金武町の匠「松堂登」作 三線

寄附金額: 300,000

沖縄県を代表する弦楽器である三線。
古くはかつて14世紀末、琉球の時代に当時貿易が盛んにおこなわれていた中国から三線の原型である三絃(サンスェン)が持ち込まれました。
15世紀には当時の王・尚真(ショウシン)により士族の教養の一つとして奨励されるようになりました。

金武町の匠「松堂登」作 三線の基本スペック

寄附額 300000 カテゴリ 伝統技術
内容量 三線(縞黒、本蛇皮) 1挺
ティーガー、専用ケース
自治体 金武町

金武町の匠「松堂登」作 三線のサイト比較

金武町の匠「松堂登」作 三線その他の情報

申込み 何度も申し込み可 申込期日 通年
発送期日(配送時期) 寄附受付より約1ヶ月~2ヶ月 配送対応 常温配送,別送対応
事業者名 松堂太鼓三味線店
※gooふるさと納税は、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がgooふるさと納税に還元されることがあります。
※ページの内容は2024年03月25日 現在の情報となり、申込期限や在庫状況によって提供を終了している場合があります。
また、10/1以降のふるさと納税制度改正に伴うお礼品の寄付金額の変更及び提供の終了があるので詳しくはリンク先のお礼品ページをご確認ください。

伝統技術カテゴリの還元率ランキング