B-23 日立発 日立ブレンドコーヒー詰め合わせセット(10個)

寄附金額: 8,000

【商品概要】
日立ブレンドは、日立市出身の店主がUターン企業を機に商品化。
クラウドファンディングを活用し、多くの市民と一緒に日立市をイメージして共同開発。
原料も日本の流通量5%未満の高品質なコーヒーのみを使用し、工房にて焙煎直後すぐに袋詰めし、コーヒーの風味を閉じ込めました。
今回は日立ブレンドをはじめ、人気の高い銘柄、季節のおすすめを組み合わせた、飲み比べセットにしております。
飲み比べ体験を通して、お気に入りのコーヒーを見つけていただければ嬉しいです。

【株式会社ただいまとは】
ひとりでも多くの人が、「思い、思われる」ことの力強さを感じ、自分の居場所を見つけて、安心して立っていける社会の一役になることを目指し、2018年に創業。
現在は、世界の珈琲農家の栽培努力が、正当な評価に繋がる品質の高いコーヒー豆の購買量を増やしながら、9名のメンバーと共に、うちカフェ専門店兼焙煎所である「ただいまコーヒー」と地域の玄関口になるコミュニティカフェである「GENKAN」を運営。
加えて、茨城県を中心に様々な業態のカフェの立ち上げに約40件ほど関与。
コーヒーの実技研修や接客社内研修などを主催し、累積の参加者は1,000人(2022年時点)を超えている。

【代表焙煎士の紹介】
和田昂憲。日立市出身。中学2年生の時に純喫茶に行ったことがきっかけでコーヒーにハマる。
立命館大学国際関係学部へ進学。大学時代の主な関心は、コーヒーを使った国際開発と国際金融。
卒業後、喫茶店文化の中心地である愛知県の会社にて2年間修行。
茨城県のビジネスコンペティションで優秀賞獲得を機にUターンをし起業。
コーヒーの産地にはこれまで5カ国訪問。(インドネシア、ミャンマー、タイ、東ティモール、コスタリカ)。
2019年焙煎日本大会で全国入賞。
2021年東ティモールコーヒーフェスティバルの国際審査員。
2022年、社会起業家の登竜門と言われるETIC.社会起業塾イニアシティブに花王枠で全国より選抜。
社会起業家として、全国雑誌であるソトコトに6ページ特集される。

B-23 日立発 日立ブレンドコーヒー詰め合わせセット(10個)の基本スペック

寄附額 8000 カテゴリ ドリップ
内容量 自家焙煎ドリップバッグコーヒー 10袋(1杯分12g) 自治体 日立市

B-23 日立発 日立ブレンドコーヒー詰め合わせセット(10個)のサイト比較

  • ふるさとチョイス
    掲載自治体数No.1

B-23 日立発 日立ブレンドコーヒー詰め合わせセット(10個)その他の情報

申込み 何度も申し込み可 配送対応 常温配送,別送対応
※gooふるさと納税は、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がgooふるさと納税に還元されることがあります。
※ページの内容は2024年05月24日 現在の情報となり、申込期限や在庫状況によって提供を終了している場合があります。
また、10/1以降のふるさと納税制度改正に伴うお礼品の寄付金額の変更及び提供の終了があるので詳しくはリンク先のお礼品ページをご確認ください。

ドリップカテゴリの還元率ランキング