【2024年版プロ監修】真空パック器のおすすめ人気ランキング12選【日本製やフードセーバーも!】

アイリスオーヤマ (IRIS OHYAMA)
Zwilling J.A. Henckels
DUCKY (ダッキー)
暮らしの幸便
OHM (オーム)
SOLIS (ソリス)
IRIS OHYAMA (アイリスオーヤマ)
CCP (シーシーピー)
シーシーピー (Ccp)
ファンク
TOKAI (東海)

魚などの食材の酸化や劣化を防ぐ真空パック器・真空シーラーは、アイリスオーヤマやソリスなどのメーカーから業務用や家庭用、専用袋不要のフードセーバーや簡単操作と評判の商品などが多く販売しています。今回は真空包装機・家庭用真空パック器の選び方やおすすめ商品を比較し、ランキングでご紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

真空パック器とは?魅力って?食品の酸化を防ぐ便利な商品!

魚などの食材の鮮度を保ったまま長期保存できたら、とても便利ですよね。家庭用の真空パック器・真空シーラーを使えば、雑菌や酸化による食材の変質を防げるだけでなく、料理の際に食材にしっかりと下味を染み込ませられます。簡単操作と評判のソリスや日本製の家庭用、業務用などさまざまです。

 

大量に買った食材を消費できなくて困った経験のある方も多いですよね。実は、強力な吸引力で一気に真空状態にするため、食材を劣化させずに鮮度を長持ちさせられます!食材の鮮度を保てるだけでなく、小分けにして収納できるのも人気のポイントです。

 

今回は真空パック器のおすすめ人気ランキング12選を紹介します。また真空パック器の正しい選び方や、真空パック器とフードシーラーの違いについても解説。さらにはコストコやヤマダ電機で購入できるのかについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

卓上タイプ真空パック器のおすすめ

1位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

VPF-S50

保存だけでなく調理にも大活躍な真空パック

余った食材を簡単に真空パックして保存できるフードシールです。食材の保存はもちろん、下ごしらえや低温調理など調理の際にも活用できるため、料理の幅が広がります。使い方も簡単で、場所を取らずに収納が可能です。

基本情報
サイズ 幅約37.6×奥行約9×高さ約6.9cm
タイプ 卓上タイプ
消費電力 80W
ロールカッター -
ロック操作 ふたをしっかり閉める
専用袋サイズ 幅約20×長さ約30cm
専用袋素材 ナイロン、ポリエチレン
もっと見る

ハンディタイプ真空パック器のおすすめ

1位

Zwilling J.A. Henckels

真空ポンプ

充電式だからいつでも手軽に使用ができる真空シーラー

コンパクトな形状とかわいいデザインが人気の真空パック器です。充電式採用で好きな場所で手軽に使用ができます。電動式ポンプなのでボタン1つで自動で真空密封が可能で、機械が弱い方でも楽に使用がしやすい人気の商品です。

基本情報
サイズ 長さ: 5.00 cm 幅: 5.00 cm 高さ: 19.00 cm
タイプ ハンディタイプ
消費電力
ロールカッター
ロック操作 片手ロック可能
専用袋サイズ
専用袋素材
もっと見る

専用袋不要真空パック器のおすすめ

1位

DUCKY(ダッキー)

真空パック器 DUCKY(ダッキー)

日本製no液体対応のダッキー

吸気能力が高く、時間のない現場でも使われる点からも、短時間でも質の高い真空パックできるおすすめの真空パック器です。

 

集水タンクに水が溜まる仕組みで本体の機械部分に水がいかず、液体でも真空パックができ、液体が機械内部に入る心配もなく安心して作業できるノズル式の真空パック器になっています。そのためどんな食材にも対応可能です。

基本情報
サイズ W345×D165×H90(mm)
タイプ 卓上タイプ
消費電力 135W
ロールカッター -
ロック操作 -

真空パック器とフードシーラーは何が違うの?

フードシーラ―と真空パック器の違いは、真空状態にする機能の有無です。真空パック器には、袋の空気を抜いて真空状態にする機能が搭載されていますが、フードシーラーには搭載されていない場合がほとんどです。

 

フードシーラーのパッキング機能は鮮度を長持ちさせる効果はないので注意が必要です。しかし、フードシーラーにも真空パック機能が搭載されているものもあるので、購入前に確認しておきましょう。

現役家電販売員が教える真空パック器の選び方

専門家プロフィール画像
取材協力

現役家電販売員

たろっさ

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ブログURL:https://taromomo.com/

たろっささんの画像

たろっささん

非常に商品数が多い真空パック器ですが以下の3つの観点で選べばまず間違いないです!

ハンディ型や卓上型などのサイズをチェック

たろっささんの画像

たろっささん

まずは真空パック機で重要な事は「ハンディ型か卓上型か」というところです。サイズ感的にはもちろん卓上型のほうが機能面などでも優れている場合がほとんどですが、どうしてもかさばってしまうため、普段置いておくための場所の確保が必要になります。


対するハンディ型はキッチンだけでなく、真空にして保存をすることでかさばらないようにできるハンカチやタオルなどにも使用できるため、さまざまな場所での使用ができるのがメリット。ただし、性能自体が据え置き型に比べると少し劣るというところもあるので、そちらはしっかり確認しましょう。


また、サイズ感も重要。塊肉や大きな切身などをパッケージしたい方は大きめのものを選ぶようにしましょう。

スピードなどの機能性も重要なロールカッター

たろっささんの画像

たろっささん

本体のみで裁断のできるロールカッタータイプのものを選ぶことにより、別途カッターやハサミを用意しなくてもよいため、より手軽に使用することが出来ます。


さらにスピードも製品によってまちまちです。30秒程度でパッケージできるものもあれば、1分以上かかってしまうものもあるため、大量に使用をすることがある方はこちらも気にすると良いでしょう。


また、運転音が静かなものを選ぶと赤ちゃんやペットが驚いたりしないのも嬉しいポイントです。

家庭用より高機能な業務用真空パック器

たろっささんの画像

たろっささん

食品工場やスーパーの食品売り場で使用されているような真空パック機も今は通常のパック機と同じように家庭用としても販売されています。もちろん本体自体の価格もかなりになりますし、大きさや重量なども通常のものとは比較にならないですが、フードパックに食品を入れて本体内にセットするだけでOKなど、性能が段違いです。


お手入れの手間なども発生はしますが本格的なパッケージや小規模のお店などをやっている方はこちらもチェックしてみましょう。

編集部おすすめの口コミでも人気なフードセーバーの選び方

ではフードセーバーの選び方をご紹介します。タイプや使用する環境に加え、使用者の声を口コミでも確認すれば、お気に入りの商品が見つかるはずです。参考にしてみてください。

長期保存したい方は「脱気力・吸引力」をチェック

真空パック器を購入する際に重要なのは脱気圧力・吸引力です。脱気力・吸引力の値はkPa(キロパスカル)であらわし、この数値がどれだけ長時間鮮度を保って保存できるかに関係しています。長期保存したいなら70-80kPa程度が強力でおすすめです。

 

機種によっては50-60kPaの製品もありますが、業務用として使用するわけではなく、一般家庭で使用するように、肉や魚などの食品を真空パックにするのなら、特に問題なく使用できます。用途によって脱気力や吸引力の強さの機種を選んでください。

真空パック器本体のサイズで選ぶ

真空パック器を購入するときには、本体のサイズにも気に掛ける必要があります。毎日使うものだからこそしっくりするサイズの機種を選んでください。

「家庭用」なら脱気力が弱めのコンパクトサイズがおすすめ

家庭用は、脱気力が弱めでキッチンに置けるコンパクトサイズでお手入れもしやすい仕様になっています。脱気力は鮮度を保てる保存期間を示し、単位kPa(キロパスカル)の数値が大きくなるほど長期間の保存が可能です。家庭用なら70~80kPaもあれば十分になります。

 

 

本格的な業務用・商業用の真空パックには、真空包装機や真空パック機と呼ばれる大型サイズの機械があり、家庭用よりも操作性やメンテナンスが難しく値段も高くなるのも特徴です。そこで、「機械」が苦手な方も家庭用のコンパクトサイズをおすすめします。

「業務用」なら脱気力が高い大きい真空包装機・真空パック機がおすすめ

業務用であれば完璧な真空状態を作れます。サイズも大きいタイプが多くて値段も高くなり、お手入れなどもメンテナンスにも手間がかかるのも特徴です。業務用の脱気力は80kPa以上から95kPa程度のモデルが多く、真空包装機・真空パック機と呼ばれています。

あると便利なモードで選ぶ

ここでは真空パック器を購入の際に、あったら便利なプラスアルファな機能で選ぶための、いくつかのポイントをご紹介します。

液状・液体対応には「キャニスターモード」付がおすすめ

一般的な真空パック機の場合、液状・液体の食材に使用すると故障の原因になり、使用を推奨されていません。ただしキャニスターモードや集水タンクが付いていれば、液状対応可能です。キャニスターとは、ホースを使って内部を真空状態にする容器を指します。

 

キャニスターがあると、カレーやスープだけでなく、果物などもみずみずしい状態で真空保存が可能です。

しっかり密封したい方は「シール時間が長めに設定できる」タイプがおすすめ

汁気がある肉・魚・煮物のような食材を密封する場合、短いシール時間では袋がしっかり閉まらない場合があります。そのためシール時間が長めに設定可能なものがおすすめです。長く真空状態を保ちやすくなります。

汁物対応を求める方は「モード調節機能付き」がおすすめ

真空パックをするときにすべてが一定の強さで吸引されたら、水分量が多いものなどは水分が逆流してしまい、うまく閉まらなくなってしまいます。そこであると便利なのが、吸引の強弱のモードです。

 

吸引力のレベルを調整できると、汁物など汁気のあるものは弱めにゆっくりと、しっかり真空をしたい食材は強めに真空と、使い分けができます。また、自動と手動を切り替えるモードがあると、更に細かく調整ができるので、更に使える幅が広がるのも特徴です。

機械が苦手な方は「操作性が簡単」なものがおすすめ

真空パックを初めて使う方や機械が苦手な方には、操作が簡単でシンプルなものがおすすめです。真空パックには食材によって、モードや機能を使い分けなければ行けないものがあります。そんな真空パック器を初めての方が使ってもなかなか使いこなせません。

 

なので、初めて真空パック器を購入する方は、操作がシンプルなものを選んでください。

扱いやすさ・機能で選ぶ

毎日使うものだからこそ扱いやすさや機能も重要なポイントです。ここでは最低限欲しい機能をご紹介します。

女性には「軽い力でロックできる」タイプがおすすめ

真空パックを作るときに、袋が移動しないように本体をロックします。さまざまなタイプのロックがあり、たとえばレバーやハンドルを回したり、上下させたりしてロック可能であれば、力を使わずに容易に操作可能です。

使いやすさを求めるなら「ロールカッター付き」がおすすめ

ロールカッターがないと面倒くさ過ぎて、真空パック器を使わなくなっていってしまうほど重要な装備です。真空パック器の多くは専用の袋に食材を入れて、それを真空パック器で空気を抜いていきます。この専用の袋は基本的にロール状です。

 

料理や、食品管理を簡単にする家電を使っているのに、その家電を使うの自体が面倒になっては意味がありません。なので、便利に真空パック器を使おうとしている方には、ロールカッター付きのものがおすすめです。

時間を節約したい方は「短時間でパックできる」ものがおすすめ

食材を小分けにしたり、大きな物をパックしたりと、真空パック器は頻繁に使う電化製品です。しかし、頻繁に使う物がパックをするまでに相当な時間が掛かったら、時間がもったいないと感じてしまいます。

 

なので、パックをし終えるまでの時間も選ぶ際の重要なポイントです。長いものだと1分やそれ以上掛かるものもあります。しかし短いものだと、10秒やそこらでパックをが可能です。なるべくパックまでに時間が掛からないものを選んでください。

静かに使いたい方は「静音性」が高いものがおすすめ

真空パック器を初めて使うと、その大きな音にびっくりするかもしれません。真空パック器は、その小さな見た目とは裏腹に吸引の際に意外と大きな音が出ます。赤ちゃんなどがいる家庭は、突然の大きな音は気を付けなければいけません。

 

真空パック器の音は使っている本人には大きな音に感じますが、家の外まで響く大きさではありません。なので、朝方や夜中でのしようを控えれば、迷惑にならずに真空パック器を使えます。

便利さを求めるなら「余分な水分」を抜く機能付きがおすすめ

真空パック器の中には、空気と一緒に食品に含まれる余分な水分を取り除いてくれる機能を搭載した商品もあります。取り除かれた水分は、機械内のタンクに溜まっていく仕組みです。水分を取り除きたいと考えている方はチェックしてください。

用途に合った脱気方法で選ぶ

脱気方法には吸引溝タイプとノズルタイプの2種類があります。操作の仕方に加えて、メリット・デメリットをチェックしてください。

自動で脱気・シールをするなら「吸引溝タイプ」がおすすめ

吸引溝タイプは袋を溝へセットして、自動で脱気やシールが可能です。一度方法を覚えれば簡単に操作できるので初めて真空パック器を買う方におすすめです。1枚あたりの価格が高いのがデメリットですが、空気が入りにくく鮮度が長持ちするため、食材の鮮度を重視する方にはうってつけといえます。

市販のポリ袋を脱気するなら「ノズルタイプ」がおすすめ

一方ノズルタイプの場合には、凹凸のないような市販のポリ袋も脱気でき、専用袋不要です。そのためコスパはいいですが、操作がやや難しくて慣れるまでに時間がかかるため、上級者向けになっています。

タイプで選ぶ

真空パック器には大きく分けて2パターンのタイプがあります。それらの選び方や特徴を紹介しますので、参考にしてください。

魚などいろいろな種類の食材に使いたいなら「卓上タイプ」がおすすめ

真空パック器の主流になっているのが、この卓上タイプのものです。さまざまな種類の袋に対応していて、パワーもあるので、魚などの大きな食材でも簡単に真空ができます。また、商品が多く販売されているため、多くの真空パック器の中から選んで購入が可能です。

持ち運びやすい食品圧縮機なら「ハンディタイプ」がおすすめ

袋の口にホッチキスのように挟んで使うハンディタイプの食品圧縮機ですが、あまり知られていなく商品はそこまで多くはありません。しかし、使い勝手の良さは抜群で、片手で操作できるのも最大の特徴です。

 

サイズも基本的には小さいものが多いので、収納にも困りません。

見た目も楽しみたいならおしゃれな「デザイン」をチェック

最近では見た目でも楽しめるおしゃれなデザインの真空パック器が出ています。デザインを重視すると機能性が心配になる方もいるかと思いますが、機能性を兼ね備えたスタイリッシュな真空パック器もあるため、デザインにもこだわっていきたいです。

 

ステンレス製のクールなデザインから、白を基調にした清潔感たっぷりな真空パック器などたくさんあります。ご自宅のインテリアに合ったものを選べば、真空パック器もインテリアの一つとして楽しむのもおすすめです。こだわりも逸品をみつけてください。

ランニングコストを抑えるなら「専用袋不要」をチェック

ランニングコストはできれば抑えたい費用のひとつで、そのランニングコストを抑える方法があります。真空パック器においてのランニングコストは主に「袋」です。袋は消耗品で使えば使うほど無くなっていきます。

 

真空パック器を買うときにその機械に対応した袋を調べて、専用袋不要のタイプの真空パック機を選べば、真空パック器を使っていてのランニングコストを抑えるのが可能です。

専用袋の「対応素材」もチェック

購入する際に必ず確認しておきたいのが専用袋の有無です。専用袋があるタイプはしっかりシールできますが、使いきった後のコストを考慮する必要があります。自分で袋状にするロールタイプは専用袋がついているもののなかでも費用を抑えられるためおすすめです。

 

専用袋はその気密性もチェックしておきたいところで、厚みのある袋ならニオイ漏れや食品の劣化を防いでくれます。専用袋がない場合は、対応素材をチェックしてください。

メーカーで選ぶ

ここでは、真空パック器をメーカーで選ぶ方法をご紹介します。アイリスオーヤマ・TOKAI・AKZIM・パナソニックがおすすめです。

簡単な操作性で評判のいい「IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)」がおすすめ

「アイリスオーヤマ」のフードシーラーは、簡単な操作性と高い密閉性が口コミで評判です。わかりやすい手順で簡単に操作でき、食材をシールしてから時間が経っても気泡ができにくい商品を販売しています。生肉もしっかりと圧着し、長期保存向きです。

コストを抑えるならパック専用袋が不要で日本製の「TOKAI(東海)」がおすすめ

「TOKAI(東海)」の真空パック器は、パックする専用袋が不要なのでコストが抑えられる点と強力な脱気力が魅力です。家庭用としては70~80kPaと十分過ぎる脱気力で、食材の鮮度を長期間にわたって守ります。日本製のマグネットロックで操作も簡単です。

手頃な価格で使い勝手の良さなら「SOLIS(ソリス)」がおすすめ

「SOLIS(ソリス)」の真空パック器は、手頃な価格で使い勝手の良さが魅力です。家庭用としては十分な-80kPaの脱気力を備え、手動吸引でキレイにパックできます。多くの袋を同時にパックできて家事の時短にも貢献できて、日本語の取り扱い説明書付きです。

信頼できる日本メーカーならダッキーの「朝日産業」がおすすめ

朝日産業の真空パック・ダッキーは、一般家庭で使うために無駄な機能を省いた使い勝手のいい設計になっています。大きさもちょうど良く使いやすい仕様です。脱気力は60kPa程度で弱めですが、カレーやシチューなどを凍らせてパックし、冷凍保存に使用できます。

価格重視なら「コストコ・ヤマダ電気」をチェック

家庭用の真空パック機はコストコ・ヤマダ電気のような家電量販店で、広く販売されている商品です。販売時期により種類がさまざまなので、中には液体が多い食材でも簡単にパック可能な製品もあります。

卓上タイプ真空パック器の人気おすすめランキング7選

1位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

VPF-S50

保存だけでなく調理にも大活躍な真空パック

余った食材を簡単に真空パックして保存できるフードシールです。食材の保存はもちろん、下ごしらえや低温調理など調理の際にも活用できるため、料理の幅が広がります。使い方も簡単で、場所を取らずに収納が可能です。

基本情報
サイズ 幅約37.6×奥行約9×高さ約6.9cm
タイプ 卓上タイプ
消費電力 80W
ロールカッター -
ロック操作 ふたをしっかり閉める
専用袋サイズ 幅約20×長さ約30cm
専用袋素材 ナイロン、ポリエチレン
もっと見る

口コミを紹介

ドッグフードをブリーダーパックで買うとコストが安いので、小分けして保存出来るようにこの商品を買いました。
使い方も簡単でこの価格なら満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

OHM(オーム)

COK-E-SL01

すぐに使える袋も付いているお得な真空パック器

家庭用として作られているので、シンプルなデザインと使い勝手の良さが人気の真空パック器です。電源コード式なのでパワーが強く、大きな食材もしっかりと密封してくれます。最大280mmまでにシールが可能な使いやすい商品です。

基本情報
サイズ 約 幅388×高さ77×奥行145mm
タイプ 卓上タイプ
消費電力 120W
ロールカッター
ロック操作 ふたを閉める
専用袋サイズ 20cm×3m
専用袋素材 ポリエチレン、ナイロン
もっと見る

口コミを紹介

早速開封したばかりのドッグフードを小分けにしてパックしましたが、とても簡単に吸引、密封できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

暮らしの幸便

真空パックんPlus

ロールを本体に収納できるスリム設計

ロールを本体に収納できるスリムな設計の真空パック器です。キャニスターを使用したマリネ機能を搭載していて、少ない調味料で味を染み込みやすくできます。ロールタイプですが、パンや離乳食などやわらかい食材の保存もOKです。

 

ロールカッターが内蔵されており、別途ハサミを用意する必要がありません。スライドするだけで簡単にカット可能です。

基本情報
サイズ 幅40.1×奥行19.0×高さ9.2cm
タイプ 卓上タイプ
消費電力 130W
ロールカッター カッター内蔵
ロック操作 フタを閉めてロック
専用袋サイズ ロール大(28cm×3m)、ロール小(20cm×3m)
専用袋素材 -
もっと見る

口コミを紹介

パック作りが楽しくなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

暮らしの幸便

真空パックんPREMIUM(プレミアム)

コストコで買った大きな食材も真空可能な食品圧縮機

ダブルポンプ使用で強力な吸引力を誇る真空パック器です。業界トップクラスの脱気力があり、抜群の脱気力で食材をパックできます。脱気圧力は時間の調整や3段階・2重シールが可能です。

基本情報
サイズ 幅40cm×奥行き19.4cm×高さ11cm
タイプ 卓上タイプ
消費電力 130W
ロールカッター 卓上タイプ
ロック操作 ハンドル式
専用袋サイズ スーパーロール大(28cm×3m)、スーパーロール小(20cm×3m)
専用袋素材 BPAフリー
もっと見る

口コミを紹介

やっぱりこの機種が1番使い易くて便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

SOLIS(ソリス)

バックプレミアム 574

全自動&水物対応で魚にも使用可能なソリスの人気パック器

真空パック機バックプレミアム 574は、全自動で使用できる真空パック機です。食材により最適な真空状態を選択できるので、形がもろく崩れやすい食材でも、風味や香りを活かしたまま新鮮な状態で真空保存できます。

 

肉や魚、野菜はもちろん、スープなどの液体までほぼすべての食材を真空保存可能です。付属の吸引ホース・電源コードは本体に収納できるため、コンパクトに保管できます。

基本情報
サイズ 約 37 cm×7 cm×14.5 cm
タイプ 卓上タイプ
消費電力 110 W
ロールカッター -
ロック操作
専用袋サイズ 専用フィルムロール:20cm×600cm、専用フィルムバッグ:20cm×30cm
専用袋素材 PA/PE 三層構造
もっと見る

口コミを紹介

鳥の餌やお米を真空パックにして保存するために購入しました。吸引力も強く、簡単に吸引できました。買って良かったです。今後野菜の保存や料理の下ごしらえ等に活用して行きたいです

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)

VPF-385T 

シンプルで使いやすいアイリスオーヤマのフードシーラー

アイリスオーヤマは家電から日用品まで幅広く低価格でありながら、商品のクオリティは高く常にお客様の立場に立って商品を開発するので、購入者の評価が高いおすすめのメーカーです。

 

常にシンプルで使いやすい商品を開発するので、真空パック器も誰が見てもわかりやすい表示で使いやすくなっていて、難しい操作は必要ありません。 価格も安く設定してあり手に入りやすく、性能もよくおすすめです。

基本情報
サイズ 380165×95mm
タイプ 卓上タイプ
消費電力 105W
ロールカッター -
ロック操作
専用袋サイズ 専用ロール:幅280×長さ3,000mm 1本(別売あり)、専用パウチ:幅200×長さ300mm 3枚(別売なし)
専用袋素材
もっと見る

口コミを紹介

食べきれなかった材料や、コーヒー豆を保存したいと思い購入しました。なんの問題もなく使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

CCP(シーシーピー)

BZ-V34-WH

シーリングの温度が三段階で調整できるフードセーバー

吸気力が強く短時間で真空パックができて、時間のないときにも使えるのでおすすめの真空パック器です。流通に多い長方形で上部に専用のロール上の袋のカッター付き収納が付いています。作業効率をあげたい方におすすめです。

 

また、温度調節も3段階付いていてシーラーの機能だけ利用するときに袋の厚みに合わせての温度調節が可能になっていて、温度調節の目安がランプで表示されるのもポイントになっています。

基本情報
サイズ 幅360x奥行き230×高さ120mm
タイプ 卓上タイプ
消費電力 140W
ロールカッター ロールカッター付き
ロック操作 本体の上カバーを閉じる
専用袋サイズ 専用抗菌ロール袋 幅26cm×3m、専用抗菌袋(大):幅260x長さ345mm、専用抗菌袋(小):幅200x長さ258mm、専用抗菌袋(ミニ):幅130x長さ200mm
専用袋素材
もっと見る

口コミを紹介

ついでにポテチなどのスナック菓子の袋を試してみました(温度:高)がこちらもバッチリ!
なかなか良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

卓上タイプ真空パック器のおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 サイズ タイプ 消費電力 ロールカッター ロック操作 専用袋サイズ 専用袋素材
1位 アイテムID:14923769の画像

Amazon

楽天

ヤフー

保存だけでなく調理にも大活躍な真空パック

幅約37.6×奥行約9×高さ約6.9cm

卓上タイプ

80W

-

ふたをしっかり閉める

幅約20×長さ約30cm

ナイロン、ポリエチレン

2位 アイテムID:14923772の画像

Amazon

すぐに使える袋も付いているお得な真空パック器

約 幅388×高さ77×奥行145mm

卓上タイプ

120W

ふたを閉める

20cm×3m

ポリエチレン、ナイロン

3位 アイテムID:14923775の画像

Amazon

ロールを本体に収納できるスリム設計

幅40.1×奥行19.0×高さ9.2cm

卓上タイプ

130W

カッター内蔵

フタを閉めてロック

ロール大(28cm×3m)、ロール小(20cm×3m)

-

4位 アイテムID:14923778の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コストコで買った大きな食材も真空可能な食品圧縮機

幅40cm×奥行き19.4cm×高さ11cm

卓上タイプ

130W

卓上タイプ

ハンドル式

スーパーロール大(28cm×3m)、スーパーロール小(20cm×3m)

BPAフリー

5位 アイテムID:14923781の画像

Amazon

楽天

ヤフー

全自動&水物対応で魚にも使用可能なソリスの人気パック器

約 37 cm×7 cm×14.5 cm

卓上タイプ

110 W

-

専用フィルムロール:20cm×600cm、専用フィルムバッグ:20cm×30cm

PA/PE 三層構造

6位 アイテムID:14923784の画像

Amazon

楽天

ヤフー

シンプルで使いやすいアイリスオーヤマのフードシーラー

380165×95mm

卓上タイプ

105W

-

専用ロール:幅280×長さ3,000mm 1本(別売あり)、専用パウチ:幅200×長さ300mm 3枚(別売なし)

7位 アイテムID:14923787の画像

Amazon

ヤフー

シーリングの温度が三段階で調整できるフードセーバー

幅360x奥行き230×高さ120mm

卓上タイプ

140W

ロールカッター付き

本体の上カバーを閉じる

専用抗菌ロール袋 幅26cm×3m、専用抗菌袋(大):幅260x長さ345mm、専用抗菌袋(小):幅200x長さ258mm、専用抗菌袋(ミニ):幅130x長さ200mm

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

ハンディタイプ真空パック器の人気おすすめランキング2選

1位

Zwilling J.A. Henckels

真空ポンプ

充電式だからいつでも手軽に使用ができる真空シーラー

コンパクトな形状とかわいいデザインが人気の真空パック器です。充電式採用で好きな場所で手軽に使用ができます。電動式ポンプなのでボタン1つで自動で真空密封が可能で、機械が弱い方でも楽に使用がしやすい人気の商品です。

基本情報
サイズ 長さ: 5.00 cm 幅: 5.00 cm 高さ: 19.00 cm
タイプ ハンディタイプ
消費電力
ロールカッター
ロック操作 片手ロック可能
専用袋サイズ
専用袋素材
もっと見る

口コミを紹介

4日目でも色が変わらず、鮮度が保たれていることに満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

シーシーピー(Ccp)

ハンディ真空パック器 BZ-HV35

コンパクトで使いやすい、ハンディ真空パック器

Ccpの「BZ-HV35」は、コンパクトで収納しやすい、ハンディタイプの真空パック器です。コンパクトでフック掛け収納できるので置き場所に困りません。料理の下味を付けるなど、調理時間の短縮にも役立ちます。

基本情報
サイズ 幅43×長さ206×高さ50mm
タイプ ハンディタイプ
消費電力 -
ロールカッター -
ロック操作 -
専用袋サイズ 大サイズ(幅28×長さ30cm)・中サイズ(幅21×長さ33cm)・小サイズ(幅21×長さ21cm)
専用袋素材 -
もっと見る

ハンディータイプ真空パック器のおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 サイズ タイプ 消費電力 ロールカッター ロック操作 専用袋サイズ 専用袋素材
1位 アイテムID:14923792の画像

Amazon

楽天

ヤフー

充電式だからいつでも手軽に使用ができる真空シーラー

長さ: 5.00 cm 幅: 5.00 cm 高さ: 19.00 cm

ハンディタイプ

片手ロック可能

2位 アイテムID:14997661の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コンパクトで使いやすい、ハンディ真空パック器

幅43×長さ206×高さ50mm

ハンディタイプ

-

-

-

大サイズ(幅28×長さ30cm)・中サイズ(幅21×長さ33cm)・小サイズ(幅21×長さ21cm)

-

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

専用袋不要真空パック器の人気おすすめランキング3選

1位

DUCKY(ダッキー)

真空パック器 DUCKY(ダッキー)

日本製no液体対応のダッキー

吸気能力が高く、時間のない現場でも使われる点からも、短時間でも質の高い真空パックできるおすすめの真空パック器です。

 

集水タンクに水が溜まる仕組みで本体の機械部分に水がいかず、液体でも真空パックができ、液体が機械内部に入る心配もなく安心して作業できるノズル式の真空パック器になっています。そのためどんな食材にも対応可能です。

基本情報
サイズ W345×D165×H90(mm)
タイプ 卓上タイプ
消費電力 135W
ロールカッター -
ロック操作 -

口コミを紹介

ものづくり魂を感じる、誠実でいい商品ですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ファンク

FS-200A

専用袋不要でコスパ良好なフードセーバー

割高な専用袋不要で、圧倒的なコスパを実現したフードセーバーです。市販のポリ袋の費用を気にせず、安価で真空パックを作れます。最大脱気力が-80kpaといった、大きな吸引力もおすすめポイントです。

 

まナイロンポリ袋の使用が推奨されていますが、アルミ蒸着袋も使用可能です。また、シールのみであれば、表面凹凸のある真空袋・ポリプロピレン袋も使用できます。

基本情報
サイズ 幅380mm×奥行148mm×高さ72mm
タイプ 卓上タイプ
消費電力 -
ロールカッター -
ロック操作 トップカバーを(機器の上から垂直に力がかかるように)閉じる

口コミを紹介

簡単操作で使いやすい

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

TOKAI(東海)

tva-001

家庭用に最適な専用袋不要でコスト削減

専用袋不要タイプで強度ナイロンのポリ袋で使用でき、専用袋を購入する必要がなく、コストパフォーマンスに優れた商品です。すべて自動なので、簡単で強い力も必要ありません。2時間の連続使用での耐久性も魅力です。

基本情報
サイズ 400×162×130mm
タイプ 卓上タイプ
消費電力 110 W
ロールカッター -
ロック操作 電力マグネットロック

口コミを紹介

普通の袋でも使えるので、コスパはいい感じ。

出典:https://www.amazon.co.jp

専用袋不要真空パック器のおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 サイズ タイプ 消費電力 ロールカッター ロック操作
1位 アイテムID:14923800の画像

Amazon

楽天

ヤフー

日本製no液体対応のダッキー

W345×D165×H90(mm)

卓上タイプ

135W

-

-

2位 アイテムID:14923803の画像

Amazon

楽天

ヤフー

専用袋不要でコスパ良好なフードセーバー

幅380mm×奥行148mm×高さ72mm

卓上タイプ

-

-

トップカバーを(機器の上から垂直に力がかかるように)閉じる

3位 アイテムID:14923806の画像

Amazon

家庭用に最適な専用袋不要でコスト削減

400×162×130mm

卓上タイプ

110 W

-

電力マグネットロック

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

真空パックしたら食材はどれくらいもつの?

真空パック器は空気に触れる部分を減らし、酸化による劣化を遅らせられます。真空状態で冷凍すると冷凍にかかる時間が短くなり、旨みが流れ出ずに保存ができます。生肉・生魚の冷蔵保存は3日程度の保存期間です。

 

真空パックで冷蔵保存した場合は、5日ほど保存できます。野菜を真空パックにして冷蔵保存すると、2~3週間程度の保存が可能です。また、真空パックで冷凍保存すると生肉は1年程度、生魚は2年程度保存できるといわれています。

真空パック器(真空シーラー)の使い方やコツ

商品にもよりますが、袋の口に油や水が付いていると、シールしても熱が通りません。そのため空気が入りやすくなります。したがって食材を入れたときに、袋の口を拭き取れば脱気やシールが可能です

 

ノズルタイプの脱気では、ノズルの近くへ食材をよせれば空気を抜きやすく、さらに袋を縮ませて、空気の通り道を作ります。これらの使い方やコツをあわせて、ぜひ真空パック機を適切に使用してください。

 

真空パック器は真空シーラーやフードシーラーとも呼ばれています。商品を探す際は、これらのキーワードでも調べてみるのがおすすめです。

家庭用と業務用真空パック器の違いについて

真空パック器にも業務用と家庭用があり、この2つの機械の大きな違いは「真空能力」です。家庭用真空パック器の場合は袋の中の空気や、キャニスターの空気を脱器しますが、業務用は食品の中に含まれる空気までも脱気でき、使用する袋の種類も豊富にあります。

 

また、業務用は用途によってサイズや種類が豊富です。ただ最近では家庭用の真空パック器の中にも、食品の空気を脱気するほどの吸引力をもった機種も出ており、用途によって使い分けができるようになってきています。

真空パック後に一緒に使うと便利な低温調理器

ここまで真空パック器の紹介をしてきましたが、真空パック器と合わせて使ばより料理が簡単に、美味しくできる家電を紹介ししていきますので、参考にしてください。そのひとつが、低温調理器です。

 

低温調理器はお湯をある一定の温度で温めて、それで食材に火を入れていく調理器具です。真空パック器はこの調理器具と抜群に相性がよく、真空した食材は通常の状態より火が通りやすくなっています。

 

なので、低温調理機で真空した食材を温めると、短時間で簡単に仕上げられるのも魅力です。下の記事ではそんな低温調理器の選び方や、おすすめの商品をランキング形式で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は、おすすめの真空パック器の選び方やおすすめの商品をランキング形式でご紹介しました。種類が多く迷ってしまいますが、自分好みの商品を見つけ毎日の生活をより快適に楽しんでください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年03月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

コーヒーキャニスターの人気おすすめランキング20選【真空タイプも】

コーヒーキャニスターの人気おすすめランキング20選【真空タイプも】

生活雑貨・日用品
横浜中華街のお土産おすすめ人気ランキング17選【日持ちするものも】

横浜中華街のお土産おすすめ人気ランキング17選【日持ちするものも】

その他のギフト
真空保存容器のおすすめ人気ランキング11選【100均で買える真空容器やタッパーなど】

真空保存容器のおすすめ人気ランキング11選【100均で買える真空容器やタッパーなど】

ゲーム
真空断熱タンブラーのおすすめ人気ランキング15選【最強の氷が溶けないタンブラーも】

真空断熱タンブラーのおすすめ人気ランキング15選【最強の氷が溶けないタンブラーも】

ゲーム
真空保存容器「フォーサ」の口コミ・評判を調査!真空にならない噂や最安値&使い方も徹底解説

真空保存容器「フォーサ」の口コミ・評判を調査!真空にならない噂や最安値&使い方も徹底解説

ゲーム
フードシーラーのおすすめ人気ランキング15選【ハンディタイプのクリップシーラーも】

フードシーラーのおすすめ人気ランキング15選【ハンディタイプのクリップシーラーも】

ゲーム

アクセスランキング

ビールサーバーのおすすめ人気ランキング19選【グリーンハウスや自宅用も】のサムネイル画像

ビールサーバーのおすすめ人気ランキング19選【グリーンハウスや自宅用も】

ゲーム
かき氷機の人気おすすめランキング15選【ニトリからも出てる?】のサムネイル画像

かき氷機の人気おすすめランキング15選【ニトリからも出てる?】

ゲーム
製氷皿のおすすめ人気ランキング17選【ニトリや100均でも購入可能?】のサムネイル画像

製氷皿のおすすめ人気ランキング17選【ニトリや100均でも購入可能?】

ゲーム
【PS3マニア監修】PS3ソフトのおすすめ人気ランキング55選【名作・最高傑作も】のサムネイル画像

【PS3マニア監修】PS3ソフトのおすすめ人気ランキング55選【名作・最高傑作も】

ゲーム
【マニア監修】PSPソフトのおすすめ人気ランキング35選【隠れた名作も!】のサムネイル画像

【マニア監修】PSPソフトのおすすめ人気ランキング35選【隠れた名作も!】

ゲーム
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。