、どんな場所にも取り付けやすいのが魅力です。取り外しセンサー付きなので、外れた時にすぐに気づけるのも嬉しいポイントです。

サイズ 68x73x27mm 重量 160g
バッテリー 5000mah 充電時間 -
防水性 生活防水

ディスプレイタイプのGPSロガーのおすすめ

1位

ガーミン(GARMIN)

eTrex 32x

3.8

耐久性・耐水性に優れたハンドベルトGPS

ガーミンの「eTrex 32x」は劣悪な環境でも使用できる耐久性と耐水性に優れたハンドベルトGPSです。地形を把握する日本詳細地図がプリロードされているため、登山やサイクリングなどアウトドアスポーツに適しています。

サイズ 5.4 x 10.3 x 3.3 cm 重量 148g
バッテリー 最大25時間駆動 充電時間 -
防水性

GPSロガーとは?

GPSロガーとはGPSの記録を残し、PCやスマホと接続して位置を確認するものです。なかにはディスプレイ付きで本体でそのまま内容を確認できる商品もあります。登山や旅行などの記録やサーキットでのタイム確認、浮気調査などさまざまな使い方が可能です。

GPSロガーとリアルタイムGPSの違いは?

GPSロガーとリアルタイムGPSの違いは、自分の好きなタイミングで現在地を確認できるかどうかです。GPSロガーは移動経路の記録を行う機器で、パソコンに接続しなければ記録を見られません。

 

それに対しリアルタイムタイムGPSは自分が見たいタイミングで居場所を確認できるという違いがあります。

GPSロガーの選び方

自分がどういった用途で使用するかによって欲しい機能は異なります。しっかりと購入前に性能や機能はチェックするようにしておきましょう。

用途で選ぶ

GPSロガーは登山など特定のシーン用の商品もたくさんあります。自分が使用する用途に合わせてGPSロガーの種類を選ぶのもおすすめです。

「登山向け」なら気圧高度計機能の備わったものがおすすめ

登山用のGPSロガーは移動した経路を記録するのも大事ですが気圧計や高度気圧計などの機能が搭載されている商品がおすすめです。また海抜や日時もしっかりと表示できるものをチェックしましょう。

 

万が一のときには耐久性の高さが大切なので、防水性も確認してください。また軽量で電子コンパス機能もついているとより登山を楽しめます。上級者なら地図が無くても問題ありませんが、初心者や不安な方は地図があるGPSロガーを選択ぶようにしましょう。

「浮気調査向け」なら小型がおすすめ

浮気調査に向いているGPSロガーはとにかく小型な製品がおすすめです。相手に気付かれないように取り付ける必要があるので、サイズには特に気を配りましょう。ほかにも24時間体制でログが確認できると便利です。

 

車に取り付ける場合は外にさらされるケースがあるので、雨天時を考えて防水性のあるものを選びましょう。また長時間取り付けたままになる可能性もあるのでバッテリーの持ちも確認しておいてください。

 

モーションセンサー機能付きなら止まっている間は電源をオフにしてくれるのでおすすめです。リアルタイムで現在位置が確認可能な商品だと、証拠を押さえるのに使えます。

「ツーリングや旅行用」なら地図機能搭載モデルがおすすめ

サイクリングや旅行には登山用と同じような商品がおすすめですが、気圧計機能は不要で、知らない場所に旅行に行く場合は地図機能を搭載した商品をチェックしましょう。知らない場所でも地図が分かれば迷子になりにくいのでおすすめです。

 

またログ間隔が短く設定できる商品だと細かい移動のログもあとから確認できます。ほかにも測位するチップが高性能だと誤差なく現在位置を表示するので安心です。

「バイクレース」なら詳細を記録できるサーキット向けがおすすめ

GSPロガーにはサーキット用の商品もあります。これを使うとラップタイムはもちろん、コース上のどこを走行したか軌跡も記録されるので自分のライン取りやコーナリングなどを確認できるのが魅力です。バイクレースに生かしたい方はぜひチェックしてください。

種類で選ぶ

GPSロガーには大きく分けると2種類にわけられます。使い方が少し違うので自分が使用する用途に合わせて種類を選びましょう。

バッテリーの持ちのよさなら「メモリ内蔵タイプ」がおすすめ

メモリ内蔵タイプは本体にディスプレイが付いていないのでサイズがコンパクトで、バッテリーの寿命が長い製品が多いのが特徴です。浮気調査などの相手に気付かれたくない場合や、ペットの行動範囲の確認にも向いています。

 

ディスプレイタイプのように本体だけで現在位置やログの確認ができないので、使用する用途が限られるのが難点ですが、対応OSを持っていれば専用ソフトを利用してその場で現在位置の確認が可能です。

 

性能も良く鞄に入れておくだけで移動した経路を記録してくれるので利便性が高く人気があります。非常にコンパクトな製品が多いので失くしてしまわないようにしましょう。

現在位置を把握するなら「ディスプレイタイプ」がおすすめ

ディスプレイタイプは本体にディスプレイが付いていて、その場で現在位置を表示して確認できる種類です。バックライト機能が搭載されている商品だとディスプレイが見やすいので覚えておいてください。

 

ほかにも歩数計や気圧計を搭載していると登山や旅行に便利です。登山の場合は手袋をしている場合が多いので、手袋をしていても操作できるかも確認しておきましょう。利便性の高いディスプレイタイプですが、ディスプレイの分本体サイズが大きめなのが難点です。

性能で選ぶ

GPSロガーは種類によって性能に大きな差があります。性能が悪いと移動した経路が全く違う場所になるケースもあるので、しっかりチェックして選びましょう。

経路を正確に記録するならみちびき対応など「精度が高い」製品がおすすめ

GPSロガーの基本は移動した経路の記録なので、測位する精度が高いかどうかは重要なポイントです。せっかくログを残しても精度悪く位置が誤差ばかりになってしまっては意味がありません。みちびきなどの衛星やチップの種類などをしっかりと確認しましょう。

細かい移動を記録するなら「ログの間隔が短い」製品がおすすめ

ログの間隔が短い製品だと細かい移動もしっかり記録できるので、より詳細な経路を確認できます。GPSロガーでログ間隔を設定できるものも多いので、自分の用途に合った間隔の製品がおすすめです。

 

短いと細かい移動も確認できる一方で、バッテリーは減りやすくなるので覚えておきましょう。商品によっては1秒から間隔を設定できる商品もあり、浮気調査やペットの移動範囲の把握にはなるべく少ない秒数での設定がおすすめです。

 

逆に登山やアウトドアなど長時間の使用になる場合は、自分のペースに合わせたログ間隔を設定できるものを選びましょう。ログ間隔は下記で紹介するログポイントの最大数も考えて設定する必要もあります。

数日に渡って記録するなら「ログポイントの数が多い」製品がおすすめ

ログポイントの数が多ければ多いほど記録する容量が多くなります。長時間の使用が多い場合はログポイントが多いものを選びましょう。20万ポイント以上ある商品だと1秒間隔のログでもしっかりと記録できます。

 

浮気調査など数日間のログが欲しい場合にもおすすめですが、ログ間隔が長くなればなるほど必要となるログポイントは少なくても問題ないので、使用する用途やログ間隔に合わせて検討してみてください。

電池切れを避けるなら用途に合った「バッテリー容量」がおすすめ

バッテリー容量は大事なポイントです。GPSロガーには乾電池で動くものが多いので事前に把握しておきましょう。ただし使用している環境によってバッテリーの減りは大きく変わります。

 

また乾電池で駆動する製品の場合は、万が一を考えて予備の乾電池も持ち運びましょう。240時間以上駆動できるGPSロガーも販売されているので、自分の用途に合わせたバッテリー持ちをチェックしてみてください。

機能で選ぶ

GPSロガーは商品によって搭載機能が異なります。欲しい機能が搭載されているかどうかしっかりチェックして購入しましょう。

長く使うなら「モーションセンサー機能」がおすすめ

モーションセンサーとは移動が止まると勝手に電源がオフになる機能でです。動いていないときにログを取り続けても意味がありません。この機能が搭載されているとそれだけバッテリーが長持ちするのでおすすめです。

 

特に浮気調査で車に取り付けている場合にはチェックしておきましょう。ペットの移動範囲の把握にも役立ちます。

屋外での使用が目的なら「防水機能」がおすすめ

GPSロガーは基本的に屋外で使用するので、防水は必須ともいえる機能です。登山やサイクリングでは急な天候の変化もあり得ます。車やペットに取り付けて使用する場合も予期せぬ雨や水たまりで濡れてしまう場合があるので防水の有無はよく確認しておきましょう。

パソコン・アプリ・スマホ連動させるなら「Bluetooth機能」がおすすめ

Bluetooth機能が搭載されたGPSロガーもあります。パソコン・スマホ連動の際にケーブルが必要ないため、パソコンやスマホの専用アプリケーションで位置情報を管理したいと考えている方にはおすすめの機能です。

サイズや重量は邪魔にならない「コンパクト」なもの確認

GPSロガーは基本的に小型で軽量の商品がおすすめです。ただしディスプレイが見にくくなってしまっては操作しづらくなってしまうのでディスプレイタイプの場合は見やすい液晶画面のサイズを考慮するようにしましょう。

内部メモリなら「対応PC」をチェック

内部メモリタイプの場合は対応しているPCが必要です。そのため自分が持っているパソコンのOSに対応しているかどうかもしっかりとチェックしておきましょう。なかにはWindowsにしか対応していない商品もあります。

人気メーカーから選ぶ

GPSロガーを人気があるメーカーで選ぶのもおすすめです。ここではMobile Action(モバイルアクション)・GNS Eletronics GmbH・GARMIN(ガーミン)の特徴について解説するので、ぜひ参考にしてください。

バッテリーの持ちの良さなら「Mobile Action(モバイルアクション)」がおすすめ

1週間以上記録できるバッテリー持ちがいいものがほしい方は、Mobile Action(モバイルアクション)がおすすめです。モバイルアクションは精密機器・医療機器などを取り扱う台湾の電気機器メーカー。軽量でコンパクトでバッテリー持ちがいいGPSロガーを取り扱っています。

高性能な位置情報なら「GNS Eletronics GmbH」がおすすめ

位置情報の精度が高いモデルがほしい方は、GNS Eletronics GmbHがおすすめです。GNS Eletronics GmbHは、高品質な電子機器を提供するドイツの電子機器メーカー。みちびき・ガリレオなどの衛星に使用されるほど、精度が高いGPSロガーを製作しています。

デザイン性重視なら「GARMIN(ガーミン)」がおすすめ

デザイン性を重視する方は、GARMIN(ガーミン)がおすすめです。ガーミンは1989年に創業したアメリカの電子機器メーカー。GPSロガーは、スタイリッシュなデザインと高い機能性が魅力です。Bluetooth対応の端末に簡単に接続して高精度の位置情報を確認できます。

メモリ内蔵タイプのGPSロガー人気おすすめランキング6選

1位

CloudGPS

Amazon売れ筋ランキング 車&バイク GPSトラッカー部門 2位

(2024/03/01調べ)

小型GPS発信機 plan-MH1

4.5

大容量電池搭載の小型GPS発信機

Cloud GPSの「plan-MH1」は5,000mAhの大容量バッテリーを搭載したコンパクトGPS発信機です。強力磁石が内蔵しているため磁石がさびにくく、どんな場所にも取り付けやすいのが魅力です。取り外しセンサー付きなので、外れた時にすぐに気づけるのも嬉しいポイントです。

サイズ 68x73x27mm 重量 160g
バッテリー 5000mah 充電時間 -
防水性 生活防水
2位

Garmin

Bluetooth GPSレシーバー 010-02184-01

4.0

ガーミンの「GPSレシーバー 010-02184-01」は、最大13h時間使用できる、ほとんどのBluetooth端末に対応したGPSレシーバーです。シンプルでスタイリッシュなデザインで、GLONASS衛生配置からも受信できるのが魅力です。

サイズ ‎7.6 x 4.19 x 1.78 cm 重量 40g
バッテリー 最大13時間駆動 充電時間 -
防水性 -
2位

キヤノン(Canon)

GPSレシーバーGP-E2

4.1

電子コンパスも内蔵された日本製GPSロガー

世界的メーカーであるCanonからもGPSロガーは発売されています。本体は非常に軽量で気軽に持ち運びができ、シンプルなデザインはまるでGPSと感じさせません。電子コンパスが内蔵されており位置情報がわかります。

サイズ 約54.3×72.9×44.2mm 重量 約81g
バッテリー - 充電時間 -
防水性 -

口コミを紹介

旅行で撮影した写真が何処での写真かが分からないことがあり、これを購入しました。地図上の位置は、拡大すると道路等からずれていることはありますが、何処で撮影したかは十分に分かるので、満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Dig Spice

デジスパイス3

4.4

本格的なスポーツ走行をする車にぴったり

スポーツ走行のためにGPSロガーをお探しの方にぜひチェックしてほしい商品です。地図を読み込んで日本国内の主要なサーキットに対応します。汎用商品でさまざまな車種で使えるのも魅力です。

 

WindowsPCとデータを連携すれば自分の走りを細かく分析できます。走行を見直したい方、よりよい走りを追求したい方など本格的なドライブを楽しむ方におすすめです。

サイズ 幅48.5mm×奥行37mm×高さ15.5mm 重量 28g
バッテリー 約11時間 充電時間 -
防水性 -

口コミを紹介

袖ヶ浦の走行会で使用しました使い方も簡単で使いやすいです。ノートパソコンを持って行ったのでその場で確認出来て面白いですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

サンコー

お散歩ロガー SMGPSFCA

3.7

ログの確認が可能な使い方が簡単な超小型ロガー

超小型のGPSデータロガーでペットの首輪などに付ければペットの行動範囲がハッキリと確認できます。使い方も簡単で充電してスイッチを入れたら持ち歩くだけなので、機械に弱い方でも問題ありません。

 

見やすいGoogle Earthでログの確認が可能で防水機能も搭載されているので使いやすいGPSデータロガーです。

サイズ 幅40×高さ22×奥行14 (mm) 重量 14g
バッテリー 約10時間 充電時間 約4時間
防水性 IPX6

口コミを紹介

このての物につきものですが、いつものことながら、初期設定にとまどいましたが、これはすばらしい。飼い猫の行動範囲調査に使用できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

QSTARZ(キュースターズ)

レーシングレコーダー Qstarz GT BL-1000GT

4.1

リアルタイムに記録と分析ができるバイクサーキット向けロガー

サーキットレース用のGPSロガーです。QRacing APPとのアプリ連携でリアルタイムに走行計測と結果分析ができます。動画に走行データを表示したり、エクスポートしてほかの端末やSNSに共有したりとさまざまな使い方が可能です。

サイズ 81×48×19mm 重量 69g(電池含む)
バッテリー 20 時間 充電時間
防水性

口コミを紹介

サーキット走行の必需品として使っています。iOS版 or アンドロイド版アプリであるRaceChronoとの相性も良いので、サーキットではスマホでRaceChronoアプリを使って簡易的に走行分析しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

メモリ内蔵タイプのGPSロガーおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ 重量 バッテリー 充電時間 防水性
アイテムID:14424554の画像

Amazon

楽天

ヤフー

大容量電池搭載の小型GPS発信機

68x73x27mm

160g

5000mah

-

生活防水

アイテムID:14424688の画像

Amazon

楽天

ヤフー

‎7.6 x 4.19 x 1.78 cm

40g

最大13時間駆動

-

-

アイテムID:14409252の画像

Amazon

楽天

ヤフー

本格的なスポーツ走行をする車にぴったり

幅48.5mm×奥行37mm×高さ15.5mm

28g

約11時間

-

-

アイテムID:14409249の画像

Amazon

ヤフー

ログの確認が可能な使い方が簡単な超小型ロガー

幅40×高さ22×奥行14 (mm)

14g

約10時間

約4時間

IPX6

アイテムID:14409246の画像

Amazon

楽天

ヤフー

リアルタイムに記録と分析ができるバイクサーキット向けロガー

81×48×19mm

69g(電池含む)

20 時間

ディスプレイタイプGPSロガーの人気おすすめランキング3選

1位

ガーミン(GARMIN)

eTrex 32x

3.8

耐久性・耐水性に優れたハンドベルトGPS

ガーミンの「eTrex 32x」は劣悪な環境でも使用できる耐久性と耐水性に優れたハンドベルトGPSです。地形を把握する日本詳細地図がプリロードされているため、登山やサイクリングなどアウトドアスポーツに適しています。

サイズ 5.4 x 10.3 x 3.3 cm 重量 148g
バッテリー 最大25時間駆動 充電時間 -
防水性
2位

GARMIN(ガーミン)

ハンディGPS eTrex30xJ

3.4

登山にもおすすめな独自の測位システムを搭載した高精度なGPSロガー

登山にあると便利な機能の電子コンパスや気圧高度計機能が搭載されている高性能GPSロガーです。登山だけでなく一般的な旅行やドライブにも便利に使えます。電源をオフにしていても気圧高度計は記録を続けてくれます。

サイズ 幅5.4cm x 高さ10.3cm x 厚み3.3cm 重量 148g
バッテリー 約25時間 充電時間
防水性 IPX7

口コミを紹介

UTM座標も設定から表示できました!
あとは操作に慣れていくのみなので頑張ります

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Garmin

ハンディ GPS eTrex 10

4.3

2.2インチディスプレイで見やすいのが魅力

現在地座標やスピードなども表示が可能なGPSロガーです。ディスプレイ付きでサイズは2.2インチもあるのでしっかり確認できます。稼働時間は25時間と長時間のアウトドアなどにも使用が可能です。

サイズ 幅 5.4 cm×高さ 10.3 cm×厚み 3.3 cm 重量 148g
バッテリー 25時間 充電時間
防水性 IEC 60529 IPX 7 standards

口コミを紹介

感度良好、余分な機能が少なく必要な機能は十分です。
GPSファイルをインポートしてルートガイドに使用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ディスプレイタイプGPSロガーのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ 重量 バッテリー 充電時間 防水性
アイテムID:14424693の画像

Amazon

楽天

ヤフー

耐久性・耐水性に優れたハンドベルトGPS

5.4 x 10.3 x 3.3 cm

148g

最大25時間駆動

-

アイテムID:14409267の画像

Amazon

楽天

ヤフー

登山にもおすすめな独自の測位システムを搭載した高精度なGPSロガー

幅5.4cm x 高さ10.3cm x 厚み3.3cm

148g

約25時間

IPX7

アイテムID:14409264の画像

Amazon

ヤフー

2.2インチディスプレイで見やすいのが魅力

幅 5.4 cm×高さ 10.3 cm×厚み 3.3 cm

148g

25時間

IEC 60529 IPX 7 standards

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

iPhoneやAndroidで使えるアプリ版GPSロガーのご紹介

スマートフォンで簡単に使えるアプリ版のGPSロガーには、Googleマップのタイムライン機能のほかにGPSロガー専用アプリもあります。移動手段を選択できたりワンタップで簡単に記録できたりするものや、バックグラウンド動作対応まで種類が豊富です。

 

iPhone用・Android用で対応アプリが異なる場合があるので確認してみてください。しかし他人のスマートフォンに勝手にログインしたりアプリをインストールする行為は違法なので覚えておきましょう。あくまでも自分用に使用してください。

車体にGPSロガーをつける方法

GPSロガーを車体につける場合は、場所によっては位置情報の精度や車速に影響が出てしまいます。どのように取り付ければ正確に機能させられるか確認しましょう。

車に取り付けるには

GPSロガーは車の鉄の部分に磁石でくっつけます。車の下部全体がカバーで覆われている場合はGPSロガーを取り付けられません。GPSロガーは熱や水にとても弱いため、ビニールテープでしっかりと巻き水が入らないように気を付けてください。

 

同様にタイや周辺やエンジンの周辺、マフラー周辺などに取り付けるのは避けましょう。浅い場所につけると簡単に見つかりやすく、深い場所につけると精度が落ちてしまいます。これらに気を付けて車体に取り付けましょう。

バイクに取り付けるには

GPSロガーをバイクに取り付ける場合には、ステップやタンクの下などの目立ちにくい場所がおすすめです。バイクはほかの乗り物によりも振動や揺れが大きいため、磁石や粘着力の高い両面テープを使ってGPSロガーが落下しないようにしましょう。

GPSロガーは自作できる?

既製品で目的に合うのもがない場合など、GPSロガーを自作する方もいます。材料は主に小型ロガー・マイクロSDカード・組み込み用GPS・電源です。既製品には高性能モデルがたくさんありますが、機能にこだわる方や電子工作がお好きな方は試してみてください。

GPSロガーで浮気調査は違法?車に取り付けるときの注意点は?

GPSロガーで浮気調査をするのは違法ではありません。車に取り付けて浮気調査をする場合、車は夫婦共有財産になるので、自分の持ち物に取り付けるのと同様の扱いになります。ただし、探偵などの第三者が設置する場合は違法になります。

 

また浮気調査のために車に取り付ける際は、定期点検・タイヤ交換をする時期に注意して取り付けたり、外したりしましょう。点検時にGPSロガーが発見される場合があります。ドライブレコーダーに取り付ける姿が映らないように注意するのも重要です。

GPS関連商品の記事はこちらから

GPSロガーのほかにもGPSに関連する商品はたくさんあります。以下の記事ではGPS時計・ゴルフウォッチ・ゴルフ距離計のおすすめランキングをご紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

まとめ

今回はGPSロガーの選び方やおすすめランキングを紹介しました。GPSロガー機能がさまざまで、用途によって適したものが異なります。ぜひ本記事を参考に自分の目的に合ったGPSロガーを探してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年11月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

登山用GPSのおすすめ人気ランキング10選【遭難防止に】

登山用GPSのおすすめ人気ランキング10選【遭難防止に】

ウェアラブル端末・スマートウォッチ
【2023年最新】ミッションオイルの人気おすすめランキング11選【ワコーズやサーキット用も】

【2023年最新】ミッションオイルの人気おすすめランキング11選【ワコーズやサーキット用も】

その他自動車・バイク
GPS発信器のおすすめ人気ランキング9選【車の盗難防止に!ドンキホーテで買えるものも】

GPS発信器のおすすめ人気ランキング9選【車の盗難防止に!ドンキホーテで買えるものも】

防犯グッズ
テスター人気おすすめランキング7選【日本製デジタルテスター・サーキットテスターも】

テスター人気おすすめランキング7選【日本製デジタルテスター・サーキットテスターも】

計測用具
【2023年最新版】GPS時計の人気おすすめランキング20選【ランニング・登山で大活躍】

【2023年最新版】GPS時計の人気おすすめランキング20選【ランニング・登山で大活躍】

ランニング用品
【カーブロガー監修】スタッドレスタイヤのおすすめ人気ランキング11選【海外製も比較】

【カーブロガー監修】スタッドレスタイヤのおすすめ人気ランキング11選【海外製も比較】

カー用品