ガラスキャニスター(木蓋)【085】

寄附金額: 10,000

 16歳で陶芸の道を志し、以来50年にわたり研鑚を積んだ清水焼の伝統工芸士、八木徹氏が井手の地で開いた海峰窯。その海峰窯の熟練した職人は、清水焼の伝統を守りながらも、ガラスへの絵付けなど、常に新たな挑戦を続け、日々新たな作品が世に送り出されています。
ガラスは陶器と比べ温度変化により割れやすく、溶けやすいため焼き付けが難しいですが、海峰窯では、ガラスでもしっかり定着するような顔料を調合を試行錯誤しながら発見し、焼き付けの温度や時間なども含めて独自の絵付け技術を確立しました。
 今回は、ガラスキャニスターに、町内を流れる南谷川の「源氏ボタル」を描きました。川にせり出した大きなモミジの木にゆっくりと飛び交う「源氏ボタル」は昭和30年頃、まるでクリスマスツリーのように幻想的な風景を作り出していました。源氏ボタルを丁寧に絵付けし、その後窯で低温でじっくりと焼き付けることで、色鮮やかなガラスキャニスターに仕上げました。
そんな事を思いながら、ぜひ一度井手町を訪れてみてください。

※海峰窯ではガラスキャニスター自体の製造は行っておりません。
※ガラスキャニスターに源氏ボタルを丁寧に絵付けし、その後低温で窯でじっくりと焼き付ける工程を行うなど独自の絵付け技術により手間暇かけて色鮮やかな京絵付けガラスキャニスターに仕上げました。

ガラスキャニスター(木蓋)【085】の基本スペック

寄附額 10000 カテゴリ
内容量 ガラスキャニスター(木蓋)1個 Φ約8,5㎝ 高さ約15,8㎝ 自治体 井手町

ガラスキャニスター(木蓋)【085】のサイト比較

ガラスキャニスター(木蓋)【085】その他の情報

申込み 何度も申し込み可 配送対応
事業者名 八木海峰(海峰窯)
※gooふるさと納税は、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がgooふるさと納税に還元されることがあります。
※ページの内容は2024年04月12日 現在の情報となり、申込期限や在庫状況によって提供を終了している場合があります。
また、10/1以降のふるさと納税制度改正に伴うお礼品の寄付金額の変更及び提供の終了があるので詳しくはリンク先のお礼品ページをご確認ください。

皿カテゴリの還元率ランキング