[№5668-0198]【2024年3月より発送】瀬戸内のオリーブ苗木2本セット

寄附金額: 10,000

小豆島で育てられたオリーブ苗木をお届けします。オリーブは自家受粉しにくく、異種間交配で実がつくので、実をつけるには2種類以上の品種を育てるのがお勧めです。
お庭に2本並べて植えれば2~3年で実をつけることも。植木鉢に植えて観葉植物として育てるのもお勧めです。
四葉のクローバーを見つけると幸せになれるという「言い伝え」があるように、オリーブの島「小豆島」では「ハートの形をしたオリーブの葉っぱ」を見つけると幸せになれるといわれています。しおりにしてお財布やポーチに入れて持ち歩くと幸せがおとずれるかも。

◆育て方
【栽培環境】
オリーブは日光を好みます。日当たりが良好な場所を選びましょう。
【水やり】
土の表面が乾いたら、少し流れ出るくらいたっぷり与えます。夏場以外は水のやりすぎにご注意下さい。苗木が水分を吸収しない時季に水をやりすぎると根腐れをおこし、枯れの原因となります。

◆その他
葉表面に白い斑点が見える場合がありますが、これは水分が蒸発した跡であり、農薬または病気ではありません。
冬になり気温が低下すると苗木は樹勢回復の為、水分を吸わなくなり葉が落ちやすく黄色になりますが、春になると新芽がつきます。

※画像はイメージです。
※出荷時期や品種等によって成長が異なるため、多少サイズにバラつきがあります。

オリーブの産地、小豆島
明治時代に日本で初めてオリーブ栽培に成功したのがここ小豆島です。なぜ小豆島なのかというと、オリーブの生産が盛んな地中海地域の気候と似ていたからです。オリーブには「平和」や「知恵」といった花言葉があります。花言葉に合わせながら贈り物として選ぶのはもちろん、ご自宅のシンボルツリーとして楽しんでみてはいかがですか?
3月15日は何の日か知っていますか?3月15日は『オリーブの日』です。『オリーブの日』とは「より多くの人にオリーブを知ってほしい」という願いを込めて制定された記念日です。昭和25年3月15日、小豆島で昭和天皇がオリーブの種まきをされたことを踏まえ、小豆島の「オリーブを守る会」が、3月15日をオリーブの日と定めました。香川県の県花・県木にも指定されており県民にも親しまれています。

[№5668-0198]【2024年3月より発送】瀬戸内のオリーブ苗木2本セットの基本スペック

寄附額 10000 カテゴリ 花・苗木
内容量 高さ45cm前後(ポットの高さを含む)の苗木2本。(違う品種の苗木を各1本お届けします。品種はお任せください) 自治体 土庄町

[№5668-0198]【2024年3月より発送】瀬戸内のオリーブ苗木2本セットのサイト比較

[№5668-0198]【2024年3月より発送】瀬戸内のオリーブ苗木2本セットその他の情報

申込み 何度も申し込み可 申込期日 2024年10月30日まで
発送期日(配送時期) 2024年3月中旬より順次配送 配送対応 別送対応
事業者名 一般社団法人setouchiとのしょう
※gooふるさと納税は、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がgooふるさと納税に還元されることがあります。
※ページの内容は2024年04月17日 現在の情報となり、申込期限や在庫状況によって提供を終了している場合があります。
また、10/1以降のふるさと納税制度改正に伴うお礼品の寄付金額の変更及び提供の終了があるので詳しくはリンク先のお礼品ページをご確認ください。

花・苗木カテゴリの還元率ランキング