国宝「太刀 銘 為次(狐ヶ崎)」写し作成記念の御刀印と吉川元春花押印セット

寄附金額: 6,000

戦国の将、吉川氏ゆかりの地・北広島町から、『国宝「太刀 銘 為次(狐ヶ崎)」写し作成記念の御刀印と吉川元春花押印セット』を返礼品としてご用意しました。

(御刀印)
吉川家に800年余伝えられた守り刀・国宝「太刀 銘 為次(狐ヶ崎)」(岩国市 吉川史料館所蔵)。
北広島町在住の広島県無形文化財保持者・三上貞直刀匠が、その写し作製に挑みました。
この事業の開始を記念して、吉川氏ゆかりの枝の宮八幡神社(北広島町)社家で書家の森脇照芳さんによる書を、町内在住の版画家島田青坪さんが木版画で1枚ずつ手刷りした御刀印を制作しました。

(吉川元春花押印)
明治政府による吉川元春の正三位追贈を記念して明治42年(1909)設立された新庄女学校(現在の広島県新庄学園)に、昭和30年、吉川家から寄贈された元春自筆書状に記された名前と花押です。
書状に年号はありませんが、元春花押の編年から最晩年の天正7年(1579)から天正14年死没までの間のものと考えられます。

(石州 勝地半紙)
使用した和紙は、吉川氏が山陰の雄、尼子氏との合戦で勝ち鬨を挙げたと伝えられる勝地(島根江津市桜江町)で作られている手漉き和紙です。

国宝「狐ヶ崎の太刀」写しの作製事業は、三上刀匠の手により刀身が完成し(2022年3月)、続いて鞘や柄などの拵(こしらえ)の製作が進行中です。
この事業を通して、吉川氏の歴史をより深く知っていただくとともに、作刀にかかわる伝統技術の保存・継承に寄与することを目指しています。

14~16世紀にかけて吉川家が居を構えた北広島町には、今でも多くの文化財や遺跡が残り、当時の繁栄を伺い知ることができます。
枝の宮八幡神社もそのひとつで、本殿は天正3年(1575)に吉川元春・元長親子が再建し、三間社流れ造り、銅板葺きの風格ある佇まいで現存し、広島県重要文化財に指定されています。
ゆかりの地からお届けする『国宝「太刀 銘 為次(狐ヶ崎)」写し作成記念の御刀印と吉川元春花押印セット』で、戦国の歴史に思いをはせてみてください。

国宝「太刀 銘 為次(狐ヶ崎)」写し作成記念の御刀印と吉川元春花押印セットの基本スペック

寄附額 6000 カテゴリ 民芸品・工芸品
内容量 国宝「太刀 銘 為次(狐ヶ崎)」写し作成記念の御刀印と吉川元春花押印セット〔2枚組〕
(印の説明と吉川家家紋入り封筒付き)
製造地:広島県北広島町

サイズ:御刀印・花押印ともに10×15cm
原材料:手漉き「石州 勝地半紙」(島根県江津市桜江町)使用
自治体 北広島町

国宝「太刀 銘 為次(狐ヶ崎)」写し作成記念の御刀印と吉川元春花押印セットのサイト比較

国宝「太刀 銘 為次(狐ヶ崎)」写し作成記念の御刀印と吉川元春花押印セットその他の情報

申込み 何度も申し込み可 発送期日(配送時期) お申込みより1~2週間程度で順次発送
(年末年始の発送はお休みとなります)
配送対応 常温配送,別送対応 事業者名 安芸吉川会
※gooふるさと納税は、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がgooふるさと納税に還元されることがあります。
※ページの内容は2024年04月16日 現在の情報となり、申込期限や在庫状況によって提供を終了している場合があります。
また、10/1以降のふるさと納税制度改正に伴うお礼品の寄付金額の変更及び提供の終了があるので詳しくはリンク先のお礼品ページをご確認ください。

民芸品・工芸品カテゴリの還元率ランキング