【プロ監修】真空パック器のおすすめ人気ランキング15選【業務用や専用袋不要のものも】

「食材の鮮度をできるかぎり長く保ちたい」と悩んでいる人も多いと思います。そんな悩みにおすすめなのが、食材の酸化や劣化を防ぐ真空パック器です。今回はおすすめの真空パック器の選び方やランキングでご紹介します。コストがおさえられて便利な業務用フードセーバーや専用袋不要タイプもご紹介しました。

食品の酸化を防ぐ便利な真空パック器

食材の鮮度を保ったまま長期保存できたら、とても便利ですよね。家庭用の真空パック器を使えば、雑菌や酸化による食材の変質を防ぐことが可能です。また、真空状態にすることで、食材にしっかりと下味を染み込ませることができます。

 

大量に買った食材を消費できなくて困ったことはありますよね。実は、強力な吸引力で一気に真空状態にするため、食材が劣化することなく鮮度が長持ちするんです!食材の鮮度を保てるだけでなく、小分けにして収納できるのも人気の秘密と言えます!

 

今回はそんな真空パック器をアイリスオーヤマなどの人気メーカーを代表として、専用袋不要な業務用フードセーバーなどを口コミをもとに、現役家電量販店店員のたろっささん監修のもと、選び方やおすすめ商品のランキングを紹介します!

現役家電販売員が教える真空パック器の選び方

専門家プロフィール画像
取材協力

現役家電販売員

たろっさ

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ブログURL:https://taromomo.com/

たろっささんの画像

たろっささん

非常に商品数が多い真空パック器ですが以下の3つの観点で選べばまず間違いないです!

1.ハンディ型や卓上型などのサイズをチェック
2.スピードなどの機能性も重要なロールカッター
3.家庭用より高機能な業務用真空パック器

ハンディ型や卓上型などのサイズをチェック

たろっささんの画像

たろっささん

まずは真空パック機で重要な事は「ハンディ型か卓上型か」というところです。サイズ感的にはもちろん卓上型のほうが機能面などでも優れている場合がほとんどですが、どうしてもかさばってしまうため、普段置いておくための場所の確保が必要になります。


対するハンディ型はキッチンだけでなく、真空にして保存をすることでかさばらないようにできるハンカチやタオルなどにも使用できるため、さまざまな場所での使用ができるのがメリット。ただし、性能自体が据え置き型に比べると少し劣るというところもあるので、そちらはしっかり確認しましょう。


また、サイズ感も重要。塊肉や大きな切身などをパッケージしたい方は大きめのものを選ぶようにしましょう。

スピードなどの機能性も重要なロールカッター

たろっささんの画像

たろっささん

本体のみで裁断のできるロールカッタータイプのものを選ぶことにより、別途カッターやハサミを用意しなくてもよいため、より手軽に使用することが出来ます。


さらにスピードも製品によってまちまちです。30秒程度でパッケージできるものもあれば、1分以上かかってしまうものもあるため、大量に使用をすることがある方はこちらも気にすると良いでしょう。


また、運転音が静かなものを選ぶと赤ちゃんやペットが驚いたりしないのも嬉しいポイントです。

家庭用より高機能な業務用真空パック器

たろっささんの画像

たろっささん

食品工場やスーパーの食品売り場で使用されているような真空パック機も今は通常のパック機と同じように家庭用としても販売されています。もちろん本体自体の価格もかなりになりますし、大きさや重量なども通常のものとは比較にならないですが、フードパックに食品を入れて本体内にセットするだけでOKなど、性能が段違いです。


お手入れの手間なども発生はしますが本格的なパッケージや小規模のお店などをやっている方はこちらもチェックしてみましょう。

今家電量販店で一番売れている真空パック器を紹介!

たろっささんの画像

たろっささん

家電量販店で実際に今一番売れている真空パック器を紹介します!

低コストながら使い勝手が良く人気の商品!

非常に低コストながらもしっかりと機能が詰まったフードシーラーです。瓶などの真空保存にも対応しており、非常に利便性が高いのが特徴。幅広い袋に対応しているため、どんな状況でも使用しやすいのもポイントです。

サイズ 41.5 x 18.5 x 12.6 cm タイプ 卓上タイプ
消費電力 - ロールカッター 無し

編集部おすすめの口コミでも人気なフードセーバーの選び方

ではフードセーバーの選び方をご紹介します。タイプや使用する環境に加え、使用者の声を口コミでも確認すれば、お気に入りの商品が見つかるはずです。参考にしてみてください。

購入前に脱気方法をチェック

脱気方法には吸引溝タイプとノズルタイプの2種類があります。操作の仕方に加えて、メリット・デメリットをチェックしてください。

自動で脱気・シールをするなら「吸引溝タイプ」がおすすめ

吸引溝タイプは袋を溝へセットして、自動で脱気やシールが可能です。一度方法を覚えれば、簡単に操作でき、初めて真空パック機を買う方におすすめです。ただし、袋1枚あたりのコスパが高いことがデメリットです。

市販のポリ袋を脱気するなら「ノズルタイプ」がおすすめ

一方ノズルタイプの場合には、凹凸のないような市販のポリ袋も脱気でき、専用袋不要です。そのためコスパは良いですが、操作がやや難しくて慣れるまでに時間がかかるため、上級者向けと言えます。

力がいらずに「ロックしやすいか」チェック

真空パックを作るときに、袋が移動しないように本体をロックします。さまざまなタイプのロックがあり、例えばレバーやハンドルを回したり上下させたりすることでロック可能であれば、力を使わずに容易に操作可能です。

シール時間は「長めに設定できる」かチェック

汁気がある肉・魚・煮物のような食材を密封する場合、短いシール時間では袋がしっかり閉まらないことがあります。そのためシール時間が長めに設定可能なものがおすすめです。長く真空状態を保ちやすくなります。

液状・液体の食材には「キャニスターモード」が便利

一般的な真空パック機の場合、液状・液体の食材に使用すると故障の原因になり、使用を推奨されていません。ただしキャニスターモードや集水タンクが付いていれば、液状の食材にも対応可能です。

 

キャニスターとは、ホースを使って内部を真空状態にする容器のことを指します。キャニスターがあると、カレーやスープだけでなく、果物などもみずみずしい状態で真空保存が可能です

家庭用や業務用などの用途をチェック

ここでは、真空パック器を用途で選ぶ方法をご紹介しました。真空パック器には、家庭用と業務用があります。

「家庭用」なら脱気力が弱めのコンパクトサイズがおすすめ

家庭用は、脱気力が弱めでキッチンに置けるコンパクトサイズでお手入れもしやすい仕様になっています。脱気力は鮮度を保てる保存期間を示し、単位kPa(キロパスカル)の数値が大きくなるほど長期間の保存が可能です。家庭用であれば、70~80kPaもあれば十分と言えます。

「業務用」なら脱気力が強い大きいサイズがおすすめ

業務用であれば完璧な真空状態を作れます。サイズも大きいタイプが多くて値段も高くなり、お手入れなどもメンテナンスにも手間がかかるでしょう。業務用の脱気力は80kPa以上から95kPa程度のモデルが多く、真空包装機と呼ばれています。

「機械」が苦手な方には使いやすいコンパクトサイズがおすすめ

本格的な業務用・商業用の真空パックには、真空包装機や真空パック機と呼ばれる大型サイズの機械が使用可能です。家庭用よりも操作性やメンテナンスが難しく値段も高くなります。そこで、「機械」が苦手な方には家庭用のコンパクトサイズがおすすめです。

ハンディ型や卓上型などのタイプをチェック

真空パック器には大きく分けて2パターンのタイプがあります。それらの選び方や特徴を紹介しました。

いろいろな種類の食材に使いたいなら「卓上タイプ」がおすすめ

現在の真空パック器の主流になっているのが、この卓上タイプの物です。様々な種類の袋に対応していて、パワーもあるので、大きな食材でも簡単に真空ができます。また、商品が多く販売されているため、多くの真空パック器の中から選んで買うことが可能です。

持ち運びやすいものなら「ハンディタイプ」がおすすめ

袋の口にホッチキスのように挟んで使うハンディタイプの真空パック器ですが、あまり知られていなく商品はそこまで多くはありません。しかし、使い勝手の良さは抜群で、片手で操作できるのも最大の特徴です。

 

サイズも基本的には小さいものが多いので、収納にも困りません。

操作性といった機能性をチェック

タイプや環境に合わせて選ぶのも重要ですが、購入前にチェックしておきたいポイントがあります。知っているだけで使い勝手が変わってきますので、ぜひ参考にしてみてください。

初めての方は「操作性が簡単」なものがおすすめ

真空パックを初めて使う方には、操作が簡単でシンプルなものがおすすめです。真空パックには食材によって、モードや機能を使い分けなければ行けないものがあります。そんな真空パック器を初めての方が使っても中々使いこなせません。

 

なので、初めて真空パック器を購入する方は、操作がシンプルなものを選びましょう。

汁物対応を求める方は「モード調節機能付き」がおすすめ

真空パックをする時にすべてが一定の強さで吸引されたら、水分量が多い物ものなどは水分が逆流してしまい、うまく閉まらなくなってしまいます。そこであると便利なのが、吸引の強弱のモードです。

 

吸引力のつよさを調整できると、汁物など汁気のあるものは弱めにゆっくりと、しっかり真空をしたい食材は強めに真空と、使い分けることが可能です。また、自動と手動を切り替えるモードがあると、更に細かく調整ができるので、更に使える幅が広がります。

使いやすさを求めるなら「ロールカッター付き」がおすすめ

ロールカッターがないと面倒くさ過ぎて、真空パック器を使わなくなっていってしまうほど重要な装備です。真空パック器の多くは専用の袋に食材を入れて、それを真空パック器で空気を抜いていきます。この専用の袋は基本的にロール状です。

 

料理や、食品管理を簡単にする家電を使っているのに、その家電を使う事自体が面倒になっては意味がありません。なので、便利に真空パック器を使おうという方には、ロールカッター付きのものがおすすめです。

時間を節約したい方は「短時間でパックできる」ものがおすすめ

食材を小分けにしたり、大きな物をパックしたりと、真空パック器は頻繁に使う電化製品です。しかし、頻繁に使う物がパックをするまでに相当な時間が掛かったら、ストレスが溜まってしまいます。

 

なので、パックをし終えるまでの時間も選ぶ際の重要なポイントです。長いものだと1分やそれ以上掛かるものもあります。しかし短いものだと、10秒やそこらでパックをすることが可能です。なるべくパックまでに時間が掛からない物を選びましょう。

静かに使いたい方は「静音性」が高いものがおすすめ

真空パック器を初めて使うと、その大きな音にびっくりするかもしれません。真空パック器は、その小さな見た目とは裏腹に吸引の際に意外と大きな音が出ます。赤ちゃんなどがいる家庭は、突然の大きな音は注意しなければいけません

 

真空パック器の音は使っている本人には大きな音に感じますが、家の外まで響く大きさではありません。なので、朝方や夜中でのしようを控えれば、迷惑にならずに真空パック器を使うことができます。

見た目も楽しみたいならおしゃれな「デザイン」がおすすめ

最近では見た目でも楽しめるおしゃれなデザインの真空パック器が出ています。デザインを重視すると機能性が心配になる方もいるかと思いますが、機能性を兼ね備えたスタイリッシュな真空パック器もあるため、デザインにもこだわっていきたいです。

 

ステンレス製のクールなデザインから、白を基調にした清潔感たっぷりな真空パック器などたくさんあります。ご自宅のインテリアに合ったものを選べば、真空パック器もインテリアの一つとして楽しむことができますよ。こだわりも逸品をみつけましょう。

ランニングコストを抑えるなら「専用袋不要」のものがおすすめ

ランニングコストはできれば抑えたい費用の一つです。そのランニングコストを抑える方法があります。真空パック器においてのランニングコストは主に「袋」です。袋は消耗品で使えば使うほど無くなっていきます。

 

真空パック器を買う時にその機械に対応した袋を調べて、専用袋不要のタイプの真空パック機を選べば、真空パック器を使っていてのランニングコストを抑える事ができます

専用袋の「対応素材」もチェック

購入する際に必ず確認しておきたいのが専用袋の有無です。専用袋があるタイプはしっかりシールできますが、使いきった後のコストを考慮する必要があります。自分で袋状にするロールタイプは専用袋がついているもののなかでも費用を抑えられるためおすすめです。

 

専用袋はその気密性もチェックしておきたいところです。厚みのある袋ならニオイ漏れや食品の劣化を防いでくれます。専用袋がない場合は、対応素材をチェックしましょう。使用できない袋をシールした場合、発火する危険があるので注意が必要です。

「余分な水分」を抜く機能があると便利

真空パック器の中には、空気と一緒に食品に含まれる余分な水分を取り除いてくれる機能を搭載した商品もあります。取り除かれた水分は、機械内のタンクに溜まっていく仕組みです。水分を取り除きたいと考えている方はチェックしてください。

50-60kPaも!長く保存するなら「脱気力」をチェック

脱気力(キロパスカル)の数値によって、どれだけ長時間鮮度を保って保存できるかが変わってきます。70-80kPaほどの数値であれば、問題なく食品を保存可能です。中には50-60kPaの商品もあるので、注目してみてください。

メーカーで選ぶ

ここでは、真空パック器をメーカーで選ぶ方法をご紹介します。アイリスオーヤマ・TOKAI・AKZIM・パナソニックがおすすめです。

簡単な操作性と高い密閉性なら「アイリスオーヤマ」がおすすめ

「アイリスオーヤマ」の真空パック器は、簡単な操作性と高い密閉性が口コミで評判です。わかりやすい手順で簡単に操作でき、食材をシールしてから時間が経っても気泡ができにくい商品を販売しています。生肉もしっかりと圧着し、長期保存向きです。

コストを抑えるならパック専用袋が不要で日本製の「TOKAI(東海)」がおすすめ

「TOKAI(東海)」の真空パック器は、パックする専用袋が不要なのでコストが抑えられることと強力な脱気力が魅力です。家庭用としては70~80kPaという十分過ぎる脱気力で、食材の鮮度を長期間にわたって守ります。日本製のマグネットロックで操作も簡単です。

手頃な価格で使い勝手の良さなら「AKZIM」がおすすめ

「AKZIM」の真空パック器は、手頃な価格で使い勝手の良さが魅力です。家庭用としては十分な-80kPaの脱気力を備え、手動吸引でキレイにパックできます。複数の袋を同時にパックできて家事の時短にも貢献します。日本語の取り扱い説明書付きです。

信頼できる日本メーカーにこだわるなら「パナソニック」がおすすめ

「パナソニック」の真空パック器は、一般家庭で使うために無駄な機能を省いた使い勝手の良い設計になっています。大きさもちょうど良く使いやすい仕様です。脱気力は60kPa程度で弱めですが、カレーやシチューなどを凍らせてパックし、冷凍保存に使用できます。

価格を重視するなら「コストコでも買える」真空パック器

家庭用の真空パック機はコストコのような家電量販店で、広く販売されている商品です。販売時期により種類がさまざまなので、中には液体が多い食材でも簡単にパック可能な製品もあります。

卓上タイプ真空パック器の人気おすすめランキング9選

9位

シーシーピー(CCP)

真空パック器 セミプロタイプ 

シーリングの温度が三段階で調整できるフードセーバー

吸気力が強く短時間で真空パックすることができて、時間のないときにも使えるのでおすすめの真空パック器です。流通に多い長方形で上部に専用のロール上の袋のカッター付き収納が付いています。作業効率をあげたい方におすすめです。

 

また、棒状の真空スイッチであまり力が要らずに真空パックにでき、温度調節も3段階付いていてシーラーの機能だけ利用する時に袋の厚みに合わせての温度調節が可能になっていて、温度調節の目安がランプで表示されるのもおすすめポイントです。

サイズ 36×23×12cm タイプ 卓上タイプ
消費電力 140W ロールカッター 有り

口コミを紹介

ついでにポテチなどのスナック菓子の袋を試してみました(温度:高)がこちらもバッチリ!
なかなか良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

フードシーラー VPF-385T

シンプルで使いやすいアイリスオーヤマのフードセーバー

アイリスオーヤマは家電から日用品まで幅広く低価格でありながら、商品のクオリティは高く常にお客様の立場に立って商品を開発するのでお客様満足度の高いおすすめのメーカーです。

 

常にシンプルで使いやすい商品を開発するので、真空パック器も誰が見ても分かりやすい表示で使いやすくなっているので難しい操作が苦手な方におすすめです。 価格も安く設定してあることで手に入りやすいですが、性能はいいので安心できます。

サイズ 38×16.5×9.5cm タイプ 卓上タイプ
消費電力 105W ロールカッター 無し

口コミを紹介

食べきれなかった材料や、コーヒー豆を保存したいと思い購入しました。なんの問題もなく使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

コストコで買った大きな食材も真空可能

ダブルポンプ使用で強力な吸引力を誇る真空パック器です。業界トップクラスの脱気力があり、食材はもちろんアルミ缶も抜群の脱気力で食材をパックできます。脱気圧力は時間の調整も可能です。ノーマル、ソフトから選ぶことが可能です。

 

お肉や魚などの食材であれば通常もしくは高圧のノーマルで真空しますが、豆腐などのやわらかいものはソフトで真空するのがおすすめです。ボタンを押しているときだけ脱気するため、食材の状態を見ながら真空できます。シール時間は3段階です。

サイズ 40×19.4×11cm タイプ 卓上タイプ
消費電力 130W ロールカッター 有り

口コミを紹介

やっぱりこの機種が1番使い易くて便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

おためしロールがついてくるお得な真空パック器

ロールを本体収納できる卓上なのにスリムな設計の真空パック器です。マリネ機能を搭載していて、少ない調味料で味を染み込みやすくすることができます。ロールタイプですが、パンや離乳食などやわらかい食材の保存もOKです。

 

ノーマルとソフトの脱気モードを選べるので、固めからやわらかい食材まで幅広い食材を保存することが可能です。ロールカッターが内蔵されており、別途ハサミを用意する必要がありません。カッターをスライドするだけで簡単にカットできます。

サイズ 40.1×19.0×9.2cm タイプ 卓上タイプ
消費電力 130W ロールカッター 有り

口コミを紹介

パック作りが楽しくなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Toyuugo

真空パック器 シーラー

口コミでも人気の多くの機能を兼ねそねえた真空パック器

こちらの真空パック器は、「VAC SEAL/CANCEL」、「SEAL」、「MANU」、「FOOD」と4つのモードが存在しており、食材の湿度などによってFOODのモードを使い分けが可能です。

 

様々な機能があり、クッキーなどの壊れやすいものには、MANUやSEAL使いましょう。専用のパックは、そのままレンジに掛けることができるので、簡単に調理をすることもできます。

サイズ 37×15×5.9cm タイプ 卓上タイプ
消費電力 170W ロールカッター 有り

口コミを紹介

肉と調味料を入れて真空にして漬け込むと驚くほど柔らかく仕上がります^ ^
毎日の料理に活躍してくれてます^ ^

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

SOLIS

ソリス バックプレミアム 574

全自動&水物対応でほぼすべての食材に使用可能!

ソリスの真空パック機「バックプレミアム 574」は、全自動で使用できる真空パック機です。食材により最適な真空状態を選択できるので、形がもろく崩れやすい食材でも、風味や香りを活かしたまま新鮮な状態で真空保存できます。

 

肉や魚、野菜はもちろんのこと、スープなどの液体までほぼすべての食材を真空保存することが可能です。付属の吸引ホース・電源コードは本体に収納できるため、コンパクトに保管できます。

サイズ 約37 cm×7cm×14.5cm タイプ 卓上タイプ
消費電力 110W ロールカッター 無し

口コミを紹介

デザインが素晴らしい。使用意欲を掻き立てられます。そして、シンプルな操作。4つのボタンは、それぞれ真空ボタン、真空+シールボタン、停止ボタン、シールのみのボタンとわかりやすく使いやすい。吸引力やシールの信頼性は高く、まず失敗しません。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ホールセール・ジャパン

Food Saver 真空パック機 フードセーバーV4880

家庭用におすすめの汎用性抜群のモデル

何度も繰り返し使える便利なジッパーバッグがついたお得な真空パック器です。専用バッグを自動的に感知して、空気吸引や密封処理をしてくれます。空気の吸引レベルは手動でも調節でき、崩れやすい食材も保存できるため便利です。

 

汁気を含む食品とそうでない食品の洗濯ができる食材設定ボタンがあるため、幅広い食材をきれいに保存できます。専用パックロール収納ホルダーがついていて、ラクラク収納可能です。食材に応じてバッグが作れるロールカッターもついています。

サイズ 22.4×41.0×18.0cm タイプ 卓上タイプ
消費電力 105W ロールカッター 有り

口コミを紹介

袋の真空パックで潰したくないもの、汁気の多いもの、漬物に大活躍です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

株式会社 テクノインパルス

クリップシーラー

機械が苦手な主婦でも操作が簡単と口コミでも好評!

クリップ型の真空パック器です。閉じたい部分をクリップで挟んでスイッチを入れるとしっかりと閉じてくれる仕様になっています。「ピッタリくっついたので感動」と口コミでも好評です。

 

この製品の特筆すべきポイントは液体が入った状態でも立てて閉じれば密封することができる点です。 真空パック器としていますが、内部を真空にする機能はないのでその点は注意してください。

サイズ 22.5×4.5×45cm タイプ ハンディタイプ
消費電力 200W ロールカッター

口コミを紹介

いままで買おうかどうか迷っていたのですが、買って良かったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

業務用&家庭用として専用袋不要で使えて強い吸気力!

業務用としても、家庭用としてもおすすめなのがフードシールド業務用真空パック器です。家庭用と変わらない大きさや業務用としても使える吸気力の強さがあり、専用袋不要で使えておすすめできます。

 

業務用としての真空パック器の能力の高さもおすすめのポイントで、真空パックにできる品数の多さもチャンバー式に負けません。液体や粉ものは家庭用の真空パック器では対応していない物もありますが、この商品は液体、粉ものに対応しています。

サイズ 38×14.8×7.2cm タイプ 卓上タイプ
消費電力 ロールカッター 無し

口コミを紹介

他と比べようがないので何とも言えませんが、個人的には満足しています。届いて早速猫のドライフードや、犬の冷凍ご飯など色々シールドしました。少々コツがいるかも知れませんが、慣れれば問題ないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

卓上タイプ真空パック器のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ タイプ 消費電力 ロールカッター
アイテムID:8935256の画像
Xben 真空パック機

Amazon

詳細を見る

低コストながら使い勝手が良く人気の商品!

41.5 x 18.5 x 12.6 cm 卓上タイプ - 無し
2
アイテムID:8935349の画像
クリップシーラー

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

機械が苦手な主婦でも操作が簡単と口コミでも好評!

22.5×4.5×45cm ハンディタイプ 200W
3
アイテムID:8935346の画像
Food Saver 真空パック機 フードセーバーV4880

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

家庭用におすすめの汎用性抜群のモデル

22.4×41.0×18.0cm 卓上タイプ 105W 有り
4
アイテムID:8935343の画像
ソリス バックプレミアム 574

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

全自動&水物対応でほぼすべての食材に使用可能!

約37 cm×7cm×14.5cm 卓上タイプ 110W 無し
5
アイテムID:8935340の画像
真空パック器 シーラー

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

口コミでも人気の多くの機能を兼ねそねえた真空パック器

37×15×5.9cm 卓上タイプ 170W 有り
6
アイテムID:8935337の画像
真空パック plus

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

おためしロールがついてくるお得な真空パック器

40.1×19.0×9.2cm 卓上タイプ 130W 有り
7
アイテムID:8935334の画像
真空パックん 

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コストコで買った大きな食材も真空可能

40×19.4×11cm 卓上タイプ 130W 有り
8
アイテムID:8935331の画像
フードシーラー VPF-385T

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シンプルで使いやすいアイリスオーヤマのフードセーバー

38×16.5×9.5cm 卓上タイプ 105W 無し
9
アイテムID:8935328の画像
真空パック器 セミプロタイプ 

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シーリングの温度が三段階で調整できるフードセーバー

36×23×12cm 卓上タイプ 140W 有り

ハンディタイプ真空パック器の人気おすすめランキング3選

3位

セレクトショップアカツカYahoo!店

いつもショップ 真空パックん コードレス

\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

人気メーカーによる一人暮らしにおすすめのコンパクト設計

こちらは一人暮らしの方などの、一回の真空の量が少ない方におすすめの真空パック器です。ハンディタイプで、持ちやすいように本体の両サイドがくぼんでおり、手にフィットしやすい形になっています。

 

メーカーも他にも真空パック器販売しているメーカーなので安心できます。また、本体が大変コンパクトなので、持ち運びにも適した真空パック器です。

サイズ 9.5cm×17cm×4.7cm タイプ ハンディータイプ
消費電力 ロールカッター 無し
2位

VHaruko

真空パック器 小型真空密封機

口コミでも人気の家庭用に最適な軽量ポータブル型

わずか287gの軽量タイプにもかかわらず、新鮮な果物、肉類、海鮮、豆類、お菓子や野菜などの様々な食材にも対応している便利なハンディータイプの真空パック機です。ボタン一つで簡単に使え、初めてでも安心して使用できます。

サイズ タイプ ハンディータイプ
消費電力 ロールカッター 無し

口コミを紹介

小型で手軽に真空にできます。食材を買ってきた日には、肉等は小分けにして、こちらに入れて冷蔵庫へ。解凍後のおいしさが、真空にしなかった時と全然違い、美味しさがたもたれています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ワンプッシュで脱気できる携帯用フードセーバー

持ち運びやすいフードセーバーです。真空パック袋やコンテナなどに使うと、食品の湿気やカビといった問題を解決できます。軽量でコンパクトなので、保管もしやすいです。

 

ワンプッシュという簡単な操作で脱気でき、お年寄りやお子様でも容易にご利用いただけます。ご家庭や旅行の際など、幅広い用途に適しており、吸引力もとても強力です。

サイズ ‎23.4 x 8.4 x 7 cm タイプ ハンディータイプ
消費電力 ロールカッター 無し

口コミを紹介

コンパクトで単純な操作で使いやすいです。一瞬で真空になりました。キャットフード用に購入しましたが、期待通りの商品で良い買い物でした!

出典:https://www.amazon.co.jp

ハンディータイプ真空パック器のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ タイプ 消費電力 ロールカッター
1
アイテムID:8935361の画像
ATITI 真空パック機

Amazon

詳細を見る

ワンプッシュで脱気できる携帯用フードセーバー

‎23.4 x 8.4 x 7 cm ハンディータイプ 無し
2
アイテムID:8935358の画像
真空パック器 小型真空密封機

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

口コミでも人気の家庭用に最適な軽量ポータブル型

ハンディータイプ 無し
3
アイテムID:8935357の画像
いつもショップ 真空パックん コードレス

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

人気メーカーによる一人暮らしにおすすめのコンパクト設計

9.5cm×17cm×4.7cm ハンディータイプ 無し

専用袋不要真空パック器の人気おすすめランキング3選

3位

家庭用に最適な専用袋不要でコスト削減

専用袋不要タイプ。強度ナイロンのポリ袋で使用でき、専用袋を購入する必要がなく、コストパフォーマンスに優れた商品です。全て自動なので、簡単で強い力も必要ありません。デジタル表示で見やすく、2時間の連続使用での耐久性も魅力です。

サイズ 400×162×130mm タイプ 卓上タイプ
消費電力 110W ロールカッター

口コミを紹介

普通の袋でも使えるので、コスパはいい感じ。

出典:https://www.amazon.co.jp

専用袋不要で吸気能力が高く短時間でしっかり真空!

solacleの真空パック器はレストランから病院まで幅広く使われ、吸気能力が高く、時間のない現場でも使われる事でわかるように、短時間でも質の高い真空パックにする事ができるおすすめの真空パック器です。

 

しかも、集水タンクに水が溜まる仕組みで本体の機械部分に水がいかず、液体でも真空パックすることのでき液体が機械内部に入る心配もなく安心して作業できるノズル式の真空パック器になっています。そのためどんな食材にも対応できます。

サイズ 345×165×90mm タイプ 卓上タイプ
消費電力 135W ロールカッター 無し

口コミを紹介

ものづくり魂を感じる、誠実でいい商品ですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

専用袋不要でコスパ良好なフードセーバー

割高な専用袋不要で、圧倒的なコスパを実現したフードセーバーです。市販のポリ袋の費用を気にせず、安価で真空パックを作れます。最大脱気力が-80kpaという、強力な吸引力もおすすめポイントです。

 

簡単な操作で真空状態にでき、汁物にも対応しており、幅広く使用できます。食べかけの袋をパックでき、美味しさをいつまでもキープ可能です。コンパクトなので、収納にも困りません。

サイズ 38×13×9.5cm タイプ 卓上タイプ
消費電力 140W ロールカッター 無し

口コミを紹介

簡単操作で使いやすい

出典:https://www.amazon.co.jp

専用袋不要真空パック器のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ タイプ 消費電力 ロールカッター
1
アイテムID:8935372の画像
シーリス 真空パック機

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

専用袋不要でコスパ良好なフードセーバー

38×13×9.5cm 卓上タイプ 140W 無し
2
アイテムID:8935369の画像
シーラー DUCKY

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

専用袋不要で吸気能力が高く短時間でしっかり真空!

345×165×90mm 卓上タイプ 135W 無し
3
アイテムID:8935366の画像
真空パック器 専用袋不要

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

家庭用に最適な専用袋不要でコスト削減

400×162×130mm 卓上タイプ 110W

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

真空パック機の使い方やコツ

商品にもよりますが、袋の口に油や水が付いていると、シールしても熱が通りません。そのため空気が入りやすくなります。したがって食材を入れたときに、袋の口を拭くことで脱気やシールが可能です

 

ノズルタイプの脱気では、ノズルの近くへ食材をよせることで、空気を抜きやすいです。さらに袋を縮ませて、空気の通り道を作ります。これらの使い方やコツをあわせることで、ぜひ真空パック機を適切に使用してください。

真空パック後に一緒に使うと便利な低温調理器

ここまで真空パック器の紹介をしてきましたが、真空パック器と合わせて使うことでより料理が簡単に、美味しくすることができる家電を紹介したいと思います。その一つが、低温調理器です。

 

低温調理器はお湯をある一定の温度で温めて、それで食材に火を入れていく調理器具です。真空パック器はこの調理器具と抜群に相性がよく、真空した食材は通常の状態より火が通りやすくなっています。

 

なので、低温調理機で真空した食材を温めると、短時間で簡単に仕上げることが可能です。下の記事ではそんな低温調理器の選び方やおすすめの商品をランキング形式で紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

まとめ

今回はおすすめの真空パック器の選び方やおすすめの商品をランキング形式でご紹介しました。お気に入りのはみつかりましたか?いろんな用途で活用して、毎日の生活をより快適に楽しんでみてはいかがでしょうか。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年12月30日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【カレー研究家監修】美味しいレトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

【カレー研究家監修】美味しいレトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

レトルト・惣菜
【プロ監修】コンパクト除湿機の人気おすすめランキング21選【コンパクトな小型のものも】

【プロ監修】コンパクト除湿機の人気おすすめランキング21選【コンパクトな小型のものも】

除湿機
大根おろし器のおすすめ人気ランキング25選【楽におろせるものも!】

大根おろし器のおすすめ人気ランキング25選【楽におろせるものも!】

調理器具
お手入れ簡単な加湿器のおすすめ人気ランキング15選【お手入れが楽で掃除しやすい!】

お手入れ簡単な加湿器のおすすめ人気ランキング15選【お手入れが楽で掃除しやすい!】

加湿器
【2022年版】コンプレッサー式除湿機のおすすめ人気ランキング24選【暑くならない】

【2022年版】コンプレッサー式除湿機のおすすめ人気ランキング24選【暑くならない】

除湿機
【2021年最新】キャニスター掃除機のおすすめ人気ランキング15選【買ってよかった】

【2021年最新】キャニスター掃除機のおすすめ人気ランキング15選【買ってよかった】

掃除機