電動バウンサーの人気おすすめランキング10選【ママルーなども】

記事ID10157のサムネイル画像

育児に活躍するゆりかごの様に揺れる電動バウンサー。ママとパパの抱っこのような動きと心地良さを再現して、代わりに赤ちゃんを安心させてあやしてくれます。アップリカやコンビといったメーカー、ママル―やネムリラなどの製品が有名ですが、どれが良いか迷いますよね。今回は電動バウンサーの人気おすすめランキングと選び方をご紹介します。

電動バウンサーは赤ちゃんを安心させて心地よくあやしてくれる

すぐ泣いてしまう赤ちゃんをずっと抱っこするのは大変ですよね。電動ゆりかごと呼ばれる電動バウンサーなら、ママやパパの抱っこに近い揺れと動きを再現して、忙しいママの代わりに赤ちゃんをあやしてくれます。

 

時には、規則的な揺れや動きにより、赤ちゃんは心地よく安らぎ眠ることもあります。ひとえに電動バウンサーといってもメーカーや製品によって、機能やサイズ、重さ、対象年齢などは様々。何より安全性を重視して選びたいですよね。

 

そこで今回は、電動バウンサーの人気おすすめランキングと選び方をご紹介します。ランキングは、安全性・機能性・快適性などを基準にして選びました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

電動バウンサーの人気おすすめランキング15選

10位

Kids II Japan(キッズツージャパン)

ingenuity ロッカー

価格:18,650円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれで高機能なおすすめロッカー!

Kids II Japanが販売している「ingenuity」は、モダンなデザインと機能性を兼ね備えた最新型のロッカー。メロディやバイブレーション機能で赤ちゃんをすやすや寝かしてくれます。リクライニング機能が搭載されており、椅子のように使えるのもGOOD!

対象月齢新生児~24ヶ月対象体重記載なし
電源方式電池式機能リクライニング機能、バイブレーション機能

口コミを紹介

すやすや寝てくれます!

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Joie(ジョイー)

Dremer

価格:12,134円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤ちゃんもママも気に入る電動バウンサー

赤ちゃんもママも安らぐような音楽5曲とさえずりのメロディ機能を搭載した、Joie(ジョイー)の「Dremer」という電動バウンサーも非常におすすめ。お手入れしやすく使いやすく、乾電池3本の電源方式なので、動かしやすいです!

対象月齢1ヶ月~1歳半対象体重13kgまで
電源方式電池式機能メロディー機能、バイブレーション機能

口コミを紹介

組み立てもなくすぐに使用できます。作りも値段の割にはしっかりしていると思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

4moms(フォーマムズ)

mamaRoo 4

価格:46,864円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最先端のハイエンドモデル!

4moms(フォーマムズ)が販売している「mamaRoo 4」は、5つのモーションと最先端の機能を搭載したハイエンドモデル。価格は高価になりますが、Bluetooth対応でスマホから動きや音楽を制御できたりします。

対象月齢新生児~対象体重11kgまで
電源方式ACアダプター機能4つのサウンド

口コミを紹介

それは素晴らしい作品です。 私は一つのことを変えた場合、それはモバイル電子を作ることになるが大好きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

GRACO(グレコ)

Simple sway baby swing

価格:18,843円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能が充実しているものを求める方におすすめ!

GRACO(グレコ)が販売している「Simple sway baby swing」は、コンパクトなサイズ感が特徴の電動バウンサーで、小さいながらに多くの便利な機能が搭載されていておすすめです。スウィングの速度は6段階に調節できます!

対象月齢記載なし対象体重13kgまで
電源方式電池式、コンセント機能2段階バイブレーション

口コミを紹介

商品写真が非常にスタイリッシュで興味を惹かれました。
実際到着して設置してみてもとてもいい感じです!

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Tiny Love

ベビーラック

価格:13,477円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新生児から使える1台3役の優れモノ!

生まれてすぐの新生児に使用できるTiny Loveの「ベビーラック」は、ベビーベッド、バウンサー、ベビーシートとして活躍する1台3役の優れモノ。多機能で赤ちゃんが寝ているときも泣いているときにも最適です。

対象月齢新生児~対象体重18kgまで
電源方式電池式機能メロディーモード、プレイモード

口コミを紹介

バウンサーやベビーラックは水平にならないのでエコノミー症候群になる可能性があると聞き、こちらを購入しました。本当に買ってよかったー!!!!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

コンビ

ネムリラ AUTO SWING BEDi おやすみドーム EG

価格:57,842円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「ネムリラ」のハイグレードモデル

コンビが販売している「おやすみドーム EG」のネムリラは、眠りに理想的な暗さをつくる「スリープシェル」、頭と背座面にまでに優しい「エッグショック」を搭載したハイグレードモデル。高価ですが納得のいく機能と品質です。

対象月齢新生児~48ヶ月対象体重18kg以下
電源方式記載なし機能スリープシェル、エッグショック搭載

口コミを紹介

動作音が静か
赤ちゃんの睡眠の質がアップ!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Kids II Japan(キッズツージャパン)

Bright Starts くまのプーさん

価格:11,975円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「くまのプーさん」に癒されるおすすめの1台!

メロディやバイブレーション機能が搭載された、Kids II Japanの「Bright Starts くまのプーさん」は、フワフワで座り心地バツグンの電動バウンサー。プーさんのような柔らかさで、赤ちゃんを優しく包み込んでリラックスさせてくれますよ。

対象月齢新生児~対象体重3kg~9kg
電源方式電池式機能メロディ機能、バイブレーション機能

口コミを紹介

デザインはいいですね。この商品の特徴です。「ディズニー くまのプーさん」のアイテムは可愛く、大人の好みでもありました。確かに座り心地はよさそうです。結構フワフワ感はありました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

フィッシャープライス

インファント・トドラー

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3wayの用途で長く使えてコスパ最高!

フィッシャープライスが販売している「インファント・トドラー」は、赤ちゃんのお世話や食事に便利なロッカー。3wayの用途で使用することができ、大きくなったらロッキングチェアとして活躍するので、とってもおすすめです。

対象月齢新生児~5歳対象体重18kgまで
電源方式電池式機能ロッキング機能、3WAY

口コミを紹介

起きていても夫婦で食事をしているとベビーベッドに寝かせた娘がぐずり始めたりしてたのですが、こちらに乗せて食卓に連れてくると泣くことはなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アップリカ

Smart Swing Plus

価格:22,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多くの赤ちゃんやママにおすすめしたい電動バウンサー

ママの抱っこに近い心地良い揺れを実現した、アップリカの「Smart Swing Plus」は、入眠・あやし・落ち着かせを92%が効果を実感しました。赤ちゃんやママに嬉しい機能が搭載されており、育児をしっかりサポートしてくれますよ!

対象月齢新生児~17ヶ月対象体重2.5kg~11.4kg
電源方式ACアダプター機能メロディ機能、キャリーハンドル

口コミを紹介

見た目が可愛くておしゃれでした☆あまり無い形のスウィングなので気に入ってます^_^

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

コンビ

ネムリラ AUTO SWING エッグショック BE

価格:35,852円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あやすだけでなく赤ちゃんを守る電動バウンサー

1位に輝いたコンビの「ネムリラ AUTO SWING エッグショック BE」は、超・衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載しているモデル。自然で快適な揺れのオートスウィング、ヒーリングサウンド7曲など、性能と機能が充実していますよ。

対象月齢新生児〜4才頃対象体重18kg以下
電源方式記載なし機能すやすやオートスウィング、ヒーリングサウンド

口コミを紹介

ぐずった時にオート機能で子守りをしてもらっています。
お手洗いや入浴、家事の途中など手が離せない時、少しでも時間が欲しい時、とても助けられています。

出典:https://www.amazon.co.jp

電動バウンサーの選び方

電動バウンサーの人気おすすめランキングはいかがだったでしょうか。どの製品も赤ちゃんを安心させてママの手助けをしてくれるはずです。ここからは製品を選ぶときにチェックしたい項目などの、電動バウンサーの選び方を解説していきます。

電動バウンサーはいつまで使える?「対象月齢」と「使用体重」を守って選ぶ

電動バウンサーは赤ちゃんや小さいお子さんであればいつまでも使用できる。というわけではなく、製品によって使用可能な「月齢」と「体重」が決まっており、利用できる月齢と体重を守ることが大切です。

ほとんどが「生後3か月」から!一部は「新生児」でもOK!

赤ちゃんの首がすわる時期を考慮してのことだと思いますが、電動バウンサーのほとんどは「生後3か月」からを対象としており、「新生児」や生後1か月から使用できるものはごく一部の製品のみです。

 

必ず説明書や商品紹介に記載されている使用可能月齢を守りましょう。電動バウンサーの揺れで心地よくなり眠ってしまう赤ちゃんも多いですが、あくまで”遊具”なので便利でも、対象月齢を守り安全が第一です。

「使用体重」を超えたら卒業させてあげよう

使用可能な月齢を過ぎていれば、いつまでも使い続けられるというわけではありません。使用可能な体重が決まっていて、その体重よりも赤ちゃんが重くなったら、使用するのを止めて卒業させてあげましょう。

 

一般的に電動バウンサーの対象体重は12~15kgくらいとなっており、だいたい2歳くらいまでは使えます。とはいえ2歳にもなると、赤ちゃんも好奇心旺盛で活発に動くため、使い続けさせると危ない、と感じたら使用するのを止めてくださいね!

電動バウンサーを使う場所に合わせて選ぶポイント

電動バウンサーを使う場所や使い方によって、適している重さやサイズ、仕様、機能が変わってきます。持ち運びや移動させるのか、固定した場所で設置するのかなどをイメージしながら、以下のポイントもチェックしていきましょう。

安全性と持ち運びやすさを考慮して「重さ」と「サイズ」を選ぶ

電動バウンサーを設置するためにどれくらいのスペースが必要かをチェックして、「サイズ」を選んでいきましょう。出しっぱなしにするのではなく、使用しないときは収納したいのであれば、折りたたみしやすいかも重要になります。

 

移動したり持ち運びするなら「重さ」も要チェック。10kg以上あるものだと少し不便に感じるかもしれません。ただし、決まっている場所に固定して動かさずに使用するなら、安全性を考慮して多少重量のある製品をおすすめします。

移動するなら「キャスター付き」動かさないなら「固定式」がおすすめ

お昼の時間帯はリビングで、夜の時間帯は寝室で、といったようにシーンや時間に合わせて使用するお部屋を変えるのであれば、電動バウンサーを移動させやすい「キャスター付き」の製品がおすすめです。

 

反対に、リビングと寝室の距離があり移動させるのが面倒、あるいは決まったお部屋で使用する予定であれば、安定させて設置できる「固定式」を選んでも良いでしょう。

絶対に事故を起こさないように「安全性」を重視しよう!ベルトは必須!

転落事故を絶対に起こさないためにも、一番に「安全性」を重視しましょう。落下しないためのベルトは必須。ベルトの隙間から落ちてしまわないか、動いたり寝返りをうっても問題ないか、しっかりチェックしてください。

 

安全に作られていると油断はせずに、床から座面までの「高さ」も確認しておきましょう。あまりに高いと使用方法によっては転落の危険性がでてきます。高さ調節がしやすいハイローチェア式の製品もおすすめですよ。

シーン合わせて「タイプ」を選ぶ

電動バウンサーは、形状や機能で大きく分けると、バウンサータイプとベビーラックタイプの2種類に分けることができます。それぞれ使い方や用途などの特徴が異なるので、シーンに合わせて最適なほうを選んでくださいね。

コンパクトかつ軽量の「バウンサータイプ」

ゆりかごのようにシンプルな設計の「バウンサータイプ」では、基本的に寝かせるだけ・座らせるだけといった用途で使用します。とはいえ、リクライニングの角度を調整できたり、サウンド機能が搭載されたものなど、種類が豊富です。

 

ベビーラックタイプよりもコンパクトかつ軽量なのが特徴で、折りたたみできる製品も多いため、実家へ帰省したり旅行先に持ち運ぶ際に便利です。尚、角度をフラットにできない場合は、新生児には使用できないので注意しましょう。

睡眠や食事にも使える多用途な「ベビーラックタイプ」

リクライニングの角度を倒すことでベビーベッドとして、立てることでベビーチェアとして、1台2役以上に活躍してくれるのが「ベビーラックタイプ」です。テーブルが付属されている製品も多く、食事の際にも便利に使用できます。

 

他にもキャスター付きなので移動が簡単だったり、成長や状況に応じて高さを調整できたりするなど、多機能なのも魅力なポイント。睡眠時はベッド、食事の際はイスとして4歳頃まで長く使い続けられるのも特徴です。

「揺れ方」「動き方」を確認して購入しよう

これまで電動バウンサーは、一定間隔で小刻みに揺れるものが多く、振動の揺れのパターンは限られていましたが、最近では縦揺れだけではなく横揺れ、抱っこの感覚に近いスイングタッチ、円運動など、様々な「揺れ方」や「動き方」が出てきています。

 

赤ちゃんがしっかり安心して泣き止んでもらうためにも、購入する前に、どのように揺れるのか、どんな動き方なのかを確認しておきましょう。

揺れ(スウィング)以外の「機能」に注目して選ぶ

電動バウンサー”揺れ”は基本機能ですが、振動、サウンド、リクライニング、おもちゃなど、製品によって様々な機能が搭載されています。付加機能は便利で活用シーンが広がるため、どんな機能が搭載されているかも注目してくださいね。

リラックス効果を向上させる「バイブレーション機能」

「バイブレーション機能」により、揺れる動きに加えて振動も併せることで、赤ちゃんをより落ち着かせてリラックスさせることができます。優しい振動が赤ちゃんのおしりに伝われば、気持ちよくスヤスヤ入眠してくれるはず。

赤ちゃんが夢中になってくれる「サウンド機能」・「おもちゃ」

揺れるだけではなく、ママも癒されるようなメロディが鳴るサウンド機能や、手遊びができるおもちゃが搭載されていれば、より赤ちゃんが飽きずに夢中になってくれるので、家事や料理で手が離せない時間が多いママにおすすめ!

多用途に長く愛用したいなら「リクライニング機能」

イス部分の傾斜角度を調節できる「リクライニング機能」が搭載されていると、ベビーチェアとして食事の際に赤ちゃんを座らせるなど、用途が広がるだけではなく、赤ちゃんの成長に合わせて長く使い続けることができますよ。

 

電動バウンサーにリクライニング機能が搭載されている場合は、どれくらいの角度まで調節できるのか、何段階まで調節できるのかも、合わせてチェックしておきましょう。

メリット・デメリットを考えて「電源方式」を選ぶ

電動バウンサーは”電気の力”で揺れる遊具であり、電源はACアダプター(コンセント)か乾電池で供給します。ACアダプターと乾電池、2つの電源方式にはそれぞれメリットとデメリットがあります

電池切れがなく耐久性がある「ACアダプター」

「ACアダプター」はコンセントに挿して使用するため、近くにコンセントがある部屋でないと使用できませんが、電源を確保できれば、電池切れの心配がなく気軽に使用することができます。

 

また、耐久性が高く、安定した揺れを実現している製品が多いというのも、ACアダプターの電動バウンサーの特長でしょう。コンセントの面で問題がなく、あまり移動させないのであれば、ACアダプタータイプがおすすめです!

持ち運びや移動に便利な「乾電池」

「乾電池」を利用する電動バウンサーはどこでも使用できるのが最大のメリット。リビングや寝室、お部屋を移動しての使用だけではなく、実家などに持ち運ぶときにも便利。

 

ただし、乾電池は製品によって持ちの良さはまちまちで、すぐ電池切れになってしまうものだと、電池交換の手間とコストが掛かってしまいます。コスパが悪くなってしまうため、使用頻度が高い場合にはあまりおすすめできません。

カバーは洗えるか「洗濯方法」や「お手入れ方法」をチェックしよう

電動バウンサーに月齢の小さい赤ちゃんを乗せると、カバーや本体に、よだれやミルクが付いてしまうのが仕方のないこと。ですが、赤ちゃんの肌に触れるものなので、常に衛生的にしておきたいですよね。

 

お手入れしやすく簡単に洗濯できるものなら、清潔に使い続けられますよ。付属のクッションやカバー部分が取り外しやすいか、洗濯できるのかをチェックしておきましょう。カバー部分が洗濯できる電動バウンサーがおすすめです!

メーカー(ブランド)で選ぶ

電動バウンサーは赤ちゃんが使用するものなので、信頼できるメーカー(ブランド)の製品を選びたいですよね。ここでは、安全性が高く高品質な製品を提供する、おすすめのメーカーをご紹介します。

長く使える「ネムリラ」で有名な「コンビ(combi)」

ベビー用品ブランドの「コンビ(combi)」は、新生児から4歳まで使える電動バウンサー「ネムリラ」シリーズを展開しています。ヒーリングサウンド、オートスウィングなど機能が充実しているのが特徴です。

ママの抱っこリズムを実現する「アップリカ(Aprica)」

「アップリカ(Aprica)」の電動バウンサーは、ママの抱っこリズムを再現しているのが特徴で、状況に応じて使い分けできる2つのオートモードで、入眠・あやし・落ちつかせをしっかりサポートしてくれますよ。

リーズナブルな手動バウンサーを展開する「西松屋」

赤ちゃん用品・マタニティウェアなどの専門店「西松屋」では、自社ブランド「SmartAngel」から、リーズナブルな手動バウンサーをいくつか展開しています。アップリカやコンビの電動バウンサーも取り扱っているようです。

レンタルも提供している「ママル―」でお馴染み「4moms(フォーマムズ)」

「4moms(フォーマムズ)」の「ママルー(mamaRoo)」は、アメリカ生まれの電動バウンサーであり、5つのモーションでパパやママが実際にあやす動きを再現するため、赤ちゃんは腕の中いるような感覚で安いでくれます。

必要な機能や安全性を考慮して「価格」を選ぶ

電動バウンサーの価格はピンキリで、リーズナブルなモデルなら1万円前後で、高機能なハイエンドモデルなら5万円近くします。高価なものほど良いというわけではないですが、品質や安全性に不安要素があるため、安すぎるものもおすすめできません。

 

信頼できる有名メーカーのモデルでも、比較的安価な価格で購入できるものもありますので、品質とコスパのバランスを考慮して価格や予算を決めてみてくださいね。赤ちゃんとママのためにも、納得のいく買い物ができると良いですね。

安全性や衛生面を考えるなら「中古」は避けよう

育児や子育てには想像以上にお金が掛かりますよね。すこしでも費用を抑えたい気持ちは分かりますが、「中古」の電動バウンサーはあまりおすすめできません。

 

中古品はオークションサイトやリサイクルショップなどで、破格の安さで販売されていることがありますが、老朽化しているかもしれませんし、安全性や衛生面を考慮して大事をとるなら、断然コスパの良い「新品」のほうがベターです。

電動バウンサーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5493520の画像

    コンビ

  • 2
    アイテムID:5493551の画像

    アップリカ

  • 3
    アイテムID:5493577の画像

    フィッシャープライス

  • 4
    アイテムID:5493606の画像

    Kids II Japan(キッズツージャパン)

  • 5
    アイテムID:5493630の画像

    コンビ

  • 6
    アイテムID:5493647の画像

    Tiny Love

  • 7
    アイテムID:5493726の画像

    GRACO(グレコ)

  • 8
    アイテムID:5493773の画像

    4moms(フォーマムズ)

  • 9
    アイテムID:5493825の画像

    Joie(ジョイー)

  • 10
    アイテムID:5493849の画像

    Kids II Japan(キッズツージャパン)

  • 商品名
  • ネムリラ AUTO SWING エッグショック BE
  • Smart Swing Plus
  • インファント・トドラー
  • Bright Starts くまのプーさん
  • ネムリラ AUTO SWING BEDi おやすみドーム EG
  • ベビーラック
  • Simple sway baby swing
  • mamaRoo 4
  • Dremer
  • ingenuity ロッカー
  • 特徴
  • あやすだけでなく赤ちゃんを守る電動バウンサー
  • 多くの赤ちゃんやママにおすすめしたい電動バウンサー
  • 3wayの用途で長く使えてコスパ最高!
  • 「くまのプーさん」に癒されるおすすめの1台!
  • 「ネムリラ」のハイグレードモデル
  • 新生児から使える1台3役の優れモノ!
  • 機能が充実しているものを求める方におすすめ!
  • 最先端のハイエンドモデル!
  • 赤ちゃんもママも気に入る電動バウンサー
  • おしゃれで高機能なおすすめロッカー!
  • 価格
  • 35852円(税込)
  • 22000円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 11975円(税込)
  • 57842円(税込)
  • 13477円(税込)
  • 18843円(税込)
  • 46864円(税込)
  • 12134円(税込)
  • 18650円(税込)
  • 対象月齢
  • 新生児〜4才頃
  • 新生児~17ヶ月
  • 新生児~5歳
  • 新生児~
  • 新生児~48ヶ月
  • 新生児~
  • 記載なし
  • 新生児~
  • 1ヶ月~1歳半
  • 新生児~24ヶ月
  • 対象体重
  • 18kg以下
  • 2.5kg~11.4kg
  • 18kgまで
  • 3kg~9kg
  • 18kg以下
  • 18kgまで
  • 13kgまで
  • 11kgまで
  • 13kgまで
  • 記載なし
  • 電源方式
  • 記載なし
  • ACアダプター
  • 電池式
  • 電池式
  • 記載なし
  • 電池式
  • 電池式、コンセント
  • ACアダプター
  • 電池式
  • 電池式
  • 機能
  • すやすやオートスウィング、ヒーリングサウンド
  • メロディ機能、キャリーハンドル
  • ロッキング機能、3WAY
  • メロディ機能、バイブレーション機能
  • スリープシェル、エッグショック搭載
  • メロディーモード、プレイモード
  • 2段階バイブレーション
  • 4つのサウンド
  • メロディー機能、バイブレーション機能
  • リクライニング機能、バイブレーション機能

まとめ

電動バウンサーは大切な赤ちゃんが使用するものだからこそ、安全を第一にしてしっかり選びたいですよね。サイズや重さもチェックして、理想の揺れと便利な機能を搭載した1台を見つけてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ